東山・祇園・北白川旅行記(ブログ) 一覧に戻る
以前、ランチで訪れた『祇園 末友』。<br /><br />店主が「今度は夜に来てやぁ〜」なんて何度も言うので<br />今回、夜のお料理を楽しみに、行ってまいりました。<br /><br />あ、ちなみに前回のランチの様子はコチラ↓<br />http://4travel.jp/traveler/madogiwa/album/10325104/<br /><br /><br />今回も、ブログじゃ写真を貼るのがめんどうなんで<br />コチラで書いてまいりまする〜。<br />http://blog.goo.ne.jp/mamejiro040411

『祇園 末友』のお話とか。

7いいね!

2009/07/24 - 2009/07/24

3111位(同エリア5231件中)

0

52

以前、ランチで訪れた『祇園 末友』。

店主が「今度は夜に来てやぁ〜」なんて何度も言うので
今回、夜のお料理を楽しみに、行ってまいりました。

あ、ちなみに前回のランチの様子はコチラ↓
http://4travel.jp/traveler/madogiwa/album/10325104/


今回も、ブログじゃ写真を貼るのがめんどうなんで
コチラで書いてまいりまする〜。
http://blog.goo.ne.jp/mamejiro040411

PR

  • 今回、いろいろございまして<br />オヤジとは伊丹空港で合流。<br /><br />待ってる間、退屈なんで、<br />ひとりでたこ焼きと生ビール。<br /><br />えぇ、ひとりで生ぐびぐび。<br /><br />あぁ、やっぱ粉モンにビールは最高だわ(笑)

    今回、いろいろございまして
    オヤジとは伊丹空港で合流。

    待ってる間、退屈なんで、
    ひとりでたこ焼きと生ビール。

    えぇ、ひとりで生ぐびぐび。

    あぁ、やっぱ粉モンにビールは最高だわ(笑)

  • 伊丹から京都駅まではリムジンバスで。<br /><br />京都駅からホテルまでは<br />タクシーに乗ったのだが・・・・<br /><br />右折待ちの車内から眺める風景に、<br /><br />なんと!ヤサカの四葉タクシー発見!!<br /><br />どこだってか?<br />じゃ、拡大して・・・・・

    伊丹から京都駅まではリムジンバスで。

    京都駅からホテルまでは
    タクシーに乗ったのだが・・・・

    右折待ちの車内から眺める風景に、

    なんと!ヤサカの四葉タクシー発見!!

    どこだってか?
    じゃ、拡大して・・・・・

  • あぁ、全体像が見られないのが残念無念なのだが<br />普通は三つ葉マークのヤサカタクシー。<br />たった4台だけ四つ葉マークがあるそうで<br />京都に来る度探していたのである。<br /><br />こりゃ、今回の旅は幸先いいわ♪

    あぁ、全体像が見られないのが残念無念なのだが
    普通は三つ葉マークのヤサカタクシー。
    たった4台だけ四つ葉マークがあるそうで
    京都に来る度探していたのである。

    こりゃ、今回の旅は幸先いいわ♪

  • クソ暑い夏の京都で観光なんかする気も起きないが<br />それでも行きたかったのがこのお店、<br />『裏具』 http://www.uragu.com/<br /><br />なんとも雰囲気のある店内は、<br />これまた気になるデザインの紙製品。<br /><br />使い勝手がいいかは別として(笑)<br />ついつい買ってしまうノートやら。

    クソ暑い夏の京都で観光なんかする気も起きないが
    それでも行きたかったのがこのお店、
    『裏具』 http://www.uragu.com/

    なんとも雰囲気のある店内は、
    これまた気になるデザインの紙製品。

    使い勝手がいいかは別として(笑)
    ついつい買ってしまうノートやら。

  • 今回の戦利品は、<br />帳面の『柳蛙』と『猩猩』。<br />あとはレターセットの『水瓢箪』。<br /><br />HPで見て、欲しかったモノたち。<br /><br />あ、ネコは関係ありません。

    今回の戦利品は、
    帳面の『柳蛙』と『猩猩』。
    あとはレターセットの『水瓢箪』。

    HPで見て、欲しかったモノたち。

    あ、ネコは関係ありません。

  • ちなみにこの店、<br />こんな路地を抜けた先にあり、<br />看板も極小。<br /><br />わかりづれぇ〜。<br /><br />あ、でも、周囲は<br />お化粧の済んだホンモノの舞妓さんが<br />フツーに歩いてはるような雰囲気のある町並み。

    ちなみにこの店、
    こんな路地を抜けた先にあり、
    看板も極小。

    わかりづれぇ〜。

    あ、でも、周囲は
    お化粧の済んだホンモノの舞妓さんが
    フツーに歩いてはるような雰囲気のある町並み。

  • 買いたかったモノ手に入れたら<br />あとは久しぶりに<br />先斗町なんかをぶらぶら歩きながらホテルへ。<br /><br />ランチを食べ損ねたらしいオヤジが<br />さすがに空腹に耐えかねて<br />ホテルのカフェで頼んだのは<br />フレンチトースト!<br /><br />夕飯にひびくと困るので<br />半分こで食べたのだが、<br /><br /><br /><br />

    買いたかったモノ手に入れたら
    あとは久しぶりに
    先斗町なんかをぶらぶら歩きながらホテルへ。

    ランチを食べ損ねたらしいオヤジが
    さすがに空腹に耐えかねて
    ホテルのカフェで頼んだのは
    フレンチトースト!

    夕飯にひびくと困るので
    半分こで食べたのだが、



  • このフレンチトースト、<br /><br />もぉね、ぷるぷるでふわふわ。<br /><br />見た感じが既にヤヴァすぎ(爆)

    このフレンチトースト、

    もぉね、ぷるぷるでふわふわ。

    見た感じが既にヤヴァすぎ(爆)

  • シロップとバターをたっぷりつけて食べると<br />もぉ旨いのなんの!<br /><br />コレ、ホテルオークラのカフェで<br />お持ち帰りもできるみたいっす。<br />マジでお勧め(笑)<br /><br /><br />そういや祇園祭りの“後祭り”とやらで<br />まだまだ京の街は大混雑。<br /><br />本当は前回旨かった<br />『鍵善』の冷やし抹茶を飲みたかったのだが<br />ココも行列で敢え無く敗退。<br /><br />でも、さすがホテルのカフェ。<br />いやいや、大満足だった(笑)

    シロップとバターをたっぷりつけて食べると
    もぉ旨いのなんの!

    コレ、ホテルオークラのカフェで
    お持ち帰りもできるみたいっす。
    マジでお勧め(笑)


    そういや祇園祭りの“後祭り”とやらで
    まだまだ京の街は大混雑。

    本当は前回旨かった
    『鍵善』の冷やし抹茶を飲みたかったのだが
    ココも行列で敢え無く敗退。

    でも、さすがホテルのカフェ。
    いやいや、大満足だった(笑)

  • 夕方6時過ぎ。<br />“後祭り”で渋滞の道路にドキドキしながら<br />お楽しみの『祇園 末友』に到着。<br /><br />6時半一斉スタート形式のお店なので<br />遅れるワケにはいかないのである。

    夕方6時過ぎ。
    “後祭り”で渋滞の道路にドキドキしながら
    お楽しみの『祇園 末友』に到着。

    6時半一斉スタート形式のお店なので
    遅れるワケにはいかないのである。

  • カラっと戸を開けて中に入ると<br />坪庭に、なんと氷柱!<br /><br />涼しげな配慮が<br />さすがじゃないですか〜!<br />

    カラっと戸を開けて中に入ると
    坪庭に、なんと氷柱!

    涼しげな配慮が
    さすがじゃないですか〜!

  • おっと今回は1番ノリ!<br /><br />まだまだ新しい店内。<br /><br />タタミに置かれた椅子の数を数えると<br /><br />あり?前回より1個多い。<br /><br />そのため、ちょっと狭い気がするな〜。

    おっと今回は1番ノリ!

    まだまだ新しい店内。

    タタミに置かれた椅子の数を数えると

    あり?前回より1個多い。

    そのため、ちょっと狭い気がするな〜。

  • 他のお客が揃うまで出されるのが、<br />この赤紫蘇のジュース。<br /><br />ちゃんと京都のドコソコで採れた<br />赤紫蘇を使ってるとか、説明をしてくれる。<br /><br />中にはシャーベットが入った<br />キンキンに冷えた赤紫蘇ジュース。<br /><br />そんなに紫蘇のキツさがない爽やかな味で、<br />っつうか、入り口の氷柱と言い、<br />このジュースと言い、<br />暑がりのわたしには、たまらない心遣いである(笑)

    他のお客が揃うまで出されるのが、
    この赤紫蘇のジュース。

    ちゃんと京都のドコソコで採れた
    赤紫蘇を使ってるとか、説明をしてくれる。

    中にはシャーベットが入った
    キンキンに冷えた赤紫蘇ジュース。

    そんなに紫蘇のキツさがない爽やかな味で、
    っつうか、入り口の氷柱と言い、
    このジュースと言い、
    暑がりのわたしには、たまらない心遣いである(笑)

  • 今回はカウンターの一番奥の席だったので<br />炉が目の前。<br /><br />冬ならココで<br />イロイロ焼くんでしょうなぁ〜・・・<br /><br />そういや、こんな目の前で焼きモノなんかして<br />暑くならないのかと尋ねると<br />「冷えたココロがあったまるんですよ」と店主。<br />別にココロは冷えてないけど?と爆笑。

    今回はカウンターの一番奥の席だったので
    炉が目の前。

    冬ならココで
    イロイロ焼くんでしょうなぁ〜・・・

    そういや、こんな目の前で焼きモノなんかして
    暑くならないのかと尋ねると
    「冷えたココロがあったまるんですよ」と店主。
    別にココロは冷えてないけど?と爆笑。

  • 6時半ちょっと遅刻組の若夫婦は<br />隣に座ったダンナの方が香水キツし。<br />ちょっとぎぅぎぅ目に座らされているので<br />のっけから悲しいキモチに。<br />食事をする場は、無臭を目指して欲しいモノである。<br /><br />まず供されるのがコチラ。<br />祇園祭りの間は、こんな感じだそうっす。<br /><br />お飾りは子孫繁栄を願うモノだそうで<br />持ち帰り可能。<br />えぇ、記念に持って帰ります(笑)<br /><br />水を含ませた竹の猪口に<br />食前の日本酒を注いでいただき・・・・<br />

    6時半ちょっと遅刻組の若夫婦は
    隣に座ったダンナの方が香水キツし。
    ちょっとぎぅぎぅ目に座らされているので
    のっけから悲しいキモチに。
    食事をする場は、無臭を目指して欲しいモノである。

    まず供されるのがコチラ。
    祇園祭りの間は、こんな感じだそうっす。

    お飾りは子孫繁栄を願うモノだそうで
    持ち帰り可能。
    えぇ、記念に持って帰ります(笑)

    水を含ませた竹の猪口に
    食前の日本酒を注いでいただき・・・・

  • お料理、アップで撮るとこんな感じ。<br /><br />ほおずきの中には、鱧。<br />梅肉は、適度な酸味。<br /><br />それより右手前!<br />塩漬けにした鯖、干したモノって言ってたかなぁ。<br />山芋をはさんであるのだが、<br />もぉね、熟成で凝縮した味が、まさに酒盗!<br /><br />前回の失敗を踏まえて、<br />日本酒は抑えたかったのだが・・・・ムリ(爆)

    お料理、アップで撮るとこんな感じ。

    ほおずきの中には、鱧。
    梅肉は、適度な酸味。

    それより右手前!
    塩漬けにした鯖、干したモノって言ってたかなぁ。
    山芋をはさんであるのだが、
    もぉね、熟成で凝縮した味が、まさに酒盗!

    前回の失敗を踏まえて、
    日本酒は抑えたかったのだが・・・・ムリ(爆)

  • 笹の葉をめくると、中にはお鮨が。<br /><br />しょっぱなからお米がでちゃうと<br />腹にたまって困るな〜とか思いつつ、<br />コレが旨いのである!<br /><br />奥はきす。手前は育つとブリになるイナダ。<br />上には吉野酢とかいう、葛でトロみをつけたお酢で<br />トロっと酸味が、旨い旨い。

    笹の葉をめくると、中にはお鮨が。

    しょっぱなからお米がでちゃうと
    腹にたまって困るな〜とか思いつつ、
    コレが旨いのである!

    奥はきす。手前は育つとブリになるイナダ。
    上には吉野酢とかいう、葛でトロみをつけたお酢で
    トロっと酸味が、旨い旨い。

  • 目の前のお料理も気になるのだが<br />カウンターの中も目がはなせない。<br /><br />おだしのいい香りが漂ってきて・・・・

    目の前のお料理も気になるのだが
    カウンターの中も目がはなせない。

    おだしのいい香りが漂ってきて・・・・

  • お次はお椀。<br /><br />お茶筅で、さっと水をかけてくれる。<br /><br />『さヽ木』は<br />なんだったかな〜。活け花用だったかな〜。<br />こんなの↓<br />http://item.rakuten.co.jp/auc-eps/po-011/<br />なんか変わった霧吹きで<br />びやぁ〜っとかけていたが<br />やっぱお茶筅の方が、雰囲気ありますな。<br /><br />

    お次はお椀。

    お茶筅で、さっと水をかけてくれる。

    『さヽ木』は
    なんだったかな〜。活け花用だったかな〜。
    こんなの↓
    http://item.rakuten.co.jp/auc-eps/po-011/
    なんか変わった霧吹きで
    びやぁ〜っとかけていたが
    やっぱお茶筅の方が、雰囲気ありますな。

  • 中身は、丸ごと鱧。<br /><br />ふわふわの鱧に<br />吸い地も炙った鱧の骨でとってあるそうで<br />白いひらひらは白きくらげ。<br /><br />上の花は“つるむらさき”だそうで<br />葉は食ったコトあるが<br />花までネバネバ系だったんだ!

    中身は、丸ごと鱧。

    ふわふわの鱧に
    吸い地も炙った鱧の骨でとってあるそうで
    白いひらひらは白きくらげ。

    上の花は“つるむらさき”だそうで
    葉は食ったコトあるが
    花までネバネバ系だったんだ!

  • 切り置きなんかせず<br />目の前で切ってくれるお造りは<br /><br />薄造りとは言え、厚めの鯛。<br /><br />薬味はすったばかりのワサビに香りのいい海苔。<br /><br />涼しさを演出する輪っか3つは<br />吸い地で味付けされたキュウリ・カボチャ・大根<br />だったかな?

    切り置きなんかせず
    目の前で切ってくれるお造りは

    薄造りとは言え、厚めの鯛。

    薬味はすったばかりのワサビに香りのいい海苔。

    涼しさを演出する輪っか3つは
    吸い地で味付けされたキュウリ・カボチャ・大根
    だったかな?

  • お塩とお醤油で食べるのだが、<br />もぉ、おいちくてお酒ぐびぐび。<br /><br />いかんいかん。<br />また記憶が飛ぶ(爆)

    お塩とお醤油で食べるのだが、
    もぉ、おいちくてお酒ぐびぐび。

    いかんいかん。
    また記憶が飛ぶ(爆)

  • で、次に女将さんが見せに来てくれるのがコレ。<br /><br />早松茸。 早松(さまつ)。<br /><br />追加料金いるのかな?<br /><br />食べるかどうか全員に聞いてくる。<br /><br />いやいやいや、<br />そりゃ食うでしょう!(爆)

    で、次に女将さんが見せに来てくれるのがコレ。

    早松茸。 早松(さまつ)。

    追加料金いるのかな?

    食べるかどうか全員に聞いてくる。

    いやいやいや、
    そりゃ食うでしょう!(爆)

  • 中では末友さんが<br />まるごとの鱧を<br />まぁ、見とれるような包丁さばきで<br />さばいていく。

    中では末友さんが
    まるごとの鱧を
    まぁ、見とれるような包丁さばきで
    さばいていく。

  • 骨切りの音も期待を膨らませ・・・・

    骨切りの音も期待を膨らませ・・・・

  • 待ってる間に出されるのが、<br />汲み上げ湯葉。<br /><br />トロみのある出汁あんに<br />大豆の香りがいいふわふわの湯葉。

    待ってる間に出されるのが、
    汲み上げ湯葉。

    トロみのある出汁あんに
    大豆の香りがいいふわふわの湯葉。

  • うずらの黄身とわさびを散らしながらいただきます。<br /><br />スプーンがね、『さヽ木』と違って<br />カッコいい(笑)<br /><br />海苔は、わたしはいらなかったかな〜。<br />おネギの方がスキかも。

    うずらの黄身とわさびを散らしながらいただきます。

    スプーンがね、『さヽ木』と違って
    カッコいい(笑)

    海苔は、わたしはいらなかったかな〜。
    おネギの方がスキかも。

  • 鱧の次には、生きてる鮎!<br /><br />まだね、動いてるんですよ。<br /><br />カウンターのはしっこだったんで<br />乗り出して撮ってやったわい(笑)

    鱧の次には、生きてる鮎!

    まだね、動いてるんですよ。

    カウンターのはしっこだったんで
    乗り出して撮ってやったわい(笑)

  • まだ元気良く生きてる鮎を<br />目の前で串打ち。<br /><br />そういや1匹脱走したとかで<br />後から1匹遅れて登場(笑)<br /><br />海の魚は塩をして臭みを抜き旨みを出す。<br />川の魚は、ギリギリまで塩はしない。<br />早くから塩をすると、逆に臭みが出る・・・<br />とか言ってたかな〜。

    まだ元気良く生きてる鮎を
    目の前で串打ち。

    そういや1匹脱走したとかで
    後から1匹遅れて登場(笑)

    海の魚は塩をして臭みを抜き旨みを出す。
    川の魚は、ギリギリまで塩はしない。
    早くから塩をすると、逆に臭みが出る・・・
    とか言ってたかな〜。

  • そういやこの時出されたお酒がコレ。<br /><br />他にもあれこれ<br />もちろん、呑んでいたのだが、<br /><br />奈良のどぶろくだったっけ?<br /><br />どぶろくって<br />もっちゃり甘いイメージあったが<br />ヘンにフルーティな香りも無く、旨い旨い。

    そういやこの時出されたお酒がコレ。

    他にもあれこれ
    もちろん、呑んでいたのだが、

    奈良のどぶろくだったっけ?

    どぶろくって
    もっちゃり甘いイメージあったが
    ヘンにフルーティな香りも無く、旨い旨い。

  • でね、初めて丸ごと1尾から<br />捌いてるのを見せてもらった鱧は、<br />ちっちゃなお庭に置かれた炭火で焼く。<br /><br />カウンター、一番奥だと<br />窓越しにその様子を眺められます。

    でね、初めて丸ごと1尾から
    捌いてるのを見せてもらった鱧は、
    ちっちゃなお庭に置かれた炭火で焼く。

    カウンター、一番奥だと
    窓越しにその様子を眺められます。

  • まずは塩焼き。<br /><br />骨なんか微塵も感じさせない<br />とにかくふわふわの身。<br /><br />旨〜い!

    まずは塩焼き。

    骨なんか微塵も感じさせない
    とにかくふわふわの身。

    旨〜い!

  • 次は団扇なお皿にのったタレ焼きの鱧。

    次は団扇なお皿にのったタレ焼きの鱧。

  • 焦げたタレの香りが香ばしく、<br />これがまた、たまらないのである。<br /><br />上にかかってたのは<br />山椒だったかな。

    焦げたタレの香りが香ばしく、
    これがまた、たまらないのである。

    上にかかってたのは
    山椒だったかな。

  • 客が鱧の旨さに感激してる頃、<br />店主はあぢぃ外の、これまたあぢぃ炉で<br />今度は鮎を(笑)

    客が鱧の旨さに感激してる頃、
    店主はあぢぃ外の、これまたあぢぃ炉で
    今度は鮎を(笑)

  • ホントにね、さっと焼いた半生の鮎。<br /><br />目の前でアタマを外して<br />骨を抜いて・・・<br /><br />そういや串打ちした後、<br />包丁で首と背骨を外すように<br />プスっと包丁を入れ、<br />軽く身にもタテに切れ目を入れていたのだが<br />どうやら後から骨を外す為だったらしい。

    ホントにね、さっと焼いた半生の鮎。

    目の前でアタマを外して
    骨を抜いて・・・

    そういや串打ちした後、
    包丁で首と背骨を外すように
    プスっと包丁を入れ、
    軽く身にもタテに切れ目を入れていたのだが
    どうやら後から骨を外す為だったらしい。

  • キレイに骨を除かれた半生の身は<br />ワタはとにかく苦く、身は独特な香りと甘さ。<br /><br />鮎に付き物なのは蓼酢だそうで<br />爽やかな酸味を加えていただく。<br /><br />あぁ、やっぱ鮎、大好物!(爆)

    キレイに骨を除かれた半生の身は
    ワタはとにかく苦く、身は独特な香りと甘さ。

    鮎に付き物なのは蓼酢だそうで
    爽やかな酸味を加えていただく。

    あぁ、やっぱ鮎、大好物!(爆)

  • そうやって中では鮎にシヤワセ感じてる間、<br />末友さんは汗だくでも涼しい顔で、<br />早松(さまつ)を炙る。<br /><br />出汁に漬けてから焼いているモヨウ。

    そうやって中では鮎にシヤワセ感じてる間、
    末友さんは汗だくでも涼しい顔で、
    早松(さまつ)を炙る。

    出汁に漬けてから焼いているモヨウ。

  • 出汁のしみた早松(さまつ)は<br />シャクシャクとした歯ごたえ、旨み。<br /><br />でも、やっぱ香りがちと弱い?<br /><br />いやいや、それでもやっぱりわたしは日本人。<br />DNAに刻まれた松茸への憧憬。

    出汁のしみた早松(さまつ)は
    シャクシャクとした歯ごたえ、旨み。

    でも、やっぱ香りがちと弱い?

    いやいや、それでもやっぱりわたしは日本人。
    DNAに刻まれた松茸への憧憬。

  • 次は目の前でバーナーで炙った<br />鰹のタタキ・・・・だったっけ?(笑)<br /><br />いや、もぉ満腹で限界。<br />入らないから、減らしてもらったのである。<br /><br />しかし・・・・<br />バーナーってのは、どうなのかね?

    次は目の前でバーナーで炙った
    鰹のタタキ・・・・だったっけ?(笑)

    いや、もぉ満腹で限界。
    入らないから、減らしてもらったのである。

    しかし・・・・
    バーナーってのは、どうなのかね?

  • ほとんど同時に出されるのが、<br />さきほどの半生旨々焼き鮎から<br />はずした頭と骨を油で揚げたもの。<br /><br /><br />でも・・・・<br />う〜ん。<br />半生旨々は旨かったけど<br />油で揚げるよりは、『さヽ木』の<br />バリバリな鮎の方が、<br />身もしっとり、頭バリバリで旨かったかなぁ〜。

    ほとんど同時に出されるのが、
    さきほどの半生旨々焼き鮎から
    はずした頭と骨を油で揚げたもの。


    でも・・・・
    う〜ん。
    半生旨々は旨かったけど
    油で揚げるよりは、『さヽ木』の
    バリバリな鮎の方が、
    身もしっとり、頭バリバリで旨かったかなぁ〜。

  • もぉ満腹で限界なトコロに出されるのがコレ(笑)<br /><br />ちょっとステキな器に<br />揚げ鴨茄子。<br />夏大根のあん。<br />かかっているのは<br />ほうれん草の茎と青海苔だったかな?<br /><br />食事の最終、酒も入ってるし<br />もうちょっと塩気が欲しいかも。<br /><br />末友さんは、<br />「やさしい味付けにしました」って言ってたけど。<br /><br />満腹泥酔じゃ、薄味は分からん(爆)

    もぉ満腹で限界なトコロに出されるのがコレ(笑)

    ちょっとステキな器に
    揚げ鴨茄子。
    夏大根のあん。
    かかっているのは
    ほうれん草の茎と青海苔だったかな?

    食事の最終、酒も入ってるし
    もうちょっと塩気が欲しいかも。

    末友さんは、
    「やさしい味付けにしました」って言ってたけど。

    満腹泥酔じゃ、薄味は分からん(爆)

  • ごはんのお供は、<br />上品に美しく裂いた水茄子。<br /><br />茄子の手前はなんだっけ?(笑)<br /><br />一番前はカマスの干物。<br />これがねぇ〜、土産モン屋のカマスとは<br />まぁ〜ったく違う。<br />旨い。

    ごはんのお供は、
    上品に美しく裂いた水茄子。

    茄子の手前はなんだっけ?(笑)

    一番前はカマスの干物。
    これがねぇ〜、土産モン屋のカマスとは
    まぁ〜ったく違う。
    旨い。

  • 客ごとに炊かれるごはん。<br /><br />2合分って言ってたかな。

    客ごとに炊かれるごはん。

    2合分って言ってたかな。

  • フタを開けると、<br /><br />きゃ〜っ<br />鮎ごはん〜!!!

    フタを開けると、

    きゃ〜っ
    鮎ごはん〜!!!

  • 緑の粉は鮎に付き物の蓼の葉。<br />チンしてパリパリにして砕いたそうで。<br />あとは紅生姜。

    緑の粉は鮎に付き物の蓼の葉。
    チンしてパリパリにして砕いたそうで。
    あとは紅生姜。

  • 当然、魅惑のおこげも<br />あるのであるが・・・・・<br /><br />げっ 限界。<br /><br />もぉ、胃がハチ切れるぅ〜っ<br /><br />敗因は何?<br />タコ焼き?! フレンチトースト?!(爆)

    当然、魅惑のおこげも
    あるのであるが・・・・・

    げっ 限界。

    もぉ、胃がハチ切れるぅ〜っ

    敗因は何?
    タコ焼き?! フレンチトースト?!(爆)

  • ところで、<br />前回のランチで、すんごい旨かった<br />末友さんのデセール。<br /><br />今回は何が出るのかとワクワクしていたのだが・・・<br /><br />隣の若夫婦の奥さんが誕生日だったそうで<br />明かりを落として登場したのは<br />京都の名店『パティスリー・オ・グルニエ・ドール』の<br />バースデーケーキ(爆)<br /><br />満腹の客側は、ちっちゃく切ってくれと懇願(笑)<br /><br />ちなみにコレ、食べ残すと、<br />箱に入れて持ち帰らせてくれました(爆)<br /><br />まぁ、ココのケーキも、1度は食べてみたかったが<br />ごめんね。今日は末友さんのお菓子が食べたかった。<br />っつうか、デカいよ、このホールケーキ(爆)

    ところで、
    前回のランチで、すんごい旨かった
    末友さんのデセール。

    今回は何が出るのかとワクワクしていたのだが・・・

    隣の若夫婦の奥さんが誕生日だったそうで
    明かりを落として登場したのは
    京都の名店『パティスリー・オ・グルニエ・ドール』の
    バースデーケーキ(爆)

    満腹の客側は、ちっちゃく切ってくれと懇願(笑)

    ちなみにコレ、食べ残すと、
    箱に入れて持ち帰らせてくれました(爆)

    まぁ、ココのケーキも、1度は食べてみたかったが
    ごめんね。今日は末友さんのお菓子が食べたかった。
    っつうか、デカいよ、このホールケーキ(爆)

  • 一応、お抹茶たててくれます。<br /><br />バースデーなお客は感激だが<br />他のお客さんは<br />他には何も無いのかと質問(笑)<br /><br />あとは切ったフルーツ。<br />それはいらん(爆)

    一応、お抹茶たててくれます。

    バースデーなお客は感激だが
    他のお客さんは
    他には何も無いのかと質問(笑)

    あとは切ったフルーツ。
    それはいらん(爆)

  • お菓子の用意は葛きりがあるらしく<br />他のお客はそれをリクエスト(笑)<br /><br />『鍵善』で食いそびれた葛きり、<br />ココで食べられました(笑)<br /><br />これで本日の食事は終了。<br /><br />外で末友さんと記念撮影して<br />さすがに満腹ギブアップ。<br /><br />所要時間はなんと3時間ちょい。<br />フレンチ並(笑)<br /><br />あとはホテルのバーでひっかけてから帰りました(笑)

    お菓子の用意は葛きりがあるらしく
    他のお客はそれをリクエスト(笑)

    『鍵善』で食いそびれた葛きり、
    ココで食べられました(笑)

    これで本日の食事は終了。

    外で末友さんと記念撮影して
    さすがに満腹ギブアップ。

    所要時間はなんと3時間ちょい。
    フレンチ並(笑)

    あとはホテルのバーでひっかけてから帰りました(笑)

  • ところで、食べ残したごはんは、<br />目の前でおにぎりにしてくれます。<br /><br />手際よく竹皮裂いてヒモつくって、<br />こんな感じにおべんとに♪<br /><br />写真は、翌朝、<br />ホテルの部屋のテーブルにて。

    ところで、食べ残したごはんは、
    目の前でおにぎりにしてくれます。

    手際よく竹皮裂いてヒモつくって、
    こんな感じにおべんとに♪

    写真は、翌朝、
    ホテルの部屋のテーブルにて。

  • 夏でもエアコン効いてるホテルでは<br />冷蔵庫に入れずともOK。<br /><br />そして・・・・<br /><br />この一晩たった鮎ごはんおにぎりの旨いコト!!!<br /><br />たとえその場じゃ満腹でも<br />「いらない」なんて言わずに<br /><br />持って帰るべし!!!!<br /><br />一晩経った末友さんのごはんは<br />朝から感涙の旨さっす(爆)

    夏でもエアコン効いてるホテルでは
    冷蔵庫に入れずともOK。

    そして・・・・

    この一晩たった鮎ごはんおにぎりの旨いコト!!!

    たとえその場じゃ満腹でも
    「いらない」なんて言わずに

    持って帰るべし!!!!

    一晩経った末友さんのごはんは
    朝から感涙の旨さっす(爆)

この旅行記のタグ

7いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

PAGE TOP

ピックアップ特集