トラベルマガジン - 思わず旅に出たくなる!旅ガイドまとめ

日常に旅の楽しみをお届け!友だち追加

ウラジオストックを1日で観光するモデルプラン!直行便で2~3時間

ウラジオストックを1日で観光するモデルプラン!直行便で2~3時間

photo by J太郎さん

4travel.jp

フォートラベル編集部

日本から直行便で2~3時間で行くことができるウラジオストックは、「日本から一番近いヨーロッパ」というキャッチフレーズで近年人気を集めています。今回はウラジオストックの主要スポットを1日でまわるモデルプランをご紹介!

ロシア・ウラジオストックの春夏秋冬

ウラジオストックは年間平均気温が約4度。札幌の年間平均気温が約9度なので、日本では感じることのない寒さの地域と言えるでしょう。ただし、7月から8月は平均最高気温が20度を超え、日によっては30度を超えることもあるので寒さを感じることなく過ごすことができます。

春:4月は平均最高気温が10度、平均最低気温が2度。日によって、暖かい日と雪が降るような寒い日があるので、どちらにも対応できる準備をしておくとよいでしょう。
夏:8月が1年でもっとも暑く、平均最高気温が23度、平均最低気温が18度。降水量が増える時期でもありますが、寒すぎず過ごしやすい時期なので、ウラジオストック観光のベストシーズンと言えるでしょう。
秋:10月は平均最高気温が13度、平均最低気温が6度。春と同じく、暖かい日と寒い日どちらにも対応できるようにしていくとよいでしょう。
冬:もっとも寒い1月は平均最高気温が-8度、平均最低気温が-15度。寒さ対策を万全にしていかないと大変なことになります。

ウラジオストックの定番観光スポットを1日で巡るモデルプラン

ウラジオストックは中心部に観光スポットがまとまっており、主だったところは1日で巡ることができてしまいます。今回は定番観光スポットを効率よくまわるモデルプランをご紹介。プランを参考にウラジオストックの独特な町並みをお楽しみください。

アルセーニエフ博物館

ロシアの探検家、人類学者、作家として知られるウラジーミル・アルセーニエフの名を冠した博物館。ウラジオストックを中心とする沿海地方の歴史を学ぶことができるスポットで、石器時代から19世紀以降まで幅広い年代の展示を見ることができます。ちなみに、ウラジーミル・アルセーニエフは、アカデミー賞外国語映画賞を受賞した黒澤明監督作品『デルス・ウザーラ』の主人公。事前に作品を見ておくとより楽しめるかもしれません。

クチコミ:なかなか良かった

ディアーヌさん

展示の内容もさることながら、「展示の仕方」が結構凝っていて感心しました。棚を効果的に使ったり、オブジェのように写真をぶら下げたり。なんだか博物館というより美術館に来たのかと錯覚しそうでした。日本の和太鼓が展示されていたのはちょっと驚き。もっと見る

スヴェトランスカヤ通り

「アルセーニエフ博物館」は十字路の角に建っており、そのうち南北にのび「ウラジオストック駅」につながっているのが「アレウーツカヤ通り」、東西にのびているウラジオストックのメインストリートが「スヴェトランスカヤ通り」です。デパートやレストランなど、美しいロシア建築が通り沿いに立ち並んでいます。

クチコミ:歩いているだけで楽しい通り

38listさん

とにかく街並みがとてもヨーロッパで、歩いているだけでとても楽しくなります。建物を眺めているだけでも十分なのですが、食事が出来るところや様々なショップなども増えています。花屋通りやグム百貨店に続く道です。もっと見る

中央広場

アルセーニエフ博物館からスヴェトランスカヤ通りを少し歩くと「中央広場」に着きます。正式名称は「革命戦士広場」で、広場の中央に建っているのはソビエト政権樹立の際に活躍した戦士の像。4月から12月の週末には、地元の食材が並ぶ市場が開かれるので、日程が合うのであれば週末に行くのがおすすめです。

クチコミ:市場も開かれる広場

38listさん

家族連れなどが多く見られる広場です。土曜日に訪れると市場が開催されていて、たくさんの人で賑わっていました。魚などはもちろんのこと、果物やパンや野菜も販売されていました。中央広場から見渡せる景色も綺麗です。もっと見る

潜水艦C-56博物館

中央広場から海沿いに5分ほど歩くと「潜水艦C-56博物館」(キリル文字のため、読み方はシー56ではなくエス56)が見えてきます。C-56は1930年代から1940年代にかけて建造された潜水艦。全長77.75m、幅6.4mの艦内を見学することができ、展示スペースのほか、船員のベッドや魚雷の発射台などをほぼ当時のままの状態で見ることができます。

クチコミ:実際に運用されていた潜水艦の艦内展示はかなり興味深いものでした

あやっちさん

私が訪問したのは夕方だったので、その時間帯だと観光客や団体がいませんでした。なので、独り占めでかなりゆっくりと展示品や艦内を見て、触ることが出来ました。士官室のゆったりとした空間とは裏腹に、船員の休憩室は頭上やすぐ隣に魚雷があるなど、興味深いものでした。もっと見る

アンドレイ教会&ニコライ2世凱旋門

アンドレイ教会

ニコライ2世凱旋門

ピンク色が特徴的な「アンドレイ教会」と、カラフルでかわいらしい「ニコライ2世凱旋門」は、潜水艦C-56博物館のすぐ近くにあります。アンドレイ教会は18世紀なかばにロシア女帝エリザベータ1世のキエフ訪問を記念して建てられた教会で、ニコライ2世凱旋門はロシア帝国最後の皇帝ニコライ2世がウラジオストックに立ち寄った記念に建てられました。

クチコミ:通りから目に入り、可愛さに引き込まれる小さな凱旋門

マドリトさん

大通りから目に入る可愛らしい凱旋門。つい近づいて見てみたくなる魅力的な門。ロシアらしいカラーリングの独特のデザインで、小さいながら素敵な門。公園の中の通りにあるので、公園内の良いアクセントとなっています。ここを抜けると海の方へと繋がります。もっと見る

鷲の巣展望台

アンドレイ教会とニコライ2世凱旋門から10分ほど歩くと、ウラジオストック中心部の最高地点、標高約192mの「鷲の巣展望台」に到着します。展望台から見渡せる「金角湾」の景色は絶景。日が沈み出すと、夕焼けを見ようとする観光客でにぎわいます。

クチコミ:写真では伝わらない、ウラジオストクの街と海が一望出来る絶景スポット

マドリトさん

ガイドブック等で取り上げられていましたが、写真ではあまりそそられなかったので、予定には入れていませんでした。時間が余ったので期待をせずに行ってみました。そのせいか、思った以上に絶景で、来なかったら、なんて勿体無いことだったのだろう。ウラジオストクに来たら、ここに来る価値はあります。もっと見る

噴水通り

鷲の巣展望台からバス(38 or 68番)で20分弱、「旧堀江商店」前のセミョーノフスカヤバスターミナルに着き、そこから少し歩くとウラジオストックでもっともおしゃれな通りと言われる「噴水通り」(正式名称はアドミラーラ・フォーキナー通り)に出ます。噴水の先に海が見える歩行者天国で、カフェやレストラン、雑貨店などが軒を連ねるストリートです。

クチコミ:繁華街

ディアーヌさん

ウラジオストク一の繁華街です。終日歩行者天国になっていて、人々で賑わっていました。夜も9時近くまで結構人通りがありました。酔っ払いやホームレスなどはおらず、皆礼儀正しくベンチに座っておしゃべりしている感じでした。もっと見る

スポーツ湾

噴水通りを歩いて行くと「スポーツ湾」が見えてきます。寒いイメージのあるロシアですが、夏には海水浴でにぎわい、屋台なども並ぶスポットです。普段はサンセットの美しい散歩コースとして親しまれています。おしゃれな噴水通りとあわせて、ゆっくりとした時間を過ごすのがおすすめです。

クチコミ:とても好きな場所です

38listさん

ウラジオストクには様々な観光場所がありますが、私はスポーツ湾がとてもお気に入りです。朝散歩に出かけるとヨガをしている人々やワークアウトをしている人がいて、夕方になり日がくれてくると家族連れやカップルなどが一斉にスポーツ湾に向かっていく姿が微笑ましかったです。もっと見る

ご紹介したプランはこんなルート!

ウラジオストックのグルメを堪能したトラベラー会員の旅行記を紹介!

ウラジオストックでは、ロシア料理や中央アジア料理を楽しむことができます。海に面していることもあって、特にシーフードのおいしい店が多いです。

旅行記:猛暑のウラジオストクでカニとビール三昧

くいしんぼうさん

暑い東京を離れて涼しい所に行こうぜ!美味いものもあればなお良し!ということで、今度の宴会先はロシアのウラジオストクに決まりました。ところがところが・・・行ってみると気温30度を超える猛暑。街歩きには辛いがビールは進む♪それではビール片手に旅のおさらいをしてみましょう〜!もっと見る

ウラジオストックを2泊3日で一人旅したトラベラー会員の旅行記を紹介!

直行便2~3時間で行くことができることもあって、近年、一人旅の旅行先としても人気を集めているウラジオストック。治安は大丈夫なのか? 実際にどんな一人旅になるのか? トラベラー会員の旅行記を見て、参考にしてみてください!

旅行記:ウラジオストク女一人旅

うみぼさん

大好きなロシア料理。大好きなロシア正教会。ずっと行きたかったロシア!長期の休みはまだ取れないのでサクッといけるウラジオストクに行ってきました。もっと見る

個性的な街歩き旅行記を紹介!

ウラジオストックの魅力は、特定の観光スポットではなく、街そのものにあると言う人もいます。まだ気温が氷点下になることもある3月。少し寂しげなウラジオストックを街歩きしたトラベラー会員の旅行記をご紹介します。

旅行記:ウラジオストク裏路地紀行

Sobaka Flyersさん

空港から闇夜のハイウエイ歩いたり、廃墟に忍びこんでみたり、心揺さぶる風景を探しながら、街中うろうろ探索の裏路地写真紀行もっと見る

週末2泊3日でウラジオストックをディープに観光する旅行記を紹介!

グルメからショッピングまでウラジオストックをディープに観光するトラベラー会員の旅行記をご紹介。前後編合わせて写真300枚以上の丁寧な旅行記です。

旅行記:週末初ウラジオストク(前編)~ロシアはめちゃめちゃ近かった編~

J太郎さん

日本から手軽に行ける様になったウラジオストクですが、何故か日本国内では大きなアピールもなく、まだまだ渡航者も少ない様で・・でも、行ったら確信。これから流行る気がします。ロシアいいっ!!もっと見る

ロシア・ウラジオストック観光におすすめのプランいかがでしたか?

行きたい場所が見つかったら、ウラジオストックへの旅を計画してみませんか?ウラジオストックのお得なホテルを探す

この記事で紹介しているエリア

※メニューや料金、満足度の評点や施設データなどは、配信日時点のものです。

※当サイトに掲載された情報については、十分な注意を払っておりますが、その内容の正確性等に対して、一切保障するものではありません。

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!

\その他の公式SNSはこちら/

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

ロシアの特集

ロシアの特集一覧

定番・人気の観光スポットの特集

定番・人気の観光スポットの特集一覧