喀什 旅行記(ブログ) 一覧に戻る
9月9日。<br />砂埃が少し晴れてはいたが、やはり相変わらずの砂テント。<br /> <br />今日は夕方に喀什へ引き返す日。<br />その前に「維吾爾民族風格」を体験すると言う事で、韓さんの兄貴の息子、小丁のセッティング。(風格:“気分”の中国語)<br />小丁は喀什の政府書記で偉い人。<br />前日の霍什拉甫郷(フォスラップ村)山岳地帯へのチェロキーも、この人の融通で出して貰えたものだ。<br /> <br />その後は、戻る途中に莎車の花帽子と、「英吉沙」で維吾爾ナイフを見繕う予定。<br />さてさて、半ば珍道中を含ませながらの喀什への帰路も含めてご覧あれ。<br />

新疆放浪の旅・其の34~離開莎車!!南疆旅情第10弾、維吾爾人酋長宅訪問記!?~

6いいね!

2006/08/19 - 2006/09/19

129位(同エリア237件中)

    53

    4

    9月9日。
    砂埃が少し晴れてはいたが、やはり相変わらずの砂テント。

    今日は夕方に喀什へ引き返す日。
    その前に「維吾爾民族風格」を体験すると言う事で、韓さんの兄貴の息子、小丁のセッティング。(風格:“気分”の中国語)
    小丁は喀什の政府書記で偉い人。
    前日の霍什拉甫郷(フォスラップ村)山岳地帯へのチェロキーも、この人の融通で出して貰えたものだ。

    その後は、戻る途中に莎車の花帽子と、「英吉沙」で維吾爾ナイフを見繕う予定。
    さてさて、半ば珍道中を含ませながらの喀什への帰路も含めてご覧あれ。

    同行者
    友人
    一人あたり費用
    30万円 - 50万円
    交通手段
    レンタカー
    航空会社
    中国国際航空

    PR

    • 荷物を招待所から韓さんの家に移し、彼の家で朝食を戴く。<br />早茶式の朝ご飯は、お粥、油条、片面焼きのパンと、どれをとっても美味しい。<br />レストランでこの味が食べられず、店で買ってくると揃うというのも面白い。<br />地元人だけが楽しめるこの味。

      荷物を招待所から韓さんの家に移し、彼の家で朝食を戴く。
      早茶式の朝ご飯は、お粥、油条、片面焼きのパンと、どれをとっても美味しい。
      レストランでこの味が食べられず、店で買ってくると揃うというのも面白い。
      地元人だけが楽しめるこの味。

    • そのチェロキーが出迎えてくれた。<br />莎車市内から30km弱離れた田舎の維吾爾人町へ向かう。<br /> <br />いつもお馴染みの「突然の道路口」。<br />ホント、ここを入ると世界が激変する。

      そのチェロキーが出迎えてくれた。
      莎車市内から30km弱離れた田舎の維吾爾人町へ向かう。

      いつもお馴染みの「突然の道路口」。
      ホント、ここを入ると世界が激変する。

    • ・・・っと、その前に車が停車した。<br />電話が掛かってきて少し待っているという。<br />すると・・・南疆列車で偶然出会った爺ぃの友人がやって来た。彼は喀什の1つ前で降りた筈だったが、仕事を済ませて後から莎車に来たらしい。<br />画材用のベニアを見繕ってみたので確認して欲しいとの事だった。<br /> <br />結果は・・・ボツ(~~;<br />他人に口で説明しても、専門家でさえ一発には判らないのが火筆用板の難しい所だ。

      ・・・っと、その前に車が停車した。
      電話が掛かってきて少し待っているという。
      すると・・・南疆列車で偶然出会った爺ぃの友人がやって来た。彼は喀什の1つ前で降りた筈だったが、仕事を済ませて後から莎車に来たらしい。
      画材用のベニアを見繕ってみたので確認して欲しいとの事だった。

      結果は・・・ボツ(~~;
      他人に口で説明しても、専門家でさえ一発には判らないのが火筆用板の難しい所だ。

    • 彼らが板談義をしている間、目の前の「突然の道路口」の様子を撮影していた。<br />行き交う驢馬車。<br />驢馬君、どこかにぶっつけたのか、固め周辺がアザになっている。紫色は傷薬の跡。

      彼らが板談義をしている間、目の前の「突然の道路口」の様子を撮影していた。
      行き交う驢馬車。
      驢馬君、どこかにぶっつけたのか、固め周辺がアザになっている。紫色は傷薬の跡。

    • 熱く語り合う地元の人。<br />この辺りは中国人と相通じる所在り。

      熱く語り合う地元の人。
      この辺りは中国人と相通じる所在り。

    • 出店のある一角。

      出店のある一角。

    • さて、話しも済んだようなので出発だ。

      さて、話しも済んだようなので出発だ。

    • いつものように、白楊樹(新疆ポプラ)の並木のアーケードを行く。

      いつものように、白楊樹(新疆ポプラ)の並木のアーケードを行く。

    • 維吾爾おばさん達が「帯」になって歩いている。<br />道には何ら影響なし。

      維吾爾おばさん達が「帯」になって歩いている。
      道には何ら影響なし。

    • 村に着いたが、何て言う村かは不明。<br />(訊いたが判らなかった(^^;)

      村に着いたが、何て言う村かは不明。
      (訊いたが判らなかった(^^;)

    • 案内された家は、土地の維吾爾人の権力者の家で、かなり広くて大きな四合院形式の平房。<br />「酋長」ではないが、この村の長である事には違いはない。<br />接客する部屋は、ソファのある部屋と維吾爾人接待の部屋などに別れている。理由は、漢民族は胡座がかけないから、維吾爾人同士の接待に使う部屋では無理があるから、個別にソファの部屋を準備してあるそうだ。我々なら問題なく、維吾爾人部屋で交流できるんだけどね。

      案内された家は、土地の維吾爾人の権力者の家で、かなり広くて大きな四合院形式の平房。
      「酋長」ではないが、この村の長である事には違いはない。
      接客する部屋は、ソファのある部屋と維吾爾人接待の部屋などに別れている。理由は、漢民族は胡座がかけないから、維吾爾人同士の接待に使う部屋では無理があるから、個別にソファの部屋を準備してあるそうだ。我々なら問題なく、維吾爾人部屋で交流できるんだけどね。

    • 集まった人たちの中に、警察関係者が多いのに驚いた。<br />一人は2万人を扱っている責任者だったりするそうだけど、車で来ているのにみんな白酒を楽しんでいる事に微か〜な疑問を感じながらも「所詮中国だから…」とあっさり流してしまう自分が怖かった。<br /> <br />最初は果物や干果実をつまみながらの雑談が進み、いよいよ食事が運ばれてきた。<br />最初は定石の手抓肉。羊肉の肉塊の塩茹で。手で抓み食べる事からこの名前が付いているもの。<br />かなり豪快で、囓ると時々骨の欠片も一緒に囓ってしまうし手もギトギトになる。過保護な日本人の口には一寸きつい肉料理かも知れない。<br />レストランならこんな事はないかも知れないけど、現にクニクニには、既にこの肉には拒否反応があるようだ。(^^;<br /><br />(手抓肉の写真が・・・無い!?(><;)

      集まった人たちの中に、警察関係者が多いのに驚いた。
      一人は2万人を扱っている責任者だったりするそうだけど、車で来ているのにみんな白酒を楽しんでいる事に微か〜な疑問を感じながらも「所詮中国だから…」とあっさり流してしまう自分が怖かった。

      最初は果物や干果実をつまみながらの雑談が進み、いよいよ食事が運ばれてきた。
      最初は定石の手抓肉。羊肉の肉塊の塩茹で。手で抓み食べる事からこの名前が付いているもの。
      かなり豪快で、囓ると時々骨の欠片も一緒に囓ってしまうし手もギトギトになる。過保護な日本人の口には一寸きつい肉料理かも知れない。
      レストランならこんな事はないかも知れないけど、現にクニクニには、既にこの肉には拒否反応があるようだ。(^^;

      (手抓肉の写真が・・・無い!?(><;)

    • しかし、本場で食べるこの肉は、タダ単に茹でただけのもので在りながら、肉の旨味がすこぶる良くて沢山食べられる。<br />他で同じものを出された事があるけど、肉がカスカスで旨味が乏しく戴けたものではない。<br />都会で出されたものなら尚悪く、羊自体が違うので食べ物とは言えないレベルになる。<br />それでも本場の味を知らなければ食べられるのだろうけど。。。

      しかし、本場で食べるこの肉は、タダ単に茹でただけのもので在りながら、肉の旨味がすこぶる良くて沢山食べられる。
      他で同じものを出された事があるけど、肉がカスカスで旨味が乏しく戴けたものではない。
      都会で出されたものなら尚悪く、羊自体が違うので食べ物とは言えないレベルになる。
      それでも本場の味を知らなければ食べられるのだろうけど。。。

    • 次々に出される維吾爾族の接待料理。<br />{火考}鵞子肉(鵞鳥の丸焼き)、羊肉湯(羊煮込みスープ)、抓飯(ポロ)、拌面(ラグ面)。。。<br />本場の、しかも権力者の家で出される料理は、食材の良さもさながら最高の味を提供してくれる。<br />美味しいけど相変わらず量が多すぎて食べ切らない。他の人から言われた通り、出されたものは全部さらえず程々にしながら次のを戴く。

      次々に出される維吾爾族の接待料理。
      {火考}鵞子肉(鵞鳥の丸焼き)、羊肉湯(羊煮込みスープ)、抓飯(ポロ)、拌面(ラグ面)。。。
      本場の、しかも権力者の家で出される料理は、食材の良さもさながら最高の味を提供してくれる。
      美味しいけど相変わらず量が多すぎて食べ切らない。他の人から言われた通り、出されたものは全部さらえず程々にしながら次のを戴く。

    • テーブル上に、骨や要らないものを吐き出す習慣がある中華圏人。この地の維吾爾人もその習慣は同じだった。<br />維吾爾人のお手伝い君が頻繁にやって来ては、テーブルの上の骨殻やゴミ、お皿などを片付けて呉れるので、いつも小綺麗に片づいているテーブル。<br /><br />最後に出てきたのは、彼ら特製の「面」(千切った面が入っていた)<br />何となくカレーのように見えるが、味は、少し孜然(クミン)の効いた独特なもの。でも味は中々だった。

      テーブル上に、骨や要らないものを吐き出す習慣がある中華圏人。この地の維吾爾人もその習慣は同じだった。
      維吾爾人のお手伝い君が頻繁にやって来ては、テーブルの上の骨殻やゴミ、お皿などを片付けて呉れるので、いつも小綺麗に片づいているテーブル。

      最後に出てきたのは、彼ら特製の「面」(千切った面が入っていた)
      何となくカレーのように見えるが、味は、少し孜然(クミン)の効いた独特なもの。でも味は中々だった。

    • 提供された白酒は、何と市場では手に入らない伊力酒厰の10年もので、瀬戸物ボトルの伊力特老窖。<br /><br />度数は・・・・・60度!!(@@;<br />こまはとんでもないモードなので、左奥に見えている彼らが「葡萄酒」と言いながら出してくれた飲み物を戴いた。<br /><br />「葡萄酒」と言うので安心したのも束の間、とろ〜りとしたその液体からは、甘くて且つ濃い〜ぃアルコールの芳りが漂ってきていた。<br />ボトルを見ていなかったので、最初「ぐいっ」と行きかけて…「濃いっ(><;」と感じ思わずストップ!!<br /><br />すかさずボトルを要求して、ラベルを見てみると、、、「果実酒38度」の文字が。。。<br />騙した訳ではなく、誰も飲まなかったので葡萄酒と思いこんでいたようだ。。。ひどい(TへT

      提供された白酒は、何と市場では手に入らない伊力酒厰の10年もので、瀬戸物ボトルの伊力特老窖。

      度数は・・・・・60度!!(@@;
      こまはとんでもないモードなので、左奥に見えている彼らが「葡萄酒」と言いながら出してくれた飲み物を戴いた。

      「葡萄酒」と言うので安心したのも束の間、とろ〜りとしたその液体からは、甘くて且つ濃い〜ぃアルコールの芳りが漂ってきていた。
      ボトルを見ていなかったので、最初「ぐいっ」と行きかけて…「濃いっ(><;」と感じ思わずストップ!!

      すかさずボトルを要求して、ラベルを見てみると、、、「果実酒38度」の文字が。。。
      騙した訳ではなく、誰も飲まなかったので葡萄酒と思いこんでいたようだ。。。ひどい(TへT

    • いやはや、小丁が、「こう言う時の為に秘蔵していたんだぜ・・」と言いながら、2本も開けてしまう有様。<br />3本目を取り出した所で、流石のみんなもストップをかけた。(~~;

      いやはや、小丁が、「こう言う時の為に秘蔵していたんだぜ・・」と言いながら、2本も開けてしまう有様。
      3本目を取り出した所で、流石のみんなもストップをかけた。(~~;

    • お馴染みの(?)、“額に汗しながら呑む白酒”・・・の図(ーー;<br /><br />小丁は今年31才卯年(ええ〜!!!?)<br />でもって、爺ぃの息子達と遊んだ仲で、その頃は絞まってて痩せた少年だったそうだ。<br /><br />この写真を見て爺ぃの息子達は・・・(^^;<br /><br />第一声:「那…這是誰・・?好象面熟・・・」<br />第二声:「小丁!!?那……那幺胖!気球一様!真了不起・・」 <br /><br />情景的翻訳<br />第一声:「え…誰やこれ・・?ん〜知ってる気はするんやけどぉ・・・」<br />第二声:「小丁!!?えっ……こんなデブに?風船みたいやんか!マジ信じられへん・・」

      お馴染みの(?)、“額に汗しながら呑む白酒”・・・の図(ーー;

      小丁は今年31才卯年(ええ〜!!!?)
      でもって、爺ぃの息子達と遊んだ仲で、その頃は絞まってて痩せた少年だったそうだ。

      この写真を見て爺ぃの息子達は・・・(^^;

      第一声:「那…這是誰・・?好象面熟・・・」
      第二声:「小丁!!?那……那幺胖!気球一様!真了不起・・」 

      情景的翻訳
      第一声:「え…誰やこれ・・?ん〜知ってる気はするんやけどぉ・・・」
      第二声:「小丁!!?えっ……こんなデブに?風船みたいやんか!マジ信じられへん・・」

    • クニクニも。<br />高級な白酒は、結構おつなものらしく結構飲んでいる。<br />本人の口からも、、、「これはおまえ、旨いわ…」だって。(~~;<br /><br />後、知らんで〜…

      クニクニも。
      高級な白酒は、結構おつなものらしく結構飲んでいる。
      本人の口からも、、、「これはおまえ、旨いわ…」だって。(~~;

      後、知らんで〜…

    • さあ、夕方5時には喀什まで戻らなければならないので、ゆったりのんびりしている訳にはいかない。

      さあ、夕方5時には喀什まで戻らなければならないので、ゆったりのんびりしている訳にはいかない。

    • 2時間程の宴会もあっと言う間に時間となり、同行者と維吾爾老板とみんなで記念撮影をして、維吾爾民族体験の家を後にした。

      2時間程の宴会もあっと言う間に時間となり、同行者と維吾爾老板とみんなで記念撮影をして、維吾爾民族体験の家を後にした。

    • 酋長さんの庭にいた(旨そうな)鶏。<br />面構えが怖い・・・<br /> <br />「庭」と言うか、その辺自由自在って感じだったけど。

      酋長さんの庭にいた(旨そうな)鶏。
      面構えが怖い・・・

      「庭」と言うか、その辺自由自在って感じだったけど。

    • 皆さん、思い思いに車で来ているので、、、って、みなさん公安、、、警察さん?飲酒運転ですけど・・・まあいいか。(~~;<br />グランドチェロキーで羽振りの良いこの方は、この地域で2万人の部下を扱って居るんですって。<br />やっぱり公安ってお金持ち。。。公用車がこれか・・・(’へ’

      皆さん、思い思いに車で来ているので、、、って、みなさん公安、、、警察さん?飲酒運転ですけど・・・まあいいか。(~~;
      グランドチェロキーで羽振りの良いこの方は、この地域で2万人の部下を扱って居るんですって。
      やっぱり公安ってお金持ち。。。公用車がこれか・・・(’へ’

    • 町の風景に公安の案内板発見。<br />漢字と維吾爾語で書かれている。

      町の風景に公安の案内板発見。
      漢字と維吾爾語で書かれている。

    • 一旦莎車県政府へ向かうと言う。<br /> <br />画像は村の様子。

      一旦莎車県政府へ向かうと言う。

      画像は村の様子。

    • 政府庭で、またも見付けたこの花。

      政府庭で、またも見付けたこの花。

    • 莎車県政府楼。

      莎車県政府楼。

    • 今日の宴会に参加した漢民族一同と記念撮影。

      今日の宴会に参加した漢民族一同と記念撮影。

    • 一旦韓さんの家に向かう。

      一旦韓さんの家に向かう。

    • 小さな村を通る度に見かけるロータリーの塔。

      小さな村を通る度に見かけるロータリーの塔。

    • これだけ見かけても、相変わらずみんな同じ人に見えてしまうこま。。。<br />何か、細い人、肥えた人、背の高い人、低い人など、5,6パターンの組み合わせでしか判らない。(~~;

      これだけ見かけても、相変わらずみんな同じ人に見えてしまうこま。。。
      何か、細い人、肥えた人、背の高い人、低い人など、5,6パターンの組み合わせでしか判らない。(~~;

    • 韓さんの家に戻ったのは6時を回っていた。<br />我々は、爺ぃの妹で胖哥の奥さんに最後のお別れをし、韓さんは付き添いで一緒に喀什へ同行。<br />奥さんとの久しぶりの再会も束の間の4日間だった。<br /> <br />昨晩買った「赤い梨」。ぐにゃっと柔らくて美味しかった&#9825;

      韓さんの家に戻ったのは6時を回っていた。
      我々は、爺ぃの妹で胖哥の奥さんに最後のお別れをし、韓さんは付き添いで一緒に喀什へ同行。
      奥さんとの久しぶりの再会も束の間の4日間だった。

      昨晩買った「赤い梨」。ぐにゃっと柔らくて美味しかった♡

    • 荷物を積み込んで、いよいよ莎車ともお別れだ。<br />出発したのは既に7時を回っていたが、まずはクニクニ希望の「莎車の民族花帽子」購入。<br />葉爾羌総合貿易市場へやって来た。<br /> <br />「葉(叶)爾羌(イエアルチャン)」とは、シルクロード全盛時代の莎車の別名で、王国を名乗っていた頃の名前。

      荷物を積み込んで、いよいよ莎車ともお別れだ。
      出発したのは既に7時を回っていたが、まずはクニクニ希望の「莎車の民族花帽子」購入。
      葉爾羌総合貿易市場へやって来た。

      「葉(叶)爾羌(イエアルチャン)」とは、シルクロード全盛時代の莎車の別名で、王国を名乗っていた頃の名前。

    • そこの帽子店へ飛び込みで。

      そこの帽子店へ飛び込みで。

    • 感じの良い若手店員さんが、懸命に説明してくれる。<br />こまには全然判らない・・・くにくにはもっと判らないので、ニコニコしていた。

      感じの良い若手店員さんが、懸命に説明してくれる。
      こまには全然判らない・・・くにくにはもっと判らないので、ニコニコしていた。

    • 「折りたたみはこうするんだよ」<br />って言いながら噛み付いていた・・・(^^;オイオイ、それ買うんだってば!!

      「折りたたみはこうするんだよ」
      って言いながら噛み付いていた・・・(^^;オイオイ、それ買うんだってば!!

    • 最後は自分で値切って購入。<br />喀什で買ったモノ同様、量産型は上海製で10元で買えると言う。<br />でも、折角本場で買うモノ、本物志向のクニクニは、迷わず手製のシルク地を選択。80元なり。<br />楽しい買い物に、クニクニ大満足!

      最後は自分で値切って購入。
      喀什で買ったモノ同様、量産型は上海製で10元で買えると言う。
      でも、折角本場で買うモノ、本物志向のクニクニは、迷わず手製のシルク地を選択。80元なり。
      楽しい買い物に、クニクニ大満足!

    • 店の人は愛想の良い人だった。<br />お別れ記念にパチリ!

      店の人は愛想の良い人だった。
      お別れ記念にパチリ!

    • 周りの人は、その様子を不思議そうに見ていた。<br />貿易関係がすたれてしまった莎車では、余り観光客は来ないようだった。

      周りの人は、その様子を不思議そうに見ていた。
      貿易関係がすたれてしまった莎車では、余り観光客は来ないようだった。

    • 買い物の一つは終了。<br /> <br />空に浮かぶ太陽は、まだこんな位置にある。<br />現在19次40分頃。<br />

      買い物の一つは終了。

      空に浮かぶ太陽は、まだこんな位置にある。
      現在19次40分頃。

    • だいぶんと暗くなってきた道を、3時間弱走って、もう一つの約束だったナイフ購入で英吉沙に立ち寄る。

      だいぶんと暗くなってきた道を、3時間弱走って、もう一つの約束だったナイフ購入で英吉沙に立ち寄る。

    • 英吉莎はちょっとした町だった。

      英吉莎はちょっとした町だった。

    • 暗くてこんな感じにしか写らないけど、実際はもう少し明るい。

      暗くてこんな感じにしか写らないけど、実際はもう少し明るい。

    • おやつと飲み物を購入した超市(コンビニ)<br />所変われば店変わる・・って感じで、中は簡単な雑貨店か駄菓子屋風だった。

      おやつと飲み物を購入した超市(コンビニ)
      所変われば店変わる・・って感じで、中は簡単な雑貨店か駄菓子屋風だった。

    • 買ったビスケットは「土耳其(トルコ)」との合弁ばかり。他の駄菓子類もその傾向だった。<br />全てイスラム食品でなければならない民族なので、漢民族の国の他の地域とは一緒に出来ない・・・それが理由だろう。<br /><br />小さい方はイマイチだったが、大きい方は美味しかった。

      買ったビスケットは「土耳其(トルコ)」との合弁ばかり。他の駄菓子類もその傾向だった。
      全てイスラム食品でなければならない民族なので、漢民族の国の他の地域とは一緒に出来ない・・・それが理由だろう。

      小さい方はイマイチだったが、大きい方は美味しかった。

    • 道に出ていた看板を頼りに、メイン道路から東へ反れて(右折)、1km程走った所にあった「英吉沙小刀専売市場」<br />英吉沙は、南疆の手作りナイフで有名な所。道路沿いの店では、ドンドン大きな専門店や直販店が出てきているが、現地人によると、売れない製品を主に並べて、観光客相手に処分しているとか。<br />我々は、情報を得ていた脇道の先にある製造直販の店に向かった。

      道に出ていた看板を頼りに、メイン道路から東へ反れて(右折)、1km程走った所にあった「英吉沙小刀専売市場」
      英吉沙は、南疆の手作りナイフで有名な所。道路沿いの店では、ドンドン大きな専門店や直販店が出てきているが、現地人によると、売れない製品を主に並べて、観光客相手に処分しているとか。
      我々は、情報を得ていた脇道の先にある製造直販の店に向かった。

    • 場所は英吉沙中心地から北東へ向かい(喀什へ向かって右折)、「手工小刀直売」の看板を見付けたら、そこから約1km先の左手(反対車線)にある。<br />結構離れているので注意したい。道路を走っていると、道が登りに差し掛かり、「もう店なんか無いかなぁ・・・」と思う程景色が寂れてくるので、諦めないで進んで居ると、ウエスタンスタイルのバーみたいな趣のお店が見えてくる。<br />他には何もない所に専売店が4,5軒並んでいるので、見逃す事はないと思う。<br /> <br />中の様子。色んなタイプのナイフが並んでいて、こまも欲しくなってきた程だった。

      場所は英吉沙中心地から北東へ向かい(喀什へ向かって右折)、「手工小刀直売」の看板を見付けたら、そこから約1km先の左手(反対車線)にある。
      結構離れているので注意したい。道路を走っていると、道が登りに差し掛かり、「もう店なんか無いかなぁ・・・」と思う程景色が寂れてくるので、諦めないで進んで居ると、ウエスタンスタイルのバーみたいな趣のお店が見えてくる。
      他には何もない所に専売店が4,5軒並んでいるので、見逃す事はないと思う。

      中の様子。色んなタイプのナイフが並んでいて、こまも欲しくなってきた程だった。

    • ここで折りたたみ式の、ステンレス製でグリップに角や骨をあしらったものを2本買ったクニクニ。<br />50元なり。町の半額以下で買える!!<br />わざわざ来てこれだけ・・・?って感じだけど、大物は持ち帰れないから仕方がない。<br />本場の細工は、それは良い仕事がされていた。大きいナイフに興味が湧くものの、列車での移動では九分九厘持ち出しは出来ないと考えて、諦めざるを得ないのだ。<br />飛行機なら積み込めばOKだが、喀什空港や烏魯木齊空港では、別の意味で面倒があるかも。。。

      ここで折りたたみ式の、ステンレス製でグリップに角や骨をあしらったものを2本買ったクニクニ。
      50元なり。町の半額以下で買える!!
      わざわざ来てこれだけ・・・?って感じだけど、大物は持ち帰れないから仕方がない。
      本場の細工は、それは良い仕事がされていた。大きいナイフに興味が湧くものの、列車での移動では九分九厘持ち出しは出来ないと考えて、諦めざるを得ないのだ。
      飛行機なら積み込めばOKだが、喀什空港や烏魯木齊空港では、別の意味で面倒があるかも。。。

    • 買い物を済ませ帰路を急ぐ我々。 <br />約束していた買い物も一通り終わり、後は喀什へ向けて小一時間走るだけだ。<br />…と思っていたら、英吉沙の境界辺りまで来たら一斉検問に引っ掛かった。<br />政府の車だし、特に何もないと踏んでいたら、なんと自動車保険が切れて2ヶ月過ぎていた事を指摘された。<br />忙しさにかまけ、延長するのを知ってて伸ばしていたらしい。<br /> <br />運転手は免許証を取り上げられ、我々はここに拘束される事になると言うのだ。<br />勿論、人間だけなら他の車やバスで目的地に向かう事は出来るけど、荷物や、時間的な点から余り好ましい事ではない。<br /> <br />爺ぃと韓さんが警官に事情を聞いていた。<br />最近事故が多く、保険が無くて揉める問題も多く露見しているので、より厳しくしているとの事。<br />警察の事情は当然だが、こんな所でまごまごしているのも困る。<br /> <br />韓さんが何やら電話で話しをしはじめた。<br />爺ぃがやって来て、「彼の友人が英吉沙の政府官僚に居るから、今連絡して貰っている」と言う。<br />そう言えば、今日食事をした時に集まっていた人たちも、警察関係者だったっけ。。。あの飲酒運転の偉いさん。。(~~;<br />政府で働いた人たちは、やたらと警察関係に友人が多い気がする。<br /> <br />暫くすると、ラフな服を着て居るけど、責任者らしい人が駆け寄ってきた。<br />韓さんに向かって、「保険切れで拘束された人か?」と聞き、「そうだ」と答えると、「どこの人だ?」と聞かれたので、「莎車だ」と答えると、確認作業だったらしく話しが通り、免許証も戻り、半時間程の拘束から解き放された。。。<br /> <br />同行者に話すと、「中国恐るべし・・・・・・」の返事が返ってきた。(^^;<br />ウラで何がどうなるか判らないのが中国。権力者が話を付ければ、全てはひっくり返るのだ。<br />これだから中国はいつまで経っても進展しない訳なのだが、色んな面で格差が有りすぎる以上、一部を明確化しても、理想的な統制などまだまだ取れる筈もない国だけに、何がどこまでどう改善されれば良いのかは、本当に難しいのが現実だろう。<br /><br />画像は、検問の特設カウンター。<br />来る時に写真に撮った公安に、まさかお世話になるとは思わなかった・・・

      買い物を済ませ帰路を急ぐ我々。
      約束していた買い物も一通り終わり、後は喀什へ向けて小一時間走るだけだ。
      …と思っていたら、英吉沙の境界辺りまで来たら一斉検問に引っ掛かった。
      政府の車だし、特に何もないと踏んでいたら、なんと自動車保険が切れて2ヶ月過ぎていた事を指摘された。
      忙しさにかまけ、延長するのを知ってて伸ばしていたらしい。

      運転手は免許証を取り上げられ、我々はここに拘束される事になると言うのだ。
      勿論、人間だけなら他の車やバスで目的地に向かう事は出来るけど、荷物や、時間的な点から余り好ましい事ではない。

      爺ぃと韓さんが警官に事情を聞いていた。
      最近事故が多く、保険が無くて揉める問題も多く露見しているので、より厳しくしているとの事。
      警察の事情は当然だが、こんな所でまごまごしているのも困る。

      韓さんが何やら電話で話しをしはじめた。
      爺ぃがやって来て、「彼の友人が英吉沙の政府官僚に居るから、今連絡して貰っている」と言う。
      そう言えば、今日食事をした時に集まっていた人たちも、警察関係者だったっけ。。。あの飲酒運転の偉いさん。。(~~;
      政府で働いた人たちは、やたらと警察関係に友人が多い気がする。

      暫くすると、ラフな服を着て居るけど、責任者らしい人が駆け寄ってきた。
      韓さんに向かって、「保険切れで拘束された人か?」と聞き、「そうだ」と答えると、「どこの人だ?」と聞かれたので、「莎車だ」と答えると、確認作業だったらしく話しが通り、免許証も戻り、半時間程の拘束から解き放された。。。

      同行者に話すと、「中国恐るべし・・・・・・」の返事が返ってきた。(^^;
      ウラで何がどうなるか判らないのが中国。権力者が話を付ければ、全てはひっくり返るのだ。
      これだから中国はいつまで経っても進展しない訳なのだが、色んな面で格差が有りすぎる以上、一部を明確化しても、理想的な統制などまだまだ取れる筈もない国だけに、何がどこまでどう改善されれば良いのかは、本当に難しいのが現実だろう。

      画像は、検問の特設カウンター。
      来る時に写真に撮った公安に、まさかお世話になるとは思わなかった・・・

    • 結局、喀什に着いたのは夜中の0時前だった。<br />早速其尼瓦克賓館にチェックインし、運転手共々遅めの夕食に出掛ける事になった。

      結局、喀什に着いたのは夜中の0時前だった。
      早速其尼瓦克賓館にチェックインし、運転手共々遅めの夕食に出掛ける事になった。

    • 韓さんの知っている旨い店へ向かい、こんなに遅くてもやっている事に感心。<br />地元の人が居ると助かるなぁ・・・と実感しながら、出された湯麺を食べてみてびっくり。<br />日本の塩ラーメンみたいなあっさりスープの面だった。ただ、何か一味もの足りない事を除けば。。。

      韓さんの知っている旨い店へ向かい、こんなに遅くてもやっている事に感心。
      地元の人が居ると助かるなぁ・・・と実感しながら、出された湯麺を食べてみてびっくり。
      日本の塩ラーメンみたいなあっさりスープの面だった。ただ、何か一味もの足りない事を除けば。。。

    • 新疆定番の藏茶(ザンチャァ)を飲みながら面を戴いた。<br /><br />モダンな急須に、モダンなトイレットペーパー入れ。<br />中国では、ロールペーパーをティッシュに使うので、こんな専用ケースが売られているのだ。<br />

      新疆定番の藏茶(ザンチャァ)を飲みながら面を戴いた。

      モダンな急須に、モダンなトイレットペーパー入れ。
      中国では、ロールペーパーをティッシュに使うので、こんな専用ケースが売られているのだ。

    • 色々あった1日の最後に、珍しくあっさりした食品に出会って、明日から何か良い事でもあるのかな・・・等と都合の良い事を考えながらホテルに戻った。<br />韓さんは、前回と同じくお兄さんの家に宿泊するので、ホテル前で見送った。<br /> <br />明日は喀什で小休止の1日と考えているけど、韓さんが市内を案内してくれる予定。<br />疲れをほぐすくらいの気持ちで、維吾爾の町での最後の数日をのんびり満喫したい。<br /> <br /> <br />「喀什再び」に続く…<br />

      色々あった1日の最後に、珍しくあっさりした食品に出会って、明日から何か良い事でもあるのかな・・・等と都合の良い事を考えながらホテルに戻った。
      韓さんは、前回と同じくお兄さんの家に宿泊するので、ホテル前で見送った。

      明日は喀什で小休止の1日と考えているけど、韓さんが市内を案内してくれる予定。
      疲れをほぐすくらいの気持ちで、維吾爾の町での最後の数日をのんびり満喫したい。


      「喀什再び」に続く…

    この旅行記のタグ

      6いいね!

      利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

      この旅行記へのコメント (4)

      開く

      閉じる

      • 東明路@上海さん 2007/02/03 11:44:30
        ロバ君
        この驢馬君も「白酒」を飲んだでは?
        こまちゃんさんは体が大きいようだから飲んでも大丈夫だけどこの驢馬君やせてるから白酒のませたら直ぐヨッパラちゃいますよ。

            東明路@上海改め上のネームに! BY貧乏人
                 

        こまちゃん

        こまちゃんさんからの返信 2007/02/04 12:16:38
        RE: ロバ君
        yoshimura@shanghaiさん、こんにちは!
        場所毎にHNを使い分けて居られるんですね。
        こちらは、この所「こまちゃん」一本槍です。
        でも、もうすぐここも1万枚になるようなので、名前を変えなくては
        いけないのかな〜?って思っています。
        調べると、「こまちょん」は誰も使っていないので、この辺でせめて
        みようかなと思っています。(あ!先に使わないで下さいね!)

        車社会では、飲酒運転で自動車事故をすると「人が傷つき」ますが、
        ロバ車社会では、この様に驢馬君が傷つくんですね。(^^
        微笑ましいやら痛々しいやら・・・。
        (驢馬君、呑んでいた可能性大!〜(^^;)

         こま
      • ジュリままさん 2006/11/14 19:05:01
        53枚だー!(w
        写真10000枚に達する日も遠くないかと思います。
        赤い梨はやっぱり洋梨なのかしら?
        そしてイスラム教信者向けのお菓子・・・
        民族と宗教は奥深いです。

        ジュリまま

        こまちゃん

        こまちゃんさんからの返信 2006/11/14 20:15:30
        RE: 53枚だー!(w
        こんばんは!

        1万枚になったら、こま、こまっちゃう〜(*ω☆)\バキッ!似合って無いっちゅうの
        その時は別の名前で出たいですね。
        こまちょんで出ようかな?その次はこまちゅん…(ひねりが足らんねぇ〜)
        (調べたら、この名前はまだ空いてましたし。(あ、使わないでね!))

        赤い梨は、そうです。洋梨です。
        食べたいから用があるのに“ようなし”…とは是如何に?(*ω☆)\バキッ!

        民族と宗教は、深すぎて交流に障害が出る程で困りますね。
        良い面が全てかき消されちゃう事も。。。
        トルコのEU加盟も、その辺りが関係している気がします。
        この頃の話しに矛盾が多すぎるし・・・(´へ`;

         こま

      こまちゃんさんのトラベラーページ

      ピックアップ特集

      中国で使うWi-Fiはレンタルしましたか?

      フォートラベル GLOBAL WiFiなら
      中国最安 490円/日~

      • 空港で受取・返却可能
      • お得なポイントがたまる

      中国の料金プランを見る

      フォートラベル公式LINE@

      おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
      QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

      \その他の公式SNSはこちら/

      喀什(中国) で人気のタグ


      PAGE TOP

      ピックアップ特集