1. ホーム
  2. 海外旅行
  3. ヨーロッパ
  4. スペイン
  5. カタルーニャ地方
  6. バルセロナ
  7. バルセロナ 観光
  8. アントニ タピエス美術館
バルセロナ×
旅行ガイド
観光
グルメ
ショッピング
交通
ホテル
ツアー
旅行記
Q&A

アントニ タピエス美術館 Fundacio Antoni Tapies

博物館・美術館・ギャラリー

バルセロナ

観光の所要時間:
1-2時間

このスポットの情報をシェアする

アントニ タピエス美術館 https://4travel.jp/os_shisetsu/10007410

クリップを編集する

ラベルを選ぶ

  • ラベルはまだありません

公開設定

施設情報

施設名
アントニ タピエス美術館
英名
Fundacio Antoni Tapies
住所
  • Arago 255, 08007 Barcelona
アクセス
2/3/4号線パセジ・ダ・グラシア駅から徒歩3分
営業時間
火~日曜日 10:00~19:00
休業日
月曜日、1/1、6、12/25
予算
7ユーロ、学生 5.60ユーロ
公式ページ
詳細情報
カテゴリ
  1. 観光
  2. 文化・芸術・歴史
  3. 博物館・美術館・ギャラリー

※施設情報については、時間の経過による変化などにより、必ずしも正確でない情報が当サイトに掲載されている可能性があります。

クチコミ(19件)

バルセロナ 観光 満足度ランキング 58位
3.33
アクセス:
3.11
カサ・バトリョのすぐ近く by あかかぶさん
コストパフォーマンス:
3.60
ARTICKETが利用できる by あかかぶさん
人混みの少なさ:
3.80
混んではいません by あかかぶさん
展示内容:
3.86
好き嫌いの好みがわかれる作品だと思います by あかかぶさん
  • 満足度の高いクチコミ(8件)

    アラゴ通りです

    4.5

    • 旅行時期:2016/07
    • 投稿日:2021/08/02

    この美術館の建物は、モンタネール出版社を改装したものです。イスラム風のアーチが施されたれんがのファサードの上に、銀色の針金...  続きを読むが大きく渦巻いてます。典型的なモデルニスモ建築で、この外観の美しさにうっとりとしてしまいます。  閉じる

    momota

    by momotaさん(女性)

    バルセロナ クチコミ:57件

  • 世界遺産建築家ムンタネーの初期の作品

    • 3.5
    • 旅行時期:2019/10(約2年前)
    • 0

     ムンタネーが、叔父の経営する出版社を改装した煉瓦造りの建物が、スペインを代表する現代美術のアーティスト、タピエスのミュー...  続きを読むジアムになっています。日本でネット購入したArticketのバウチャーを、パスポートに交換する手続きのために、カサ・バトリョ見学後、立ち寄りました。予想通りとても空いていて、手続き後に、ゆっくりお手洗い休憩もできました。タピエス美術館とはいっても、展示されている作品数は多くはありませんでした。
     尚、ピカソ美術館近くのピカソ通り13番地の歩道の上に、アントニ・タピエスの「ピカソへの賛辞」という作品があります。ピカソ美術館の前後に、ついでに見ていかれるといいと思います。
      閉じる

    投稿日:2019/12/23

  • アラゴ通りです

    • 4.5
    • 旅行時期:2016/07(約5年前)
    • 1

    この美術館の建物は、モンタネール出版社を改装したものです。イスラム風のアーチが施されたれんがのファサードの上に、銀色の針金...  続きを読むが大きく渦巻いてます。典型的なモデルニスモ建築で、この外観の美しさにうっとりとしてしまいます。  閉じる

    投稿日:2017/03/15

  • インパクトのある建物

    • 3.5
    • 旅行時期:2015/10(約6年前)
    • 1

    グラシア通り沿いにあるカサ・バトリョから1本中に入った通り沿いにあります。
    まず外観がユニークで、建物の屋根の上一面に大...  続きを読むきな針金のオブジェが飾られていてインパクトがありました。
    サン・パウ病院やカタルーニャ音楽堂を設計したドメネク・イ・モンタネールの設計です。
    こちらは最初の2つほど知られてはいませんが、カサ・バトリョからもすぐなので近くに行った際は是非訪れてみて下さい。
      閉じる

    投稿日:2017/11/09

  • 充実した作品群

    • 4.5
    • 旅行時期:2015/09(約6年前)
    • 0

    バルセロナに着いて最初に行った美術館です。
    他の美術館と違い混んでおらず、ゆっくりと鑑賞できます。
    近くに寄って観るこ...  続きを読むとができ、画面のマチエールを触っているかのように感じることが出来ました。
    館内の作りもシンプルで、デコラティブな建物が多いヨーロッパで一息つくことが出来ます。
    ARTICKETの対象になっているので、買われた方は一度足を運んでみるといいかもしれません。   閉じる

    投稿日:2017/04/21

  • 作品も建築物も素敵

    • 3.5
    • 旅行時期:2015/08(約6年前)
    • 0

    地下鉄グラシア駅の西側、グラシア通りのガウディのカサ・バトリョのすぐ横の交差点を西側へ入った処にある。建物はモデルニスモ建...  続きを読む築で、外壁が赤レンガで屋上には丸く巻かれた針金がのっていてユニークなデザインながらなかなか綺麗である。館内にはピカソ、ダリ等とともスペインを代表する現代美術の巨匠の一人、アントニ・タピエスの作品が展示されている。土や陶器のかけら、麻紐や布などが使われているのが特徴のようで、派手さはないがなかなか美しい。地元では大変人気があるようで、アントニ・タピエスに関心のある方には訪問することをお勧めする。  閉じる

    投稿日:2015/09/28

  • モンタネ―ル設計の建物

    • 4.0
    • 旅行時期:2015/08(約6年前)
    • 0

    カタルーニャ音楽堂の作者であるモデル二スモの旗手モンタネ―ルの設計による建物ですが、展示内容は現代アートです。アント二・タ...  続きを読むピエスはスペインの現代美術の巨匠で、ファサードの上にある大きな針金のオブジェはタピエスの手によるものです。  閉じる

    投稿日:2015/09/05

  • 建物はドメネク・イ・モンタネールが出版社の建物として設計したモデルニスモ建築。
    ここはピカソ、ミロ、ダリとともに、スペイ...  続きを読むンを代表する現代美術の巨匠のひとりであるアントニ・タピエスの美術館。その屋上で異彩を放っているのが針金のオブジェですが、これもれっきとした作品の一つだそうで、建物がタピエスの所有となってからタピエス本人によって加えられたNúvol i cadira(雲と椅子)という作品なのだそうですよ。  閉じる

    投稿日:2015/09/03

  • ライトアップが美しい

    • 3.5
    • 旅行時期:2015/07(約6年前)
    • 0

    ガウディと並んでスペイン建築界では超有名な、ドメネク・イ・モンタネールが建てた出版社を改装した美術館です。
    中には入りま...  続きを読むせんでしたが、外から見ているだけでもモンタネールらしい華やかさのあるとっても美しい建物です。

    夜の9時半頃に訪れましたが、スペインは日没が10時頃なので夕方くらいの明るさ。
    ちょうどその頃からライトアップされ始めるようで、入口両脇の花模様のステンドグラス?がとてもキレイでした。  閉じる

    投稿日:2015/07/30

  • 現代アート

    • 3.5
    • 旅行時期:2014/05(約7年前)
    • 0

    現代アートに興味のある友達に連れられて行きました。外観もとてもおしゃれでした。中はアントニタピエスの作品に加えて現代の美術...  続きを読む品の展示がありました。アートに興味のある方は是非寄ってみてください。楽しめると思います。  閉じる

    投稿日:2014/09/27

  • スペインで有名な現代アート

    • 3.5
    • 旅行時期:2014/05(約7年前)
    • 0

    現代美術が好きな人におすすめの、美術館です。
    屋根に、針金をぐるぐると巻きつけた、オブジェがあるので、すぐにわかります。...  続きを読む
    モデルニスモ建築の建物だそうです。
    現代美術の大作がみられるので、迫力があってすてきでした。  閉じる

    投稿日:2014/09/22

  • 現代美術の巨匠タピエスの美術館

    • 5.0
    • 旅行時期:2014/01(約8年前)
    • 0

    20年位前に訪れた時は改装中か何かで入れなかったけど、やっと念願かなって入館できました。現代美術の巨匠タピエスはバルセロナ...  続きを読むの出身。抽象表現主義のタピエスの作品は、シンプルでダイナミックな中にもどこか素朴な温かさと繊細さが秘められているような気がする。
    そしてこの建物はドメネク・イ・モンタネールが建てた出版社を改装したもの。展示も建物も見る価値があります。  閉じる

    投稿日:2016/02/23

  • バルセロナ観光の目的のひとつでした

    • 4.0
    • 旅行時期:2013/06(約8年前)
    • 0

    バルセロナに行ったらぜひとも行きたかった美術館です。日本では(現代美術が好きでないと)あまり有名ではないので、なかなか作品...  続きを読むをみることができません。
    ここでは大作をまとめてみることができます。また美術館の内装もとても素敵です。
    アートチケットで入場でき、カサミラとカサバトリョの間にあるので、ぜひ、その二つを訪れる時に訪問してみてください  閉じる

    投稿日:2013/07/11

  • スペイン現代アートの巨匠

    • 3.0
    • 旅行時期:2012/09(約9年前)
    • 0

    バルセロナ美術館の共通カード、アーティチケットに入っていたので覗いてみました。日本人には馴染みのないアーティストですがスペ...  続きを読むインではかなり有名な人なんですね。建物はモデルニスモ建築で、内装はアントニ・タピエス自身が手がけたとか。現代アートらしくモダンな内装です。肝心の絵は個人的にはあまり好きなタイプではありませんでしたが。
      閉じる

    投稿日:2012/09/30

  • グラシア通りのカサ・バトリョ近くの交差点を西に少し行くと、屋上部分に針金が巻かれた建物が見えて来ます。この建物はドメネク・...  続きを読むイ・モンタネールが設計し、当初は出版社だったそうです。日本ではあまり知られていませんが、アントニオ・タピエスはスペインでは結構有名な現代美術画家だそうです。ここはARTICKET(7施設の入場券のセット、30ユーロ)が利用できる施設で、休日でしたが、中はすいていました。美術館の広さは2フロアーぐらいなので、30分ほどで見て回れました。タピエスの絵は抽象的な現代美術なので、好き嫌いの好みがはっきりと分かれると思いますが、個人的にはあまり印象に残る作品はありませんでした。現代美術に興味があれば、行って見ても良いところだと思います。ちなみに、館内で写真も撮れました。  閉じる

    投稿日:2012/10/12

  • アントニ・タピエス美術館。

    • 5.0
    • 旅行時期:2010/08(約11年前)
    • 0

    アントニ・タピエス美術館。
    パセジグラシア駅から徒歩4分くらい。
    住所 Arago255

    月曜お休みです。
    ...  続きを読む金は6ユーロ
    私はアーチケット(ARTICKET)という美術館に、割引なり無料で入れる共通チケットを持っていましたので、無料でした。

    アントニタピエスさんは、ピカソとかダリとかに次ぐ、現代美術の巨匠とスペインで呼ばれている芸術家です。
    ピカソなどは、もうお亡くなりになっていますが、アントニタピエスさんは、まだご健在です。バルセロナ生まれで、今現在は、パリにお住まいだそうです。
    彼の作品の特徴は、麻紐や土、陶器などのかけらを使って作品を作っていることです。現代美術なので、かなり独創的です。
    作品から色んな物が飛び出してたり、椅子が額に入っていたり(入りきってないけど)タンスが入ってたりする。
    なにしろ、あり得ない物を絵に使っている人なのです。きっと、初めて彼の作品を見たら、「え~?!」ってビックリすると思います。
    内部は撮影okなのか、よくわかりませんでしたので、(スタッフもギャラリー内にほぼいなくてきくことも出来ませんでした。)作品は撮影してません。

    この美術館の建物、実はもう1つの見所。
    ドメネク・イ・モンタネールという、スペインのアールヌーボ、モデルニスモの得意な建築家が作った建物です。
    ドメネク・イ・モンタネールは、よくガウディと比べられることが多い建築家です。
    一時、大学でも二人は被っていて、(バルセロナ建築大学にて)モンタネールが先生で、ガウディが生徒だった時期があるそうです。

      閉じる

    投稿日:2011/10/21

  • 奇妙な針金オブジェが目印の現代アート美術館♪

    • 3.5
    • 旅行時期:2010/06(約11年前)
    • 3

    ガウディと並び称されたモデル二スモ建築家の
    ドメ二ク・イ・モンタネールによる建物を
    バルセロナ出身で現代芸術家アントニ...  続きを読む・タピエスが内装した美術館。
    バセジ・ダ・グラシア駅のグラシア通りからすぐ西に位置していて
    カサ・パトリョやカサ・ミラからも近い。
    タピエス自身がデザインした彫刻が建物を飾りつけ、
    屋上の針金のオブジェが現代アート的で奇妙な建物として目立っている。

    アントニ・タピエス(Antoni Tàpies、1923年12月23日)はスペインの現代芸術家。スペイン・バルセロナ生まれ。20世紀の現代美術の巨匠の一人と言われている。
    1950年に初めての個展をバルセロナで開催、以後パリに居を移す。タピエスは、初期の頃はパウル・クレーなどに影響を受けたシュルレアリスムの画家としてキャリアを始めたが、その後すぐ抽象表現主義に進み、美術用画材ではないものを利用した芸術である「アルテ・ポーヴェラ(Arte Povera)」スタイルで創作活動を行う。1953年にはミックス・メディアでの創作を開始、後にこれが彼の芸術への最大の貢献と評価される。このスタイルの一つの例は、粘土と大理石粉を絵具に混ぜ、廃紙、糸、絨毯などを使用している(灰色と緑の絵(Grey and Green Painting・1957年)、ロンドン・テート・ギャラリー収蔵)。
    国際的な評価は1950年末までに定着し、1960年代初期まではエンリケ・タバラ、アントニオ・サウラ、マノロ・ミラレスや他のスペイン人アンフォルメル派の芸術家と作業した。1970年代にはポップ・アートの影響を受け、家具の破片などのもっと大きな物体を絵画にくわえるようになってきた。タピエスのアイデアは世界中の芸術、特に絵画、彫刻、版画の分野などに大きな影響を及ぼした。世界中の様々な美術館に彼の作品が収蔵されている。
    スペイン・バルセロナには彼の作品を集めて展示している「タピエス美術館(Fundació Antoni Tàpies)」がある。
    (wikipediaより流用)  閉じる

    投稿日:2010/11/27

  • 外観のオブジェがすごいです。

    • 3.0
    • 旅行時期:2009/08(約12年前)
    • 0

    アントニ・タピエスは、
    ピカソ・ダリ・ミロに次ぐ、
    スペイン現代美術の巨匠です。
    その美術館です。
    外観は独特のオ...  続きを読むブジェです。
    その外観自体は、ドメネクが担当し、
    アントニ・タピエスは内装を担当したようです。
    展示物はアントニ・タピエスのものです。
    中は6ユーロで入れます。
    いかにも現代的なアートを醸し出している
    美術館です。  閉じる

    投稿日:2012/04/28

  • 独創的な建物。

    • 3.5
    • 旅行時期:2009/06(約12年前)
    • 0

    最初にこの建物を見た時は、その独特の形に、なんだかびっくりして、わくわくしました。すごいなぁと思いました。当時は、アントニ...  続きを読む・タピエスさんの作品を美術館でみかけても、現代アートでなんとなく興味も無く中に入らなかったのですが、この建物を見てから以降は、彼の作品を美術館でみかけると、じっくり観るようになりました。次回は、この美術館はぜひ入館したいです。  閉じる

    投稿日:2012/10/30

  • 現代アート好きならおすすめの場所

    • 4.5
    • 旅行時期:2009/03(約12年前)
    • 0

    個人的には好きな美術館の一つですが、好みが分かれる所かもしれません。観光メインだと特に興味は無いかもしれませんが、現代アー...  続きを読むト好きな方なら一度訪れてみるのをおすすめします。
    バルセロナで日程があまり無くて、ガウディや買い物がメインだと行く必要がない場所かもしれませんが、街中にあるので折角なら建物だけ見に行くのも面白いかもです。  閉じる

    投稿日:2013/03/24

1件目~19件目を表示(全19件中)

このスポットに関するQ&A(0件)

アントニ タピエス美術館について質問してみよう!

バルセロナに行ったことがあるトラベラーのみなさんに、いっせいに質問できます。

  • piglet2017さん

    piglet2017さん

  • mint29さん

    mint29さん

  • keiさん

    keiさん

  • momotaさん

    momotaさん

  • taroさん

    taroさん

  • Ptravelerさん

    Ptravelerさん

  • …他

このスポットで旅の計画を作ってみませんか?

行きたいスポットを追加して、しおりのように自分だけの「旅の計画」が作れます。
クリップ したスポットから、まとめて登録も!

PAGE TOP