広州 旅行記(ブログ) 一覧に戻る
37度27度。<br />この時期にしては結構暑い日だった。<br />7月10日に「ノービザ」で中国へ入国したこまは、<br />15日以内に出国しなければならない!!<br />従って、期限は明日の25日までだ!<br />・・・と言う事で、一日前だけど今日やっておく事にした。<br /><br />広州東駅から列車で香港直行!って言うのも有りだけど、<br />折角なので、深&#22323;の羅湖辺關(通関)からの出国-入国に挑戦!<br />(要するに、安く上げたい事と新幹線に乗ってみたかっただけ…?)

羅湖通関!即日速攻入出国作戦!~其の壱

2いいね!

2007/07/24 - 2007/07/24

770位(同エリア1153件中)

37度27度。
この時期にしては結構暑い日だった。
7月10日に「ノービザ」で中国へ入国したこまは、
15日以内に出国しなければならない!!
従って、期限は明日の25日までだ!
・・・と言う事で、一日前だけど今日やっておく事にした。

広州東駅から列車で香港直行!って言うのも有りだけど、
折角なので、深圳の羅湖辺關(通関)からの出国-入国に挑戦!
(要するに、安く上げたい事と新幹線に乗ってみたかっただけ…?)

PR

  • 出発前に、701室の階段テラスから見た風景。

    出発前に、701室の階段テラスから見た風景。

  • 眼下には幼稚園があります。

    眼下には幼稚園があります。

  • 朝10時半、番禺大石を出発!<br />

    朝10時半、番禺大石を出発!

  • アパートを出た所の大通りでタクシーを拾って、地下鉄駅まで向かいます。

    アパートを出た所の大通りでタクシーを拾って、地下鉄駅まで向かいます。

  • 地下鉄大石站まではそんなに遠くはないけど、歩くのにはチト辛い距離。

    地下鉄大石站まではそんなに遠くはないけど、歩くのにはチト辛い距離。

  • 乗り込んだタクシーには、広州で良く見かける「後部席専用空調」が搭載されていた!

    乗り込んだタクシーには、広州で良く見かける「後部席専用空調」が搭載されていた!

  • 余りにも天気が良いので、大石鎮周辺の様子をパチパチと撮ったのでご覧戴こう。<br /><br />スコールの多いこの町では、この様に建物の1階部分には軒のようになった部分がある。<br />(何とかと言うが忘れた・・・)<br />

    余りにも天気が良いので、大石鎮周辺の様子をパチパチと撮ったのでご覧戴こう。

    スコールの多いこの町では、この様に建物の1階部分には軒のようになった部分がある。
    (何とかと言うが忘れた・・・)

  • 「軽松&#21543;」が、なんで「Handsome&#21543;」なのか不明・・・<br />「軽松」は「リラックス」の意。<br />

    「軽松吧」が、なんで「Handsome吧」なのか不明・・・
    「軽松」は「リラックス」の意。

  • 黒馬大排档・・・ブラックホースステーキ屋?

    黒馬大排档・・・ブラックホースステーキ屋?

  • 街中ウオッチングをしながら写真を撮っていると、あっと言う間に4,5分が経過。<br /><br />地下鉄大石站到着!<br />入り口にはステーション用の小屋もなく、ただ単にエスカレータの穴が空いているだけ。<br /><br />

    街中ウオッチングをしながら写真を撮っていると、あっと言う間に4,5分が経過。

    地下鉄大石站到着!
    入り口にはステーション用の小屋もなく、ただ単にエスカレータの穴が空いているだけ。

  • 降りて行くと、、、<br />

    降りて行くと、、、

  • 中は広州でも一番新しい設計の駅。<br /><br />構内も綺麗。

    中は広州でも一番新しい設計の駅。

    構内も綺麗。

  • 体育西路で、3号線から1号線に乗り換えて、2つめで終点の「広州東站」到着。<br /><br />

    体育西路で、3号線から1号線に乗り換えて、2つめで終点の「広州東站」到着。

  • 地上に上がって、深&#22323;行きの切符を手配。<br /><br />そこで迷ったのが、普通の在来特急にするか、昨年開通した「中国新幹線」にするか。<br />百kmちょっとの距離で30元程高価だが、折角なので新幹線「子弾頭列車」にした(最初からそのつもりだったクセに!^^;)。<br /><br />「イニシャルD」は別ホームからの発車らしい。<br />クネクネと歩かされてホームへ向かう。<br /><br /><br />

    地上に上がって、深圳行きの切符を手配。

    そこで迷ったのが、普通の在来特急にするか、昨年開通した「中国新幹線」にするか。
    百kmちょっとの距離で30元程高価だが、折角なので新幹線「子弾頭列車」にした(最初からそのつもりだったクセに!^^;)。

    「イニシャルD」は別ホームからの発車らしい。
    クネクネと歩かされてホームへ向かう。


  • 乗車時の対応も格別良い。(これが普通だが)<br />

    乗車時の対応も格別良い。(これが普通だが)

  • 切符にある「D」の文字が、新幹線を意味する。<br /><br />南京−上海、義烏−上海等にも、既に新型が導入されている。<br /><br />あちらは北陸新幹線のデザインそのままの、先頭が家鴨の嘴みたいなヤツだ。<br />

    切符にある「D」の文字が、新幹線を意味する。

    南京−上海、義烏−上海等にも、既に新型が導入されている。

    あちらは北陸新幹線のデザインそのままの、先頭が家鴨の嘴みたいなヤツだ。

  • 車内も清潔。<br /><br />我々の乗った5号車は、食堂車と半分半分。<br />そこにあるトイレは大型で、一等席のトイレよりも豪華。<br />

    車内も清潔。

    我々の乗った5号車は、食堂車と半分半分。
    そこにあるトイレは大型で、一等席のトイレよりも豪華。

  • 列車は、静かにホームを滑り出す。<br />

    列車は、静かにホームを滑り出す。

  • シームレスレール採用なので、ノイズこそ無かったが、少し揺れがひどいのには幻滅した。<br /><br />170km程で巡行していた。<br />そんなに早くないな・・・と思っていると・・・<br /><br />

    シームレスレール採用なので、ノイズこそ無かったが、少し揺れがひどいのには幻滅した。

    170km程で巡行していた。
    そんなに早くないな・・・と思っていると・・・

  • 田舎の広い地帯に出た所で徐々に加速!!<br />実際は220km程出ていたように感じる。<br />200kmを表示して、まだまだ加速していたけど、表示はそのまま。<br /><br />表示は、約5,6秒遅れて出るような感じだった。<br />

    田舎の広い地帯に出た所で徐々に加速!!
    実際は220km程出ていたように感じる。
    200kmを表示して、まだまだ加速していたけど、表示はそのまま。

    表示は、約5,6秒遅れて出るような感じだった。

  • この列車は、東莞、樟木頭、そしてもう一駅停まってから深&#22323;に向かうタイプだった。<br />

    この列車は、東莞、樟木頭、そしてもう一駅停まってから深圳に向かうタイプだった。

  • 車両によっては「直行」もあるが、85元と更に10元高かった。<br /><br />それ以外は、途中に一駅停まるタイプと、このように3駅停まるタイプが有るようだが、どれも同価格の75元。<br /><br />

    車両によっては「直行」もあるが、85元と更に10元高かった。

    それ以外は、途中に一駅停まるタイプと、このように3駅停まるタイプが有るようだが、どれも同価格の75元。

  • 同型の車両。樟木頭站停車中に反対側を通過していった。<br />

    同型の車両。樟木頭站停車中に反対側を通過していった。

  • 樟木頭站周辺。<br />最新列車の路線周辺は、まだまだ時間が止まったような住まいが多かった。<br /><br />

    樟木頭站周辺。
    最新列車の路線周辺は、まだまだ時間が止まったような住まいが多かった。

  • 近代化の煽りを受けるまでそう遠くないと思う。

    近代化の煽りを受けるまでそう遠くないと思う。

  • 3つめの駅も過ぎ、後は深&#22323;に向かうのみ。<br />

    3つめの駅も過ぎ、後は深圳に向かうのみ。

  • 快適な列車の旅は、普通なら2時間かかる所を、1時間ですんなりと深&#22323;に到着するようだ。<br /><br />高層ビルなどが見えてきた。<br /><br />

    快適な列車の旅は、普通なら2時間かかる所を、1時間ですんなりと深圳に到着するようだ。

    高層ビルなどが見えてきた。

  • それが其のサインになる。<br />

    それが其のサインになる。

  • 深セン到着。<br /><br />折角なので記念撮影。<br />我々が座っていたシートは爺ぃの後側。<br />

    深セン到着。

    折角なので記念撮影。
    我々が座っていたシートは爺ぃの後側。

  • 深&#22323;駅を出ると、何故か辺りは涼しいまま。。。<br /><br />整然と片付いたコンコース。爺ぃが左方向を指して一言!<br /> 「硝子の壁があるぞ!」<br /><br />そうなんです。<br />中国でも2つと無いだろう、そこは「空調付き駅外側のコンコース」だったのでした!<br /><br />深&#22323;での羅湖通関は、駐在時代に一度だけやった事があるけど、あくまでも香港への往復。<br />その当時は、兎に角殺伐としたイメージだけだったが、今はここまで綺麗になり、余所では「無駄」と取られるようなサービスが充実している。。。<br /><br />「便利さの追究とサービス」これが近代都市化の姿。

    深圳駅を出ると、何故か辺りは涼しいまま。。。

    整然と片付いたコンコース。爺ぃが左方向を指して一言!
     「硝子の壁があるぞ!」

    そうなんです。
    中国でも2つと無いだろう、そこは「空調付き駅外側のコンコース」だったのでした!

    深圳での羅湖通関は、駐在時代に一度だけやった事があるけど、あくまでも香港への往復。
    その当時は、兎に角殺伐としたイメージだけだったが、今はここまで綺麗になり、余所では「無駄」と取られるようなサービスが充実している。。。

    「便利さの追究とサービス」これが近代都市化の姿。

  • 前にもどこかで書いたけど、中国の本当の発展地は広東だよな〜。<br /><br />意固地な上海、お高い北京。<br />万博とオリンピックを控えているけど、そんな肩書き持ったところで、人間が育たなきゃな〜んの意味もなし。

    前にもどこかで書いたけど、中国の本当の発展地は広東だよな〜。

    意固地な上海、お高い北京。
    万博とオリンピックを控えているけど、そんな肩書き持ったところで、人間が育たなきゃな〜んの意味もなし。

  • さて、深&#22323;に関しては、先に羅湖から香港側へ出て戻ってきてから散策しょう!<br /><br />まずは、ここ「羅湖辺境」の様子を把握してみる事にした。<br />爺ぃは通関出来ないので、深&#22323;側でお留守番。こまが羅湖から戻ってきた時に、どこで待ち合わせるのが良いか決める事にした。<br /><br />出国ゲートから、壊れて停まっていたエスカレーターを降り、入国ゲートの様子を見に下へと降りて行った。<br />出境と入境のロビーは、将に上と下になっているだけなので、出てきてからも直ぐにこの壊れたエスカレータで上に上がれる。<br />下には椅子も何もなく、2階にはベンチが沢山あったので、エアコンも良く効いている。<br />爺ぃは雑誌も持ってきていたので、涼しい2階の「出境」のロビーで待って貰う事にした。

    さて、深圳に関しては、先に羅湖から香港側へ出て戻ってきてから散策しょう!

    まずは、ここ「羅湖辺境」の様子を把握してみる事にした。
    爺ぃは通関出来ないので、深圳側でお留守番。こまが羅湖から戻ってきた時に、どこで待ち合わせるのが良いか決める事にした。

    出国ゲートから、壊れて停まっていたエスカレーターを降り、入国ゲートの様子を見に下へと降りて行った。
    出境と入境のロビーは、将に上と下になっているだけなので、出てきてからも直ぐにこの壊れたエスカレータで上に上がれる。
    下には椅子も何もなく、2階にはベンチが沢山あったので、エアコンも良く効いている。
    爺ぃは雑誌も持ってきていたので、涼しい2階の「出境」のロビーで待って貰う事にした。

  • 1階は入境ゲート、2階は出境ゲート、そして3階は、「香港人専用通関口」になっていて、彼らはIDカードを自動改札同様に入れて通過するだけでOK。<br /><br />で、こまは爺ぃとお別れし、2階の出境ゲートから中へと進んで行った。<br />青の出境カードに必要事項を書き込み、イミグレを通過してあっと言う間に出国。<br /><br />

    1階は入境ゲート、2階は出境ゲート、そして3階は、「香港人専用通関口」になっていて、彼らはIDカードを自動改札同様に入れて通過するだけでOK。

    で、こまは爺ぃとお別れし、2階の出境ゲートから中へと進んで行った。
    青の出境カードに必要事項を書き込み、イミグレを通過してあっと言う間に出国。

  • 今、中国とも香港とも言えない所に居る感じ。<br /><br />この微妙な距離の通路を進むと、もう一つのゲート「香港入境ゲート」がある。<br />目の前左手に、内地客と外国客の通路。<br /><br />真っ直ぐ行くのは香港在住者用で、「帰香港」となっている。<br />彼らはここでも、IDカードを自動改札に通すだけで、サササ〜と香港へ入れるようになっている。

    今、中国とも香港とも言えない所に居る感じ。

    この微妙な距離の通路を進むと、もう一つのゲート「香港入境ゲート」がある。
    目の前左手に、内地客と外国客の通路。

    真っ直ぐ行くのは香港在住者用で、「帰香港」となっている。
    彼らはここでも、IDカードを自動改札に通すだけで、サササ〜と香港へ入れるようになっている。

  • フィルターにかけられたこまと中国内地人達。<br />でもって、その左への通路がまた縦に分けられていた。<br />直感で判ったが、空いている方が外国人通路のようだった。<br />中国からの香港訪問組は、その縦割りの左側、混んでいる方に並ばせられているのが判った。<br />・・・と言うより、人が多いのでこんな風に並ぶ結果になるんだろう。<br /><br />空いている方をツカツカ・・・と進んで行くと、終点部分で健康検査の網が張られていた。<br />でも、厳密に体温チェックセンサーを当てられているのは、その区分けされた中国人サイドだけで、こまの通路には何もなく素通り可。<br />ツカツカと歩いてきたこまは、ノーチェックで香港入管イミグレに向かう事ができた。<br /><br />香港入国用のカーボン式カードに必要事項を記載し、香港訪問者と書かれた所に並ぶ。<br />この時、並んだ所の運悪く、前の広東人のチェックが長くて時間を喰った。<br /><br />なんだか話しが進まず、彼女、とうとう別室へ連れて行かれた。<br />書類の不備なのか何なのか、他でもアラブ系の人が同じように別室へご案内・・・<br />日本人、こう言う時はすんなり通過出来るんですよね〜。<br />こまの後に居た人は「コイツも時間喰うんちゃうか!?」って思っていたりして。。。<br /> <br />香港入国を無事済まし、「さ!早速戻ろう!!」と思って辺りをウロウロ。<br />しかし、行き着く所は「改札」のみで、「出口」らしきモノが無い。<br /><br />大きなカメラ片手にウロチョロする怪しいヤツに見えるのか、保安員がこっちを見ている。<br />ドンドン行くと、、、行く手は半円型のドーム式テラスの様になっており、出口らしきモノなど無く硝子張りの壁のみ。<br /><br />丁度そこに「インフォメーション」が有ったので、早速<br /><br />「回大陸什幺走(大陸へはどう戻るの)?」<br /><br />と聞いてみたら、「這里只能往前走。不可往回(ここは一方通行、戻る事は出来ません)。&#20320;要回去時,先出去下一車站下車才能回来(戻る場合は、一旦列車でどこかの駅まで行かないと戻れませんよ)」<br /><br />  が〜〜〜ん!!<br /><br />し・・・知りませんでした。。。<br />だとしたら、一番近い駅でUターンするしかない!!<br /><br />「どこ?」と聞いたら、「上水站」と言われて、自販機へ向かったが、全てが八達通カード専用となっていた!!<br /><br />オクトパスカードは持っていないこま。<br />早速窓口で買う事にしてみたが、、、 <br /><br />  が〜〜〜ん!!20香港元!!!<br /><br />たったひと駅で20元も取るの!!?<br />高かろうがどうしようが、買わなきゃどうしようもないけど、香港ドルは持ってきていなかったこま。<br /><br />早速、人民元が使えるかどうか切符売り場で確認すると・・・・<br /><br />  「不可以(だめ〜)」<br /><br />と言われて玉砕。。。<br />でも、ちゃんと両替所があったので、今は丁度人民元の方が勝っているので、最悪でも「1:1」と思い、早速人民元50元を交換してみた。<br /><br />戻ってきたのは、、、 <br /><br />  が〜〜〜ん!!49香港元!!!<br />  (こればっか・・・)<br /><br />な・な・何と、去年のレートのような交換率。<br />たった1元だけど、銀行公正取引レートを無視したいけずな交換額。。。<br /><br />香港、やって呉れます。。。<br /><br /><br />ショックが続いたので、この間の映像は無し。。。(^^;(完全に撮る気力がなかった) <br />少々ショックを受けながらも、20元札2枚と小銭を鷲掴みにして、切符売り場で20元の切符をゲットし改札をくぐった。。。

    フィルターにかけられたこまと中国内地人達。
    でもって、その左への通路がまた縦に分けられていた。
    直感で判ったが、空いている方が外国人通路のようだった。
    中国からの香港訪問組は、その縦割りの左側、混んでいる方に並ばせられているのが判った。
    ・・・と言うより、人が多いのでこんな風に並ぶ結果になるんだろう。

    空いている方をツカツカ・・・と進んで行くと、終点部分で健康検査の網が張られていた。
    でも、厳密に体温チェックセンサーを当てられているのは、その区分けされた中国人サイドだけで、こまの通路には何もなく素通り可。
    ツカツカと歩いてきたこまは、ノーチェックで香港入管イミグレに向かう事ができた。

    香港入国用のカーボン式カードに必要事項を記載し、香港訪問者と書かれた所に並ぶ。
    この時、並んだ所の運悪く、前の広東人のチェックが長くて時間を喰った。

    なんだか話しが進まず、彼女、とうとう別室へ連れて行かれた。
    書類の不備なのか何なのか、他でもアラブ系の人が同じように別室へご案内・・・
    日本人、こう言う時はすんなり通過出来るんですよね〜。
    こまの後に居た人は「コイツも時間喰うんちゃうか!?」って思っていたりして。。。
     
    香港入国を無事済まし、「さ!早速戻ろう!!」と思って辺りをウロウロ。
    しかし、行き着く所は「改札」のみで、「出口」らしきモノが無い。

    大きなカメラ片手にウロチョロする怪しいヤツに見えるのか、保安員がこっちを見ている。
    ドンドン行くと、、、行く手は半円型のドーム式テラスの様になっており、出口らしきモノなど無く硝子張りの壁のみ。

    丁度そこに「インフォメーション」が有ったので、早速

    「回大陸什幺走(大陸へはどう戻るの)?」

    と聞いてみたら、「這里只能往前走。不可往回(ここは一方通行、戻る事は出来ません)。你要回去時,先出去下一車站下車才能回来(戻る場合は、一旦列車でどこかの駅まで行かないと戻れませんよ)」

      が〜〜〜ん!!

    し・・・知りませんでした。。。
    だとしたら、一番近い駅でUターンするしかない!!

    「どこ?」と聞いたら、「上水站」と言われて、自販機へ向かったが、全てが八達通カード専用となっていた!!

    オクトパスカードは持っていないこま。
    早速窓口で買う事にしてみたが、、、

      が〜〜〜ん!!20香港元!!!

    たったひと駅で20元も取るの!!?
    高かろうがどうしようが、買わなきゃどうしようもないけど、香港ドルは持ってきていなかったこま。

    早速、人民元が使えるかどうか切符売り場で確認すると・・・・

      「不可以(だめ〜)」

    と言われて玉砕。。。
    でも、ちゃんと両替所があったので、今は丁度人民元の方が勝っているので、最悪でも「1:1」と思い、早速人民元50元を交換してみた。

    戻ってきたのは、、、

      が〜〜〜ん!!49香港元!!!
      (こればっか・・・)

    な・な・何と、去年のレートのような交換率。
    たった1元だけど、銀行公正取引レートを無視したいけずな交換額。。。

    香港、やって呉れます。。。


    ショックが続いたので、この間の映像は無し。。。(^^;(完全に撮る気力がなかった)
    少々ショックを受けながらも、20元札2枚と小銭を鷲掴みにして、切符売り場で20元の切符をゲットし改札をくぐった。。。

  • 駅に降りて辺りを窺うこま。<br />

    駅に降りて辺りを窺うこま。

  • コンコースの高架橋を渡ってホームへ。

    コンコースの高架橋を渡ってホームへ。

  • 駅には九廣鉄路の列車が入ってきた。<br /><br />

    駅には九廣鉄路の列車が入ってきた。

  • 出発時間が来たようで、みんながドアの前で整列。<br />大陸と違う一面。<br />

    出発時間が来たようで、みんながドアの前で整列。
    大陸と違う一面。

  • 何だか心許なく感じるこま。<br />(ホンマかいな)

    何だか心許なく感じるこま。
    (ホンマかいな)

  • ホームの先には、中鉄の機動車両が見え、なんだか懐かしくさえ感じた。。。<br /><br />

    ホームの先には、中鉄の機動車両が見え、なんだか懐かしくさえ感じた。。。

  • ふと振り向くと、深&#22323;の町が見える。

    ふと振り向くと、深圳の町が見える。

  • あんなに沢山居た人が上手く別れて座り、席が満遍なく行き渡る。<br /><br />

    あんなに沢山居た人が上手く別れて座り、席が満遍なく行き渡る。

  • こまも座って辺りを窺う。<br />広州の3号線と良く似た感じ。<br /><br />実際、3号線がマネしているだけだろうけど。<br /><br />

    こまも座って辺りを窺う。
    広州の3号線と良く似た感じ。

    実際、3号線がマネしているだけだろうけど。

  • 走り出すと、別の型の車両も見えた。

    走り出すと、別の型の車両も見えた。

  • 5,6分で「上水」駅に到着。<br /><br />

    5,6分で「上水」駅に到着。

  • 下車して出口へ向かうこま。

    下車して出口へ向かうこま。

  • その横を、今乗ってきた「ミラーマンの顔」のような列車が過ぎて行く。

    その横を、今乗ってきた「ミラーマンの顔」のような列車が過ぎて行く。

  • 山水駅に取り残されるこま。<br /><br />振り返ると、掲示板には1分後にもう次の列車がくると出ている。<br />2分ごとに来るみたい。<br />「尖東」とは、尖沙咀東のこと。<br /><br /><br />さて、これから反対側へ向かいますか・・・<br /><br /><br /><br />あ!・・・<br />長くなるので続きます。

    山水駅に取り残されるこま。

    振り返ると、掲示板には1分後にもう次の列車がくると出ている。
    2分ごとに来るみたい。
    「尖東」とは、尖沙咀東のこと。


    さて、これから反対側へ向かいますか・・・



    あ!・・・
    長くなるので続きます。

この旅行記のタグ

2いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

この旅行記へのコメント (2)

開く

閉じる

  • カザMAXさん 2007/11/12 11:48:00
    わたしも同じ経験が…。
    こまちゃん様 こんにちは。

    実は、わたしも香港返還前に、同じ事をした経験があります。
    コースは逆なのですが…。

    香港の短期滞在のビザが切れる前に、
    深センに行って、日帰りで香港に戻ればいいと思ったのです。
    ところが、深センからの帰りに香港の入国審査でつかまり、
    別室に連れて行かれてしまいました。

    日本へ一旦戻った後なら、ビザの更新は出来るが、
    深センからではダメと言うのです。本当に困りました。

    でも、結局は
    「まあ、今度だけは許してやる。」と言うことで、
    無事、香港入国が出来たのです。

    逆コースなら、すんなりなんですね。

    もしかしたら…。
    深センはあの当時、香港人からも、とても物騒と言われていた頃で、
    スリなどの被害にあわない様にと、すごく汚い格好をして行ったので、
    いろんな意味で疑われていたのかも知れません。
    実際、深センの駅前にいっぱいいた「謝謝ニー。」の人が、
    わたしだけは避けた位、汚かったので…。(笑)

    自分の体験がそうだったので、こまちゃんの旅行記を読んでいて、
    再び無事に画家さんに会えるのか、ドキドキしてしまいました。
    そんなに待たせる事無く、無事に再会できて、良かったですね。

    こまちゃん

    こまちゃんさんからの返信 2007/11/12 14:06:10
    RE: わたしも同じ経験が…。
    その当時ですと、大陸へでての効力復帰はないでしょうね。
    香港にとって大陸は、効果のある外国じゃなかった…と言う事でしょうか。^^;
    大陸からは、一旦行政外へでて、そして再入国すると効力が戻るのは、
    が遺書の流入を歓迎する中国ならではの効果でしょうね。

    でも、広東管理は緩くて助かりますね。
    船での入国でも、何かデパートの出入りをしているような気がしました。
    同じ入出国でも、飛行場でそんな事があったら、先ずは許可されない
    ですし、罰金は確実ですよね。


    汚い恰好・・・・
    どんなのでしょ?・・・('ω'?

        <<想像タイム>>

                   スタスタスタεεεε=ヘ(*’∇’)ノ

    でも、羅湖から出国-入国を終え、駅にて反対側へ行けなかった時、
    袋小路の円形改札ロビーの窓から表を見て、とても哀しくなりました・・・
    みんなの目線が痛かったし。(‥って、ホントは誰も見てないのにね)

    しかし、香港側も上手い事考えているモンですね。
    infoの小姐、「上水ですよ」と答えた後、「みんなそうされています」と、
    この問い合わせが多い事を物語るモノでした。

    こま同様にせこい人も多いみたい・・・(^ω^;

     こま

こまちゃんさんのトラベラーページ

中国で使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
中国最安 90円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

中国の料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

広州(中国) で人気のタグ

PAGE TOP

ピックアップ特集