日光旅行記(ブログ) 一覧に戻る
1.タイムライン<br />自宅 8;45発<br />羽生PA 11;45-12;41<br />日光金谷ホテル 14;23着<br />日光東照宮<br />日光金谷ホテル 16;14着<br />日光金谷ホテル内ツアー17:00<br />夕食 18;00<br />2.旅の背景<br />老い先短い、年金生活者がすることは旅行ぐらいしかないのである。<br />息子達には十分な教育を与え、息子達には個々に戸建ての住居を残している。<br />すべての収入、財産は使い切って良いと思っている。<br />(1)平均余命<br />私の平均余命は後、10年である。別の言葉で表現すると、10年後に死んでいる確率は50%である。<br />大学の同期会は今年で終了した。多くの友人が亡くなっている。<br />健康年齢も何歳まで続くかわからない。体の方々にガタが来ている。<br />(2)病歴<br />マイナンバーカードで最近3年間の治療歴を見ることができる。病歴と言いたいところであるが病名は書かれてない。我々患者はレセプトを見るしか病名をしることはない。マイナンバーカードによる治療歴ではわからない。<br />仮に、病名が書かれていたとしても、それは単に健康保険の請求のために治療法との整合性をとるために使われているだけにすぎず、正しいとは限らないと言われている。<br />医師から聞いた病名は、ここ3年間で、脊柱管狭窄症、憩室大腸炎、虚血性大腸炎、左肩脱臼、類乾癬(悪化すると菌状骨肉症)、帯状疱疹、頸動脈狭窄症(悪化すると脳梗塞)、ばね指である。<br />ここ3年間ではインフルエンザ、COVID-19等の感染症にはかかったことがない。<br />(3)癌<br />まだ癌の兆候はない。特に今年になって禁煙を始めた。あらゆる癌マーカーが正常の範囲である。<br />(4)ワクチン<br />GSK社製帯状疱疹対応(10年間有効)、インフルエンザ、COVID-19(7回)接種済み<br />各ワクチンの接種後副作用はない。<br />(5)血液検査<br />2か月おきに生活習慣の改善状況と血液をさらさらにする薬などの効果を見るために、血液検査を実施している。<br />その結果、空腹12時間以上経過後、全く異常がない。<br />(6)頸動脈狭窄症に対する治療法<br />運動能力喪失と死に至る病として最も恐れているのは脳梗塞である。内科治療実施中<br />頸動脈狭窄症、プラーク表面に出来た血液の塊が血流に流されて、その先の脳血管が詰まると脳梗塞になる。<br />まず生活習慣の改善を行い、抗血小板剤(血液をサラサラにしてプラーク表面に血栓が付着しにくくする薬剤)や、抗高脂血症剤(コレステロール値を下げて、プラークを安定化させる薬剤)による内科治療を受けている。<br />a 常時身に着けているもの。<br />健康保険証、お薬手帳、最新の内服薬の詳細説明書<br />血液が固まり難い薬剤を服用している。<br />b 車に保管してあるもの。<br />マイナンバーカードによる治療歴<br />c 旅行時持参するもの<br />医師の指示による内服薬全量<br />3.旅の目的と宿の選択<br />(1) プロセスを目的へ<br />旅の目的は通常、通常住んでいるところから移動し、どこかを目的地として、そこで何かを見たり何かを食べたり五感で何かを経験することではないかと思う。<br />ところが最近、私は、どこかへ移動する途中のプロセス、列車、フェリー、航空機等の移動手段での経験、目的地での宿泊ホテルや旅館を目的にして旅をするようになってきている。<br />例えば、今回の旅である。<br />日光東照宮には何度も来たことがある。<br />今更見に行ったとして、何か変わったことがあるわけではない。<br />日光へ来た目的は日光金谷ホテルというクラシックホテルに泊まることである。<br />以前はできるだけ安い旅館、ビジネスホテルに泊まっていたが、老い先短い身には、泊まるところは新たな発見、経験ができるホテルに泊まりたいのである。<br />クラシックホテルに泊まった多くの有名人と同じ部屋に泊まって、同じ空気を吸ってみたいのである。<br />機能性を重視したビジネスホテルではなく、美術品、工芸品としても価値のあるホテルを見て回りたいのである。<br />日本旅館の伝統的なおもてなしの心と日本建築がどうクラシックホテルに生かされているか体験してみたいのである。<br />(2) クラシックホテル<br />a クラシックホテルの会加盟の9ホテル<br />https://jcha.jp/#hotel<br />日光金谷ホテル<br />https://jcha.jp/nikkokanayahotel.php<br />富士屋ホテル<br />https://jcha.jp/fujiyahotel.php<br />万平ホテル<br />https://www.mampei.co.jp/<br />奈良ホテル<br />https://jcha.jp/narahotel.php<br />東京ステーションホテル<br />ホテルニューグランド<br />蒲郡クラシックホテル<br />https://jcha.jp/gamagoriclassichotel.php<br />雲仙観光ホテル<br />https://jcha.jp/unzenkankohotel.php<br />川奈ホテル<br />https://jcha.jp/kawanahotel.php<br />掲載の順は創業の順である。	<br />日本クラシックホテルの会加盟の9ホテル<br />日光金谷ホテル(創業 1873年 栃木県日光市)<br />富士屋ホテル(創業 1878年 神奈川県箱根町)<br />万平ホテル(創業 1894年 長野県軽井沢町)<br />奈良ホテル(創業 1909年 奈良県奈良市)<br />東京ステーションホテル(創業 1915年 東京都千代田区)<br />ホテルニューグランド(開業 1927年 神奈川県横浜市)<br />蒲郡クラシックホテル(開業 1934年 愛知県蒲郡市)<br />雲仙観光ホテル(創業 1935年 長崎県雲仙市)<br />川奈ホテル(開業 1936年 静岡県伊東市<br />b クラシックホテルの会について<br />https://jcha.jp/#jcha<br />西洋文化が日本に伝わる明治の文明開化の時代より、ホテルは人々の生活と深く関わり、都市や地域の発展のために重要な役割を果たしてきました。このホテル文化を日本に導入してきた先人たちの足跡を現代に伝えるクラシックホテルは、昨今、国内外よりさらなる注目を集め、その魅力を放ち続けています。第二次世界大戦以前に建てられ、その建物を維持(改修、復原を含む)、文化財や産業遺産などの認定を受けているなどの条件を満たした9ホテルで結成されたのが、「日本クラシックホテルの会」です。日光金谷ホテル、富士屋ホテル、万平ホテル、奈良ホテル、東京ステーションホテル、ホテルニューグランド、蒲郡クラシックホテル、雲仙観光ホテル、川奈ホテル、以上の9ホテルで日本クラシックホテルの会は構成されています。歴史的建造物、料理、サービスなど、クラシックホテルでの滞在がより一層特別な思い出になりますよう、心を込めてお客様をお迎えしてまいります。<br />c クラシックホテルパスポート<br />https://jcha.jp/#passport<br />

結婚50周年の祝いは日本クラシックホテルの会 日光金谷ホテルで

16いいね!

2023/11/15 - 2023/11/15

1147位(同エリア3254件中)

0

120

kirstiNorge

kirstiNorgeさん

1.タイムライン
自宅 8;45発
羽生PA 11;45-12;41
日光金谷ホテル 14;23着
日光東照宮
日光金谷ホテル 16;14着
日光金谷ホテル内ツアー17:00
夕食 18;00
2.旅の背景
老い先短い、年金生活者がすることは旅行ぐらいしかないのである。
息子達には十分な教育を与え、息子達には個々に戸建ての住居を残している。
すべての収入、財産は使い切って良いと思っている。
(1)平均余命
私の平均余命は後、10年である。別の言葉で表現すると、10年後に死んでいる確率は50%である。
大学の同期会は今年で終了した。多くの友人が亡くなっている。
健康年齢も何歳まで続くかわからない。体の方々にガタが来ている。
(2)病歴
マイナンバーカードで最近3年間の治療歴を見ることができる。病歴と言いたいところであるが病名は書かれてない。我々患者はレセプトを見るしか病名をしることはない。マイナンバーカードによる治療歴ではわからない。
仮に、病名が書かれていたとしても、それは単に健康保険の請求のために治療法との整合性をとるために使われているだけにすぎず、正しいとは限らないと言われている。
医師から聞いた病名は、ここ3年間で、脊柱管狭窄症、憩室大腸炎、虚血性大腸炎、左肩脱臼、類乾癬(悪化すると菌状骨肉症)、帯状疱疹、頸動脈狭窄症(悪化すると脳梗塞)、ばね指である。
ここ3年間ではインフルエンザ、COVID-19等の感染症にはかかったことがない。
(3)癌
まだ癌の兆候はない。特に今年になって禁煙を始めた。あらゆる癌マーカーが正常の範囲である。
(4)ワクチン
GSK社製帯状疱疹対応(10年間有効)、インフルエンザ、COVID-19(7回)接種済み
各ワクチンの接種後副作用はない。
(5)血液検査
2か月おきに生活習慣の改善状況と血液をさらさらにする薬などの効果を見るために、血液検査を実施している。
その結果、空腹12時間以上経過後、全く異常がない。
(6)頸動脈狭窄症に対する治療法
運動能力喪失と死に至る病として最も恐れているのは脳梗塞である。内科治療実施中
頸動脈狭窄症、プラーク表面に出来た血液の塊が血流に流されて、その先の脳血管が詰まると脳梗塞になる。
まず生活習慣の改善を行い、抗血小板剤(血液をサラサラにしてプラーク表面に血栓が付着しにくくする薬剤)や、抗高脂血症剤(コレステロール値を下げて、プラークを安定化させる薬剤)による内科治療を受けている。
a 常時身に着けているもの。
健康保険証、お薬手帳、最新の内服薬の詳細説明書
血液が固まり難い薬剤を服用している。
b 車に保管してあるもの。
マイナンバーカードによる治療歴
c 旅行時持参するもの
医師の指示による内服薬全量
3.旅の目的と宿の選択
(1) プロセスを目的へ
旅の目的は通常、通常住んでいるところから移動し、どこかを目的地として、そこで何かを見たり何かを食べたり五感で何かを経験することではないかと思う。
ところが最近、私は、どこかへ移動する途中のプロセス、列車、フェリー、航空機等の移動手段での経験、目的地での宿泊ホテルや旅館を目的にして旅をするようになってきている。
例えば、今回の旅である。
日光東照宮には何度も来たことがある。
今更見に行ったとして、何か変わったことがあるわけではない。
日光へ来た目的は日光金谷ホテルというクラシックホテルに泊まることである。
以前はできるだけ安い旅館、ビジネスホテルに泊まっていたが、老い先短い身には、泊まるところは新たな発見、経験ができるホテルに泊まりたいのである。
クラシックホテルに泊まった多くの有名人と同じ部屋に泊まって、同じ空気を吸ってみたいのである。
機能性を重視したビジネスホテルではなく、美術品、工芸品としても価値のあるホテルを見て回りたいのである。
日本旅館の伝統的なおもてなしの心と日本建築がどうクラシックホテルに生かされているか体験してみたいのである。
(2) クラシックホテル
a クラシックホテルの会加盟の9ホテル
https://jcha.jp/#hotel
日光金谷ホテル
https://jcha.jp/nikkokanayahotel.php
富士屋ホテル
https://jcha.jp/fujiyahotel.php
万平ホテル
https://www.mampei.co.jp/
奈良ホテル
https://jcha.jp/narahotel.php
東京ステーションホテル
ホテルニューグランド
蒲郡クラシックホテル
https://jcha.jp/gamagoriclassichotel.php
雲仙観光ホテル
https://jcha.jp/unzenkankohotel.php
川奈ホテル
https://jcha.jp/kawanahotel.php
掲載の順は創業の順である。
日本クラシックホテルの会加盟の9ホテル
日光金谷ホテル(創業 1873年 栃木県日光市)
富士屋ホテル(創業 1878年 神奈川県箱根町)
万平ホテル(創業 1894年 長野県軽井沢町)
奈良ホテル(創業 1909年 奈良県奈良市)
東京ステーションホテル(創業 1915年 東京都千代田区)
ホテルニューグランド(開業 1927年 神奈川県横浜市)
蒲郡クラシックホテル(開業 1934年 愛知県蒲郡市)
雲仙観光ホテル(創業 1935年 長崎県雲仙市)
川奈ホテル(開業 1936年 静岡県伊東市
b クラシックホテルの会について
https://jcha.jp/#jcha
西洋文化が日本に伝わる明治の文明開化の時代より、ホテルは人々の生活と深く関わり、都市や地域の発展のために重要な役割を果たしてきました。このホテル文化を日本に導入してきた先人たちの足跡を現代に伝えるクラシックホテルは、昨今、国内外よりさらなる注目を集め、その魅力を放ち続けています。第二次世界大戦以前に建てられ、その建物を維持(改修、復原を含む)、文化財や産業遺産などの認定を受けているなどの条件を満たした9ホテルで結成されたのが、「日本クラシックホテルの会」です。日光金谷ホテル、富士屋ホテル、万平ホテル、奈良ホテル、東京ステーションホテル、ホテルニューグランド、蒲郡クラシックホテル、雲仙観光ホテル、川奈ホテル、以上の9ホテルで日本クラシックホテルの会は構成されています。歴史的建造物、料理、サービスなど、クラシックホテルでの滞在がより一層特別な思い出になりますよう、心を込めてお客様をお迎えしてまいります。
c クラシックホテルパスポート
https://jcha.jp/#passport

旅行の満足度
5.0
同行者
カップル・夫婦(シニア)
一人あたり費用
3万円 - 5万円
交通手段
自家用車
旅行の手配内容
個別手配

PR

16いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

コメントを投稿する前に

十分に確認の上、ご投稿ください。 コメントの内容は攻撃的ではなく、相手の気持ちに寄り添ったものになっていますか?

サイト共通ガイドライン(利用上のお願い)

報道機関・マスメディアの方へ 画像提供などに関するお問い合わせは、専用のお問い合わせフォームからお願いいたします。

この旅行で行ったスポット

この旅行で行ったグルメ・レストラン

旅の計画・記録

マイルに交換できるフォートラベルポイントが貯まる
フォートラベルポイントって?

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

タグから国内旅行記(ブログ)を探す

この旅行記の地図

拡大する

PAGE TOP