エレヴァン旅行記(ブログ) 一覧に戻る
黒海とカスピ海の間に連なり、アジアとヨーロッパとの境を成す大コーカサス(カフカス)山脈。この山脈の南側に位置するコーカサス三国と呼ばれる、グルジア、アルメニア、アゼルバイジャンの三共和国を16日間ツアーにて訪れました。<br /> 日程とコースは下記。<br />6月26日 成田夜 カタール航空QR805便にて、ドーハ経由、アゼルバイジャンの首都バクー(2泊)。 <br />6月27日 昼バクー到着後→コブスタン岩山の岩絵観光→カスビ海クルーズ<br />6月28日 バクー市内と近郊観光<br />6月29日 バクー→ショマハ→ シェキ(泊)<br />6月30日 シェキ→国境を越えてグルジア入国→テラヴィ→トビリシ<br />7月1日■トビリシ→国境を越えてアルメニア入国→セブアン湖→エレヴァン(3泊)<br />7月2日■エレヴァン市内と近郊観光<br />7月3日 エレヴァン近郊観光<br />7月4日 エレヴァン→国境を越えてグルジア再入国→クタイシ(泊)<br />7月5日 クタイシ→ズグディディ→メステイア(2泊)<br />7月6日 メステイア→ウシュグリ→メステイア<br />7月7日 メステイア→ズグディディ→クタイシ(泊)<br />7月8日 クタイシ→ウブリスツィ→トビリシ(2泊)<br />7月9日 トビリシ→グルジア軍事道路→カズベキ村→トビリシ<br />7月10日 トビリシ→ムツヘタ観光→トビリシ市内観光<br />     夜トビリシ発カタール航空QR977便にて、ドーハへ<br />7月11日 ドーハ発カタール航空QR804便にて、夕刻成田。<br /> この旅行記は、グルジアを経由アルメニア入国、エレバン編を掲載します。<br />表紙の写真はアルメニアの牧歌的風景。 <br />

大コーカサス三国--アルメニア・エレヴァン編

13いいね!

2013/06/26 - 2013/07/11

71位(同エリア177件中)

2

52

you

youさん

黒海とカスピ海の間に連なり、アジアとヨーロッパとの境を成す大コーカサス(カフカス)山脈。この山脈の南側に位置するコーカサス三国と呼ばれる、グルジア、アルメニア、アゼルバイジャンの三共和国を16日間ツアーにて訪れました。
 日程とコースは下記。
6月26日 成田夜 カタール航空QR805便にて、ドーハ経由、アゼルバイジャンの首都バクー(2泊)。
6月27日 昼バクー到着後→コブスタン岩山の岩絵観光→カスビ海クルーズ
6月28日 バクー市内と近郊観光
6月29日 バクー→ショマハ→ シェキ(泊)
6月30日 シェキ→国境を越えてグルジア入国→テラヴィ→トビリシ
7月1日■トビリシ→国境を越えてアルメニア入国→セブアン湖→エレヴァン(3泊)
7月2日■エレヴァン市内と近郊観光
7月3日 エレヴァン近郊観光
7月4日 エレヴァン→国境を越えてグルジア再入国→クタイシ(泊)
7月5日 クタイシ→ズグディディ→メステイア(2泊)
7月6日 メステイア→ウシュグリ→メステイア
7月7日 メステイア→ズグディディ→クタイシ(泊)
7月8日 クタイシ→ウブリスツィ→トビリシ(2泊)
7月9日 トビリシ→グルジア軍事道路→カズベキ村→トビリシ
7月10日 トビリシ→ムツヘタ観光→トビリシ市内観光
     夜トビリシ発カタール航空QR977便にて、ドーハへ
7月11日 ドーハ発カタール航空QR804便にて、夕刻成田。
 この旅行記は、グルジアを経由アルメニア入国、エレバン編を掲載します。
表紙の写真はアルメニアの牧歌的風景。

旅行の満足度
5.0
観光
5.0
ホテル
4.5
グルメ
4.0
旅行の手配内容
ツアー(添乗員同行あり)

PR

  • アゼルバイジャンとアルメニアとの間の国境は封鎖されているため、グルジアを経由してアルメニアに行きます。<br /><br />地図はアルメニア観光情報局のサイトから引用

    アゼルバイジャンとアルメニアとの間の国境は封鎖されているため、グルジアを経由してアルメニアに行きます。

    地図はアルメニア観光情報局のサイトから引用

  • 6月30日<br /> グルジアに入国。草原地帯を抜けてグルジアでの宿泊地、首都のトビリシに向かいます。

    6月30日
     グルジアに入国。草原地帯を抜けてグルジアでの宿泊地、首都のトビリシに向かいます。

  • 途中 テラヴィにて、ワイナリーに立寄り、グルジア美人の案内で工場見学。その後、飲み放題のグルジアワインを試飲します。アルコール類が苦手なyouは舐める程度。<br /> グルジアワインは、今から5000年以上前にコーカサス山脈から湧き出たミネラルウォーターで育った世界最古のブドウの原種から造られ、ワイン発祥の地はグルジアといわれています。

    途中 テラヴィにて、ワイナリーに立寄り、グルジア美人の案内で工場見学。その後、飲み放題のグルジアワインを試飲します。アルコール類が苦手なyouは舐める程度。
     グルジアワインは、今から5000年以上前にコーカサス山脈から湧き出たミネラルウォーターで育った世界最古のブドウの原種から造られ、ワイン発祥の地はグルジアといわれています。

  • いい気分になった後、再び高原地帯を抜けてトビリシを目指します。

    いい気分になった後、再び高原地帯を抜けてトビリシを目指します。

  • 20時 グルジアの首都トビリシに到着。夕食の後プールのあるHOLYDAY INNに1泊します。このホテルは旅の後半にも宿泊することになっています。

    20時 グルジアの首都トビリシに到着。夕食の後プールのあるHOLYDAY INNに1泊します。このホテルは旅の後半にも宿泊することになっています。

  • 7月1日 8時30分 アルメニアに向けてホテルを出発。アルメニアとの国境まで1.5時間のドライブ。

    7月1日 8時30分 アルメニアに向けてホテルを出発。アルメニアとの国境まで1.5時間のドライブ。

  • 10時 国境の緩衝地帯をスーツケースを各自で運んで移動します。国境通過に1時間ほどかかりました。

    10時 国境の緩衝地帯をスーツケースを各自で運んで移動します。国境通過に1時間ほどかかりました。

  • 11時30分 アルメニア最初の観光地、世界遺産のハフパット修道院に到着。<br /> 976年創建のビザンチンとコーカサスの建築様式が融合した主として玄武岩でできた「強固な壁」を意味する聖十字架教会です。

    11時30分 アルメニア最初の観光地、世界遺産のハフパット修道院に到着。
     976年創建のビザンチンとコーカサスの建築様式が融合した主として玄武岩でできた「強固な壁」を意味する聖十字架教会です。

  • ハマザス館と呼ばれる本堂の祭壇。半円形になったドームの上部の壁にキリスト像のフレスコ画が残されています。アルメニアは301年、世界で最初にキリスト教を国教にしたお国です。その後、東西南北の隣国からの侵略を繰り返して受けてきた歴史がありますが、そんな歴史の中でキリスト教がしっかりと根付いているみたいです。<br /> 左下の女性は、日本語が完璧の現地ガイド、ルシーネさん。

    ハマザス館と呼ばれる本堂の祭壇。半円形になったドームの上部の壁にキリスト像のフレスコ画が残されています。アルメニアは301年、世界で最初にキリスト教を国教にしたお国です。その後、東西南北の隣国からの侵略を繰り返して受けてきた歴史がありますが、そんな歴史の中でキリスト教がしっかりと根付いているみたいです。
     左下の女性は、日本語が完璧の現地ガイド、ルシーネさん。

  • 教会の中には、「ハチュカル」と呼ばれるアルメニア独特の十字架の石碑が見られます。

    教会の中には、「ハチュカル」と呼ばれるアルメニア独特の十字架の石碑が見られます。

  • 床面には30〜40cmくらいの穴がたくさん開いている部屋があります。ここは図書館。そして床に設けた穴は、異教徒が侵入した際、貴重な図書を隠すための穴とのことでした。

    床面には30〜40cmくらいの穴がたくさん開いている部屋があります。ここは図書館。そして床に設けた穴は、異教徒が侵入した際、貴重な図書を隠すための穴とのことでした。

  • 教会の裏手に廻ってみました。この修道院、山腹に造られており周囲の山岳風景に溶け込まれていて歴史を感じます。

    イチオシ

    教会の裏手に廻ってみました。この修道院、山腹に造られており周囲の山岳風景に溶け込まれていて歴史を感じます。

  • 教会に参拝に来ていたアルメニア美人。そう言えば、アルメニアは美人が多い国として知られています。この先の旅も楽しくなりそう♪。。。。。

    教会に参拝に来ていたアルメニア美人。そう言えば、アルメニアは美人が多い国として知られています。この先の旅も楽しくなりそう♪。。。。。

  • 教会下の駐車場の露店。毛糸で作られた手編みの製品や手作りの小物入れなどが売られています。売り手のオバサンも年相応に美人ですネ。

    教会下の駐車場の露店。毛糸で作られた手編みの製品や手作りの小物入れなどが売られています。売り手のオバサンも年相応に美人ですネ。

  • 山の中の農家レストランで昼食後、バスは緩やかな坂を上り続けて山岳地帯を抜けて行きます。<br />アルメニアは平均標高が1800mという高原の国です。

    山の中の農家レストランで昼食後、バスは緩やかな坂を上り続けて山岳地帯を抜けて行きます。
    アルメニアは平均標高が1800mという高原の国です。

  • 山間部に突然工場地帯が現れました。ソ連時代に建てられたアラヴェルディの銅の生産工場とのことです。山頂から煙が上がってるのでまだ操業しているのでしょう。

    山間部に突然工場地帯が現れました。ソ連時代に建てられたアラヴェルディの銅の生産工場とのことです。山頂から煙が上がってるのでまだ操業しているのでしょう。

  • 山間部を抜けてなだらかな草原地帯に入ってきました。紫や黄色の花が咲く道路脇にバスを止めてもらい写真タイム。

    山間部を抜けてなだらかな草原地帯に入ってきました。紫や黄色の花が咲く道路脇にバスを止めてもらい写真タイム。

  • 草原には馬の親子が放牧されており癒される風景です。

    イチオシ

    草原には馬の親子が放牧されており癒される風景です。

  • 16時 セヴァン湖に突出た半島の先に建つセヴァン修道院に階段を上って向かいます。セヴァン湖はアルメニアのほぼ中央、標高1897mに位置する琵琶湖の2倍、コーカサス地方最大の湖です。

    16時 セヴァン湖に突出た半島の先に建つセヴァン修道院に階段を上って向かいます。セヴァン湖はアルメニアのほぼ中央、標高1897mに位置する琵琶湖の2倍、コーカサス地方最大の湖です。

  • 874年に創建された2つの教会が建っています。手前中央や丘の上にも壊された教会等の建物跡が残っていますが、ソ連時代に破壊されてしまったそうです。

    874年に創建された2つの教会が建っています。手前中央や丘の上にも壊された教会等の建物跡が残っていますが、ソ連時代に破壊されてしまったそうです。

  • 教会の礼拝堂に入ります。内部は典型的なアルメニア教会様式の十字形になっています。<br /> ローソクの火を見つめるお子様の顔が愛おしくなってつい撮ってしまいました。ゴメンナサイ。

    教会の礼拝堂に入ります。内部は典型的なアルメニア教会様式の十字形になっています。
     ローソクの火を見つめるお子様の顔が愛おしくなってつい撮ってしまいました。ゴメンナサイ。

  • 教会のある丘からはセヴァン湖と奥に小コーカサス山脈の素晴らしい風景が展開されています。

    イチオシ

    教会のある丘からはセヴァン湖と奥に小コーカサス山脈の素晴らしい風景が展開されています。

  • 丘を下った麓のレストランでアルメニアの大家族としばし交流です。左端のご主人は米国在住のビジネスマンで、1年に1度は祖国に戻って親戚一族と国内旅行をしたり、食事会をしたりするとのことでした。経済的な支援もしていて、それは海外在住のアルメニア人は皆さん普通にしている。。。とのことでした。<br /> この国の人口は約330万人、それに対して海外に住む人々は約800万人もいるそうです。主要産業は農業、宝石加工業、ワインやブランディーの生産業等、海がなく狭い国土の80%は山岳地帯で天然資源も乏しく、経済的にまだ苦しい状況にあるとのことでした。<br /> それだけに親戚一族、強い絆で結ばれているようです。

    丘を下った麓のレストランでアルメニアの大家族としばし交流です。左端のご主人は米国在住のビジネスマンで、1年に1度は祖国に戻って親戚一族と国内旅行をしたり、食事会をしたりするとのことでした。経済的な支援もしていて、それは海外在住のアルメニア人は皆さん普通にしている。。。とのことでした。
     この国の人口は約330万人、それに対して海外に住む人々は約800万人もいるそうです。主要産業は農業、宝石加工業、ワインやブランディーの生産業等、海がなく狭い国土の80%は山岳地帯で天然資源も乏しく、経済的にまだ苦しい状況にあるとのことでした。
     それだけに親戚一族、強い絆で結ばれているようです。

  • 21時 夕食をとった後、アルメニアの首都エレヴァンのホテル METROPOLEに到着。ここに3泊します。

    21時 夕食をとった後、アルメニアの首都エレヴァンのホテル METROPOLEに到着。ここに3泊します。

  • 7月2日 この日は終日エレヴァン市内と近郊の観光です。<br /><br />早起きして街歩きに出かけます。<br />エレヴァンの人口は130万人、標高1000m程で、アララト平野の南東に位置し、三方を山に囲まれ南はフラズダン川に向かって下降している斜面に街が形成されています。

    7月2日 この日は終日エレヴァン市内と近郊の観光です。

    早起きして街歩きに出かけます。
    エレヴァンの人口は130万人、標高1000m程で、アララト平野の南東に位置し、三方を山に囲まれ南はフラズダン川に向かって下降している斜面に街が形成されています。

  • 街の北側斜面に造られている大きな階段カスカードまで来ました。階段途中の踊り場にいろいろなオブジェが設置されています。それらを見ながら一番上の展望台を目指して階段を上ります。

    街の北側斜面に造られている大きな階段カスカードまで来ました。階段途中の踊り場にいろいろなオブジェが設置されています。それらを見ながら一番上の展望台を目指して階段を上ります。

  • 階段の途中に何箇所かこんな踊り場があります。

    階段の途中に何箇所かこんな踊り場があります。

  • 息を切らしてだいぶ上ってきました。

    息を切らしてだいぶ上ってきました。

  • 最上段の展墓台から見下ろすエレヴァンの街です。奥に朝靄に煙っていますがアララト山5165mが見えています。

    最上段の展墓台から見下ろすエレヴァンの街です。奥に朝靄に煙っていますがアララト山5165mが見えています。

  • アララト山をズームアップ。<br />アララト山は現在トルコ領に属していますが、古くはアルメニア人の多くが居住してきた地域(大アルメニア)の中心にあって、アルメニアの人々の心の拠り所となっている山なのです。

    アララト山をズームアップ。
    アララト山は現在トルコ領に属していますが、古くはアルメニア人の多くが居住してきた地域(大アルメニア)の中心にあって、アルメニアの人々の心の拠り所となっている山なのです。

  • カスカードを下から見上げます。左手にエスカレータの設備がありますが、早朝のため運転していませんでした。

    カスカードを下から見上げます。左手にエスカレータの設備がありますが、早朝のため運転していませんでした。

  • 自由広場。中央に建つ銅像は・・・誰でしょう??ご存知の方教えて。

    自由広場。中央に建つ銅像は・・・誰でしょう??ご存知の方教えて。

  • フラズダン川に架かる勝利の橋。

    フラズダン川に架かる勝利の橋。

  • 共和国広場に面して建っている歴史博物館。

    共和国広場に面して建っている歴史博物館。

  • ホテルの部屋から見る夕方の風景。丘の上にあるブランディー会社名「ARARAT」が浮かび上がり、幻想的な風景に出合いました。

    ホテルの部屋から見る夕方の風景。丘の上にあるブランディー会社名「ARARAT」が浮かび上がり、幻想的な風景に出合いました。

  • 21時 共和国広場で噴水ショーがあるというので出かけます。

    21時 共和国広場で噴水ショーがあるというので出かけます。

  • 音楽に合わせて噴水の形やライトアップされた色が様々に変化します。この時期の夜はまだ暑く、夕涼みしながら大勢の市民が集まっています。

    音楽に合わせて噴水の形やライトアップされた色が様々に変化します。この時期の夜はまだ暑く、夕涼みしながら大勢の市民が集まっています。

  • 歴史博物館の塔もライトアップされていて夜の街歩きも楽しいです。この街の治安は問題ないようです。

    歴史博物館の塔もライトアップされていて夜の街歩きも楽しいです。この街の治安は問題ないようです。

  • 7月3日<br /> <br />この日も早起きして街歩きに出ます。この日はホテル向かいの丘を目指して歩きます。丘の途中から振り返ると、今朝もアララト山が良く見えています。

    7月3日
     
    この日も早起きして街歩きに出ます。この日はホテル向かいの丘を目指して歩きます。丘の途中から振り返ると、今朝もアララト山が良く見えています。

  • アララト山ズームアップ。

    アララト山ズームアップ。

  • 丘の上から街の中心方向。

    丘の上から街の中心方向。

  • 川沿いにあるサッカー場。アルメニアのサッカーチーム 成績は今一つの様です。

    川沿いにあるサッカー場。アルメニアのサッカーチーム 成績は今一つの様です。

  • フラズダン川沿いの風景。

    フラズダン川沿いの風景。

  • エレブァン駅。

    エレブァン駅。

  • アルメニア美人三世代。農家レストランにて。

    アルメニア美人三世代。農家レストランにて。

  • 私達いつも三人で教会に参拝にくるのヨ。リプシメ教会前にて。<br />やっぱし三人とも美人です。

    私達いつも三人で教会に参拝にくるのヨ。リプシメ教会前にて。
    やっぱし三人とも美人です。

  • 俺達、昔は皆イケメンだったんだぜイ。頭の方だって良かったんだぜイ。ガルニ神殿入口の木陰にて。<br /><br />大コーカサス三国--アルメニア・エレヴァン編  おわり<br /><br />大コーカサス三国--アルメニア・エレヴァン郊外編に続きます。

    俺達、昔は皆イケメンだったんだぜイ。頭の方だって良かったんだぜイ。ガルニ神殿入口の木陰にて。

    大コーカサス三国--アルメニア・エレヴァン編  おわり

    大コーカサス三国--アルメニア・エレヴァン郊外編に続きます。

この旅行記のタグ

13いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

この旅行記へのコメント (2)

開く

閉じる

  • pedaruさん 2013/07/27 20:22:24
    ほんとに行きたいと・・・
    youさん こんばんは

    アルメニア、pedaruもほんとに行きたくなりました。・・・不純な動機ですが・・・

    それに、アルメニアにも富士山があるとはしりませんでした。・・富士山 ここにも アルメニア・・・

    pedaru

    you

    youさん からの返信 2013/07/28 22:50:19
    RE: ほんとに行きたいと・・・
    pedaruさん
    アルメニアに是非ともお出かけ下さいまし。行けば必ず素敵な出会いがアル・・メニア。そして、そこまで行くなら隣のグルジアもグ・・・ルジア。(pedaruさんのノリが移ってしまいました)

     アララト山の隣に小アララト山という山が連なっていますが、その山の方が、形は富士山とそっくり。次の旅行記に写真掲載しますけど。
    you

youさんのトラベラーページ

旅の計画・記録

マイルに交換できるフォートラベルポイントが貯まる
フォートラベルポイントって?

アルメニアで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
アルメニア最安 1,760円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

アルメニアの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

PAGE TOP

ピックアップ特集