烏魯木斉 旅行記(ブログ) 一覧に戻る
8月29日。<br />29日のラスト第3部は、天池からの帰りのエピソードを。<br /><br />天池を離れた我々は、またもや大群の羊君達に遭遇。<br />車は行く手を塞がれて、あわや・・・・な~んて事は全然無く、無事にやり過ごして麓の町「阜康」へ。<br />そこへ野暮用で立ち寄り、ついでに町の様子もちらほらと。。。<br /><br />帰りの道中、遠くに見えるボゴタや天山山脈の万年雪が見送ってくれた。

新疆放浪の旅・其の18~帰宅途中に羊の大群!!天山山脈の万年雪が微笑む!?~

2いいね!

2006/08/19 - 2006/09/19

156位(同エリア200件中)

8月29日。
29日のラスト第3部は、天池からの帰りのエピソードを。

天池を離れた我々は、またもや大群の羊君達に遭遇。
車は行く手を塞がれて、あわや・・・・な~んて事は全然無く、無事にやり過ごして麓の町「阜康」へ。
そこへ野暮用で立ち寄り、ついでに町の様子もちらほらと。。。

帰りの道中、遠くに見えるボゴタや天山山脈の万年雪が見送ってくれた。

同行者
友人
一人あたり費用
30万円 - 50万円
交通手段
レンタカー
航空会社
中国国際航空

PR

  • さて、色々文句や愚痴は言ったモノの、天池自身は昔の天池。<br />他の観光地よりは汚す人は少ないように感じた。<br />公安の接待車で天池にさようなら。<br />爺ぃが一目散に乗り込もうとしている所。

    さて、色々文句や愚痴は言ったモノの、天池自身は昔の天池。
    他の観光地よりは汚す人は少ないように感じた。
    公安の接待車で天池にさようなら。
    爺ぃが一目散に乗り込もうとしている所。

  • 駐車場からの眺め。<br />さっき降りてくる時に利用したリフトのゴンドラが見えている。<br />

    駐車場からの眺め。
    さっき降りてくる時に利用したリフトのゴンドラが見えている。

  • イニシャルDのように、ガードレールぎりぎりに。。。走らんでいいっちゅうねん!!<br />(余分な一枚やった気がしないでもない・・・(一_一;)

    イニシャルDのように、ガードレールぎりぎりに。。。走らんでいいっちゅうねん!!
    (余分な一枚やった気がしないでもない・・・(一_一;)

  • 山から下りの長めは、山肌が陽に照らされて綺麗だった。<br />天池の清水も、併走して流れている。<br />

    山から下りの長めは、山肌が陽に照らされて綺麗だった。
    天池の清水も、併走して流れている。

  • カレンダーで見た事があるような綺麗な眺めに、ついシャッターを押し過ぎる。

    カレンダーで見た事があるような綺麗な眺めに、ついシャッターを押し過ぎる。

  • 何となくイチゴケーキのようなパオ。<br />奥では、新築のパオなのかな?ビニールが掛けてあった。<br />

    何となくイチゴケーキのようなパオ。
    奥では、新築のパオなのかな?ビニールが掛けてあった。

  • 景色をパシャパシャ撮っていると、司机君が突然ブレーキング!!<br />何か居るらしい・・・・・・・<br /><br />あ&quot;!(@@;<br />

    景色をパシャパシャ撮っていると、司机君が突然ブレーキング!!
    何か居るらしい・・・・・・・

    あ"!(@@;

  • あ&quot;〜ぁ&quot;!(@@;<br /><br />「新疆的綿羊屁股很大!」の大群再来〜!!<br />前方の道を完全に塞がれて仕舞った。。。<br />

    あ"〜ぁ"!(@@;

    「新疆的綿羊屁股很大!」の大群再来〜!!
    前方の道を完全に塞がれて仕舞った。。。

  • 道からはみ出してまで、完全ブロック体勢だ!<br />

    道からはみ出してまで、完全ブロック体勢だ!

  • そう。<br />これが新疆の羊のデカいケツだ!<br />「新疆的綿羊屁股很大!」<br />この地方で良くこう言われる。<br />

    そう。
    これが新疆の羊のデカいケツだ!
    「新疆的綿羊屁股很大!」
    この地方で良くこう言われる。

  • 新疆では、ケツのデカい女性の形容詞にも使われる。<br />ビデオにも撮ったけど、実際みると動きがかなり可愛い。<br /><br />他の人もびっくり。でも、喜んで写真を撮っていた。(^^;<br />

    新疆では、ケツのデカい女性の形容詞にも使われる。
    ビデオにも撮ったけど、実際みると動きがかなり可愛い。

    他の人もびっくり。でも、喜んで写真を撮っていた。(^^;

  • 後でも引っ掛かっていた。<br />我々の車がパスして行った羊が、後で塊になって、後続車の邪魔をしていたみたいだ。<br />この白い3匹が「博士」風で素敵だ。<br /><br />動物園でしか見ないようなタイプだが、これも食べられちゃうのだろうか・・・?

    後でも引っ掛かっていた。
    我々の車がパスして行った羊が、後で塊になって、後続車の邪魔をしていたみたいだ。
    この白い3匹が「博士」風で素敵だ。

    動物園でしか見ないようなタイプだが、これも食べられちゃうのだろうか・・・?

  • おお!<br />もうすぐゴールか!!?<br /><br />冗談は置いておき、さっさとパスして帰ろう。<br />

    おお!
    もうすぐゴールか!!?

    冗談は置いておき、さっさとパスして帰ろう。

  • 苺パオも再来!<br />これは害無し。<br />

    苺パオも再来!
    これは害無し。

  • 民族村らしい。<br />ここで働く素晴らしいご夫婦を取材した、個人の方のページがある。<br />http://www47.tok2.com/home/fam/<br />帰ったあとで発見し、行かなかった事を後悔した。<br />天池はもう来ないと思ったけど、彼に会う為にもう一度は来てみたい。

    民族村らしい。
    ここで働く素晴らしいご夫婦を取材した、個人の方のページがある。
    http://www47.tok2.com/home/fam/
    帰ったあとで発見し、行かなかった事を後悔した。
    天池はもう来ないと思ったけど、彼に会う為にもう一度は来てみたい。

  • 帰る途中、爺ぃの携帯費用がエンプティだったので、麓の阜康村で携帯のチャージをした。<br />神州行の漫遊に対する充値カードが有るかどうか判らなかったが、地元で尋ねてみると、「おらが村には、電信の大きな事務所があるからそこで聞いてみな」と言う事で、到着したのはこの中国電信公司のオフィス。

    帰る途中、爺ぃの携帯費用がエンプティだったので、麓の阜康村で携帯のチャージをした。
    神州行の漫遊に対する充値カードが有るかどうか判らなかったが、地元で尋ねてみると、「おらが村には、電信の大きな事務所があるからそこで聞いてみな」と言う事で、到着したのはこの中国電信公司のオフィス。

  • しかし、、、<br />皮肉にも、今頃この「快晴」<br /><br />45分の差で、天気がこんなにも違ってくるのか。。。<br />因みに現在18時15分。<br />新疆時間なら16時15分と、まだまだ遊覧タイムだ。

    しかし、、、
    皮肉にも、今頃この「快晴」

    45分の差で、天気がこんなにも違ってくるのか。。。
    因みに現在18時15分。
    新疆時間なら16時15分と、まだまだ遊覧タイムだ。

  • このオフィスがある前の庭は、公園みたいになっていた。<br />お年寄り達が、花壇近くに集まっての団欒。<br />

    このオフィスがある前の庭は、公園みたいになっていた。
    お年寄り達が、花壇近くに集まっての団欒。

  • 向こうには、小さな楼亭があり、そこにも沢山集まっておられた。<br />これを見ていると、地方のご老人の方が豊かなのかも知れない。精神的に。

    向こうには、小さな楼亭があり、そこにも沢山集まっておられた。
    これを見ていると、地方のご老人の方が豊かなのかも知れない。精神的に。

  • さて、夕飯と言う事でレストラン物色開始。<br />「巴給餐庁」と言う、新装開店したような店に決めて来てみたら・・・<br /><br />「没有菜」<br />・・・・・・・(ーー;<br /><br />やる気全くなし。<br />新疆地区にしては珍しい対応だった。

    さて、夕飯と言う事でレストラン物色開始。
    「巴給餐庁」と言う、新装開店したような店に決めて来てみたら・・・

    「没有菜」
    ・・・・・・・(ーー;

    やる気全くなし。
    新疆地区にしては珍しい対応だった。

  • 他にマシな所はなかったので、司机君お勧めの地場の有名所に変更!!<br />交通賓館の一階にテナントを取っている北疆(ベイジャン:新疆北部をこう呼ぶ)料理店にて、包子(肉まん)と&#28900;包子に拌面を食べた。

    他にマシな所はなかったので、司机君お勧めの地場の有名所に変更!!
    交通賓館の一階にテナントを取っている北疆(ベイジャン:新疆北部をこう呼ぶ)料理店にて、包子(肉まん)と烤包子に拌面を食べた。

  • 店員さんとツーショットで、照れ隠しのクニクニ。<br />爺ぃが、「奥さん逃げたから彼女を日本へ連れて帰れば良い!」と、維吾爾語で彼女にそう言ったからだ。<br /><br />日本宅への電話が繋がらないだけで、勝手に決め付けるんじゃないヨ!!(^o☆)\バキッ!

    店員さんとツーショットで、照れ隠しのクニクニ。
    爺ぃが、「奥さん逃げたから彼女を日本へ連れて帰れば良い!」と、維吾爾語で彼女にそう言ったからだ。

    日本宅への電話が繋がらないだけで、勝手に決め付けるんじゃないヨ!!(^o☆)\バキッ!

  • もしかしたら、中国では初めて出会ったかも知れない!!<br />日本と全く同じスタイルの“豚まん”タイプの包子。<br />皮が薄くて、口当たりもそっくりだし、中の具も、「羊肉」と言う相違点を除けば全くの豚まんだった。<br /><br />いやぁ〜、カラシが無くて非常に残念だった。<br />これからは、新疆行きには、マイ醤油、マイ胡椒、マイ七味、マイわさびにマイカラシを持ってウロウロした方が良いかもしれない。(^O^/~

    もしかしたら、中国では初めて出会ったかも知れない!!
    日本と全く同じスタイルの“豚まん”タイプの包子。
    皮が薄くて、口当たりもそっくりだし、中の具も、「羊肉」と言う相違点を除けば全くの豚まんだった。

    いやぁ〜、カラシが無くて非常に残念だった。
    これからは、新疆行きには、マイ醤油、マイ胡椒、マイ七味、マイわさびにマイカラシを持ってウロウロした方が良いかもしれない。(^O^/~

  • これが“&#28900;包子”<br />2つ前の旅行ブログに画像がなかったので、ここで改めて紹介。<br /><br />こんがりとしたキツネ色の肌が食欲をそそる。<br />噛めば噛んだで、カリッとしたその歯触りがまた格別!<br />たかだか点心レベルでこの食感!!・・・<br />新疆料理恐るべし!?<br />(タイトルはこれが良かったかな?・・・)

    これが“烤包子”
    2つ前の旅行ブログに画像がなかったので、ここで改めて紹介。

    こんがりとしたキツネ色の肌が食欲をそそる。
    噛めば噛んだで、カリッとしたその歯触りがまた格別!
    たかだか点心レベルでこの食感!!・・・
    新疆料理恐るべし!?
    (タイトルはこれが良かったかな?・・・)

  • 店員さんのリクエスト。<br /><br />でも、この写真を送っても、あの田舎町の彼女たちの手元に着くのかどうか・・・・・・。<br />

    店員さんのリクエスト。

    でも、この写真を送っても、あの田舎町の彼女たちの手元に着くのかどうか・・・・・・。

  • 店主。<br />梅宮辰夫似の、気さくで態度が良い人。<br />店では始終気分が良かった。<br /><br />維吾爾人は、一旦交流を始めると、ホントあっけらかんとしていて、漢民族よりも高感度が高いと感じる。<br />ただ、こまの場合は、開口一番が勇気居るけどね。<br />(あ、個人的にそう感じるだけかも。あのアラブ系の顔、怖いねんもん・・・(~~;ゞ)

    店主。
    梅宮辰夫似の、気さくで態度が良い人。
    店では始終気分が良かった。

    維吾爾人は、一旦交流を始めると、ホントあっけらかんとしていて、漢民族よりも高感度が高いと感じる。
    ただ、こまの場合は、開口一番が勇気居るけどね。
    (あ、個人的にそう感じるだけかも。あのアラブ系の顔、怖いねんもん・・・(~~;ゞ)

  • さて、北疆料理を満腹に頂き、我々は烏魯木齊へ向けて再出発した。<br />町を出て直ぐの高速に入ると、左手には天山山脈の長い山並みが一緒についてきていた。<br />(ズーム)<br />

    さて、北疆料理を満腹に頂き、我々は烏魯木齊へ向けて再出発した。
    町を出て直ぐの高速に入ると、左手には天山山脈の長い山並みが一緒についてきていた。
    (ズーム)

  • どれがボゴタか判らないけど、北疆は、このダイナミックな景色が魅力だ。<br />

    どれがボゴタか判らないけど、北疆は、このダイナミックな景色が魅力だ。

  • 暫く、微笑みかける万年雪の山並みに見送られながら、この町をあとにする。<br />

    暫く、微笑みかける万年雪の山並みに見送られながら、この町をあとにする。

  • 道路はこんな感じで、兎に角真っ直ぐで、、、

    道路はこんな感じで、兎に角真っ直ぐで、、、

  • 長くて、何処までも続く感じが凄い。<br />・・・これまたダイナミックだ。<br />

    長くて、何処までも続く感じが凄い。
    ・・・これまたダイナミックだ。

  • 料金所はかなり離れた所にあった。<br />日の光が、「まだ遊べるぜ」と誘いかけている感じだった。<br />

    料金所はかなり離れた所にあった。
    日の光が、「まだ遊べるぜ」と誘いかけている感じだった。

  • 烏魯木齊に帰ってみると、こちらも朝の天気とは大違いで快晴だった。

    烏魯木齊に帰ってみると、こちらも朝の天気とは大違いで快晴だった。

  • ここからは、烏魯木齊の街並みを流して見て頂くことにした。<br /><br /><br />市内へ向かう途中の展覧会場。<br />

    ここからは、烏魯木齊の街並みを流して見て頂くことにした。


    市内へ向かう途中の展覧会場。

  • 確認を漏らしてしまったオシャレなビル。

    確認を漏らしてしまったオシャレなビル。

  • 遠景はこんな感じだ。

    遠景はこんな感じだ。

  • 市内へ進入。<br /><br />紅山新世紀商務酒店。

    市内へ進入。

    紅山新世紀商務酒店。

  • 超高層ビルが建設中。<br />その前にある、最上階に回転展望レストランが有るビルは「新疆大酒店」。<br />昔の假日酒店(ホリディ・イン)だ。<br /><br />手前の球形が載っかっているものは天像館(プラネタリウム)だ。<br />

    超高層ビルが建設中。
    その前にある、最上階に回転展望レストランが有るビルは「新疆大酒店」。
    昔の假日酒店(ホリディ・イン)だ。

    手前の球形が載っかっているものは天像館(プラネタリウム)だ。

  • 烏魯木齊で良く見かけるカラフルなタイプのマンションやテナントビル。<br />一寸、この手の物はいただけない感じ・・・<br /><br />しかし、ホントに難い程空が藍色真っ青。<br />

    烏魯木齊で良く見かけるカラフルなタイプのマンションやテナントビル。
    一寸、この手の物はいただけない感じ・・・

    しかし、ホントに難い程空が藍色真っ青。

  • 金谷房産?・・・<br />日本語では金谷不動産となるが、、、まさか日本の企業か?<br />

    金谷房産?・・・
    日本語では金谷不動産となるが、、、まさか日本の企業か?

  • その横が「金谷大酒店」。<br />日光にある金谷ホテルの系列だったりして・・・(それにしては品格が違うしね)<br />

    その横が「金谷大酒店」。
    日光にある金谷ホテルの系列だったりして・・・(それにしては品格が違うしね)

  • さっきお世話になった中国電信の烏魯木齊総支店。<br />

    さっきお世話になった中国電信の烏魯木齊総支店。

  • 富麗華酒店と富麗華大酒店。<br />壁に照らし出されているモヤモヤした模様は、手前のビルの窓硝子に反射した西日に、照らされて出来た模様だ。<br /><br />写真で紹介しているホテルは、都会並みに綺麗な所ばかりだ。<br />

    富麗華酒店と富麗華大酒店。
    壁に照らし出されているモヤモヤした模様は、手前のビルの窓硝子に反射した西日に、照らされて出来た模様だ。

    写真で紹介しているホテルは、都会並みに綺麗な所ばかりだ。

  • 招商銀行。<br />招商集団の招商旅游公司には、今年春の広州から日本旗国のエアチケットでお世話になったので、文字に吊られてパチリ!<br />

    招商銀行。
    招商集団の招商旅游公司には、今年春の広州から日本旗国のエアチケットでお世話になったので、文字に吊られてパチリ!

  • …と言う事で、我らのホテル「伊力特酒店」に到着。<br />お帰りなさい。<br /><br />帰ってみると、部屋はカーテンが閉められ、ベッドメイクされ、キッチリお休み用にナイトセッティングされていた。<br /><br />駐在時は大抵そうだったが、最近安ホテルばかりに泊まっていたので、久しぶりの感動!!<br />しかも、ナイトグッズには、安全指南カードに加えて「チョコ(キットカット)」が置いてあった。<br />あとでまとめて頂こうと、ビンボ臭い根性発揮でカバンの中へポイ&#9825;<br /><br />これに、ウエルカムフルーツやウエルカムマスコットなんかがあったら最高だけど、4星ホテルなので一歩手前と言う事で。

    …と言う事で、我らのホテル「伊力特酒店」に到着。
    お帰りなさい。

    帰ってみると、部屋はカーテンが閉められ、ベッドメイクされ、キッチリお休み用にナイトセッティングされていた。

    駐在時は大抵そうだったが、最近安ホテルばかりに泊まっていたので、久しぶりの感動!!
    しかも、ナイトグッズには、安全指南カードに加えて「チョコ(キットカット)」が置いてあった。
    あとでまとめて頂こうと、ビンボ臭い根性発揮でカバンの中へポイ♡

    これに、ウエルカムフルーツやウエルカムマスコットなんかがあったら最高だけど、4星ホテルなので一歩手前と言う事で。

  • 列車内から、烏魯木齊到着早々の天池観光まで、結構内容の濃かった1日が過ぎて行く。<br /><br /><br />明日の烏魯木齊2日目、吐魯番紀行へ続く・・・

    列車内から、烏魯木齊到着早々の天池観光まで、結構内容の濃かった1日が過ぎて行く。


    明日の烏魯木齊2日目、吐魯番紀行へ続く・・・

この旅行記のタグ

2いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

この旅行記へのコメント (2)

開く

閉じる

  • りっちゃんさん 2006/10/22 20:40:24
    えぇなぁ〜。
    こまちゃんさん、こんばんは。

    こまちゃんさんの写真は全部きれいやけど、町より田舎が断然ええです。
    羊さんたちのおしりもかわいい。

    しょうもない質問やけど広い中国「中国語」は通じるのですか?

    こまちゃん

    こまちゃんさんからの返信 2006/10/22 21:34:27
    RE: えぇなぁ〜。>>中国語
    こんばんは!
    ナイス質問です。
    維吾爾人には簡単な言葉しか通じません。
    話したがらない人も居ますし、お年寄りは話せない人も居ます。
    漢民族とウイグル人の間には、長年の割り切れない蟠りがあるから。

    彼らの言語は「ウイグル語」です。
    爺ぃは20年くらい住んでいたので、「話せる」レベルではなく、
    「ネイティブ」です。(^^
    便利、便利!!

    羊さんのおしりも可愛いですが、維吾爾小姐のおし・・(*o☆)\バキッ!
    (以下、コメント拒否で退場させられたこま・・・(;_;)
     
     こま

こまちゃんさんのトラベラーページ

中国で使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
中国最安 90円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

中国の料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

烏魯木斉(中国) で人気のタグ

PAGE TOP

ピックアップ特集