グヌン・ムル国立公園周辺旅行記(ブログ) 一覧に戻る
初めてのボルネオ島は夫と、グヌン・ムル国立公園で熱帯雨林を探訪する一週間。乗り継ぎのため、前後にクチンとコタキナバルに一泊ずつしました。この旅行記はグヌン・ムル国立公園滞在の1-2日目で、ディアケイブ、ラングケイブ、ウィンドケイブ、クリアウォーターケイブの各種洞窟の見学です。<br /><br />12/1 :羽田夜発<br />12/2 :KL→クチン移動<br />12/3 :クチン→ムル移動<br />12/4-7 :グヌン・ムル国立公園 滞在<br />12/8 :ムル→コタキナバル移動<br />12/9 :コタキナバル→マニラにて乗り継ぎ、機中泊<br />12/10:マニラ→成田着<br />

ボルネオ島8日間② (グヌン・ムル国立公園滞在編)

0いいね!

2023/12/03 - 2023/12/04

44位(同エリア43件中)

旅行記グループ ボルネオ島

0

25

yuu

yuuさん

この旅行記のスケジュール

この旅行記スケジュールを元に

初めてのボルネオ島は夫と、グヌン・ムル国立公園で熱帯雨林を探訪する一週間。乗り継ぎのため、前後にクチンとコタキナバルに一泊ずつしました。この旅行記はグヌン・ムル国立公園滞在の1-2日目で、ディアケイブ、ラングケイブ、ウィンドケイブ、クリアウォーターケイブの各種洞窟の見学です。

12/1 :羽田夜発
12/2 :KL→クチン移動
12/3 :クチン→ムル移動
12/4-7 :グヌン・ムル国立公園 滞在
12/8 :ムル→コタキナバル移動
12/9 :コタキナバル→マニラにて乗り継ぎ、機中泊
12/10:マニラ→成田着

  • クチンからムルまではプロペラ機で向かう。新鮮でワクワク。

    クチンからムルまではプロペラ機で向かう。新鮮でワクワク。

    クチン国際空港 (KCH) 空港

  • 二時間弱の国内線なのに、朝食の温かいミールが出た。ヌードルとのチョイスでオムレツを選んだら、ふわふわで美味しかった。

    二時間弱の国内線なのに、朝食の温かいミールが出た。ヌードルとのチョイスでオムレツを選んだら、ふわふわで美味しかった。

  • 上空からは熱帯雨林と大きな河川を堪能できて楽しかった。ムル空港に到着。

    上空からは熱帯雨林と大きな河川を堪能できて楽しかった。ムル空港に到着。

    ムル空港 (MZV) 空港

  • 宿までは1キロぐらいだけど、ものすごく暑かったのでタクシー5RM(一人当たり)で車で送ってもらい、今宵の宿のAA Homestay に到着。入口の橋が風情があっていい。

    宿までは1キロぐらいだけど、ものすごく暑かったのでタクシー5RM(一人当たり)で車で送ってもらい、今宵の宿のAA Homestay に到着。入口の橋が風情があっていい。

  • 共有スペースは広々としていて、ゆったりできて気に入った。壁際には自由に使えるお湯がポットに。滞在中は、ここでのんびりする時間が結構多かった。

    共有スペースは広々としていて、ゆったりできて気に入った。壁際には自由に使えるお湯がポットに。滞在中は、ここでのんびりする時間が結構多かった。

  • 宿から400Mぐらいで国立公園へ行けるので、滞在先としてはとても便利。

    宿から400Mぐらいで国立公園へ行けるので、滞在先としてはとても便利。

    グヌン ムル国立公園 国立公園

  • この橋、YouTube で見ていて渡るのが楽しみだった。雰囲気抜群。

    この橋、YouTube で見ていて渡るのが楽しみだった。雰囲気抜群。

  • 機内食が軽く出たので、ランチは軽食からロティを選択。カレーはインスタントっぽくて、味にややパンチがなかった。でもロティはサクサクしていて美味しかった(11RM)。紙パックの豆乳が飲みやすい味で気に入った(4RM)。

    機内食が軽く出たので、ランチは軽食からロティを選択。カレーはインスタントっぽくて、味にややパンチがなかった。でもロティはサクサクしていて美味しかった(11RM)。紙パックの豆乳が飲みやすい味で気に入った(4RM)。

    ムル カフェ カフェ

  • 国立公園の本部でさっそく14時半からのラングケイブ、ディアケイブへ行くツアーを申し込んだので出発。洞窟の入り口まで約3kmは木道が敷いてあるので快適に歩ける。でも、日没後の帰りは薄暗くて一人だったらかなり怖いと思う。ライト必須。裾がものすごく広がっている木。歩きながら、ムカデやナナフシをさっそくガイドの方に教えてもらう。

    国立公園の本部でさっそく14時半からのラングケイブ、ディアケイブへ行くツアーを申し込んだので出発。洞窟の入り口まで約3kmは木道が敷いてあるので快適に歩ける。でも、日没後の帰りは薄暗くて一人だったらかなり怖いと思う。ライト必須。裾がものすごく広がっている木。歩きながら、ムカデやナナフシをさっそくガイドの方に教えてもらう。

    グヌンムル国立公園 ヘッドクォーターズ 建造物

  • まずはラングケイブから。やや小さめの洞窟なので、鍾乳洞をまじかで観察が出来て見ごたえがある。美しい。

    まずはラングケイブから。やや小さめの洞窟なので、鍾乳洞をまじかで観察が出来て見ごたえがある。美しい。

    ラング洞窟 洞穴・鍾乳洞

  • 足元があかりで照らされているので、歩きやすい。

    足元があかりで照らされているので、歩きやすい。

  • 続いてディアケイブへ。入口は100M以上あるそうで、見えた途端に圧倒される大きさだった。写真には到底おさまらないので、ぜひ生で見て欲しい大迫力。数万匹のコウモリが住んでいるそうで、地面は暗くてみえないけれど大量の糞に覆われているところを歩いているらしい。

    続いてディアケイブへ。入口は100M以上あるそうで、見えた途端に圧倒される大きさだった。写真には到底おさまらないので、ぜひ生で見て欲しい大迫力。数万匹のコウモリが住んでいるそうで、地面は暗くてみえないけれど大量の糞に覆われているところを歩いているらしい。

    ディアケイブ 洞穴・鍾乳洞

  • ディアケイブの見学を終えると、名物のコウモリの大群が洞窟から飛び立つのを待つ。30分も待たずにうちに見ることができたので、早々に宿に引き上げる。多くの観光客は粘ってしばらく眺めているようだった。帰り道、ライトを照らしながら歩いていると、カエル4匹ぐらいと遭遇。ナイトウォークを楽しんだ。<br />

    ディアケイブの見学を終えると、名物のコウモリの大群が洞窟から飛び立つのを待つ。30分も待たずにうちに見ることができたので、早々に宿に引き上げる。多くの観光客は粘ってしばらく眺めているようだった。帰り道、ライトを照らしながら歩いていると、カエル4匹ぐらいと遭遇。ナイトウォークを楽しんだ。

  • AA Homestay は食事の注文が可能。メニューは限られるけれど、オフシーズンなのでここか、国立公園内しか近隣では食べるところがないため、とても助かった。しかも安い。

    AA Homestay は食事の注文が可能。メニューは限られるけれど、オフシーズンなのでここか、国立公園内しか近隣では食べるところがないため、とても助かった。しかも安い。

  • 洞窟見学はけっこう歩くのでお腹ぺこぺこ。宿でミーゴレン、ライスにfern というゼンマイのような野菜炒め、目玉焼き、フライドチキンを注文。ローカルな野菜の炒め物は安定的に美味しい。宿はニワトリが放し飼いなので、卵が余計美味しく感じる。部屋着のままで、公園に戻らなくても食べられるのはありがたい。

    洞窟見学はけっこう歩くのでお腹ぺこぺこ。宿でミーゴレン、ライスにfern というゼンマイのような野菜炒め、目玉焼き、フライドチキンを注文。ローカルな野菜の炒め物は安定的に美味しい。宿はニワトリが放し飼いなので、卵が余計美味しく感じる。部屋着のままで、公園に戻らなくても食べられるのはありがたい。

  • 翌朝8時頃、国立公園のカフェで軽めにトーストサンドイッチをライチジュースと注文。15RM。

    翌朝8時頃、国立公園のカフェで軽めにトーストサンドイッチをライチジュースと注文。15RM。

    ムル カフェ カフェ

  • 連れは朝からがっつり、魚と茄子のフライのご飯盛り合わせ。サンバルがご飯に合ってふりかけみたいで美味しい。

    連れは朝からがっつり、魚と茄子のフライのご飯盛り合わせ。サンバルがご飯に合ってふりかけみたいで美味しい。

  • この日はピナクル登山のために午後はキャンプ5へ移動だが、その前に午前は洞窟のツアー。ボートの移動がグヌンムルでの楽しみの一つだった。風をきって木の下を進んでいくのがアトラクションみたいで、気持ちがいい!!

    この日はピナクル登山のために午後はキャンプ5へ移動だが、その前に午前は洞窟のツアー。ボートの移動がグヌンムルでの楽しみの一つだった。風をきって木の下を進んでいくのがアトラクションみたいで、気持ちがいい!!

  • まずは村の方の手作り品が販売されるマーケットへ。工芸品は買わなかったが、村民の手作りの吹き矢で遊ばせてもらう。思いのほか楽しかったのでお勧め(1RMで矢2つ)。

    まずは村の方の手作り品が販売されるマーケットへ。工芸品は買わなかったが、村民の手作りの吹き矢で遊ばせてもらう。思いのほか楽しかったのでお勧め(1RMで矢2つ)。

  • 花がきれいに咲いていて、村の雰囲気が少しでも味わえるのは貴重。現在は雨季だけれど、夕方にスコールがあるだけで日中は毎日晴れていた。

    花がきれいに咲いていて、村の雰囲気が少しでも味わえるのは貴重。現在は雨季だけれど、夕方にスコールがあるだけで日中は毎日晴れていた。

  • ボートでさらに川をさかのぼって、ウインドケイブを見学。ここは昨日と異なって、洞窟へのアプローチも内部も、けっこうアップダウンがある。名前の通り、風が吹き抜ける場所がある。こじんまりとしているが、鍾乳石を近くで観察ができるのが良い。

    ボートでさらに川をさかのぼって、ウインドケイブを見学。ここは昨日と異なって、洞窟へのアプローチも内部も、けっこうアップダウンがある。名前の通り、風が吹き抜ける場所がある。こじんまりとしているが、鍾乳石を近くで観察ができるのが良い。

    ケーブ オブ ザ ウインド 洞穴・鍾乳洞

  • ボートでさらに移動して、クリアウォーターケイブへ。入口へ行く前に広い休憩スペースがある。この下の川は透明度があって泳げるので、水着を乾かす人、休む人などちらほらいた。

    ボートでさらに移動して、クリアウォーターケイブへ。入口へ行く前に広い休憩スペースがある。この下の川は透明度があって泳げるので、水着を乾かす人、休む人などちらほらいた。

    クリアウォーターケイブ 洞穴・鍾乳洞

  • どの洞窟も、このように崩落してできた空洞があった。光が差すときれい。

    どの洞窟も、このように崩落してできた空洞があった。光が差すときれい。

  • クリアウォーターケイブは入口へも長い階段を上るし、ウインドケイブ以上にアップダウンがあって、落差を楽しめるので冒険している感が一番ある洞窟だった。昨日訪問した洞窟ともあわせて、ここが個人的には一番好きかも。

    クリアウォーターケイブは入口へも長い階段を上るし、ウインドケイブ以上にアップダウンがあって、落差を楽しめるので冒険している感が一番ある洞窟だった。昨日訪問した洞窟ともあわせて、ここが個人的には一番好きかも。

  • 長い階段を下りてきて見学終了。どの洞窟も、それぞれ良さが違うので全部まわる価値があると思った。他のツアー客はここで水泳を楽しみ、私たちは別のボートに乗り込んで川をさかのぼり、ピナクルズへのトレッキングへ向かった。

    長い階段を下りてきて見学終了。どの洞窟も、それぞれ良さが違うので全部まわる価値があると思った。他のツアー客はここで水泳を楽しみ、私たちは別のボートに乗り込んで川をさかのぼり、ピナクルズへのトレッキングへ向かった。

0いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

コメントを投稿する前に

十分に確認の上、ご投稿ください。 コメントの内容は攻撃的ではなく、相手の気持ちに寄り添ったものになっていますか?

サイト共通ガイドライン(利用上のお願い)

報道機関・マスメディアの方へ 画像提供などに関するお問い合わせは、専用のお問い合わせフォームからお願いいたします。

この旅行で行ったスポット

この旅行で行ったグルメ・レストラン

旅の計画・記録

マイルに交換できるフォートラベルポイントが貯まる
フォートラベルポイントって?

マレーシアで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
マレーシア最安 63円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

マレーシアの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

タグから海外旅行記(ブログ)を探す

この旅行記の地図

拡大する

PAGE TOP