直島・豊島・小豊島旅行記(ブログ) 一覧に戻る
瀬戸内海の島々に点在する美術館と家プロジェクト及びアートプロジェクト巡り 一泊二日の旅に出かけました。<br />一日目<br />宇野港から直島に渡り、安藤忠雄 設計の 地中美術館 をめぐった後、本村地区の 家プロジェクト を見学して回りました。<br />その日は小豆島のホテルで一泊しました。<br />二日目<br />小豆島から豊島(てしま)に渡り、豊島美術館 を訪れました。今は休耕田となっている棚田の一角にユニークなドーム姿の建物が目を引きます。この 豊島美術館 を見学した後 犬島 に渡ります。犬島で アートプロジェクト「精錬所」 を見て回り、最後の目的地 家プロジェクト を見て回りました。<br />建物が一つの芸術作品である美術館とその展示作品、どれもユニークで印象に残るものばかりでした。<br />家プロジェクト、アートプロジェクト の作品も発想の斬新さ、面白さに驚いたり感心したりと楽しい二日間の旅でした。<br />旅行記 その3 は直島で実施されている 既存の建屋を利用した 家プロジェクト の巻 です。

貸切クルーズで行く 瀬戸内アートめぐり 2日間  その3 直島家プロジェクト

12いいね!

2011/04/22 - 2011/04/23

261位(同エリア941件中)

2

32

五黄の寅

五黄の寅さん

瀬戸内海の島々に点在する美術館と家プロジェクト及びアートプロジェクト巡り 一泊二日の旅に出かけました。
一日目
宇野港から直島に渡り、安藤忠雄 設計の 地中美術館 をめぐった後、本村地区の 家プロジェクト を見学して回りました。
その日は小豆島のホテルで一泊しました。
二日目
小豆島から豊島(てしま)に渡り、豊島美術館 を訪れました。今は休耕田となっている棚田の一角にユニークなドーム姿の建物が目を引きます。この 豊島美術館 を見学した後 犬島 に渡ります。犬島で アートプロジェクト「精錬所」 を見て回り、最後の目的地 家プロジェクト を見て回りました。
建物が一つの芸術作品である美術館とその展示作品、どれもユニークで印象に残るものばかりでした。
家プロジェクト、アートプロジェクト の作品も発想の斬新さ、面白さに驚いたり感心したりと楽しい二日間の旅でした。
旅行記 その3 は直島で実施されている 既存の建屋を利用した 家プロジェクト の巻 です。

同行者
カップル・夫婦
交通手段
高速・路線バス 新幹線 JRローカル 徒歩

PR

  • 鑑賞チケット です。地図の上が本村(ほんむら)港で本村地区全体がプロジェクト会場になっています。

    鑑賞チケット です。地図の上が本村(ほんむら)港で本村地区全体がプロジェクト会場になっています。

  • チケットの裏面に プロジェクトの写真と説明が記載されています。6ヶ所の内時間の関係で3ヶ所を巡りました。<br />左の中 南寺、右の上下 石橋 と はいしゃ の3ヶ所です。

    チケットの裏面に プロジェクトの写真と説明が記載されています。6ヶ所の内時間の関係で3ヶ所を巡りました。
    左の中 南寺、右の上下 石橋 と はいしゃ の3ヶ所です。

  • バスで地中美術館から本村地区に向う途中で黄色いかぼちゃのオブジェを見かけました。4トラの旅行記で見た記憶があり記念に撮影。<br />突堤にぽつんと置かれている かぼちゃ 、大海原の中に存在感が有ります。<br />

    バスで地中美術館から本村地区に向う途中で黄色いかぼちゃのオブジェを見かけました。4トラの旅行記で見た記憶があり記念に撮影。
    突堤にぽつんと置かれている かぼちゃ 、大海原の中に存在感が有ります。

  • 違った角度から見ると、趣も違いますね。

    違った角度から見ると、趣も違いますね。

  • バスを降りていよいよ散策に出かけます。雨も小降りになってきました。<br />こちらの 本村ラウンジ&アーカイブ でチケットを購入します。共通券¥1,000 各家は¥400で見学できます。<br />なおチケット代は今回のツアーには含まれています。

    バスを降りていよいよ散策に出かけます。雨も小降りになってきました。
    こちらの 本村ラウンジ&アーカイブ でチケットを購入します。共通券¥1,000 各家は¥400で見学できます。
    なおチケット代は今回のツアーには含まれています。

  • まず人気NO1の南寺 に向かいます。こんな感じの路地を通ります。瀬戸内生まれの小生にとって郷愁を感じる風景です。

    まず人気NO1の南寺 に向かいます。こんな感じの路地を通ります。瀬戸内生まれの小生にとって郷愁を感じる風景です。

  • 途中に在る 極楽寺 の前を通って進みます。

    途中に在る 極楽寺 の前を通って進みます。

  • 極楽寺の正面。時間が有れば寄りたい所です。

    極楽寺の正面。時間が有れば寄りたい所です。

  • 鳥居をくぐって進むと 八幡神社 に行き着きますが、こちらも前を素通りします。

    鳥居をくぐって進むと 八幡神社 に行き着きますが、こちらも前を素通りします。

  • 目指す 南寺 にやって来ました。ジェームズ・タレルの作品が見れます。建築設計は安藤忠雄、そう 地中美術館の組み合わせがここにも有りました。期待できます。ジェームズ・タレルは光の作家です。どんな作品が見られるのでしょうか。<br />興味津々です。

    目指す 南寺 にやって来ました。ジェームズ・タレルの作品が見れます。建築設計は安藤忠雄、そう 地中美術館の組み合わせがここにも有りました。期待できます。ジェームズ・タレルは光の作家です。どんな作品が見られるのでしょうか。
    興味津々です。

  • 作品名 バックサイド・オブ・ザ・ムーン 1999年

    作品名 バックサイド・オブ・ザ・ムーン 1999年

  • 先ほどの所から左手に回りこんだ先が入口です。何人かの人が並んでいますが、そんなに待たずに入れるようです。<br />光と闇の体験型の作品で非常に印象深いものでした。是非現地に出かけて体験して下さい。<br />http://www.benesse-artsite.jp/arthouse/minamidera.html

    先ほどの所から左手に回りこんだ先が入口です。何人かの人が並んでいますが、そんなに待たずに入れるようです。
    光と闇の体験型の作品で非常に印象深いものでした。是非現地に出かけて体験して下さい。
    http://www.benesse-artsite.jp/arthouse/minamidera.html

  • 次の目的地 はいしゃ に向かいます。途中面白い屋根の建物を見掛けました。後で判ったのですが直島町役場の建物でした。

    次の目的地 はいしゃ に向かいます。途中面白い屋根の建物を見掛けました。後で判ったのですが直島町役場の建物でした。

  • これが はいしゃ です。既存の建物は歯医者さんだったそうですが、これは......

    これが はいしゃ です。既存の建物は歯医者さんだったそうですが、これは......

  • 入口手前の手摺の付いた階段が狭くて急なので、危ないねー と年配の方が仰っていました。<br />芸術とはなんぞや ですね。

    入口手前の手摺の付いた階段が狭くて急なので、危ないねー と年配の方が仰っていました。
    芸術とはなんぞや ですね。

  • 入口の様子です。ガラスで囲われた空間が設けられています。

    入口の様子です。ガラスで囲われた空間が設けられています。

  • もう一度外観を見て下さい。コンセプトなど知りたい方はこちらを見て下さい。<br />http://www.benesse-artsite.jp/arthouse/haisha.html

    もう一度外観を見て下さい。コンセプトなど知りたい方はこちらを見て下さい。
    http://www.benesse-artsite.jp/arthouse/haisha.html

  • こちらが直島町役場です。ここを通り過ぎて、いっちょ場(休憩スペース)の角を左折して石橋に向かいます。

    こちらが直島町役場です。ここを通り過ぎて、いっちょ場(休憩スペース)の角を左折して石橋に向かいます。

  • いっちょ場の様子。小川の辺のこじんまりとしたスペースに屋根付きの縁台が設置されてます。<br />横の壁に休憩スペースの表示と思われる絵が描かれてました。

    いっちょ場の様子。小川の辺のこじんまりとしたスペースに屋根付きの縁台が設置されてます。
    横の壁に休憩スペースの表示と思われる絵が描かれてました。

  • いっちょ場の横の風情のあるお宅とその前の風情のある道。前方(この先に石橋があります)から来られたご夫婦の方もここが気に入られて撮影されていましたので、ちょいと声を掛けて石橋の様子をお聞きしました。<br />記念にお互いに写真を撮りました。

    いっちょ場の横の風情のあるお宅とその前の風情のある道。前方(この先に石橋があります)から来られたご夫婦の方もここが気に入られて撮影されていましたので、ちょいと声を掛けて石橋の様子をお聞きしました。
    記念にお互いに写真を撮りました。

  • 撮って頂いた写真。<br />なお、石橋は撮影禁止のため写真が有りません。<br />http://www.benesse-artsite.jp/arthouse/ishibashi.html<br />にてご覧下さい。<br />画家の 千住 博氏 の作品が展示されています。

    撮って頂いた写真。
    なお、石橋は撮影禁止のため写真が有りません。
    http://www.benesse-artsite.jp/arthouse/ishibashi.html
    にてご覧下さい。
    画家の 千住 博氏 の作品が展示されています。

  • こんな表示を見掛けました。時間がなく立ち寄れませんでしたのでネットでチェック、以下のHPをご覧下さい。<br />ほのぼのとしたお店を開いていらっしゃるご夫妻のページが見れます。<br />http://www.spork.jp/2009/12/post-113.php

    こんな表示を見掛けました。時間がなく立ち寄れませんでしたのでネットでチェック、以下のHPをご覧下さい。
    ほのぼのとしたお店を開いていらっしゃるご夫妻のページが見れます。
    http://www.spork.jp/2009/12/post-113.php

  • 一巡りして港に戻って来ました。今夜の宿小豆島に向う船が待っていますのでそちらに向かいます。

    一巡りして港に戻って来ました。今夜の宿小豆島に向う船が待っていますのでそちらに向かいます。

  • 途中で見かけたカフェ。konichiwa ふーむ、少々なまっているのか方言なのか。

    途中で見かけたカフェ。konichiwa ふーむ、少々なまっているのか方言なのか。

  • 我らが からとこ2002 が待ってくれてます。そう言えばこの船の船長さんは元阪神タイガースのどなたかの<br />弟さんだと、船長の奥さん(この船のガイドさん)が紹介していました。

    我らが からとこ2002 が待ってくれてます。そう言えばこの船の船長さんは元阪神タイガースのどなたかの
    弟さんだと、船長の奥さん(この船のガイドさん)が紹介していました。

  • 只今午後3時5分、15分には出港です。

    只今午後3時5分、15分には出港です。

  • 船に乗り込みます。

    船に乗り込みます。

  • 本村港出航、直島ともお別れです。小豆島に向って出発進行。

    本村港出航、直島ともお別れです。小豆島に向って出発進行。

  • 小豆島の港に入ってきました。マルキン醤油の看板が見えます。老舗の醤油屋でしょうか。

    小豆島の港に入ってきました。マルキン醤油の看板が見えます。老舗の醤油屋でしょうか。

  • 港のターミナルが見えて来ました。小豆島にもうすぐ接岸上陸です。

    港のターミナルが見えて来ました。小豆島にもうすぐ接岸上陸です。

  • 歓迎の看板がぼやけてます。

    歓迎の看板がぼやけてます。

  • ターミナルに到着しました。これからホテルのバスで今夜の宿泊先 ベイリゾートホテル小豆島 に入ります。<br />旅行記 その4 ベイリゾートホテル小豆島 に続きます。

    ターミナルに到着しました。これからホテルのバスで今夜の宿泊先 ベイリゾートホテル小豆島 に入ります。
    旅行記 その4 ベイリゾートホテル小豆島 に続きます。

この旅行記のタグ

12いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

この旅行記へのコメント (2)

開く

閉じる

  • まりりんさん 2011/06/25 18:34:56
    アートめぐり
    こんばんは、sighnさん

    4月半ばだと歩いて回るのにちょうど良い季節ですね。
    私は倒れそうな昨年8月に行ってきました。

    アートは理解するのも難しいねぇなんていいながら
    暑さで頭がもうろうとして記憶も定かではありません(^^;

    次は小豆島!
    私も小豆島船に乗って一度行ってみたいなと思っています。
    幼い頃両親に連れられて行ったことあるそうですが記憶にございません

    まりりん

    五黄の寅

    五黄の寅さん からの返信 2011/06/25 22:03:13
    RE: アートめぐり
    まりりん 様

    今晩は。

    訪問、コメント感謝です。励みになります。(^_^)

    雨模様の天気でしたが、過ごし易い季節で楽しく散策できました。
    まりりんさんも出掛けられたのですか。真夏の8月ですと散策するのは相当きつかったでしょうね。昨年の猛暑では熱射病で倒れた方が沢山いらっしゃったと記憶して居ます。

    小豆島は二回目の訪問ですが、今回は宿泊のために立ち寄っただけでした。
    最初の訪問は二十数年前、寒霞渓、岬の分教場などを見て周り自然の絶景に感動し、映画の撮影セットに感激したのを覚えています。
    オリーブの産地であり、美容と健康のために是非訪れて見ては如何でしょうか。幼い頃の記憶が甦る事も有るかもしれませんね。(^_^)

                                 sighn 拝

五黄の寅さんのトラベラーページ

マイルに交換できるフォートラベルポイントがたまります。
フォートラベルポイントって?

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

直島・豊島・小豊島の人気ホテルランキング

PAGE TOP

ピックアップ特集