旅行のクチコミと比較サイト フォートラベル

■どんなカバンで散策を??  (スリ等の軽犯罪対策)

  • ■どんなカバンで散策を??  (スリ等の軽犯罪対策)

    • 投稿日:2013-08-20
    • 回答:20

    締切済

    こんにちは。

    たびたびバルセロナについて質問をさせていただいておりますが、
    今度は街歩きの時の 【カバン】 について、皆さんどんな感じでしたか?

    いよいよ来月、家族4人(僕/妻/高1中1の息子2人)で初バルセロナです。
    旅行経験は少なくない我が家ですが、バルセロナは世界有数の観光地ですし、
    それなりに 『スリ★要注意』 の情報も収集し、把握しています。
    ガイドブックなどでの自衛対策キーワード⇒⇒ カバン斜めがけ/リュックNG/地図広げる時スキあり、などもわかります。
    男は手ぶらが一番! とはいえデジカメや財布等でポケットがパンパンもいかがなものでしょう??

    で、
     ■肝心の散策時の【カバン】はどんなので過ごされましたか?
     ■また、現地で見かけた他の観光客はどんな【カバン】が多く主流だったでしょうか?
     ■バル等での食事の時はその【カバン】どうやって自衛されてました???

    ガイドブックでは名所旧跡の場所や解説、おいしいモノ情報はわかるのですが、治安については前述のキーワードのあとは大抵が 『・・・なので気をつけましょう』 程度で。

    より具体的な持ち物のイメージをしたく、質問させていただきました。
    こんなのがよかった、とかこういうタイプはダメ! とか、
    また家族で行かれた方でしたら、
    パパママ&家族の貴重品・デジカメ等をどのように分散して散策されたのかも参考にしたいです。
    (もちろんパスポート等の貴重品はホテルのセイフティボックスですが)

    世界有数のスリ多発地だという事前情報は、いつになく僕を警戒態勢にしています。(苦笑)

    パックツアーではなく個人手配の我が家に、アドバイスと経験談をご教示いただければ幸いです。

    利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。問題のある投稿を連絡する

    gungunさん

    gungunさん

回答受付は終了しました

ピックアップ特集

回答 20件

  • 回答日:2013-08-27

    8月26日にバルセロナから帰ってきました。

    暑いのでTシャツで羽織ることはできませんでしたので

    ななめかけのバッグでした。

    キプリングので、チャックが両側から開くタイプです。

    アイパッドミニをいれていました。

    私たちは治安がよかったと思いました。あぶないめにもあわなかったです。

    50代夫婦です、地下鉄もすいていたので、込んでる時間は危ないかもです。

    タクシーが安いのでタクシーでの移動が多かったです。

    レイアール広場とか、テラス席の食事のときも、警察がシェパードを連れて

    みまわっているので、スリはいなかったです。あの犬にかまれたら、スリも

    大変です。ローマでは地下鉄で息子がスリにあいました。

    地下鉄で込んでるとき、乗り込むときにかこまれて財布の中身とられて

    財布は地下鉄に落ちてました。うかつにも、後ろにバッグをかけてました。

    お礼

    hiraitennisさん

    バルセロナよりお帰りなさーい & 回答ありがとうございます。

    口コミ情報も拝見しました。
    このスレッドへの皆さんの回答の多さにあらためてビックリしつつ、
    皆さまに感謝しております m(_ _)m

    僕はまだ現地へも行ってないのに、
    街中(=東京)で見かける 【カバン】 や 【その持ち方】 に、
    『あの人、危ないな?』とか『あの持ち方は正解だな!』とかを思うようになってしまいました(笑)

    さあ、後に続いて、バルセロナを楽しんで参ります。
    ホヤホヤの情報、感謝です。
    (by gungunさん)

    問題のある投稿を連絡する

    hiraitennisさん

    hiraitennisさん

  • 回答日:2013-08-26

    gungunさま、
    ご家族4人でのご旅行は羨ましい次第ですが、お気遣いも大変ですね。
    私たちはできるだけ小さい肩掛けのバックを持ち歩き、できるだけ上から羽織るものを使っていました。
    食事のときなども大体掛けたままです。少し残念な恰好でしたが、仕方ないかな、といった感じです。
    現金は財布からではなく、ポケットからそのまま支払っていました。
    出来るだけものは持ち歩かない様にしていましたが、バルセロナではパスポートのコピーは役に立ちました。
    欧米の旅行者などは結構ラフな格好で歩き回っていましたし、現地の若者などは、ズボンの後ろのポケットに財布を差していましたけど、、、
    私たちもかなりびくびくしながら行ったのですが、そんなに治安的に問題が有りそうには思いませんでした。
    ちなみに、今までにスリに会ったのはパリとフランクフルト。被害は受けていません。運が良いだけだとは思います。
    良いご旅行になります様。

    お礼

    ko-nomoriさん

    ご自身の体験談からのアドバイスをありがとうございます!
    『肩掛けの上に羽織りモノ』 ですか、なるほど!!
    色々な防御策があるんですね。
    なるべく手持ちの荷物を少なくして不要なものは持ち歩かないように
    心がけます!

    また、楽しそうでためになる旅行記も興味深く拝見しました。
    旨そうなカキやらムール貝やら。。。俄然「行く気モード」が上昇。
    訪問された各所も、メモメモです。

    ありがとうございました。

    (by gungunさん)

    問題のある投稿を連絡する

    ko-nomoriさん

    ko-nomoriさん

  • 回答日:2013-08-25

    gungunさま、こんにちは。
    バルセロナいいですね?!ご家族でご旅行羨ましです。
    さて、私はバルセロナには昨年の12月に行きました。
    スペインは一度しかいっていませんが、ご参考にしていただければ。

    ポケットぱんぱんはかえって獲物になってしまいそうですね。
    リュックはだめ、手ぶらで、斜め掛けバックがよいと皆様が
    おっしゃるので、ツアーの方々は斜め掛けバックが多いです(笑)。

    私は軽い素材のトートバックが一番いいと思います。
    斜め掛けは、個人的には歩くときちょっと邪魔で、
    自分も海外ではコーチの布製、A4サイズ、チャック付きの
    トートバッグをずっと使っています。
    前の方がおっしゃっているように肩紐はあまり長くない方がBESTです。

    できればチャックがあると安心ですが、なくても別にいいのでは。
    短めの肩紐のトートバックなら、何か取ろうとしたら、自分の肩より
    上から手をだしてくることになりますから、まずスリなら気付くと
    思います。

    軽いのでスタンディングバーでは肩からかけたまま飲み食いしてました。
    お店ではそんなに距離が近くなければ背中でも大丈夫。
    一流店なら隣の席でも問題なし。やっぱりカフェとか混雑した市場の
    中のバルとかは、膝の上とかケアしたほうがいいですね。

    私はラッキーなことにヨーロッパは数か国個人旅行していますが一度も
    スリや危険な目にあったことがありません。ポイントは、夜はもちろん
    昼でも人通りが少ない通りは行かないこと。細い通りは注意を。
    混雑しているところでは、しっかり用心して行動する事。
    日本でも歌舞伎町の奥の方とか、深夜こわくていかないですよね。
    年末のアメ横に行ったら、カバンはしっかりと脇にかかえますよね。
    同じことを海外でも行えばいいと思います。バルセロナではあまり
    ジプシーさん達は見かけませんでしたが、人相のよくないお兄さんは
    いるので、近くにいかない。夏ですから20時過ぎまで明るいので
    無茶しなければ危険を回避できるのでは?

    旧市街はとても道が細いです。雰囲気は最高ですけどね。
    旧市街よりもサクラダファミリア近辺の方が夜遅くは雰囲気が怖かった
    です。ご家族ですし夜のレストランからホテルまで距離があったら、
    迷わずタクシーにしましょう。お子さんたちはとにかく
    身軽にデジカメはお父さま、現金は奥様と分けてお持ちになられると
    よろしいかと。ああ、でもお子さまはきっとスマホで写真はがんがん
    取られるのかな?現金は最小限とはよく言われますが、サンジュセップ
    市場内は現金オンリーのお店があったりするので、ご注意を。

    地図とか旅人なんだから見ましょう!見るときは建物を背中に通りの
    真中はさけましょう。

    パスポート、貴重品はセーフティボックスに、ナンバー式
    だったらいいですが、鍵式ホテルはたまーに従業員にやられて
    しまったとの話しも聞きます。

    いろいろ並べましたが、バルセロナは本当に素晴らしいところです。
    ガウディの建築、ピカソ、ミロ、カタルーニャ美術館、
    マジカの噴水ショー、サンジュゼップ市場、カタルーニャ音楽堂、
    サッカー好きならぜひカンプノウへ!
    なにより開放的な感じが私は大好きでした。
    ワイナリーは私は行っていないので、羨ましいです。
    ぜひ楽しいご旅行を!

    追伸:パエリアのお店Castell de Xativaは日本語メニューもあり、
    美味しかったです。




    お礼

    tenpaさんから

    ご回答をありがとうございます!

     >短めの肩紐のトートバックなら、何か取ろうとしたら、自分の肩より上から手をだしてくることになりますから、
      まずスリなら気付くと思います。

    ↑↑ 確かにそうかと。

    僕は初め「トートは危ない」と思っていました。口が広いし片側だけだし。
    でも上記の理屈に納得。短い持ち手のトートはスリからしてみればシゴトしにくいですよね。
    こういうのってガイドブックに載ってないですよ。(載ったらまた奴らは対抗策を考えるんでしょうけど)
    だからとても参考になりました。

    これまで様々に寄せて頂いたアドバイスにより緊張したり、安心したり。
    それでも皆さんの見聞や経験を拝読して、質問する前よりも(知恵)がちょっとついた僕でもあります。
    わかり易くて、そして行きたくなるような回答に感謝です。

    パエリアの店、チェックします! 御礼まで。 <(_ _)>

    (by gungunさん)

    問題のある投稿を連絡する

    koroさん

    koroさん

  • 回答日:2013-08-21

    私は, バルセロナの私の友人(ほとんど兄)宅に年に2?3回戻ります.
    しかしながら, 観光客のような贅沢なバッグは, 持っていません.
    スーツケースさえ持っていません.
    飛行機に乗るには, 掛け布団が入っていた袋(重量80グラム)に, すべてのものを詰め込みます.
    Vueling機内には, 最大10キロまでしか持込みできませんから.

    バルセロナの中心部へ到着したら, まず第一に小さなハンドバッグを必要とするので, 布団袋からイタリア生協特製のCOOPコットンバッグを取り出します.
    この, エコロジストのプロパガンダがイタリア語で印刷されたコットン製買い物袋で, すぐそばの八百屋さんからEl Corte Inglés百貨店まで, また写真を撮るために電車に乗ってヴィックまたはタラゴナにと, どこにでも行きます.

    蓋なしジッパーなしのこの袋の中には, 一眼レフカメラ(私はカメラマンです), コンパクトカメラ, iPhone, 財布, 身分証明書と多くの身の回り品(€2000相当)が入っています.
    これらの物品の上にスカーフやカーディガンを置けば, 安全性は完璧です.
    私はスペインの友人から, スリ被害に関する話を何回も聞いていますが, 今までに盗まれたことはありません.


    私は安全性の低いイタリアに住んでいるので、バルセロナだけでなくカタルーニャ全体では, 特に警戒しておりません.
    近所の人々のように私もまたバルセロナ住民であるかのように, 普通に, 日常の時間を過ごします.

    明らかに地域の人々と区別されないことが, あなたの安全のための最初のステップです.
    自然な形で人々に溶けこむことです.
    日本語で話すなら, 小さい声で話す. (イタリア語は、常に大きな声で話されていますが...)
    少なくとも簡単な文章くらい理解できるよう、宿泊先地域の言語を学ぶ.
    しばしば日本人観光客がする傾向がある, 不可解で奇怪な服装(和服 = 動きを妨げる)やしぐさ(お店の前で地面に座る, どこでも写真を撮る, 電車など公共交通機関内や公衆の前で, 札束の紙幣を数える. <-お支払いは, 小銭から開始して€20以下の紙幣で! 絶対に冒頭から€50紙幣を引き出さない, €100, €200, €500紙幣は使用しない方が良い. 南ヨーロッパの経済危機は深刻な事態です!
    )をしない.

    それでも心配ならば, 布の袋か地元のスーパーマーケットのポリエチレン袋や紙袋を持って歩く.
    これで問題は解決です.

    お礼

    タマ‐ゲラルディさん

    布団袋!! という(技)があったんですね?!(驚)
    日本からのバルセロナ入りとはまたちょっと異なり、普段の生活の場でもそれなりの知恵を活かされているのだと拝察します。それゆえ、バルセロナでも、現地の住民のような滞在が可能なんですね。

    僕はそこまでの 『地域の人々と区別されないような』 経験と場数も踏んでいませんが、
    タマさんの経験からくるアドバイスを参考に、ありがちな (残念な日本人観光客) とならないように
    待ち歩きを楽しんでこようと思いました。

    出来れば一度は現地のスーパーの袋(だけ)で身軽に闊歩したい! と、そんな風に思いました。

    アドバイスに感謝です。 (by gungunさん)

    問題のある投稿を連絡する

  • 回答日:2013-08-21

    こんにちは。
    バルセロナは一度しか行っていないのですが…。今年6月なので直近かと思います。
    旅は私、夫、友人(男)の3人で個人旅行です。

    ●私 肩掛けがま口タイプ。脇のすぐ下にがま口なので、開けようとすると「脇をくすぐらないで?」とすぐ気づく。財布、クレジットカードはアパートで留守番。現金をバックのポケットに20ユーロほどとiphone。パリの場合はこれ+地下鉄の1週間定期。カメラは持たない。他にサブバック(主に買ったものをそのまま放り込むため。ショップの紙袋は持ち歩かない。まとまったお金がある等、貴重品はこちらに入れる。カバンの入り口が低いのでかがまないと底に手が届かないので、スリしにくい)
    ●夫 両サイドにファスナー付きポケットのあるリュック。サイドのポケットにデジカメ、本体(中)に財布(クレジットカードとパスポートのコピー)とipad mini。特に対策せず。ボトムのポケットにiphone。我が家の生命線は夫が丸抱え。その代わり、写真も撮らない私は周囲に目を光らせる
    ●友人 大きなトートバック。口には蓋(ファスナー等)なし、ぱっくり開いているカバン。財布はチェーンでカバンにつけていた。カバンの中はipad mini、カメラ。iphoneはボトムのポケット

    夫、友人とも隙あり!なカバンでしたが、怪しい輩に狙われることはありませんでした。そして3人とも必ず持ち手は手で握っていました。斜めがけやリュックは「両手が空いて便利」ではない、と注意していました。
    夫はリュックを片方の肩にだけかけて持ち手は握り、サイドのポケットのデジカメは自分の前側になるポケットの方に入れていました。

    友人は地下鉄改札を出たところで、カバンをばかーっと開けてipadを見ていたら、後ろから来たナイスガイに「カバン、気をつけて!」と注意されました。
    私は地下鉄から上がったあたりで、iponeを見ていたら怪しい人(夫が気づいた。手ぶらでこちらをじっとうかがっていた)に目を付けられました。睨んで道路を渡って様子を見ていましたが、しばらくそのあたりを何もせずフラフラして、また地下鉄へ。たぶん、iphone狙いのスリだったかと。
    カバンも大切ですが、ipone(私は地図代わりに使用)や撮影中は隙ができるので、ご家族の誰か一人に周りを伺ってもらうのがよいかと思います。

    なお、日本人は結構な確率で「斜めがけバック」が多かったです。「斜めがけバック」=「慣れていないツーリスト」と判断しているという話も聞いたことがあります。斜めがけバックはバイクのひったくりに狙われると聞いたこともあります(持ち手が長いのでひったくりしやすい)。その場合、大怪我をすることもあるのでご注意ください。いずれにしても、かばんは車道側にしない方がいいかと思います。

    バルではカウンター下にフックがある店もあります。ない場合は大きなバックだったら足で挟む、小さなバックだったら持ち手をカバンの下にして膝に置くようにしていました。テーブルに着席した場合は、通路側、道路側の椅子にカバンを置かない、カバンを時々触ったり、中を開けたりして「意識している」アピールをしました。人ごみや治安が怪しいところでは、肩にかけたカバンを抱えて歩いたり。

    肝心の治安ですが、深夜まで飲み歩いていましたが危ない感じはありませんでした。ただ暗く細い道は通らない、人が多い大通りを歩く、ダラダラ歩かないなどの自衛はしました。なかなか難しいですが、地図を広げてぼけーっと通りを見ているのも目を付けられると聞いたこともあります。

    一度に色々なことをやるとか、ちょっとしたアクシデントがあるとどうしても注意が散漫になってしまうので、例えば道に迷った場合など、奥様と相談している間、お子さん達には周囲に目を光らせてもらうことで、随分、リスクは減ると思います。同行者のいる利点です。(私は夫との二人旅行だと不安になるくらいです。かといって団体旅行は面倒くさい)

    私の自衛は、「盗まれてもいい金額しか持ち歩かない」です。多めの金額(1万円以下)は夫が担当、私は二人が宿まで帰れる金額を担当しています。夫の財布を盗まれた場合は、カードの使用停止をするつもりです(私のカードは持ち歩かないので、旅行中はそのカードを使用する)。ただでさえ短い滞在、警察に行って証明書を書いてもらう時間のコストを考えて、「盗まれても警察には届けないからあきらめのつく金額しか持ち歩かない」ことにしています。

    お礼

    bpmu46さん

    詳細かつご丁寧な回答とアドバイスを、ありがとうございました。

    3人3様のカバンでも、互いに見張る/常に自分のカバンに手を掛けておく、
    という自衛策は大変参考になります。
    リュックでも斜め掛けバッグでも、一長一短な面があること、
    その特性やリスクも充分理解した上で持ち方に工夫すること、が必要だと思いました。

    またバルでの具体的なシーンが目に浮かぶような対応策、
    自力で宿に帰れる程度の現金を持参、などは
    決してガイドブック等にはない具体例です。とても参考になります。

    詳しくご紹介いただきましてありがとうございました!
    (by gungunさん)

    問題のある投稿を連絡する

    bpmu46さん

    bpmu46さん

  • 回答日:2013-08-20

    初めましてm(__)m

    私の愛用バックは、封筒二つ折りタイプとでも申しましょうか。
    横幅広めの封筒の上半分を折り返して止めるタイプ…
    コレを斜めがけにしていると、襲いかかって羽交い締めにして奪い取らない限り、スリは無理だろうと思っています。
    お金はデニムのポッケに10か20ユーロ紙幣を分けて入れておけば一日持ちます。
    (おトイレの時は要注意。コーデュロイも出てきちゃいがちなので要注意)
    レストランや美術館内等でカードを使う以外、お財布は出しません。

    個人手配という事であれば、道を尋ねる事もあるかと思いますが、コレも要注意。
    とてもにこやかに親切な女性…人懐っこく体を近くによせ、曲がる角を指差しながら
    「ほら、あそこ見て、あの角をね…」と良いながら、カバンのスキを探られた事がありますw
    あの人達は、それほど悪い事だとも思ってないらしいです。困った事に。

    お気をつけて(〓^ー^〓)

    お礼

    女一人旅さん

    具体的なカバンの様子とアドバイスをありがとうございました。
    また魅惑的な女性に道を訊ねるのは心したいと思いました。

     >あの人達は、それほど悪い事だとも思ってないらしいです。

    !?!?!? えっ???

    皆さんの回答にもあるように
    スリ発覚=そんなに罪悪感、なし!? なのか、もはや日常茶飯事な感覚にも
    行く前から素朴に驚いてます。

    アドバイスが充分役に立ちそうです。ありがとうございました。
    (by gungunさん)

    問題のある投稿を連絡する

    女一人旅さん

    女一人旅さん

  • 回答日:2013-08-20

    こんばんは! gungunさん。
    このスレッドすっごい反響ですね!
    きっと、皆、気になるのだと思います。
    僕も皆が書かれていない点を2点書きますね。

    1)大都市を移動する際は同行者と話込まない
    話しこんでいるときがスリのチャンスだと思うので、これを気を付ければ遭う確率が低くなると思います。

    2)大都市で地図を見るなど立ち止まる際は壁を背にする
    これは一人旅しているときから徹底しています。
    自分をゴルゴサーティだと思って行動すると良いです。

    すみません。僕もgungunさんの質問にまったく答えていませんが、スリはカバンの工夫でなんとかなるものではないと思います。

    安全で楽しい旅になるといいですね!

    お礼

    鼻毛マンさん (←名前が印象的!!!)

    回答ありがとうございました。
    ほんと、スレッドの多さに自分で質問しておきながら、今さらビックリです!

    きっと、たくさんの方々が何らかの形で見たり経験されたのでしょうし、
    各々の経験を基に注意喚起とその拡散が必要だ、と感じられた観光地であると受けとめました。
    ガイドブックにはない、こういう突っ込んだ情報がとても有難くて感謝です。
    総じて、
    危険エリア(地下鉄ドア付近、道路の端)等の多発地帯にあえて身を置かない、
    スキを見せない、ブランド物で歩かない、荷物は前、そして手っ! 
    を充分に守って行動したいと思いました。

    身内でも路上で話し込まない/止まる時は壁を背に。。。 を肝に銘じます。

    ゴルゴ13みたいに街を歩いてきます! ←←この例え、超わかり易い!(笑)

    アドバイスをありがとうございました m(_ _)m(by gungunさん)

    問題のある投稿を連絡する

    鼻毛マンさん

    鼻毛マンさん

  • 回答日:2013-08-20

    はじめまして、私は昨年10月に個人手配で一人で行きました。
    バルセロナでは、斜め掛けバッグ(中や外などポケットがたくさんついているもの)で、現金は必要最小限にしました。
    その現金も、それぞれの見学ポイントの入場料ごとに分けて、あちこちに分散しました。
    手は常に鞄にかけておき、地図は、私はいつも、手のひらサイズに折りたたんで、必要な時にチラ見するようにしていました。
    また、お金の入った複数の小銭入れは、100均で買ったチェーンで、鞄につけておきました。
    食事の時も、鞄は斜め掛けにしたまま、ひざの上においていました。

    被害にあわないようにする…ことよりも、万が一遭ってしまったら、無駄な抵抗はせずにあきらめる、そのために、全財産を一つにまとめない、持ち歩かないようにしました。

    鞄のひもの長さも、普段は長めにしていますが、旅行中は、少し短めにしました。

    また、私は貧乏旅行なので、ブランド物はもちません(というか、持っていません)。服も、捨てようと思っているよれよれの服を旅行に持っていき、着たら捨ててくる…という風にしているため、日本人でもお金があるように見えないのかもしれません。
    そのせいか、今まで一度もスリ・引ったくりなどの被害にあったことはありません。

    道に迷ったかな?と思ったときは、カフェなどに飛び込んで、お茶しながら地図を確認するようにしています。通りで地図を広げるのは、さすにがどうかな・・・と思うので。

    バルセロナ旅行中に気を付けたのは、そのくらいです。
    参考になれば幸いです。
    楽しい旅行になることを願ってます。

    お礼

    りょーちゃんさん

    個人手配の一人旅行、自衛のための行動や気をつけるべきポイントが
    充分ちりばめられている回答をありがとうございました!
    100均のチェーン、って使えそうですね。

    様々なポイントを何度も読み返して、参考になりました。

    ありがとうございます!(by gungunさん)

    問題のある投稿を連絡する

  • 回答日:2013-08-20

    追伸です。

    ごめんなさい、ご質問に全く言及していないものがたくさんありました。
    ・現地の観光客で見かけたのは人それぞれでしたが、デイパックをお腹の方に背負っている人を何人か見かけました。
    ・外食中のかばんの管理は不作法を承知で肩にかけたままか、もしくは背中と椅子の間に挟んでいたと思います。私たちの旅行スタイルでは御大層なレストランに入ることはないからこんな感じでOKだったと思います。
    ・今春の旅行は母娘だったので、パスポート以外の貴重品とデジカメは私が持っていました。また、昨年の家族旅行(両親+中2息子・小6娘・小4息子)の時は現金とカードは夫・家族全員のパスポートと少額の現金は妻が担当。また、ビデオやカメラは扱いになれている妻が持っていました。そして我が家の旅の常宿はB&B等のリーズナブルな宿なので貴重品は常に自分たちで持ち歩いていました。(どんな安宿でもセーフティボックスはあるとの話を聞いたことはあります。

    ・スリについて補足ですが、本当に手口が見事です。こちらが注意力が散漫になっている一瞬のスキをついて上手に盗みます。私の場合、最後に確認してから気づくまでの間はたったの3,4分でした。あと、いiphone・ipod touchをお持ちの場合は管理に十分気を付けて。スリに非常に人気の高い?ターゲットだそうです。

    ・最後に地図を街中で広げることにたいしてそうナーバスにならずともいいと思います。周りに警戒を怠らなければ大丈夫でしょう。特に大人が二人もいるので、一人が周囲に気を配っておけば充分だと思います。

    良い旅になりますように☆


    お礼

    こおりさん

    こちらの補足回答も丁寧な描写をありがとうございました。
    参考にさせていただき、来月行って参りま?す!(by gungunさん)

    問題のある投稿を連絡する

    こおりさん

    こおりさん

  • 回答日:2013-08-20

    gungunさん、はじめまして!ご家族で旅行、とても楽しみですね(^-^)

    私(女)が今春バルセロナ・イタリアを訪れた時に持って行ったかばんはずばりhttp://item.rakuten.co.jp/newbag/northface-nm08152/と同じタイプです。決め手は厚地でフタがしっかりしまるところ。かばんは常にお腹の前で手を掛けていました。この姿勢でいる限りスリは防げました。。。逆の言い方をすれば、このかばんの中から小さなポシェット(貴重品入れとして活用)を出して首からぶら下げたままにしていた時にスリにやられました。。。プラット空港から市街地へ向かう電車のなかです。

    バルセロナでは結構怖い思いをされた方も少なくないようですが、私たち(中1の娘連れ)はそう治安に不安を感じることはありませんでした。昔訪れたマドリッドやアンダルシアの街と違ってゴミもすくなかったですし。ただ、歩き回る時間帯と場所には気を付けていましたが。

    どうかご家族で楽しい思い出を!

    お礼

    こおりさん

    回答ありがとうございました!
    春にバルセロナへ行かれたんですね。目に浮かぶような体験談をしっかり拝読いたしました。
    また特に具体的なカバンのリンクはとてもよく理解できました。
    どの方の回答にも共通する(常識的な時間帯での行動)(カラダの前に持つ)は絶対的自衛要素と感じました。

    アドバイスをありがとうございました。 <(_ _)>(by gungunさん)

    問題のある投稿を連絡する

    こおりさん

    こおりさん

  • 回答日:2013-08-20

    gungunさん、こんにちは。

    いよいよご旅行近くなってきましたね。

    こちらには、私の日本人の友人も何人か遊びに来ていますが、男性は後ろのポケットに入れてる人がいました。そこに入れてると取られますよ!と言ったのですがチェーンをつけているから大丈夫だとご本人は言い切っていました。結局、何度も手をかけられたそうですが、いちよう大丈夫だったそうです。
    脅かすわけではないですが、中にはナイフとか持っている人もいるので、本当に欲しければ切られます。
    怪我がなければ良いですが、人の目に付くような場所にはものは出さないというのを守った方が良いと思います。

    あとは、スリをしているのはスペイン人ではないということをお伝えしておきます。
    ルーマニアのジプシー(親子の場合が多い)だったり、モロッコ人だったり、こちらに住んでいると彼らは外国人なので、すぐにわかります。
    私は、こちらに住んでいますが、スリに合ったことは一度もありません。でも、義理の母(スペイン人)はスリに合ったことがあるんですよね。不思議。

    カバンは、斜め掛けで、フタがあるものに手をかけておくのがいいと思います。
    一番注意したいのは人ごみに行かないということです。
    地下鉄でもスリは一駅で降ります。乗り込むときにめぼしい人を見つけて乗り込むようです。
    電車に乗り込んだら、席を見つけて座ってください。

    個人手配の方が気が張ってて、スリには合いにくいのかもしれないなと思ったりします。というのも、日本からバルセロナに帰ってきた時、空港で日本人団体とご一緒でした。トイレに行ったら、荷物が外に置きっぱなしというのを見たことがあります。きっとどなたかが最初は見ていたのでしょうが、その方もトイレに入られたのか、トイレの中でみなさんおしゃべり。私がスリだったらと思うととっても怖いです。

    地図を広げている日本人の方、ものすごく多いです。
    何かあったら怖いので、最近は話しかけてお手伝いするようにしています。日本のガイドブックがわかりにくいというのもあると思います。行きたい場所があったら、メモなどに住所を番地まで書いておくといいです。何かの店の隣と言われても、その店が日本だけで有名という場合も多いからです。地元の人は、通りの名前を言われればだいたい教えてくれます。

    あとは、ランブラス通りは、スリが多いのですが、隣の席にカバンやカメラを置いて外でお茶をしている人がけっこういます。外の席に座るときは、必ず膝の上に荷物を置いてください。
    こちらのテレビではスリの現場を撮ったものが時々やっています。地下鉄、ランブラス通り、サグラダ・ファミリア、スペイン広場、この辺が多いようです。

    気をつけていれば大丈夫なので、奥様と荷物を分散させて持ってください。

    お礼

    mielさん、またまたお会いしました。
    こちらへの回答も、ありがとうございます。

    現地ご在住の立場として、観光でやってくる各国のツーリストの様子を
    また違った観点でご覧になっていることでしょう。
    お寄せいただいた回答を、とても興味深く拝見させていただきました。
    団体行動からくる安心感なのか集団の心理からか、「ツッコミどころ満載」で「スキありまくり」な
    危ない日本人のツアー客をよく目にされているんですね、きっと。

    また、『スリはスペイン人に非ず』 という事ですが(←僕もそうだと思います)
    残念な事に僕自身が、彼ら(mielさんの言う『ルーマニアのジプシーやモロッコ人だったり。。。』)
    とスペインの方との見分けがつきませしぇ???ん。どうしよ?

    とはいえ様々な回答を拝読し、とるべき態度と行動が何となく見えてきました。
    いずれにしても来月、初バルセロナを楽しんで参ります。

    現地ならではの観点での情報を、ありがとうございました。 m(_ _)m

    (by gungunさん)

    問題のある投稿を連絡する

    mielさん

    mielさん

  • 回答日:2013-08-20

    こんにちは。 国は違いますが、家内がスリの被害を受け、又スリを捕まえ警官に引き渡した、経験をお話しします。 家内は、斜め掛けのバックでしたが、女2人組にやられました。 
    1. その経験からするとファスナーはお腹側にした方が良いと思います。
      現場で捕まえた時も、被害者の方のファスナーは、背中側から開きまし  た。 
    2. 斜め掛けはちょうど、女性が手を下げたまま、作業(スリ)がしやす   ので、ヨーロッパの人が持っているような、短めの持ち手のトートバッ  クの方が、スリにとって不自然な態勢なるので良いかもしれません。
    3. バックパックにするのなら、クライミング用のロックで両ファスナーを
      ロックする。
    4. 私達は、現金を持ち歩かないようにしています。 (朝食の時も、カメ  ラ、財布、パスポート、タブレット、スマホはセーフティボックスに   入れていきます。 持って出るのは、ポケットに入る部屋の鍵だけで   す。)  

    お礼

    AFさん
    リアルな体験談とアドバイスをありがとうございました。

    斜め掛けバッグの「位置/高さ」にも注意が必要ですね。
    短めのトートは、「なるほど」です。参考になりました。
    ご自身の旅のスタイル、万全ですね。
    肝に銘じて旅行に行って参ります。

    回答をありがとうございました。(by gungunさん)

    問題のある投稿を連絡する

    AFさん

    AFさん

  • 回答日:2013-08-20

    こんにちは、はじめまして^^

    気を付けよう、といっても具体的にどうやって気を付けるのか教えてほしいですよね。

    私は女ですが、まず【財布】は持ちません!
    軽量化の意味合いもありますが、ふらっと街歩きするときはお金とカードをポケット(もちろん、チャック付)にそのまんま放り込みます。
    出し入れは人に見られないよう、店の隅っこのほうで素早く済ませます。

    カメラはカラビナ(http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AB%E3%83%A9%E3%83%93%E3%83%8A)をズボンのベルト通しにくくりつけています。
    撮影に不便のないよう、リールをくっつけています。
    http://item.rakuten.co.jp/tokyo-tools/258/←入館証などに付いているやつです)
    いずれも100円ショップで手軽に買えます☆

    よって、カバンに入っているのはハンカチやティッシュ、水やガイドブックといった、盗まれてもダメージが少ないものがほとんどになりますね。
    それでも念のため、ナンバー式南京錠(これまた100円ショップで売っています)を付けてすぐには開けられないようにしています。
    とはいえ布ごと切られたら終わりですし、やはり前に抱えています。

    一番は狙われないことなので、「お金もってなさそう」に見えるよう地味で目立たない色合いでお出かけくださいね。

    お子さんたちにとっても安全で、忘れられない素敵な旅行になるといいですね^^

    お礼

    らびたんさん 回答をありがとうございました。

    財布携帯せず、には意外にも驚きました。
    なるほどね?、そういう手があったか、と。

    カラビナの活用やカメラを自分のカラダにくっつけるなども名案ですね。
    「お金もってなさそう」⇒「だから、本当に持ってないんだってば」 といったオーラでバルセロナ散策、臨みます(笑)

    実践に即した具体的なアイテム提示がとても参考になりました。
    ありがとうございました!(by gungunさん)

    問題のある投稿を連絡する

    らびたんさん

    らびたんさん

  • 回答日:2013-08-20

    こんにちは。

    旦那と二人で個人旅行で行きましたが、
    私は斜めがけのバッグを前で持って、旦那はリュックで盗まれてもいいようなものしか入れませんでした。

    旦那のお財布は私のかばんに入れました。

    パスポートはホテルのセキュリティボックスに入れて、コピーだけ持ち歩いて、現金もその日使うであろうお金以外はセキュリティボックスに入れておきました。

    ホテルでチェックインするときに、フロントの人にも「地下鉄ではかばんを必ず前で持ってください。」とスリに注意するよう言われたので、相当危ないのかと思ってたけど、意外と地下鉄でも怪しい人はあんまりいませんでした。

    用心していると相手にも伝わると思います。
    気を抜かずにいつも注意していればそこまで危ないという印象はありませんでした。

    また、西洋の観光客の方でリュックを前で持ってる人を見かけました。
    その状態でずっと歩いてました…
    アジア系の方が狙われやすいのかと思ってたけど、みんな用心してるんだな?という感じです^^

    食事の時もかばんは常に膝の上、さらに斜めがけなので掛けたままで食べてました。

    お礼

    hhさん、ありがとうございました!

    ご夫妻での分担内容、よくわかりました。

     『用心していると相手にも伝わると思います。
           気を抜かずにいつも注意していれば・・・』

    まったくその通りですね。
    きっとバルセロナでは有名建築やバルの魅力やらで、目ン玉が360度となってしまいそうですが、
    手元足元に注意して用心して散策を心がけます。

    心強い現地での経験を参考にさせていただきます。感謝です!(by gungunさん)

    問題のある投稿を連絡する

    hhさん

    hhさん

  • 回答日:2013-08-20

    今年の3月マドリッド散策でした。
    参考になれば・・・


    ツアー会社からブランドとわからないものを勧められました。

    私は、真っ黒のチャック付きの斜めかけが出来るカバンを利用しました。

    ・カバンは、前
    ・荷物が腰より上になるよう紐を調節
    ・小学生の通学用の笛を首からぶら下げる
    ・チャックが付いていても、外側のポケットには入れない


    彼は、斜めがけショルダーバッグ(自転車メーカーの)を利用しました。
    本来、背中に荷物が来るよう利用するカバンですが
    【カバンは、前】です。

    貴重品は、おなか側に来るよう入れました。
    外側にハンカチとかティッシュとか。


    カメラを首から下げている人が多かったですね。
    手首に通して持つタイプだと、引っ張られてしまうのでしょうか。。。
    男性が丈夫な紐をつけて持っていらっしゃいました。

    カバンは女性にしか目がいかなかったので、アレですが
    日本人は、LeSportsac利用の方が多くみられました。
    派手な柄や色味が可愛いと目立つ印象です。
    海外の方は、無地の色暗めだった印象です。

    食事中は、カバンを前に抱っこしたままw
    見える範囲の椅子に荷物を置いたのは、
    Museo del Jamon の2階レストランのみでした。

    お礼

    cerdoさん

    回答をありがとうございます。
    【カバンは前】 鉄則ですね!!

    そのほか、
    荷物は腰より上/首には笛/外側には何も入れない 等々、
    具体的な方策が、よりわかりやすかったです。
    こういうの、ガイドブックには記載されてないですからねぇ。
    またカバンの具体的なメーカーも、実際をイメージしやすくて伝わってまいりました。

    参考になりました。ありがとうございます!

    (by gungunさん)

    問題のある投稿を連絡する

    cerdoさん

    cerdoさん

  • 回答日:2013-08-20

    とにかく身体から離さない事です。

    バルセロナを歩いていると、日本人観光客はとにかく分かりやすい!
    集団で歩いてるし、何よりリュック、ポーチ、ショルダーバックをお尻側、背中にかけて歩いたり写真を撮ったり・・・・
    「盗んで下さい」と言ってるような日本人の多い事多い事!


    とにかく手荷物は背中側へ回さないこと。
    すぐに取り出せるポケットの多い鞄は避ける。
    鞄の口は閉める。

    旅行中の全財産を持ち歩かない。

    子供達が社会見学を装って、「インタビュー(またはアンケート)お願いします」と言って集団でスリを行うケースも多発しています。子供だからといって油断しない。

    道のはじっこを歩かない。

    警察を装って、身分証明になるものを見せるよう脅す詐欺もいます。

    私はいつも肩がけに腰ベルトがついたものを利用し、その上から上着を羽織っています。

    でも同じくらい、心優しいバルセロナっ子もいます!
    油断すると、パリよりもタチ悪いスペイン人もいるので気をつけて下さいね!

    よいご旅行になりますようお祈り申し上げます。

    お礼

    TONTAさん、回答ありがとうございました。

    『スキありっ! ニッポン!!』 ですよねぇ。
    海外でトホホな日本人って、僕も見かけます。

    旅先では僕もそうならないように、TONTAさんの簡潔でわかりやすいアドバイスを肝に銘じます。
    イメージする「コソ泥」っぽいのだけでなく、
    書かれてました集団スリや、子どもからおねーさん♪ なスリまで多発ですよね。
    決して道の端を歩かないように、気をつけます。

     『でも同じくらい、心優しいバルセロナっ子もいます!』

    という↑の言葉に、ちょいナーバスになりかけた僕はとても救われてます。

    素敵なアドバイスをありがとうございました。  <(_ _)>

    (by gungunさん)

    問題のある投稿を連絡する

    TONTAさん

    TONTAさん

  • 回答日:2013-08-20

    私の経験からちょっとしたアドバイスを。

    ご子息2人の4人とのお話ですので、自分のことはそれなりに注意するとしても4人で誰がどの人のことを注意して見るかを決めて置かれるのが良いかと思います。自分では後ろのことはわかりませんので、特に怪しそうだと感じた時はすぐに教える態勢です。

    すりはほんとにものすごい手練手管を駆使してきますので、気が付いた時には遅きに失することが多いのです。

    カバンは十字掛けにし、大事なものは奥の中でチャック付きであればまず大丈夫です。それ以上を考えるなら鍵をかけるしかありません。

    私の場合のリュックはSpaldingのもので、肩掛けの内側、即ち肩と接する内側にチャック付きの収納が付いており、その中にいくつかの区分け収納があり、ここは肩掛けを外さないと開けることが出来ません。

    外側のところには万一持っていかれても良いものしか入れていません。従いリュックはNGと決めつけるものでもありません。

    それに、念のためリュックと結んだ首賭けを掛けてつけています。肩掛けと首賭けを外さないと持ち逃げは出来ないからです。

    バルなどでも手荷物を置くなどしないで身につけていれば、離さないで手に持つなどしていれば大丈夫ですよ。

    私の時もそうでしたが、それを仕事にしている連中から見れば相当長く済んでいれば自然に動作でわかることでおのぼりさん、観光客であることを避けることはできませんので用心する心構えがあれば彼らにも伝わるものです。

    地図を広げるなども必要な時があるでしょうから、4人が全員地図に集中するのではなく少なくとも一人は周りに気を配っておくなどすれば問題ありません。4人で行かれることが強みになりますね。

    少し強調したきらいがありますが、それほど心配することはありませんので、大いに楽しんできて下さい。

    我々はスペイン旅行の最後にバルセロナに立ち寄ってびっくりした経験談をご参考URLを添付しておきます。

    【参考URL】http://4travel.jp/traveler/19391943/album/10645931/

    お礼

    cypresscanadaさん、
    ご自身の経験に基づくアドバイスをありがとうございました!

    びっくり経験談も、しっかり拝読。
    もうそれは【外務省・渡航先注意喚起のお知らせ】よりもはるかに内容の濃??い情報ページでございました!!

    アドバイスにありました
     ■4人で誰がどの人のことを注意して見るかを決めておく。
     ■4人が全員地図に集中するのではなく少なくとも一人は周りに気を配っておく。
     ■おのぼりさん、観光客であることを避けることはできませんので用心する心構えがあれば。。。等云々

    ↑メモメモ。赤線二重線ものです。
    家族がお互い一人を決めて常に注意しておく、なんて「なるほど?!」で思いつかなかったです!
    家族4人で行くメリットを充分活かして行動したいと思います。

    ご自身の体験からくる言葉をしっかり受けとめて、来月バルセロナを楽しんでこようと思います。

    こうした生きた情報は、僕以外の方々にも役立ったのではないかと思います。
    アドバイスに感謝です。ありがとうございました。 m(_ _)m


    (by gungunさん)

    問題のある投稿を連絡する

  • 回答日:2013-08-20

    スペインでは少額なら無罪とガイドさんが言ってました。つまり 取られたほうが悪いということで、小学生の女の子がシャッター押してあげると行ってカメラ持って走って逃げたなど、日本ではありえない治安です 貴重品は斜めがけで肌身離さず、取られてもいいものはスーパーの袋に入れて歩くといいと聞きました あまり高価なバックは狙われるということですね

    お礼

    gon-kunさん

    マジすか!? 『小額なら無罪♪』 って。。。????
    どんな理屈なんでしょ??ねぇ。(と、開いた口)

    トコロ変われば、という事を肝に銘じておきます。
    生情報に感謝です。ありがとうございました!(by gungunさん)

    問題のある投稿を連絡する

    gon-kunさん

    gon-kunさん

  • 回答日:2013-08-20

     一番のポイントは、常に用心の心がけでしょうか。

     私はウエストポーチ(前)でしたが、地下鉄で2回、エスカレータで1回囲まれました。用心していたので被害はありませんでした。

     手口は2?5人で取り囲む、新聞など広げた下から手が出るというものです。広げた瞬間、手がジッパー開けていました。

     斜めがけかばんとかウエストポーチとか体に密着しているものがいいと思いますよ。

     兎に角、人が体を寄せてきたらしっかり注意が良いと思います。

     

     

    【参考URL】http://4travel.jp/traveler/dragon2397/album/10511295/

    お礼

    熟年ドラゴンさん

    早々のご回答をありがとうございました。
    えっ!? 
    か、囲まれたんですか??!!
    ご自身の体験談&旅行記を興味深く、しっかり拝見しました。
    当たり前ですが「カラダに密着」で、防御!&異変を察知!ですね。
    心してバルセロナに乗り込みますッ!
    ありがとうございました。(by gungunさん)

    問題のある投稿を連絡する

  • 回答日:2013-08-20

     私は柔らかいのですが、ジッパーが付いている袋を斜めがけです。身体に密着するので安心。バルでも斜めにかけたままです。おろしません。その上からカメラも斜めがけです。財布はズボンの前のポケットに入れています。決して後ろのポケットには入れません。もちろん胸のポケットにもいれません。

     実は私はパスポートはシャツの下に斜めがけしていつでも持っています。空港のセキュリティーチェックでは人前でシャツを脱ぐ羽目になってしまいます。

     それでもパリに比べたらバルセロナはまだ良い方じゃないかと思いました。パリは相当にヤバイ。

    【参考URL】http://4travel.jp/traveler/keithforest/album/10802780/

    お礼

    keithforestさん

    早々にご回答をありがとうございました。

    そうそう。「パリもヤバい」というの、納得です。

    パスポートの「肌密着携帯法」は昔から究極ですよね!
    やっぱりそうだよな?、と同意です。
    バルセロナはもとより、各国歴訪のご経験を興味深く拝見させていただきました。
    ご自身の対策披露をありがとうございました。参考になりました。(by gungunさん)

    問題のある投稿を連絡する

    keithforestさん

    keithforestさん

PAGE TOP