十津川温泉旅行記(ブログ) 一覧に戻る
自転車にて、5月なのに梅雨真っ只中、十津川温泉「静響の宿 山水」に宿泊し、美しい清流に出会いました。<br /><br />

十津川温泉「山水」に泊まり、エメラルドブルーに輝く清流を味わう

23いいね!

2021/05/18 - 2021/05/19

43位(同エリア144件中)

0

54

芦花

芦花さん

自転車にて、5月なのに梅雨真っ只中、十津川温泉「静響の宿 山水」に宿泊し、美しい清流に出会いました。

旅行の満足度
4.5
観光
4.0
ホテル
4.5
グルメ
4.5
同行者
一人旅
一人あたり費用
3万円 - 5万円
交通手段
JALグループ
旅行の手配内容
個別手配

PR

  • 下北山村「きなりの郷」をチェックアウト。限界集落、下北山村

    下北山村「きなりの郷」をチェックアウト。限界集落、下北山村

  • 鏡のような美しい水面。

    鏡のような美しい水面。

  • 人間の手で掘ったのではないかと思われる、古いトンネルを突き抜け

    人間の手で掘ったのではないかと思われる、古いトンネルを突き抜け

  • 三県境へ。和歌山・三重・奈良の三県の境です。

    三県境へ。和歌山・三重・奈良の三県の境です。

  • 5月の新緑の中

    5月の新緑の中

  • 今日は雨も止み、川底も透き通って見えるほど透明度。この辺りは、北山川支流の大又川だったか。

    今日は雨も止み、川底も透き通って見えるほど透明度。この辺りは、北山川支流の大又川だったか。

  • 山深い原始林と北山川の七色貯水池

    山深い原始林と北山川の七色貯水池

  • 水面をまたがる道路も

    水面をまたがる道路も

  • そして、野生ザルの群れをみつつ、七色ダム。

    そして、野生ザルの群れをみつつ、七色ダム。

  • この先の川は、別名七色川とも言われ、七色に輝く美しい水面の連続

    この先の川は、別名七色川とも言われ、七色に輝く美しい水面の連続

  • まだまだ午前中だったので、川面にはうっすらと霧が浮かんでいます。

    まだまだ午前中だったので、川面にはうっすらと霧が浮かんでいます。

  • ノルウェーで体験したフィヨルドの小型版のよう。

    ノルウェーで体験したフィヨルドの小型版のよう。

  • 実はこの辺りは、和歌山県の飛び地「北山村」。周りは奈良県と三重県に囲まれています。

    実はこの辺りは、和歌山県の飛び地「北山村」。周りは奈良県と三重県に囲まれています。

  • 林業の拠点として、和歌山県新宮市と経済的つながりが強かったために住民の意向で和歌山県側になった=飛び地になったらしい。

    林業の拠点として、和歌山県新宮市と経済的つながりが強かったために住民の意向で和歌山県側になった=飛び地になったらしい。

  • そして吊り橋(上瀞橋)からの究極の水面に出逢います。

    そして吊り橋(上瀞橋)からの究極の水面に出逢います。

  • なんとも表現しようがない美しさで、日本にもこんな名の知られていない絶景があるんですね。

    なんとも表現しようがない美しさで、日本にもこんな名の知られていない絶景があるんですね。

  • 空が変化すれば川面の色も変わる

    空が変化すれば川面の色も変わる

  • ちょっと怖かったのですが、自転車を吊り橋の真ん中に持ち込み記念撮影

    ちょっと怖かったのですが、自転車を吊り橋の真ん中に持ち込み記念撮影

  • そして瀞峡っぽい景色になってくる

    そして瀞峡っぽい景色になってくる

  • 標高100mほど幹道から下ると、瀞峡の川下りがあるんですが。。。

    標高100mほど幹道から下ると、瀞峡の川下りがあるんですが。。。

  • 前日の宿の方に電話してもらったところ、乗船客が雨でキャンセルになったというので、舟はなし。

    前日の宿の方に電話してもらったところ、乗船客が雨でキャンセルになったというので、舟はなし。

  • それでも雰囲気だけが味わえます。

    それでも雰囲気だけが味わえます。

  • この景色が奥まで続くのでしょう。

    この景色が奥まで続くのでしょう。

  • そして、また100m登り返し。遠くに見える橋まで。

    そして、また100m登り返し。遠くに見える橋まで。

  • 徐々に川幅が増し

    徐々に川幅が増し

  • 熊野川に合流

    熊野川に合流

  • 熊野川を遡ると、熊野本宮に遭遇。

    熊野川を遡ると、熊野本宮に遭遇。

  • せっかくだからお参り

    せっかくだからお参り

  • 昔の修行者は、1年のうち半分は雨が降るという急峻なこの山中の熊野古道を辿ってきたのというのだから、この宮に到着した時の修行者たちの気持ちたるや、どんな気持ちだったのでしょう。

    昔の修行者は、1年のうち半分は雨が降るという急峻なこの山中の熊野古道を辿ってきたのというのだから、この宮に到着した時の修行者たちの気持ちたるや、どんな気持ちだったのでしょう。

  • もう少しで十津川温泉。

    もう少しで十津川温泉。

  • 奈良県に戻り、

    奈良県に戻り、

  • 道路もだいぶ整備されつつあります。

    道路もだいぶ整備されつつあります。

  • それでも、奥深い景色は残っている

    それでも、奥深い景色は残っている

  • 二見の滝

    二見の滝

  • そしてチェックイン前の3時前に到着した頃は、土砂降り状態でしたが、部屋に入ってほっと一息

    そしてチェックイン前の3時前に到着した頃は、土砂降り状態でしたが、部屋に入ってほっと一息

  • トイレ周りはリノベーションしたようで、綺麗になっている。

    トイレ周りはリノベーションしたようで、綺麗になっている。

  • 冷たい餡子のお菓子とお茶

    冷たい餡子のお菓子とお茶

  • 早速共同浴場へ。今回もお客さんいないところで撮影

    早速共同浴場へ。今回もお客さんいないところで撮影

  • 内湯は石を張り詰めつつ、湯舟は木製

    内湯は石を張り詰めつつ、湯舟は木製

  • 露天は川のすぐそば

    露天は川のすぐそば

  • 季節柄ツツジも

    季節柄ツツジも

  • 夕食はレストランにて

    夕食はレストランにて

  • みかんどりという銘柄の鶏肉。和歌山のみかんを食べて育った鳥だと言います

    みかんどりという銘柄の鶏肉。和歌山のみかんを食べて育った鳥だと言います

  • 何気の胡麻豆腐なのですが、何気に美味い。隠し味があるらしい。

    何気の胡麻豆腐なのですが、何気に美味い。隠し味があるらしい。

  • トマトチーズ焼き。洋風の料理も若干。

    トマトチーズ焼き。洋風の料理も若干。

  • 季節の野菜天ぷらに

    季節の野菜天ぷらに

  • 鮎の塩焼き。ホクホクとしてしっとりした肉質でした。

    鮎の塩焼き。ホクホクとしてしっとりした肉質でした。

  • ご飯は白米で炊き立て

    ご飯は白米で炊き立て

  • 翌、朝食の目玉は、

    翌、朝食の目玉は、

  • 鮎の干物。程よいアミノ酸の出具合でこれも美味。

    鮎の干物。程よいアミノ酸の出具合でこれも美味。

  • 以上、これで約12,000円と、リーズナブルな温泉宿でした。おすすめです。

    以上、これで約12,000円と、リーズナブルな温泉宿でした。おすすめです。

23いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

この旅行で行ったホテル

旅の計画・記録

マイルに交換できるフォートラベルポイントが貯まる
フォートラベルポイントって?

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

十津川温泉の人気ホテルランキング

PAGE TOP

ピックアップ特集