シンガポール旅行記(ブログ) 一覧に戻る
アラ還暦熟年夫婦の3泊4日のシンガポール旅行記です。今回、家内は往復JALの特典航空券(往路Y、復路C)を利用、私はJGC修行を兼ねて往復JALの有償航空券(往路PY、復路Y→CへマイルでUG)を購入しての渡航となりました。使用したマイルは、家内が往路Y、復路Cの往復で63500マイル、私が復路のY→C UG分として20000マイル、合計83500マイルとなりました。<br />今回の旅の日程は次のとおりです。<br />◆往路:<br />〇2023年11月14日 新千歳 ⇒ 羽田 JL500(Y→J/Y→J)<br />          羽田 ⇒ シンガポール JL037(Y/PY)<br />〇シンガポール3泊(The Capitol Kempinski Hotel Singapore)<br />◆復路:<br />〇2020年11月17日 シンガポール ⇒ 成田 JL712(C/Y→C)<br />          羽田 ⇒ 新千歳 JL529(Y/Y)<br /><br />シンガポールではよいホテルに泊まりたいという家内のリクエストで、シティホール駅間近のケンピンスキーホテルを選択。また、今回も現地駐在の友人と合流、2日目はタンジョンパガールにあるプラナカン料理の店「ブルージンジャー」へ、3日目にはオーチャード通りのパラゴンB1にあるジンジャー・チキンの店「スープレストラン」へ行き、3人でディナーを楽しみました。現地での移動手段は、空港・ホテル間はタクシーを利用、その他の移動にはEZ-Linkカードにチャージして路線バスとMRTを利用しました。<br />これといった特徴のない思い付きの無計画な旅でしたが、日頃のストレスから解放されて、つかの間の気分転換ができました。今回は旅の備忘録として旅行記2編にまとめています。<br />後編には、シンガポール滞在3日目に訪れたセントーサ島のアクアリウムの<br />他、オーチャードロード パラゴンB1の「スープレストラン」、カッページテラスなどの様子を綴り、最後に成田到着から新千歳までの行程も少しだけ載せてみました。この旅行記でも空港や飛行機に関する話題を多く取り上げているので、興味のないカ所はスルーしていただければ幸いです。<br />

JALで行くシンガポール 家内はマイルを活用 私は修行を兼ねた熟年夫婦の2人旅(後編)

21いいね!

2023/11/14 - 2023/11/17

4424位(同エリア14889件中)

 yk-papa

yk-papaさん

この旅行記スケジュールを元に

アラ還暦熟年夫婦の3泊4日のシンガポール旅行記です。今回、家内は往復JALの特典航空券(往路Y、復路C)を利用、私はJGC修行を兼ねて往復JALの有償航空券(往路PY、復路Y→CへマイルでUG)を購入しての渡航となりました。使用したマイルは、家内が往路Y、復路Cの往復で63500マイル、私が復路のY→C UG分として20000マイル、合計83500マイルとなりました。
今回の旅の日程は次のとおりです。
◆往路:
〇2023年11月14日 新千歳 ⇒ 羽田 JL500(Y→J/Y→J)
          羽田 ⇒ シンガポール JL037(Y/PY)
〇シンガポール3泊(The Capitol Kempinski Hotel Singapore)
◆復路:
〇2020年11月17日 シンガポール ⇒ 成田 JL712(C/Y→C)
          羽田 ⇒ 新千歳 JL529(Y/Y)

シンガポールではよいホテルに泊まりたいという家内のリクエストで、シティホール駅間近のケンピンスキーホテルを選択。また、今回も現地駐在の友人と合流、2日目はタンジョンパガールにあるプラナカン料理の店「ブルージンジャー」へ、3日目にはオーチャード通りのパラゴンB1にあるジンジャー・チキンの店「スープレストラン」へ行き、3人でディナーを楽しみました。現地での移動手段は、空港・ホテル間はタクシーを利用、その他の移動にはEZ-Linkカードにチャージして路線バスとMRTを利用しました。
これといった特徴のない思い付きの無計画な旅でしたが、日頃のストレスから解放されて、つかの間の気分転換ができました。今回は旅の備忘録として旅行記2編にまとめています。
後編には、シンガポール滞在3日目に訪れたセントーサ島のアクアリウムの
他、オーチャードロード パラゴンB1の「スープレストラン」、カッページテラスなどの様子を綴り、最後に成田到着から新千歳までの行程も少しだけ載せてみました。この旅行記でも空港や飛行機に関する話題を多く取り上げているので、興味のないカ所はスルーしていただければ幸いです。

旅行の満足度
5.0
観光
4.5
ホテル
5.0
グルメ
4.5
ショッピング
4.0
交通
5.0
同行者
カップル・夫婦(シニア)
一人あたり費用
30万円 - 50万円
交通手段
鉄道 タクシー 徒歩 飛行機
航空会社
JAL
旅行の手配内容
個別手配

PR

  • <3日目;11月16日><br />滞在3日目も2日目と同じく7時に起床。身支度を整えて、8時頃に1Fの朝食レストラン ”15 Stamford Restaurant” へ降りてきた。この日は、スーツ姿のビジネスパースンが多かったのでスタッフに聞くと、レストラン内の奥の一室でビジネス朝食会が開かれているとのことだった。確かにこのホテルは、ビジネスユースの宿泊客が多い印象だ。

    <3日目;11月16日>
    滞在3日目も2日目と同じく7時に起床。身支度を整えて、8時頃に1Fの朝食レストラン ”15 Stamford Restaurant” へ降りてきた。この日は、スーツ姿のビジネスパースンが多かったのでスタッフに聞くと、レストラン内の奥の一室でビジネス朝食会が開かれているとのことだった。確かにこのホテルは、ビジネスユースの宿泊客が多い印象だ。

    ザ キャピトル ケンピンスキー ホテル シンガポール ホテル

  • 中華(点心)のコーナーからも少しいただいてみた。このお皿の左端に見える白いお餅のようなものはシュイ クエ(Shui Kueh 水粿)。米粉と小麦でんぷん粉を混ぜて、型に入れて蒸した白いライスケーキに「チャイポー」と呼ばれる大根の漬け物を載せていただく。餅より滑らかで、むしろ寒天に近い食感だ。ホーカーに行くと、このシュイ クエを売りにしている店を見かけることもある。

    中華(点心)のコーナーからも少しいただいてみた。このお皿の左端に見える白いお餅のようなものはシュイ クエ(Shui Kueh 水粿)。米粉と小麦でんぷん粉を混ぜて、型に入れて蒸した白いライスケーキに「チャイポー」と呼ばれる大根の漬け物を載せていただく。餅より滑らかで、むしろ寒天に近い食感だ。ホーカーに行くと、このシュイ クエを売りにしている店を見かけることもある。

  • フルーツ盛り合わせ、イチゴはヘタ付きで盛られていた。

    フルーツ盛り合わせ、イチゴはヘタ付きで盛られていた。

  • 朝食を終えて部屋で一休みしてから、MRTのシティホール駅に向かう。この駅とお隣のラッフルズプレイス駅は、東京メトロの赤坂見附と同じくプラットホームが2階建てになっていて異なる2線が対面している。写真の左側には赤の北南線、右側には緑の東西線の電車が乗り入れていて、スムーズな乗り換えが可能になっている。

    朝食を終えて部屋で一休みしてから、MRTのシティホール駅に向かう。この駅とお隣のラッフルズプレイス駅は、東京メトロの赤坂見附と同じくプラットホームが2階建てになっていて異なる2線が対面している。写真の左側には赤の北南線、右側には緑の東西線の電車が乗り入れていて、スムーズな乗り換えが可能になっている。

    シティホール駅

  • 北南線の電車が入ってきた。この時間は、まだ空いているようだ。

    北南線の電車が入ってきた。この時間は、まだ空いているようだ。

  • こちらは東西線の車内。ご覧のように、この時期、駅や車内でマスクを使用している乗客はそれほど多くはない。昨年12月に来たときは、まだ公共交通でのマスク着用が義務づけられていて、乗客は全員マスクを付けていたが、あれからほぼ1年が経過して状況はよい方向に変わったようだ。

    こちらは東西線の車内。ご覧のように、この時期、駅や車内でマスクを使用している乗客はそれほど多くはない。昨年12月に来たときは、まだ公共交通でのマスク着用が義務づけられていて、乗客は全員マスクを付けていたが、あれからほぼ1年が経過して状況はよい方向に変わったようだ。

  • アウトラムパーク駅<br />ここで紫の北東線の電車に乗り換えて、ハーバーフロント駅へ向かう。シンガポールのMRTはインフォメーションボードがわかりやすく整備されていて、乗り換えに迷う心配はまったくない。

    アウトラムパーク駅
    ここで紫の北東線の電車に乗り換えて、ハーバーフロント駅へ向かう。シンガポールのMRTはインフォメーションボードがわかりやすく整備されていて、乗り換えに迷う心配はまったくない。

    アウトラム パーク駅

  • 隣のハーバーフロント駅で降車後、モノレールに乗り換えてセントーサ島へ。島への入場料はモノレール代金込みで1人4SGDだった。<br />モノレールを降りて、ユニバーサルスタジオの前までやってきた。今回、ここは通過して、お目当てのシー・アクアリウムへ向かう。

    隣のハーバーフロント駅で降車後、モノレールに乗り換えてセントーサ島へ。島への入場料はモノレール代金込みで1人4SGDだった。
    モノレールを降りて、ユニバーサルスタジオの前までやってきた。今回、ここは通過して、お目当てのシー・アクアリウムへ向かう。

    ユニバーサル スタジオ シンガポール テーマパーク・動物園・水族館・植物園

  • エントランスを入ると、まず透明の水槽ドームを進む。皆、早速周囲を泳ぐ魚たちを撮影している。

    エントランスを入ると、まず透明の水槽ドームを進む。皆、早速周囲を泳ぐ魚たちを撮影している。

  • シー・アクラリウムの入場料は1人43SGD、水槽ドームを通過して中に入ると円筒形の水槽が見えてきた。

    シー・アクラリウムの入場料は1人43SGD、水槽ドームを通過して中に入ると円筒形の水槽が見えてきた。

    シーアクアリウム テーマパーク・動物園・水族館・植物園

  • 奥へと進んで、こちらはメインの巨大水槽。幅36m、高さ8.3m、厚さ70㎝のアクリルパネルでつくられたこの水槽は世界最大級とのこと。地元の女子高校生たちが巨大水槽を背景に皆でポーズをとっている。

    奥へと進んで、こちらはメインの巨大水槽。幅36m、高さ8.3m、厚さ70㎝のアクリルパネルでつくられたこの水槽は世界最大級とのこと。地元の女子高校生たちが巨大水槽を背景に皆でポーズをとっている。

  • ゆったりと優雅に泳ぐマンタレイ。巨大水槽は迫力満点だ!

    ゆったりと優雅に泳ぐマンタレイ。巨大水槽は迫力満点だ!

  • こちらは大きなサメだ!

    こちらは大きなサメだ!

  • 沈没船の漁礁に見立てた展示水槽。

    沈没船の漁礁に見立てた展示水槽。

  • 砂底には食器や道具類などが散らばっていて、沈没船の雰囲気をうまく再現している。

    砂底には食器や道具類などが散らばっていて、沈没船の雰囲気をうまく再現している。

  • 水槽ドームを戻って別の展示コーナーへ

    水槽ドームを戻って別の展示コーナーへ

  • 海を守るためには森林を守ることが重要であることを示す展示

    海を守るためには森林を守ることが重要であることを示す展示

  • SDGsも意識して工夫を凝らした展示が続く。以前来たときには、シンガポールの発展と交易の歴史を記した展示コーナーがあったのだが、展示内容は定期的に変えているようだ。

    SDGsも意識して工夫を凝らした展示が続く。以前来たときには、シンガポールの発展と交易の歴史を記した展示コーナーがあったのだが、展示内容は定期的に変えているようだ。

  • シー・アクアリウムの見学を終えて外に出てきた。こちらは食のコーナー、中華やマレーシア料理の屋台街が軒を連ねている。

    シー・アクアリウムの見学を終えて外に出てきた。こちらは食のコーナー、中華やマレーシア料理の屋台街が軒を連ねている。

  • マレーシア料理の方の棟に入ってみた。

    マレーシア料理の方の棟に入ってみた。

    マレーシアン フードストリート アジア料理

  • ちょうどお昼時なので、どの店も結構な賑わいだった。

    ちょうどお昼時なので、どの店も結構な賑わいだった。

  • 再びモノレールに乗って、ハーバーフロントへ。

    再びモノレールに乗って、ハーバーフロントへ。

  • 車窓からシンガポール港の荷役設備と、積み出しに備えた大量のコンテナ群が間近に見える。

    車窓からシンガポール港の荷役設備と、積み出しに備えた大量のコンテナ群が間近に見える。

  • さすがは東南アジア随一の規模を誇るシンガポール港、荷役設備群の数と規模の大きさに驚かされる。

    さすがは東南アジア随一の規模を誇るシンガポール港、荷役設備群の数と規模の大きさに驚かされる。

  • 再びMRTを乗り継いで一度ホテルに戻り、一休みしてから再び付近の散策へ。

    再びMRTを乗り継いで一度ホテルに戻り、一休みしてから再び付近の散策へ。

  • ケンピンスキーホテルの間近にある有名なラッフルズホテルを観にやってきた。できれば泊まってみたいとも思ったのだが、ケンピンスキーホテルの3倍近い価格とわかり、断念することに。

    ケンピンスキーホテルの間近にある有名なラッフルズホテルを観にやってきた。できれば泊まってみたいとも思ったのだが、ケンピンスキーホテルの3倍近い価格とわかり、断念することに。

    ラッフルズ ホテル アーケード 専門店

  • 外来者が入ることができるエリアを少々見学<br />本当はホテルのバーで、元祖シンガポールスリングを味わってみたかったのだが、次回渡航時の宿題としておいた。

    外来者が入ることができるエリアを少々見学
    本当はホテルのバーで、元祖シンガポールスリングを味わってみたかったのだが、次回渡航時の宿題としておいた。

  • ホテルの外へ出て、周囲を眺めながらラッフルズホテルの正面にやってきた。建物がシンガポールの歴史的建造物に指定されているだけあって、白亜のホテル正面は重厚な構えだ。車寄せには黒塗りの高級車が並んでいる。

    ホテルの外へ出て、周囲を眺めながらラッフルズホテルの正面にやってきた。建物がシンガポールの歴史的建造物に指定されているだけあって、白亜のホテル正面は重厚な構えだ。車寄せには黒塗りの高級車が並んでいる。

    ラッフルズ ホテル シンガポール ホテル

  • さて、滞在最終日の夕食は、シンガポール駐在の友人お薦めの店、オーチャード通りのパラゴンB1にある「スープレストラン(三盅两件)」にやってきた。このお店はシンガポールの人気店で、レストラン、茶屋、カフェをあわせると15店舗にもなるそうだ。

    さて、滞在最終日の夕食は、シンガポール駐在の友人お薦めの店、オーチャード通りのパラゴンB1にある「スープレストラン(三盅两件)」にやってきた。このお店はシンガポールの人気店で、レストラン、茶屋、カフェをあわせると15店舗にもなるそうだ。

    パラゴン ショッピングセンター

  • このレストランの看板メニューが「ジンジャーチキン」、地元でも大人気なのだそうだ。この店オリジナルのジンジャー(おろし生姜調味料)を瓶詰にした「姜」は、シンガポールならどこのスーパーでも売られていてる。このお店の前にも陳列してあった。(写真の3本の中央)わが家では、シンガポール渡航のたびにいくつか買ってきて、毎朝、小松菜やチンゲン菜を炒め、この「姜」を絡めていただいている。本当に癖になる味だと思う。

    このレストランの看板メニューが「ジンジャーチキン」、地元でも大人気なのだそうだ。この店オリジナルのジンジャー(おろし生姜調味料)を瓶詰にした「姜」は、シンガポールならどこのスーパーでも売られていてる。このお店の前にも陳列してあった。(写真の3本の中央)わが家では、シンガポール渡航のたびにいくつか買ってきて、毎朝、小松菜やチンゲン菜を炒め、この「姜」を絡めていただいている。本当に癖になる味だと思う。

    三盃雨件 スープ レストラン (パラゴン店) 中華

    看板メニューの「ジンジャー・チキン」にはまります! by yk-papaさん
  • 店内は陶磁器の展示もあり、落ち着いた雰囲気だ。

    店内は陶磁器の展示もあり、落ち着いた雰囲気だ。

  • 予約したのは開店から間もない時間(17時30分)だったので、まだお店は空いていた。

    予約したのは開店から間もない時間(17時30分)だったので、まだお店は空いていた。

  • まずは、タイガービールとノンアルドリンクで乾杯

    まずは、タイガービールとノンアルドリンクで乾杯

  • 今回は定番のコースメニューを注文、3人でシェアしていただくことにした。<br />まず最初にジンジャーチキンが運ばれてきた。チキンの中央の器に盛りつけられているのが、店の前に陳列されていた「姜」なのだそう。チキンにこの生姜をつけていただく。

    今回は定番のコースメニューを注文、3人でシェアしていただくことにした。
    まず最初にジンジャーチキンが運ばれてきた。チキンの中央の器に盛りつけられているのが、店の前に陳列されていた「姜」なのだそう。チキンにこの生姜をつけていただく。

  • チキンに生姜を載せるとこんな感じに。この生姜がチキン(蒸したモモ肉)の味を絶妙に引き立ててくれる! 本当に美味しかった!

    チキンに生姜を載せるとこんな感じに。この生姜がチキン(蒸したモモ肉)の味を絶妙に引き立ててくれる! 本当に美味しかった!

  • 間もなく、コースの各メニューが運ばれてきた。

    間もなく、コースの各メニューが運ばれてきた。

  • 締めのご飯は、なんとなく日本風な感じがしなくもない。

    締めのご飯は、なんとなく日本風な感じがしなくもない。

  • こちらはデザート<br />中華のお店にしては珍しく、冷たいデザートだった。どの料理も大変美味しくいただいた。満足! 食事が終わってふと気がつくと、店内は満席になっていた。

    こちらはデザート
    中華のお店にしては珍しく、冷たいデザートだった。どの料理も大変美味しくいただいた。満足! 食事が終わってふと気がつくと、店内は満席になっていた。

  • ディナー終了後、まだ時間に余裕があったので、たくさんの飲食店が軒を連ねるカッページテラスへやってきた。

    ディナー終了後、まだ時間に余裕があったので、たくさんの飲食店が軒を連ねるカッページテラスへやってきた。

  • 新型コロナの流行がすっかり落ち着き、テラス内のテーブル席は職場帰りのビジネスマンで賑わっていた。

    新型コロナの流行がすっかり落ち着き、テラス内のテーブル席は職場帰りのビジネスマンで賑わっていた。

    カッページテラス 露店・屋台

  • カッページテラス入口付近のスポーツバーで、軽くカクテルをいただくことにした。

    カッページテラス入口付近のスポーツバーで、軽くカクテルをいただくことにした。

  • それぞれお気に入りのカクテルを注文、私は定番のシンガポールスリングをいただいた。

    それぞれお気に入りのカクテルを注文、私は定番のシンガポールスリングをいただいた。

  • シンガポール滞在最終日の夜に乾杯! 冷たいカクテルに話もはずみ、つかの間の楽しいひとときとなった。

    シンガポール滞在最終日の夜に乾杯! 冷たいカクテルに話もはずみ、つかの間の楽しいひとときとなった。

  • 3人で楽しく飲んで話した後は、友人は徒歩で自宅へ、私たちはホテルまでバスで帰ることにした。この路線バスは、ちょうどケンピンスキーホテルの目の前のバス停に停車してくれる。ホテルに戻り、明日早朝の出発に備えて、早寝することに。

    3人で楽しく飲んで話した後は、友人は徒歩で自宅へ、私たちはホテルまでバスで帰ることにした。この路線バスは、ちょうどケンピンスキーホテルの目の前のバス停に停車してくれる。ホテルに戻り、明日早朝の出発に備えて、早寝することに。

  • <4日目;11月17日><br />ホテルを朝5時40分にチェックアウト、ホテルエントランス横の車のオブジェとともにフロントスタッフに写真を撮っていただいた。

    <4日目;11月17日>
    ホテルを朝5時40分にチェックアウト、ホテルエントランス横の車のオブジェとともにフロントスタッフに写真を撮っていただいた。

  • ホテルのコンシェルジュに前日予約していただいておいたタクシーに乗り、朝6時にチャンギ空港第1ターミナルへ到着。現在のシンガポールでは、4時~6時にかけての早朝の時間帯は、Grabではタクシーが捕まらないことが少なくないので要注意だ。

    ホテルのコンシェルジュに前日予約していただいておいたタクシーに乗り、朝6時にチャンギ空港第1ターミナルへ到着。現在のシンガポールでは、4時~6時にかけての早朝の時間帯は、Grabではタクシーが捕まらないことが少なくないので要注意だ。

    シンガポール チャンギ国際空港 (SIN) 空港

  • JALチェックインカウンター <br />この時間、まだ人影はまばらだが、帰りのJL712便もほぼ満席とのこと。ようやくコロナ禍が明けて、人の往来が活発化していることを実感する。

    JALチェックインカウンター 
    この時間、まだ人影はまばらだが、帰りのJL712便もほぼ満席とのこと。ようやくコロナ禍が明けて、人の往来が活発化していることを実感する。

  • チェックインを終え、イミグレも速攻で通過して制限エリアへ進む。まだ時間があるので、早朝から開いているショップを見て回る。お土産用にTWGの紅茶を少々購入した。

    チェックインを終え、イミグレも速攻で通過して制限エリアへ進む。まだ時間があるので、早朝から開いているショップを見て回る。お土産用にTWGの紅茶を少々購入した。

    TWG ティー (チャンギ空港ターミナル1店) カフェ

  • まだ朝早いのに、カフェもけっこうな賑わいだ。

    まだ朝早いのに、カフェもけっこうな賑わいだ。

  • 買い物を終えて、JAL指定のMarhaba ラウンジへ入る。

    買い物を終えて、JAL指定のMarhaba ラウンジへ入る。

    Marhaba Lounge (Changi Airport T1) 空港ラウンジ

  • この日の朝食としてカレーを少々いただいた。

    この日の朝食としてカレーを少々いただいた。

  • 搭乗時刻が近づいてきたのでゲートへ向かう。チャンギ空港の保安検査は、各搭乗ゲートごとに行われる形式だ。マレーシアのクアラルンプール空港も同様な形式を採用している。この仕組み、出発便が集中する時間帯でも大行列にならず、効率的なシステムだと思う。

    搭乗時刻が近づいてきたのでゲートへ向かう。チャンギ空港の保安検査は、各搭乗ゲートごとに行われる形式だ。マレーシアのクアラルンプール空港も同様な形式を採用している。この仕組み、出発便が集中する時間帯でも大行列にならず、効率的なシステムだと思う。

  • 出発便のインフォメーションボード<br />8時台には、私たちが搭乗するJL712便の他にも、SQの羽田行きと関西行き、スクートの関西行きが出発するようだ。

    出発便のインフォメーションボード
    8時台には、私たちが搭乗するJL712便の他にも、SQの羽田行きと関西行き、スクートの関西行きが出発するようだ。

  • 成田行きJL712便 Boeing767-300型機

    成田行きJL712便 Boeing767-300型機

  • ビジネスクラスは少々古い SKY SWEETⅡ

    ビジネスクラスは少々古い SKY SWEETⅡ

  • この便は混んでいたが、搭乗が順調に進み、定刻の5分前にドアクローズとなった。

    この便は混んでいたが、搭乗が順調に進み、定刻の5分前にドアクローズとなった。

  • JAL機は順調に上昇を続け、インドシナ半島(ベトナム)の東海上で食事(ブランチ)が始まった。

    JAL機は順調に上昇を続け、インドシナ半島(ベトナム)の東海上で食事(ブランチ)が始まった。

  • 機内食は洋食をチョイス<br />まずは前菜から

    機内食は洋食をチョイス
    まずは前菜から

  • メインはチキンの胸肉、付け合わせの絹さや、ニンジン、ポテトとともに美味しくいただいた。

    メインはチキンの胸肉、付け合わせの絹さや、ニンジン、ポテトとともに美味しくいただいた。

  • 朝からチーズ盛り合わせに赤ワインも少々(笑)<br />今回は、新千歳空港から自宅まで、自家用車を家内が運転してくれるので、ワインもいただけるのは幸いだ。

    朝からチーズ盛り合わせに赤ワインも少々(笑)
    今回は、新千歳空港から自宅まで、自家用車を家内が運転してくれるので、ワインもいただけるのは幸いだ。

  • デザートとホットコーヒー

    デザートとホットコーヒー

  • JAL機は順調に飛行を続け、フィリピン上空にさしかかる。<br />

    JAL機は順調に飛行を続け、フィリピン上空にさしかかる。

  • ここで、シンガポールのチョコレートアイスクリームと、

    ここで、シンガポールのチョコレートアイスクリームと、

  • フルーツ盛り合わせを少々いただいた。

    フルーツ盛り合わせを少々いただいた。

  • ところで、この日のフライトでは私の席のモニター画面の調子が悪く、離陸直後から不具合が続いていた。チーフが何度か再起動を試みてくれて、一時的に機能が回復したりするのだが、すぐにまた不具合が発生。結局、成田到着まで、多くの時間モニター画面を使うことができなかった。ギャレーの操作パネルに私の席のエラー表示が出続けているとのこと。チーフが席まで何度もお詫びに来られるので「本も持参しているので、大したことないですよ。」と答えておいたところ、成田到着の前にチーフが席に来られ、モニター画面不具合のお詫びとして、A359のモデルプレーンと7500マイルをいただいた。正直なところ、7500マイルもいただけるなら、毎回モニター不具合でもよいと思う。(笑)

    ところで、この日のフライトでは私の席のモニター画面の調子が悪く、離陸直後から不具合が続いていた。チーフが何度か再起動を試みてくれて、一時的に機能が回復したりするのだが、すぐにまた不具合が発生。結局、成田到着まで、多くの時間モニター画面を使うことができなかった。ギャレーの操作パネルに私の席のエラー表示が出続けているとのこと。チーフが席まで何度もお詫びに来られるので「本も持参しているので、大したことないですよ。」と答えておいたところ、成田到着の前にチーフが席に来られ、モニター画面不具合のお詫びとして、A359のモデルプレーンと7500マイルをいただいた。正直なところ、7500マイルもいただけるなら、毎回モニター不具合でもよいと思う。(笑)

  • ほぼ定刻の16:00に成田空港へ到着<br />2タミ本館の駐機場にJALのBoeing787型機が4機並んで駐機している。帰国したことを実感させられる壮観な景色だ。

    ほぼ定刻の16:00に成田空港へ到着
    2タミ本館の駐機場にJALのBoeing787型機が4機並んで駐機している。帰国したことを実感させられる壮観な景色だ。

  • 事前に税関申告内容を Visit Japan に登録してQRコードを取得しておいたので、入国と税関検査もスピーディに通過できた。スーツケースを転がしながら、成田から羽田へとバスで移動する。新千歳行きのJAL529便のチェックインを済ませて、羽田1タミ北ウイングの端の2Fにあるそばの店「一乃井」で天ざるをいただいた。このお店、羽田空港のそば屋としては価格がとてもリーズナブル。しかも店内のそば打ち機で打った自家製麺を出しているので、いつも新鮮なそばを美味しくいただける知る人ぞ知る穴場店だ!

    事前に税関申告内容を Visit Japan に登録してQRコードを取得しておいたので、入国と税関検査もスピーディに通過できた。スーツケースを転がしながら、成田から羽田へとバスで移動する。新千歳行きのJAL529便のチェックインを済ませて、羽田1タミ北ウイングの端の2Fにあるそばの店「一乃井」で天ざるをいただいた。このお店、羽田空港のそば屋としては価格がとてもリーズナブル。しかも店内のそば打ち機で打った自家製麺を出しているので、いつも新鮮なそばを美味しくいただける知る人ぞ知る穴場店だ!

  • この日は、新千歳行きの各便に遅延が発生。私たちが乗る予定だったJAL529便は、機材繰りの都合により1時間半のディレイと表示されていた。結局、定刻から2時間遅れて羽田出発となったため、到着が新千歳からの最終電車に間に合わず、札幌市内行きのチャーターバスが用意されていた。バスに乗り切れなかった場合は、領収書と引き換えに、15000円を上限として、後日タクシーやホテル代を支払う対応をするとのこと。私たちは自家用車で空港に来ていたので、移動には特に問題はなかったが、公共交通利用の方は皆さん、はらはらされていたと思う。ただ、こうしたイレギュラー発生時でも、JALやANAなら、何らかの対応策を用意してくれるのがよいところ。<br /><br />長文を最後までお読みいただき、ありがとうございました。<br />

    この日は、新千歳行きの各便に遅延が発生。私たちが乗る予定だったJAL529便は、機材繰りの都合により1時間半のディレイと表示されていた。結局、定刻から2時間遅れて羽田出発となったため、到着が新千歳からの最終電車に間に合わず、札幌市内行きのチャーターバスが用意されていた。バスに乗り切れなかった場合は、領収書と引き換えに、15000円を上限として、後日タクシーやホテル代を支払う対応をするとのこと。私たちは自家用車で空港に来ていたので、移動には特に問題はなかったが、公共交通利用の方は皆さん、はらはらされていたと思う。ただ、こうしたイレギュラー発生時でも、JALやANAなら、何らかの対応策を用意してくれるのがよいところ。

    長文を最後までお読みいただき、ありがとうございました。

21いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

コメントを投稿する前に

十分に確認の上、ご投稿ください。 コメントの内容は攻撃的ではなく、相手の気持ちに寄り添ったものになっていますか?

サイト共通ガイドライン(利用上のお願い)

報道機関・マスメディアの方へ 画像提供などに関するお問い合わせは、専用のお問い合わせフォームからお願いいたします。

この旅行で行ったスポット

この旅行で行ったグルメ・レストラン

旅の計画・記録

マイルに交換できるフォートラベルポイントが貯まる
フォートラベルポイントって?

シンガポールで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
シンガポール最安 88円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

シンガポールの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

タグから海外旅行記(ブログ)を探す

この旅行記の地図

拡大する

PAGE TOP