長崎市 旅行記(ブログ) 一覧に戻る
2004ハウステンボス・長崎の旅  2004.5.28~5.31<br /><br />この旅行記は2004年5月末に計画した西安・北京の旅が新型風邪サーズの流行で急遽取り止めとなり、その代わりとして同じ3泊4日の日程で行ったハウステンボス・長崎の旅行のものです。<br />私の旅行ブログは今まで海外旅行のものばかりでしたので、海外偏重主義でないところを紹介しようと思い編集しました。今後も京都、金沢、都内や自宅近郊の小さな旅などを季節に沿って公開します。<br /><br />長崎は1968年に、今で言う卒業旅行で行って以来実に36年ぶりの旅行でした。長崎の街は歴史が長く、長崎湾を中心にすり鉢状に発達した地形的特徴があるためか、街並みが昔と大きく変わった印象はありませんでした。グラバー園(グラバー邸などの西洋館がある公園)、大浦天主堂や浦上天主堂周辺を見て歩きましたが懐かしい景色にいくつも出会うことができました。<br /><br />今年になって開設したホームページ「旅行写真展示室」に載せるために、九州一周の卒業旅行の写真のネガをデジタル・データ化しましたので、今回の旅行先の長崎と佐世保のモノクロ写真を掲載することにしました。<br />同年代の方には興味を持っていただけると思います。感想等あればぜひお寄せください。<br />昔のネガを保管した缶から取り出すと、フィルムを現像した時の酢酸の匂いが残っており、タイムカプセルを開けたような懐かしさがありました。<br /><br />ハウステンボス・長崎の旅 2004①ハウステンボス<br />http://4travel.jp/traveler/810766/album/10472845/ <br /><br />撮影 Nikon Coolpix 5400 サイズ1600×1200(50%resize)<br />   CANON FT 50/1.4 FUJI FILM ASA100(卒業旅行)<br /><br />編集・公開 2010.6.24<br /><br />&lt;a href=&quot;http://blog.with2.net/link.php?1581210&quot;&gt;人気ブログランキングへ&lt;/a&gt;<br />

ハウステンボス・長崎の旅 2004②長崎の今と昔(白黒写真)Huis Ten Bosch/Nagasaki

16いいね!

2004/05/28 - 2004/05/31

597位(同エリア2399件中)

    51

    2004ハウステンボス・長崎の旅  2004.5.28~5.31

    この旅行記は2004年5月末に計画した西安・北京の旅が新型風邪サーズの流行で急遽取り止めとなり、その代わりとして同じ3泊4日の日程で行ったハウステンボス・長崎の旅行のものです。
    私の旅行ブログは今まで海外旅行のものばかりでしたので、海外偏重主義でないところを紹介しようと思い編集しました。今後も京都、金沢、都内や自宅近郊の小さな旅などを季節に沿って公開します。

    長崎は1968年に、今で言う卒業旅行で行って以来実に36年ぶりの旅行でした。長崎の街は歴史が長く、長崎湾を中心にすり鉢状に発達した地形的特徴があるためか、街並みが昔と大きく変わった印象はありませんでした。グラバー園(グラバー邸などの西洋館がある公園)、大浦天主堂や浦上天主堂周辺を見て歩きましたが懐かしい景色にいくつも出会うことができました。

    今年になって開設したホームページ「旅行写真展示室」に載せるために、九州一周の卒業旅行の写真のネガをデジタル・データ化しましたので、今回の旅行先の長崎と佐世保のモノクロ写真を掲載することにしました。
    同年代の方には興味を持っていただけると思います。感想等あればぜひお寄せください。
    昔のネガを保管した缶から取り出すと、フィルムを現像した時の酢酸の匂いが残っており、タイムカプセルを開けたような懐かしさがありました。

    ハウステンボス・長崎の旅 2004①ハウステンボス
    http://4travel.jp/traveler/810766/album/10472845/

    撮影 Nikon Coolpix 5400 サイズ1600×1200(50%resize)
       CANON FT 50/1.4 FUJI FILM ASA100(卒業旅行)

    編集・公開 2010.6.24

    <a href="http://blog.with2.net/link.php?1581210">人気ブログランキングへ</a>

    同行者
    家族旅行
    一人あたり費用
    5万円 - 10万円
    交通手段
    観光バス ANAグループ

    PR

    • 5月30日<br /><br />長崎の平和記念公園の平和祈念像  ものすごく蒸し暑い日でした。

      5月30日

      長崎の平和記念公園の平和祈念像  ものすごく蒸し暑い日でした。

    • 平和祈念像の視線の先にある噴水は「水を」と言って死んだ人の冥福を祈る「平和の泉」にある。

      平和祈念像の視線の先にある噴水は「水を」と言って死んだ人の冥福を祈る「平和の泉」にある。

    • 折鶴の塔に納められた千羽鶴の数々

      折鶴の塔に納められた千羽鶴の数々

    • 長崎市の中島川に架かる眼鏡橋<br />日本初の石造りアーチ橋といわれている

      長崎市の中島川に架かる眼鏡橋
      日本初の石造りアーチ橋といわれている

    • 川辺に咲き誇る美容柳ビヨウヤナギ(美央柳ミオヤナギ)<br />この近くのべっ甲専門店でおみやげを買いました。

      川辺に咲き誇る美容柳ビヨウヤナギ(美央柳ミオヤナギ)
      この近くのべっ甲専門店でおみやげを買いました。

    • グラバー園から見た長崎湾の最奥部  対岸の電波塔があるのは稲佐山で、その高さは東京タワーと同じ333m。

      グラバー園から見た長崎湾の最奥部  対岸の電波塔があるのは稲佐山で、その高さは東京タワーと同じ333m。

    • グラバー園から見た対岸の造船所 多数のクレーンが林立しています

      グラバー園から見た対岸の造船所 多数のクレーンが林立しています

    • グラバー邸のサロン

      グラバー邸のサロン

    • グラバー邸のダイニング・ルーム

      グラバー邸のダイニング・ルーム

    • グラバー邸散策  その1

      グラバー邸散策 その1

    • グラバー邸散策 その2  ちょっと一休みです

      グラバー邸散策 その2  ちょっと一休みです

    • グラバー邸散策 その3  赤いペチュニアとブルー・サルビア

      グラバー邸散策 その3  赤いペチュニアとブルー・サルビア

    • グラバー邸散策 その4 紫陽花も色づき始めました

      グラバー邸散策 その4 紫陽花も色づき始めました

    • グラバー邸散策 その5  ここから長崎湾が一望できます

      グラバー邸散策 その5  ここから長崎湾が一望できます

    • 長崎湾と稲佐山(霞んでいますが電波塔がある一番高い山)<br />湾内が狭いため、昔、巨大タンカーの進水式で、船台から滑り降りた船が対岸にぶつからないための苦心の物語を映画で見たことがあります。<br /><br />岩波映画「巨船ネス・サブリン」1961年制作 42分<br />昭和30年代、日本の造船界は原油輸送のための大型タンカーブームが始まった。造船と経済成長の始まりを象徴する建造記録の代表作。三菱造船・長崎造船所で建造された巨大タンカー「ネス・サブリン号」は、8万7000トン、長さ254m、幅37mという、まこと巨船の名にふさわしいもの。この巨大船の設計から進水、処女航海にいたるまでのプロセスを、技術陣や現場作業員の労苦と愛情を織りまぜながら克明に描いてゆく。<br />注:この映画のDVDは現在購入可能です。<br />http://www.amazon.co.jp/%E9%87%8D%E5%8E%9A%E9%95%B7%E5%A4%A7%E3%83%BB%E6%98%AD%E5%92%8C%E3%81%AE%E3%83%93%E3%83%83%E3%82%B0%E3%83%97%E3%83%AD%E3%82%B8%E3%82%A7%E3%82%AF%E3%83%88%E3%82%B7%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%BA-%E5%B7%A8%E8%88%B9-%E3%83%8D%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%82%B5%E3%83%96%E3%83%AA%E3%83%B3-DVD-%E3%83%89%E3%82%AD%E3%83%A5%E3%83%A1%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%AA%E3%83%BC/dp/B000THOY6K

      長崎湾と稲佐山(霞んでいますが電波塔がある一番高い山)
      湾内が狭いため、昔、巨大タンカーの進水式で、船台から滑り降りた船が対岸にぶつからないための苦心の物語を映画で見たことがあります。

      岩波映画「巨船ネス・サブリン」1961年制作 42分
      昭和30年代、日本の造船界は原油輸送のための大型タンカーブームが始まった。造船と経済成長の始まりを象徴する建造記録の代表作。三菱造船・長崎造船所で建造された巨大タンカー「ネス・サブリン号」は、8万7000トン、長さ254m、幅37mという、まこと巨船の名にふさわしいもの。この巨大船の設計から進水、処女航海にいたるまでのプロセスを、技術陣や現場作業員の労苦と愛情を織りまぜながら克明に描いてゆく。
      注:この映画のDVDは現在購入可能です。
      http://www.amazon.co.jp/%E9%87%8D%E5%8E%9A%E9%95%B7%E5%A4%A7%E3%83%BB%E6%98%AD%E5%92%8C%E3%81%AE%E3%83%93%E3%83%83%E3%82%B0%E3%83%97%E3%83%AD%E3%82%B8%E3%82%A7%E3%82%AF%E3%83%88%E3%82%B7%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%BA-%E5%B7%A8%E8%88%B9-%E3%83%8D%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%82%B5%E3%83%96%E3%83%AA%E3%83%B3-DVD-%E3%83%89%E3%82%AD%E3%83%A5%E3%83%A1%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%AA%E3%83%BC/dp/B000THOY6K

    • 国宝大浦天主堂

      国宝大浦天主堂

    • これは歴史的な部屋の展示ではありません。宿泊したホテルの部屋でした。<br />写真の説明文を書きながら、最初は誰の部屋であったか?と考えてしまいました(笑)

      これは歴史的な部屋の展示ではありません。宿泊したホテルの部屋でした。
      写真の説明文を書きながら、最初は誰の部屋であったか?と考えてしまいました(笑)

    • ホテルのある稲佐山の中腹から見た長崎の中心部

      ホテルのある稲佐山の中腹から見た長崎の中心部

    • 長崎市上野町にある質素な庵「如己堂」<br />長崎市名誉市民第1号となった医学博士永井隆(1908-1951)が晩年(1948〜)移り住んだ2畳一間の家

      長崎市上野町にある質素な庵「如己堂」
      長崎市名誉市民第1号となった医学博士永井隆(1908-1951)が晩年(1948〜)移り住んだ2畳一間の家

    • 急な夕立で雨宿りを兼ねて立ち寄った浦上天主堂

      急な夕立で雨宿りを兼ねて立ち寄った浦上天主堂

    1件目~20件目を表示(全51件中)

    この旅行記のタグ

      16いいね!

      利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

      この旅行記へのコメント (8)

      開く

      閉じる

      • めぐみ☆さん 2011/10/15 08:40:32
        懐かしい…
        yamada423さん、初めまして。

        モノクロの写真、味があってとっても素敵ですね。
        小学生の頃、二つのオランダ坂辺りで良く遊んでました。

        私電も父が勤務していたので、小さい頃はお弁当を届けに行ってました
        (大橋で通過する時間に待ってました)

        長崎港…モノクロの頃は対岸(大波止〜水の浦)渡る船が出てました

        懐かしい写真を見せて頂いて有難うございます。

        めぐみ☆

        yamada423

        yamada423さんからの返信 2011/10/15 11:10:21
        RE: 懐かしい…
        めぐみさん こんにちは

        お便りありがとうございました。
        40年以上も前の長崎の写真を懐かしくご覧いただき嬉しいです。
        写真を撮り続けて50年にもなりますが、最近までネガを厳重に保管することに努めてきました。
        しかし日本人男子の平均余命80歳を考えるとあと十数年しかなく、これらのネガを遺品として残すよりも生きた証として公開し、出来るだけ多くの方に見ていただくほうがよいと考えるようになりました。
        幸いにして近年のネット環境の急速な普及で公開が非常に簡単に出来るようになり、昨年から4トラベルのブログとホームページを始めました。

        > モノクロの写真、味があってとっても素敵ですね。
        > 小学生の頃、二つのオランダ坂辺りで良く遊んでました。
        長崎にお住まいだったのでしたか。今は鎌倉のようですね。
        旅のサイトを拝見して素晴らしさに感動してしまいました。素敵な趣味のかずかず。縫い物がいちばんお好きとか。私が女性だったら弟子入りしたいです。
        勝手な想像で申し訳ないですが、立原正秋の小説に登場する鎌倉の素敵な女性をイメージしてしまいました。
        >
        > 私電も父が勤務していたので、小さい頃はお弁当を届けに行ってました
        > (大橋で通過する時間に待ってました)
        市電はあなたにとっては「私電」のように身近な存在だったのでしょうね。
        数年前にハウステンボスの後に訪れたときにめぐり合った市電は昔のままの姿で、とても懐かしかったです。(旅行記あり)
        これからもよろしくお願い致します。
           yamada423
      • ブルートレインさん 2010/07/04 23:59:34
        味があっていいですね
        yamada423 さんへ

         ブルートレインです。白黒写真、物凄く味があっていいですね。この白黒

        写真は、ちょうど私が生まれたころに撮影されたものだと思いますが、保存

        状況も非常によく、当時の生活をうかがい知る資料として、とても貴重なも

        のではないでしょうか。(ものすごく感動いたしました)もしこのような写

        真を他にも持たれているのでしたら、どんどんアップして下さい。宜しくお

        願い致します。

                             ブルートレインより

        yamada423

        yamada423さんからの返信 2010/07/05 18:07:29
        モノクロ写真
        長崎の写真をご覧いただき、嬉しいコメントありがとうございます。
        1968年ですから42年前のものですが、クッキーの缶に密閉していましたのでカビには遭っていません。酢酸の臭がします。
        フィルムの現像液の調合から現像、焼付まで自分でやっていましたので、フィルムの保存にも念を入れました。

        長崎の公開写真は店頭ラボでCDにしてもらったものを(ネガ1本 500円)
        明るさとコントラストを微調整して編集したものです。

        多数のネガが保管されていますので、時折電子データ化して編集しようと思います。九州一周旅行のはすでにパソコンにありますので、折を見て公開するつもりです。

        今後とも宜しくお願いいたします。  
              2010.7.5        yamada423





        yamada423

        yamada423さんからの返信 2010/08/23 17:47:55
        白黒写真公開ご案内
        >  ブルートレインです。白黒写真、物凄く味があっていいですね。この白黒写真は、ちょうど私が生まれたころに撮影されたものだと思いますが、保存状況も非常によく、当時の生活をうかがい知る資料として、とても貴重なものではないでしょうか。(ものすごく感動いたしました)もしこのような写真を他にも持たれているのでしたら、どんどんアップして下さい。宜しくお願い致します。
        >

        以前にありがたいコメントをいただいた白黒写真の編集を始めました。

        猛暑で外に出るのもままならず、裸同然の恰好でパソコンに向かっています。
        九州旅行は3回シリーズで公開の予定で、本日は?宮崎です。
        どうぞ、ゆっくりと御覧ください。
         2010.8.23
        yamada423
                             
      • Medinaさん 2010/06/28 22:26:33
        モノクロ写真も素敵ですね
        初めまして。
        Medinaでございます。
        私の友人が長崎県長崎市の蛍茶屋に在住しており、この写真の眼鏡橋もまじかで見たことがございます。
        それよりyamada423様のモノクロ写真がなんとも言えない味をだしているのに
        感銘受けました。
        私は最近SLが好きでよく撮影にでかけておりますが、たまにSLをモノクロに
        変換して見ると、やはり昔の時代の写真に戻り懐かしさを感じます。

        素敵な写真を拝見させてもらいありがとうございました。

        これからも宜しくお願い申し上げます。

        Medina

        yamada423

        yamada423さんからの返信 2010/06/29 09:43:08
        長崎の モノクロ写真
        Medinaさん はじめまして

        モノクロ写真をお褒めいただき嬉しいです。いずれ長崎以外も編集します。
        ホームページに記載した九州旅行の説明文の一部を添付します。これからも撮りためた旅行写真を逐一公開しますので、ホームページ「旅行写真展示室」(自己紹介記事含む)共々、よろしくお願い致します。
        [九州卒業旅行の一部]
        当時は卒業旅行などという言葉はありませんでしたが、今思えばそのはしりでした。
        工学部の研究室では金属組織などの顕微鏡写真の処理は現像液の調合からガラス乾板・フィルムの現像、印画紙焼付けなどすべて自前で行っていたので、写真の処理技術は一通り身につけていました。
        写真を撮ることについても風景写真のみならず、当時人気の高かった各種カーレースに出かけ、200ミリの望遠レンズで高速の被写体を流し撮りするのが好きでした。
        月額2万円の奨学金の大半はカメラや写真、旅行などに消えてしまいましたが、今の自分を育ててくれた大変ありがたい資金でありました。
        九州には交流していたフランスの理工系大学生の工業視察団案内の関連で2度訪れていましたので、再度一周してみたい願望とその魅力に惹かれ、季節的にもよかったので迷わず旅行先に選びました。

        > それよりyamada423様のモノクロ写真がなんとも言えない味をだしているのに 感銘受けました。

        写真のコントラストは現像液の温度と現像時間で調節しますが、電子データ化したままではソフト過ぎたので、若干明るさを落とし、コントラストを強く補正しました。ネガからのダイレクトプリントのご要望があれば対応しますので、遠慮無く申し出てください。   yamada423

        yamada423

        yamada423さんからの返信 2011/03/01 15:55:17
        モノクロ写真シリーズ
        Medinaさん お久しぶりです。

        以前長崎の写真をご覧いただき、コメントまでありがとうございました。
        1968年3月の九州卒業旅行のシリーズが完結しましたのでご案内いたします。
        当時の旅行記録を書いた「黒皮の手帳」が2011.1月の古書整理中に発見され写真の説明書きが詳しくなりました。
            yamada423

        > 私の友人が長崎県長崎市の蛍茶屋に在住しており、この写真の眼鏡橋もまじかで見たことがございます。
        > それよりyamada423様のモノクロ写真がなんとも言えない味をだしているのに 感銘受けました。
        > 私は最近SLが好きでよく撮影にでかけておりますが、たまにSLをモノクロに 変換して見ると、やはり昔の時代の写真に戻り懐かしさを感じます。
        > 素敵な写真を拝見させてもらいありがとうございました。
        > これからも宜しくお願い申し上げます。
        > Medina

      yamada423さんのトラベラーページ

      ピックアップ特集

      フォートラベル公式LINE@

      おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
      QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

      \その他の公式SNSはこちら/

      長崎市(長崎) で人気のタグ


      PAGE TOP

      ピックアップ特集