リクヴィール旅行記(ブログ) 一覧に戻る
コルマールから十数キロのところにある「アルザスの真珠」と表現されるリクヴィル。フランスの最も美しい村にも認定されている美しい町です。<br /><br />周りはブドウ畑が広がるのどかなな環境に、絵本に載っているようなコロンバージュの建物が建ち並んでいます。あちこちに可愛い看板が顔をのぞかせ、村の雰囲気をより魅力的にしています。色とりどりの花々と合わさってとても素敵な風景が広がっています。<br /><br />午前中は、エギスハイムを訪れ、午後はここリクヴィルでひとときを過ごします・・・

フランスめぐりの旅 ⑫ アルザス地方☆リクヴィル

40いいね!

2013/05/23 - 2013/05/23

23位(同エリア99件中)

8

78

akiko

akikoさん

コルマールから十数キロのところにある「アルザスの真珠」と表現されるリクヴィル。フランスの最も美しい村にも認定されている美しい町です。

周りはブドウ畑が広がるのどかなな環境に、絵本に載っているようなコロンバージュの建物が建ち並んでいます。あちこちに可愛い看板が顔をのぞかせ、村の雰囲気をより魅力的にしています。色とりどりの花々と合わさってとても素敵な風景が広がっています。

午前中は、エギスハイムを訪れ、午後はここリクヴィルでひとときを過ごします・・・

旅行の満足度
5.0

PR

  • エギスハイムから正午前にコルマールに戻り、12:10発のバスNo106に乗り、30分ほどでリクヴィルに到着しました。<br /><br />写真はバス停前、伝統的なコロンバージュ様式の郵便局です。

    エギスハイムから正午前にコルマールに戻り、12:10発のバスNo106に乗り、30分ほどでリクヴィルに到着しました。

    写真はバス停前、伝統的なコロンバージュ様式の郵便局です。

  • 郵便局のすぐ近くにある市庁舎(村役場)があります。ここが村の入口です。この市庁舎は1789年に旧市役所が解体され、1809年に新しく建築されたそうです。

    郵便局のすぐ近くにある市庁舎(村役場)があります。ここが村の入口です。この市庁舎は1789年に旧市役所が解体され、1809年に新しく建築されたそうです。

  • トンネル状の通路を通って村の中に入って行きます。

    トンネル状の通路を通って村の中に入って行きます。

  • 通路を通り抜けると、小さな泉があります。その奥に楽しみにしていたリクヴィルの街並みが見えます。<br /><br />最初に見える黄色い建物は・・・

    通路を通り抜けると、小さな泉があります。その奥に楽しみにしていたリクヴィルの街並みが見えます。

    最初に見える黄色い建物は・・・

  • 伝統菓子を売っているビスケット屋さん&quot;Biscuiterie Le Voltaire&quot;です。<br />藤の花が壁をつたい咲いていて、とてもきれいです。

    伝統菓子を売っているビスケット屋さん"Biscuiterie Le Voltaire"です。
    藤の花が壁をつたい咲いていて、とてもきれいです。

  • お店の様子です。<br />

    お店の様子です。

  • ピラミッド状に積み上がっているのは、アルザス地方のマカロンです。いわゆるマカロンとは違い、ココナッツを使った焼き菓子なのだそうです。

    ピラミッド状に積み上がっているのは、アルザス地方のマカロンです。いわゆるマカロンとは違い、ココナッツを使った焼き菓子なのだそうです。

  • ビスケット屋さんの斜め前あたりに、かなり古そうな井戸があります。柱部分にぶどうや植物の彫刻がなされていて素敵です。昔使われていた井戸なのでしょうね。今は花のプランターとして使われています。

    ビスケット屋さんの斜め前あたりに、かなり古そうな井戸があります。柱部分にぶどうや植物の彫刻がなされていて素敵です。昔使われていた井戸なのでしょうね。今は花のプランターとして使われています。

  • 井戸の反対側の通りの横にのびる小路を見ると・・・<br />奥にぶどう畑が、手前の通りにはたくさん突出し看板が見えています。

    井戸の反対側の通りの横にのびる小路を見ると・・・
    奥にぶどう畑が、手前の通りにはたくさん突出し看板が見えています。

  • どちらを向いても写真スポットがいっぱいです(*^_^*)

    どちらを向いても写真スポットがいっぱいです(*^_^*)

  • メインストリートに戻ります。これは、レストラン併設のホテルです。

    メインストリートに戻ります。これは、レストラン併設のホテルです。

  • 少し行くと、右手にアルザス出身の画家Hansiのミュゼを併設したショップがありました。

    少し行くと、右手にアルザス出身の画家Hansiのミュゼを併設したショップがありました。

  • Hansiショップの看板は可愛い民族衣装姿の小さな女の子。<br />(Hansiは、アルザスの風景や子供などを描いた画家で、アルザスの町ではよく絵やグッズを見かけます)<br /><br />ショップではHansiのイラストがデザインされた品など多くの種類のグッズが売られています。どれもかわいい〜

    Hansiショップの看板は可愛い民族衣装姿の小さな女の子。
    (Hansiは、アルザスの風景や子供などを描いた画家で、アルザスの町ではよく絵やグッズを見かけます)

    ショップではHansiのイラストがデザインされた品など多くの種類のグッズが売られています。どれもかわいい〜

  • この通路の奥は・・・

    この通路の奥は・・・

  • チェック柄のテーブルクロスがかわいいオープンテラスのレストランでした。

    チェック柄のテーブルクロスがかわいいオープンテラスのレストランでした。

  • 窓の上にとうもろこしが・・・

    窓の上にとうもろこしが・・・

  • どうやらこのあたりは、とうもろこしの産地でもあるようです。こんな風にして、とうもろこしを干していたのですね。

    どうやらこのあたりは、とうもろこしの産地でもあるようです。こんな風にして、とうもろこしを干していたのですね。

  • メインストリートに何やら可愛らしいお店が・・・

    メインストリートに何やら可愛らしいお店が・・・

  • ディスプレイがあんまり可愛らしいので、何枚も写真を撮ってしまします。

    ディスプレイがあんまり可愛らしいので、何枚も写真を撮ってしまします。

  • 見てみると、プレッツェルを売っているお店でした。<br />小鳥がこちらを見ているのがたまらなく可愛い。

    見てみると、プレッツェルを売っているお店でした。
    小鳥がこちらを見ているのがたまらなく可愛い。

  • プレッツェルが中央にある空間をいかして棒にさして、うまく陳列されています。<br /><br />コルマールでも見かけましたが、フランスではプレッツェルのこと、Bretzelと言うんですね。

    プレッツェルが中央にある空間をいかして棒にさして、うまく陳列されています。

    コルマールでも見かけましたが、フランスではプレッツェルのこと、Bretzelと言うんですね。

  • この4階建ての水色の建物はレストランで、ウッドデッキのテラスがありますが、今日は雨がちなので、外にお客さんは出ていません。<br /><br />本当にめまぐるしく天気が変わります。一瞬晴れたと思ったらすぐ曇って雨が降ります。青空だったらもっときれいでしょうね。

    この4階建ての水色の建物はレストランで、ウッドデッキのテラスがありますが、今日は雨がちなので、外にお客さんは出ていません。

    本当にめまぐるしく天気が変わります。一瞬晴れたと思ったらすぐ曇って雨が降ります。青空だったらもっときれいでしょうね。

  • メインストリートから横にのびている道の様子です。

    メインストリートから横にのびている道の様子です。

  • このクリーム色の建物は、リクヴィル観光案内所です。

    このクリーム色の建物は、リクヴィル観光案内所です。

  • メインストリートのドゴール将軍通りから入って来た市庁舎方面を振り返ってみました・・・

    メインストリートのドゴール将軍通りから入って来た市庁舎方面を振り返ってみました・・・

  • 右の水色の建物の角をよ〜く見ると・・・

    右の水色の建物の角をよ〜く見ると・・・

  • 太い柱に変な生き物の彫り物があります。魔除けなのでしょうか!?

    太い柱に変な生き物の彫り物があります。魔除けなのでしょうか!?

  • &quot;LE CRLLIER&quot;というお店でした。

    "LE CRLLIER"というお店でした。

  • 再び、メインストリートを進んで行きます。

    再び、メインストリートを進んで行きます。

  • このレストランらしき建物にも面白いもの発見!

    このレストランらしき建物にも面白いもの発見!

  • やはり角の柱にイニシャル入りの変な彫り物が・・・チョコレート色の雨戸にハートのアクセントがついています♪

    やはり角の柱にイニシャル入りの変な彫り物が・・・チョコレート色の雨戸にハートのアクセントがついています♪

  • そして、こんな可愛らしい看板もあります。おっきいブドウをみんなで担ぎ、先頭の少年はこれまた大きなプレッツエルを手にして歩いている、何とも微笑ましい様子が表されています・・・

    そして、こんな可愛らしい看板もあります。おっきいブドウをみんなで担ぎ、先頭の少年はこれまた大きなプレッツエルを手にして歩いている、何とも微笑ましい様子が表されています・・・

  • ここリクヴィルは、可愛い突出し看板が多いことでも有名だそうです。ここにも・・・

    ここリクヴィルは、可愛い突出し看板が多いことでも有名だそうです。ここにも・・・

  • あそこにも・・・

    あそこにも・・・

  • たくさんあって見ているだけで楽しくなります。

    たくさんあって見ているだけで楽しくなります。

  • さて、そろそろひと休みがしたくなってきました。このうしろにあるパティスリー&quot;Patisserie VILMAIN&quot;が私たちを呼んでいる気がします(笑)

    さて、そろそろひと休みがしたくなってきました。このうしろにあるパティスリー"Patisserie VILMAIN"が私たちを呼んでいる気がします(笑)

  • 中に入ってみます。どれにするかかなり迷い、決めました。注文してから、またケーキを写真に撮りたくて、図々しくも、尋ねると、&quot;Oui&quot;とのお返事。お言葉に甘えて・・・

    中に入ってみます。どれにするかかなり迷い、決めました。注文してから、またケーキを写真に撮りたくて、図々しくも、尋ねると、"Oui"とのお返事。お言葉に甘えて・・・

  • クグロフも美味しそうだったので、ついでに撮らせてもらいました。

    クグロフも美味しそうだったので、ついでに撮らせてもらいました。

  • 注文したのは、このケーキとエクレアとキッシュの3品。

    注文したのは、このケーキとエクレアとキッシュの3品。

  • 友人と半分ずつシェアしていただきました。美味でした(*^_^*)

    友人と半分ずつシェアしていただきました。美味でした(*^_^*)

  • 小雨が降り続いていますが、いくら待っても止みそうにないので先に進むことにします。<br /><br />この印象的な青い壁の家はLe Tire Bouchon(ル・ティル・ブション)というレストランだそうです。

    小雨が降り続いていますが、いくら待っても止みそうにないので先に進むことにします。

    この印象的な青い壁の家はLe Tire Bouchon(ル・ティル・ブション)というレストランだそうです。

  • 2階の窓の雨戸に、花のトールペイントが飾られています。色が褪せてきていますが、センスがいい作品です!

    2階の窓の雨戸に、花のトールペイントが飾られています。色が褪せてきていますが、センスがいい作品です!

  • 入口横のワイン樽に乗ったキツネの剥製が人気者だとか。

    入口横のワイン樽に乗ったキツネの剥製が人気者だとか。

  • また可愛い看板があり・・・

    また可愛い看板があり・・・

  • 無視できるわけもなく・・・またパチリ

    無視できるわけもなく・・・またパチリ

  • この窓も雨戸に花のペイントがされていて素敵です。クグロフの焼き型やかわいいお皿が飾られています。

    この窓も雨戸に花のペイントがされていて素敵です。クグロフの焼き型やかわいいお皿が飾られています。

  • ずっと先にドルデー(Dolder)の塔が見えてきました。

    ずっと先にドルデー(Dolder)の塔が見えてきました。

  • その左手前に、ピンクのおしゃれな店があり、背の低いほうは、アルザスのマカロンのショップで、高いほうは、ギャラリーのようです。

    その左手前に、ピンクのおしゃれな店があり、背の低いほうは、アルザスのマカロンのショップで、高いほうは、ギャラリーのようです。

  • ギャラリーが素敵だったので、別にアップしてもう1枚・・・

    ギャラリーが素敵だったので、別にアップしてもう1枚・・・

  • 塔の手前の建物を写真で見たことがあり、とっても気になっていました。<br />濃いピンクの外壁におおきな絵が飾られています。

    塔の手前の建物を写真で見たことがあり、とっても気になっていました。
    濃いピンクの外壁におおきな絵が飾られています。

  • どうやらレストランのようで、下半分は黄緑色になっています。

    どうやらレストランのようで、下半分は黄緑色になっています。

  • 大きな絵は・・・<br />リクヴィルの伝統的な家とドルテーの塔が背景となり、民族衣装を身に付けた人たちが進軍ラッパを高らかに吹きながら、たいこを叩きながら行進しているところ。キスをしているカップルや犬も一緒です。画面いっぱいに描かれています。

    大きな絵は・・・
    リクヴィルの伝統的な家とドルテーの塔が背景となり、民族衣装を身に付けた人たちが進軍ラッパを高らかに吹きながら、たいこを叩きながら行進しているところ。キスをしているカップルや犬も一緒です。画面いっぱいに描かれています。

  • ドルテー(Dolder)の塔は、13世紀に建設された見張り塔で、村の門となっていたそうです。<br />塔の中は博物館になっています。

    ドルテー(Dolder)の塔は、13世紀に建設された見張り塔で、村の門となっていたそうです。
    塔の中は博物館になっています。

  • 塔のトンネルの先には、また別の塔が見えます。

    塔のトンネルの先には、また別の塔が見えます。

  • 先にあるもう一つの門です。これは高い門(La Porte Haute)というそうで、城壁を強化するために建設されたそう。<br />

    先にあるもう一つの門です。これは高い門(La Porte Haute)というそうで、城壁を強化するために建設されたそう。

  • 高い門は、かつては跳ね橋となっていて・・・

    高い門は、かつては跳ね橋となっていて・・・

  • 「落とし格子」という仕掛けによって、敵の侵入を防いでいた門だそうです。

    「落とし格子」という仕掛けによって、敵の侵入を防いでいた門だそうです。

  • ドルテーの塔の前の道を左折すると、素敵な通りが見えます。

    ドルテーの塔の前の道を左折すると、素敵な通りが見えます。

  • このお店はアクセサリーショップのようです。

    このお店はアクセサリーショップのようです。

  • ここはインテリアショップでしょうか、日本では見かけない面白い飾りつけです。

    ここはインテリアショップでしょうか、日本では見かけない面白い飾りつけです。

  • ベンチやお花など紫系統でまとめられていて素敵です。

    ベンチやお花など紫系統でまとめられていて素敵です。

  • 向かいの家はきれいなペパーミント色で、ワイン樽の飾りがつけられています。

    向かいの家はきれいなペパーミント色で、ワイン樽の飾りがつけられています。

  • この家は濃いブルーの色を使っています。個性的な色の家が多く、目を楽しませてくれます。

    この家は濃いブルーの色を使っています。個性的な色の家が多く、目を楽しませてくれます。

  • 最後に村のまわりの景色を見たかったので、30分くらいで村とまわりのブドウ畑、街を一望できるビュースポットを回るプティ・トランに乗車しました。<br /><br />ここは、村と周りの景色を見渡すことができる展望台です。

    最後に村のまわりの景色を見たかったので、30分くらいで村とまわりのブドウ畑、街を一望できるビュースポットを回るプティ・トランに乗車しました。

    ここは、村と周りの景色を見渡すことができる展望台です。

  • 遠くに山が見える広い牧草地の一画に村の集落があります。

    遠くに山が見える広い牧草地の一画に村の集落があります。

  • 素晴らしい眺望が楽しめます♪

    素晴らしい眺望が楽しめます♪

  • 手前の斜面にはブドウ畑が一面広がっています。<br /><br />

    手前の斜面にはブドウ畑が一面広がっています。

  • アルザス地方でワインが造られ始めたのは2000年も前のこと。気候が温暖でアルザス・ロレーヌ両地方にまたがるヴォージュ山脈が風を遮り、乾燥していて、日当たりが良い環境がブドウ栽培に適しているのだそうです。

    アルザス地方でワインが造られ始めたのは2000年も前のこと。気候が温暖でアルザス・ロレーヌ両地方にまたがるヴォージュ山脈が風を遮り、乾燥していて、日当たりが良い環境がブドウ栽培に適しているのだそうです。

  • リクヴィルの可愛らしい村を小高い丘から眺めることができ、村を2倍楽しめた気がします(*^_^*)

    リクヴィルの可愛らしい村を小高い丘から眺めることができ、村を2倍楽しめた気がします(*^_^*)

  • プティ・トランで一回りしまわりの景色を楽しみました。<br /><br />美しいリクヴィルの村をまだ十分見切れてはいないかもしれませんが、そろそろ15:25のバスでコルマールに戻る時間になりました。<br /><br />いろんな可愛らしい飾りや看板、素敵なペイントなど街並み以外にも見どころ満載で、異名で表現されるようにアルザス地方の村々のなかでキラリと光る&quot;真珠のような村&quot;でした・・・

    プティ・トランで一回りしまわりの景色を楽しみました。

    美しいリクヴィルの村をまだ十分見切れてはいないかもしれませんが、そろそろ15:25のバスでコルマールに戻る時間になりました。

    いろんな可愛らしい飾りや看板、素敵なペイントなど街並み以外にも見どころ満載で、異名で表現されるようにアルザス地方の村々のなかでキラリと光る"真珠のような村"でした・・・

この旅行記のタグ

関連タグ

40いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

この旅行記へのコメント (8)

開く

閉じる

  • TSUNEさん 2014/03/11 06:59:26
    今から楽しみ
    akikoさん、おはようございます。
    昨夜、コルマール発のオプショナルツアーに申し込みをしました(^^)
    まだ二ヶ月ありますから何があるかわかりませんが今から楽しみです(^^)
    リクヴィルの旅行記、拝見させてもらいました。
    天気もいいし、どの写真も綺麗ですね。
    アルザスのマカロンも美味しそうですね。
    ワインの試飲などはされたんですか?
    オプショナルツアーですから自由時間がどれくらいあるのかによりますが、旅行記参考にさせてもらいます。

    akiko

    akikoさん からの返信 2014/03/11 21:50:05
    RE: 今から楽しみ
    TSUNEさん、こんにちは(^^)

    今度アルザス地方に行かれるそうですね。
    5月頃ですね!私も5月に行きました。コルマールやリクヴィルなど花がたくさん咲いていて気候も良く、きっと楽しめると思います。
    ルクヴィルにはオプショナルツアーで行かれるのですか?リボーヴィレやカイゼルスベルグも一緒にまわられるのでしょうか。

    > アルザスのマカロンも美味しそうですね。

    市庁舎の建物を入ってすぐ右にあるお店の写真を紹介したのですが、他にもマカロンを売っているお店がありました。ココナツマカロンに近い焼き菓子だと思うのですが、美味しそうでした。

    > ワインの試飲などはされたんですか?

    私は残念なことにアルコールが苦手でワインの試飲はしませんでした。でもアルザスは「ワイン街道」でも有名で、他のトラベラーさんはアルザスで試飲されたと聞きました。とても美味しいそうですよ!TSUNEさんは、お好きでしたら是非お食事の時にいろいろ飲見比べてみてくださいね。

    > オプショナルツアーですから自由時間がどれくらいあるのかによりますが、旅行記参考にさせてもらいます。

    もし、リクヴィルで1時間自由時間があれば、プティ・トランに乗るのはどうでしょう?私も写真を何枚か紹介していますが、町のまわりをぐるりと回りブドウ畑も通り、リクヴィルの村を一望できる展望スポットにも停まります。結構楽しかったですよ♪

    小さい村ですが、可愛いお店も多く写真スポットがたくさんある素敵な村でした。お天気が良く楽しい旅ができるといいですね。

    akiko
  • コクリコさん 2013/09/26 21:25:48
    可愛い♪
    こんばんは!

    akikoさん写すリクヴィルは何て可愛いんでしょう〜
    同じ建物や通りを写しているなんて信じられません。
    私が写しても元々可愛い村なのですが、akikoさんの写真はその可愛らしさがより可愛くて、、、カメラの腕前の違いですね。

    私は朝早く行ったので、人通りも少なくお店も開いていなかったのです。
    やはりある程度賑やかな方が浮き浮きしますよね。

    アルザスのお天気は、私が行った日も青空が見えると思ったら、曇ったり時々雨が降ったり気まぐれでした。

    akikoさんの旅行記でチェックしたコウノトリの卵のチョコレート買いましたよ〜

    akiko

    akikoさん からの返信 2013/09/26 23:44:32
    RE: 可愛い♪
    コクリコさん、こんばんは〜

    アルザスの続編楽しみにしていました。
    リクヴィルは"アルザスの真珠"と呼ばれるだけあって本当に可愛い村ですよね。
    > 同じ建物や通りを写しているなんて信じられません。

    とんでもないです。コクリコさんは私が見過ごした素敵な壁飾りや建物など写真に収められていて、リクヴィルの魅力が十二分に紹介されていました。

    コクリコさんの想像力に富んだものの表現、例えば色の形容が楽しくて、そしてまた的確で、素敵です!"イチゴミルク色"、今度使わせてもらおうかな(笑)

    > 私は朝早く行ったので、人通りも少なくお店も開いていなかったのです。
    > やはりある程度賑やかな方が浮き浮きしますよね。

    同感です。混み過ぎているのもいやですけど、少しぐらいは賑やかでないとさみしいですね。

    > akikoさんの旅行記でチェックしたコウノトリの卵のチョコレート買いましたよ〜

    アルザスにはコウノトリが欠かせないみたいですね。良かったです!

    コクリコさんの続編また楽しみにしています♪

    akiko
  • ももんがあまんさん 2013/06/19 13:33:53
    アクセサリーの可愛い村
     こんにちは、akikoさん。

     リクヴィルもエギスハイムも、なかなか、カラフルで、良い村ですね、アルザス地方は、どちらかと言えば、フランスよりも、ドイツっぽい地域とは、知っているのですけれど、お洒落な看板は、やっぱり、フランスでしょうか・・・?

     今年は、秋に、アルザスへ行くのですけれど、とても楽しみにしている地域です。

                       by ももんがあまん

    akiko

    akikoさん からの返信 2013/06/19 23:48:32
    RE: アクセサリーの可愛い村
    こんにちは、ももんがあまんさん

    今秋にアルザスに行かれるそうですね。秋のアルザス地方も素敵でしょうね!春は花がきれいですが、秋は紅葉が美しく、また違った魅力もたくさんあることでしょう。

    >アルザス地方は、どちらかと言えば、フランスよりも、ドイツっぽい地域とは、知っているのですけれど、お洒落な看板は、やっぱり、フランスでしょうか・・・?

    もともとお店の看板は、何屋さんか一目でわかるように売っているアイテムを看板にすることが多いと思うのですが、フランスの、特にアルザス地方の看板はHansiの絵の影響があるのかわかりませんが、男の子、女の子をはじめ人物が入った可愛らしい看板が多いような気がします。見ているだけで、頬がゆるむような看板がいっぱいで、何枚看板の写真を撮るの、と自分でも呆れるほどでした。

    ももんがあまんさんが撮るとどんな写真になるのか、ちょっと楽しみです♪
    また自転車で回られるのでしょうか。アルザスワイン街道素敵でしょうね!
    少し先の話ですが、楽しい旅になりますように・・・

    akiko
  • まほうのべるさん 2013/06/19 08:09:38
    懐かしい可愛い街並み!
    おはようございます、akikoさん。
    朝から素敵なリクヴィルの街並みにうっとりしています。
    べるも以前GWに路線バスでアルザス地方をまわったので
    すが、その時の楽しさが蘇ってきました。
    バスでワイン畑の中を走って行くと可愛い街並みが現れそ
    の時の光景が今も焼きついています。
    まさにメルヘンの世界ですね。
    是非また訪れてみたいです。

    byまほうのべる

    akiko

    akikoさん からの返信 2013/06/19 23:07:18
    RE: 懐かしい可愛い街並み!
    こんにちは、べるさん

    メッセージありがとうございます。
    ベルさんもアルザス地方に行かれたのですね。旅行記見せていただきました。路線バスで回られたとのこと、ツアーで回るより手作りの旅という感じで楽しめますよね。

    べるさんの旅行記には私が写真を撮ったところと同じスポットがたくさんあって、2度旅行した気分になりました♪フランスの田舎はどこも雰囲気は異なっていても、甲乙つけがたいほど素敵ですよね。今回の欲張り詰め込み旅でフランスはもういいかなと思っていましたが、実際もっと深入りしそうです(笑)

    akiko


akikoさんのトラベラーページ

マイルに交換できるフォートラベルポイントがたまります。
フォートラベルポイントって?

フランスで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
フランス最安 247円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

フランスの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

PAGE TOP

ピックアップ特集