1. ホーム
  2. 海外旅行
  3. ヨーロッパ
  4. オーストリア
  5. ウィーン
  6. ウィーン 観光
  7. 新王宮
ウィーン×
旅行ガイド
観光
グルメ
ショッピング
交通
ホテル
ツアー
旅行記
Q&A

新王宮 Neue Brug

城・宮殿

ウィーン

観光の所要時間:
1-2時間

このスポットの情報をシェアする

新王宮 https://4travel.jp/os_shisetsu/10007913

クリップを編集する

ラベルを選ぶ

  • ラベルはまだありません

公開設定

施設情報

施設名
新王宮
英名
Neue Brug
住所
  • Heldenplatz , 1010 Wien
営業時間
博物館は
10:00-18:00(水~日)
入場は閉館の30分まで
休業日
博物館は
月、火、12/23、12/24
予算
14ユーロ(ウィーンカード割引13ユーロ)
学生は9ユーロ
65歳以上11ユーロ
(美術史博物館にも有効)
カテゴリ
  1. 観光
  2. 建造物
  3. 城・宮殿
  1. 観光
  2. 文化・芸術・歴史
  3. 史跡・遺跡
  1. 観光
  2. 文化・芸術・歴史
  3. 博物館・美術館・ギャラリー

※施設情報については、時間の経過による変化などにより、必ずしも正確でない情報が当サイトに掲載されている可能性があります。

クチコミ(63件)

ウィーン 観光 満足度ランキング 20位
3.5
アクセス:
3.97
王宮エリアにあります by Hisashiさん
コストパフォーマンス:
3.72
美術史博物館と共通なのでこんなものだと思います。 by Hisashiさん
人混みの少なさ:
3.92
人気がないようで来館者は少ないです。 by お・い・らさん
展示内容:
3.85
4つのエリアに分かれています。 by お・い・らさん
  • 満足度の高いクチコミ(37件)

    楽器コレクションを見物中に、突然、ベートーヴェンの演奏!

    5.0

    • 旅行時期:2019/05
    • 投稿日:2023/01/23

    HofburgもNeue Burgも既に何度か見たい展示箇所はみているのだが、今回、楽友協会のブラームスザールで古楽器演奏...  続きを読む会を聴く日(5月10日)に、午前中にこの新王宮の古楽器コレクションのコーナーも再度見に来た。残念なことに、かなりの部屋が修理点検中で閉鎖されていたが、見学できる部屋もいくつかいい展示物はあった。 で、偶然なのだが、モーツァルト、ベートーヴェンも愛用していたワルター製作のフォルテピアノのある部屋を家内と見物していたら、突然、その楽器を演奏しはじめた男性がいる。館員がそばにいたので、無断で演奏しているのではない。最初モーツァルトのあれこれを探り弾きしていたが、そのうち、ベートーヴェンの「悲愴」ソナタを演奏しはじめ、部屋の空気が激変した!その演奏が止まった時、家内が思わず拍手した。するとその演奏していた「プロ」はたちあがって、家内に向かって、胸に手を当て、丁寧にお辞儀した!家内が感激したのはいうまでもない。   その晩、ムジークフェラインの小ホール(ブラームス・ザール)の演奏会に行くと、フォルテピアノを演奏したのは、パトリック・コワンだが、新王宮のなかで演奏していた人だった!そばにいた人は、その演奏会でチェロを演奏していたクリストフ・コワンだった!私は無遠慮に新王宮で写真を撮影していたので、その写真も一枚、ここに出したい。素敵な思い出だ!写真は、新王宮の世界博物館の一部である楽器コレクションで撮影したものである。  閉じる

    tad

    by tadさん(男性)

    ウィーン クチコミ:58件

  • ウィーンを代表する名所

    • 3.0
    • 旅行時期:2020/02(約3年前)
    • 0

    ウィーンを代表する観光名所。
    緑色の、円形の屋根を持つ、荘厳な佇まいの建造物は一見の価値大の雰囲気を放ちます。
    周辺に...  続きを読むは乗馬学校などもあり、ブラブラしていると、馬に乗った学生の姿も見られることもありますよ。  閉じる

    投稿日:2021/07/20

  • 新王宮

    • 3.5
    • 旅行時期:2019/11(約3年前)
    • 0

    腕を広げたような半球状というか円を描くように左右にのびた建物で大きいです。
    マリアテレジア広場の方から入ると左手にありま...  続きを読むすが観光名所としては見所の多いウィーンでは人気がいまいちなのか各国のツアーが皆素通りしてました。素敵な建物なのでせっかくなら立ち寄るのもいいかと思います。  閉じる

    投稿日:2019/11/24

  • 4つの博物館

    • 4.0
    • 旅行時期:2019/09(約3年前)
    • 0

    半円状の立派な建物で重厚感があります。建物前の中央部には騎馬像が立っていました。現在は武器博物館、古楽器博物館など4つの博...  続きを読む物館が入っています。訪れた際は、建物の上部が修復中のようで、足場が組まれていました。  閉じる

    投稿日:2019/11/09

  • 美しいフォルムです

    • 5.0
    • 旅行時期:2019/08(約4年前)
    • 0

    こちらは、「新」という接頭語がつくだけあって、この建築物は1913年に完成した王宮です。華麗な建築物で、綺麗な弧を描く外観...  続きを読むは素晴らしいです。正面にオイゲン公の騎馬像があり、前足を上げた珍しい騎馬像で躍動感があります。新王宮をバックに撮るといいですよ。  閉じる

    投稿日:2020/03/01

  • ネオ・バロック様式の壮大な宮殿

    • 4.0
    • 旅行時期:2019/08(約4年前)
    • 0

      19世紀末に計画されたカイザー・フォーラムの一部として1913年に完成。ネオ・バロック様式の堂々たる宮殿です。英雄広場...  続きを読むを挟んで向かい合わせに2棟の対称的な宮殿になる予定だったようですが,王朝の終焉に伴い,片方のみとなったもの。訪問時は,中央のトップ部分が修復中でした。  閉じる

    投稿日:2019/11/26

  • 新王宮

    • 4.0
    • 旅行時期:2019/05(約4年前)
    • 7

    王宮の中庭を抜けて英雄広場に出ると、左手にある建物です。新しい王宮として、1913年に建てられたものの、実際に王宮として使...  続きを読むわれることは無かったそうです。比較的新しい建物ということになりますが、重厚感があり、全くそのような印象は受けません。外観だけでも、一見の価値のある建物だと思いました。  閉じる

    投稿日:2019/07/30

  • HofburgもNeue Burgも既に何度か見たい展示箇所はみているのだが、今回、楽友協会のブラームスザールで古楽器演奏...  続きを読む会を聴く日(5月10日)に、午前中にこの新王宮の古楽器コレクションのコーナーも再度見に来た。残念なことに、かなりの部屋が修理点検中で閉鎖されていたが、見学できる部屋もいくつかいい展示物はあった。

    で、偶然なのだが、モーツァルト、ベートーヴェンも愛用していたワルター製作のフォルテピアノのある部屋を家内と見物していたら、突然、その楽器を演奏しはじめた男性がいる。館員がそばにいたので、無断で演奏しているのではない。最初モーツァルトのあれこれを探り弾きしていたが、そのうち、ベートーヴェンの「悲愴」ソナタを演奏しはじめ、部屋の空気が激変した!その演奏が止まった時、家内が思わず拍手した。するとその演奏していた「プロ」はたちあがって、家内に向かって、胸に手を当て、丁寧にお辞儀した!家内が感激したのはいうまでもない。  

    その晩、ムジークフェラインの小ホール(ブラームス・ザール)の演奏会に行くと、フォルテピアノを演奏したのは、パトリック・コワンだが、新王宮のなかで演奏していた人だった!そばにいた人は、その演奏会でチェロを演奏していたクリストフ・コワンだった!私は無遠慮に新王宮で写真を撮影していたので、その写真も一枚、ここに出したい。素敵な思い出だ!写真は、新王宮の世界博物館の一部である楽器コレクションで撮影したものである。  閉じる

    投稿日:2019/06/13

  • 広々とした敷地

    • 3.5
    • 旅行時期:2018/12(約4年前)
    • 0

    マリアテレジア広場側の門から入るとすぐに新王宮があります。広々とした敷地の中、大きな美しい建物があります。白い美しい建物の...  続きを読む前には、広々と芝生が広がり、騎馬像がたっています。今は、内部は博物館となっています。  閉じる

    投稿日:2019/08/28

  • 19世紀以降に建てられたハプスブルク家の居城

    • 3.5
    • 旅行時期:2018/12(約4年前)
    • 0

    リンクを挟んで、マリアテレジア広場の向かい側に立つのが、新王宮です。19世紀以降に建てられたハプスブルク家の居城で、オイゲ...  続きを読むン公の騎馬像を囲むように弓なりにカーブした建物です。王宮前は芝生の広々とした空間となっており、そこから眺める王宮は壮麗な印象を与えます。現在は、博物館として利用されています。  閉じる

    投稿日:2019/06/10

  • 内部の博物館がすごい

    • 4.5
    • 旅行時期:2018/10(約4年前)
    • 0

    建ってから100年程度と、さほど古くはない建物ではありますが、大きさも風格もある建物です。
    そして、見どころは建物だけじ...  続きを読むゃなく、中の博物館
    武器・狩猟・音楽など、複数の博物館があります。
    どの展示も、数も種類もすごい、
    ただシンプルに展示されているだけですが、数が多い事もあって、けっこう圧倒されます。
    全部見てたら、半日では足りませんので、時間に余裕を持っていく必要があります。
    (個人的には、鎧の展示と楽器の展示が良かったです。)
    あと、民俗学博物館では、日本関係の展示もけっこう充実していました。  閉じる

    投稿日:2018/11/26

  • 新王宮

    • 3.5
    • 旅行時期:2018/09(約4年前)
    • 0

    19世紀末に計画されたカイザー・フォーラムの一部として建設された宮殿。新たな王宮となる予定だったが、ハプスブルク朝の終焉に...  続きを読むより実現しなかった。現在はベートーヴェンやシューベルトが奏でた楽器などがある。また、古い楽器は今では見ることのない形のピアノやバイオリン等の展示されている。
    それと、武具や甲冑を展示する中世武器博物館などがある。  閉じる

    投稿日:2019/08/18

  • ハプスブルク家

    • 4.0
    • 旅行時期:2018/09(約4年前)
    • 0

    ウィーン観光で楽しみにしていた場所です。ゆるやかに弧を描いている建物は彫像で飾られ、とても豪華で見ているだけでうっとりとし...  続きを読むました。前の広場にはオイゲン公の騎馬像がどっしりと建っています。さすがにハプスブルク家の居城は、見ごたえがありました。  閉じる

    投稿日:2018/11/24

  • 新王宮の前には、ウィーンの英雄、オイゲン公の騎馬像があります。
    新王宮の建物の中には、民族学博物館や、いくつかの博物館が...  続きを読む入っています。
    新王宮の東側(王宮庭園側)は修復工事中でした。
    確か、二年前に来た時も工事中だった記憶があるのですが、まだ続いているようです。  閉じる

    投稿日:2018/06/15

  • 美しい外観

    • 3.5
    • 旅行時期:2018/02(約5年前)
    • 0

    ウィーンのホーフブルク宮殿の南側にある新王宮。

    弧を描いたような形をしていて、左右に広く壮大な建物です。


    ...  続きを読む細かい彫刻が施されており、装飾が豪華で素晴らしい!中は3つの博物館が入っています。豪華絢爛な建物でした。

    これを宮殿として使っていたとは、、、ゴージャスすぎてとにかく大きすぎて息を飲むほど。圧巻です!!


      閉じる

    投稿日:2018/02/14

  • 王宮とリンク通りの間にあり、弧を描いた彫刻・装飾の豊富な石造りの壮大な建物です。新王宮の前は大きな広場で立派な銅像が建って...  続きを読むいます。完成したのは20世紀なので、結構新しいということでした。ハイレベルの街ウイーンにぴったりです。
      閉じる

    投稿日:2017/12/30

  • 新王宮

    • 4.0
    • 旅行時期:2017/09(約5年前)
    • 0

    ホーフブルク宮殿の南側にある新王宮。王宮はとても大きくていくつかのパートに分かれていますが、新王宮と呼ばれる部分には3つの...  続きを読む博物館が入っています。「宝物館」の入り口はスイス門から入って奥にあります。天気のいい日はこの広場でゆっくりするのも気持ち良いです。  閉じる

    投稿日:2018/02/19

  • 壮麗な外観

    • 4.0
    • 旅行時期:2017/08(約6年前)
    • 0

    王宮とリンク通りの間にあり、弧を描いたとても壮麗な建物です。でも、完成したのは20世紀に入ってから。日本の赤坂離宮(迎賓館...  続きを読む)と並んで世界でも最後期にできた王宮なのだとか・・。外観に関しては王宮はあまり豪華ではないので、こちらの新王宮の方がインパクトは強いです。  閉じる

    投稿日:2017/11/03

  • 王宮の中で新しい建物です。

    • 3.5
    • 旅行時期:2017/07(約6年前)
    • 0

    王宮の中でも南に離れた大きな建物です。翼を広げたような曲線的な建物でその姿は美しいです。この建物はエフェソス博物館のほかに...  続きを読むも民族博物館やコレクションなどに利用されています。この建物の前にはトルコ軍からウィーンを守ったオイゲン公の騎馬像があります。  閉じる

    投稿日:2017/09/08

  • ノイエブルク(NEUE BURG:新王宮)は半円形の建物が特徴的です。
    内部は、の4つの展示エリアで構成されています。
    ...  続きを読む
    ・ARCHITECTURE AND HISTORY OF THE MUSEUM(博物館の建築と歴史)
     このエリアは気づかずに通り過ぎてしまいました。

    ・COLECTION OF HISTORIC MUSICAL INSTRUMENTS(古楽器のコレクション)
     初期の楽器(ピアノだけでなく吹奏楽器や打楽器)が展示されています。
     実際に奏でることが出来る楽器(多分レプリカ)もあります。
     現在見る楽器の多くが楽器の歴史初期に完成されたことが分かります。
     なにやらナポレオン縁の楽器も展示されています。

    ・COLLECTION OF ARMS AND ARMOUR(甲冑コレクション)
     欧州の都市でよく見かける中世の甲冑・武具を展示しています。
     甲冑姿を後ろから見ることができるなど展示に工夫を凝らしてる部分もあります。
     日本からの鎧も展示されています。

    ・EPHESOS MUSEUM(エフェソス博物館)
     トルコ西部の遺跡エフェソスから出土した品々を展示しています。
     エフェソスは、紀元前6世紀ごろに黄金期を迎えました。
     その後8世紀頃に東ローマ帝国がエフェソスを放棄し廃墟となりました。
     このエフェソスの遺跡から出土した品々を展示しています。
      閉じる

    投稿日:2017/09/29

  • 壮大です。

    • 3.0
    • 旅行時期:2017/04(約6年前)
    • 0

    新王宮はホーフブルクにあり、ミヒャエル門のから旧王宮を抜けると左手に見えてきます。とりあえず一番最初に目に入る外観は壮大で...  続きを読む見応えがあります。内部には博物館4つの博物館があり、どの博物館もいろいろと見所があります。  閉じる

    投稿日:2017/04/19

1件目~20件目を表示(全63件中)

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4

このスポットに関するQ&A(0件)

新王宮について質問してみよう!

ウィーンに行ったことがあるトラベラーのみなさんに、いっせいに質問できます。

  • 山田のかかしさん

    山田のかかしさん

  • ごましおちゃんさん

    ごましおちゃんさん

  • momotaさん

    momotaさん

  • T.バイソンさん

    T.バイソンさん

  • たびたびのたびさん

    たびたびのたびさん

  • katieさん

    katieさん

  • …他

このスポットで旅の計画を作ってみませんか?

行きたいスポットを追加して、しおりのように自分だけの「旅の計画」が作れます。
クリップ したスポットから、まとめて登録も!

PAGE TOP