佐倉・四街道旅行記(ブログ) 一覧に戻る
 300年の歴史と伝統を誇る佐倉の祭礼、日本遺産の「佐倉の秋祭り」の紹介です。佐倉の秋祭りは、毎年10月の第二の金・土・日曜日に開催されます。今年(平成30年)は、10月12.13.14日の15:00~22:00頃に新町通り周辺で開催されます。麻賀多神社大神輿の宮出しは、12日15:00頃、宮入りは、14日21:30頃です。山車(だし)・御神酒所(おみきしょ)・神輿(みこし)の新町通り総曳きは、13日17:00~21:00です。この他にも、山車・御神酒所の町内周辺曳き廻しや町内御輿の巡行、お祭り広場でのお囃子共演・総踊りなど盛りだくさんの行事が予定されています。<br /><br /> 秋の夜空に鳴り響く佐倉囃子の笛と太鼓の音、山車や御神酒所、神輿が城下町を練り歩き、威勢のいい掛け声が心にしみる。「エッサ エッサ エッサッサ」、「エッサノ コラサノ エッサッサ」を繰り返し、扇子を持って踊る。江戸中期より続く秋祭りは、麻賀多神社、神明神社、愛宕神社、八幡神社の祭礼で、麻賀多神社の大神輿渡御や各町内の勇壮な山車・御神酒所・神輿の曳き廻しで沸き返ります。「佐倉新町江戸まさり」とも称された賑わいをお楽しみ下さい。今年も3日間で26万人以上の人手があると予想されています。<br /><br /> 駐車場が少ないので、京成佐倉駅を利用してください。南口から坂を昇りきった突き当たりの佐倉市立美術館を左折し、市営駐車場がお祭り広場です。10月13日(土)は中日で、17時~21時に、山車や御神酒所、神輿の総曳き・競演があり、お祭り広場前で繰り広げられる21町内の踊りと「はなぐるま」は、壮観です。早めに行って、麻賀多神社と新町商店街の散策もお勧めです。<br /><br />2006/10/14 第1版<br />2011/10/16 第2版<br />2012/10/13 第3版<br />2013/10/12 第4版<br />2014/10/11 第5版<br />2015/10/10 第6版<br />2016/10/15 第7版<br />2018/10/13 第8版<br />

佐倉市散策(2)・・江戸時代から続く、佐倉の秋祭りを訪ねて

28いいね!

2018/10/13 - 2018/10/13

89位(同エリア534件中)

旅行記グループ 佐倉市散策NO1

0

99

 300年の歴史と伝統を誇る佐倉の祭礼、日本遺産の「佐倉の秋祭り」の紹介です。佐倉の秋祭りは、毎年10月の第二の金・土・日曜日に開催されます。今年(平成30年)は、10月12.13.14日の15:00~22:00頃に新町通り周辺で開催されます。麻賀多神社大神輿の宮出しは、12日15:00頃、宮入りは、14日21:30頃です。山車(だし)・御神酒所(おみきしょ)・神輿(みこし)の新町通り総曳きは、13日17:00~21:00です。この他にも、山車・御神酒所の町内周辺曳き廻しや町内御輿の巡行、お祭り広場でのお囃子共演・総踊りなど盛りだくさんの行事が予定されています。

 秋の夜空に鳴り響く佐倉囃子の笛と太鼓の音、山車や御神酒所、神輿が城下町を練り歩き、威勢のいい掛け声が心にしみる。「エッサ エッサ エッサッサ」、「エッサノ コラサノ エッサッサ」を繰り返し、扇子を持って踊る。江戸中期より続く秋祭りは、麻賀多神社、神明神社、愛宕神社、八幡神社の祭礼で、麻賀多神社の大神輿渡御や各町内の勇壮な山車・御神酒所・神輿の曳き廻しで沸き返ります。「佐倉新町江戸まさり」とも称された賑わいをお楽しみ下さい。今年も3日間で26万人以上の人手があると予想されています。

 駐車場が少ないので、京成佐倉駅を利用してください。南口から坂を昇りきった突き当たりの佐倉市立美術館を左折し、市営駐車場がお祭り広場です。10月13日(土)は中日で、17時~21時に、山車や御神酒所、神輿の総曳き・競演があり、お祭り広場前で繰り広げられる21町内の踊りと「はなぐるま」は、壮観です。早めに行って、麻賀多神社と新町商店街の散策もお勧めです。

2006/10/14 第1版
2011/10/16 第2版
2012/10/13 第3版
2013/10/12 第4版
2014/10/11 第5版
2015/10/10 第6版
2016/10/15 第7版
2018/10/13 第8版

PR

  • 平成30年の「佐倉の秋祭り」のポスタ-です。

    平成30年の「佐倉の秋祭り」のポスタ-です。

  • 佐倉の秋祭りのマップです。<br />オレンジ色で示した通りで、山車や御神酒所、神輿が、曳き廻されます。<br />

    佐倉の秋祭りのマップです。
    オレンジ色で示した通りで、山車や御神酒所、神輿が、曳き廻されます。

  • 佐倉の秋祭りの交通規制のマップです。

    佐倉の秋祭りの交通規制のマップです。

  • まず、麻賀多神社にお参りです。<br />麻賀多神社という社名は、今から1050年ほど前の政令「延喜式」の下総の項にすでに記載されています。稚産霊命(わかむすびのみこと)を祭っており、人・作物・事業等の育成・発展を御加護くださる神様です。江戸時代になると、土井利勝が佐倉城を築きその城主になると、佐倉藩の総鎮守となりました。

    まず、麻賀多神社にお参りです。
    麻賀多神社という社名は、今から1050年ほど前の政令「延喜式」の下総の項にすでに記載されています。稚産霊命(わかむすびのみこと)を祭っており、人・作物・事業等の育成・発展を御加護くださる神様です。江戸時代になると、土井利勝が佐倉城を築きその城主になると、佐倉藩の総鎮守となりました。

  • 麻賀多神社の参道中央に据えられた、「発輿祭・宮出し」前の大神輿です。

    麻賀多神社の参道中央に据えられた、「発輿祭・宮出し」前の大神輿です。

  • ここからは、新町通りの散策です。<br />現在も活躍している山車人形、横町の「石橋(シャッキョウ)」です。新町交差点の横町詰所で出陣まえの勇姿が見られます。

    ここからは、新町通りの散策です。
    現在も活躍している山車人形、横町の「石橋(シャッキョウ)」です。新町交差点の横町詰所で出陣まえの勇姿が見られます。

  • 吉田邸に展示されている山車人形、上町の「日本武尊(ヤマトタケルノミコト)」です。

    吉田邸に展示されている山車人形、上町の「日本武尊(ヤマトタケルノミコト)」です。

  • 明治15年創業の蔵六餅本舗です。<br />佐倉を代表する和菓子屋さんです。佐倉の藩主堀田家に三百年の昔から伝わる、上面に亀の甲を曝した様な五彩混じった地肌の奇石が蔵六石と称され、伝えられています。「蔵六餅」は、この家宝にちなみ作られた最中です。

    明治15年創業の蔵六餅本舗です。
    佐倉を代表する和菓子屋さんです。佐倉の藩主堀田家に三百年の昔から伝わる、上面に亀の甲を曝した様な五彩混じった地肌の奇石が蔵六石と称され、伝えられています。「蔵六餅」は、この家宝にちなみ作られた最中です。

  • 蔵六餅本舗の店頭販売風景です。

    蔵六餅本舗の店頭販売風景です。

  • 三谷屋呉服店です。<br />寛政創業の老舗の呉服屋さんです。

    三谷屋呉服店です。
    寛政創業の老舗の呉服屋さんです。

  • 三谷屋呉服店の店内風景です。

    三谷屋呉服店の店内風景です。

  • 佐倉市立美術館の入口です。<br />旧川崎銀行の建物が保存されてエントランスとして利用されています。

    佐倉市立美術館の入口です。
    旧川崎銀行の建物が保存されてエントランスとして利用されています。

  • お祭り広場前から佐倉市立美術館を見たところです。<br />佐倉市立美術館は、房総ゆかりの作家の作品を中心に収集しており、佐倉市ゆかりの浅井忠の作品の収蔵で知られています。 <br />

    お祭り広場前から佐倉市立美術館を見たところです。
    佐倉市立美術館は、房総ゆかりの作家の作品を中心に収集しており、佐倉市ゆかりの浅井忠の作品の収蔵で知られています。

  • 明治創業の中井せともの店です。

    明治創業の中井せともの店です。

  • 老舗のそば屋さん房州屋新町店です。

    老舗のそば屋さん房州屋新町店です。

  • 房州屋のショーウインドです。

    房州屋のショーウインドです。

  • 小川園佐倉本店です。<br />明治45年創業の佐倉茶の老舗です。佐倉藩の武士達が明治に入り刀を捨てなければならなくなり、新たに産業を興すしかなく、そのひとつとして、荒野を開墾することから始まり、お茶を栽培し、製造したのが始まりで、その伝統が今に受け継がれています。

    小川園佐倉本店です。
    明治45年創業の佐倉茶の老舗です。佐倉藩の武士達が明治に入り刀を捨てなければならなくなり、新たに産業を興すしかなく、そのひとつとして、荒野を開墾することから始まり、お茶を栽培し、製造したのが始まりで、その伝統が今に受け継がれています。

  • 小川園本店の店内風景です。

    小川園本店の店内風景です。

  • 佐倉新町おはやし館です。<br />山車人形2体が常設展示されています。現在、佐倉には山車人形6体が残っており、各町内が所有しています。お江戸で使用されていたものを、江戸時代から明治初期にかけて購入したものです。

    佐倉新町おはやし館です。
    山車人形2体が常設展示されています。現在、佐倉には山車人形6体が残っており、各町内が所有しています。お江戸で使用されていたものを、江戸時代から明治初期にかけて購入したものです。

  • 佐倉新町おはやし館入口です。

    佐倉新町おはやし館入口です。

  • おはやし館に展示保存されている山車人形、肴町の「竹生島龍神(チクブジマリュウジン)」です。

    おはやし館に展示保存されている山車人形、肴町の「竹生島龍神(チクブジマリュウジン)」です。

  • おはやし館に展示保存されている山車人形、二番町の「玉ノ井龍神(タマノイリュウジン)」です。

    おはやし館に展示保存されている山車人形、二番町の「玉ノ井龍神(タマノイリュウジン)」です。

  • おはやし館に展示されている山車人形、仲町の「関羽雲長(カンウウンチョウ)」です。

    おはやし館に展示されている山車人形、仲町の「関羽雲長(カンウウンチョウ)」です。

  • 肴町の神輿です。<br />肴町の住人、故石井康夫さんによって造られ寄贈されています。

    肴町の神輿です。
    肴町の住人、故石井康夫さんによって造られ寄贈されています。

  • 蘭学通りに入ってきました。<br />明治5年創業の幸田薬局弥勒町本店です。

    蘭学通りに入ってきました。
    明治5年創業の幸田薬局弥勒町本店です。

  • 弥勤町の三谷家住宅です。<br />主屋と袖蔵は明治17年に、座敷屋は昭和10年に建てられており、佐倉の伝統的な商家として貴重な建物です。

    弥勤町の三谷家住宅です。
    主屋と袖蔵は明治17年に、座敷屋は昭和10年に建てられており、佐倉の伝統的な商家として貴重な建物です。

  • 明治5年創業の三谷屋ふとん店に展示されている山車人形、弥勤町の「八幡太郎義家(ハチマンタロウヨシイエ)」です。

    明治5年創業の三谷屋ふとん店に展示されている山車人形、弥勤町の「八幡太郎義家(ハチマンタロウヨシイエ)」です。

  • ここからは、初日の麻賀多神社の大神輿の宮出し風景です。<br />15:00、拝殿前で「発輿祭・宮出し」のスタートです。白衣に身を清めた大神輿の担ぎ手(鏑木青年会)と関係者が整列します。拝殿の後ろに樹齢800年以上の、イチョウの大木が聳えています。

    ここからは、初日の麻賀多神社の大神輿の宮出し風景です。
    15:00、拝殿前で「発輿祭・宮出し」のスタートです。白衣に身を清めた大神輿の担ぎ手(鏑木青年会)と関係者が整列します。拝殿の後ろに樹齢800年以上の、イチョウの大木が聳えています。

  • 宮司によって、御神霊が大神輿に移されます(御霊代遷御)。

    宮司によって、御神霊が大神輿に移されます(御霊代遷御)。

  • 大神輿を担ぐための棒に、さらしを巻いていきます。<br />麻賀多神社の大神輿は、県内でも最大級です、これを二天棒のみで担ぐため、バランスを取るのが難しく、担ぐ難しさは日本一ではと言われています。

    大神輿を担ぐための棒に、さらしを巻いていきます。
    麻賀多神社の大神輿は、県内でも最大級です、これを二天棒のみで担ぐため、バランスを取るのが難しく、担ぐ難しさは日本一ではと言われています。

  • いよいよ大神輿の宮出しです。

    いよいよ大神輿の宮出しです。

  • 山門をくぐり急な階段を下りる大神輿です。<br />大神輿が大きく傾いています。最もスリリングな場面です。

    山門をくぐり急な階段を下りる大神輿です。
    大神輿が大きく傾いています。最もスリリングな場面です。

  • 麻賀多神社の大神輿 を、ぐるぐる回転させたり、頭上高く差し上げたり。担ぎ棒が二天棒と判るとスリル満点です。大興奮、拍手が起こります。

    麻賀多神社の大神輿 を、ぐるぐる回転させたり、頭上高く差し上げたり。担ぎ棒が二天棒と判るとスリル満点です。大興奮、拍手が起こります。

  • 宮小路町の御神酒所の欄干に、担ぎ棒を掛けてひと休み。<br />このとき、屋台から大神輿に御神酒を奉納することから、佐倉では曳き回し屋台のことを「御神酒所(おみきしょ)」と呼ぶようになったと考えられます。大神輿の渡御(とぎょ)の際に、同様のひと休みが各氏子町で行われます。<br />

    宮小路町の御神酒所の欄干に、担ぎ棒を掛けてひと休み。
    このとき、屋台から大神輿に御神酒を奉納することから、佐倉では曳き回し屋台のことを「御神酒所(おみきしょ)」と呼ぶようになったと考えられます。大神輿の渡御(とぎょ)の際に、同様のひと休みが各氏子町で行われます。

  • お祭り広場の御旅所で披露される、麻賀多神社の大神輿です。

    お祭り広場の御旅所で披露される、麻賀多神社の大神輿です。

  • 麻賀多神社の大神輿です。<br />享保6年(1721年)、当時の藩主稲葉正和公の家臣と町方が協力し360両の経費をかけて製作されたもので、今日数少ない江戸神輿の代表的存在です。

    麻賀多神社の大神輿です。
    享保6年(1721年)、当時の藩主稲葉正和公の家臣と町方が協力し360両の経費をかけて製作されたもので、今日数少ない江戸神輿の代表的存在です。

  • ここからは、中日の開会セレモニーと山車の紹介です。<br />16:00、来賓の挨拶と紹介でスタートです。蕨市長が挨拶しています。

    ここからは、中日の開会セレモニーと山車の紹介です。
    16:00、来賓の挨拶と紹介でスタートです。蕨市長が挨拶しています。

  • 鏡割りです。<br />この後、地酒「清酒旭鶴」が振る舞われました。<br />

    鏡割りです。
    この後、地酒「清酒旭鶴」が振る舞われました。

  • 16:00、お祭り広場に上町・仲町・横町の山車が集合しました。

    16:00、お祭り広場に上町・仲町・横町の山車が集合しました。

  • 「上町」の三層江戸型山車です。<br />山車の上の「日本武尊」はレプリカです。2014年復活しています。

    「上町」の三層江戸型山車です。
    山車の上の「日本武尊」はレプリカです。2014年復活しています。

  • 「仲町」の三層江戸型山車です。<br />山車の上の「関羽」はレプリカです。

    「仲町」の三層江戸型山車です。
    山車の上の「関羽」はレプリカです。

  • 「横町」の三層江戸型山車です。<br />山車の上には、今でも現役の「石橋」の勇姿が見えます。<br />

    「横町」の三層江戸型山車です。
    山車の上には、今でも現役の「石橋」の勇姿が見えます。

  • 「弥勒町」の三層江戸型山車です。<br />19:00にお祭り広場に到着です。山車の上の「八幡太郎義家」はレプリカです。修復のすべてを終え2018年復活しました。

    「弥勒町」の三層江戸型山車です。
    19:00にお祭り広場に到着です。山車の上の「八幡太郎義家」はレプリカです。修復のすべてを終え2018年復活しました。

  • ここからは、並木町の初日の御神酒所を追いかけます。<br />並木町の出陣式の模様です。

    ここからは、並木町の初日の御神酒所を追いかけます。
    並木町の出陣式の模様です。

  • 鏡割りです。

    鏡割りです。

  • 男の子達です。

    男の子達です。

  • 女の子達です。

    女の子達です。

  • 2016年の秋祭り後の不審火で「並木町」の御神酒所は焼失しましたが、多くの人々の寄付や関係者の努力で今年(2018年)の秋祭りに復帰しました。

    2016年の秋祭り後の不審火で「並木町」の御神酒所は焼失しましたが、多くの人々の寄付や関係者の努力で今年(2018年)の秋祭りに復帰しました。

  • お囃子用の太鼓・小太鼓なども寄贈されました。

    お囃子用の太鼓・小太鼓なども寄贈されました。

  • 屋根部分の鶴と松の彫刻です。

    屋根部分の鶴と松の彫刻です。

  • 並木町の新御神酒所が出陣です。

    並木町の新御神酒所が出陣です。

  • 「角付け」をしながら、佐倉市役所に向かいます。

    「角付け」をしながら、佐倉市役所に向かいます。

  • 御神酒所のお囃子台では、「佐倉囃子」が奏でられています。

    御神酒所のお囃子台では、「佐倉囃子」が奏でられています。

  • 扇子を持って「手踊り」を披露しています。

    扇子を持って「手踊り」を披露しています。

  • 「佐倉のおみそ・ヤマニ味噌」での「角付け」です。<br />新御神酒所の披露と寄付への御礼をして回ります。

    「佐倉のおみそ・ヤマニ味噌」での「角付け」です。
    新御神酒所の披露と寄付への御礼をして回ります。

  • 佐倉市役所にも新御神酒所を披露します。

    佐倉市役所にも新御神酒所を披露します。

  • 「角付け」をしながら、麻賀多神社へ向かいます。

    「角付け」をしながら、麻賀多神社へ向かいます。

  • 並木町の新御神酒所と横町の山車が揃い、参加者全員で記念撮影です。

    並木町の新御神酒所と横町の山車が揃い、参加者全員で記念撮影です。

  • 「ピーナツの大津屋」での「角付け」です。<br />佐倉囃子と手踊りを披露します。

    「ピーナツの大津屋」での「角付け」です。
    佐倉囃子と手踊りを披露します。

  • 御神酒所のお囃子台では、子供達により「佐倉囃子」が奏でられています。

    御神酒所のお囃子台では、子供達により「佐倉囃子」が奏でられています。

  • ここからは、並木町の中日の御神酒所を追いかけます。<br />京成佐倉駅前通りで、六町(栄町、並木町、袋町、宮小路、間之町、田町)が共演です。

    ここからは、並木町の中日の御神酒所を追いかけます。
    京成佐倉駅前通りで、六町(栄町、並木町、袋町、宮小路、間之町、田町)が共演です。

  • 並木町のお囃子とひよっとこです。

    並木町のお囃子とひよっとこです。

  • 並木町の踊り手です。

    並木町の踊り手です。

  • 赤松種苗前に並ぶ御神酒所です。

    赤松種苗前に並ぶ御神酒所です。

  • お祭り広場に到着です。<br />大会本部と大神輿にお囃子と踊りを奉納し、食事休憩を取ります。

    お祭り広場に到着です。
    大会本部と大神輿にお囃子と踊りを奉納し、食事休憩を取ります。

  • 佐倉秋祭り大会本部に、新御神酒所の御披露目とお囃子と踊りを奉納します。

    佐倉秋祭り大会本部に、新御神酒所の御披露目とお囃子と踊りを奉納します。

  • 弥勒町の復活した山車と並木町の新御神酒所の共演です。

    弥勒町の復活した山車と並木町の新御神酒所の共演です。

  • 男の子達は囃子手さんです。

    男の子達は囃子手さんです。

  • 女の子達は稚児さんです。

    女の子達は稚児さんです。

  • ここからは、祭りには欠かせない屋台の紹介です。<br />シシケバブです。年々増えて今年は、4軒見かけました。<br />トッポギや小龍包の屋台も出ています。国際色豊かになってきています。

    ここからは、祭りには欠かせない屋台の紹介です。
    シシケバブです。年々増えて今年は、4軒見かけました。
    トッポギや小龍包の屋台も出ています。国際色豊かになってきています。

  • フルーツあめです。<br />若い女性や女の子に支持されて、人気急上昇中です。

    フルーツあめです。
    若い女性や女の子に支持されて、人気急上昇中です。

  • からあげです。<br />焼き鳥、焼きそばと並んで、食べ物屋台の代表格です。

    からあげです。
    焼き鳥、焼きそばと並んで、食べ物屋台の代表格です。

  • いかやきです。<br />今年は値段が高いです。不漁のせいでしょうか。

    いかやきです。
    今年は値段が高いです。不漁のせいでしょうか。

  • ジャガバターです。<br />キムチと塩辛、マヨネーズが置いてあります。私はそのままがいいです、ほっかほかなら・・・。

    ジャガバターです。
    キムチと塩辛、マヨネーズが置いてあります。私はそのままがいいです、ほっかほかなら・・・。

  • 焼きそばです。<br />夜を目指して大量に作り置きしています。<br />

    焼きそばです。
    夜を目指して大量に作り置きしています。

  • たこ焼きです。<br />イイダコが丸ごと一匹入る豪華版が売りです。イイダコが並んでいます。

    たこ焼きです。
    イイダコが丸ごと一匹入る豪華版が売りです。イイダコが並んでいます。

  • お面です。<br />どれが良いかな、品定め中です。店のおじさんも優しく見つめます。

    お面です。
    どれが良いかな、品定め中です。店のおじさんも優しく見つめます。

  • 金魚すくいです。<br />縁日の定番で、いまも根強い人気があります。

    金魚すくいです。
    縁日の定番で、いまも根強い人気があります。

  • ミドリガメすくいです。<br />家で飼っても印旛沼に放さないでね。駆除対象のミシシッピアカミミガメの子供ですから。

    ミドリガメすくいです。
    家で飼っても印旛沼に放さないでね。駆除対象のミシシッピアカミミガメの子供ですから。

  • 射的です。<br />大人にも子供にも、根強い人気があります。昔美人なお姉さんから、指導を受けるお兄さんです。

    射的です。
    大人にも子供にも、根強い人気があります。昔美人なお姉さんから、指導を受けるお兄さんです。

  • ここからは、連日催された新町通り総曳き(山車・御神酒所・神輿)の風景を、お祭り広場前で撮影したものです。<br />電線やケーブルが無くなり、歩道の段差も無くなり、舗装もされたばかりで、気持ちのいい新町通りが誕生しました。<br />「栄町」の行列がやってきました。

    ここからは、連日催された新町通り総曳き(山車・御神酒所・神輿)の風景を、お祭り広場前で撮影したものです。
    電線やケーブルが無くなり、歩道の段差も無くなり、舗装もされたばかりで、気持ちのいい新町通りが誕生しました。
    「栄町」の行列がやってきました。

  • 「栄町」の御神酒所です。

    「栄町」の御神酒所です。

  • 「栄町」の囃子手と獅子舞の踊りです。

    「栄町」の囃子手と獅子舞の踊りです。

  • 夜の新町通り総曳きの風景です。<br />一部古い写真もありまが、御了解下さい。「肴町・最上町」の行列です。

    夜の新町通り総曳きの風景です。
    一部古い写真もありまが、御了解下さい。「肴町・最上町」の行列です。

  • 「肴町・最上町」の御神酒所です。

    「肴町・最上町」の御神酒所です。

  • 「肴町・最上町」の御神酒所裏でのひょっとこの踊りです。<br />御神酒所の上で踊る、「ひょっとこ」、「おきつね」、「大黒様」、「獅子舞」等を見るのも楽しみのひとつです。

    「肴町・最上町」の御神酒所裏でのひょっとこの踊りです。
    御神酒所の上で踊る、「ひょっとこ」、「おきつね」、「大黒様」、「獅子舞」等を見るのも楽しみのひとつです。

  • 「肴町・最上町」の踊り手です。<br />大会本部前では、威勢の良い「エッサ エッサ エッサッサ」、「エッサノ コラサノ エッサッサ」の掛け声とともに踊りを披露しています。

    「肴町・最上町」の踊り手です。
    大会本部前では、威勢の良い「エッサ エッサ エッサッサ」、「エッサノ コラサノ エッサッサ」の掛け声とともに踊りを披露しています。

  • 「袋町」の御神酒所です。<br />「シルバーさくらNO.84号表紙」へ写真提供。

    「袋町」の御神酒所です。
    「シルバーさくらNO.84号表紙」へ写真提供。

  • 「袋町」の踊り手です。

    「袋町」の踊り手です。

  • 「表町」の御神酒所です。

    「表町」の御神酒所です。

  • 「表町」の踊り手です。

    「表町」の踊り手です。

  • 「鏑木町」の御神酒所です。

    「鏑木町」の御神酒所です。

  • 「鏑木町」の囃子手と御きつね様の踊りです。<br />佐倉囃子は、篠笛1人、大太鼓1人、小太鼓2人、鉦(かね)1人の5人編成で奏でられます。

    「鏑木町」の囃子手と御きつね様の踊りです。
    佐倉囃子は、篠笛1人、大太鼓1人、小太鼓2人、鉦(かね)1人の5人編成で奏でられます。

  • 「本町」の御神酒所です。

    「本町」の御神酒所です。

  • 「本町」の「はなぐるま」です。<br />大会本部前では、御神酒所を勢い良く回転させる「はなぐろま」が披露されます。回し手が跳ね飛ばされる御神酒所もでていました。

    「本町」の「はなぐるま」です。
    大会本部前では、御神酒所を勢い良く回転させる「はなぐろま」が披露されます。回し手が跳ね飛ばされる御神酒所もでていました。

  • 「野狐台町」の御神酒所です。

    「野狐台町」の御神酒所です。

  • 「野狐台町」の囃子手と御きつね様の踊りです。

    「野狐台町」の囃子手と御きつね様の踊りです。

  • 「田町」の御神酒所です。

    「田町」の御神酒所です。

  • 「田町」のひょっとこの踊りです。

    「田町」のひょっとこの踊りです。

この旅行記のタグ

28いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

旅行記グループ

佐倉市散策NO1

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

PAGE TOP

ピックアップ特集