イングランド旅行記(ブログ) 一覧に戻る
予約時の注意点、計画の反省点、便利だった持ち物など。<br />(写真は適当です。)<br /><br /><便利だった持ち物><br /><br />機内グッズ=<br /> 足置き台付きベルト。トラベル用品として売っている物を買ってみたら、エコノミー席で足が楽だった。大して重くもなく値段も高くない。<br /><br />ホテル関係=<br /> トラベル用の洗濯紐&ハンガー、洗濯ばさみ。英国はコインランドリーのついたホテルが少ない。市街にもあまりない。トラベル用として売っていた洗濯紐は、柔らかくてポールなどに縛り付けやすかった。折り畳み式ハンガーを紐にあいた穴に通して固定できるのも便利だった。<br /> 液体洗剤。家にある物を小びんに入れて持って行った。市販の洗濯機1回分ごとの粉より便利だと思う。室内干しになるのでレノア等も持って行けばよかった。<br /> コンディショナー。大体1泊£80〜100程度のホテルに泊まったが、コンディショナーとシャンプーに分かれた洗髪剤がアメニティとして置いてあるところは無かった。あったのは、ボディ&ヘア・シャンプーと書かれた代物など。コンディショナーはやっぱり欲しい。

チャッツワース、ハワース、ロンドン+ケンブリッジの旅 8. 旅のハウツー

19いいね!

2016/07/18 - 2016/07/31

374位(同エリア1343件中)

0

9

セレンディップさん

予約時の注意点、計画の反省点、便利だった持ち物など。
(写真は適当です。)

<便利だった持ち物>

機内グッズ=
 足置き台付きベルト。トラベル用品として売っている物を買ってみたら、エコノミー席で足が楽だった。大して重くもなく値段も高くない。

ホテル関係=
 トラベル用の洗濯紐&ハンガー、洗濯ばさみ。英国はコインランドリーのついたホテルが少ない。市街にもあまりない。トラベル用として売っていた洗濯紐は、柔らかくてポールなどに縛り付けやすかった。折り畳み式ハンガーを紐にあいた穴に通して固定できるのも便利だった。
 液体洗剤。家にある物を小びんに入れて持って行った。市販の洗濯機1回分ごとの粉より便利だと思う。室内干しになるのでレノア等も持って行けばよかった。
 コンディショナー。大体1泊£80〜100程度のホテルに泊まったが、コンディショナーとシャンプーに分かれた洗髪剤がアメニティとして置いてあるところは無かった。あったのは、ボディ&ヘア・シャンプーと書かれた代物など。コンディショナーはやっぱり欲しい。

旅行の満足度
5.0
同行者
家族旅行
交通手段
鉄道 高速・路線バス レンタカー タクシー 徒歩
航空会社
スカンジナビア航空
旅行の手配内容
個別手配

PR

  • 通信関係=<br /> 成田空港でレンタルするwifiルーター。現地に着いてすぐ使えるので安心。旅行が長期になると結構な値段になる。でも、日本のキャリアの国際ローミングだと1日のうちの短時間使っただけでも1日あたり1,900円とか2,900円とかの費用がかかり、しかもまるまる1日スマホを使わないのはつらいので、全期間を通してその金額を払うことになりそう。そう考えると、レンタルwifiルータがまし。<br /> 現地で売っているプリペイドSIM。wifiルーターだけでは1日ごとのデータ量制限もあり、カバーが途切れたり速度が遅かったりすることもあるので。空港だと高いが、市街地のキャリアショップ(VodafoneとかO2とか)だと£10くらいからあり、アクティベーションまでしてくれるので、時間に余裕があるなら入れておくと安心。日本のSIMをなくすと大変なので、専用のカラの容器を持って行くとよい。<br /> モバイルバッテリーと短いケーブル。wifiルーターやスマホのバッテリーが切れたら元も子もないので。<br />

    通信関係=
     成田空港でレンタルするwifiルーター。現地に着いてすぐ使えるので安心。旅行が長期になると結構な値段になる。でも、日本のキャリアの国際ローミングだと1日のうちの短時間使っただけでも1日あたり1,900円とか2,900円とかの費用がかかり、しかもまるまる1日スマホを使わないのはつらいので、全期間を通してその金額を払うことになりそう。そう考えると、レンタルwifiルータがまし。
     現地で売っているプリペイドSIM。wifiルーターだけでは1日ごとのデータ量制限もあり、カバーが途切れたり速度が遅かったりすることもあるので。空港だと高いが、市街地のキャリアショップ(VodafoneとかO2とか)だと£10くらいからあり、アクティベーションまでしてくれるので、時間に余裕があるなら入れておくと安心。日本のSIMをなくすと大変なので、専用のカラの容器を持って行くとよい。
     モバイルバッテリーと短いケーブル。wifiルーターやスマホのバッテリーが切れたら元も子もないので。

  • <計画 よかった点><br /><br /> 計画は、ゆったりすぎるかと思う最低限の観光で組み立てた。調子がよければここにも行きたいという場所もあったが、結局ほとんど行かなかった。道を探したり、列に並んだり、メインの観光以外の細かな部分で結構時間がかかったし、毎日歩いて、すぐ寝落ちしてしまうくらい疲れたので。英国に慣れた道案内がいたり、もっときびきび行動できたりすれば、この日数を3分の2くらいに縮めるか、1.5倍の内容にすることも可能と思う。<br /><br /> 交通機関の切符を、オンライン予約できるものはしていった。ノンリファンダブルなものが多いので決断が必要だが、事前予約の切符はたいてい、直前に駅で買うより安い。ただ、乗る便を指定する切符が一番安いのだが、遅れる可能性がある場合には高くてもフレクシブルな切符を買ったりした。<br /><br /> 現地での買い物等には、外貨普通預金から引き落とすタイプのVisa Debitを主に利用し、少額の場合や店がちょっと信用がおけないかなという場合はPlusのATMで外貨預金口座から引き出した現金を利用した。ほとんどどこでもVisa Debitが使えて便利だった。

    <計画 よかった点>

     計画は、ゆったりすぎるかと思う最低限の観光で組み立てた。調子がよければここにも行きたいという場所もあったが、結局ほとんど行かなかった。道を探したり、列に並んだり、メインの観光以外の細かな部分で結構時間がかかったし、毎日歩いて、すぐ寝落ちしてしまうくらい疲れたので。英国に慣れた道案内がいたり、もっときびきび行動できたりすれば、この日数を3分の2くらいに縮めるか、1.5倍の内容にすることも可能と思う。

     交通機関の切符を、オンライン予約できるものはしていった。ノンリファンダブルなものが多いので決断が必要だが、事前予約の切符はたいてい、直前に駅で買うより安い。ただ、乗る便を指定する切符が一番安いのだが、遅れる可能性がある場合には高くてもフレクシブルな切符を買ったりした。

     現地での買い物等には、外貨普通預金から引き落とすタイプのVisa Debitを主に利用し、少額の場合や店がちょっと信用がおけないかなという場合はPlusのATMで外貨預金口座から引き出した現金を利用した。ほとんどどこでもVisa Debitが使えて便利だった。

  • <計画 どちらとも言えない点><br /><br /> 観光施設の切符も、それなりにオンライン予約していった。これも皆ノンリファンダブルなので、今回は結果オーライだったが場合によっては無駄にしてしまった可能性もある(もちろん、プリントアウトが必須なものは忘れず持って行くことが大事)。また、今回は予約したときのほうが旅をした時期よりポンド高だったので、結果的にかなり損をした。これは痛かった。さらに、思ったより窓口がすいていて現地で買っても問題なさそうだった施設もある。でも、現地でテンパるよりは楽ができたのは確か。<br /><br /> ホテルも皆オンライン予約。これも為替のせいで、先にクレジットカードで払ったホテルはかなり損をした。高くてもキャンセル可能な料金プランにしておいて、直前に見直そうと思っていたのだが、直前になると満室になっていたり、ノンリファンダブルな部屋でも値上がっていたり、あるいは旅支度等でバタバタして、とても細かく再チェックをしていられなかったりで、ほとんどそのままになってしまった。<br />予約はしても現地払いでいいホテルもあったが、結局、ポンドの普通預金口座(BREXITの直前に口座開設。EXITするとは思わなかったからこの頃が底値だと思ったのだ!)のお金を使うので、ポンドが下がった恩恵はほとんど受けられず。

    <計画 どちらとも言えない点>

     観光施設の切符も、それなりにオンライン予約していった。これも皆ノンリファンダブルなので、今回は結果オーライだったが場合によっては無駄にしてしまった可能性もある(もちろん、プリントアウトが必須なものは忘れず持って行くことが大事)。また、今回は予約したときのほうが旅をした時期よりポンド高だったので、結果的にかなり損をした。これは痛かった。さらに、思ったより窓口がすいていて現地で買っても問題なさそうだった施設もある。でも、現地でテンパるよりは楽ができたのは確か。

     ホテルも皆オンライン予約。これも為替のせいで、先にクレジットカードで払ったホテルはかなり損をした。高くてもキャンセル可能な料金プランにしておいて、直前に見直そうと思っていたのだが、直前になると満室になっていたり、ノンリファンダブルな部屋でも値上がっていたり、あるいは旅支度等でバタバタして、とても細かく再チェックをしていられなかったりで、ほとんどそのままになってしまった。
    予約はしても現地払いでいいホテルもあったが、結局、ポンドの普通預金口座(BREXITの直前に口座開設。EXITするとは思わなかったからこの頃が底値だと思ったのだ!)のお金を使うので、ポンドが下がった恩恵はほとんど受けられず。

  • <計画 改善すべき点><br /><br /> もしもっと資金に余裕があったら直行便がやっぱりいい(夢)。<br /> 使いそうな地下鉄についてはもう少し詳しく調べておけばよかった(旅行記1を参照)。<br /> レンタカー営業所は、街中でなくもっとシンプルな場所にあるところを選ぶべきだった。駅からタクシーを使って行けば、多少遠くてもかまわないので(旅行記2を参照)。

    <計画 改善すべき点>

     もしもっと資金に余裕があったら直行便がやっぱりいい(夢)。
     使いそうな地下鉄についてはもう少し詳しく調べておけばよかった(旅行記1を参照)。
     レンタカー営業所は、街中でなくもっとシンプルな場所にあるところを選ぶべきだった。駅からタクシーを使って行けば、多少遠くてもかまわないので(旅行記2を参照)。

  • <気付いたハウツー><br /><br /> コインのうち、1ポンド硬貨は使い勝手がよい。20ペンス硬貨も駅の有料トイレなどで使うことがある。なので、手元に少し残しておくとよい。<br />コインの簡単な見分け方は、1ポンドは分厚い。50ペンスは銀色で大きい七角形、20ペンスは小さい七角形。10ペンスは大きめの丸、5ペンスは小さい丸。2ペンスは額の割にデカい顔をした丸だけどブロンズ色、1ペニーは小さい丸でブロンズ色。<br /><br /> ロンドン地下鉄のオイスターカード。帰りのヒースロー空港の駅で忘れずrefundしておくとよい。<br /> 地上線の切符はJRの切符のように機械を通すタイプ。だが、JRと違い、ゲートが開く手前のスロットから切符が出てきて受け取るようになっている。つい切符を入れて、先にゲートを通ろうとしてしまうが、切符を受け取っていないと開かない。<br /> 二階建てバスの二階は、回りがよく見えて楽しいし、下りる場所も把握しやすい。

    <気付いたハウツー>

     コインのうち、1ポンド硬貨は使い勝手がよい。20ペンス硬貨も駅の有料トイレなどで使うことがある。なので、手元に少し残しておくとよい。
    コインの簡単な見分け方は、1ポンドは分厚い。50ペンスは銀色で大きい七角形、20ペンスは小さい七角形。10ペンスは大きめの丸、5ペンスは小さい丸。2ペンスは額の割にデカい顔をした丸だけどブロンズ色、1ペニーは小さい丸でブロンズ色。

     ロンドン地下鉄のオイスターカード。帰りのヒースロー空港の駅で忘れずrefundしておくとよい。
     地上線の切符はJRの切符のように機械を通すタイプ。だが、JRと違い、ゲートが開く手前のスロットから切符が出てきて受け取るようになっている。つい切符を入れて、先にゲートを通ろうとしてしまうが、切符を受け取っていないと開かない。
     二階建てバスの二階は、回りがよく見えて楽しいし、下りる場所も把握しやすい。

  •  ホテルの予約サイトを見るときに注意しないとならないのは、バスタブ(bath)の有無が書いていない(bath or showerとなっている)場合が多い点。連泊するホテルではぜひ欲しかったので、口コミや利用者の写真からも不明な場合はホテルに問い合わせ、両タイプある場合はコメント欄でbathをリクエストしたりした。<br />また、安ホテルでは、リフトがあると明記していない場合は要注意。古い建物だとリフトがなかったり、あっても途中の階までだったり。もっと細かいことを言うと、安くて小さいホテルでは、元は別の建物だったのをくっつけていて、その継ぎ目で数段の段差があるところもあるし、そもそも玄関の手前に数段あるホテルも多い。体力に不安があるのに大荷物だと、このへんは気になるところだが、数段はもう諦めるしかないかも。<br />エアコンも明記していなければ、ついていない場合が多い。ほぼ必要ないが、夏にたまに暑くなったとき(2日間だけ暑かった)は覚悟するしかない。<br /> 予約サイトは、価格の比較ができてリンクもある総合サイトが便利だが、そのホテル独自のホームページもチェックするとよい。特典付きの場合がある。

     ホテルの予約サイトを見るときに注意しないとならないのは、バスタブ(bath)の有無が書いていない(bath or showerとなっている)場合が多い点。連泊するホテルではぜひ欲しかったので、口コミや利用者の写真からも不明な場合はホテルに問い合わせ、両タイプある場合はコメント欄でbathをリクエストしたりした。
    また、安ホテルでは、リフトがあると明記していない場合は要注意。古い建物だとリフトがなかったり、あっても途中の階までだったり。もっと細かいことを言うと、安くて小さいホテルでは、元は別の建物だったのをくっつけていて、その継ぎ目で数段の段差があるところもあるし、そもそも玄関の手前に数段あるホテルも多い。体力に不安があるのに大荷物だと、このへんは気になるところだが、数段はもう諦めるしかないかも。
    エアコンも明記していなければ、ついていない場合が多い。ほぼ必要ないが、夏にたまに暑くなったとき(2日間だけ暑かった)は覚悟するしかない。
     予約サイトは、価格の比較ができてリンクもある総合サイトが便利だが、そのホテル独自のホームページもチェックするとよい。特典付きの場合がある。

  •  観光施設や列車は15歳まで子供料金の場合が多い。<br /><br /> 市街地には、ItsuとかWasabiとかの”偽”和食ファストフード店が数多くある。和食というよりAsianなのだが、安くてイートインもテイクアウト(take-away)もできるから、ご飯が食べたくなると利用していた。

     観光施設や列車は15歳まで子供料金の場合が多い。

     市街地には、ItsuとかWasabiとかの”偽”和食ファストフード店が数多くある。和食というよりAsianなのだが、安くてイートインもテイクアウト(take-away)もできるから、ご飯が食べたくなると利用していた。

  • (ハウツー追加。クルマ関係)<br /><br /> 運転するとき一番気になるラウンドアバウト。<br />クルマ関係の日本語サイトで、ラウンドアバウトに入るときは減速するだけで止まるな、止まると追突される、と強調しているものがあったが、私の結論から言うと止まってOK。列車の中で同席になった英国人にラウンドアバウトが初めてなんだと話したら、ひとつアドバイスがあると言って、ラウンドアバウトの手前では止まりなさい、止まれば死ぬことはないと言ってきたので、それに気を強くしていつも止まっていた。<br />止まるなと言うのはたぶん、ラウンドアバウト内を右側(優先車)から来るクルマがいないことが後続車からも見える場合に、それまでスイスイ走っていた前のクルマが急に止まったら後続車が驚いて追突すると言っているのだと思う。だが、私はもともと相当ノロノロ走っていたはずなので、後続車も半分予測がついて仕方ないと思っていたかもしれない。それに、右側からクルマが来るかどうか後続車からはよく見えないラウンドアバウトもあるのだから、前のクルマが止まる可能性には皆ある程度、慣れていると思うのだけれど。<br /> ただし、レーンが1本の道から入るときは、必ずレーンの右側に寄って止まること。<br /> あと、信号や横断歩道があまりないので、街中では常に横断者に気をつけること。それから、道によって違うと思うが、私が走った道はガソリンスタンド(petrol station)が極端に少なかった。事前にネットで検索しておくとよいと思う

    (ハウツー追加。クルマ関係)

     運転するとき一番気になるラウンドアバウト。
    クルマ関係の日本語サイトで、ラウンドアバウトに入るときは減速するだけで止まるな、止まると追突される、と強調しているものがあったが、私の結論から言うと止まってOK。列車の中で同席になった英国人にラウンドアバウトが初めてなんだと話したら、ひとつアドバイスがあると言って、ラウンドアバウトの手前では止まりなさい、止まれば死ぬことはないと言ってきたので、それに気を強くしていつも止まっていた。
    止まるなと言うのはたぶん、ラウンドアバウト内を右側(優先車)から来るクルマがいないことが後続車からも見える場合に、それまでスイスイ走っていた前のクルマが急に止まったら後続車が驚いて追突すると言っているのだと思う。だが、私はもともと相当ノロノロ走っていたはずなので、後続車も半分予測がついて仕方ないと思っていたかもしれない。それに、右側からクルマが来るかどうか後続車からはよく見えないラウンドアバウトもあるのだから、前のクルマが止まる可能性には皆ある程度、慣れていると思うのだけれど。
     ただし、レーンが1本の道から入るときは、必ずレーンの右側に寄って止まること。
     あと、信号や横断歩道があまりないので、街中では常に横断者に気をつけること。それから、道によって違うと思うが、私が走った道はガソリンスタンド(petrol station)が極端に少なかった。事前にネットで検索しておくとよいと思う

  • (ハウツー追加。列車関係)<br /><br /> 旅行記で、列車の席の向きが直前までわからないと書いたが、プラットフォームも直前までわからない。〇〇線なら必ずX番線と決まっていないのだ。飛行機の搭乗ゲートのように、電光表示板に次々と決定プラットフォームが表示されていくので、自分が乗ろうとする便のプラットフォームが表示されるまで、じっと待つしかない(これがまた、発車5分前くらいだったりする)。<br />プラットフォームも、1、2、3と並んでいるとは限らない。おそらく途中で行き先に応じて車両の連結を変える列車の場合に当てはまると思うのだが、1の隣が3で、あれっと思うと2は1のホームの先のほうに表示があったり、同様に1のホームが場所によって1a、1bと分かれていたりする。たいていホームの片端が改札なので、例えば1cに行くなら長いホームの向こう端のほうまで歩くことになる。<br />ファーストクラスの切符を買うと、改札に近い端で乗れるようだ。安い切符の客は歩け、と。よくできている!

    (ハウツー追加。列車関係)

     旅行記で、列車の席の向きが直前までわからないと書いたが、プラットフォームも直前までわからない。〇〇線なら必ずX番線と決まっていないのだ。飛行機の搭乗ゲートのように、電光表示板に次々と決定プラットフォームが表示されていくので、自分が乗ろうとする便のプラットフォームが表示されるまで、じっと待つしかない(これがまた、発車5分前くらいだったりする)。
    プラットフォームも、1、2、3と並んでいるとは限らない。おそらく途中で行き先に応じて車両の連結を変える列車の場合に当てはまると思うのだが、1の隣が3で、あれっと思うと2は1のホームの先のほうに表示があったり、同様に1のホームが場所によって1a、1bと分かれていたりする。たいていホームの片端が改札なので、例えば1cに行くなら長いホームの向こう端のほうまで歩くことになる。
    ファーストクラスの切符を買うと、改札に近い端で乗れるようだ。安い切符の客は歩け、と。よくできている!

この旅行記のタグ

19いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

旅の計画・記録

マイルに交換できるフォートラベルポイントが貯まる
フォートラベルポイントって?

イギリスで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
イギリス最安 322円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

イギリスの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

PAGE TOP

ピックアップ特集