伊勢神宮旅行記(ブログ) 一覧に戻る
旅の最終日はお伊勢参り。<br />伊勢神宮は、これまであまり興味の無いところだった。<br />しかも、今年は式年遷宮ということで混むのは予想できたのだが、なぜだか急に訪れたくなってしまい、今回寄ってみることにしたのだ。<br />外宮から内宮へと参拝したが、思ったより、荘厳な感じはしなかった。<br />参拝後におはらい町へも立ち寄ってみたが、人が多く、名物の伊勢うどんと赤福餅を食べて退散した。<br /><br />※2021.02.011 再公開(写真の差し替えと文章の書き直し)

南紀湯巡りと伊勢参り【4】~伊勢神宮~

145いいね!

2013/02/03 - 2013/02/03

19位(同エリア2527件中)

旅行記グループ 南紀湯巡りと伊勢参り

4

30

旅猫

旅猫さん

旅の最終日はお伊勢参り。
伊勢神宮は、これまであまり興味の無いところだった。
しかも、今年は式年遷宮ということで混むのは予想できたのだが、なぜだか急に訪れたくなってしまい、今回寄ってみることにしたのだ。
外宮から内宮へと参拝したが、思ったより、荘厳な感じはしなかった。
参拝後におはらい町へも立ち寄ってみたが、人が多く、名物の伊勢うどんと赤福餅を食べて退散した。

※2021.02.011 再公開(写真の差し替えと文章の書き直し)

旅行の満足度
3.5
観光
3.5
グルメ
4.0
ショッピング
4.0
交通
4.0
同行者
一人旅
一人あたり費用
5万円 - 10万円
交通手段
高速・路線バス 新幹線 JRローカル 私鉄 徒歩
旅行の手配内容
個別手配

PR

  • 旅の最終日は、伊勢神宮に参拝。<br />夜が明ける前に起きて、宿を後にした。<br />駅のホームに出ると、ようやく空が白み始めた。

    旅の最終日は、伊勢神宮に参拝。
    夜が明ける前に起きて、宿を後にした。
    駅のホームに出ると、ようやく空が白み始めた。

  • 7時2発の列車に乗ろうと待っていたが、時間になっても列車が来ない。<br />案内表示を見ると、7時19分と表示されている。<br />駅員さんに「7時2分発の伊勢市行は?」と尋ねると、その時刻に列車は無いとの答えが返って来た。<br />間抜けなことに、多気駅の時刻を松阪駅の時刻だと思い込んでいたのだ。

    7時2発の列車に乗ろうと待っていたが、時間になっても列車が来ない。
    案内表示を見ると、7時19分と表示されている。
    駅員さんに「7時2分発の伊勢市行は?」と尋ねると、その時刻に列車は無いとの答えが返って来た。
    間抜けなことに、多気駅の時刻を松阪駅の時刻だと思い込んでいたのだ。

  • おかげで、予定より17分遅れて出発し、伊勢市駅には、結局42分遅れて到着した。<br />とりあえず、帰りに乗る近鉄の宇治山田駅まで歩き、コインロッカーに荷物を預けてから伊勢神宮の外宮へ向かうことにした。<br />途中で見かけたご当地マンホールには、おかげまいりが描かれていた。

    おかげで、予定より17分遅れて出発し、伊勢市駅には、結局42分遅れて到着した。
    とりあえず、帰りに乗る近鉄の宇治山田駅まで歩き、コインロッカーに荷物を預けてから伊勢神宮の外宮へ向かうことにした。
    途中で見かけたご当地マンホールには、おかげまいりが描かれていた。

  • 宇治山田駅から歩いて10分ほどで外宮に着いた。<br />思ったよりも空いていたので、少し意外である。<br />まずは、表参道に架かる火除橋を渡って境内へと入る。

    宇治山田駅から歩いて10分ほどで外宮に着いた。
    思ったよりも空いていたので、少し意外である。
    まずは、表参道に架かる火除橋を渡って境内へと入る。

    伊勢神宮外宮(豊受大神宮) 寺・神社

  • 日除橋を渡り鳥居を潜ると、緩やかに曲がった参道が続いている。<br />砂利の敷き詰められた参道は、人影も疎らで静かだった。

    日除橋を渡り鳥居を潜ると、緩やかに曲がった参道が続いている。
    砂利の敷き詰められた参道は、人影も疎らで静かだった。

  • 授与所を過ぎると、正宮が見えてきた。<br />参拝する人も少なく、式年遷宮の年の一月とは思えない。<br />ただ、思ったより荘厳さは無く、普通の神社と変わらない空気感だ。<br />弥彦神社や霧島神宮のほうが、凛とした空気を感じられた。

    授与所を過ぎると、正宮が見えてきた。
    参拝する人も少なく、式年遷宮の年の一月とは思えない。
    ただ、思ったより荘厳さは無く、普通の神社と変わらない空気感だ。
    弥彦神社や霧島神宮のほうが、凛とした空気を感じられた。

  • 正宮と池を挟んで向かいには別宮が鎮座している。<br />まず参拝したのは、風宮。<br />元寇の際、神風により日本を守ったという風の神を祀る社だそうだ。

    正宮と池を挟んで向かいには別宮が鎮座している。
    まず参拝したのは、風宮。
    元寇の際、神風により日本を守ったという風の神を祀る社だそうだ。

    外宮 風宮 寺・神社

  • 風宮の西側に鎮座している土宮にも参拝。<br />外宮のある山田原の鎮守であった神を、地主神として祀ったそうだ。

    風宮の西側に鎮座している土宮にも参拝。
    外宮のある山田原の鎮守であった神を、地主神として祀ったそうだ。

    外宮 土宮 寺・神社

  • 土宮の向かいに続く長い石段を登って行く。<br />その先の高台には、別宮多賀宮が鎮座している。<br />冬の淡い日差しが石段を照らしていた。

    土宮の向かいに続く長い石段を登って行く。
    その先の高台には、別宮多賀宮が鎮座している。
    冬の淡い日差しが石段を照らしていた。

  • 別宮多賀宮は、外宮の祭神、豊受大神(天照大御神の食事を司る神)の荒御魂を祀っている社で、小高い丘の上にあるため、高宮とも呼ばれていたそうだ。<br />ここまで来ると、さらに参拝客の姿は少なかった。

    別宮多賀宮は、外宮の祭神、豊受大神(天照大御神の食事を司る神)の荒御魂を祀っている社で、小高い丘の上にあるため、高宮とも呼ばれていたそうだ。
    ここまで来ると、さらに参拝客の姿は少なかった。

    多賀宮 寺・神社

  • 外宮の参拝を終え、北御門口から外へ出ることにする。<br />北御門口鳥居の外側には、神馬を繋ぐ御厩があったが、馬はいなかった。<br />実際に馬が繋がれているのを見たのは、日光東照宮だけである。

    外宮の参拝を終え、北御門口から外へ出ることにする。
    北御門口鳥居の外側には、神馬を繋ぐ御厩があったが、馬はいなかった。
    実際に馬が繋がれているのを見たのは、日光東照宮だけである。

  • 外宮の前にあるバス停から、内宮行のバスに乗車する。<br />バス停には、何台ものバスが停まっていた。<br />それだけ人が来ると言うことだ。<br />そして、バスは15分ほどで内宮に到着した。

    外宮の前にあるバス停から、内宮行のバスに乗車する。
    バス停には、何台ものバスが停まっていた。
    それだけ人が来ると言うことだ。
    そして、バスは15分ほどで内宮に到着した。

  • バスを降りて内宮へと歩いて行くと、駐車場には多くの観光バスが停まっていて、外宮とは比べ物にならないほどの参拝客で賑わっていた。<br />外宮に参拝せず、内宮だけで済ます人も多いのだろう。

    バスを降りて内宮へと歩いて行くと、駐車場には多くの観光バスが停まっていて、外宮とは比べ物にならないほどの参拝客で賑わっていた。
    外宮に参拝せず、内宮だけで済ます人も多いのだろう。

    伊勢神宮内宮(皇大神宮) 寺・神社

  • 五十鈴川を宇治橋で渡り境内へと入る。<br />川は思ったよりも広く、こちらも、あまり神聖な感じはしない。<br />以前訪れた恐山の方が、強い気のようなものを感じた。<br />街中にいるような喧騒が聴こえるのがいけないのかもしれない。

    五十鈴川を宇治橋で渡り境内へと入る。
    川は思ったよりも広く、こちらも、あまり神聖な感じはしない。
    以前訪れた恐山の方が、強い気のようなものを感じた。
    街中にいるような喧騒が聴こえるのがいけないのかもしれない。

  • 宇治橋を渡り、神苑の中を歩いて行く。<br />すると、参集殿近くの林の中に鶏がいた。<br />神鶏である。<br />餌が良いのか、丸々と太っていた。

    宇治橋を渡り、神苑の中を歩いて行く。
    すると、参集殿近くの林の中に鶏がいた。
    神鶏である。
    餌が良いのか、丸々と太っていた。

  • さらに歩いて行くと、御手洗場に出た。<br />禊を行う場で、今は手を川に浸し、心身を清める。

    さらに歩いて行くと、御手洗場に出た。
    禊を行う場で、今は手を川に浸し、心身を清める。

  • 御手洗場から、参道は西へと向きを変える。<br />授与所を過ぎ、さらに進むと正宮の前に御贄調舎(みにえちょうしゃ)が建っていた。<br />祭礼の時にお供えをする鮑を調理する儀式を行う場所だそうだ。

    御手洗場から、参道は西へと向きを変える。
    授与所を過ぎ、さらに進むと正宮の前に御贄調舎(みにえちょうしゃ)が建っていた。
    祭礼の時にお供えをする鮑を調理する儀式を行う場所だそうだ。

  • そして、正宮に参拝。<br />しかし、渋滞していて、なかなか石段を登れない。<br />多くの人が真ん中で参拝をしようとするので、どうしても渋滞してしまうのだが、正月三が日などは、どうなってしまうのか心配してしまう。

    そして、正宮に参拝。
    しかし、渋滞していて、なかなか石段を登れない。
    多くの人が真ん中で参拝をしようとするので、どうしても渋滞してしまうのだが、正月三が日などは、どうなってしまうのか心配してしまう。

  • 別宮荒祭宮へと向かう道沿いに、大きな杉の木があった。<br />境内にある大きな杉は『神宮杉』と呼ばれるそうだが、この杉は、その中でも最大級のものらしい。<br />人と比べると、その大きさがよく分かる。<br />畏敬の念すら覚える杉だったので、触らせていただいた。

    別宮荒祭宮へと向かう道沿いに、大きな杉の木があった。
    境内にある大きな杉は『神宮杉』と呼ばれるそうだが、この杉は、その中でも最大級のものらしい。
    人と比べると、その大きさがよく分かる。
    畏敬の念すら覚える杉だったので、触らせていただいた。

  • 石段の上にある別宮荒祭宮に参拝。<br />その社は、天照大御神の荒御魂を祀っている。<br />正宮よりも参拝者が多い感じがした。

    石段の上にある別宮荒祭宮に参拝。
    その社は、天照大御神の荒御魂を祀っている。
    正宮よりも参拝者が多い感じがした。

    内宮 荒祭宮 寺・神社

  • 授与所まで戻り、そこから別宮風日祈宮へと向かう。<br />島路川を風日祈宮橋で渡ると、その先に社があった。<br />外宮の風宮と同じく、風の神を祀った社だそうだ。<br />内宮の境内から離れているせいか、そこは雰囲気が良かった。

    授与所まで戻り、そこから別宮風日祈宮へと向かう。
    島路川を風日祈宮橋で渡ると、その先に社があった。
    外宮の風宮と同じく、風の神を祀った社だそうだ。
    内宮の境内から離れているせいか、そこは雰囲気が良かった。

    風日祈宮 寺・神社

  • 社殿は、千木と6本の鰹木を持つ神明造。<br />大社造、住吉造と並ぶ、日本最古の神社建築様式だそうだ。<br />質素だが、美しい建築である。

    社殿は、千木と6本の鰹木を持つ神明造。
    大社造、住吉造と並ぶ、日本最古の神社建築様式だそうだ。
    質素だが、美しい建築である。

  • 伊勢神宮では、社の隣に同じ規模の空地が必ずある。<br />式年遷宮の際には、今の社が解体され、その空地に全く同じ社が建てられるのである。

    伊勢神宮では、社の隣に同じ規模の空地が必ずある。
    式年遷宮の際には、今の社が解体され、その空地に全く同じ社が建てられるのである。

  • 内宮の参拝を終え、おはらい町へと向かう。<br />そこは、伊勢参宮街道の両脇に、妻入りの木造建築が建ち並ぶ街なのだが、渋谷の繁華街のような人出で、真っ直ぐ歩くのもままない。

    内宮の参拝を終え、おはらい町へと向かう。
    そこは、伊勢参宮街道の両脇に、妻入りの木造建築が建ち並ぶ街なのだが、渋谷の繁華街のような人出で、真っ直ぐ歩くのもままない。

    おはらい町 名所・史跡

  • 仕方が無いので、入口近くの店で、とりあえず名物の伊勢うどん(500円)をいただくことにした。<br />そのうどんは、もちっとした食感のぶっかけうどんのようなもので、なかなか美味しかった。

    仕方が無いので、入口近くの店で、とりあえず名物の伊勢うどん(500円)をいただくことにした。
    そのうどんは、もちっとした食感のぶっかけうどんのようなもので、なかなか美味しかった。

  • 散策は諦め、すぐ近くにあった赤福内宮前支店で、今度は名物の赤福を食べることにした。<br />店頭で食べることのできる『盆』(280円)を注文。<br />赤福3個にほうじ茶が付いていた。<br />こちらも、なかなかの味わいで満足だった。

    散策は諦め、すぐ近くにあった赤福内宮前支店で、今度は名物の赤福を食べることにした。
    店頭で食べることのできる『盆』(280円)を注文。
    赤福3個にほうじ茶が付いていた。
    こちらも、なかなかの味わいで満足だった。

  • さらに、松阪牛串(650円)が目に留まり、つい購入。<br />これはこれで悪くは無かった。<br />ゆっくり歩いてみたいところだが、混み合っているので、おかげ横丁は諦めて退散することにする。<br />そして、12時20分発のバスに乗り、宇治山田駅へと戻った。

    さらに、松阪牛串(650円)が目に留まり、つい購入。
    これはこれで悪くは無かった。
    ゆっくり歩いてみたいところだが、混み合っているので、おかげ横丁は諦めて退散することにする。
    そして、12時20分発のバスに乗り、宇治山田駅へと戻った。

  • 15分ほどで宇治山田駅へ到着。<br />その駅舎は、昭和6年(1931)開業当時の建物で、東武鉄道の浅草駅を設計した久野節によるものだそうだが、外観だけでなく、内部も凝った意匠が施してあり、今では考えられないくらい豪華なものだった。<br />国の登録文化財にも指定されている名建築である。

    15分ほどで宇治山田駅へ到着。
    その駅舎は、昭和6年(1931)開業当時の建物で、東武鉄道の浅草駅を設計した久野節によるものだそうだが、外観だけでなく、内部も凝った意匠が施してあり、今では考えられないくらい豪華なものだった。
    国の登録文化財にも指定されている名建築である。

    宇治山田駅

  • 宇治山田駅からは、13時14分発の近鉄名古屋行特急『伊勢志摩ライナー』のデラックスカーに乗り、一路名古屋へと向かう。<br />快適な乗り心地で、途中、かなり寝てしまった。<br />そして、近鉄名古屋駅には、14時37分に到着した。

    宇治山田駅からは、13時14分発の近鉄名古屋行特急『伊勢志摩ライナー』のデラックスカーに乗り、一路名古屋へと向かう。
    快適な乗り心地で、途中、かなり寝てしまった。
    そして、近鉄名古屋駅には、14時37分に到着した。

  • 名古屋駅でひと休みして、今回の旅の最後を飾る、15時24分発の『ひかり524号』に乗車。<br />途中の富士川鉄橋の辺りからは、雲に隠れた富士山の頂だけが見えた。<br />そして、終着の東京駅には17時10分に到着。<br />今年の初旅も無事終了である。<br />初めての南紀と伊勢は、足早だったが、なかなか良いところだった。<br />次は、熊野路を歩いてみたいものである。

    名古屋駅でひと休みして、今回の旅の最後を飾る、15時24分発の『ひかり524号』に乗車。
    途中の富士川鉄橋の辺りからは、雲に隠れた富士山の頂だけが見えた。
    そして、終着の東京駅には17時10分に到着。
    今年の初旅も無事終了である。
    初めての南紀と伊勢は、足早だったが、なかなか良いところだった。
    次は、熊野路を歩いてみたいものである。

145いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

この旅行記へのコメント (4)

開く

閉じる

  • 讃岐おばさんさん 2021/02/15 11:23:56
    外宮!
    2013年8月に、伊勢神宮外宮のお白石持ち行事に地元の八幡宮から参加しました。
    懐かしく拝見しました。
    コロナが終息したら行ってみたいです。

    旅猫

    旅猫さん からの返信 2021/02/16 08:24:37
    Re: 外宮!
    讃岐おばさんさん、こんにちは。

    書き込みありがとうございます。
    お白石持ち行事と言うのがあるのですね。
    コロナのせいで、伊勢神宮も少し空いているようです。
    徐々に感性も減ってきているので、このまま終息して欲しいですね。

    旅猫
  • たらよろさん 2013/03/25 19:46:11
    おはらい町は本当にすごい人ですよね。。。
    こんばんは、旅猫さん。

    赤福美味しそう♪
    やっぱり、作りたてのお餅は土産物で買う赤福よりも、柔らかくて美味しいよね♪
    大好きだから、こうして画面を通じて見てても、今すぐ食べたくなるわ。

    おはらい町は本当にすごい人で、
    もう少し人が少なかったら、、、っていつ行っても思いますが、
    町おこしとしては大成功の街並みなんでしょうね〜


    たらよろ

    旅猫

    旅猫さん からの返信 2013/03/26 21:26:56
    RE: おはらい町は本当にすごい人ですよね。。。
    たらよろさん、こんばんは。
    いつもありがとうございます。

    赤福、美味しかったです。
    実は初めて食べたのですが、こんなに普通に美味しいとは思っていませんでした。
    祭祀に作りたてを食べたのが良かったかも。

    おはらい町は、もう少しゆっくり歩いてみたかった。
    おかげ横丁にも寄れなかったので、いつかもう一度訪れようと思います
    次回は、平日ですね。

    旅猫

旅猫さんのトラベラーページ

この旅行で行ったスポット

旅の計画・記録

マイルに交換できるフォートラベルポイントが貯まる
フォートラベルポイントって?

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

伊勢神宮の人気ホテルランキング

PAGE TOP

ピックアップ特集