ベルガマ旅行記(ブログ) 一覧に戻る
夏休みを利用してトルコの周遊ツアーに行ってきました。<br />8日間の日程で主要なスポットを巡るツアーでなかなかの強行軍でしたが、日ごとに違う光景や文化を見ることができ、トルコを満喫してきました。<br /><br />・1日目 成田→イスタンブールへ移動<br />・2日目 ダーダネルス海峡を渡りトロイ観光(ギリシャ時代遺跡)<br />     アイワルク泊(エーゲ海)<br />・3日目 ベルガマ・エフェソス観光(ローマ時代遺跡)<br />     パムッカレ観光・泊(石灰棚)<br />・4日目 コンヤ観光(イスラム教の神秘主義発祥地)<br />・5日目 カッパドキア観光・泊(奇岩地帯)<br />・6日目 イスタンブールへ移動・観光(オスマントルコ時代)<br />     ボスポラス海峡クルーズ<br />・7日目 イスタンブール観光 イスタンブール→成田へ移動<br />・8日目 帰国<br /><br />トロイの観光後、アイワルクでの宿泊からベルガマにある古代の精神病院跡であるアスクレピオンまでを旅行記に記載します。<br /><br />アイワルクはエーゲ海に面した保養地。ちょっとだけ泳いできました。<br />ベルガマは紀元前4世紀できたペルガモン王国の首都であり、古代の医療面が垣間見れるなかなか興味深い遺跡でした。

トルコ周遊8日間② (アイワルク~ベルガマ)

14いいね!

2014/08/11 - 2014/08/18

11位(同エリア75件中)

0

60

skomuro

skomuroさん

夏休みを利用してトルコの周遊ツアーに行ってきました。
8日間の日程で主要なスポットを巡るツアーでなかなかの強行軍でしたが、日ごとに違う光景や文化を見ることができ、トルコを満喫してきました。

・1日目 成田→イスタンブールへ移動
・2日目 ダーダネルス海峡を渡りトロイ観光(ギリシャ時代遺跡)
     アイワルク泊(エーゲ海)
・3日目 ベルガマ・エフェソス観光(ローマ時代遺跡)
     パムッカレ観光・泊(石灰棚)
・4日目 コンヤ観光(イスラム教の神秘主義発祥地)
・5日目 カッパドキア観光・泊(奇岩地帯)
・6日目 イスタンブールへ移動・観光(オスマントルコ時代)
     ボスポラス海峡クルーズ
・7日目 イスタンブール観光 イスタンブール→成田へ移動
・8日目 帰国

トロイの観光後、アイワルクでの宿泊からベルガマにある古代の精神病院跡であるアスクレピオンまでを旅行記に記載します。

アイワルクはエーゲ海に面した保養地。ちょっとだけ泳いできました。
ベルガマは紀元前4世紀できたペルガモン王国の首都であり、古代の医療面が垣間見れるなかなか興味深い遺跡でした。

旅行の満足度
4.0
観光
4.5
ホテル
4.0
交通
4.0
同行者
カップル・夫婦
一人あたり費用
25万円 - 30万円
交通手段
観光バス
航空会社
ターキッシュ エアラインズ
旅行の手配内容
ツアー(添乗員同行あり)
利用旅行会社
JTB

PR

  • トロイ遺跡を出発してしばらくするとエーゲ海が見えてきました。<br /><br />ギリシャのイメージが強いですが、トルコ側にもエーゲ海があります。

    トロイ遺跡を出発してしばらくするとエーゲ海が見えてきました。

    ギリシャのイメージが強いですが、トルコ側にもエーゲ海があります。

  • 周りにはオリーブの木々が見えます。<br /><br />気候などは以前行ったスペインに近いものを感じました。

    周りにはオリーブの木々が見えます。

    気候などは以前行ったスペインに近いものを感じました。

  • ときどき馬車に乗る人も見かけました。

    ときどき馬車に乗る人も見かけました。

  • こんな家もよく見かけます。<br /><br />屋根についているのはソーラーパネルではなく、温水器だそうです。

    こんな家もよく見かけます。

    屋根についているのはソーラーパネルではなく、温水器だそうです。

  • 海が近いためかリゾートマンション的な建物もよく見かけました。<br /><br />イスタンブールではマンションの価格が上昇しているそうで、不動産バブルが起きているかもと感じます。

    海が近いためかリゾートマンション的な建物もよく見かけました。

    イスタンブールではマンションの価格が上昇しているそうで、不動産バブルが起きているかもと感じます。

  • 宿泊するホテルのある島が見えてきました。<br /><br />今回のホテルはトルコ本土からは海上道路で繋がっている島にあります。

    宿泊するホテルのある島が見えてきました。

    今回のホテルはトルコ本土からは海上道路で繋がっている島にあります。

  • 18:00過ぎにハリッチパークホテル(HALIC PARK HOTEL)に到着。

    18:00過ぎにハリッチパークホテル(HALIC PARK HOTEL)に到着。

    ハリッチ パーク ホテル ホテル

    エーゲ海沿いのホテル by skomuroさん
  • ロビーはちょっと高級そうな感じ。<br /><br />無料のWi-Fiもあります。<br />認証はパスポート番号といわれたのですが、なかなか繋がらず。<br />試行錯誤した結果、パスポート番号の数字の部分だけを入れたら繋がりました。

    ロビーはちょっと高級そうな感じ。

    無料のWi-Fiもあります。
    認証はパスポート番号といわれたのですが、なかなか繋がらず。
    試行錯誤した結果、パスポート番号の数字の部分だけを入れたら繋がりました。

  • 部屋はリゾートっぽい感じ。<br /><br />テラスからはエーゲ海が見えます。

    部屋はリゾートっぽい感じ。

    テラスからはエーゲ海が見えます。

  • 夕食までの間、付近の散策を始めました。<br /><br />こちらはホテルのレストランからプール。

    夕食までの間、付近の散策を始めました。

    こちらはホテルのレストランからプール。

  • ホテルのプールには結構賑わっています。

    ホテルのプールには結構賑わっています。

  • ボートの係留所のようです。<br />何人かが海に入ってました。

    ボートの係留所のようです。
    何人かが海に入ってました。

  • 海沿いを歩いてビーチに向かいます。

    海沿いを歩いてビーチに向かいます。

  • ビーチはホテルからすぐの場所にあります。<br /><br />今回のツアーでは水着を持ってきていたので、早速エーゲ海を泳いでみました。<br />この辺りは海上道路が近いためかそれほどキレイではない印象。<br /><br />逆に波はほとんどなく、100mくらいは足がつく深さだったので沖の方まで行ってみました。

    ビーチはホテルからすぐの場所にあります。

    今回のツアーでは水着を持ってきていたので、早速エーゲ海を泳いでみました。
    この辺りは海上道路が近いためかそれほどキレイではない印象。

    逆に波はほとんどなく、100mくらいは足がつく深さだったので沖の方まで行ってみました。

  • こういう機会でもないとエーゲ海で泳ぐ事もないので、貴重な体験でした。

    こういう機会でもないとエーゲ海で泳ぐ事もないので、貴重な体験でした。

  • しばらく泳いだあと、散策しながらホテルに戻ります。

    しばらく泳いだあと、散策しながらホテルに戻ります。

  • ホテルからの光景。<br /><br />奥に見えるのがトルコ本土。<br />左側が泳いだビーチ。

    ホテルからの光景。

    奥に見えるのがトルコ本土。
    左側が泳いだビーチ。

  • 19:40 ホテルでの夕食。ビュッフェ形式です。

    19:40 ホテルでの夕食。ビュッフェ形式です。

  • 外ではケバブ料理が供されてました。<br /><br />日本では肉を回転させながら削ぎ切るドネルケバブのイメージが強いですが、トルコでは様々な焼肉料理の事をケバブと呼びます。

    外ではケバブ料理が供されてました。

    日本では肉を回転させながら削ぎ切るドネルケバブのイメージが強いですが、トルコでは様々な焼肉料理の事をケバブと呼びます。

  • たぶん、チーキョフテという生肉のミートボールのようなもの。<br />練りこんだときに手で握った形になるのが特徴です。<br /><br />今回の旅行で一番辛かったのがこれ。

    たぶん、チーキョフテという生肉のミートボールのようなもの。
    練りこんだときに手で握った形になるのが特徴です。

    今回の旅行で一番辛かったのがこれ。

  • デザートは全般的に甘いですね。<br />プリンも日本の3倍くらい甘いイメージです。

    デザートは全般的に甘いですね。
    プリンも日本の3倍くらい甘いイメージです。

  • 3日目<br /><br />前日と同じく、6:00起床・6:45荷物をロビーに出し・7:30出発のスケジュール

    3日目

    前日と同じく、6:00起床・6:45荷物をロビーに出し・7:30出発のスケジュール

  • 朝食のスープは昨日と違ってスパイシーではなかった。<br /><br />どうやらこちらは、エゾゲリンチョルバス(別名:花嫁のスープ)というレンズ豆やトマトを使ったスープのようです。

    朝食のスープは昨日と違ってスパイシーではなかった。

    どうやらこちらは、エゾゲリンチョルバス(別名:花嫁のスープ)というレンズ豆やトマトを使ったスープのようです。

  • 8:30 ベルガマにある古代の精神病院であるアスクレピオンに到着。<br /><br />まだまだ涼しい時間帯に観光を開始します。

    8:30 ベルガマにある古代の精神病院であるアスクレピオンに到着。

    まだまだ涼しい時間帯に観光を開始します。

  • ベルガマは紀元前4世紀アレクサンドロス大王の死で国が分裂した後に、その遺産を受け継いだペルガモン王国の首都だった場所です。<br /><br />アスクレピオンは精神病院として使用されました。<br /><br />語源は医療の神である「アスクレピオス」から来ています。

    ベルガマは紀元前4世紀アレクサンドロス大王の死で国が分裂した後に、その遺産を受け継いだペルガモン王国の首都だった場所です。

    アスクレピオンは精神病院として使用されました。

    語源は医療の神である「アスクレピオス」から来ています。

  • 入り口から入ると長い参道があります。<br /><br />この参道は都市部があるアクロポリスの丘のふもとまで続いており、当時は石畳の下に水道があったそうです。

    入り口から入ると長い参道があります。

    この参道は都市部があるアクロポリスの丘のふもとまで続いており、当時は石畳の下に水道があったそうです。

    アスクレピオン 史跡・遺跡

  • アスクレピオンの全体図。<br /><br />右上が患者を治療するための治療所。<br />他には図書館や神殿・円形劇場まであります。

    アスクレピオンの全体図。

    右上が患者を治療するための治療所。
    他には図書館や神殿・円形劇場まであります。

  • ガイドさんからの説明のあと自由時間になったので、<br />まずは治療所へ向かいました。

    ガイドさんからの説明のあと自由時間になったので、
    まずは治療所へ向かいました。

  • 階段の脇からは今も水が流れています。<br />当時の技術の高さが感じられます。

    階段の脇からは今も水が流れています。
    当時の技術の高さが感じられます。

  • 治療所へと続く道。<br /><br />ちょっと怖い気もしますが、当時の人たちはどんな心境だったんでしょうかね。

    治療所へと続く道。

    ちょっと怖い気もしますが、当時の人たちはどんな心境だったんでしょうかね。

  • 治療は睡眠室に入り、見た夢を巫女さんが夢判断をするものだったそうです。<br />

    治療は睡眠室に入り、見た夢を巫女さんが夢判断をするものだったそうです。

  • またキレイな水が出ることもあり、食事療法からまずは身体の回復を行ったうえで、精神の治療をしたそうです。

    またキレイな水が出ることもあり、食事療法からまずは身体の回復を行ったうえで、精神の治療をしたそうです。

  • 精神病院というと鉄格子のようなものを想像しがちですが、ここは解放的であり、精神をリラックスさせる場所だったみたいですね。

    精神病院というと鉄格子のようなものを想像しがちですが、ここは解放的であり、精神をリラックスさせる場所だったみたいですね。

  • 治療所の外観。

    治療所の外観。

  • トロイと比べると、遺跡の形としては確かに残ってます。

    トロイと比べると、遺跡の形としては確かに残ってます。

  • 時間も限られているので、他の場所に向かって歩きます。

    時間も限られているので、他の場所に向かって歩きます。

  • 神殿の跡。

    神殿の跡。

  • 中心部には今でも水が出る場所があります。<br /><br />飲めるそうなので少しだけ飲んでみましたが、冷たくておいしい水でした。<br /><br />少量だったためか、お腹も大丈夫でした。

    中心部には今でも水が出る場所があります。

    飲めるそうなので少しだけ飲んでみましたが、冷たくておいしい水でした。

    少量だったためか、お腹も大丈夫でした。

  • 通路の跡。

    通路の跡。

  • 円形劇場が見えてきました。

    円形劇場が見えてきました。

  • 全景はこんな感じ。

    全景はこんな感じ。

  • しっかりと劇場跡が残っています。

    しっかりと劇場跡が残っています。

  • 今でも充分使用できそうです。

    今でも充分使用できそうです。

  • 間近でみても造りがしっかりしてますね。

    間近でみても造りがしっかりしてますね。

  • ペルガモン王国の文化は順調に発展し、図書館の蔵書量はプトレマイオス朝エジプト・アレクサンドリアの図書館と競うようになったようです。

    ペルガモン王国の文化は順調に発展し、図書館の蔵書量はプトレマイオス朝エジプト・アレクサンドリアの図書館と競うようになったようです。

  • そのためエジプトが原産であるパピルス(紙)の輸出が禁止されてしまった事で、ペルガモン王国ではその代替として羊皮紙が発明されたんだそうです。

    そのためエジプトが原産であるパピルス(紙)の輸出が禁止されてしまった事で、ペルガモン王国ではその代替として羊皮紙が発明されたんだそうです。

  • しばらく上の方を歩き回ってみました。

    しばらく上の方を歩き回ってみました。

  • 転んだりしたら大事故になります。

    転んだりしたら大事故になります。

  • こういう場所で演奏など聴いてみたいものですね。

    こういう場所で演奏など聴いてみたいものですね。

  • 遺跡には花を彫刻したものもあります。<br />なんだか癒されます。

    遺跡には花を彫刻したものもあります。
    なんだか癒されます。

  • 石碑には診断をしたカルテのようなものが書かれています。

    石碑には診断をしたカルテのようなものが書かれています。

  • 手前は医療の神であるアスクレピオスのシンボルである蛇をかたどったもの。<br /><br />この施設のシンボルといえそう。

    手前は医療の神であるアスクレピオスのシンボルである蛇をかたどったもの。

    この施設のシンボルといえそう。

  • ペルガモン王国は次第に領土を拡張していくローマの強大化に抗しきれないと考えたためか、平和裏にローマへ国を譲りました。

    ペルガモン王国は次第に領土を拡張していくローマの強大化に抗しきれないと考えたためか、平和裏にローマへ国を譲りました。

  • ガイドさんによると、その時に最後の王は国を譲る際に、後で争いの種にならぬよう親族を殺し、最後に自分も自殺したんだそうです。

    ガイドさんによると、その時に最後の王は国を譲る際に、後で争いの種にならぬよう親族を殺し、最後に自分も自殺したんだそうです。

  • 親族にとってはえらく迷惑な話ですが、そのおかげで戦火にさらされず文化遺産が残ったとも言えます。<br /><br />国譲りの話は日本の出雲にもありますが、あくまで神話レベルでの話。<br />紀元前の時代に実際に国の譲渡があったという事にとても興味を引かれました。

    親族にとってはえらく迷惑な話ですが、そのおかげで戦火にさらされず文化遺産が残ったとも言えます。

    国譲りの話は日本の出雲にもありますが、あくまで神話レベルでの話。
    紀元前の時代に実際に国の譲渡があったという事にとても興味を引かれました。

  • 駆け足でしたが、一通り見たので入り口に戻ります。

    駆け足でしたが、一通り見たので入り口に戻ります。

  • 朝が早かったからか、ほぼ貸しきり状態で見れましたが、<br />入り口ですれ違うように他の団体が入ってきました。

    朝が早かったからか、ほぼ貸しきり状態で見れましたが、
    入り口ですれ違うように他の団体が入ってきました。

  • 山の上には都市の中心部であったアクロポリスが見えます。<br /><br />ツアーの行程には入っておらず、見れなかったのは残念。

    山の上には都市の中心部であったアクロポリスが見えます。

    ツアーの行程には入っておらず、見れなかったのは残念。

  • 頑張ってズームで寄ってみました。<br /><br />これはトラヤヌス神殿でしょうかね。

    頑張ってズームで寄ってみました。

    これはトラヤヌス神殿でしょうかね。

  • 近くの売店を少し覗いたあと、エフェソスに向けて出発です。<br /><br />時間は9:30過ぎ。<br />ベルガマでの滞在時間は約1時間でした。

    近くの売店を少し覗いたあと、エフェソスに向けて出発です。

    時間は9:30過ぎ。
    ベルガマでの滞在時間は約1時間でした。

この旅行記のタグ

14いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

この旅行で行ったホテル

この旅行で行ったスポット

旅の計画・記録

マイルに交換できるフォートラベルポイントが貯まる
フォートラベルポイントって?

トルコで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
トルコ最安 740円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

トルコの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

PAGE TOP

ピックアップ特集