旅行のクチコミと比較サイト フォートラベル

その他の都市 旅行記(ブログ) 一覧に戻る

その他の都市人気旅行記ランキング2位(84件中)

アルプスからアドリア海へ、イストラ半島経由の旅【4】(寄り道しながらの移動編)

関連タグ

    旅行時期 2017/06/11 - 2017/06/11 (2017/07/10投稿

    旅行4日目、早朝ハルシュタットの街を散歩し、
    この旅2度目の移動の難関へと突入。日曜日と重なり、
    列車3回乗り換え、計4本の列車に乗る羽目に。
    車窓を楽しみながら乗り換え時間を無駄にしないよう途中の街、
    レオーベンとフィラッハへもちょっと寄り道。
    ハルシュタットの船着き場から8時間もかかり、
    スロヴェニアのブレッド湖へ到着!
    ほぼヨーロッパ鉄道旅初心者の私がこなせたのも、
    オーストリア鉄道が正確だったお陰です。


    6/08 関空-------パリ-------ウィーン夜着(ウィーン泊)
    6/09 ------------ウィーン散策----------(ウィーン泊)
    6/10 ウィーン------------ハルシュタット(ハルシュタット泊)
    6/11 ハルシュタット----------ブレッド湖(ブレッド湖泊)
    6/12 ブレッド湖------------リュブリャナ(リュブリャナ泊)
    6/13 リュブリャナ-----イゾラ-----ピラン(ピラン泊)
    6/14 ピラン-------ポレチュ-----ロヴィニ(ロヴィニ泊)
    6/15 ロヴィニ-------バーレ-------プーラ(ロヴィニ泊)
    6/16 ロヴィニ------ベネチア----パドヴァ(パドヴァ泊)
    6/17 パドヴァ-----ブラーノ島---ベネチア(ベネチア泊)
    6/18 ベネチア-----パリ------
    6/19 -----関空朝着

    写真 82枚

    交通手段 : 
    • 現地移動 :  鉄道 / 船 / タクシー / 徒歩
    エリア:
    オーストリア > その他の都市
    エリアの満足度:
    3.5
    • 撮影場所の地図

      旅行4日目、鳥のさえずりで目が覚めるさわやかな朝。
      お部屋からはレイクヴューではなく、マウンテンヴュー。
      今日は昨日と違って雲一つない晴天。
      こんなお天気で一日中電車移動というのは、ちょっと勿体ない気がする。

    • 撮影場所の地図

      昨日の昼間とは打って変わって静かな朝。
      湖畔のゼー通りも人っ子一人いない静けさ。まだ7時台だもんね。

    • 撮影場所の地図

      ハルシュタットのご来光。

    • 撮影場所の地図

      朝日を受けてより一層鮮やかに見える。

    • 山肌に建つお家郡にも朝日がサンサンと。

    • すがすがしい朝の散歩。
      ザルツブルクから日帰りで来られる方もいると思うが、お泊まりがオススメ。

    • なんせ昼間は中国語の嵐。
      ホテルで出会った日本人の奥様曰く、2年ほど前から中国人が増えたとか?

    • 撮影場所の地図

      そしてやって来たのは昨日も一度来た街の北側の撮影スポット。
      宿からは15分ほど。ひやぁ~美しい。

    • 撮影場所の地図

      早朝ですが既にここには数人のアジア人カメラマンの姿がありました。

    • イチオシ

      撮影場所の地図

      携帯で撮ったパノラマ写真。
      湖面に教会や山々も映り込んで美しすぎ~。

    • 撮影場所の地図

      最後にこの光景を目に焼き付けてこのスポットを離れます。

    • でもこのスポットの前の民家の薪に貼られた張り紙。
      朝は個人で撮影に来られてる観光客だけだったので静かでしたが、
      昨日の昼間はこのスポットがすぐに分かった位、人だかりでした。

    • 撮影場所の地図

      昨日も来たカトリック教会の墓地。太陽が降り注いで明るいお墓群。

    • イチオシ

      撮影場所の地図

      カトリック教会からの眺め。
      ハルシュタットへ到着した時は観光客が多すぎて一瞬ビックリしたが、
      この景色に出会えてやっぱり来た甲斐があった。
      ハルシュタットへリピートされる宿で出会った日本人の奥様の気持ちが、
      この日によく分かった。

    • 撮影場所の地図

      カトリック教会では猫ちゃんもお散歩中。

    • 今回クリッペンシュタインを諦めたので、再訪に繋がる理由ができたような。

    • 撮影場所の地図

      雪山がチラッと見えます。

    • 撮影場所の地図

      山肌には横縞。長い間の浸食と風化の繰り返しだったんだろうな~。
      自然の長い歴史の中で人間ってちっぽけだよな。

    • 朝食時間に間に合うように宿へ戻ります。
      いつもこの小川を渡るんですが、特に今朝はキラキラしてた。

    • 撮影場所の地図

      ビュッフェの朝食。まわりはカップルオンリー。お一人様は私だけやん。
      部屋数が少ないペンションですが、アジア人が大半を占めてます。

    • 撮影場所の地図

      ペンションをチェックアウトして、10:45発の連絡船に乗るため、
      船着き場までやって来る。

    • 撮影場所の地図

      ふと見上げると、昨日訪れた世界遺産展望橋が下から見えてビックリ!

    • 撮影場所の地図

      湖では手漕ぎの船が。本来はこういう姿なんだろうね。

    • 撮影場所の地図

      10:45発の連絡船へと乗り込む。来た時より乗客は少な目。
      どんどんハルシュタットの街が遠ざかる。
      これなの、これ。船旅の哀愁を感じる一瞬。この街の去り方、何ともドラマチック!
      ハルシュタット、またいつか戻って来るね。

    • 撮影場所の地図

      10分後、ハルシュタットの無人駅へ。30分時間つぶし。wifiなし。
      私が行く方向とは違う方向の列車に乗船していたほぼ全員が乗り込み、
      ひたすら自分が乗る列車を待つことに。
      この列車が遅れるとこの日の全スケジュールが狂う頼みの列車。
      無事時間通りに到着することを祈るのみ。

    • この日の移動は日曜と重なって強烈。
      ハルシュタット11:25発→シュタイナッハ12:15着、6分後の乗り換えで、
      シュタイナッハ12:21発→レオーベン13:29着、
      レオーベン14:27発→フィラッハ16:45着、
      フィラッハ17:21発→レスチェ・ブレッド18:18着。
      3回乗り換え計4本の電車に乗る羽目に。

      これがこの旅2度目で最長の移動の難関でした。

    • 一応最初の乗り換えで乗り遅れた場合のオプションも調べておいたが、
      こちらはもっとハード。電車と電車の移動の途中にバス乗車。

    • 地図で示すとこんなに遠回り。直線距離で車で移動したら2,3時間の距離。
      ヨーロッパの田舎から田舎の移動の国境越えがここまで大変だったとは?
      この日はたまたま日曜に重なり、平日より遠回りとなったのですが。

    • 撮影場所の地図

      すると時間通り、まずはシュタイナッハ行きの電車が入って来た。
      6分の乗り換え時間なので、定刻通りで良かった~。ホッとした瞬間。

    • 各駅停車のローカル列車ですが車内はさすがヨーロッパ。
      モダンで綺麗、広々していて殆どの乗客がハルシュタットで下車したのか、
      余裕で座れました。

    • シュタイナッハまでの車窓はひたすらダイナミックな山岳風景に、
      長閑な農村風景。車窓は旅の醍醐味です。

    • 撮影場所の地図

      50分後、定刻通りシュタイナッハへ12:15到着!
      ちなみにこの長距離移動の旅もオンラインで2カ月前に購入したので、
      切符がなんと19ユーロ。7時間電車に揺られて19ユーロって嘘みたいな値段。
      オーストリア旅はルートが決まれば早めのオンライン予約がオススメ。

    • 撮影場所の地図

      心配していた6分間の電車乗り換えも、余裕でした。
      この旅、何となくスムースに行きすぎ。
      私としては多少のアクシデントがあっても面白いような気がする。

      IC515へ乗り込み、次の乗り換え地レオーベンへ。

    • ワゴン販売もあって新幹線みたい。早速コーヒーを注文。
      ちゃんとしたコーヒーマシンで淹れてくれます。コーヒー2.2ユーロ。

    • 途中で止まった駅で。丸太を列車で運ばれるんですね。
      この駅はふんだんに木が使われていて、温かみのある駅でした。

    • 撮影場所の地図

      2度目の乗換駅レオーベンへこの時も定刻通り13:30に到着!
      次の電車まで約1時間待ち時間があるのでちょこっと街歩きに駅を出ます。

    • 駅を出ると真っすぐに道が伸びていて、橋を渡ります。
      Maps.Meの地図をダウンロードしていなかったので地図無しです。
      適当に臭覚に基づいて歩いてみます。川の水はあまり美しくないです。

    • 帰国してから確認したレオーベンの街。
      ムール川に囲まれたエリアをちょこっと歩きました。

    • 川を越えると可愛い教会。Evangelische Kirche

    • 帰国後調べたら鉱山業を専門とするレオーベン鉱山業大学の建物。
      鉱山業専門って今まで聞いた事のない専門分野だわ。

    • 日曜日の昼間、誰も歩いていないスリーピーな街並です。

    • するとこんな中華っぽい門を発見。何やろ、これ?
      帰国後調べてみたら、アジアパークとあり。
      オーストリアまで来てアジアパークはちょっとねぇ。
      wikiによれば近年中国、韓国系の移民が増えてるとか。

    • こんなドイツチックな館もあり。

    • 目抜き通りっぽいが誰も歩いていない。

    • フランツ・ヨーゼフ通りを歩いてきたら大きな広場へ出てきて、
      やっとこさ地元の人を目にすることに。広場の真ん中に建つあの木は何やろ?

    • 可愛いドア。劇場の入口でした。Stadttheater Leoben

    • 奥に見えるは見張り塔?

    • あまり見所がなさそうなレオーベンですが、列車に座りっぱなしの本日。
      チョットでも歩きたかったんですね。

    • ゲルナーパーク。季節のお花で一杯でした。

    • 駅に近いこの近代的な建物もレオーベン鉱山業大学の建物の一つかと?

    • 最初に見た教会へ戻ってきました。

    • 撮影場所の地図

      まだ少し時間があるので駅舎内のカフェで昼食。
      サンドイッチとコーヒーで5.4ユーロと格安。
      セルフサービスのお店はどこも安い!

    • 撮影場所の地図

      次の電車をホームで待つ。次の目的地はフィラッハ。3度目の乗換駅です。
      やはり定刻通りに電車は到着!
      オーストリアはドイツ語圏、ドイツ語圏の正確性はホント信頼できる。

    • 撮影場所の地図

      14:27発のレイルジェットに乗り込むとクラーゲンフルトを過ぎた頃、
      車窓からはメチャクチャ美しい湖を通り過ぎる。
      地図で確認するヴェルター湖と知る。レイルジェットはwifi完備(笑)
      かなり大きな湖で暫くは車窓から目が離せませんでした。

    • 2時間20分でフィラッハへ到着!次の電車まで約50分ほどあるので、
      どこまで見れるか分かりませんがちょっと駅から出てみることに。

    • バーンホーフ通りを真っすぐ進むと、まず目にしたのは大きな教会。
      カトリック教会でした。地図をまたまたダウンロードし忘れ、適当に真っすぐ進む。

    • ドラバ川を渡ります。この川の水の色は美しい。

    • せっかくのカラフルな町並みなのに逆光で暗い写真。
      お天気良過ぎると、しばしこういう目にも遭うんだよね。

    • 違う通りも可愛い町並み。もっと奥まで進みたかったが、
      駅を出てからモタモタしたのであまり時間がなく。この辺で駅へ引き返すことに。

    • 可愛いホテルの看板が目についた。

    • 毛糸のアートは木々の幹ので見たことあるけど、自転車はお初かも?

    • 私も早くビールが飲みたい!

    • 電車に乗り遅れてはならぬと早めに戻って来る。
      フィラッハはローマ時代から交通の要衝。wikiからの抜粋↓

      フィラッハには多くの国際列車が停車する。イタリアのローマからの列車が
      ボローニャ、ヴェネツィアなどを経てフィラッハに到着する。
      クロアチアのザグレブ発の列車も、
      スロヴェニアのリュブリャナを経由してフィラッハへと至る。
      ドイツのミュンヘン、ケルンへ向かう列車も発車している。
      北上すれば、ポーランドのワルシャワにまで行くことが可能。

      こういうの読むだけで旅人を振るい上がらせる。
      私が今から乗る列車はクロアチアのザグレブ行きです。
      列車に乗り換えるごとに車掌が検札に来ますが、印刷したA4の紙を見せるだけ。
      19ユーロで申し訳ないような。

    • 定刻通りフィラッハを17:21に発車したEC213は、
      スロべニアのレスチェ・ブレッドへ18:20頃に到着!
      このECの乗った車両、苦手な6人乗りコンパートメントではあったが、
      イギリス人女子大学生二人組にスロベニア男子一名と旅の話が弾み、
      向こうはやたらアジアに興味深々。日本を含むアジア全域をPRしておいた。
      ちなみにパスポートのチェックなどは一切ありませんでした。

      さてここからブレッド湖までは4キロ程と少し遠い。バスの時間は1時間以上も先。
      タクシーの運ちゃんは15ユーロと言ってきたので、10ユーロで値段交渉。
      相手は折れず15ユーロと言い張る。メーターで行かない所はさすが旧ユーゴ諸国?
      7時間電車に揺られて19ユーロしか払っていない私には悔しいが、
      ホテルのチェックイン終了時間に迫っていたので、
      諦めて15ユーロでタクシーに乗り込むことに。

    • タクシーは真横につけてくれた。
      オールド・パリッシュ・ホテル、元々は修道院のホテル。
      ただチェックイン時間内にたどり着いたのに、ベルを押しても誰も姿を現さない。
      「御用の方は」って張り紙の連絡先へ電話してみたら、
      牧師風の男性が真横の聖マルティネス教会より現れた。

    • ホテルはツインルームで広々。共有部分もあって居心地は良かった。
      元修道院なのであちらこちらに十字架やキリストの絵が。
      トイレ・シャワー、朝食付き89ユーロ。
      スロベニアってもっと安い国かと思っていたが、
      電車で一緒になったスロベニア男子に聞くと、ユーロに加盟してから
      物価が上昇し続けているとか。

      ちなみにアメリカのトランプ大統領夫人はスロヴェニア出身。

    • 撮影場所の地図

      聖マルティネス教会は本当に真隣。教会の鐘の音がホント良いんだよね~。

    • あちらの崖の方向がブレッド城方向。ホテルからはすぐ近くでしたが、
      ここからはブレッド島が小さくしか見えないらしく、お城へは行かずじまい。

    • 撮影場所の地図

      ちなみにここがブレッド城の入口の一つかも?
      行く前にahirutさんの旅行記よりお城の敷地に入るだけで入場料がいると判明。
      私はてっきり博物館が有料で敷地内はタダで入れるものと思っていました。

      それよりも前にakikoさんの旅行記より
      もっと近くでブレッド湖の絶景を拝めるスポットがあると知り、
      明日はそちらへ行く事にします。

    • 撮影場所の地図

      聖マルティネス教会、下から見れば屋根のデザインが可愛かった。

    • チョコっとだけでも湖畔を散歩してみます。
      いきなりお花だらけのスポットに出くわし、
      皆さん其々のポーズで撮影されていました。奥の東屋も良い感じ。

    • バラの奥にはラベンダーも満開。
      ただ湖畔沿いは大きなモダンなホテルの景観で、
      ハルシュタットから着いた私にとれば、かなりガッカリ。

    • 撮影場所の地図

      ブレッド島も見えますが、
      これは望遠で撮ったので大きく映っていますが、実際は…。

    • 撮影場所の地図

      肉眼ではこのサイズ。
      やはりブレッドの街から遠すぎて、あまり実感が湧きません。

    • 撮影場所の地図

      白鳥の親子が可愛いわ~。ただ水の透明度はブレッド湖の勝ち~。
      ハルシュタットはここまで澄んでいなかったもんね。

    • あ~喉乾いた。適当なカフェに入ってまずは喉を潤す。
      何故かチェコのビールを注文。2.7ユーロ。これがこの日の晩ごはん。
      オーストリアより若干安くなったような気がする。

    • 撮影場所の地図

      ブレッド湖の日没。
      ちょうどブレッド城の真後ろに太陽が隠れていきました。

    • ホテル方向へ戻り、明日のリュブリャーナ行きのバスターミナルの場所と、
      時刻表をチェックしにブラブラ散歩。途中白猫ちゃんと遭遇。

    • 撮影場所の地図

      ホテルから数分の所にバスターミナルの建物発見。

    • 撮影場所の地図

      ネットの時刻表に頼って過去に裏切られた事があるので、
      目で確認しないと気が済まない性格になってしまいました。
      特にこの時期、夏ダイヤに変わる可能性もあり注意深くなる。

    • 日没後の空色。
      一番不安に思っていたハルシュタットからの移動も難なくクリア。
      過去に何度も出遭った欧州のストライキとも今回は遭遇せず、
      雨女の私が晴天に見舞われる奇跡。運が回って来たのか?

    • ヘロヘロになって宿へ戻って来る。
      古い建物ですが、鍵はピッとするとドアが開きます。
      古い建物の鍵の開け閉めでよく苦労するんで、文明の利器に感謝。

      旅行4日目終了。ブレッド編へと続く。

    その他の都市人気旅行記ランキング2位(84件中)

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。問題のある投稿を連絡する

    この旅行で利用したホテル

    その他の都市 ホテル

    この旅行で行った観光スポット

    その他の都市 観光スポットランキング

    この旅行で利用した交通施設

    その他の都市 交通施設ランキング

    出発前のあなた!ネットの準備は大丈夫?

    オーストリア旅行前にWi-Fiルーターのレンタルはお済みですか?「フォートラベル GLOBAL WiFi」なら920円/日~の定額料金で、さらにマイルに交換できるポイントもたまります!

    Wi-Fiについてもっと見る

    フォートラベル GLOBAL WiFi

    内容が近い旅行記

    このエリアの旅行記一覧へ

    このエリアのホテル

    その他の都市 ホテル一覧へ

    kayoさん

    kayoさん 写真

    海外33カ国渡航

    国内15都道府県訪問

    写真 | QA掲示板 | 行ってきます | 掲示板 | コミュニティ | 行きたい

    この旅行記の地図

    拡大する


    ピックアップ特集

    閉じる