ウランバートル旅行記(ブログ) 一覧に戻る
「モンゴルでは初心者でもたくさん乗馬ができる」と知ったのは去年のこと。<br /><br />旅行のベストシーズンは夏、関空からウランバートルへの直行便が出ているのは7・8月のみ、ということで1年間待ってモンゴルへ行ってきました。<br /><br />4トラのモンゴル旅行記を読みまくり、あるトラベラーさんが参加されたツアーがよさげだったので同じ旅行会社のツアーに参加。<br />といっても、他の参加者はおらず、ガイド&運転手をつけて個人旅行しているようでとっても気楽に楽しめました♪<br /><br /><日程><br /><br />1日目 13:00 関空 (OM506) 16:40 ウランバートル<br />                    (ウランバートル泊)<br />2日目 ウランバートル → テレルジ   (テレルジ泊)<br />3日目 テレルジで乗馬          (テレルジ泊)<br />4日目 チンギス・ハーンテーマパーク<br />     ウランバートル観光        (ウランバートル泊)<br />5日目 7:00 ウランバートル (OM505) 12:00 関空<br /><br />*******************************<br /><br />この旅行記は旅行1日目、出発〜ウランバートル到着編です。<br />

モンゴルでプライスレス体験☆ Part 1 ウランバートル到着編

37いいね!

2014/07/18 - 2014/07/22

42位(同エリア413件中)

「モンゴルでは初心者でもたくさん乗馬ができる」と知ったのは去年のこと。

旅行のベストシーズンは夏、関空からウランバートルへの直行便が出ているのは7・8月のみ、ということで1年間待ってモンゴルへ行ってきました。

4トラのモンゴル旅行記を読みまくり、あるトラベラーさんが参加されたツアーがよさげだったので同じ旅行会社のツアーに参加。
といっても、他の参加者はおらず、ガイド&運転手をつけて個人旅行しているようでとっても気楽に楽しめました♪

<日程>

1日目 13:00 関空 (OM506) 16:40 ウランバートル
                    (ウランバートル泊)
2日目 ウランバートル → テレルジ   (テレルジ泊)
3日目 テレルジで乗馬          (テレルジ泊)
4日目 チンギス・ハーンテーマパーク
     ウランバートル観光        (ウランバートル泊)
5日目 7:00 ウランバートル (OM505) 12:00 関空

*******************************

この旅行記は旅行1日目、出発〜ウランバートル到着編です。

旅行の満足度
3.0
同行者
友人
一人あたり費用
15万円 - 20万円
航空会社
ミアットモンゴル航空
旅行の手配内容
ツアー(添乗員同行なし)

PR

  • 今回の旅行はチンギスハーン旅行社で「乗馬トレッキング5日間」というツアーを申し込みました。<br /><br />最初は1人参加のつもりで申し込んでいましたが、友人Mが一緒に行けることになり2人参加に。<br />友人が昔読んでモンゴルに行きたいと思ったという、井上靖の「蒼き狼」を出発前に読んで、チンギスハーンのことをお勉強すると同時に草原をイメージして旅行気分を高めました。<br /><br />モンゴル語はどんなのかな〜と図書館で借りてきたCDを聴いてみましたが、キリル文字と発音の難しさにソッコーで断念。

    今回の旅行はチンギスハーン旅行社で「乗馬トレッキング5日間」というツアーを申し込みました。

    最初は1人参加のつもりで申し込んでいましたが、友人Mが一緒に行けることになり2人参加に。
    友人が昔読んでモンゴルに行きたいと思ったという、井上靖の「蒼き狼」を出発前に読んで、チンギスハーンのことをお勉強すると同時に草原をイメージして旅行気分を高めました。

    モンゴル語はどんなのかな〜と図書館で借りてきたCDを聴いてみましたが、キリル文字と発音の難しさにソッコーで断念。

  • 関空で友人と待ち合わせ、11時過ぎにMIATモンゴル航空のチェックインカウンターへ行くと、すでにずらりと行列ができていました。<br /><br />関空発は火・金出発のみなので、ほぼ満席っぽい感じ。予想に反して日本人率が高かったです。

    関空で友人と待ち合わせ、11時過ぎにMIATモンゴル航空のチェックインカウンターへ行くと、すでにずらりと行列ができていました。

    関空発は火・金出発のみなので、ほぼ満席っぽい感じ。予想に反して日本人率が高かったです。

  • 定刻より30分近く遅れて離陸。<br />これは淡路島かな〜

    定刻より30分近く遅れて離陸。
    これは淡路島かな〜

  • 行きのフライトでは日本語を話すCAは乗っていませんでした。<br /><br />昼食をまだとっていなかったので、ドリンクが出るなりピーナッツをポリポリ。<br />

    行きのフライトでは日本語を話すCAは乗っていませんでした。

    昼食をまだとっていなかったので、ドリンクが出るなりピーナッツをポリポリ。

  • 羊肉が苦手なpacorin。モンゴルでは食事を楽しめないであろうとふんでいたので、ビーフの機内食をがっつりいただいておきました。<br /><br />チョコレートのケーキが意外に美味しくて完食♪

    羊肉が苦手なpacorin。モンゴルでは食事を楽しめないであろうとふんでいたので、ビーフの機内食をがっつりいただいておきました。

    チョコレートのケーキが意外に美味しくて完食♪

  • 窓の外を見ると緑の低い丘が連なったような景色が広がっています。<br />時折白いものがポツンと見えるのはゲルでしょうか。

    窓の外を見ると緑の低い丘が連なったような景色が広がっています。
    時折白いものがポツンと見えるのはゲルでしょうか。

  • 街っぽいものが見えたり。

    街っぽいものが見えたり。

  • 建物が密集してるなと思ったらウランバートルに到着です。<br />関空からだと直行で4時間弱。<br /><br />韓国や中国経由だと乗り継ぎ時間の関係でものすごく時間がかかりますが、案外近い国です。

    建物が密集してるなと思ったらウランバートルに到着です。
    関空からだと直行で4時間弱。

    韓国や中国経由だと乗り継ぎ時間の関係でものすごく時間がかかりますが、案外近い国です。

  • 首都とは思えないほど小さなチンギス・ハーン国際空港。<br /><br />さらっと入国したら到着口でガイドがお出迎え。<br />一目見て「あ、若い青年だ」という印象だったので、「サインバエノ〜」(こんにちは)となれなれしく手をふって近づくpacorin。<br /><br />わたしたち2人だけだというので、早速駐車場へ。プリウスに荷物を積み込んで、ウランバートル市内へ向かいます。<br /><br />ちなみにガイドくんは中国人風の風貌で日本にいてもなじめるお顔立ち、運転手さんは元横綱朝青龍のような「ザ・モンゴル顔」。ぱっと見た印象では全体の8割がモンゴル顔、1割が中華風、残りがロシアなどのミックス系といった感じです。<br /><br />空港から出た瞬間とても涼しくて、朝から蒸し暑かった京都でうちわをバタバタしていたのが嘘のようです。

    首都とは思えないほど小さなチンギス・ハーン国際空港。

    さらっと入国したら到着口でガイドがお出迎え。
    一目見て「あ、若い青年だ」という印象だったので、「サインバエノ〜」(こんにちは)となれなれしく手をふって近づくpacorin。

    わたしたち2人だけだというので、早速駐車場へ。プリウスに荷物を積み込んで、ウランバートル市内へ向かいます。

    ちなみにガイドくんは中国人風の風貌で日本にいてもなじめるお顔立ち、運転手さんは元横綱朝青龍のような「ザ・モンゴル顔」。ぱっと見た印象では全体の8割がモンゴル顔、1割が中華風、残りがロシアなどのミックス系といった感じです。

    空港から出た瞬間とても涼しくて、朝から蒸し暑かった京都でうちわをバタバタしていたのが嘘のようです。

  • 空港から市街地までは車で30分程度。<br /><br />ウランバートルは四方を山で囲まれた盆地で標高は1351m。短い夏が涼しい分、冬は過酷な寒さで平均気温が氷点下20度とか30度になる、世界で最も寒い首都です。<br /><br />モンゴル総人口の半分にせまる約120万人が居住しています。

    空港から市街地までは車で30分程度。

    ウランバートルは四方を山で囲まれた盆地で標高は1351m。短い夏が涼しい分、冬は過酷な寒さで平均気温が氷点下20度とか30度になる、世界で最も寒い首都です。

    モンゴル総人口の半分にせまる約120万人が居住しています。

  • 市街地の西部は工場地区で、空港から走っていると火力発電所の煙突が目につきます。<br /><br />住宅地は東や南へ広がっていて、空気のきれいな山の手の土地が高いそうです。北や東西周辺部には貧しい人の住むゲル地区があります。<br /><br />写真は郊外のショッピングセンター(建設中)<br /><br />ガイドくんはモンゴル大学で法律を学ぶ学生で、2年しか勉強していないという日本語は驚くほどペラペラ。質問ぜめにしても何でも答えてくれました。<br />旅行ガイドは夏休みのアルバイトなんだとか。

    市街地の西部は工場地区で、空港から走っていると火力発電所の煙突が目につきます。

    住宅地は東や南へ広がっていて、空気のきれいな山の手の土地が高いそうです。北や東西周辺部には貧しい人の住むゲル地区があります。

    写真は郊外のショッピングセンター(建設中)

    ガイドくんはモンゴル大学で法律を学ぶ学生で、2年しか勉強していないという日本語は驚くほどペラペラ。質問ぜめにしても何でも答えてくれました。
    旅行ガイドは夏休みのアルバイトなんだとか。

  • 走っている車は日本車が多いです。ハイブリッド車が人気でプリウスを良く見ましたが、ウランバートルの車はびっくりするほど泥だらけです。<br />道がほこりっぽいのと、郊外の未舗装道路を走ると仕方ないのかなという感じ。<br />韓国車もたくさん見ました。

    走っている車は日本車が多いです。ハイブリッド車が人気でプリウスを良く見ましたが、ウランバートルの車はびっくりするほど泥だらけです。
    道がほこりっぽいのと、郊外の未舗装道路を走ると仕方ないのかなという感じ。
    韓国車もたくさん見ました。

  • ピンクっぽい建物は劇場だったかな。<br />その後ろには高層ビル。<br />ウランバートルは建設ラッシュであちこちで建設中のビルがありました。

    ピンクっぽい建物は劇場だったかな。
    その後ろには高層ビル。
    ウランバートルは建設ラッシュであちこちで建設中のビルがありました。

  • 格式のあるウランバートルホテル。(右の建物)

    格式のあるウランバートルホテル。(右の建物)

  • 今夜のお宿はモンゴルで最初の日系ホテル「フラワー」です。<br />普通のツインですが、広さもあるし、お湯は出るし、まあ問題ない感じです。<br /><br />テレビをつけたらNHKになっていて、今月初旬、世界中をにぎわした「ののちゃん県議」の号泣会見が写っていました。<br /><br />

    今夜のお宿はモンゴルで最初の日系ホテル「フラワー」です。
    普通のツインですが、広さもあるし、お湯は出るし、まあ問題ない感じです。

    テレビをつけたらNHKになっていて、今月初旬、世界中をにぎわした「ののちゃん県議」の号泣会見が写っていました。

  • 部屋に荷物を置いたら早速夕食ということで、ホテルのレストランへ。<br /><br />この旅行では肉、しかも羊肉ばかりで、野菜不足になるんだろうな〜と予想していましたが、それに反してフレッシュなサラダが出てきました。<br />しかもドレッシングも美味しい。これはうれしい驚きです。<br /><br />ガイドくん曰く、モンゴルでも野菜を作っているんだとか。<br />

    部屋に荷物を置いたら早速夕食ということで、ホテルのレストランへ。

    この旅行では肉、しかも羊肉ばかりで、野菜不足になるんだろうな〜と予想していましたが、それに反してフレッシュなサラダが出てきました。
    しかもドレッシングも美味しい。これはうれしい驚きです。

    ガイドくん曰く、モンゴルでも野菜を作っているんだとか。

  • ツォイワン<br /><br />羊肉たっぷりの焼うどんのようなもの。<br /><br />羊が苦手なのとちょっとあぶらっぽかったのでほとんど残してしまいましたが、お腹がすいていたらもうちょっと食べられたかなという感じ。味付けは悪くなかったです。<br /><br />デザートはフルーツの缶詰。<br />果物はほとんど輸入、すいかはとれるみたいです。<br />米は栽培できないのでほとんど中国からの輸入です。

    ツォイワン

    羊肉たっぷりの焼うどんのようなもの。

    羊が苦手なのとちょっとあぶらっぽかったのでほとんど残してしまいましたが、お腹がすいていたらもうちょっと食べられたかなという感じ。味付けは悪くなかったです。

    デザートはフルーツの缶詰。
    果物はほとんど輸入、すいかはとれるみたいです。
    米は栽培できないのでほとんど中国からの輸入です。

  • 夕食後、まだまだ明るいので付近を散策してみることに。<br />両替をしていなかったので、ホテルで両替。<br /><br />ホテルのレートは<br />米ドル:1$=1800トゥグルグ<br />日本円:100円=1750トゥグルグ<br /><br />50ドルを換えましたが、たいした買い物をしなかったのでもっと少なくてもいいぐらいでした。<br /><br />写真はホテルのロビーに飾ってあったモンゴルの民族衣装。<br />ガイドくん曰く、お正月やお祭りなど特別な時に着るそうです。

    夕食後、まだまだ明るいので付近を散策してみることに。
    両替をしていなかったので、ホテルで両替。

    ホテルのレートは
    米ドル:1$=1800トゥグルグ
    日本円:100円=1750トゥグルグ

    50ドルを換えましたが、たいした買い物をしなかったのでもっと少なくてもいいぐらいでした。

    写真はホテルのロビーに飾ってあったモンゴルの民族衣装。
    ガイドくん曰く、お正月やお祭りなど特別な時に着るそうです。

  • ガイドくんと一緒に出かけます。Tシャツ1枚では寒いぐらいで、早速ガイドくんの上着をかりました。<br /><br />フラワーホテルの前の坂道を下ると大きなチンギス・ハーンホテルが見えます。<br />通りを渡ってチンギス・ハーンホテルの背中合わせにあるスカイショッピングデパート。韓国資本の大型店です。<br />後でのぞこうと思っていましたが、時間がなくて行くことはありませんでした。<br />

    ガイドくんと一緒に出かけます。Tシャツ1枚では寒いぐらいで、早速ガイドくんの上着をかりました。

    フラワーホテルの前の坂道を下ると大きなチンギス・ハーンホテルが見えます。
    通りを渡ってチンギス・ハーンホテルの背中合わせにあるスカイショッピングデパート。韓国資本の大型店です。
    後でのぞこうと思っていましたが、時間がなくて行くことはありませんでした。

  • 工事現場のような道を歩いていると思ったら、突然こんな高層ビルが現われたり。その隣は廃墟だったり。<br /><br />ウランバートルの街は新しいものと古いもの、中途半端なものが混在していて、無秩序に開発されている印象です。<br />舗道はあちこち崩れていたり、パイプが地面から出ていたり、マンホールのフタがずれているので歩いていても注意が必要です。

    工事現場のような道を歩いていると思ったら、突然こんな高層ビルが現われたり。その隣は廃墟だったり。

    ウランバートルの街は新しいものと古いもの、中途半端なものが混在していて、無秩序に開発されている印象です。
    舗道はあちこち崩れていたり、パイプが地面から出ていたり、マンホールのフタがずれているので歩いていても注意が必要です。

  • モンゴル国立大学<br /><br />大学の建物が多いエリア。

    モンゴル国立大学

    大学の建物が多いエリア。

  • モンゴル・日本センター<br /><br />左側のモンゴルの国旗は、赤・青・赤の縦三色の左側の赤地にソヨンボという意匠を配したデザインです。<br />それぞれの図形は上から、火・地球・水・太陽・月・陰陽をあらわしているそうです。

    モンゴル・日本センター

    左側のモンゴルの国旗は、赤・青・赤の縦三色の左側の赤地にソヨンボという意匠を配したデザインです。
    それぞれの図形は上から、火・地球・水・太陽・月・陰陽をあらわしているそうです。

  • モンゴル・日本センター<br /><br />「原爆を語り継ぐ」とかいろんなテーマでイベントが予定されていました。

    モンゴル・日本センター

    「原爆を語り継ぐ」とかいろんなテーマでイベントが予定されていました。

  • モンゴル国立大学<br /><br />ガイドくんが通っている大学です。<br /><br />

    モンゴル国立大学

    ガイドくんが通っている大学です。

  • チョイバルサン像<br /><br />自国民を大量に粛清したことから、モンゴルのスターリンとしても知られる人物。<br />1921年にソ連の後ろ盾で中国より独立、1924年のモンゴル人民共和国成立後、チョイバルサンは親ソ路線をとりつつ自国の近代化を推し進めました。<br /><br />モンゴル国はソ連崩壊後の1992年、民主国家として新たなスタートをきっています。

    チョイバルサン像

    自国民を大量に粛清したことから、モンゴルのスターリンとしても知られる人物。
    1921年にソ連の後ろ盾で中国より独立、1924年のモンゴル人民共和国成立後、チョイバルサンは親ソ路線をとりつつ自国の近代化を推し進めました。

    モンゴル国はソ連崩壊後の1992年、民主国家として新たなスタートをきっています。

  • スフバートル広場<br /><br />広場の北側にある政府宮殿。<br />その前面にはどどーんとチンギス・ハーン像。<br />警備らしき人がいるけど、ビシっとしてなくてゆる〜い印象。

    スフバートル広場

    広場の北側にある政府宮殿。
    その前面にはどどーんとチンギス・ハーン像。
    警備らしき人がいるけど、ビシっとしてなくてゆる〜い印象。

  • スフバートル広場<br /><br />現在では式典やコンサートなどに利用されているようです。<br />ちょうどこの1週間前には民族の祭典「ナーダム」があったので、ここでも何かやってたのでしょうかね?

    スフバートル広場

    現在では式典やコンサートなどに利用されているようです。
    ちょうどこの1週間前には民族の祭典「ナーダム」があったので、ここでも何かやってたのでしょうかね?

  • スフバートル広場<br /><br />広場の周囲には政府宮殿の他、モンゴル国立オペラ劇場、ウランバートル中央郵便局、モンゴル証券取引所などが並んでいます。<br /><br />黒い大きなビルは市庁舎だとか。<br /><br />

    スフバートル広場

    広場の周囲には政府宮殿の他、モンゴル国立オペラ劇場、ウランバートル中央郵便局、モンゴル証券取引所などが並んでいます。

    黒い大きなビルは市庁舎だとか。

  • スフバートル広場<br /><br />旅程では4日目に訪れることになっていたので、適当にしか見ていませんでしたが、結局時間がなくて再訪することはありませんでした。

    スフバートル広場

    旅程では4日目に訪れることになっていたので、適当にしか見ていませんでしたが、結局時間がなくて再訪することはありませんでした。

  • スフバートル広場<br /><br />こんな自転車初めて見たかも!<br />

    スフバートル広場

    こんな自転車初めて見たかも!

  • スフバートルの騎馬像(スフバートル広場)<br /><br />1921年のモンゴル革命の指導者のひとり。前述のチョイバルサンらと共に活動しました。<br />1923年に30歳で夭折した国の英雄。<br />

    スフバートルの騎馬像(スフバートル広場)

    1921年のモンゴル革命の指導者のひとり。前述のチョイバルサンらと共に活動しました。
    1923年に30歳で夭折した国の英雄。

  • スフバートルの騎馬像(スフバートル広場)<br /><br />騎馬像を囲むように14頭の獅子が鎖で結ばれて立っています。<br />モンゴルっ子たちもここで記念撮影をしていました。

    スフバートルの騎馬像(スフバートル広場)

    騎馬像を囲むように14頭の獅子が鎖で結ばれて立っています。
    モンゴルっ子たちもここで記念撮影をしていました。

  • スフバートルの騎馬像(スフバートル広場)<br /><br />台座の横には「我が人民がひとつの方向に、ひとつの意思に団結するならば、我々が獲得できないものはこの世にひとつとしてない。我々が知り得ないものもない。できないことも何ひとつとしてない」という、独立宣言時のスフバートルの言葉が刻まれています。<br /><br />21時ごろ、ようやく暗くなってきたのでホテルへ帰ります。<br />ホテル付近で雨が降り出し、翌日の天気を気にしながら就寝。<br /><br />「モンゴルでプライスレス体験☆ Part 2 テレルジ雨降り編」に続く。

    スフバートルの騎馬像(スフバートル広場)

    台座の横には「我が人民がひとつの方向に、ひとつの意思に団結するならば、我々が獲得できないものはこの世にひとつとしてない。我々が知り得ないものもない。できないことも何ひとつとしてない」という、独立宣言時のスフバートルの言葉が刻まれています。

    21時ごろ、ようやく暗くなってきたのでホテルへ帰ります。
    ホテル付近で雨が降り出し、翌日の天気を気にしながら就寝。

    「モンゴルでプライスレス体験☆ Part 2 テレルジ雨降り編」に続く。

37いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

この旅行記へのコメント (4)

開く

閉じる

  • SATORUさん 2014/08/07 22:40:30
    開発ラッシュ!?
    pacorinさん

    はじめまして。
    私の旅行記へ投票頂きまして有難うございました。

    モンゴルへ行きたいと思っていながら、
    もう数年もウランバートルへ行けてない間に…。

    いろんな人から聞いてはいたのですが、
    こんなにも大きなビルが建っている様子をpacorinさんの旅行記を拝見し、
    初めて知りました。

    以前はバスに乗るのが1回20円、トロリーバスが10円、
    ポテトサラダが50円程度、ツォイワンが80円前後と安かったのですが、
    今は大分物価も上がり、状況が変わっていそうですね〜〜。

    久しぶりにウランバートルの街の様子をpacorinさんの旅行記を通して、
    興味津々に拝見させて頂き有難うございました。
    また、別の旅行記も拝見させて頂きますね〜〜。

    SATORU

    pacorin

    pacorinさん からの返信 2014/08/08 17:08:42
    RE: 開発ラッシュ!?
    SATORUさん

    はじめまして〜旅行記へのご投票&書き込みありがとうございます☆

    さらっと旅したモンゴルでしたが、とても興味深い国でした。
    SATORUさんは2年も生活され、色々な苦労や貴重な体験をされたので思い入れの深い国でしょうね。

    ウランバートルはものすごい勢いで変化しているのではないかなと感じました。
    旅行記Part4にもその様子が少し載せてあるので、よろしければご覧くださいね。

    わたしもまたSATORUさんの旅行記にお邪魔しますので、これからも宜しくお願いします♪

    pacorin
  • notchさん 2014/07/28 21:16:00
    モンゴルいいですね!
    pacorinさん,こんばんは!

    この夏は涼しいモンゴルに行っていらっしゃったのですかー! 絶好の避暑地ですね^^ モンゴルは行ったことがないのですが,なんとなく昔からあこがれの地です。こんなにアクセスしやすい地だったのですね!

    乗馬もされましたか〜 爽快だったでしょうね。馬には乗ったことないですが,いつかモンゴルの大平原をバイクで駆け抜けてみたいものです。

    続編,楽しみにしています♪

    notch

    pacorin

    pacorinさん からの返信 2014/07/29 11:49:48
    RE: モンゴルいいですね!
    notchさん、こんにちは〜

    そうなんです〜念願のモンゴルにいってきました〜♪
    涼しくてとても過ごしやすかったのですが、朝晩のゲルはとーっても寒くて、夏なのに薪ストーブをたいていたんですよ〜!

    notchさんのひまわりの丘旅行記、夏らしくて素敵でした☆
    夏場は暑すぎてひきこもりがちなので、皆さんの旅行記で楽しませてもらうことにしています(笑)

    モンゴルの続きもアップしていきますので、よろしくおねがいしまーす。

    pacorin

pacorinさんのトラベラーページ

マイルに交換できるフォートラベルポイントがたまります。
フォートラベルポイントって?

モンゴルで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
モンゴル最安 990円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

モンゴルの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

PAGE TOP

ピックアップ特集