1. ホーム
  2. 海外旅行
  3. ヨーロッパ
  4. ドイツ
  5. コッヘム
  6. コッヘム 観光
  7. ライヒスブルク城(コッヘム城)
コッヘム×
旅行ガイド
観光
グルメ
ホテル
旅行記

ライヒスブルク城(コッヘム城) Reichsburg

城・宮殿

コッヘム

観光の所要時間:
1-2時間

このスポットの情報をシェアする

ライヒスブルク城(コッヘム城) https://4travel.jp/os_shisetsu/10316741

クリップを編集する

ラベルを選ぶ

  • ラベルはまだありません

公開設定

施設情報

施設名
ライヒスブルク城(コッヘム城)
英名
Reichsburg
住所
  • Schlossstrasse 36, 56812 Cochem
カテゴリ
  1. 観光
  2. 建造物
  3. 城・宮殿

※施設情報については、時間の経過による変化などにより、必ずしも正確でない情報が当サイトに掲載されている可能性があります。

クチコミ(9件)

コッヘム 観光 満足度ランキング 1位
3.31
アクセス:
3.17
コブレンツから、トリアー方面の電車に乗り、コッヘム下車。駅より城までは、徒歩30分程度。駅より旧市街まで、10分程度。 by konopuさん
コストパフォーマンス:
4.40
展示内容や眺めの良さを考えれば、高くはありません。 by milkさん
人混みの少なさ:
3.67
ワインフェストの開催日の週末だったからか、それなりの人出。 by konopuさん
展示内容:
4.50
部屋の作り、調度品など興味深いものがたくさんあります。日本製の陶器もありました by milkさん
  • モーゼル川に架かる橋から眺めるのが良いです

    • 5.0
    • 旅行時期:2019/06(約2年前)
    • 0

    以前、コッヘムを訪れた時には、ライヒスブルク城まで歩きましたが、今回は街の中から眺めるだけにしました。コッヘムの駅から、中...  続きを読む心部に近づいて行くと、遠くにお城が少しずつ見えてきますが、Skagerak-Brueckeという橋の上から、ライヒスブルク城を眺めるのがおすすめです。モーゼル川、可愛らしい家並み、お城、ブドウ畑と色々な要素を含んだ風景を眺められる良いポイントです。特に午前は、ちょうどお城に日が当たって、良い眺めです。
      閉じる

    投稿日:2019/06/18

  • ライヒスブルク城から、モーゼル川を眺める

    • 4.0
    • 旅行時期:2016/05(約5年前)
    • 0

    コッヘムのワインフェストに行ったついでに、ライヒスブルク城まで歩き、モーゼル川の景色を眺めました。
    あいにくの曇天で、晴...  続きを読むれていれば、とても綺麗だっただろうと思います。

    旧市街を抜け、ライヒスブルク城に繋がる道沿いには、ブドウ畑が広がっています。
    城の門をくぐって進むと、モーゼル川が見渡せます。
    上から眺める、コッヘムの街並みは、灰色の屋根の建物が多いことが分かります。

    マルクト広場からモーゼル川に架かる橋からも、街並みやライヒスブルク城が見渡せます。  閉じる

    投稿日:2016/09/22

  • ぶどう畑に囲まれたモーゼル川を見下ろすお城

    • 4.0
    • 旅行時期:2015/05(約6年前)
    • 0

    マルクト広場から緩やかな坂道になっているシュロスシュトラッセを進んでいくとお城に着きます。お城の前の広場からはモーゼル川を...  続きを読む見下ろすことができ、眼下にはぶどう畑が広がっています。40分間のガイドツアーはドイツ語のみですが、日本語の説明書きをくれたのでよくわかりました。ダイニングルーム、寝室、狩猟の間など部屋の種類はエルツ城と同じようなラインナップですが、こちらのほうが内装が豪華でした。  閉じる

    投稿日:2017/10/14

  • 歴史ある美しくて楽しいお城です。

    • 5.0
    • 旅行時期:2015/05(約6年前)
    • 2

    マルクト広場から歩いて15分ほどですがトラムもあります。
    路地や風景を楽しみながら登っていけますので歩くのもお勧めです。...  続きを読む

    ガイドさんによる案内で城の中をめぐります。
    いろんな仕掛けがあったりして結構楽しい見学でした。

    私は朝9時前に到着したので9時5分一番のツアーで、ほかに誰もいなかったので日本語の録音を各部屋ごとに流してくれて日本語で案内をしてもらいました。
    ガイドさんとは英語で会話できます。
    入場料はガイド料込で6ユーロでした。

    隣にお土産屋さんとカフェもありました。

    お城の入り口から見るコッヘムとモーゼル川の風景は本当に美しかったです。


      閉じる

    投稿日:2015/05/15

  • おとぎの世界に入ったかのような・・・

    • 5.0
    • 旅行時期:2014/08(約7年前)
    • 2

    シャトルバスを使いたいのであれば、あらかじめホームページで時刻を調べていくといいと思います。電車の時刻と必ずしも合っていま...  続きを読むせん。バス乗り場のすぐ近くにインフォメーションセンターがあるので、そこでマップなどをもらえます。
    バス乗り場から遠めにお城を見てワクワクし、バスを降りて間近で目を見張り、最後にモーゼル川を渡って対岸から眺め、絵はがきのような風景にうっとりと、いろいろな位置から楽しむことができます。
    ガイドツアーでは最初に「ドイツ語以外のパンフレットが欲しい人いますか?」のように聞かれ、「Japanese」と答えると日本語のパンフレットをもらうことができました。各部屋で説明をしてくれますが、このパンフレットがあるとわかりやすくていいと思います。  閉じる

    投稿日:2015/04/06

  • コッヘム観光の目玉、ライヒスブルク城

    • 5.0
    • 旅行時期:2013/06(約8年前)
    • 1

    ぶどう畑の上に建つ、童話に出てきそうな素敵な城。
    中世風の衣装を着たガイドさんの案内で城内を見て回ります。
    日本語の案...  続きを読む内書もあり。
    カフェレストランで景色を眺めながら食事やお茶ができます。
    城内の撮影もOKです。(フラッシュはダメかもしれません)  閉じる

    投稿日:2013/06/28

  • ライン川流域に滞在後、ケルンに向かう途中に立ち寄りました。最寄り駅はコッヘムという小さな駅です。町も小さいので、宿泊する方...  続きを読むは少ないかと思いますので、耳寄り情報です。移動の途中に立ち寄る形で観光しようと思うと、困るのが荷物です。大きな駅ならコインロッカーや預かり所もありますが、この小さな駅には当然ありません。私たちも大きなスーツケースはフランクフルトのホテルに預けて、いざとなったら引きづれる大きさのスーツケースだけで立ち寄りましたが、できれば身軽な方が良い。駅の切符売り場でダメモトで聞いたところ、併設なカフェに頼めと言われました。ここのカフェでは頼まれれば、いつもそうしているようで、店の奥に結構なスペースのある荷物置き場があり、紙製ながら、預かり札も用意されていました。料金は2ユーロで、他駅のコインロッカーでは安くて5ユーロなので、良心的ですし、とにかく助かります。お城までは徒歩か専用バスまたはタクシーになりますが、タクシーは高くつきますし、徒歩は時間がかかる。私は高齢の母を同行していたこともあり、何とかバスを利用したいと、お城のホームページで時刻表を調べてから、現地に赴きました。以前たぶんどなたかのブログか何かで、バスは駅前から出ていると書いていらっしゃる方がいらっしゃいましたので、到着後バス出発までに20分余裕があったので十分と思っていましたが、実際にはバスの乗降場所は駅前とはとても言えない離れた場所にありました。駅を背にしてずっと右方向へ行けば良いので簡単ではありますが、急ぎ足で行っても10分強十分掛かりました。上記情報を信用してのんびりと荷物を預け、しばらく駅の周りをうろうろ探したりしていましたので、駅前でないと分かり随分あせりました。情報とあまりにも開きがあるので、途中何度も何度も道を尋ねながら進んだので、行きは15分近くかかったと思います。何とかぎりぎり間に合いましたが、結構な距離だったので、荷物は預かってもらえて良かったと思いました。当初、駅前からバスに乗ることを考えていたので、持っていくつもりだったのですが、到着時、時間に余裕があると思ったことと、お城側のバス停から城入り口まで上り坂(実際結構な坂でした)という情報から、できればと思って確認して正解でした。
     肝心のお城についてですが、特徴的な外観はもちろんいろいろなメディアやガイドブック、ネットでも紹介されているとおり素敵ですが、城内ツアーも興味深いものでした。中世のかっこうをしたガイドさんが、結構ユーモアも交えて案内してくれるので面白かったです。私たちが行った時は、見学客の中に子供さんが多かったので、子供たちにいろいろ質問を投げかけたりもして、賑やかな楽しいツアーでした。所要時間は約45分で、丁度良い長さでした。ホームページにはツアーの開始時間について詳細がありませんでしたので、心配しましたが、ツアーは専用バスの到着時間にある程度合わせているようで、私たちが着いた時にも丁度10分後に始まるツアーがありました。城からは町の景色が美しく、バス停からは、城の遠景が見事です。
     
      閉じる

    投稿日:2013/07/25

  • 絵になるお城、そして眺めは最高!

    • 5.0
    • 旅行時期:2011/06(約10年前)
    • 0

    とにかく遠くから見ても絵になる、美しいお城です。途中までバスで行って、あとは歩いて上ります。入場はガイドツアーのみで、英語...  続きを読むで話してくれました。場内はそれほど大きくはありませんが、歴史を感じるには十分。そして何と言ってもお城内部からみるモーゼル川の美しいこと!街は小さきですが行く価値ありです。  閉じる

    投稿日:2013/05/27

  • “ドイツ ライン・モーゼル周遊の旅”
    2006年5月5日(金)〜5月19日(金)15日間

    05.12 (金)  ...  続きを読む快晴 26℃  、 156km(ここまでの合計1171km)

    この街道の目玉はCochemコッヘム城=Reichsburgライヒスブルグ城(帝国城)であり、エルツ城に次ぐ名城といわれる。

    円錐形の山上に建つ城は、4個の城門、城壁、壕に守られ、守るに易く、攻めるに難い城と云われた。強大な天守閣は壁の厚さが3.6mもあり、1000年の歴史と共にある。その山城の姿は、モーゼル川畔の何処から撮っても、納まり良いものである。この城はライン地方のPfalzプファルツ伯の居城であったが、その後シュタウフェン家出身の皇帝の帝国城となり、最終的には選帝候・トリアーの大司教の所有になる。

    1689年、プファルツ継承戦争ではルイ14世率いるフランス軍の猛攻撃を受け、ライン・モーゼル川の殆どの城と同じく、破壊されてしまう。
    漸く1877年に、ベルリンの枢密顧問官ラフェネーにより、8年をかけて、14世紀の新ゴシック様式の中世風城塞に復元された。内装は19世紀のドイツ上流階級の邸宅に見られるもので、現在、城は町が所有している。

    街中の屋内駐車場に停めて、Schlossシュロス通りを登る。結構きつい坂道で、午後の日差しに焼かれて、汗だくとなる。見覚えのある、コッヘム城の城門Gattertorが出てきて、そこをくぐるとカエルの姿をした彫像が立つ。実はカエルでなくて、騎士が鎧装備した姿だそうだ。
    ここからのモーゼル川の眺めも良い。実は我が家のパソコンの画面・壁紙には『コッヘム城=ライヒスブルグ城とモーゼルの流れ』の風景を取り込んでいます。というわけで、毎日パソコンを開けると、私のお気に入りの眺めを見ることができる。

    次のコッヘム城ガイドツアー(40分)は15:20まで待つ事に。城内には『Falknerei鷹狩りショー』があって、11、13、14:30、16の時間に行われる。
    ちょうど、14:30のが終わりに近づいて、城壁の下でショーをやっているのがのぞける。若い女の鷹匠が鷹を空高く上げて、呼び戻すショーを繰り返している。是非16時のショーを見てみたいものだ。

    15:20きっかりに、黒人の案内人が門を開き、ガイド(Euro8)のスタートである。さすがにコッヘムで、日本人の中高年の奥様グループ5人がご一緒でした。その他、数人のドイツ人の男女です。ドイツ語と英語のガイドですが、日本人用には日本語の説明書を各自に渡してくれたので、助かりました。

    まず?食堂に案内される。壁・ドアー・家具と見事な木彫り装飾が施されて、デルフト焼きの陶器が納められた戸棚は大きく、格別な趣である。面白い事に左右のバランスを保つ為、戸棚の右の戸は見せかけの戸を造ったそうだ。
    ?ゴッシク部屋はゴシック様式の天井がある為の名。婦人用の小部屋である。デルフト焼きタイルが張られた、暖炉が備えられている。
    ?ロマネスク部屋は16世紀のニュールンベルグのタイル張り暖炉があり、城から脱出する秘密のドアーがある。
    ?城門上の廊下は天守閣と周りの建物を繋いでいて、横木の梁には“美しいものは、利用する際、無思慮に強いてはならない”との格言が焼き付けられている。天井から釣り下がった、ランプは半身女像の小シャンデリアで、中世には魔除けのシンボルであったそうな。
    ?狩猟の間には獲物が壁に掛けられ、騎士たちの一日分のワインが入る錫のマグカップが置いてある。
    ?騎士の間は城一番の広さ。太い円柱が天井を支えている。大暖炉があり、大きな二枚の絵が展示されている。
    ?武具の間、ここにはビックリするほどの大きな甲冑がある。なんと2.38mの巨人の甲冑である。今まで見た甲冑でも最大のものだ。
    ?バルコニーから、巻上げ機と綱を使って、鎖をモーゼル川にたらして、川の通行を支配した(関税の徴税の為)と云う。城は川面より、100mの高さにあり、バルコニー上から見た、河畔を走る車の小さい事、震えがくるほどだ。
    ?城中の庭には50mの深い井戸が掘られている。案内人がバケツの水を落として、水面に落ちる音を聞かせ、深さを実感させてくれた。
    ツアーはジョークの上手い案内人で、大変愉快な40分となりました。

    さて、16時の『Falknerei鷹狩りショー』だと、行って見るとなんと中止です?!
    ドイツ人の小父さんに聞いてみると、『俺も楽しみに来たのだが、訓練して3ケ月の鷹が大空に放たれたまま、帰ってこないらしいぜ?!それも2羽だってさ!こんなのは初めてだぜ。全く、大笑いだよ!!』と。
    残念ながら、可笑しくて、小父さんと一緒に大笑いする。

    人口5千人の小さな街の中心にある、Alt-Cochem旧市街にはバロック様式の市庁舎、マルクト広場、木組みの切妻のある家々があって、美しい。
    ここもモーゼルワインの産地として有名で、観光客も多い。

    XXX
    関連旅行記:
    http://4travel.jp/travelogue/11135261  閉じる

    投稿日:2016/05/27

1件目~9件目を表示(全9件中)

このスポットに関するQ&A(0件)

ライヒスブルク城(コッヘム城)について質問してみよう!

コッヘムに行ったことがあるトラベラーのみなさんに、いっせいに質問できます。

  • konopuさん

    konopuさん

  • かいさん

    かいさん

  • jijidarumaさん

    jijidarumaさん

  • cooさん

    cooさん

  • milkさん

    milkさん

  • 猫のミーさん

    猫のミーさん

  • …他

このスポットで旅の計画を作ってみませんか?

行きたいスポットを追加して、しおりのように自分だけの「旅の計画」が作れます。
クリップ したスポットから、まとめて登録も!

PAGE TOP