小豆島旅行記(ブログ) 一覧に戻る
2021年5月28日(金)~31日(月)の3泊4日、高知県の旅に行ってきました。<br />初日は高松からフェリーで20分ほどの距離にある女木島に上陸。標高186.8メートルの鷲ヶ峰に登って鬼ヶ島大洞窟を探検します。<br />2日目は小豆島に渡ります。日本三大渓谷美のひとつに数えられる寒霞渓を歩いて登りました。<br />3日目は小豆島観光の続きと、高松にもどって屋島に登ります。<br />4日目は定番の金比羅宮に行って奥社まで階段を登りました。<br />毎日トレーニングみたいな旅行でしたが、素晴らしい景色を満喫することができました。

高知県3泊4日旅行 その2 小豆島 寒霞渓

16いいね!

2021/05/28 - 2021/05/31

270位(同エリア820件中)

ken

kenさん

この旅行記のスケジュール

2021/05/29

この旅行記スケジュールを元に

2021年5月28日(金)~31日(月)の3泊4日、高知県の旅に行ってきました。
初日は高松からフェリーで20分ほどの距離にある女木島に上陸。標高186.8メートルの鷲ヶ峰に登って鬼ヶ島大洞窟を探検します。
2日目は小豆島に渡ります。日本三大渓谷美のひとつに数えられる寒霞渓を歩いて登りました。
3日目は小豆島観光の続きと、高松にもどって屋島に登ります。
4日目は定番の金比羅宮に行って奥社まで階段を登りました。
毎日トレーニングみたいな旅行でしたが、素晴らしい景色を満喫することができました。

旅行の満足度
5.0
観光
5.0
ホテル
5.0
グルメ
5.0
交通
5.0
同行者
カップル・夫婦
一人あたり費用
3万円 - 5万円
交通手段
高速・路線バス 徒歩
旅行の手配内容
ツアー(添乗員同行なし)
利用旅行会社
阪急交通社

PR

  • 旅行2日目、本日は小豆島へ向かいます。<br />ホテルをチェックアウトして港まで歩いて移動します。

    旅行2日目、本日は小豆島へ向かいます。
    ホテルをチェックアウトして港まで歩いて移動します。

  • うどん県というだけあって、あちこちにうどん屋さんがあります。

    うどん県というだけあって、あちこちにうどん屋さんがあります。

  • JR高松駅近くにあるうどん屋さんで朝食をとることにします。

    JR高松駅近くにあるうどん屋さんで朝食をとることにします。

  • 肉うどんとおいなりさん<br />肉うどんはすごく美味しかったです。おいなりさんは普通。

    肉うどんとおいなりさん
    肉うどんはすごく美味しかったです。おいなりさんは普通。

  • やまかけうどん。これもとても美味しかったです。<br />普段はそれ程うどんを食べないので味の違いはよく分かりませんが、チュルチュル口に入ってくる麺の感触やきれいな色のダシの味など、どれも大満足の美味しさでした。

    やまかけうどん。これもとても美味しかったです。
    普段はそれ程うどんを食べないので味の違いはよく分かりませんが、チュルチュル口に入ってくる麺の感触やきれいな色のダシの味など、どれも大満足の美味しさでした。

  • 本日もフェリーで移動します。

    本日もフェリーで移動します。

  • 天気予報では梅雨前線が本州の南に停滞しており、梅雨の晴れ間が続きそうです。<br />穏やかな瀬戸内海に浮かぶ島々を眺めながら小豆島を目指します。

    天気予報では梅雨前線が本州の南に停滞しており、梅雨の晴れ間が続きそうです。
    穏やかな瀬戸内海に浮かぶ島々を眺めながら小豆島を目指します。

  • 小豆島の玄関港、土庄港に近づいてきました。海に面した工場が見えてきます。<br />ごま油で有名なかどや製油です。こんなところで作っていたなんて驚きです。

    小豆島の玄関港、土庄港に近づいてきました。海に面した工場が見えてきます。
    ごま油で有名なかどや製油です。こんなところで作っていたなんて驚きです。

  • 港近くの旭屋旅館が本日のお宿。<br />先に大きな荷物だけ預かってもらいます。

    港近くの旭屋旅館が本日のお宿。
    先に大きな荷物だけ預かってもらいます。

  • フェリー発着所やタクシーなど、島のあちこちで目にした女の子の絵。<br />高木さんというお名前らしい。

    フェリー発着所やタクシーなど、島のあちこちで目にした女の子の絵。
    高木さんというお名前らしい。

  • バスで島の東に移動します。

    バスで島の東に移動します。

  • マルキン醤油記念館というところにやって来ました。<br />

    マルキン醤油記念館というところにやって来ました。

  • 大正期に建てられた工場を改装して利用しています。

    大正期に建てられた工場を改装して利用しています。

  • 中には当時の醤油製造に関する展示があります。<br />醤油を搾るための巨大な棒や大きな樽などの資料は迫力があります。<br />

    中には当時の醤油製造に関する展示があります。
    醤油を搾るための巨大な棒や大きな樽などの資料は迫力があります。

  • 醤油ソフトクリーム。思いのほか美味でした。

    醤油ソフトクリーム。思いのほか美味でした。

  • マルキン醤油工場の周囲を歩きます。年季の入った工場の外壁が見ごたえありです。

    マルキン醤油工場の周囲を歩きます。年季の入った工場の外壁が見ごたえありです。

  • 工場の裏側に回ると天然醸造蔵を見学できます。人工的な加熱・冷却をせず、1年かけてじっくり発酵と熟成を行うそうです。

    工場の裏側に回ると天然醸造蔵を見学できます。人工的な加熱・冷却をせず、1年かけてじっくり発酵と熟成を行うそうです。

  • この辺りは「醤の郷」と呼ばれています。醤油造りは、400年もの歴史を持つ小豆島の伝統産業で、「醤の郷」には今も20軒以上の醤油蔵や佃煮工場が軒を連ねているそうです。町の中全体に醤油の香りが漂っていました。

    この辺りは「醤の郷」と呼ばれています。醤油造りは、400年もの歴史を持つ小豆島の伝統産業で、「醤の郷」には今も20軒以上の醤油蔵や佃煮工場が軒を連ねているそうです。町の中全体に醤油の香りが漂っていました。

  • こちらは金両醤油というお店。<br />ここも立派な店構でした。

    こちらは金両醤油というお店。
    ここも立派な店構でした。

  • もうお昼です。<br />小さな食堂に入ります。

    もうお昼です。
    小さな食堂に入ります。

  • ご当地グルメ「ひしお丼」。①「醤の郷」で作った醤油やもろみを使っていること、②小豆島の魚介、野菜やオリーブなど地元の食材を使っていること、③箸休めはオリーブか佃煮を使っていること。という決まりがあるそうです。<br />こちらの「ひしお丼」は味付けした大根の葉にちりめんじゃこ、錦糸卵にたいらぎ貝を使用。もろみベースの醤油をかけていただきます。<br />大根の葉の味が強すぎて微妙でしたがそれなりに美味しかったです。

    ご当地グルメ「ひしお丼」。①「醤の郷」で作った醤油やもろみを使っていること、②小豆島の魚介、野菜やオリーブなど地元の食材を使っていること、③箸休めはオリーブか佃煮を使っていること。という決まりがあるそうです。
    こちらの「ひしお丼」は味付けした大根の葉にちりめんじゃこ、錦糸卵にたいらぎ貝を使用。もろみベースの醤油をかけていただきます。
    大根の葉の味が強すぎて微妙でしたがそれなりに美味しかったです。

  • もう1品はかつ丼とうどん。かつ丼はかなり美味しかったです。うどんは朝食べた店の方が美味しかったと思います。<br />いずれにしても手ごろなお値段でお腹いっぱいになりました。

    もう1品はかつ丼とうどん。かつ丼はかなり美味しかったです。うどんは朝食べた店の方が美味しかったと思います。
    いずれにしても手ごろなお値段でお腹いっぱいになりました。

  • バスで草壁港まで移動しました。この港に来る航路は現在休止されているようでひっそりしています。<br />ここで神懸線(草壁港⇔紅雲亭)に乗り換えます。この路線は、毎日運行:3/16~5/10、7/20~8/31、10/20~12/10、土曜・日曜日・祝日運行:5/11~7/19 の間、9/1~10/19 の間、運休:12/11~3/15という面倒な注意書き付の路線です。<br />本日は5月29日(土)なので運行しています。

    バスで草壁港まで移動しました。この港に来る航路は現在休止されているようでひっそりしています。
    ここで神懸線(草壁港⇔紅雲亭)に乗り換えます。この路線は、毎日運行:3/16~5/10、7/20~8/31、10/20~12/10、土曜・日曜日・祝日運行:5/11~7/19 の間、9/1~10/19 の間、運休:12/11~3/15という面倒な注意書き付の路線です。
    本日は5月29日(土)なので運行しています。

  • 待ち時間を利用してMINORI GELATOというジェラート屋さんに行きます。<br />フェリーの航路が休止されて港近くのお店は大打撃だと思いきや、このお店にはお客さんが結構入っていました。

    待ち時間を利用してMINORI GELATOというジェラート屋さんに行きます。
    フェリーの航路が休止されて港近くのお店は大打撃だと思いきや、このお店にはお客さんが結構入っていました。

  • しょうゆジェラートというのが小豆島らしいですね。

    しょうゆジェラートというのが小豆島らしいですね。

  • ピスタチオといちごのジェラートを注文。<br />ピスタチオのジェラートがものすごいピスタチオ味でした。いちごもしっかりとしたいちご味で、どちらも大変美味でした。ローマで食べたジェラートより美味しいと思いました。

    ピスタチオといちごのジェラートを注文。
    ピスタチオのジェラートがものすごいピスタチオ味でした。いちごもしっかりとしたいちご味で、どちらも大変美味でした。ローマで食べたジェラートより美味しいと思いました。

  • 寒霞渓を登る前に十分エネルギーを補充できました。

    寒霞渓を登る前に十分エネルギーを補充できました。

  • 紅雲亭と行き先表示されたバスがやって来ました。<br />ミステリー小説の探偵さんが乗っていそうなバスです。

    紅雲亭と行き先表示されたバスがやって来ました。
    ミステリー小説の探偵さんが乗っていそうなバスです。

  • 寒霞渓ロープウェイ紅雲亭駅まで来ました。<br />ここからロープウェーに乗ればすぐに山頂まで連れて行ってもらえるのですが、今回はあえて登山道を歩いて登ることにしました。

    寒霞渓ロープウェイ紅雲亭駅まで来ました。
    ここからロープウェーに乗ればすぐに山頂まで連れて行ってもらえるのですが、今回はあえて登山道を歩いて登ることにしました。

  • 表12景という登山道から登ります。<br /><br />

    表12景という登山道から登ります。

  • 途中にはいろいろな奇岩がそびえ立つ景勝があります。岩の形を何かに見立ててオシャレナ名前がついています。

    途中にはいろいろな奇岩がそびえ立つ景勝があります。岩の形を何かに見立ててオシャレナ名前がついています。

  • 思いのほか斜面が急で歩くのが大変ですが、奇岩の解説看板を目指して必死に登ります。

    思いのほか斜面が急で歩くのが大変ですが、奇岩の解説看板を目指して必死に登ります。

  • ところが肝心のビュースポットも木々が生い茂って良く見えなかったりします。

    ところが肝心のビュースポットも木々が生い茂って良く見えなかったりします。

  • これはカエルだそうです。

    これはカエルだそうです。

  • これはタケノコ。

    これはタケノコ。

  • 画帳です。

    画帳です。

  • 層雲壇。案内板には「雲が段々と重なり合うようで、祭壇を連想させます。ロープウェーは、層雲壇の向こう側をスレスレに通過します」とあります。<br />私にはバウムクーヘンかミルフィーユに見えました。

    層雲壇。案内板には「雲が段々と重なり合うようで、祭壇を連想させます。ロープウェーは、層雲壇の向こう側をスレスレに通過します」とあります。
    私にはバウムクーヘンかミルフィーユに見えました。

  • やっと上まで登ってきました。視界が広がります。<br />手前の岩は烏帽子岩。絶景です。

    やっと上まで登ってきました。視界が広がります。
    手前の岩は烏帽子岩。絶景です。

  • 四望頂(しぼうちょう)からの眺め。<br />汗でぬれたシャツが海風に冷えて気持ちいいです。

    四望頂(しぼうちょう)からの眺め。
    汗でぬれたシャツが海風に冷えて気持ちいいです。

  • 苦労して登ってきたのでより一層景色が美しく見える気がします。

    苦労して登ってきたのでより一層景色が美しく見える気がします。

  • ロープウェーの山頂駅近くにある公衆トイレ<br />

    ロープウェーの山頂駅近くにある公衆トイレ

  • 総工費1億円のトイレなんだそうです。

    総工費1億円のトイレなんだそうです。

  • 今となってはよくあるきれいなトイレですが、建設当時は画期的だったようです。

    今となってはよくあるきれいなトイレですが、建設当時は画期的だったようです。

  • 裏8景登山道を通って下山します。

    裏8景登山道を通って下山します。

  • こちらにも色々な名前の付いた岩があります。

    こちらにも色々な名前の付いた岩があります。

  • マツタケ岩<br />

    マツタケ岩

  • 鹿岩

    鹿岩

  • 石門<br />巨石のアーチの下をくぐって行きます。

    石門
    巨石のアーチの下をくぐって行きます。

  • 石門を通って降りると小豆島八十八ヶ所霊場第18番 石門洞(せきもんどう)があります。

    石門を通って降りると小豆島八十八ヶ所霊場第18番 石門洞(せきもんどう)があります。

  • 断崖の中腹にお堂がたてられています。

    断崖の中腹にお堂がたてられています。

  • 不動明王の石像もあります。

    不動明王の石像もあります。

  • ここはかなり見ごたえがありました。

    ここはかなり見ごたえがありました。

  • お堂の中にも入れます。<br />

    お堂の中にも入れます。

  • なんだかすごいパワーを感じるお寺でした。

    なんだかすごいパワーを感じるお寺でした。

  • このあたりは紅葉の名所でもあるそうです。秋に来たらさぞかし美しい景色が楽しめることでしょう。

    このあたりは紅葉の名所でもあるそうです。秋に来たらさぞかし美しい景色が楽しめることでしょう。

  • まだいくつか奇岩が残っています。

    まだいくつか奇岩が残っています。

  • だんだん区別がつかなくなってきています。

    だんだん区別がつかなくなってきています。

  • 亀なんだそうです。

    亀なんだそうです。

  • 二見岩。<br />真ん中のとがった岩ではなく、その両側の木に隠れた岩がそうみたいです。

    二見岩。
    真ん中のとがった岩ではなく、その両側の木に隠れた岩がそうみたいです。

  • 法螺貝岩<br />抹茶ソフトクリームかな。

    法螺貝岩
    抹茶ソフトクリームかな。

  • 猪谷バス停まで降りてきました。結構疲れましたが、見どころの多いハイキングコースでした。<br />再び草壁港までバスで戻ります。

    猪谷バス停まで降りてきました。結構疲れましたが、見どころの多いハイキングコースでした。
    再び草壁港までバスで戻ります。

  • 草壁港でバスを乗り継ぎ、オリーブ公園にやって来ました。小豆島といえばオリーブですね。

    草壁港でバスを乗り継ぎ、オリーブ公園にやって来ました。小豆島といえばオリーブですね。

  • 映画「魔女の宅急便」のロケ地なんだそうです、アニメではなく実写版の。<br />見てないのでよくわかりません。

    映画「魔女の宅急便」のロケ地なんだそうです、アニメではなく実写版の。
    見てないのでよくわかりません。

  • コロナのせいで施設は全部閉まっていましたが、園内は自由に見ることができました。

    コロナのせいで施設は全部閉まっていましたが、園内は自由に見ることができました。

  • 早くコロナが終息して海外旅行に行けるようになるといいなぁと思いながら、風車を眺めます。

    早くコロナが終息して海外旅行に行けるようになるといいなぁと思いながら、風車を眺めます。

  • 土庄港にもどってきました。本日の宿にチェックインします。<br />宿の方々は皆大変親切でした。良い宿に泊まれてラッキーでした。

    土庄港にもどってきました。本日の宿にチェックインします。
    宿の方々は皆大変親切でした。良い宿に泊まれてラッキーでした。

  • ずいぶん広い部屋に案内してもらいました。ちょっと広すぎて2人では使いにくいくらいです。

    ずいぶん広い部屋に案内してもらいました。ちょっと広すぎて2人では使いにくいくらいです。

  • 夕食です。海の幸いっぱいの豪華なメニューでした。<br />お刺身がすごく美味しかったです。

    夕食です。海の幸いっぱいの豪華なメニューでした。
    お刺身がすごく美味しかったです。

  • 何かの魚の煮付け。<br />魚はもちろん美味しいかったのですが、付け合わせのナスも美味でした。

    何かの魚の煮付け。
    魚はもちろん美味しいかったのですが、付け合わせのナスも美味でした。

  • 小豆島はそうめんの名産地です。とても美味しいそうめんでした。

    小豆島はそうめんの名産地です。とても美味しいそうめんでした。

  • 部屋にあったお茶うけの菓子。オリーブを使った軽い食感のクッキーでした。<br />今日は昨日と違ってグルメ要素がかなり高い一日でした。<br />寒霞渓やオリーブ公園の景色も素晴らしいし、歴史を感じさせる醤油工場も見ごたえがあるし、小豆島はレベルが高いです。

    部屋にあったお茶うけの菓子。オリーブを使った軽い食感のクッキーでした。
    今日は昨日と違ってグルメ要素がかなり高い一日でした。
    寒霞渓やオリーブ公園の景色も素晴らしいし、歴史を感じさせる醤油工場も見ごたえがあるし、小豆島はレベルが高いです。

16いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

この旅行で行ったホテル

この旅行で行ったスポット

この旅行で行ったグルメ・レストラン

旅の計画・記録

マイルに交換できるフォートラベルポイントが貯まる
フォートラベルポイントって?

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

小豆島の人気ホテルランキング

PAGE TOP

ピックアップ特集