ペナン島旅行記(ブログ) 一覧に戻る
本当に久しぶりのペナン島訪問である。<br />前回の記録を調べてみたら2000年7月だった。何と16年も昔の話で、当時の私は48才、「早期退職して海外ロングステイ」を計画し、その調査を兼ねてペナンに来たのである。今から思えば若さと希望に満ち溢れていた。<br />その時、宿泊して一番気に入ったホテルが『ゴールデンサンズ・リゾート・シャングリラ』(写真:以下参照)である。今回はここに6連泊する。<br /><br />http://www.shangri-la.com/jp/penang/goldensandsresort/<br /><br />以下、為替は2016年4月のレートで日本円に換算する。<br />1RM(マレーシア・リンギット)=約28円<br /><br />◎私のホームページに旅行記多数あり。<br />『第二の人生を豊かに』<br />http://www.e-funahashi.jp/<br />(新刊『夢の豪華客船クルーズの旅<br />ー大衆レジャーとなった世界の船旅ー』案内あり)

ゴールデンサンズ・リゾート・バイシャングリラ・ペナン滞在記1

26いいね!

2016/04/19 - 2016/04/25

335位(同エリア1948件中)

0

46

funasan

funasanさん

本当に久しぶりのペナン島訪問である。
前回の記録を調べてみたら2000年7月だった。何と16年も昔の話で、当時の私は48才、「早期退職して海外ロングステイ」を計画し、その調査を兼ねてペナンに来たのである。今から思えば若さと希望に満ち溢れていた。
その時、宿泊して一番気に入ったホテルが『ゴールデンサンズ・リゾート・シャングリラ』(写真:以下参照)である。今回はここに6連泊する。

http://www.shangri-la.com/jp/penang/goldensandsresort/

以下、為替は2016年4月のレートで日本円に換算する。
1RM(マレーシア・リンギット)=約28円

◎私のホームページに旅行記多数あり。
『第二の人生を豊かに』
http://www.e-funahashi.jp/
(新刊『夢の豪華客船クルーズの旅
ー大衆レジャーとなった世界の船旅ー』案内あり)

PR

  • ペナン空港到着後、空港内のタクシー・カウンターでバトゥ・フェリンギにあるホテル「ゴールデン・サンズ・シャングリラ」(写真)までのタクシーチケット、74RM(2072円)を買う。

    ペナン空港到着後、空港内のタクシー・カウンターでバトゥ・フェリンギにあるホテル「ゴールデン・サンズ・シャングリラ」(写真)までのタクシーチケット、74RM(2072円)を買う。

  • リゾートホテルが建ち並ぶバトゥ・フェリンギはペナン島の一番北部に位置し空港から遠い。渋滞のない夜間でもタクシーで飛ばして1時間近くかかる。<br />写真:ホテル玄関

    リゾートホテルが建ち並ぶバトゥ・フェリンギはペナン島の一番北部に位置し空港から遠い。渋滞のない夜間でもタクシーで飛ばして1時間近くかかる。
    写真:ホテル玄関

  • さて、久しぶりのシャングリラだ。期待を込めてホテルロビー(写真)に入る。エアコンはなくロビーは海からの吹き抜けになっているので、熱帯の生温かい空気が私の全身を包む。

    さて、久しぶりのシャングリラだ。期待を込めてホテルロビー(写真)に入る。エアコンはなくロビーは海からの吹き抜けになっているので、熱帯の生温かい空気が私の全身を包む。

  • 今日から6連泊である。事前に高層階の眺めのよい部屋をリクエストしておいたが、最初に提示された部屋は3階だった。最上階は7階なので、これには納得できず、粘ってもっと上層階の部屋を探してもらう。<br />写真:フロント

    今日から6連泊である。事前に高層階の眺めのよい部屋をリクエストしておいたが、最初に提示された部屋は3階だった。最上階は7階なので、これには納得できず、粘ってもっと上層階の部屋を探してもらう。
    写真:フロント

  • フロント係りは「Razak・San(ラザ・サン)」という多少日本語ができる中年のマレーシア人男性だった。彼は非常に親切でその後何かと世話になる。粘った甲斐あって彼に5階の部屋にしてもらった。<br />写真:オープンエアのロビー

    フロント係りは「Razak・San(ラザ・サン)」という多少日本語ができる中年のマレーシア人男性だった。彼は非常に親切でその後何かと世話になる。粘った甲斐あって彼に5階の部屋にしてもらった。
    写真:オープンエアのロビー

  • フロント・ロビー階が「グランド階」になっているので私の部屋の5階は実質6階である。フロントからショップ街(写真)を通って客室へのエレベーターに向かう。写真左側はフィットネス・ジム。

    フロント・ロビー階が「グランド階」になっているので私の部屋の5階は実質6階である。フロントからショップ街(写真)を通って客室へのエレベーターに向かう。写真左側はフィットネス・ジム。

  • 白を基調としたグランド階の明るさとは対照的に5階の廊下(写真)はブラウン系で落ち着きがある。我が客室に急ぐ。

    白を基調としたグランド階の明るさとは対照的に5階の廊下(写真)はブラウン系で落ち着きがある。我が客室に急ぐ。

  • そして、入室。このホテルの開業は1980年、築36年といかにも古いが2010年に改築されている。ペナンの老舗リゾートホテルである。

    そして、入室。このホテルの開業は1980年、築36年といかにも古いが2010年に改築されている。ペナンの老舗リゾートホテルである。

  • 大きなキングベッド(写真)の背後にはシーケルプ模様を彫刻したウッドパネルがあり、マレーシアテイストが感じられる。客室面積は36?あり1人で使うには十分な広さである。

    大きなキングベッド(写真)の背後にはシーケルプ模様を彫刻したウッドパネルがあり、マレーシアテイストが感じられる。客室面積は36?あり1人で使うには十分な広さである。

  • さて、気になるお値段であるが、今回は私の加盟するリゾートクラブの海外交換システムを利用したので、6泊(7泊しても同じ値段)して32400円である。しかも2名利用の朝食付きなので格安である。<br />写真:客室

    さて、気になるお値段であるが、今回は私の加盟するリゾートクラブの海外交換システムを利用したので、6泊(7泊しても同じ値段)して32400円である。しかも2名利用の朝食付きなので格安である。
    写真:客室

  • しかし、誠に残念ながら客室は一番グレードの低い「スーペリア・ヒルビュー・ルーム」だった。よって窓からの眺め(写真)は期待できない。それでも5階(実質6階)の部屋なので、ぎりぎりペナンの山並みが見える。

    しかし、誠に残念ながら客室は一番グレードの低い「スーペリア・ヒルビュー・ルーム」だった。よって窓からの眺め(写真)は期待できない。それでも5階(実質6階)の部屋なので、ぎりぎりペナンの山並みが見える。

  • 折角のビーチリゾートだ、チェックインの時、Razak・San(ラザ・サン)にシーフェイシングルームへのアップグレードを聞いてみた。答えは6泊で約3万円という返事だった。格安の3万円で宿泊してアップグレードが3万円では意味がない。よって「No thank you」にした。<br />写真:窓からの眺め

    折角のビーチリゾートだ、チェックインの時、Razak・San(ラザ・サン)にシーフェイシングルームへのアップグレードを聞いてみた。答えは6泊で約3万円という返事だった。格安の3万円で宿泊してアップグレードが3万円では意味がない。よって「No thank you」にした。
    写真:窓からの眺め

  • 海外のホテル代金は宿泊する時期と為替レートによって大きく変動する。参考までに2016年7月下旬(夏休み)のゴールデンサンズ・シャングリラの宿泊代金を調べてみたら、ヒルビューで16000円程度、シーフェイシングで18000円程度だった。(1泊、2名利用朝食付き、税・サ込)<br />写真:バスルーム

    海外のホテル代金は宿泊する時期と為替レートによって大きく変動する。参考までに2016年7月下旬(夏休み)のゴールデンサンズ・シャングリラの宿泊代金を調べてみたら、ヒルビューで16000円程度、シーフェイシングで18000円程度だった。(1泊、2名利用朝食付き、税・サ込)
    写真:バスルーム

  • マレーシアのホテルは一般的に施設・設備が整っており、グレードの高さに比較して値段は安い。また、2015年の夏以降、原油価格急落によりマレーシア・リンギットも急落している。<br />写真:バスタブ

    マレーシアのホテルは一般的に施設・設備が整っており、グレードの高さに比較して値段は安い。また、2015年の夏以降、原油価格急落によりマレーシア・リンギットも急落している。
    写真:バスタブ

  • 1RM=34円から1RM=27円まで20%くらい安くなっており、マレーシアの高級ホテルが現在のところ格安で泊まれる。高級ホテル愛好家にとってはマレーシアは狙い目である。<br />写真:客室内のアメニティー

    1RM=34円から1RM=27円まで20%くらい安くなっており、マレーシアの高級ホテルが現在のところ格安で泊まれる。高級ホテル愛好家にとってはマレーシアは狙い目である。
    写真:客室内のアメニティー

  • さて、このホテルの一番のビューポイントはトロピカルなガーデンにある。グランド階から一歩、ガーデンに足を踏み入れると雰囲気(写真)がガラリと変わる。実に美しい、ワオーである。

    さて、このホテルの一番のビューポイントはトロピカルなガーデンにある。グランド階から一歩、ガーデンに足を踏み入れると雰囲気(写真)がガラリと変わる。実に美しい、ワオーである。

  • そこにはビーチフロントの楽園が広がる。ラグーンタイプの大・小2つのプール、広々としたグリーンの芝生、そして背の高いヤシの木が天に向かって伸びる。

    そこにはビーチフロントの楽園が広がる。ラグーンタイプの大・小2つのプール、広々としたグリーンの芝生、そして背の高いヤシの木が天に向かって伸びる。

  • プール(写真)で泳ぎ、芝生のチェアーで寝転び、読書をし、ひたすら心身を癒す。しかも、ここで6連泊である。再び「ワオー、ワオー」

    プール(写真)で泳ぎ、芝生のチェアーで寝転び、読書をし、ひたすら心身を癒す。しかも、ここで6連泊である。再び「ワオー、ワオー」

  • お子様用プールとウォータースライド(写真)もありファミリーに優しい。楽しく体験できる子供向けアクティビティー(以下参照)も充実している。<br />http://www.shangri-la.com/jp/penang/goldensandsresort/for-kids/

    お子様用プールとウォータースライド(写真)もありファミリーに優しい。楽しく体験できる子供向けアクティビティー(以下参照)も充実している。
    http://www.shangri-la.com/jp/penang/goldensandsresort/for-kids/

  • プールサイドから見たゴールデンサンズ・シャングリラの姿(写真)は例えようもなく美しい。

    プールサイドから見たゴールデンサンズ・シャングリラの姿(写真)は例えようもなく美しい。

  • そして、極めつけは海に向かって続く「広〜い、広〜い、緑の芝生」と数え切れないガーデン・チェアー(写真)である。

    そして、極めつけは海に向かって続く「広〜い、広〜い、緑の芝生」と数え切れないガーデン・チェアー(写真)である。

  • さあ、「どうぞお好きな席(写真)にお座り下さい」。誰も何も言わないが、私は自分勝手に好きな場所を選ぶ。

    さあ、「どうぞお好きな席(写真)にお座り下さい」。誰も何も言わないが、私は自分勝手に好きな場所を選ぶ。

  • 大きな木の影になる場所に陣取って、私専用のチェアーを確保する。そして、読書、仮眠。喉が乾いたら、プールサイドのボーイに冷たい飲み物(写真:注参照)をオーダーする。<br />注:ライムジュース(8RM,224円)

    大きな木の影になる場所に陣取って、私専用のチェアーを確保する。そして、読書、仮眠。喉が乾いたら、プールサイドのボーイに冷たい飲み物(写真:注参照)をオーダーする。
    注:ライムジュース(8RM,224円)

  • プールサイドのバーには無料の水・お湯(写真)があり、グラスに注いで自由に飲める。これは意外と有り難い。

    プールサイドのバーには無料の水・お湯(写真)があり、グラスに注いで自由に飲める。これは意外と有り難い。

  • チェアーに寝転がっていると鳥(写真)たちが餌を求めてやってくる。そして目を閉じると16年前の思い出がよみがえってくる。

    チェアーに寝転がっていると鳥(写真)たちが餌を求めてやってくる。そして目を閉じると16年前の思い出がよみがえってくる。

  • 実は16年前ここに来た時もオーシャンビュールームへのアップグレードを提案された。私が「部屋を見てから決めたい」と返事すると、ベテランの女性スタッフが部屋に案内してくれた。<br />写真:ガーデンに咲くハイビスカス

    実は16年前ここに来た時もオーシャンビュールームへのアップグレードを提案された。私が「部屋を見てから決めたい」と返事すると、ベテランの女性スタッフが部屋に案内してくれた。
    写真:ガーデンに咲くハイビスカス

  • 当時の私はまだ海外旅行駆け出しの時代で、英会話も貧弱だった。しかし、外国人と英語で会話できることが嬉しくて、部屋に行くまで勝手に喋った。<br />「私は48才の日本人で教員をしている。早期退職してペナンにロングステイしたい。事前調査のためペナンの高級ホテルを泊まり歩いている…」等

    当時の私はまだ海外旅行駆け出しの時代で、英会話も貧弱だった。しかし、外国人と英語で会話できることが嬉しくて、部屋に行くまで勝手に喋った。
    「私は48才の日本人で教員をしている。早期退職してペナンにロングステイしたい。事前調査のためペナンの高級ホテルを泊まり歩いている…」等

  • 案内されたオーシャンビュールームのバルコニー(写真)からの眺めは想像以上に素晴らしかった。1泊のみの滞在だったのでアップグレードを即決する。<br />待望のオーシャンビューの部屋に入って直ぐにフロントから1通の手紙が届いた。「ゴールデンサークル・エリートメンバー対象のパーティーの誘い」である。勿論、無料。夕方6時から、場所はホテル前のビーチという。

    案内されたオーシャンビュールームのバルコニー(写真)からの眺めは想像以上に素晴らしかった。1泊のみの滞在だったのでアップグレードを即決する。
    待望のオーシャンビューの部屋に入って直ぐにフロントから1通の手紙が届いた。「ゴールデンサークル・エリートメンバー対象のパーティーの誘い」である。勿論、無料。夕方6時から、場所はホテル前のビーチという。

  • 社会見学のつもりで時間になったのでビーチ(写真)に行ってみた。すると、そこはテープで囲まれたプライベートなパーティー会場になっていた。テーブルにオードブル、ビール、ワイン等が並べられ、真っ白な制服を着たスタッフ4〜5名が笑顔でゲストを迎えている。

    社会見学のつもりで時間になったのでビーチ(写真)に行ってみた。すると、そこはテープで囲まれたプライベートなパーティー会場になっていた。テーブルにオードブル、ビール、ワイン等が並べられ、真っ白な制服を着たスタッフ4〜5名が笑顔でゲストを迎えている。

  • お客はほとんどが欧米系の顔立ちをしており子供連れのファミリーも見かける。そしてスタッフと家族のように握手をし抱擁する。「お久しぶりね〜、元気だった〜」。そこはリピーター専用のウェルカム・パーティーであった。

    お客はほとんどが欧米系の顔立ちをしており子供連れのファミリーも見かける。そしてスタッフと家族のように握手をし抱擁する。「お久しぶりね〜、元気だった〜」。そこはリピーター専用のウェルカム・パーティーであった。

  • 部屋に案内してくれた女性スタッフもいたのでさっそく挨拶しパティーに参加した。しかし、私の英語力は陳腐で会話が続かない。会話できないと1人でそこにいるのが苦しくなる。結局20分くらいで退散してしまった。<br />

    部屋に案内してくれた女性スタッフもいたのでさっそく挨拶しパティーに参加した。しかし、私の英語力は陳腐で会話が続かない。会話できないと1人でそこにいるのが苦しくなる。結局20分くらいで退散してしまった。

  • 寒い日本や欧米の冬を脱出してこのような高級リゾートにロングステイする。そして現地のスタッフや世界中から集うメンバー達と家族のように接する。沈む夕日(写真)を見ながら私は感動した。「こんな世界があるのか!」と。<br />そして、決心した。「よし、まだ退職まで時間はある。英語をしっかりして勉強して、もっと自由に英語をしゃべれるようになろう。資産運用をして高級ホテルにロングステイできるだけの老後資金を作ろう」と。

    寒い日本や欧米の冬を脱出してこのような高級リゾートにロングステイする。そして現地のスタッフや世界中から集うメンバー達と家族のように接する。沈む夕日(写真)を見ながら私は感動した。「こんな世界があるのか!」と。
    そして、決心した。「よし、まだ退職まで時間はある。英語をしっかりして勉強して、もっと自由に英語をしゃべれるようになろう。資産運用をして高級ホテルにロングステイできるだけの老後資金を作ろう」と。

  • あれからはや16年、月日の流れは誠に早い。そんな思い出にふけっていたら、私も当時「ゴールデンサークル・メンバー」に登録したことを思い出した。以来、一度もシャングリラ系のホテルには泊っていない。<br />写真:クール・ラウンジ

    あれからはや16年、月日の流れは誠に早い。そんな思い出にふけっていたら、私も当時「ゴールデンサークル・メンバー」に登録したことを思い出した。以来、一度もシャングリラ系のホテルには泊っていない。
    写真:クール・ラウンジ

  • このホテルにはフロント・ロビー横に大きな「クール・ラウンジ」(写真)があり、宿泊者は自由に使える。スタッフが常駐しチェックイン・アウトもここでできる。しかし、ゴールデンサークル・メンバー専用である。

    このホテルにはフロント・ロビー横に大きな「クール・ラウンジ」(写真)があり、宿泊者は自由に使える。スタッフが常駐しチェックイン・アウトもここでできる。しかし、ゴールデンサークル・メンバー専用である。

  • 折角なので、クール・ラウンジのスタッフに聞いてみた。<br />「16年前にゴールデンサークルに入会した者だが、メンバーカードを無くしてしまい、また、登録番号も忘れてしまった。調べてもらえないか?」と。<br />その結果は直ぐに判明し、「今でもメンバーです。番号は〜」と教えてくれた<br />写真:クールラウンジのインターネットコーナー

    折角なので、クール・ラウンジのスタッフに聞いてみた。
    「16年前にゴールデンサークルに入会した者だが、メンバーカードを無くしてしまい、また、登録番号も忘れてしまった。調べてもらえないか?」と。
    その結果は直ぐに判明し、「今でもメンバーです。番号は〜」と教えてくれた
    写真:クールラウンジのインターネットコーナー

  • 何故か夕方、部屋にフルーツ盛り合わせ(写真)が届いた。後で分かったことであるが、ゴールデンサークル・メンバーはウェルカム・フルーツバスケットがもらえるとのことである。16年前の記録が生きていた!

    何故か夕方、部屋にフルーツ盛り合わせ(写真)が届いた。後で分かったことであるが、ゴールデンサークル・メンバーはウェルカム・フルーツバスケットがもらえるとのことである。16年前の記録が生きていた!

  • ゴールデンサークル・メンバー登録(以下参照)はインターネットで無料で出来るので、宿泊予定の人はメンバーになっておくとよい。クールラウンジでのチェックイン・アウト、ウェルカム・フルーツが頂ける。<br />写真:夕闇迫るホテル玄関<br />http://www.shangri-la.com/jp/corporate/golden-circle/membership-benefits/

    ゴールデンサークル・メンバー登録(以下参照)はインターネットで無料で出来るので、宿泊予定の人はメンバーになっておくとよい。クールラウンジでのチェックイン・アウト、ウェルカム・フルーツが頂ける。
    写真:夕闇迫るホテル玄関
    http://www.shangri-la.com/jp/corporate/golden-circle/membership-benefits/

  • さて、夜になった。今夜はどこで何を食べようか?体調はよく食欲も十分だ。折角なのでローカルな雰囲気を味わうためにホテルの近くにあるフードコート(写真)に行く。ホテルを出て右折し5分も歩けば着く。非常に大きなフードコートである。

    さて、夜になった。今夜はどこで何を食べようか?体調はよく食欲も十分だ。折角なのでローカルな雰囲気を味わうためにホテルの近くにあるフードコート(写真)に行く。ホテルを出て右折し5分も歩けば着く。非常に大きなフードコートである。

  • 先ずは全部の店先(写真)を見学し、料理内容と値段を調べる。マレー系、中華系、インド系、中東系、西洋系、様々な店が並ぶ。どの店も料理の写真と値段が表示されているので有り難い。

    先ずは全部の店先(写真)を見学し、料理内容と値段を調べる。マレー系、中華系、インド系、中東系、西洋系、様々な店が並ぶ。どの店も料理の写真と値段が表示されているので有り難い。

  • 初日はトルコ料理の定番「ケバブ・ハウス」(写真)にする。店先のおばさんに料理を注文し、自分の座る座席番号を言えばそこに料理を持ってきてくれる。料理と引き換えに代金を渡せばよい。明朗会計!

    初日はトルコ料理の定番「ケバブ・ハウス」(写真)にする。店先のおばさんに料理を注文し、自分の座る座席番号を言えばそこに料理を持ってきてくれる。料理と引き換えに代金を渡せばよい。明朗会計!

  • 「牛肉、鳥肉、羊肉のミックス」(写真)を注文する。3種類の肉と野菜を薄いトルティーヤに巻いて食べる。見栄えは悪いがこれが実にうまく全部食べる。値段は18RM(504円)、500?lの水(1.5RM、42円)を追加して本日のディナー予算546円なり。安くておいしくて大満足の夕食だった。

    「牛肉、鳥肉、羊肉のミックス」(写真)を注文する。3種類の肉と野菜を薄いトルティーヤに巻いて食べる。見栄えは悪いがこれが実にうまく全部食べる。値段は18RM(504円)、500?lの水(1.5RM、42円)を追加して本日のディナー予算546円なり。安くておいしくて大満足の夕食だった。

  • 翌日の夜も同じフードコートに行き、日本式の鉄板焼き店(写真)で料理を物色する。

    翌日の夜も同じフードコートに行き、日本式の鉄板焼き店(写真)で料理を物色する。

  • ここで「フィッシュ・セット」(写真)を注文する。ご飯はスチィームライスかチャーハンが選べて、値段は同じ。よってチャーハンにする。値段は15RM(420円)。薄く切った白身魚3枚が鉄板で焼かれ少し塩味がきいていてうまい。また。チャーハンも文句ない。ボトルの水はホテルから持参した。全部完食して本日のディナー420円で終了。

    ここで「フィッシュ・セット」(写真)を注文する。ご飯はスチィームライスかチャーハンが選べて、値段は同じ。よってチャーハンにする。値段は15RM(420円)。薄く切った白身魚3枚が鉄板で焼かれ少し塩味がきいていてうまい。また。チャーハンも文句ない。ボトルの水はホテルから持参した。全部完食して本日のディナー420円で終了。

  • 夕食の後はバトゥ・フェリンギのメイン道路沿いを散歩する。沿道には様々なショップが屋台を出し観光客が行き交う。帆船の外観が意表をつくステーキ・レストラン『ザ・ショップ』(写真)もある。

    夕食の後はバトゥ・フェリンギのメイン道路沿いを散歩する。沿道には様々なショップが屋台を出し観光客が行き交う。帆船の外観が意表をつくステーキ・レストラン『ザ・ショップ』(写真)もある。

  • 夜9時過ぎにホテルの部屋(写真)に帰ってくる。机上にパソコンを置き外部スピーカーをつなぐ。そしてお気に入りのユーチューブから癒しのピアノ曲を流す。室内Wifi接続無料。<br />https://www.youtube.com/watch?v=4zOq4H7di14

    夜9時過ぎにホテルの部屋(写真)に帰ってくる。机上にパソコンを置き外部スピーカーをつなぐ。そしてお気に入りのユーチューブから癒しのピアノ曲を流す。室内Wifi接続無料。
    https://www.youtube.com/watch?v=4zOq4H7di14

  • バスタブにたっぷりのお湯をはり、ゆっくり湯船に浸かる。そして風呂上がりはバスローブに身を包み綺麗なキングベッド(写真)に倒れこむ。室内には癒しのピアノ曲が静かに流れる…。(お休みなさい)<br />→「ゴールデンサンズ・リゾート・バイシャングリラ・ペナン滞在記2」に続く

    バスタブにたっぷりのお湯をはり、ゆっくり湯船に浸かる。そして風呂上がりはバスローブに身を包み綺麗なキングベッド(写真)に倒れこむ。室内には癒しのピアノ曲が静かに流れる…。(お休みなさい)
    →「ゴールデンサンズ・リゾート・バイシャングリラ・ペナン滞在記2」に続く

この旅行記のタグ

26いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

コメントを投稿する前に

十分に確認の上、ご投稿ください。 コメントの内容は攻撃的ではなく、相手の気持ちに寄り添ったものになっていますか?

サイト共通ガイドライン(利用上のお願い)

報道機関・マスメディアの方へ 画像提供などに関するお問い合わせは、専用のお問い合わせフォームからお願いいたします。

旅の計画・記録

マイルに交換できるフォートラベルポイントが貯まる
フォートラベルポイントって?

マレーシアで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
マレーシア最安 90円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

マレーシアの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

PAGE TOP

ピックアップ特集