その他の観光地旅行記(ブログ) 一覧に戻る
本日は6日目<br /><br />丸4日間満喫したグラウビュンデン地方を後にし、ティチーノ地方へ移動します。ネットで見て、ここに行かずに日本には帰れないと思ったヴェルザスカ渓谷に向けて出発です。<br /><br />ツェレリーナからヴェルザスカ渓谷まで、約5時間の大移動です。<br />ルートはこちら<br />https://www.google.co.jp/maps/dir/Celerina%2FSchlarigna,+Svizra/Lavertezzo,+Paese/@46.454786,9.1758897,10z/data=!4m14!4m13!1m5!1m1!1s0x47837dbe07b3e379:0x2192c88a756f421c!2m2!1d9.8588815!2d46.5139889!1m5!1m1!1s0x4785b131a6a7b09f:0x94178d540a04f21e!2m2!1d8.838429!2d46.258922!3e3<br /><br />【スケジュール】<br />1日目:移動日 成田→トルコ(乗り換え)→チューリッヒ<br />2日目:パルプオーニャ湖、プレダでトロッティバイク<br />3日目:ブレガリア谷サイクリング、ソーリオ<br />4日目:サンモリッツ周辺<br />5日目:グアルダ、シュクオル<br />6日目:ヴェルザスカ渓谷、ジョルニコ<br />7日目:アイロロ、ジョルニコ<br />8日目:ビアスカ、チューリッヒ<br />9日目:チューリッヒ→トルコ<br />10日目:トルコ→成田

2014年7月スイス-6 青い清流ヴェルザスカ渓谷と少年の勇姿

21いいね!

2014/07/11 - 2014/07/20

75位(同エリア492件中)

0

51

chiffonさん

本日は6日目

丸4日間満喫したグラウビュンデン地方を後にし、ティチーノ地方へ移動します。ネットで見て、ここに行かずに日本には帰れないと思ったヴェルザスカ渓谷に向けて出発です。

ツェレリーナからヴェルザスカ渓谷まで、約5時間の大移動です。
ルートはこちら
https://www.google.co.jp/maps/dir/Celerina%2FSchlarigna,+Svizra/Lavertezzo,+Paese/@46.454786,9.1758897,10z/data=!4m14!4m13!1m5!1m1!1s0x47837dbe07b3e379:0x2192c88a756f421c!2m2!1d9.8588815!2d46.5139889!1m5!1m1!1s0x4785b131a6a7b09f:0x94178d540a04f21e!2m2!1d8.838429!2d46.258922!3e3

【スケジュール】
1日目:移動日 成田→トルコ(乗り換え)→チューリッヒ
2日目:パルプオーニャ湖、プレダでトロッティバイク
3日目:ブレガリア谷サイクリング、ソーリオ
4日目:サンモリッツ周辺
5日目:グアルダ、シュクオル
6日目:ヴェルザスカ渓谷、ジョルニコ
7日目:アイロロ、ジョルニコ
8日目:ビアスカ、チューリッヒ
9日目:チューリッヒ→トルコ
10日目:トルコ→成田

旅行の満足度
5.0
観光
5.0
ショッピング
4.0
交通
4.0
同行者
友人
一人あたり費用
20万円 - 25万円
交通手段
鉄道 高速・路線バス 自転車 徒歩
旅行の手配内容
個別手配

PR

  • 本日はサイクリングはお休みして、南西方面にあるティチーノ地方へ大移動です。青線が電車、黄線がポストバスです。<br /><br />【所要時間】<br />ツェレリーナ → ツージス 電車90分<br />ツージス → ベリンツォーナ 高速バス95分<br /><br />【料金】<br />70フラン(電車2等車+高速バス)

    本日はサイクリングはお休みして、南西方面にあるティチーノ地方へ大移動です。青線が電車、黄線がポストバスです。

    【所要時間】
    ツェレリーナ → ツージス 電車90分
    ツージス → ベリンツォーナ 高速バス95分

    【料金】
    70フラン(電車2等車+高速バス)

  • 余裕をもってチェックアウトし、大荷物を抱えて駅まで歩きます。夏でもツェレリーナの朝は本当に寒い。電車が来るまで駅でガタガタブルブル震えていました。

    余裕をもってチェックアウトし、大荷物を抱えて駅まで歩きます。夏でもツェレリーナの朝は本当に寒い。電車が来るまで駅でガタガタブルブル震えていました。

  • ベルギュン(Bergun)の村です。<br /><br />景色を楽しみたいところでしたが、ツェレリーナでの電車待ちで体が冷え切ってしまい体調が悪いです。ツージスから1時間半もバスに乗らないといけないのに、大丈夫かしら。高速バスだから気軽に下車できないし、超不安。

    ベルギュン(Bergun)の村です。

    景色を楽しみたいところでしたが、ツェレリーナでの電車待ちで体が冷え切ってしまい体調が悪いです。ツージスから1時間半もバスに乗らないといけないのに、大丈夫かしら。高速バスだから気軽に下車できないし、超不安。

  • ツェレリーナからツージスまでの車窓で1番の撮影ポイント、撮り鉄さんが泣いて喜ぶであろうランドヴァッサー(有名な石橋)も寝ていて通過。写真をバシバシ撮りたかったのに、残念。<br /><br />そして不安を抱えたまま、ツージスに到着です。下車した途端、ゴットファーザーのテーマ曲が聞こえて来ました。駅のBGMかと思いきや、青年がアコーディオンで弾いていました。<br />

    ツェレリーナからツージスまでの車窓で1番の撮影ポイント、撮り鉄さんが泣いて喜ぶであろうランドヴァッサー(有名な石橋)も寝ていて通過。写真をバシバシ撮りたかったのに、残念。

    そして不安を抱えたまま、ツージスに到着です。下車した途端、ゴットファーザーのテーマ曲が聞こえて来ました。駅のBGMかと思いきや、青年がアコーディオンで弾いていました。

  • 乗り換え時間が10分くらいしかなかったので間に合うか心配でしたが、バス乗り場は駅の目の前だったので余裕でした。<br /><br />大きなポストバスがどんどん入って来ます。ツージスからベリンツォーナまでは高速バスとローカルバスの2パターンの行き方があります。私たちは午後から行きたい所があったため、時間優先で高速バスにしてしまいましたがローカルにすれば良かったです・・・失敗。<br /><br />高速バスの場合、始発はクール駅。そして次に私たちが乗ったツージスに停まりますが、ツージスから乗り込んだのは私たちだけでした。ほぼ満席。高速をひた走るので、山などの遠い景色は見えるものの村の様子は全く分かりません。<br /><br />時間はたっぷりあるから、車窓を楽しみたい!という方にはローカルバスをおススメします。

    乗り換え時間が10分くらいしかなかったので間に合うか心配でしたが、バス乗り場は駅の目の前だったので余裕でした。

    大きなポストバスがどんどん入って来ます。ツージスからベリンツォーナまでは高速バスとローカルバスの2パターンの行き方があります。私たちは午後から行きたい所があったため、時間優先で高速バスにしてしまいましたがローカルにすれば良かったです・・・失敗。

    高速バスの場合、始発はクール駅。そして次に私たちが乗ったツージスに停まりますが、ツージスから乗り込んだのは私たちだけでした。ほぼ満席。高速をひた走るので、山などの遠い景色は見えるものの村の様子は全く分かりません。

    時間はたっぷりあるから、車窓を楽しみたい!という方にはローカルバスをおススメします。

  • バスの中でも引き続きブルブル震えながら、ただひたすらにベリンツォーナに着くのを待っていました。<br /><br />ツージスを出発して40分ほどでサン・ベルナルディーノという峠に着き、そこで7分ほど休憩です。そしてさらに45分ほどバスに揺られ、ベリンツォーナに到着します。<br /><br />バスを降りた瞬間、あ、あつい!!灼熱です。冷え切った体にはパラダイスでした。生き返った?。そして、久々の都会。いろんな人種を見かけて、なんだかほっとしました。ここ数日欧米の人しか見かけず、完全アウェイ状態だったので。

    バスの中でも引き続きブルブル震えながら、ただひたすらにベリンツォーナに着くのを待っていました。

    ツージスを出発して40分ほどでサン・ベルナルディーノという峠に着き、そこで7分ほど休憩です。そしてさらに45分ほどバスに揺られ、ベリンツォーナに到着します。

    バスを降りた瞬間、あ、あつい!!灼熱です。冷え切った体にはパラダイスでした。生き返った?。そして、久々の都会。いろんな人種を見かけて、なんだかほっとしました。ここ数日欧米の人しか見かけず、完全アウェイ状態だったので。

  • 次はラヴェルテッツォにあるヴェルザスカ渓谷を目指します。ネットで写真を見て、あまりの綺麗さに「ここは絶対行かないと!」と思った場所。青線は電車、黄線がポストバスの移動です。

    次はラヴェルテッツォにあるヴェルザスカ渓谷を目指します。ネットで写真を見て、あまりの綺麗さに「ここは絶対行かないと!」と思った場所。青線は電車、黄線がポストバスの移動です。

  • まずはベリンツォーナからテネロへ電車で行きます。ベリンツォーナは都会ですが、発車してすぐにのどかな風景が広がりとんがった山が見えました。<br /><br />どの辺か場所は分からなかったのですが、進行方向左側の車窓から一面に広がったひまわり畑が見え、大感動でした。シャッターが間に合わず、本当に残念。<br /><br />【所要時間】<br />ベリンツォーナ(Bellinzona)→ テネロ(Tenero) 電車20分<br />テネロ → ラヴェルテッツォ(Lavertezzo Paese) バス30分<br /><br />【料金】<br />10.6フラン

    まずはベリンツォーナからテネロへ電車で行きます。ベリンツォーナは都会ですが、発車してすぐにのどかな風景が広がりとんがった山が見えました。

    どの辺か場所は分からなかったのですが、進行方向左側の車窓から一面に広がったひまわり畑が見え、大感動でした。シャッターが間に合わず、本当に残念。

    【所要時間】
    ベリンツォーナ(Bellinzona)→ テネロ(Tenero) 電車20分
    テネロ → ラヴェルテッツォ(Lavertezzo Paese) バス30分

    【料金】
    10.6フラン

  • テネロ駅で下車し、ソノーニョ行きのポストバスに乗り換えます。バス停は駅の目の前です。バスの本数は少ないので事前に調べてから行った方が良さそうです。

    テネロ駅で下車し、ソノーニョ行きのポストバスに乗り換えます。バス停は駅の目の前です。バスの本数は少ないので事前に調べてから行った方が良さそうです。

  • 満席のバスに揺られること30分。ラベルテッツォに到着しました。ラヴェルテッツォのバス停は屋根もイスもあり、壁画もあるので教会のようです。<br /><br />バス停には切符の自販機がありましたので、帰りの切符を買っておきました。乗る時にバスの運転手さんからも買えるのですが先に買っておいた方が安心ということで買ったのですが・・・これが後に、とんだトラブルを引き起こすのでした。

    満席のバスに揺られること30分。ラベルテッツォに到着しました。ラヴェルテッツォのバス停は屋根もイスもあり、壁画もあるので教会のようです。

    バス停には切符の自販機がありましたので、帰りの切符を買っておきました。乗る時にバスの運転手さんからも買えるのですが先に買っておいた方が安心ということで買ったのですが・・・これが後に、とんだトラブルを引き起こすのでした。

  • バス停のすぐ側に、教会や小さなお土産屋があります。<br />

    バス停のすぐ側に、教会や小さなお土産屋があります。

  • ちょうどランチタイムの時間だったので、教会のすぐそばの小さな公園(?)でお昼を食べることに。<br /><br />石橋の近くは人でごった返していますが、ここには数人だけしかいませんでした。日陰でベンチもあるし、清流もみられるベスポジなのに。

    ちょうどランチタイムの時間だったので、教会のすぐそばの小さな公園(?)でお昼を食べることに。

    石橋の近くは人でごった返していますが、ここには数人だけしかいませんでした。日陰でベンチもあるし、清流もみられるベスポジなのに。

  • 渓流沿いに小道があります。

    渓流沿いに小道があります。

  • 公園から少し離れたところに、石でできた有名なめがね橋があります。

    公園から少し離れたところに、石でできた有名なめがね橋があります。

  • なに この青緑!

    なに この青緑!

  • この日も快晴で灼熱地獄でしたが、水の冷たいこと。手で触っただけでも冷たく感じるのだから、全身入ったら、唇が紫になりそうです。

    この日も快晴で灼熱地獄でしたが、水の冷たいこと。手で触っただけでも冷たく感じるのだから、全身入ったら、唇が紫になりそうです。

  • 見てください!このキラキラした水面を。<br /><br />とにかく透き通った青緑なんです。<br />昔、図工の授業でビリジアンの絵の具を塗った筆を水で洗うとこんな色になってたような。

    見てください!このキラキラした水面を。

    とにかく透き通った青緑なんです。
    昔、図工の授業でビリジアンの絵の具を塗った筆を水で洗うとこんな色になってたような。

  • 同じような写真ばかりですみません。

    同じような写真ばかりですみません。

  • そろそろ眼鏡橋に向かいましょう。<br /><br />んん!?様子がおかしいですよ。目を凝らして、右側のアーチの手すりを見てみてください。

    そろそろ眼鏡橋に向かいましょう。

    んん!?様子がおかしいですよ。目を凝らして、右側のアーチの手すりを見てみてください。

  • なんと!10歳くらいの少年が手すりに立っています。<br />おじいさんらしき人に付き添われ、葛藤すること十数分。

    なんと!10歳くらいの少年が手すりに立っています。
    おじいさんらしき人に付き添われ、葛藤すること十数分。

  • ついにっ!!<br /><br />たくさんのギャラリーに励まされ、温かく見守られ飛び込みましたーー!結構な高さなのに、頑張りました。ギャラリーに見られてたから、引くに引けなくなっちゃったのかな(笑)<br />

    ついにっ!!

    たくさんのギャラリーに励まされ、温かく見守られ飛び込みましたーー!結構な高さなのに、頑張りました。ギャラリーに見られてたから、引くに引けなくなっちゃったのかな(笑)

  • やっほーーっう

    やっほーーっう

  • バッシャーン

    バッシャーン

  • 少年の勇姿を無事見届けたところで、次はコリッポ村に向けてハイキングスタートです。眼鏡橋を渡ったところを左へ曲がり、渓流沿いに林の中を歩きます。

    少年の勇姿を無事見届けたところで、次はコリッポ村に向けてハイキングスタートです。眼鏡橋を渡ったところを左へ曲がり、渓流沿いに林の中を歩きます。

  • 標識には、ここからコリッポまで1時間10分と書かれています。

    標識には、ここからコリッポまで1時間10分と書かれています。

  • 7月も半ばというのに、あじさいが咲いていました。

    7月も半ばというのに、あじさいが咲いていました。

  • 日向は灼熱ですが、ハイキング道は木々が陽射しを遮ってくれているので快適です。渓流のせせらぎをBGMに、森の中を進みます。

    日向は灼熱ですが、ハイキング道は木々が陽射しを遮ってくれているので快適です。渓流のせせらぎをBGMに、森の中を進みます。

  • この地域特有の石造りの小屋があちらこちらにあります。

    この地域特有の石造りの小屋があちらこちらにあります。

  • こちらにも石造りの小屋が。

    こちらにも石造りの小屋が。

  • 大自然に囲まれています。

    大自然に囲まれています。

  • 所々川岸に降りられます。

    所々川岸に降りられます。

  • 少しずつ上って行きます。ここにも石造りの小屋が。

    少しずつ上って行きます。ここにも石造りの小屋が。

  • こんな綺麗な渓流を見ながらのハイキングは疲れ知らずです。

    こんな綺麗な渓流を見ながらのハイキングは疲れ知らずです。

  • 絵になります。<br />こういう所にベンチを設置しているのも、さすがスイスだなと感じます。

    絵になります。
    こういう所にベンチを設置しているのも、さすがスイスだなと感じます。

  • もう少しでハイキング道が終わります。<br /><br />この看板から5分ほどで、車道に出ました。<br />車道に出てからコリッポまでは、ややきつい上りで20分くらいです。

    もう少しでハイキング道が終わります。

    この看板から5分ほどで、車道に出ました。
    車道に出てからコリッポまでは、ややきつい上りで20分くらいです。

  • ついに念願のコリッポ村へ到着です。<br />どの家も石造りで、石造り好きな私はテンションが上がります。

    ついに念願のコリッポ村へ到着です。
    どの家も石造りで、石造り好きな私はテンションが上がります。

  • 村の入口には教会があります。

    村の入口には教会があります。

  • 石造りの家とお花。絵になります。

    石造りの家とお花。絵になります。

  • 村内の家はほぼ全て石造りです。<br /><br />

    村内の家はほぼ全て石造りです。

  • ソーリオと似たような雰囲気ですが、コリッポの方がずっとこじんまりとしていて石造り率が高いです。<br />

    ソーリオと似たような雰囲気ですが、コリッポの方がずっとこじんまりとしていて石造り率が高いです。

  • 30分もあれば村内を1周できます。

    30分もあれば村内を1周できます。

  • とても静かで観光客はひとりも見かけませんでした。<br />この村の雰囲気、とても好きです。

    とても静かで観光客はひとりも見かけませんでした。
    この村の雰囲気、とても好きです。

  • 遠くにヴォゴルノ湖が見えます。

    遠くにヴォゴルノ湖が見えます。

  • コリッポ村からバス停までは車道を下り25分ほど。<br />下りきったらバス停までもう少し。石橋を渡ります。

    コリッポ村からバス停までは車道を下り25分ほど。
    下りきったらバス停までもう少し。石橋を渡ります。

  • 石橋の上から。

    石橋の上から。

  • 石橋を渡った先にはグロットと呼ばれる、石造りのレストランがありました。<br />場所はこちら<br />https://www.google.co.jp/maps/place/Grotto+Al+bivio+Corippo/@46.2405052,8.8439528,18z/data=!4m2!3m1!1s0x0000000000000000:0xf3bf304b837846d6<br /><br />バスの時間まで少し時間があったので、休憩することに。手持ちの水を飲みほしてしまっていたので、喉がカラカラです。コーラを一気に流し込みました。生き返った!

    石橋を渡った先にはグロットと呼ばれる、石造りのレストランがありました。
    場所はこちら
    https://www.google.co.jp/maps/place/Grotto+Al+bivio+Corippo/@46.2405052,8.8439528,18z/data=!4m2!3m1!1s0x0000000000000000:0xf3bf304b837846d6

    バスの時間まで少し時間があったので、休憩することに。手持ちの水を飲みほしてしまっていたので、喉がカラカラです。コーラを一気に流し込みました。生き返った!

  • バス停付近の看板。コリッポ行きの案内です。<br />ここから、テネロ乗り換えでベリンツォーナへ行きます。<br />

    バス停付近の看板。コリッポ行きの案内です。
    ここから、テネロ乗り換えでベリンツォーナへ行きます。

  • ベリンツォーナからはバスで宿泊地のジョルニコへ向かいます。<br /><br />ラベルテッツォに着いた時に券売機で帰りの分の切符も買っていたので、帰りは楽々〜♪ なんて余裕でいたのですが、それがどっこい大間違い。

    ベリンツォーナからはバスで宿泊地のジョルニコへ向かいます。

    ラベルテッツォに着いた時に券売機で帰りの分の切符も買っていたので、帰りは楽々〜♪ なんて余裕でいたのですが、それがどっこい大間違い。

  • この地域のバスはゾーン制で時間制限があるようで、どうやら切符購入から2時間が使用期限だったようです。<br /><br />それを知らず早々に購入し、運良くコリッポからベリンツォーナまでは乗車できたものの、ベリンツォーナのバスの運転手の目はタイムリミットを見逃しませんでした。<br /><br />しかも運転手さん(どうでもいい情報ですが、海外ドラマ「アグリーベティ」の父親役のイグナシオに似ていました)はイタリア語しか話しませんでしたので、一体何を言われているのか、ちんぷんかんぷんでした。切符を買い直して事なきを得ましたが、反省です。<br /><br />

    この地域のバスはゾーン制で時間制限があるようで、どうやら切符購入から2時間が使用期限だったようです。

    それを知らず早々に購入し、運良くコリッポからベリンツォーナまでは乗車できたものの、ベリンツォーナのバスの運転手の目はタイムリミットを見逃しませんでした。

    しかも運転手さん(どうでもいい情報ですが、海外ドラマ「アグリーベティ」の父親役のイグナシオに似ていました)はイタリア語しか話しませんでしたので、一体何を言われているのか、ちんぷんかんぷんでした。切符を買い直して事なきを得ましたが、反省です。

  • 運転手さんを煩わせた罰か、エアコンが故障していたのか、はたまた暑すぎてエアコンが効かないだけなのか、車内は灼熱地獄。ベリンツォーナのスーパーで買ったチョコレートはドロドロに溶けてしまいました。<br /><br />あまりの暑さに車窓を楽しむこともできず、ただひたすらにジョルニコに着くのを願っていました。<br /><br />日が暮れ始めたころ、ようやくジョルニコに到着しました。長かった〜。ジョルニコ村にはGiornicoとつくバス停がいくつかありますが、村の中心に近いのはGiornico Paeseです。<br /><br />コリッポほどではないですが、ジョルニコも石造りの家が多く風情がありとても素敵な村です。

    運転手さんを煩わせた罰か、エアコンが故障していたのか、はたまた暑すぎてエアコンが効かないだけなのか、車内は灼熱地獄。ベリンツォーナのスーパーで買ったチョコレートはドロドロに溶けてしまいました。

    あまりの暑さに車窓を楽しむこともできず、ただひたすらにジョルニコに着くのを願っていました。

    日が暮れ始めたころ、ようやくジョルニコに到着しました。長かった〜。ジョルニコ村にはGiornicoとつくバス停がいくつかありますが、村の中心に近いのはGiornico Paeseです。

    コリッポほどではないですが、ジョルニコも石造りの家が多く風情がありとても素敵な村です。

  • 唯一ネットで予約できたグロットに宿泊しました。ですが、ここでもまた英語が全く通じず苦労しました。。。

    唯一ネットで予約できたグロットに宿泊しました。ですが、ここでもまた英語が全く通じず苦労しました。。。

21いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

chiffonさんの関連旅行記

chiffonさんの旅行記一覧

旅の計画・記録

マイルに交換できるフォートラベルポイントが貯まる
フォートラベルポイントって?

スイスで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
スイス最安 600円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

スイスの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

PAGE TOP

ピックアップ特集