佐倉・四街道 旅行記(ブログ) 一覧に戻る
 300年の歴史と伝統を誇る佐倉の祭礼、日本遺産の「佐倉の秋祭り」の紹介です。佐倉の秋祭りは、毎年10月の第二の金・土・日曜日に開催されます。今年(平成30年)は、10月12.13.14日の15:00~22:00頃に新町通り周辺で開催されます。麻賀多神社大神輿の宮出しは、12日15:00頃、宮入りは、14日21:30頃です。山車(だし)・御神酒所(おみきしょ)・神輿(みこし)の新町通り総曳きは、13日17:00~21:00です。この他にも、山車・御神酒所の町内周辺曳き廻しや町内御輿の巡行、お祭り広場でのお囃子共演・総踊りなど盛りだくさんの行事が予定されています。<br /><br /> 秋の夜空に鳴り響く佐倉囃子の笛と太鼓の音、山車や御神酒所、神輿が城下町を練り歩き、威勢のいい掛け声が心にしみる。「エッサ エッサ エッサッサ」、「エッサノ コラサノ エッサッサ」を繰り返し、扇子を持って踊る。江戸中期より続く秋祭りは、麻賀多神社、神明神社、愛宕神社、八幡神社の祭礼で、麻賀多神社の大神輿渡御や各町内の勇壮な山車・御神酒所・神輿の曳き廻しで沸き返ります。「佐倉新町江戸まさり」とも称された賑わいをお楽しみ下さい。今年も3日間で26万人以上の人手があると予想されています。<br /><br /> 駐車場が少ないので、京成佐倉駅を利用してください。南口から坂を昇りきった突き当たりの佐倉市立美術館を左折し、市営駐車場がお祭り広場です。10月13日(土)は中日で、17時~21時に、山車や御神酒所、神輿の総曳き・競演があり、お祭り広場前で繰り広げられる21町内の踊りと「はなぐるま」は、壮観です。早めに行って、麻賀多神社と新町商店街の散策もお勧めです。<br /><br />2006/10/14 第1版<br />2011/10/16 第2版<br />2012/10/13 第3版<br />2013/10/12 第4版<br />2014/10/11 第5版<br />2015/10/10 第6版<br />2016/10/15 第7版<br />2018/10/13 第8版<br />

佐倉市散策(2)・・江戸時代から続く、佐倉の秋祭りを訪ねて

27いいね!

2018/10/13 - 2018/10/13

91位(同エリア530件中)

 300年の歴史と伝統を誇る佐倉の祭礼、日本遺産の「佐倉の秋祭り」の紹介です。佐倉の秋祭りは、毎年10月の第二の金・土・日曜日に開催されます。今年(平成30年)は、10月12.13.14日の15:00~22:00頃に新町通り周辺で開催されます。麻賀多神社大神輿の宮出しは、12日15:00頃、宮入りは、14日21:30頃です。山車(だし)・御神酒所(おみきしょ)・神輿(みこし)の新町通り総曳きは、13日17:00~21:00です。この他にも、山車・御神酒所の町内周辺曳き廻しや町内御輿の巡行、お祭り広場でのお囃子共演・総踊りなど盛りだくさんの行事が予定されています。

 秋の夜空に鳴り響く佐倉囃子の笛と太鼓の音、山車や御神酒所、神輿が城下町を練り歩き、威勢のいい掛け声が心にしみる。「エッサ エッサ エッサッサ」、「エッサノ コラサノ エッサッサ」を繰り返し、扇子を持って踊る。江戸中期より続く秋祭りは、麻賀多神社、神明神社、愛宕神社、八幡神社の祭礼で、麻賀多神社の大神輿渡御や各町内の勇壮な山車・御神酒所・神輿の曳き廻しで沸き返ります。「佐倉新町江戸まさり」とも称された賑わいをお楽しみ下さい。今年も3日間で26万人以上の人手があると予想されています。

 駐車場が少ないので、京成佐倉駅を利用してください。南口から坂を昇りきった突き当たりの佐倉市立美術館を左折し、市営駐車場がお祭り広場です。10月13日(土)は中日で、17時~21時に、山車や御神酒所、神輿の総曳き・競演があり、お祭り広場前で繰り広げられる21町内の踊りと「はなぐるま」は、壮観です。早めに行って、麻賀多神社と新町商店街の散策もお勧めです。

2006/10/14 第1版
2011/10/16 第2版
2012/10/13 第3版
2013/10/12 第4版
2014/10/11 第5版
2015/10/10 第6版
2016/10/15 第7版
2018/10/13 第8版

PR

この旅行記のタグ

27いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

佐倉・四街道(千葉) で人気のタグ

PAGE TOP

ピックアップ特集