テレルジ旅行記(ブログ) 一覧に戻る
「モンゴルでは初心者でもたくさん乗馬ができる」と知ったのは去年のこと。<br /><br />旅行のベストシーズンは夏、関空からウランバートルへの直行便が出ているのは7・8月のみ、ということで1年間待ってモンゴルへ行ってきました。<br /><br />4トラのモンゴル旅行記を読みまくり、あるトラベラーさんが参加されたツアーがよさげだったので同じ旅行会社のツアーに参加。<br />といっても、他の参加者はおらず、ガイド&運転手をつけて個人旅行しているようでとっても気楽に楽しめました♪<br /><br /><日程><br /><br />1日目 13:00 関空 (OM506) 16:40 ウランバートル<br />                    (ウランバートル泊)<br />2日目 ウランバートル → テレルジ   (テレルジ泊)<br />3日目 テレルジで乗馬          (テレルジ泊)<br />4日目 チンギス・ハーンテーマパーク<br />     ウランバートル観光        (ウランバートル泊)<br />5日目 7:00 ウランバートル (OM505) 12:00 関空<br /><br />*******************************<br /><br />この旅行記は旅行3日目、乗馬トレッキングでお出かけ&思わぬハプニングもあったテレルジ編です。<br />

モンゴルでプライスレス体験☆ Part 3 テレルジ乗馬編

41いいね!

2014/07/18 - 2014/07/22

14位(同エリア102件中)

「モンゴルでは初心者でもたくさん乗馬ができる」と知ったのは去年のこと。

旅行のベストシーズンは夏、関空からウランバートルへの直行便が出ているのは7・8月のみ、ということで1年間待ってモンゴルへ行ってきました。

4トラのモンゴル旅行記を読みまくり、あるトラベラーさんが参加されたツアーがよさげだったので同じ旅行会社のツアーに参加。
といっても、他の参加者はおらず、ガイド&運転手をつけて個人旅行しているようでとっても気楽に楽しめました♪

<日程>

1日目 13:00 関空 (OM506) 16:40 ウランバートル
                    (ウランバートル泊)
2日目 ウランバートル → テレルジ   (テレルジ泊)
3日目 テレルジで乗馬          (テレルジ泊)
4日目 チンギス・ハーンテーマパーク
     ウランバートル観光        (ウランバートル泊)
5日目 7:00 ウランバートル (OM505) 12:00 関空

*******************************

この旅行記は旅行3日目、乗馬トレッキングでお出かけ&思わぬハプニングもあったテレルジ編です。

旅行の満足度
4.5
同行者
友人
一人あたり費用
15万円 - 20万円
旅行の手配内容
ツアー(添乗員同行なし)

PR

  • 旅行3日目、ゲルで寒い朝を迎えました。<br />ガンガンに燃えている時は暑いぐらいのストーブも、寝ている間に火が消えてゲル内の気温はかなり下がっています。<br />前日〜夜中まで降り続いていた雨もようやくやんだようです。<br /><br />とってもおいしい朝食をいただいて、乗馬へ出かけます。<br />出かけてしまうと夕方までトイレなし(青空トイレはご自由に)なので、水分摂取はひかえめに(笑)

    旅行3日目、ゲルで寒い朝を迎えました。
    ガンガンに燃えている時は暑いぐらいのストーブも、寝ている間に火が消えてゲル内の気温はかなり下がっています。
    前日〜夜中まで降り続いていた雨もようやくやんだようです。

    とってもおいしい朝食をいただいて、乗馬へ出かけます。
    出かけてしまうと夕方までトイレなし(青空トイレはご自由に)なので、水分摂取はひかえめに(笑)

  • 雨がやんだとはいうものの、どよ〜んと曇り空。<br />青空はいったいどこに!?と思いながら馬のいる遊牧民のゲルへ。<br /><br />牛や馬が放牧されているので、あちこちでフンづけないように注意です。

    雨がやんだとはいうものの、どよ〜んと曇り空。
    青空はいったいどこに!?と思いながら馬のいる遊牧民のゲルへ。

    牛や馬が放牧されているので、あちこちでフンづけないように注意です。

  • ヒツジ臭がただようゲルで、すね当てをつけて準備ができたら早速出発です。<br /><br />前日と同じ遊牧民の少年(18歳)がついてくれます。<br />最初、pacorinの馬が言うことを聞いてくれなかったので、ガイドくんが先頭、遊牧民の少年がpacorinと友人の馬を一緒にひいてくれました。<br /><br />知らなかったのですが、馬ってけっこうオナラをするんですね〜<br />体が冷えていたのか、何なのか、歩き出したらあちこちで「ブッ♪ブッ♪」という音が!しかもクサ〜い(笑)<br />3頭密集して歩いているから相乗効果大です。マスクを取り出して装着しました。<br /><br />

    ヒツジ臭がただようゲルで、すね当てをつけて準備ができたら早速出発です。

    前日と同じ遊牧民の少年(18歳)がついてくれます。
    最初、pacorinの馬が言うことを聞いてくれなかったので、ガイドくんが先頭、遊牧民の少年がpacorinと友人の馬を一緒にひいてくれました。

    知らなかったのですが、馬ってけっこうオナラをするんですね〜
    体が冷えていたのか、何なのか、歩き出したらあちこちで「ブッ♪ブッ♪」という音が!しかもクサ〜い(笑)
    3頭密集して歩いているから相乗効果大です。マスクを取り出して装着しました。

  • 常歩(なみあし)でポクポク歩くこと20分程度?<br />早くも最初の目的地である亀石が遠くに見えてきました。

    常歩(なみあし)でポクポク歩くこと20分程度?
    早くも最初の目的地である亀石が遠くに見えてきました。

  • 亀石<br /><br />高さ約15mの花崗岩。自然の力で岩が削られ亀のような形になっています。

    イチオシ

    亀石

    高さ約15mの花崗岩。自然の力で岩が削られ亀のような形になっています。

  • 亀石<br /><br />地元の人にとってはオボーのような役目もしているとか書いてあるのを見たけど、ガイドくんの説明はあまりなかったような。<br /><br />ガイドくんは学生のアルバイトなので、やはりプロのガイドとは知識量が違いますね。<br />けど、日本語は驚くほど上手だし、とってもいい子です。

    亀石

    地元の人にとってはオボーのような役目もしているとか書いてあるのを見たけど、ガイドくんの説明はあまりなかったような。

    ガイドくんは学生のアルバイトなので、やはりプロのガイドとは知識量が違いますね。
    けど、日本語は驚くほど上手だし、とってもいい子です。

  • オボー<br /><br />いろんな意味があるようですが、山や川の神にいけにえを捧げるとき、神様にわかりやすいように石を山のように積んだものだそうです。青が神聖な色のようで、青い布が巻きつけてあります。<br /><br />石を積んでオボーのまわりを3回まわって旅の安全を祈ります。<br />おもむろに歩きはじめるガイドくん。<br /><br />pacorin 「どっち周りとか決まってるの?」<br />ガイド  「時計周りです」<br />pacorin 「逆やんかっ!」<br /><br />ちょっとおトボケ気味のガイドくんです。<br />

    オボー

    いろんな意味があるようですが、山や川の神にいけにえを捧げるとき、神様にわかりやすいように石を山のように積んだものだそうです。青が神聖な色のようで、青い布が巻きつけてあります。

    石を積んでオボーのまわりを3回まわって旅の安全を祈ります。
    おもむろに歩きはじめるガイドくん。

    pacorin 「どっち周りとか決まってるの?」
    ガイド  「時計周りです」
    pacorin 「逆やんかっ!」

    ちょっとおトボケ気味のガイドくんです。

  • 亀石<br /><br />亀石は裏側から首のあたりまで登ることができます。<br />角度が変わると全然亀には見えません。

    亀石

    亀石は裏側から首のあたりまで登ることができます。
    角度が変わると全然亀には見えません。

  • 亀石<br /><br />首のあたりから頭部分の岩を見上げたところ。

    亀石

    首のあたりから頭部分の岩を見上げたところ。

  • 亀石からの眺め<br /><br />朝起きたときから、ツーリストキャンプでも雲海のような雲が出ていました。<br />晴れてくれないかなぁ〜<br /><br />この後、向こうの岩山に見えているアリヤバル寺院へ行きます。<br />

    亀石からの眺め

    朝起きたときから、ツーリストキャンプでも雲海のような雲が出ていました。
    晴れてくれないかなぁ〜

    この後、向こうの岩山に見えているアリヤバル寺院へ行きます。

  • 亀石からの眺め<br /><br />亀石はテレルジのランドマーク的存在なので、付近にはたくさんツーリストゲル・キャンプがありました。

    亀石からの眺め

    亀石はテレルジのランドマーク的存在なので、付近にはたくさんツーリストゲル・キャンプがありました。

  • 乗馬の内容は事前に全く確認していなかったのですが、このツアーのサブタイトルである「チンギスハーンになりきり壮大な景観を疾走しよう!」というのはいつできるのかしら?と思ったpacorin。<br /><br />友人は馬に乗るだけで満足、一人では怖いから手綱は常に遊牧民に預けるスタイルを通したい、と言うので、ガイドくんに「pacorinだけちょっと走らせてほしい」とお願いしました。<br /><br />ということで亀石の前の草地で少年にひいてもらって速歩(はやあし)を少々。<br />あとは帰り道で走らせてくれるとのことでした。<br /><br /><br />

    乗馬の内容は事前に全く確認していなかったのですが、このツアーのサブタイトルである「チンギスハーンになりきり壮大な景観を疾走しよう!」というのはいつできるのかしら?と思ったpacorin。

    友人は馬に乗るだけで満足、一人では怖いから手綱は常に遊牧民に預けるスタイルを通したい、と言うので、ガイドくんに「pacorinだけちょっと走らせてほしい」とお願いしました。

    ということで亀石の前の草地で少年にひいてもらって速歩(はやあし)を少々。
    あとは帰り道で走らせてくれるとのことでした。


  • アリヤバル寺院を目指して続きを行きます。<br /><br />ようやくpacorin号(馬)がやる気を見せ始めてとっとこ歩きだしたので、pacorinが先頭、ガイドくん、友人+少年と続きます。<br />いつも同じところへ行くので馬もコースを覚えているんですね。<br /><br />馬に揺られながら写真を撮っていました。<br />あちこちで牛が草をはんでいます。<br /><br />

    アリヤバル寺院を目指して続きを行きます。

    ようやくpacorin号(馬)がやる気を見せ始めてとっとこ歩きだしたので、pacorinが先頭、ガイドくん、友人+少年と続きます。
    いつも同じところへ行くので馬もコースを覚えているんですね。

    馬に揺られながら写真を撮っていました。
    あちこちで牛が草をはんでいます。

  • アリヤバル寺院の入り口に着きました。<br /><br />手前に馬をつないで歩いて行きます。<br />少年は馬の番をして待っていてくれます。<br />門の横には小さなお土産物屋さんがあります。

    アリヤバル寺院の入り口に着きました。

    手前に馬をつないで歩いて行きます。
    少年は馬の番をして待っていてくれます。
    門の横には小さなお土産物屋さんがあります。

  • アリヤバル寺院<br /><br />坂道をてくてく登って行きます。<br />途中にはお言葉が書かれた看板が立っていますが、先に英語で書いてあるあたり、なんだか観光地チックな印象です。

    アリヤバル寺院

    坂道をてくてく登って行きます。
    途中にはお言葉が書かれた看板が立っていますが、先に英語で書いてあるあたり、なんだか観光地チックな印象です。

  • 左手には今は動いていないロープウェイのようなものがありましたが、すごい短い距離だし、途中までだし、意味ある??って感じでした。

    左手には今は動いていないロープウェイのようなものがありましたが、すごい短い距離だし、途中までだし、意味ある??って感じでした。

  • 亀の横に六角堂のような建物。<br /><br />アリヤバル寺院はチベット仏教のお寺のようですが、ガイドくんからあんまり説明がなかったので詳細はよくわからず。

    亀の横に六角堂のような建物。

    アリヤバル寺院はチベット仏教のお寺のようですが、ガイドくんからあんまり説明がなかったので詳細はよくわからず。

  • とりあえずモンゴルの人も訪れるようで、グループで来ているモンゴル人が多かったです。

    とりあえずモンゴルの人も訪れるようで、グループで来ているモンゴル人が多かったです。

  • 六角堂の天井はルーレットのようになっています。<br />何の意味があるのかな?<br />

    六角堂の天井はルーレットのようになっています。
    何の意味があるのかな?

  • けっこう歩きます。<br />うしろからモンゴル軍団がせまってきました〜

    けっこう歩きます。
    うしろからモンゴル軍団がせまってきました〜

  • カラフルなレリーフ。<br />なんだかお寺というか、仏教テーマパークのような気もしてきました。

    カラフルなレリーフ。
    なんだかお寺というか、仏教テーマパークのような気もしてきました。

  • この旗の説明も聞いた気がするけど忘れてしまいました。<br />願い事でも書いてあるのかしら・・・?

    この旗の説明も聞いた気がするけど忘れてしまいました。
    願い事でも書いてあるのかしら・・・?

  • 歩いている途中で雨が降ってきたので傘をさしていたのですが、後ろから追いついてきたモンゴル軍団の中のオッサンの一人が傘に入りそうなぐらいピッタリついてきて、ちょっと不気味だったので、ここで「先にどうぞ」とジェスチャーすると、オッサンも「いやいやそちらがお先に」みたいなことを言ってなかなか行こうとしない。<br /><br />「この人キモいんだけど〜!」と日本語で言ったらようやく行ってくれた。<br />何だったんだ〜あのオッサンは〜!?

    歩いている途中で雨が降ってきたので傘をさしていたのですが、後ろから追いついてきたモンゴル軍団の中のオッサンの一人が傘に入りそうなぐらいピッタリついてきて、ちょっと不気味だったので、ここで「先にどうぞ」とジェスチャーすると、オッサンも「いやいやそちらがお先に」みたいなことを言ってなかなか行こうとしない。

    「この人キモいんだけど〜!」と日本語で言ったらようやく行ってくれた。
    何だったんだ〜あのオッサンは〜!?

  • この橋を渡ると悟りを開くとか清い心になるとかそういう説明だったと思います。<br /><br />はかない橋なので同時に渡れるのは4人だったかな?

    この橋を渡ると悟りを開くとか清い心になるとかそういう説明だったと思います。

    はかない橋なので同時に渡れるのは4人だったかな?

  • ようやく本堂へ続く階段が見えました。

    ようやく本堂へ続く階段が見えました。

  • 岩にチベットっぽい絵が描いてあります。

    岩にチベットっぽい絵が描いてあります。

  • 最後の試練です。

    最後の試練です。

  • 着いた〜!曇ってる〜!残念!!

    着いた〜!曇ってる〜!残念!!

  • 写真の左端に写っている金色のオブジェのようなものには・・・

    写真の左端に写っている金色のオブジェのようなものには・・・

  • 小さな銀色の仏像が入ってます。<br />かわいい♪<br /><br />本堂に行く前に横手の通路をいってみると・・・

    小さな銀色の仏像が入ってます。
    かわいい♪

    本堂に行く前に横手の通路をいってみると・・・

  • 「瞑想の洞穴」みたいなスペースがあって、骨川筋衛門さんが瞑想しているちょっと不気味な彫刻がありました。

    「瞑想の洞穴」みたいなスペースがあって、骨川筋衛門さんが瞑想しているちょっと不気味な彫刻がありました。

  • 彫刻の横にはスリランカでたくさん見たような足裏に何か模様が描かれているレリーフがありました。

    彫刻の横にはスリランカでたくさん見たような足裏に何か模様が描かれているレリーフがありました。

  • 本堂の周りにはトマト缶みたいな缶カラでできたマニ車がありました。<br />一応まわしながら一周してみましたが、ボロボロに壊れたものもあり、このお寺がきちんと管理されているのかイマイチ疑問です。

    本堂の周りにはトマト缶みたいな缶カラでできたマニ車がありました。
    一応まわしながら一周してみましたが、ボロボロに壊れたものもあり、このお寺がきちんと管理されているのかイマイチ疑問です。

  • 本堂の入り口は扉が閉まっていて、ちょっと怪しげなオジサンが立っています。中へ入るには拝観料が必要ですが、ツアーに含まれているので料金は謎です。ガイドくんが払ってたけど、チケットも何もくれなかったし。<br /><br />ぬれた靴をまた履くのが嫌だな〜と思いつつ、すね当てをはずして、靴をぬいで中へ。<br /><br />キラキラの菩薩像(?)がお出迎え。すごくカラフルな装飾です。<br />この座椅子のようなところに座ってモンゴル人が記念撮影していたので、真似して撮ってみたけど、写真スペース(?)のあるお寺ってどうなの??笑

    本堂の入り口は扉が閉まっていて、ちょっと怪しげなオジサンが立っています。中へ入るには拝観料が必要ですが、ツアーに含まれているので料金は謎です。ガイドくんが払ってたけど、チケットも何もくれなかったし。

    ぬれた靴をまた履くのが嫌だな〜と思いつつ、すね当てをはずして、靴をぬいで中へ。

    キラキラの菩薩像(?)がお出迎え。すごくカラフルな装飾です。
    この座椅子のようなところに座ってモンゴル人が記念撮影していたので、真似して撮ってみたけど、写真スペース(?)のあるお寺ってどうなの??笑

  • ガイドくんがお線香をもらってきてくれたので、一応お参り。

    ガイドくんがお線香をもらってきてくれたので、一応お参り。

  • 柱はこのように色とりどりの布で覆われていました。

    柱はこのように色とりどりの布で覆われていました。

  • 正面の菩薩像の両脇には小さな棚があり、小さく区切られたそこにはお賽銭がたくさん入っていました。<br /><br />何かよくわからなかったけど、pacorinも100トゥグルグ(6円程度)入れておきました〜笑

    正面の菩薩像の両脇には小さな棚があり、小さく区切られたそこにはお賽銭がたくさん入っていました。

    何かよくわからなかったけど、pacorinも100トゥグルグ(6円程度)入れておきました〜笑

  • 本堂の中を見終えて出てくると、さっきまで愛想の悪かった怪しげなオジサンが扉を指して「マウス、マウス」と言うので見てみると・・・<br /><br />あ、入るときは全然気づかなかったけど、扉に木で彫ったネズミがくっついてる〜

    本堂の中を見終えて出てくると、さっきまで愛想の悪かった怪しげなオジサンが扉を指して「マウス、マウス」と言うので見てみると・・・

    あ、入るときは全然気づかなかったけど、扉に木で彫ったネズミがくっついてる〜

  • 続けてオジサンは外で靴をはこうとするpacorinをひっぱって、上を指さしてニヤニヤするから、何かしら〜?と思って見上げると…<br /><br />あ、地獄絵図だ!けっこうアヤシイ絵がいっぱい描いてある〜!と思ってオジサンを見るとなんだか嬉しそう。次々見せてくれようとするから、「もうわかった先に靴履くから後でね〜」と振り切りました(笑)

    続けてオジサンは外で靴をはこうとするpacorinをひっぱって、上を指さしてニヤニヤするから、何かしら〜?と思って見上げると…

    あ、地獄絵図だ!けっこうアヤシイ絵がいっぱい描いてある〜!と思ってオジサンを見るとなんだか嬉しそう。次々見せてくれようとするから、「もうわかった先に靴履くから後でね〜」と振り切りました(笑)

  • ガイドくんに聞いてみると、一番上の段が極楽、真ん中が現世、下が地獄を表しているんだって。<br /><br />っていうか、そういうのは先に説明してよね〜<br />全く注目してなかったよ〜

    ガイドくんに聞いてみると、一番上の段が極楽、真ん中が現世、下が地獄を表しているんだって。

    っていうか、そういうのは先に説明してよね〜
    全く注目してなかったよ〜

  • よく見ていくとかわいいリスとか鳥の彫刻もしてありました。<br />日光東照宮の猿の彫刻みたいですね〜

    よく見ていくとかわいいリスとか鳥の彫刻もしてありました。
    日光東照宮の猿の彫刻みたいですね〜

  • ふと空を見上げると、モンゴルに来て初めての青空が見えました!ほんのわずかだけど・・・<br />お願いだから晴れてくれ〜!

    ふと空を見上げると、モンゴルに来て初めての青空が見えました!ほんのわずかだけど・・・
    お願いだから晴れてくれ〜!

  • 不思議なお寺でゆっくりしていたらお昼が過ぎてしまいました。<br />少年を待たせていることだし、馬をつないだところに戻ってランチタイムです。

    不思議なお寺でゆっくりしていたらお昼が過ぎてしまいました。
    少年を待たせていることだし、馬をつないだところに戻ってランチタイムです。

  • お馬さん、お待たせ〜

    お馬さん、お待たせ〜

  • こんな木立の中で、お弁当が入っていたビニール袋を敷いてランチをいただきます。

    こんな木立の中で、お弁当が入っていたビニール袋を敷いてランチをいただきます。

  • メインは右側のホーショール。<br />小麦粉の生地で羊のひき肉を包んで揚げたものです。<br />例によってpacorinはお肉を残しながらいただきましたが、かなり食べやすく、美味しい方だと思います。<br /><br />ラディッシュのマリネのような野菜とトマト、焼きナス(めちゃくちゃ美味しい味付けでした)、甘い揚げパンのようなものがついた、想像以上に良いお弁当でした。<br />

    メインは右側のホーショール。
    小麦粉の生地で羊のひき肉を包んで揚げたものです。
    例によってpacorinはお肉を残しながらいただきましたが、かなり食べやすく、美味しい方だと思います。

    ラディッシュのマリネのような野菜とトマト、焼きナス(めちゃくちゃ美味しい味付けでした)、甘い揚げパンのようなものがついた、想像以上に良いお弁当でした。

  • ランチ後は元来た道を戻ります。<br />先頭pacorin、続いてガイドくん、友人+少年。<br /><br />牛がかわいいから写真を撮りたいけど、馬上からだとなかなか難しい。

    ランチ後は元来た道を戻ります。
    先頭pacorin、続いてガイドくん、友人+少年。

    牛がかわいいから写真を撮りたいけど、馬上からだとなかなか難しい。

  • 亀石を過ぎたあたりから、白人若者乗馬グループに紛れ込み、勝手に合流しちゃいました。<br /><br />馬も家に近づくと早く帰りたいのか、自然に速歩(はやあし)になります。<br />そこで、はるか後ろにいた少年がガイドくんに友人の手綱を預け、pacorin号の横にきて馬をあおり、駈歩(かけあし)になりました。<br /><br />軽くパカパカ走ってる感じでかなり楽しい♪<br />わーい、これがやりたかったのよね〜

    亀石を過ぎたあたりから、白人若者乗馬グループに紛れ込み、勝手に合流しちゃいました。

    馬も家に近づくと早く帰りたいのか、自然に速歩(はやあし)になります。
    そこで、はるか後ろにいた少年がガイドくんに友人の手綱を預け、pacorin号の横にきて馬をあおり、駈歩(かけあし)になりました。

    軽くパカパカ走ってる感じでかなり楽しい♪
    わーい、これがやりたかったのよね〜

  • 駈歩でお出かけできたら楽しかったのにな〜と思いつつパカパカ走ってると、さらに少年が「チュッ!チュッ!」と後ろからpacorin号を煽り始め、さらにスピードアップ!全力疾走状態です。<br /><br /><br /><br /><br /><br /><br />

    駈歩でお出かけできたら楽しかったのにな〜と思いつつパカパカ走ってると、さらに少年が「チュッ!チュッ!」と後ろからpacorin号を煽り始め、さらにスピードアップ!全力疾走状態です。






  • これがうわさの襲歩(ギャロップ)ってやつだ!自転車の立ちこぎ状態というか、まるで競馬の騎手のようです♪<br />最後はちょっと怖くなるぐらいのスピード感で、一馬身リードのまま、あっという間に帰り着きました。<br /><br />pacorin号、おつかれさまでした〜<br /><br />

    これがうわさの襲歩(ギャロップ)ってやつだ!自転車の立ちこぎ状態というか、まるで競馬の騎手のようです♪
    最後はちょっと怖くなるぐらいのスピード感で、一馬身リードのまま、あっという間に帰り着きました。

    pacorin号、おつかれさまでした〜

  • 恐らく日本じゃ初心者でかけあしとかギャロップなんてやらせてもらないだろうし、おもしろい体験ができました。

    恐らく日本じゃ初心者でかけあしとかギャロップなんてやらせてもらないだろうし、おもしろい体験ができました。

  • 常歩の友人とガイドくんが帰ってくるまでだいぶ時間があったので、写真を撮りつつ待機。<br /><br />遊牧民が飼っている犬。<br />もう一匹、めちゃくちゃ怖そうなデカい黒い犬がいたけど、こわいので近寄りませんでした。

    常歩の友人とガイドくんが帰ってくるまでだいぶ時間があったので、写真を撮りつつ待機。

    遊牧民が飼っている犬。
    もう一匹、めちゃくちゃ怖そうなデカい黒い犬がいたけど、こわいので近寄りませんでした。

  • お世話になった少年。<br />モンゴルの人って割と無表情な人が多い気がします。<br />愛想はないけど、素朴な人って感じ。

    お世話になった少年。
    モンゴルの人って割と無表情な人が多い気がします。
    愛想はないけど、素朴な人って感じ。

  • この乗馬遠足の間はとうとう晴れてくれなかったな〜

    この乗馬遠足の間はとうとう晴れてくれなかったな〜

  • 馬をもっている遊牧民は夏の間だけツーリスト用の乗馬をしていて、普段は普通の放牧をしているようです。<br /><br />ここの人の場合、ウランバートルにも拠点があって、夏休みの間テレルジにいるみたい。<br />ウランバートル〜テレルジは近いし、すぐ移動もできますしね。<br />

    馬をもっている遊牧民は夏の間だけツーリスト用の乗馬をしていて、普段は普通の放牧をしているようです。

    ここの人の場合、ウランバートルにも拠点があって、夏休みの間テレルジにいるみたい。
    ウランバートル〜テレルジは近いし、すぐ移動もできますしね。

  • 友人とガイドくんが戻ってきたので、子供達にお菓子をあげてしばらく一緒に遊びました。<br /><br />この子、小さいと思いきや、めちゃくちゃ重くて、さすがガタイの良いモンゴル男子です。<br />

    友人とガイドくんが戻ってきたので、子供達にお菓子をあげてしばらく一緒に遊びました。

    この子、小さいと思いきや、めちゃくちゃ重くて、さすがガタイの良いモンゴル男子です。

  • 小さい女の子もいました。

    小さい女の子もいました。

  • 休憩している間に雲の切れ間から青空が見えてきました。<br />遠足のときとは違う遊牧民の青年とともに、再び馬で近場のお散歩に出かけます。<br /><br />この時、友人が「ガイドくんが馬にナメられていて、なかなか言うことを聞いてくれないらしいよ〜」というようなことを言ってました。<br />一旦帰ってきたのに、また行くのが嫌だったのか、ガイドくんの馬はなかなか進んでくれませんでした。<br /><br />調子の良いpacorin号を先頭に、というより勝手にどんどん歩き出すので、時々ブレーキをかけて止まりながら後ろの様子を見ていました。

    休憩している間に雲の切れ間から青空が見えてきました。
    遠足のときとは違う遊牧民の青年とともに、再び馬で近場のお散歩に出かけます。

    この時、友人が「ガイドくんが馬にナメられていて、なかなか言うことを聞いてくれないらしいよ〜」というようなことを言ってました。
    一旦帰ってきたのに、また行くのが嫌だったのか、ガイドくんの馬はなかなか進んでくれませんでした。

    調子の良いpacorin号を先頭に、というより勝手にどんどん歩き出すので、時々ブレーキをかけて止まりながら後ろの様子を見ていました。

  • おー!こういうのが見たかったんですよね〜♪<br />青い空、白い雲、緑の草原!<br /><br />

    おー!こういうのが見たかったんですよね〜♪
    青い空、白い雲、緑の草原!

  • 青空の下で乗馬できて良かった〜☆<br />前日の罰ゲームのような状態はこれで帳消しできる♪

    青空の下で乗馬できて良かった〜☆
    前日の罰ゲームのような状態はこれで帳消しできる♪

  • 徒歩で散策している西洋人3名のうち愛想の良いおじさんが手をふって「馬でお散歩いいね〜」って話かけてきました。<br /><br />「いいでしょ〜♪」って思ってました、この時は。

    徒歩で散策している西洋人3名のうち愛想の良いおじさんが手をふって「馬でお散歩いいね〜」って話かけてきました。

    「いいでしょ〜♪」って思ってました、この時は。

  • それにしてもガイドくんの馬が全然進みません。<br />写真の後方でのんびり草を食んでいます。その左手には先ほどのお散歩する人3名。<br />青年+友人がガイドくんの馬を追いたてに行くため、戻っていっているところです。

    それにしてもガイドくんの馬が全然進みません。
    写真の後方でのんびり草を食んでいます。その左手には先ほどのお散歩する人3名。
    青年+友人がガイドくんの馬を追いたてに行くため、戻っていっているところです。

  • やっと進みだしたガイドくんの馬。<br />pacorin号はさらに先にいってまた待機。<br /><br />木に布が巻きつけてあるところがあったので、これは何か聞こうと思って右後ろを振り返りながら、ガイドくん達が近くにくるのを待っていました。

    やっと進みだしたガイドくんの馬。
    pacorin号はさらに先にいってまた待機。

    木に布が巻きつけてあるところがあったので、これは何か聞こうと思って右後ろを振り返りながら、ガイドくん達が近くにくるのを待っていました。

  • やっと来た〜と思った瞬間、予想外の出来事が!<br />突然ガイドくんの馬が暴走し、すごい勢いで走り出しました。<br />そしてなんと、それを見たpacorin号が「俺も行くぜ!」みたいな感じで後を追って全力疾走しだしたのです!!(驚)<br /><br />手綱を片手に持って、後ろを振り返って完全に油断していたpacorinはあっという間に振り落とされ、まさかの落馬〜!<br />と思ったら、左足があぶみに残っていてズルズルひきずられてる〜!<br /><br />とっさに足を引き抜いて脱出成功したものの、馬はあっという間に視界から消え去りました。<br />ガイドくんはpacorin落馬地点の150mほど先でなんとか馬をとめていました。

    やっと来た〜と思った瞬間、予想外の出来事が!
    突然ガイドくんの馬が暴走し、すごい勢いで走り出しました。
    そしてなんと、それを見たpacorin号が「俺も行くぜ!」みたいな感じで後を追って全力疾走しだしたのです!!(驚)

    手綱を片手に持って、後ろを振り返って完全に油断していたpacorinはあっという間に振り落とされ、まさかの落馬〜!
    と思ったら、左足があぶみに残っていてズルズルひきずられてる〜!

    とっさに足を引き抜いて脱出成功したものの、馬はあっという間に視界から消え去りました。
    ガイドくんはpacorin落馬地点の150mほど先でなんとか馬をとめていました。

  • 青年+友人はガイドくんのところへ行き、友人の馬をガイドくんに預け、青年がpacorinの馬を探しに行きました。<br /><br />友人は「大丈夫〜?」とpacorinのもとへ。<br />すね当てをしているから傷の状況はわからないけど、骨折はしていないので打撲と擦過傷といったところだと思いました。<br />痛いけど、歩けるし、とりあえずは良かった〜。<br /><br />となると、気になるのはウィンドブレーカーのポケットに入れていたデジカメとスマホ!ひきずられた側だったから壊れてないかしら?とまずは気になっていた布きれたちを足をひきずりながら戻って撮影(笑)<br /><br />ガイドくんに聞いたら、これはオボーではなくて事故か何かがあった場所かも、とかそういうことでした。<br />やだ〜なんか縁起の悪い場所だったのかしらねぇ〜?

    青年+友人はガイドくんのところへ行き、友人の馬をガイドくんに預け、青年がpacorinの馬を探しに行きました。

    友人は「大丈夫〜?」とpacorinのもとへ。
    すね当てをしているから傷の状況はわからないけど、骨折はしていないので打撲と擦過傷といったところだと思いました。
    痛いけど、歩けるし、とりあえずは良かった〜。

    となると、気になるのはウィンドブレーカーのポケットに入れていたデジカメとスマホ!ひきずられた側だったから壊れてないかしら?とまずは気になっていた布きれたちを足をひきずりながら戻って撮影(笑)

    ガイドくんに聞いたら、これはオボーではなくて事故か何かがあった場所かも、とかそういうことでした。
    やだ〜なんか縁起の悪い場所だったのかしらねぇ〜?

  • 「怪我はなかったですか?」と心配そうに馬をひきつれ戻ってきたガイドくん。<br />犯人はこの白+茶色の馬です。<br />この子が暴走しなければ、こんなことにはならなかったはずなのに〜<br />えーい、ばかもの〜っ!!<br /><br />まあね、油断してた方も悪いかもしれないけどね。<br />まさかそんなことが起こるなんて思ってなかったからね。

    「怪我はなかったですか?」と心配そうに馬をひきつれ戻ってきたガイドくん。
    犯人はこの白+茶色の馬です。
    この子が暴走しなければ、こんなことにはならなかったはずなのに〜
    えーい、ばかもの〜っ!!

    まあね、油断してた方も悪いかもしれないけどね。
    まさかそんなことが起こるなんて思ってなかったからね。

  • でも仮に、しっかり手綱を持っていたとしても全力疾走で丘を下る馬を停止させられたとはとても思えないし、乗っていたとしてもどこまで行くかわからない状態だと怖すぎて途中で落馬してたかもしれないし・・・と考えたら、最初の段階で振り落とされて軽症ですんでよかったと思うしかないかな。そういうことにしよっと。<br /><br />ちなみにガイドくんは上手ではないけど、馬には小学生ぐらいから乗ってるとのことだし、そんな彼でも暴走しはじめて数百メートルでようやく停止できたんだもんね。

    でも仮に、しっかり手綱を持っていたとしても全力疾走で丘を下る馬を停止させられたとはとても思えないし、乗っていたとしてもどこまで行くかわからない状態だと怖すぎて途中で落馬してたかもしれないし・・・と考えたら、最初の段階で振り落とされて軽症ですんでよかったと思うしかないかな。そういうことにしよっと。

    ちなみにガイドくんは上手ではないけど、馬には小学生ぐらいから乗ってるとのことだし、そんな彼でも暴走しはじめて数百メートルでようやく停止できたんだもんね。

  • せっかく天気も良くなってきたところなのに、後味悪いな〜

    せっかく天気も良くなってきたところなのに、後味悪いな〜

  • ようやく青年がpacorin号をつれて戻ってきました。<br />案の定、馬は家まで帰ってたみたいです。<br /><br />ガイドくん号の暴走、pacorinの落馬を後ろから見ていた友人はすっかり怖くなってもう馬はいいというので、ガイドくんと馬をひいて歩いて戻ることに。

    ようやく青年がpacorin号をつれて戻ってきました。
    案の定、馬は家まで帰ってたみたいです。

    ガイドくん号の暴走、pacorinの落馬を後ろから見ていた友人はすっかり怖くなってもう馬はいいというので、ガイドくんと馬をひいて歩いて戻ることに。

  • pacorinはこんなまま終わるのは嫌だし、第一足が痛くて歩いて帰りたくないので、再び馬上へ。<br /><br />今度は暴走しないように青年にひいてもらいながら、続きを散歩。<br />最後に軽く駈歩で走りぬけ、気分良く終了〜。<br /><br />ちなみにこの青年は珍しく民族衣装風の着物のようなガウンのような服を着ていました。

    pacorinはこんなまま終わるのは嫌だし、第一足が痛くて歩いて帰りたくないので、再び馬上へ。

    今度は暴走しないように青年にひいてもらいながら、続きを散歩。
    最後に軽く駈歩で走りぬけ、気分良く終了〜。

    ちなみにこの青年は珍しく民族衣装風の着物のようなガウンのような服を着ていました。

  • 乗馬体験は何かと物足りないところもあり、最後に余計なアクシデントまであったけど、モンゴルならではの体験ということでまずまずかな。<br />またどこかでリベンジ乗馬したいです。<br /><br />とりあえずきれいなテレルジの景色を見ることができてよかった、ということで。

    乗馬体験は何かと物足りないところもあり、最後に余計なアクシデントまであったけど、モンゴルならではの体験ということでまずまずかな。
    またどこかでリベンジ乗馬したいです。

    とりあえずきれいなテレルジの景色を見ることができてよかった、ということで。

  • キャンプに戻った後は、寒くなる前にシャワーを浴びてしまおうとシャワールームへ。<br />見た目はとてもきれいなのですが、女性用3つのうち、お湯が出たのは1つだけ。<br />男性用もためしてみたけどダメでした。<br />友人が先に使っている間、感覚がなくなりそうなほど冷たい水で右足を冷やしました。<br /><br />ホットシャワーを浴びて人心地ついたわ〜と自分のゲルに戻ろうとするとなんだか異変に気づきました。<br /><br />前日はほとんど宿泊客がいなかったのに、なんか急に人が増えてる!しかも高齢者ばかり!!と思って駐車場を見ると、観光バスが2台。<br />そうです、PRC国ご一行様がいらっしゃったのです〜笑<br /><br />早速トイレが中国状態。鍵をしめずに入ってるおばーちゃんとか。<br />流し忘れとか・・・2日ともかぶってなくて、ほんとよかったよ。<br /><br />

    キャンプに戻った後は、寒くなる前にシャワーを浴びてしまおうとシャワールームへ。
    見た目はとてもきれいなのですが、女性用3つのうち、お湯が出たのは1つだけ。
    男性用もためしてみたけどダメでした。
    友人が先に使っている間、感覚がなくなりそうなほど冷たい水で右足を冷やしました。

    ホットシャワーを浴びて人心地ついたわ〜と自分のゲルに戻ろうとするとなんだか異変に気づきました。

    前日はほとんど宿泊客がいなかったのに、なんか急に人が増えてる!しかも高齢者ばかり!!と思って駐車場を見ると、観光バスが2台。
    そうです、PRC国ご一行様がいらっしゃったのです〜笑

    早速トイレが中国状態。鍵をしめずに入ってるおばーちゃんとか。
    流し忘れとか・・・2日ともかぶってなくて、ほんとよかったよ。

  • ガラガラのレストランとうってかわって、賑やかなディナーの席。<br /><br />とりあえずビールでおつかれさま〜<br />思わぬ事故もあったけど、なんとか緑の草原で馬に乗ることができました。<br /><br />トマトときゅうりのサラダ。きゅうりはフレッシュなものとピクルスになっているものがまざっています。ドレッシングが美味しい〜♪

    ガラガラのレストランとうってかわって、賑やかなディナーの席。

    とりあえずビールでおつかれさま〜
    思わぬ事故もあったけど、なんとか緑の草原で馬に乗ることができました。

    トマトときゅうりのサラダ。きゅうりはフレッシュなものとピクルスになっているものがまざっています。ドレッシングが美味しい〜♪

  • 羊肉のハンバーグ<br /><br />小さく切って食べたら完食できました☆<br />ソースもマッシュポテトもうま〜い♪<br /><br />ガイドくんにここの食事はどう?って聞いたら「美味しいです。家庭の味ではないけど、レストラン的な美味しさです。でもウランバートルにはもっと美味しいお店があります」とのこと。<br /><br />すっかり晴れた夜の空、夕焼けは方向的に初日の岩山に登らないときれいに見えないので断念。<br /><br />その代わり満天の星を眺めることができました☆<br />北斗七星しかわからなかったけど〜笑<br />夏の大三角とか、昔習ったのにね〜<br />

    羊肉のハンバーグ

    小さく切って食べたら完食できました☆
    ソースもマッシュポテトもうま〜い♪

    ガイドくんにここの食事はどう?って聞いたら「美味しいです。家庭の味ではないけど、レストラン的な美味しさです。でもウランバートルにはもっと美味しいお店があります」とのこと。

    すっかり晴れた夜の空、夕焼けは方向的に初日の岩山に登らないときれいに見えないので断念。

    その代わり満天の星を眺めることができました☆
    北斗七星しかわからなかったけど〜笑
    夏の大三角とか、昔習ったのにね〜

  • 夜にはガイドくんが家から持ってきてくれた「シャガイ」で遊びました。<br />シャガイとは、モンゴル語で「家畜のくるぶしの骨」という意味です。<br /><br />モンゴルでは羊をしめたり、お肉を買ってきて骨がついていると、「シャガイ」を捨てずにとっておくそうです。<br />骨で遊ぶなんてモンゴルっぽいですよね。<br /> <br />くるぶしの骨は4面にわけられ、それぞれの面は馬・ラクダ・羊・ヤギとされます。 <br />最初は見分けにくいですが、遊んでいるうちにわかってきます。<br /><br /><br /><br />

    夜にはガイドくんが家から持ってきてくれた「シャガイ」で遊びました。
    シャガイとは、モンゴル語で「家畜のくるぶしの骨」という意味です。

    モンゴルでは羊をしめたり、お肉を買ってきて骨がついていると、「シャガイ」を捨てずにとっておくそうです。
    骨で遊ぶなんてモンゴルっぽいですよね。

    くるぶしの骨は4面にわけられ、それぞれの面は馬・ラクダ・羊・ヤギとされます。
    最初は見分けにくいですが、遊んでいるうちにわかってきます。



  • 右奥にある大きなシャガイは牛のものですが、遊びに使うのは羊のシャガイです。<br /><br />まずは「おはじき」をしました。<br />日本のおはじきと同様、散らしたシャガイを馬-馬、羊-羊というように同じ面のものをはじいて、あてたらもらえるというもの。<br /><br />これは友人がとても上手で、pacorinはカスってばかりでした(笑)<br />

    右奥にある大きなシャガイは牛のものですが、遊びに使うのは羊のシャガイです。

    まずは「おはじき」をしました。
    日本のおはじきと同様、散らしたシャガイを馬-馬、羊-羊というように同じ面のものをはじいて、あてたらもらえるというもの。

    これは友人がとても上手で、pacorinはカスってばかりでした(笑)

  • 次はモンゴル語で「競馬」という双六のようなゲーム。<br />まず、自分の「馬」を決め、馬の面を並べてコースをつくります。<br />さいころの代わりに4個のシャガイをふり、馬の面が出た数だけ進めるというもの。<br />これはなかなか馬の面が出ず、最後までいかなかったので、1人進んでいたpacorinの勝ち。<br /><br />あと一つは「素早くつかむ」という意味のゲーム。<br />一つのシャガイを上に投げてその間に散らしてあるシャガイをつかみ、投げたシャガイをキャッチする、というもの。<br />成功したらつかむシャガイの数を増やしていきます。3つが限界でしたが、わりと早くコツをつかめました。<br /><br />昔、お正月に親戚と集まって遊んだようななつかしい感覚とともに夜も更けてきたのでそろそろお開きです。<br /><br />明日はきっと晴れるな〜青空のチンギス・ハーン像が見られるかな♪と期待しながら就寝。<br /><br />「モンゴルでプライスレス体験☆ Part 4 チンギス・ハーン騎馬像&ウランバートル編」へ続く。<br />

    次はモンゴル語で「競馬」という双六のようなゲーム。
    まず、自分の「馬」を決め、馬の面を並べてコースをつくります。
    さいころの代わりに4個のシャガイをふり、馬の面が出た数だけ進めるというもの。
    これはなかなか馬の面が出ず、最後までいかなかったので、1人進んでいたpacorinの勝ち。

    あと一つは「素早くつかむ」という意味のゲーム。
    一つのシャガイを上に投げてその間に散らしてあるシャガイをつかみ、投げたシャガイをキャッチする、というもの。
    成功したらつかむシャガイの数を増やしていきます。3つが限界でしたが、わりと早くコツをつかめました。

    昔、お正月に親戚と集まって遊んだようななつかしい感覚とともに夜も更けてきたのでそろそろお開きです。

    明日はきっと晴れるな〜青空のチンギス・ハーン像が見られるかな♪と期待しながら就寝。

    「モンゴルでプライスレス体験☆ Part 4 チンギス・ハーン騎馬像&ウランバートル編」へ続く。

41いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

マイルに交換できるフォートラベルポイントがたまります。
フォートラベルポイントって?

モンゴルで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
モンゴル最安 990円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

モンゴルの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

PAGE TOP

ピックアップ特集