ジャイプール旅行記(ブログ) 一覧に戻る
次はシティ・パレスに行きます。ジャイプルのマハラジャ(ヒンドゥーの王様)の宮殿です。サワーイー・ジャイ・スィン2世により1726年に建てられました。ジャイプルは彼の名前に由来します。ここには今もマハラジャが住んでいます。ヒンドゥー教にはカースト制度があり、普通はバラモンが一番偉いのですが、ここではラージプート戦士という一種のクシャトリア(カーストで上から2番目)が王様になっています。ジャイプルの王様は以前、山の上の要塞アンベール城に住んでいましたが、この地が安定したため平地に移り住みました。ジャイプル市街にはピンクっぽい色(明るいレンガ色)の建物が多く、ピンク・シティと呼ばれています。左後ろに見えている白い建物が、今のマハラジャが住んでいる月の宮殿というところです。

2009年9月インド(8) シティパレス他

8いいね!

2009/09/19 - 2009/09/23

292位(同エリア590件中)

0

8

mas98765

mas98765さん

次はシティ・パレスに行きます。ジャイプルのマハラジャ(ヒンドゥーの王様)の宮殿です。サワーイー・ジャイ・スィン2世により1726年に建てられました。ジャイプルは彼の名前に由来します。ここには今もマハラジャが住んでいます。ヒンドゥー教にはカースト制度があり、普通はバラモンが一番偉いのですが、ここではラージプート戦士という一種のクシャトリア(カーストで上から2番目)が王様になっています。ジャイプルの王様は以前、山の上の要塞アンベール城に住んでいましたが、この地が安定したため平地に移り住みました。ジャイプル市街にはピンクっぽい色(明るいレンガ色)の建物が多く、ピンク・シティと呼ばれています。左後ろに見えている白い建物が、今のマハラジャが住んでいる月の宮殿というところです。

PR

  • 右手に門がありますが、ラージェンドラ門といいます。門をくぐったところ(門の左側の写真に写っている部分)にはピンク色で囲まれた空間(上の写真)とディワニ・カース(下の写真)があります。門をくぐる手前(右側)には中庭があって、白い建物が並んでいます。これらの建物のいくつかは展示館になっています。テキスタイル館では、マハラジャの衣類が展示されています。巨漢だったと思われるサワイ・マド・スィン1世の巨大サイズの服が見物です。武器館には様々な武器が展示されています。宝石がついていたり、二重になったりしている剣もあります。展示館の中は撮影禁止です。

    右手に門がありますが、ラージェンドラ門といいます。門をくぐったところ(門の左側の写真に写っている部分)にはピンク色で囲まれた空間(上の写真)とディワニ・カース(下の写真)があります。門をくぐる手前(右側)には中庭があって、白い建物が並んでいます。これらの建物のいくつかは展示館になっています。テキスタイル館では、マハラジャの衣類が展示されています。巨漢だったと思われるサワイ・マド・スィン1世の巨大サイズの服が見物です。武器館には様々な武器が展示されています。宝石がついていたり、二重になったりしている剣もあります。展示館の中は撮影禁止です。

  • ディワニ・カース(貴賓謁見の間)です。

    ディワニ・カース(貴賓謁見の間)です。

  • 斜めからも見てみます。

    斜めからも見てみます。

  • ディワニ・カースに入ると、このように柱が並んでいます。

    ディワニ・カースに入ると、このように柱が並んでいます。

  • ディワニ・カースに入ってすぐの左右両側には、銀の壺が配置されています。世界一大きな銀製品としてギネスブックにも登録されています。これはディワニ・カースに向かって右側の壺です。

    ディワニ・カースに入ってすぐの左右両側には、銀の壺が配置されています。世界一大きな銀製品としてギネスブックにも登録されています。これはディワニ・カースに向かって右側の壺です。

  • これは向かって左側の壺です。右側の壺と全く同じだから、写真に撮るまでもなかったようです。

    これは向かって左側の壺です。右側の壺と全く同じだから、写真に撮るまでもなかったようです。

  • 最後に、風の宮殿を下車観光します。通りを挟んで向かいから、ただ眺めるだけです。1799年、この地を治めていたサワーイー・プラタープ・スィンが建てたものです。彫刻を施したテラスが並び、宮廷の女性たちが町を見下ろしたそうです。正面から見ると大きいのですが、側面から見ると非常に薄っぺらです。ピンク色をしています。ジャイプルにはこのようなピンク色の建物が多く、ピンクシティーと呼ばれています。

    最後に、風の宮殿を下車観光します。通りを挟んで向かいから、ただ眺めるだけです。1799年、この地を治めていたサワーイー・プラタープ・スィンが建てたものです。彫刻を施したテラスが並び、宮廷の女性たちが町を見下ろしたそうです。正面から見ると大きいのですが、側面から見ると非常に薄っぺらです。ピンク色をしています。ジャイプルにはこのようなピンク色の建物が多く、ピンクシティーと呼ばれています。

  • この後は昼食を食べて、2軒の土産物に寄って、数時間かけてデリーに戻り、空港で飛行機に乗って帰りました。

    この後は昼食を食べて、2軒の土産物に寄って、数時間かけてデリーに戻り、空港で飛行機に乗って帰りました。

この旅行記のタグ

8いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

マイルに交換できるフォートラベルポイントがたまります。
フォートラベルポイントって?

インドで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
インド最安 489円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

インドの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

PAGE TOP

ピックアップ特集