日光旅行記(ブログ) 一覧に戻る
今年初めての奥日光、戦場ヶ原へ。梅雨入り宣言は出ていないものの梅雨のような天気が続いていたが、ようやく晴れ予報が出た。ちょうどズミの花が満開を迎え、月明かりもないので、好きな星空撮影の条件が整い、いざ奥日光へ!<br />現地到着は、午前1時。星空撮影の後は、夜明け前から久しぶりに通行止め解除になった戦場ヶ原ハイキングルートを一周して、ズミやワタスゲが咲き、朝霧漂う戦場ヶ原ハイキングを楽しんできた。

初夏の奥日光 ~満開のズミ、ワタスゲ、朝霧&天の川~

35いいね!

2021/06/08 - 2021/06/08

383位(同エリア2761件中)

旅行記グループ 日光・奥日光

2

48

玄白

玄白さん

今年初めての奥日光、戦場ヶ原へ。梅雨入り宣言は出ていないものの梅雨のような天気が続いていたが、ようやく晴れ予報が出た。ちょうどズミの花が満開を迎え、月明かりもないので、好きな星空撮影の条件が整い、いざ奥日光へ!
現地到着は、午前1時。星空撮影の後は、夜明け前から久しぶりに通行止め解除になった戦場ヶ原ハイキングルートを一周して、ズミやワタスゲが咲き、朝霧漂う戦場ヶ原ハイキングを楽しんできた。

旅行の満足度
4.5
同行者
一人旅
交通手段
自家用車

PR

  • 自宅を前夜11:30に出発。天気予報通り日付が替わる頃快晴となった。午前1時過ぎ、戦場ヶ原三本松駐車場に車を停め展望台へ。<br />夏の天の川がくっきり見えた。

    自宅を前夜11:30に出発。天気予報通り日付が替わる頃快晴となった。午前1時過ぎ、戦場ヶ原三本松駐車場に車を停め展望台へ。
    夏の天の川がくっきり見えた。

  • いくつか撮影条件を変えて撮影後、金精峠へ。ここからは男体山の真上に木星が輝き、天の川が水平に横たわっている。

    いくつか撮影条件を変えて撮影後、金精峠へ。ここからは男体山の真上に木星が輝き、天の川が水平に横たわっている。

  • 次に湯ノ湖の湖畔へ。天体写真ではなく、星景写真が好きなので、地上の風景との組み合わせをどうするかが、撮影の醍醐味だ。湖畔のボートを入れてパチリ

    次に湯ノ湖の湖畔へ。天体写真ではなく、星景写真が好きなので、地上の風景との組み合わせをどうするかが、撮影の醍醐味だ。湖畔のボートを入れてパチリ

  • ヤマツツジが咲いていたので、ツツジと天の川のコラボ

    イチオシ

    ヤマツツジが咲いていたので、ツツジと天の川のコラボ

  • 再び、三本松駐車場近くの展望台へ。最初に到着したときから2時間ほど経過。天の川は真南から垂直に天に伸びている。草原には霧が出てきた。<br />この時期は夜明けが早いので、あと30分ほどで薄明が始まる。

    再び、三本松駐車場近くの展望台へ。最初に到着したときから2時間ほど経過。天の川は真南から垂直に天に伸びている。草原には霧が出てきた。
    この時期は夜明けが早いので、あと30分ほどで薄明が始まる。

  • 赤沼駐車場に移動し、星空撮影機材は車に置き、ハイキングのいでたちに変えて戦場ヶ原ハイキングコースへ。<br />10分ほど歩いたところの最初の展望台にて。薄明が始まり、ほとんどの星は消えたが、木星と土星は、まだ輝きを失っていない。(画面右上)<br />

    赤沼駐車場に移動し、星空撮影機材は車に置き、ハイキングのいでたちに変えて戦場ヶ原ハイキングコースへ。
    10分ほど歩いたところの最初の展望台にて。薄明が始まり、ほとんどの星は消えたが、木星と土星は、まだ輝きを失っていない。(画面右上)

  • ズミは満開、草原の地表にはワタスゲ。ワタスゲは去年より少ないようだ。やはり、年によって、当たりはずれがあるようだ。

    ズミは満開、草原の地表にはワタスゲ。ワタスゲは去年より少ないようだ。やはり、年によって、当たりはずれがあるようだ。

  • 男体山の山腹から月齢27日の有明の月が昇ってきた。

    男体山の山腹から月齢27日の有明の月が昇ってきた。

  • ワタスゲの草原に漂う朝霧と有明の月。

    ワタスゲの草原に漂う朝霧と有明の月。

  • さらにズミの花も入れて欲張り構図で。

    イチオシ

    さらにズミの花も入れて欲張り構図で。

  • 霧の中のワタスゲ

    霧の中のワタスゲ

  • 霧に霞む木立

    霧に霞む木立

  • 先に進もう。

    先に進もう。

  • 湯川の対岸のズミも満開

    湯川の対岸のズミも満開

  • ズミの花一輪、ゆらゆらと空中浮遊。よく見ると、クモの糸一本に引っかかって揺れている。

    イチオシ

    ズミの花一輪、ゆらゆらと空中浮遊。よく見ると、クモの糸一本に引っかかって揺れている。

  • ズミ。別名コリンゴともいわれ、リンゴの木の仲間である。日本、朝鮮半島の荒地や湿地に分布している。

    ズミ。別名コリンゴともいわれ、リンゴの木の仲間である。日本、朝鮮半島の荒地や湿地に分布している。

  • 霧に霞んだ遠くの木立もズミ。

    霧に霞んだ遠くの木立もズミ。

  • 30分ほど歩いたところにある展望台にて。

    30分ほど歩いたところにある展望台にて。

  • 東の空が茜色になってきた。もうすぐ大真名子山と小真名子山の間からまもなく日が昇ってくる。ここで日の出の撮影をしよう。

    東の空が茜色になってきた。もうすぐ大真名子山と小真名子山の間からまもなく日が昇ってくる。ここで日の出の撮影をしよう。

  • 白樺の若木

    白樺の若木

  • 徐々に朝霧が消えかかっている。奥の方だけ残っている。

    徐々に朝霧が消えかかっている。奥の方だけ残っている。

  • 霧に動きが出てきた

    霧に動きが出てきた

  • 日の出直前

    日の出直前

  • 日の出。草原に残る霧に日の光が差し込んできた

    イチオシ

    日の出。草原に残る霧に日の光が差し込んできた

  • 光芒現る

    光芒現る

  • 太郎山上空に雲が湧いてきた。玄白が好きな葛飾北斎の富嶽三十六景のひとつ、凱風快晴に描かれている雲とそっくりだ。

    太郎山上空に雲が湧いてきた。玄白が好きな葛飾北斎の富嶽三十六景のひとつ、凱風快晴に描かれている雲とそっくりだ。

  • 戦場ヶ原を囲む東側の日光連山。左から温泉ヶ岳、三岳、山王帽子山、太郎山、小真名子山、大真名子山。さらに画面右側外には男体山がそびえる

    戦場ヶ原を囲む東側の日光連山。左から温泉ヶ岳、三岳、山王帽子山、太郎山、小真名子山、大真名子山。さらに画面右側外には男体山がそびえる

  • 気温が上がり、霧の動きが激しくなってきた。

    気温が上がり、霧の動きが激しくなってきた。

  • 霧の上空の靄が日の光を浴びてかすかに虹色を呈している。ハローのような現象かな

    霧の上空の靄が日の光を浴びてかすかに虹色を呈している。ハローのような現象かな

  • さらに歩みを進める

    さらに歩みを進める

  • ズミの花は開ききると真っ白な花びらだが、つぼみはきれいなピンク色だ。

    ズミの花は開ききると真っ白な花びらだが、つぼみはきれいなピンク色だ。

  • 青木橋付近。このあたりのズミはまだつぼみも残っている

    青木橋付近。このあたりのズミはまだつぼみも残っている

  • 小田代ヶ原との境のあたりのズミ

    小田代ヶ原との境のあたりのズミ

  • 朝霧の名残りの細かい水滴がびっしり付いている

    朝霧の名残りの細かい水滴がびっしり付いている

  • 青空にすっくと立つ枯れ木一本。野鳥が飛んできて止まらないかな~としばらく待ってみたが、現れず! あたりに鳥の鳴き声が満ちているのだが・・・

    青空にすっくと立つ枯れ木一本。野鳥が飛んできて止まらないかな~としばらく待ってみたが、現れず! あたりに鳥の鳴き声が満ちているのだが・・・

  • ズミのトンネル

    ズミのトンネル

  • まだ朝早いので、ここまで一人のハイカーとも遭遇せず。戦場ヶ原独り占め。

    まだ朝早いので、ここまで一人のハイカーとも遭遇せず。戦場ヶ原独り占め。

  • 湯川縁りに咲くズミ

    湯川縁りに咲くズミ

  • ズミは育っても樹高は5mほど。このズミは大木の部類だ。

    ズミは育っても樹高は5mほど。このズミは大木の部類だ。

  • 泉門池(いずみやどいけ)到着。奥日光界隈ではトウゴクミツバツツジの花期は終わっているが、ここではまだ咲いていた。

    泉門池(いずみやどいけ)到着。奥日光界隈ではトウゴクミツバツツジの花期は終わっているが、ここではまだ咲いていた。

  • 泉門池。ミズナラの林に囲まれた静寂の空間で、聞こえるのは野鳥の鳴き声のみ。<br />

    泉門池。ミズナラの林に囲まれた静寂の空間で、聞こえるのは野鳥の鳴き声のみ。

  • 泉門池。ここは年中住み着いている主のようなマガモがいるのだが、今日は見当たらない。どこかにお出かけか?

    泉門池。ここは年中住み着いている主のようなマガモがいるのだが、今日は見当たらない。どこかにお出かけか?

  • 光徳入り口方面に歩みを進める。

    光徳入り口方面に歩みを進める。

  • 樹のてっぺんに野鳥がチョコンと止まっている。ノビタキ君だ。

    イチオシ

    樹のてっぺんに野鳥がチョコンと止まっている。ノビタキ君だ。

  • 小さな水玉がびっしり

    小さな水玉がびっしり

  • 国道120号に出た。国道沿いにもあちこちズミが咲いている

    国道120号に出た。国道沿いにもあちこちズミが咲いている

  • 三本松駐車場の裏手に寄り道。ルピナスが咲いていた。

    三本松駐車場の裏手に寄り道。ルピナスが咲いていた。

  • 赤松駐車場まであと少し。<br />時刻は7時ちょっと前。駐車場に戻ると、ずいぶん車が増え、大勢のハイカーは歩く準備をしている。<br />撤収!

    赤松駐車場まであと少し。
    時刻は7時ちょっと前。駐車場に戻ると、ずいぶん車が増え、大勢のハイカーは歩く準備をしている。
    撤収!

35いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

この旅行記へのコメント (2)

開く

閉じる

  • Masa さん 2021/06/18 23:18:44
    素晴らしい
    玄白さま

    私が言っても、何の意味もありませんが、毎回素晴らしい写真で感動しております。
    これからも、美しい写真楽しみにしております。

    Masa

    玄白

    玄白さん からの返信 2021/06/19 09:40:21
    Re: 素晴らしい
    Masaさん、お褒めのコメントありがとうございました。

玄白さんのトラベラーページ

旅の計画・記録

マイルに交換できるフォートラベルポイントが貯まる
フォートラベルポイントって?

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

日光の人気ホテルランキング

PAGE TOP

ピックアップ特集