その他の都市旅行記(ブログ) 一覧に戻る
本日は7日目<br /><br />朝から良いお天気です。<br />アイロロ(Airolo)で自転車をレンタルし、ジョルニコ(Giornico)までサイクリングです。<br /><br />【スケジュール】<br />1日目:移動日 成田→トルコ(乗り換え)→チューリッヒ<br />2日目:パルプオーニャ湖、プレダでトロッティバイク<br />3日目:ブレガリア谷サイクリング、ソーリオ<br />4日目:サンモリッツ周辺<br />5日目:グアルダ、シュクオル<br />6日目:ヴェルザスカ渓谷、ジョルニコ<br />7日目:アイロロ、ジョルニコ<br />8日目:ビアスカ、チューリッヒ<br />9日目:チューリッヒ→トルコ<br />10日目:トルコ→成田

2014年7月スイス-7 アイロロ→ジョルニコ サイクリングと地元のおばあさんとのふれあい

16いいね!

2014/07/11 - 2014/07/20

114位(同エリア421件中)

0

69

chiffonさん

本日は7日目

朝から良いお天気です。
アイロロ(Airolo)で自転車をレンタルし、ジョルニコ(Giornico)までサイクリングです。

【スケジュール】
1日目:移動日 成田→トルコ(乗り換え)→チューリッヒ
2日目:パルプオーニャ湖、プレダでトロッティバイク
3日目:ブレガリア谷サイクリング、ソーリオ
4日目:サンモリッツ周辺
5日目:グアルダ、シュクオル
6日目:ヴェルザスカ渓谷、ジョルニコ
7日目:アイロロ、ジョルニコ
8日目:ビアスカ、チューリッヒ
9日目:チューリッヒ→トルコ
10日目:トルコ→成田

旅行の満足度
5.0
観光
5.0
ホテル
3.0
交通
3.0
同行者
友人
一人あたり費用
20万円 - 25万円
交通手段
鉄道 高速・路線バス 自転車 徒歩
旅行の手配内容
個別手配

PR

  • ジョルニコ(Giornico)で迎える朝。ツェレリーナ(Celerina)よりずっと暖かいです。このホテルはグロットが併設されていて、庭で朝食をいただきました。<br />

    ジョルニコ(Giornico)で迎える朝。ツェレリーナ(Celerina)よりずっと暖かいです。このホテルはグロットが併設されていて、庭で朝食をいただきました。

  • パンをトレイいっぱいに用意してくれました。オーナーさんはイタリア語しか話しませんので、ちょっとした会話にも一苦労でした。

    パンをトレイいっぱいに用意してくれました。オーナーさんはイタリア語しか話しませんので、ちょっとした会話にも一苦労でした。

  • アイロロ駅ホーム<br /><br />ジョルニコには駅がないのでGiornico, Paeseというバス停からバスを利用します。昨日の失敗に学び、今日はおとなしく乗車時に運転手さんから切符を買いました。<br /><br />ジョルニコからアイロロまではバスだと1時間弱、8.4フランです。この旅でバスに乗るたびに思いましたが、運転手さんは運転しながら乗客とずーっと世間話をしています。<br /><br />日本では絶対に見られない光景ですよね。「運転中は運転手に話しかけないでください」と貼り紙がしてあるくらいですから。

    アイロロ駅ホーム

    ジョルニコには駅がないのでGiornico, Paeseというバス停からバスを利用します。昨日の失敗に学び、今日はおとなしく乗車時に運転手さんから切符を買いました。

    ジョルニコからアイロロまではバスだと1時間弱、8.4フランです。この旅でバスに乗るたびに思いましたが、運転手さんは運転しながら乗客とずーっと世間話をしています。

    日本では絶対に見られない光景ですよね。「運転中は運転手に話しかけないでください」と貼り紙がしてあるくらいですから。

  • 途中バスが故障して乗り換えるというハプニングもありましたが、無事アイロロ駅に到着しました。結構大きい駅ですが、駅舎はパステルカラーでかわいらしいです。この駅の敷地内で自転車を借りられます。倉庫のような所に自転車がずらーっと並んでいました。<br /><br />2日間レンタルしましたが、通常料金70フラン<br />半額カード所持者は60フランです。<br /><br />自転車のレンタルについては「便利サイトで情報収集編」をご参照ください。<br />http://4travel.jp/travelogue/10949577

    途中バスが故障して乗り換えるというハプニングもありましたが、無事アイロロ駅に到着しました。結構大きい駅ですが、駅舎はパステルカラーでかわいらしいです。この駅の敷地内で自転車を借りられます。倉庫のような所に自転車がずらーっと並んでいました。

    2日間レンタルしましたが、通常料金70フラン
    半額カード所持者は60フランです。

    自転車のレンタルについては「便利サイトで情報収集編」をご参照ください。
    http://4travel.jp/travelogue/10949577

  • アイロロ駅の裏側の風景。<br /><br />アイロロはホテルや銀行、インフォメーションもあり、便利そうです。まず、駅前の銀行で両替をしてからサイクリングスタートです。1万円で84フラン レート約119円。手数料もかかりませんでした。<br /><br />チューリッヒ空港の両替所では4万円で325フラン レート約122円のうえ、手数料が4フランかかったので、アイロロの銀行の方がずっと良心的ですね。

    アイロロ駅の裏側の風景。

    アイロロはホテルや銀行、インフォメーションもあり、便利そうです。まず、駅前の銀行で両替をしてからサイクリングスタートです。1万円で84フラン レート約119円。手数料もかかりませんでした。

    チューリッヒ空港の両替所では4万円で325フラン レート約122円のうえ、手数料が4フランかかったので、アイロロの銀行の方がずっと良心的ですね。

  • グーグルマップによると、アイロロからジョルニコまでは28.5キロ。<br />ずっと下りなので、とても楽です。<br /><br />このコースはスイス在住の方のブログで紹介されていて、次スイスに行くことがあったら絶対に挑戦してみたいと思ってました。ついに夢が叶います。

    グーグルマップによると、アイロロからジョルニコまでは28.5キロ。
    ずっと下りなので、とても楽です。

    このコースはスイス在住の方のブログで紹介されていて、次スイスに行くことがあったら絶対に挑戦してみたいと思ってました。ついに夢が叶います。

  • まずは南のベリンツォーナ(Bellinzona)方面に向かって、車道を進みます。アイロロの町も散策したかったのですが、日暮れ前にはなんとかジョルニコのホテルに戻りたいのであまりゆっくりはしていられません。アイロロ観光は次回のお楽しみにすることに。

    まずは南のベリンツォーナ(Bellinzona)方面に向かって、車道を進みます。アイロロの町も散策したかったのですが、日暮れ前にはなんとかジョルニコのホテルに戻りたいのであまりゆっくりはしていられません。アイロロ観光は次回のお楽しみにすることに。

  • アイロロから少し下ったところから見えた電車用の石橋です。

    アイロロから少し下ったところから見えた電車用の石橋です。

  • アイロロを離れるにつれ、だんだんのどかになっていきます。<br />遠くに電車が走っているのが見えます。

    アイロロを離れるにつれ、だんだんのどかになっていきます。
    遠くに電車が走っているのが見えます。

  • アイロロから6キロほど下ったところにピオッタ(Piotta)というケーブルカー乗り場があり、山頂にはリトム湖があります。<br /><br />アイロロからバスで行かれる方は、アイロロから5分ほどの「Piotta Posta」というバス停で降り、そこからケーブルカー乗り場まで赤い点線ルートで徒歩12,3分です。

    アイロロから6キロほど下ったところにピオッタ(Piotta)というケーブルカー乗り場があり、山頂にはリトム湖があります。

    アイロロからバスで行かれる方は、アイロロから5分ほどの「Piotta Posta」というバス停で降り、そこからケーブルカー乗り場まで赤い点線ルートで徒歩12,3分です。

  • 今日は快晴なので、山頂のピオーラ(Piora)まで上ることにしました。受付のお兄さんはとても良い人で、私たちが手にヘルメットを持っているのを見て、「預かっておくよ!」と言ってくれました。<br /><br />ケーブルカー<br />http://www.ritom.ch/funicolare/storia/<br /><br />頂上駅まで12分、往復で22フランです。このケーブルカーには自転車も載せられ、積載料金は片道8フランです。時間があれば山頂から自転車で下って来たかったのですが、これも次回のお楽しみ。

    今日は快晴なので、山頂のピオーラ(Piora)まで上ることにしました。受付のお兄さんはとても良い人で、私たちが手にヘルメットを持っているのを見て、「預かっておくよ!」と言ってくれました。

    ケーブルカー
    http://www.ritom.ch/funicolare/storia/

    頂上駅まで12分、往復で22フランです。このケーブルカーには自転車も載せられ、積載料金は片道8フランです。時間があれば山頂から自転車で下って来たかったのですが、これも次回のお楽しみ。

  • 山頂から見えた向かいの山々。

    山頂から見えた向かいの山々。

  • 山頂からリトム湖までは15分くらい歩きます。アスファルトの車道で、高低差もあまりないので楽ちんです。

    山頂からリトム湖までは15分くらい歩きます。アスファルトの車道で、高低差もあまりないので楽ちんです。

  • リトム湖を目指して歩いていると、背後で「ゴン」とものすごい音がしました。振り返ってみると、そこにはサッカーボールくらいの大きさの岩が!

    リトム湖を目指して歩いていると、背後で「ゴン」とものすごい音がしました。振り返ってみると、そこにはサッカーボールくらいの大きさの岩が!

  • 道沿いの岩肌から落ちて来たのです。<br />ケーブルカーから降りた人たちが一斉にリトム湖へ向かって歩き始め、ほとんどの人が通り過ぎた後のことでした。<br /><br />あと2,3分通り過ぎるのが遅かったら・・・と思うとぞっとします。

    道沿いの岩肌から落ちて来たのです。
    ケーブルカーから降りた人たちが一斉にリトム湖へ向かって歩き始め、ほとんどの人が通り過ぎた後のことでした。

    あと2,3分通り過ぎるのが遅かったら・・・と思うとぞっとします。

  • 石が落ちた場所には、こんな穴ができていました。<br />誰にも当たらなくて、本当に本当に良かった。

    石が落ちた場所には、こんな穴ができていました。
    誰にも当たらなくて、本当に本当に良かった。

  • 15分ほどでリトム湖に到着。リトム湖間近だけ上りがきついです。<br /><br />この奥にも湖があるようで、そこまでハイキングもできるようですが、残念ながら今日の私たちにはゆっくりしている時間がありません。景色だけみて、ケーブルカー乗り場へ引き返します。

    15分ほどでリトム湖に到着。リトム湖間近だけ上りがきついです。

    この奥にも湖があるようで、そこまでハイキングもできるようですが、残念ながら今日の私たちにはゆっくりしている時間がありません。景色だけみて、ケーブルカー乗り場へ引き返します。

  • 湖畔にはレストランがあります。<br />休憩したいところですが、先を急ぎます。

    湖畔にはレストランがあります。
    休憩したいところですが、先を急ぎます。

  • レストラン近くからの風景。<br />お花畑が綺麗です。

    レストラン近くからの風景。
    お花畑が綺麗です。

  • 次に目指すは、小さな湖畔にあるグロットです。<br />このグロットも前述のブログで紹介されていました。

    次に目指すは、小さな湖畔にあるグロットです。
    このグロットも前述のブログで紹介されていました。

  • 車道をそれて、田舎道を進みます。こういう道、大好きです。

    車道をそれて、田舎道を進みます。こういう道、大好きです。

  • スイスでは牛やヤギはよく見かけましたが、ここには珍しく馬がいました。

    スイスでは牛やヤギはよく見かけましたが、ここには珍しく馬がいました。

  • Ambriという村から少し下ったところにある、Laghetti Audanという小さな湖です。<br />

    Ambriという村から少し下ったところにある、Laghetti Audanという小さな湖です。

  • 湖畔にあった樽

    湖畔にあった樽

  • 湖畔のAudanというグロットでランチをします。<br /><br />場所はこちら<br />https://www.google.co.jp/maps/place/Laghetti+Audan/@46.5074309,8.7087451,16z/data=!4m2!3m1!1s0x0000000000000000:0x98abdb2693ac70f1

    湖畔のAudanというグロットでランチをします。

    場所はこちら
    https://www.google.co.jp/maps/place/Laghetti+Audan/@46.5074309,8.7087451,16z/data=!4m2!3m1!1s0x0000000000000000:0x98abdb2693ac70f1

  • まつ毛わっさわさのカワイイ少女が接客してくれましたが、残念ながらここでもイタリア語のみorz...<br />もちろんメニューもイタリア語で写真もない!<br /><br />メニューがまったく分からなかったので、ブログの写真を見せて「これと同じのを」と指差したら、分かってもらえました。やったー。

    まつ毛わっさわさのカワイイ少女が接客してくれましたが、残念ながらここでもイタリア語のみorz...
    もちろんメニューもイタリア語で写真もない!

    メニューがまったく分からなかったので、ブログの写真を見せて「これと同じのを」と指差したら、分かってもらえました。やったー。

  • 甘辛いタレがかかったミートローフにポレンタというとうもろこしの粉を練ったものが添えられてました。見た目はマッシュポテトに似ていますが、うーん 味はマッシュポテトの方が好みです。<br /><br />隣のカップルは、かなりの量の前菜のあとに出て来たメインにポレンタが3、4個お皿に乗っていましたが、ペロリと食べていました。<br />す、すごい。

    甘辛いタレがかかったミートローフにポレンタというとうもろこしの粉を練ったものが添えられてました。見た目はマッシュポテトに似ていますが、うーん 味はマッシュポテトの方が好みです。

    隣のカップルは、かなりの量の前菜のあとに出て来たメインにポレンタが3、4個お皿に乗っていましたが、ペロリと食べていました。
    す、すごい。

  • ここからはジョルニコを目指して、ひたすら下ります。<br />途中のRodiという村に山頂の湖に上るロープウェーがあったので見に行ってみると、ひとっこひとりいませんでした。乗りたい人は係員を呼び出す制なんでしょうか?<br /><br />この時点でまだ今日の行程の半分くらいしか進んでないので、ここも次回のお楽しみにしました。残念。

    ここからはジョルニコを目指して、ひたすら下ります。
    途中のRodiという村に山頂の湖に上るロープウェーがあったので見に行ってみると、ひとっこひとりいませんでした。乗りたい人は係員を呼び出す制なんでしょうか?

    この時点でまだ今日の行程の半分くらいしか進んでないので、ここも次回のお楽しみにしました。残念。

  • ファイド手前の渓谷に差し掛かりました。ここはレンタサイクル屋のおじさんが教えてくれた所です。入口があまりにも分かりにくいので、車道を進んでいたら全く気付かずに通り過ぎてしまったでしょう。おじさん、ありがとう。<br /><br />青線がサイクリング、赤線が渓谷脇の小道です。

    ファイド手前の渓谷に差し掛かりました。ここはレンタサイクル屋のおじさんが教えてくれた所です。入口があまりにも分かりにくいので、車道を進んでいたら全く気付かずに通り過ぎてしまったでしょう。おじさん、ありがとう。

    青線がサイクリング、赤線が渓谷脇の小道です。

  • 車道沿いのLocanda Dazio Grandeというホテルを過ぎてすぐ、右側に小道へ降りる階段があります。<br /><br />Locanda Dazio Grandeの場所はこちら<br />https://www.google.co.jp/maps/place/Locanda+Dazio+Grande/@46.4885978,8.746748,19z/data=!4m2!3m1!1s0x0000000000000000:0x9ce4682d2f72b033

    車道沿いのLocanda Dazio Grandeというホテルを過ぎてすぐ、右側に小道へ降りる階段があります。

    Locanda Dazio Grandeの場所はこちら
    https://www.google.co.jp/maps/place/Locanda+Dazio+Grande/@46.4885978,8.746748,19z/data=!4m2!3m1!1s0x0000000000000000:0x9ce4682d2f72b033

  • 写真を見て後から気付いたのですが、うっすら虹が出ていました。

    写真を見て後から気付いたのですが、うっすら虹が出ていました。

  • とにかく水の透明度がすごい。

    とにかく水の透明度がすごい。

  • 左上の穴が開いているところが車道です。

    左上の穴が開いているところが車道です。

  • 不便なところにあるせいか、人はほとんどいませんでした。<br />こんなにキレイなのに。

    不便なところにあるせいか、人はほとんどいませんでした。
    こんなにキレイなのに。

  • 絶壁の間を通ります。

    絶壁の間を通ります。

  • 今日は快晴で灼熱ですが、水辺は涼しくて生き返ります。

    今日は快晴で灼熱ですが、水辺は涼しくて生き返ります。

  • 電車や車ではこんな素敵な場所も一瞬で通り過ぎてしまうので本当にもったいない。こんな所に寄れるのは、個人旅行ならではですね。

    電車や車ではこんな素敵な場所も一瞬で通り過ぎてしまうので本当にもったいない。こんな所に寄れるのは、個人旅行ならではですね。

  • 渓谷が終わり、視界が開けて来ました。<br />

    渓谷が終わり、視界が開けて来ました。

  • ここからは車道をひたすらに下ります。すぐにファイド(Faido)と言う村があり、ここには駅もあります。<br /><br />先ほどアイロロで両替をしたばかりですが明日チューリッヒでお土産を買う予定なので、もう少し両替しようとファイドの銀行に寄りました。しかし、まさかの日本円拒否・・・ 確かにね、日本でも田舎の地銀でメジャーでない通貨を両替してと言ってもきっとしてくれないだろうから、しょうがないかな。<br /><br />アイロロで両替できた方が奇跡だったのかも。1万円札を窓口で出したとき、窓口のお姉さん、お札をじっと眺めて「これ、どの国のお札かしら」という顔をしてたので。

    ここからは車道をひたすらに下ります。すぐにファイド(Faido)と言う村があり、ここには駅もあります。

    先ほどアイロロで両替をしたばかりですが明日チューリッヒでお土産を買う予定なので、もう少し両替しようとファイドの銀行に寄りました。しかし、まさかの日本円拒否・・・ 確かにね、日本でも田舎の地銀でメジャーでない通貨を両替してと言ってもきっとしてくれないだろうから、しょうがないかな。

    アイロロで両替できた方が奇跡だったのかも。1万円札を窓口で出したとき、窓口のお姉さん、お札をじっと眺めて「これ、どの国のお札かしら」という顔をしてたので。

  • 高速を下から眺めて。<br /><br />ファイドを過ぎたら、ジョルニコまでひたすら車道を行きます。ここからは楽しい脇道もなく(気付かなかっただけかも)単調な道が続き車も結構通るので、少し怖かったです。ただ、ずっと下りなので楽ちんです。

    高速を下から眺めて。

    ファイドを過ぎたら、ジョルニコまでひたすら車道を行きます。ここからは楽しい脇道もなく(気付かなかっただけかも)単調な道が続き車も結構通るので、少し怖かったです。ただ、ずっと下りなので楽ちんです。

  • 日暮れ前にジョルニコに到着しました!よかったー。<br /><br />子供たちが水遊びをしています。こんな大自然の中で暮らせるなんていいな。<br />

    日暮れ前にジョルニコに到着しました!よかったー。

    子供たちが水遊びをしています。こんな大自然の中で暮らせるなんていいな。

  • 石橋からの風景<br />ジョルニコの村を見渡せます。<br />この雰囲気がとっても好きで、ここに来て良かったと心から思います。

    石橋からの風景
    ジョルニコの村を見渡せます。
    この雰囲気がとっても好きで、ここに来て良かったと心から思います。

  • 村のちょうど真ん中にキレイな川が流れています。

    村のちょうど真ん中にキレイな川が流れています。

  • ジョルニコには大きな教会が2つ、小さな教会が1つあります。<br />向かって左がサン・ミケーレ教会、右がサン・ニコラオ教会。<br /><br />こちらに教会の詳しい説明があります。<br />http://www.giornico.com/sehenswuerdigkeiten/sehenswuerdigkeiten_jp.html 

    ジョルニコには大きな教会が2つ、小さな教会が1つあります。
    向かって左がサン・ミケーレ教会、右がサン・ニコラオ教会。

    こちらに教会の詳しい説明があります。
    http://www.giornico.com/sehenswuerdigkeiten/sehenswuerdigkeiten_jp.html 

  • こちらがサンタ・マリア・カステッロ教会。<br />丘の上に立っています。<br /><br />近くまで行ってみようと歩いていたら、地元のおじさんがいたので「ボナセーラ」と挨拶してみました。すると、イタリア語で何か言っています。何を言っているか分からないけど、こっちにおいでと言っているようです。<br /><br />おじさんは教会のふもとの家のベルを鳴らし、出て来たおばあさんに何かを言っています。そして、鍵を渡してくれました。見ず知らずの言葉も通じない東洋人に教会の鍵を貸してくれたのです。おばあさんはご自宅の郵便ポストを指差してイタリア語で何か言っていたので、終わったら鍵をここに入れておいてね ということなのでしょう。<br /><br />思いもよらぬ親切に、じーんとしてしまいました。<br />

    こちらがサンタ・マリア・カステッロ教会。
    丘の上に立っています。

    近くまで行ってみようと歩いていたら、地元のおじさんがいたので「ボナセーラ」と挨拶してみました。すると、イタリア語で何か言っています。何を言っているか分からないけど、こっちにおいでと言っているようです。

    おじさんは教会のふもとの家のベルを鳴らし、出て来たおばあさんに何かを言っています。そして、鍵を渡してくれました。見ず知らずの言葉も通じない東洋人に教会の鍵を貸してくれたのです。おばあさんはご自宅の郵便ポストを指差してイタリア語で何か言っていたので、終わったら鍵をここに入れておいてね ということなのでしょう。

    思いもよらぬ親切に、じーんとしてしまいました。

  • 鍵を借り、教会へ上ります。<br />階段も石造りです。

    鍵を借り、教会へ上ります。
    階段も石造りです。

  • こんな形をしています。<br />借りた鍵で中も見させてもらったのですが、地元の方々が守っている神聖な物の写真を撮るのは気が引けて中の写真は1枚も撮っていません。その代わり、目に焼き付けて来ました。

    こんな形をしています。
    借りた鍵で中も見させてもらったのですが、地元の方々が守っている神聖な物の写真を撮るのは気が引けて中の写真は1枚も撮っていません。その代わり、目に焼き付けて来ました。

  • 教会裏に出てみました。<br />ここからはジョルニコの村を一望できます。

    教会裏に出てみました。
    ここからはジョルニコの村を一望できます。

  • 教会裏からの風景<br /><br />ひと通り見て、借りた鍵をおばあさんに戻しに行きました。郵便ポストに入れようと思っていましたが、玄関先におばあさんが座っていました。わざわざ待っていてくれたようです。<br /><br />そして、しきりにイタリア語で何か言っているのですが、まったく分かりません。何でイタリア語を勉強して来なかったんだーーー!!激しく後悔。<br /><br />途中でおばあさんの様子を見に来たお孫さんが自転車で現れ、英語で通訳してくれました。どうやら「部屋着で出て来ちゃって恥ずかしいわ」と言っていたようです。なんてチャーミングなおばあさんなんでしょう。地元の方の温かみに触れ、ジョルニコがますます好きになりました。

    教会裏からの風景

    ひと通り見て、借りた鍵をおばあさんに戻しに行きました。郵便ポストに入れようと思っていましたが、玄関先におばあさんが座っていました。わざわざ待っていてくれたようです。

    そして、しきりにイタリア語で何か言っているのですが、まったく分かりません。何でイタリア語を勉強して来なかったんだーーー!!激しく後悔。

    途中でおばあさんの様子を見に来たお孫さんが自転車で現れ、英語で通訳してくれました。どうやら「部屋着で出て来ちゃって恥ずかしいわ」と言っていたようです。なんてチャーミングなおばあさんなんでしょう。地元の方の温かみに触れ、ジョルニコがますます好きになりました。

  • 中州にはおしゃれなレストランがあり、今夜はそこで夕食を食べることに。中州へはこのような石橋で渡ります。<br />

    中州にはおしゃれなレストランがあり、今夜はそこで夕食を食べることに。中州へはこのような石橋で渡ります。

  • レストランは写真左のブドウの葉で覆われているところです。

    レストランは写真左のブドウの葉で覆われているところです。

  • Grotto dei Due Pontiというレストランです。<br />http://www.tripadvisor.jp/Restaurant_Review-g1945830-d3222780-Reviews-Grotto_dei_Due_Ponti-Giornico_Canton_of_Ticino_Swiss_Alps.html

    Grotto dei Due Pontiというレストランです。
    http://www.tripadvisor.jp/Restaurant_Review-g1945830-d3222780-Reviews-Grotto_dei_Due_Ponti-Giornico_Canton_of_Ticino_Swiss_Alps.html

  • お店の入口

    お店の入口

  • 店の中から<br /><br />オープンテラスのような感じで、川がすぐそこに見えます。

    店の中から

    オープンテラスのような感じで、川がすぐそこに見えます。

  • 内装もおしゃれです。<br />

    内装もおしゃれです。

  • まずは水とパン。

    まずは水とパン。

  • 予想通り、メニューはイタリア語のみで写真ゼロ。英語も通じません・・・<br /><br />旅のお供の指さしイタリア語会話帳でお店の人と話し、まずはスープを注文。これがすっごくおしかった!!<br /><br />説明に困ったスタッフさんがざっくり「ミネストローネのようなもの」と言っていましたが、ベースはトマト風味ではなくあっさりとしたクリーム系で中に野菜と麦のような粒が入っていました。もう一杯飲めそうなくらい好きな味でした。<br /><br />

    予想通り、メニューはイタリア語のみで写真ゼロ。英語も通じません・・・

    旅のお供の指さしイタリア語会話帳でお店の人と話し、まずはスープを注文。これがすっごくおしかった!!

    説明に困ったスタッフさんがざっくり「ミネストローネのようなもの」と言っていましたが、ベースはトマト風味ではなくあっさりとしたクリーム系で中に野菜と麦のような粒が入っていました。もう一杯飲めそうなくらい好きな味でした。

  • こちらはラザニアのようなもの。<br />層になっているのではなく、具材をラザニアのシートで筒状巻いて何本か並んでいました。

    こちらはラザニアのようなもの。
    層になっているのではなく、具材をラザニアのシートで筒状巻いて何本か並んでいました。

  • パンナコッタ<br /><br />かわいくデコレーションされていて、味も美味。

    パンナコッタ

    かわいくデコレーションされていて、味も美味。

  • 食事を終えてもまだ明るかったので、腹ごなしに村を散策することに。

    食事を終えてもまだ明るかったので、腹ごなしに村を散策することに。

  • こちらは多分貯蔵庫

    こちらは多分貯蔵庫

  • 貯蔵庫に使われているだけあり、石造りの小屋の中は夏でもとてもひんやりしています。小窓や隙間に手をかざすと、冷たい風を感じます。

    貯蔵庫に使われているだけあり、石造りの小屋の中は夏でもとてもひんやりしています。小窓や隙間に手をかざすと、冷たい風を感じます。

  • サン・ニコラオ教会

    サン・ニコラオ教会

  • 小川とサン・ミケーレ教会

    小川とサン・ミケーレ教会

  • 広いお庭のある素敵な家。<br />この時期にあじさいが咲いていました。

    広いお庭のある素敵な家。
    この時期にあじさいが咲いていました。

  • 道路(バス通り)を挟んで反対側の丘にも雰囲気の良いグロットがありました。次はこちらでご飯を食べてみたいです。

    道路(バス通り)を挟んで反対側の丘にも雰囲気の良いグロットがありました。次はこちらでご飯を食べてみたいです。

  • だんだん暗くなってきました。

    だんだん暗くなってきました。

  • 教会付近の看板

    教会付近の看板

  • とても小さい村ですので徒歩で十分回れます。

    とても小さい村ですので徒歩で十分回れます。

16いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

chiffonさんの関連旅行記

chiffonさんの旅行記一覧

旅の計画・記録

マイルに交換できるフォートラベルポイントが貯まる
フォートラベルポイントって?

スイスで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
スイス最安 600円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

スイスの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

PAGE TOP

ピックアップ特集