シェムリアップ旅行記(ブログ) 一覧に戻る
ある日のビデオ店で1本の邦画ビデオに視点が留まる。 <br />「地雷を踏んだらサヨウナラ」<br />地雷踏んだら死ぬんじゃないの?「サヨウナラ」とは・・・。 <br />奇妙なタイトルのパッケージを棚から手に取り、裏面記載のあらすじを読んだ。邦画なんだろうけど東南アジアの写真ばかりだし・・・結局借りて見るコトに。ひと通り見終えて思ったのは、もちろん地雷の恐ろしさ。<br /><br />でも、それ以上に主人公がアン コールワットという遺跡を初めて見るシーンが印象的だった。もし自分がアンコールワットを見たらどんな感動があるんだろうか? そんな思いに駆られアンコールの旅を選んだ。<br /><br />朝早く起きて最寄駅から京成電車に乗り、成田空港第2ターミナルへ。<br />さすが夏休みっ!車内は旅行支度の人で賑わっていた。<br />空港に着き全日空カウンター内のJTBツアーカウンターでチェックイン。<br />成田からバンコクまでが全日空で、バンコクからシェムリアップまでがバンコクエアウェイズ。つまりバンコクでトランジット(乗り換え)があるのです。見知らぬ国で大丈夫か?<br />カウンターでひと通り説明を受けた後、「本日荷物の方はシェムリアップまでスルーでは御座いませんので・・・」と更に別の説明が続いた。・・・ところでスルーって一体?スルーの意味すら分からないのに「はいっ!(まぁ、あとで機内のCAに聞けばいいかな)」<br /><br />10時00分、全日空915便は一路バンコクへ。機種はBoeing747-400。席は窓側とあって桜島がよく見えたよぉ。そういやCAにスルーのコトを聞かないと。「すいません、荷物がスルーでは無いらしいと・・・」成田で言われた通りCAに問い合わせすると「はい。一度タイに入国して荷物を受け取った後、再度チェックインして下さい」・・・「えっ?」<br /><br />14時25分、バンコクのドンムアン国際空港到着。日本と2時間の時差だから実質6時間半の搭乗は、はっきり言ってキツイ。それよりスルーで無い為、まず入国手続きしなくては。急いで入国審査場に並ぶ。よく見たら列の周囲には日本人は誰もいない。孤独感と短い乗り継ぎ時間の狭間で頭の中はすっかりパニックになっていた。<br /><br />何とかタイに入国し、ターンテーブルから荷物を引き取る。さて次はドコへ行けばいいんだ?とにかく全日空カウンターで聞こうと思い、案内板を見た。ダメだ!現在地が分からない!右往左往しているうちに隣接するターミナルに来ていた。旅行トランクがかえって重荷に。<br />とにかく日本人を探そう。日本語が分かる人でもいい。冗談抜きで手当たり次第声掛けた。館内放送でシェムリアップ行きの搭乗案内が始まったようだ。焦り捲くり。<br /><br />【ツアー】<br />LOOKJTB「欲ばりアンコールワット 4」<br />【現地代理店】<br />FSUN TOURIST INC.<br />【日程】<br />10:00 NH915 成田→バンコク<br />14:25 PG942 バンコク→シェムリアップ<br />18:00? 日本語ガイドとの打ち合わせ後、ホテルにて夕食 <br />バンテアイスレイホテル泊

アンコール4日間 1日目「クメールの都へ」 

9いいね!

2000/08/13 - 2000/08/16

3729位(同エリア8249件中)

shint

shintさん

この旅行記のスケジュール

2000/08/13

この旅行記スケジュールを元に

ある日のビデオ店で1本の邦画ビデオに視点が留まる。
「地雷を踏んだらサヨウナラ」
地雷踏んだら死ぬんじゃないの?「サヨウナラ」とは・・・。
奇妙なタイトルのパッケージを棚から手に取り、裏面記載のあらすじを読んだ。邦画なんだろうけど東南アジアの写真ばかりだし・・・結局借りて見るコトに。ひと通り見終えて思ったのは、もちろん地雷の恐ろしさ。

でも、それ以上に主人公がアン コールワットという遺跡を初めて見るシーンが印象的だった。もし自分がアンコールワットを見たらどんな感動があるんだろうか? そんな思いに駆られアンコールの旅を選んだ。

朝早く起きて最寄駅から京成電車に乗り、成田空港第2ターミナルへ。
さすが夏休みっ!車内は旅行支度の人で賑わっていた。
空港に着き全日空カウンター内のJTBツアーカウンターでチェックイン。
成田からバンコクまでが全日空で、バンコクからシェムリアップまでがバンコクエアウェイズ。つまりバンコクでトランジット(乗り換え)があるのです。見知らぬ国で大丈夫か?
カウンターでひと通り説明を受けた後、「本日荷物の方はシェムリアップまでスルーでは御座いませんので・・・」と更に別の説明が続いた。・・・ところでスルーって一体?スルーの意味すら分からないのに「はいっ!(まぁ、あとで機内のCAに聞けばいいかな)」

10時00分、全日空915便は一路バンコクへ。機種はBoeing747-400。席は窓側とあって桜島がよく見えたよぉ。そういやCAにスルーのコトを聞かないと。「すいません、荷物がスルーでは無いらしいと・・・」成田で言われた通りCAに問い合わせすると「はい。一度タイに入国して荷物を受け取った後、再度チェックインして下さい」・・・「えっ?」

14時25分、バンコクのドンムアン国際空港到着。日本と2時間の時差だから実質6時間半の搭乗は、はっきり言ってキツイ。それよりスルーで無い為、まず入国手続きしなくては。急いで入国審査場に並ぶ。よく見たら列の周囲には日本人は誰もいない。孤独感と短い乗り継ぎ時間の狭間で頭の中はすっかりパニックになっていた。

何とかタイに入国し、ターンテーブルから荷物を引き取る。さて次はドコへ行けばいいんだ?とにかく全日空カウンターで聞こうと思い、案内板を見た。ダメだ!現在地が分からない!右往左往しているうちに隣接するターミナルに来ていた。旅行トランクがかえって重荷に。
とにかく日本人を探そう。日本語が分かる人でもいい。冗談抜きで手当たり次第声掛けた。館内放送でシェムリアップ行きの搭乗案内が始まったようだ。焦り捲くり。

【ツアー】
LOOKJTB「欲ばりアンコールワット 4」
【現地代理店】
FSUN TOURIST INC.
【日程】
10:00 NH915 成田→バンコク
14:25 PG942 バンコク→シェムリアップ
18:00? 日本語ガイドとの打ち合わせ後、ホテルにて夕食 
バンテアイスレイホテル泊

旅行の満足度
4.5
観光
5.0
ホテル
1.0
グルメ
1.0
ショッピング
1.0
交通
1.0
同行者
一人旅
一人あたり費用
10万円 - 15万円
交通手段
観光バス 徒歩
航空会社
ANA バンコクエアウェイズ
旅行の手配内容
ツアー(添乗員同行なし)
利用旅行会社
JTB

PR

  • 「おや?どうしましたかな?」焦っている姿に気付いたのか、年配の人の声が掛かった。<br />「日本語分かりますか?(正直分かって欲しい)」<br />「あははっ。もちろん!日本人ですよ。全日空の者ですけど良かったら案内しましょう!」思わず涙が出そうになった。・・・ホント助かった。<br />「乗り継ぎですかな?どの便です?」<br />日程表と航空券を見せると急いで乗り継ぎカウンターに案内し手続きもしてくれた。<br />「行き先はアンコールワットですか?いい旅になるといいですね。」<br />「ありがとうございましたっ!」コレしか言えなかった。<br />全日空・・・信頼の翼かぁ。

    「おや?どうしましたかな?」焦っている姿に気付いたのか、年配の人の声が掛かった。
    「日本語分かりますか?(正直分かって欲しい)」
    「あははっ。もちろん!日本人ですよ。全日空の者ですけど良かったら案内しましょう!」思わず涙が出そうになった。・・・ホント助かった。
    「乗り継ぎですかな?どの便です?」
    日程表と航空券を見せると急いで乗り継ぎカウンターに案内し手続きもしてくれた。
    「行き先はアンコールワットですか?いい旅になるといいですね。」
    「ありがとうございましたっ!」コレしか言えなかった。
    全日空・・・信頼の翼かぁ。

    ドンムアン空港 (DMK) 空港

  • バンコクから乗り継いだバンコクエアウェイズでシェムリアップへ。機種はATR72-200。プロペラ機が高度を下げる。しばらくして窓の下に拡がる熱帯のジャングルに感動。霞んだ雲の切れ間から果てしない木々に囲まれた遺跡群が見えてきた。ジャングルの中に石造りの建築物を発見・・・もしや?アンコールワットだ。

    バンコクから乗り継いだバンコクエアウェイズでシェムリアップへ。機種はATR72-200。プロペラ機が高度を下げる。しばらくして窓の下に拡がる熱帯のジャングルに感動。霞んだ雲の切れ間から果てしない木々に囲まれた遺跡群が見えてきた。ジャングルの中に石造りの建築物を発見・・・もしや?アンコールワットだ。

  • 鈍い着地音に続き、乾いたブレーキ音が響く。滑走路を迂回し機体は停止した。シェムリアップ国際空港はアンコールへの入口で、郊外にあるのどかな空港です。

    鈍い着地音に続き、乾いたブレーキ音が響く。滑走路を迂回し機体は停止した。シェムリアップ国際空港はアンコールへの入口で、郊外にあるのどかな空港です。

    シェムリアップ国際空港 (REP) 空港

  • ハッチが開き、機体の外に出るとムワッとした空気。う?ん!やっぱ東南アジアはこうでなくちゃ。バンコクエアウェイズ942便、夕映えのシェムリアップに到着。国際空港らしからぬ小さなターミナルで入国審査。荷物受け取り建物を出ると自分の名前書いたプラカードを発見。現地代理店エフサン・ツーリストの現地ガイド、その隣には同じ飛行機で来た日本人の男の人が待ってました。「ど・・・どもっ!」お互い初対面。その時の夕日が妙に眩しかったなぁ。

    イチオシ

    ハッチが開き、機体の外に出るとムワッとした空気。う?ん!やっぱ東南アジアはこうでなくちゃ。バンコクエアウェイズ942便、夕映えのシェムリアップに到着。国際空港らしからぬ小さなターミナルで入国審査。荷物受け取り建物を出ると自分の名前書いたプラカードを発見。現地代理店エフサン・ツーリストの現地ガイド、その隣には同じ飛行機で来た日本人の男の人が待ってました。「ど・・・どもっ!」お互い初対面。その時の夕日が妙に眩しかったなぁ。

  • 空港へ迎えに来たエフサン・ツーリストのガイドと一緒にワゴン車に乗り込んで、国道6号沿いに建つバンテアイスレーホテルへ。車の中で自己紹介して早くも打ち解けました。どうやら全日程、自分ともう一人の日本人の男の人、ガイド、運転手の4人での遺跡巡りの様で、楽しくなりそうだ。

    空港へ迎えに来たエフサン・ツーリストのガイドと一緒にワゴン車に乗り込んで、国道6号沿いに建つバンテアイスレーホテルへ。車の中で自己紹介して早くも打ち解けました。どうやら全日程、自分ともう一人の日本人の男の人、ガイド、運転手の4人での遺跡巡りの様で、楽しくなりそうだ。

    バンテアイ スレー ホテル

    バンテアイ スレー by shintさん
9いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

この旅行で行ったホテル

この旅行で行ったスポット

旅の計画・記録

マイルに交換できるフォートラベルポイントが貯まる
フォートラベルポイントって?

カンボジアで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
カンボジア最安 290円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

カンボジアの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

PAGE TOP

ピックアップ特集