マーストリヒト旅行記(ブログ) 一覧に戻る
ドイツのアーヘンからオランダのマーストリヒトまでバスで1時間近くで到着した後、ホテルに荷物を置いて町並み散策へ。<br /><br />先ずは世界一美しい本屋さんといわれているスポットを目指して市庁舎前広場など見て回りました。<br /><br />☆&#39;.・*.・:★&#39;.・*.・:☆&#39;.・*.・:★&#39;.・*.・:☆&#39;.・*.・:★&#39;.・*.・:☆&#39;.・*.・:★&#39;.・*.・:☆&#39;.・*.・:★<br /><br />【スケジュール】<br /><br />12月 3日(日)関空発<br />12月 4日(月)ドバイ空港→フランクフルト空港→コッヘム到着 (コッヘム泊)<br />12月 5日(火)トリーア訪問  (コッヘム泊)<br />12月 6日(水)コッヘム→ベルンカルテル・クース(ベルンカステル・クース泊)<br />12月 7日(木)ベルンカルテル・クース滞在(ベルンカステル・クース泊)<br />12月 8日(土)ベルンカルテル・クース→マーストリヒト(マーストリヒト泊)<br />12月 9日(日)マーストリヒト→アーヘン  (アーヘン泊)<br />12月10日(月)アーヘン→ケルン (ケルン泊)<br />12月11日(火)ケルン→フランクフルト  (フランクフルト泊)<br />12月12日(水)イトシュタイン&バード・カンベルグ&ヘキスト訪問(フランクフルト泊)<br />12月13日(木)フランクフルト発→ドバイ空港    (機内泊)<br />12月14日(土)ドバイ空港→関空着

2017年ドイツ&ちょこっとオランダのクリスマスマーケット巡りの旅 【18】オランダ・マーストリヒトで散策開始

44いいね!

2017/12/08 - 2017/12/08

13位(同エリア108件中)

0

100

デコ

デコさん

ドイツのアーヘンからオランダのマーストリヒトまでバスで1時間近くで到着した後、ホテルに荷物を置いて町並み散策へ。

先ずは世界一美しい本屋さんといわれているスポットを目指して市庁舎前広場など見て回りました。

☆'.・*.・:★'.・*.・:☆'.・*.・:★'.・*.・:☆'.・*.・:★'.・*.・:☆'.・*.・:★'.・*.・:☆'.・*.・:★

【スケジュール】

12月 3日(日)関空発
12月 4日(月)ドバイ空港→フランクフルト空港→コッヘム到着 (コッヘム泊)
12月 5日(火)トリーア訪問  (コッヘム泊)
12月 6日(水)コッヘム→ベルンカルテル・クース(ベルンカステル・クース泊)
12月 7日(木)ベルンカルテル・クース滞在(ベルンカステル・クース泊)
12月 8日(土)ベルンカルテル・クース→マーストリヒト(マーストリヒト泊)
12月 9日(日)マーストリヒト→アーヘン  (アーヘン泊)
12月10日(月)アーヘン→ケルン (ケルン泊)
12月11日(火)ケルン→フランクフルト  (フランクフルト泊)
12月12日(水)イトシュタイン&バード・カンベルグ&ヘキスト訪問(フランクフルト泊)
12月13日(木)フランクフルト発→ドバイ空港    (機内泊)
12月14日(土)ドバイ空港→関空着

旅行の満足度
4.0
観光
4.0
ホテル
3.0
グルメ
4.0
交通
4.0
同行者
一人旅
交通手段
鉄道 高速・路線バス 徒歩
航空会社
エミレーツ航空
旅行の手配内容
個別手配

PR

  • マーストリヒトでは1泊するだけのホテル<br /><br />バス停から徒歩1~2分という立地と他のホテルに比べてリーズナブルという点で決めました。<br />ちなみに鉄道駅へは徒歩5分かかりません。

    マーストリヒトでは1泊するだけのホテル

    バス停から徒歩1~2分という立地と他のホテルに比べてリーズナブルという点で決めました。
    ちなみに鉄道駅へは徒歩5分かかりません。

  • リーズナブルだけあってシンプル使用の室内ですが、チェックインタイムより早めの到着でもお部屋に入らせていただけました。

    リーズナブルだけあってシンプル使用の室内ですが、チェックインタイムより早めの到着でもお部屋に入らせていただけました。

  • ダブルルームの室内

    ダブルルームの室内

  • ちょっと狭めのバスルームですが明るくて清潔

    ちょっと狭めのバスルームですが明るくて清潔

  • 簡単なテーブルセットのみ

    簡単なテーブルセットのみ

  • 荷物を置いてすぐに町並み散策へ

    荷物を置いてすぐに町並み散策へ

  • ホテル前の通りは国鉄のマーストリヒト駅と聖セルファース橋までまっすぐ延びる石畳の大通りで、スタションス通りから名を変えてウィケル・ブルグ通りへとつながっています。

    ホテル前の通りは国鉄のマーストリヒト駅と聖セルファース橋までまっすぐ延びる石畳の大通りで、スタションス通りから名を変えてウィケル・ブルグ通りへとつながっています。

  • 通り沿いにはドイツとは違ってオランダらしい赤煉瓦造りの建物が建ち並びます。

    通り沿いにはドイツとは違ってオランダらしい赤煉瓦造りの建物が建ち並びます。

  • ホテル前の通りはちょっとした広場のよう

    ホテル前の通りはちょっとした広場のよう

  • レンタル自転車もズラリ

    レンタル自転車もズラリ

  • ウィケル・ブルグ通り

    ウィケル・ブルグ通り

  • マース川に架かる聖セルファース橋を渡ります。

    マース川に架かる聖セルファース橋を渡ります。

  • マース川の風景を眺めながら

    マース川の風景を眺めながら

  • 聖セルファース橋を渡って

    聖セルファース橋を渡って

  • 渡り終わった辺りにクリスマスマーケットの屋台らしきものがポツンと

    渡り終わった辺りにクリスマスマーケットの屋台らしきものがポツンと

  • お客さんの姿はなくお店の人もいないみたい

    お客さんの姿はなくお店の人もいないみたい

  • ウィケル・ブルグ通りの突き当りまで見えています。

    ウィケル・ブルグ通りの突き当りまで見えています。

  • 案内表示も充実

    案内表示も充実

  • 突き当りで左折するとこの眺めで聖母教会方面へ行けます。

    突き当りで左折するとこの眺めで聖母教会方面へ行けます。

  • 右折した方に見えるのが観光案内所<br /><br /><br />この奥に歩いていくと市庁舎があるマルクト広場に通じます。

    右折した方に見えるのが観光案内所


    この奥に歩いていくと市庁舎があるマルクト広場に通じます。

  • この階段を上がった所が観光案内所なのですが、ちょうど休憩時間だったみたいで扉が閉まっていました。

    この階段を上がった所が観光案内所なのですが、ちょうど休憩時間だったみたいで扉が閉まっていました。

  • 観光案内所の建物を見上げて

    観光案内所の建物を見上げて

  • マルクト広場にやってきました。<br /><br />石畳の広い広~い広場の中央に建つのが市庁舎の建物

    マルクト広場にやってきました。

    石畳の広い広~い広場の中央に建つのが市庁舎の建物

  • マルクト広場の周りを取り囲む建物は素敵なものばかり

    マルクト広場の周りを取り囲む建物は素敵なものばかり

  • 石畳の上にもお店が開かれています。

    石畳の上にもお店が開かれています。

  • マルクト広場にはお店が出ていてお花やお惣菜などがズラリと並んでいました。

    マルクト広場にはお店が出ていてお花やお惣菜などがズラリと並んでいました。

  • あとで見て、食べ物の写真ばかり撮っていたことに^^;

    あとで見て、食べ物の写真ばかり撮っていたことに^^;

  • 市庁舎の建物をバックにお店がズラリ

    市庁舎の建物をバックにお店がズラリ

  • さすがオランダ!お花がとってもきれい!!

    さすがオランダ!お花がとってもきれい!!

  • この冬の時期でも色とりどりのお花で溢れていました。

    この冬の時期でも色とりどりのお花で溢れていました。

  • 市庁舎を正面から見上げて

    市庁舎を正面から見上げて

  • 市庁舎前では衣料品などのお店も並んでいました。

    市庁舎前では衣料品などのお店も並んでいました。

  • お魚類も豊富

    お魚類も豊富

  • もちろんチーズも種類がたっくさん!!

    もちろんチーズも種類がたっくさん!!

  • 広場の一角にあった太っちょさんの像はMaaswiefの像(典型的なマーストリヒトの市場の女性像らしいです)

    広場の一角にあった太っちょさんの像はMaaswiefの像(典型的なマーストリヒトの市場の女性像らしいです)

  • あしもとにはこのようなプレートがはめ込まれていました。

    あしもとにはこのようなプレートがはめ込まれていました。

  • 美味しそうなのでシーフードのお惣菜を買って、

    美味しそうなのでシーフードのお惣菜を買って、

  • 露店前に設置されたスタンドでいただきました。

    露店前に設置されたスタンドでいただきました。

  • 市庁舎は1659年から16664年にかけて建てられたもの。<br /><br />塔には49のカリヨンがあり、決められた時間になると鳴りだすそうです。

    市庁舎は1659年から16664年にかけて建てられたもの。

    塔には49のカリヨンがあり、決められた時間になると鳴りだすそうです。

  • 残念ながらその音色を聞くことはできませんでした。

    残念ながらその音色を聞くことはできませんでした。

  • 市庁舎正面には左右から2階の入り口に通じる階段が設置されています。<br /><br />中央から左右に分かれて階段があり途中の踊り場で折れてまた中央の2階で合流する階段です。<br /><br />これは建設時にこの町に対峙する二つの勢力があったためだということです。

    市庁舎正面には左右から2階の入り口に通じる階段が設置されています。

    中央から左右に分かれて階段があり途中の踊り場で折れてまた中央の2階で合流する階段です。

    これは建設時にこの町に対峙する二つの勢力があったためだということです。

  • その階段を上って広場を見下ろしてみました。<br /><br />

    その階段を上って広場を見下ろしてみました。

  • 広場を埋め尽くす露店のテントは水曜日と金曜日に見られるとのこと。<br /><br />今日は金曜日ですものね、運がよかったかも♪

    広場を埋め尽くす露店のテントは水曜日と金曜日に見られるとのこと。

    今日は金曜日ですものね、運がよかったかも♪

  • 下の階段登り口を見て

    下の階段登り口を見て

  • これが階段の様子です。

    これが階段の様子です。

  • カリヨンが気になりながら

    カリヨンが気になりながら

  • マルクト広場を後に

    マルクト広場を後に

  • Helm St.に入ってきました。

    Helm St.に入ってきました。

  • ここにあるのがドミニカン教会<br /><br />教会と言っても、現在は違うんです。

    ここにあるのがドミニカン教会

    教会と言っても、現在は違うんです。

  • 入り口前にあった看板です。

    入り口前にあった看板です。

  • 約700年前に建てられた教会の中は本屋さんになっているんです。

    約700年前に建てられた教会の中は本屋さんになっているんです。

  • 祭壇などの基本的なものがそのまま利用されていて天井の高さが一層際立っています。

    祭壇などの基本的なものがそのまま利用されていて天井の高さが一層際立っています。

  • 柱や壁も美しいそのままの姿で、書棚にびっしり書籍が並んでいる本屋さんです。

    イチオシ

    柱や壁も美しいそのままの姿で、書棚にびっしり書籍が並んでいる本屋さんです。

  • 上階にも通路があって本がビッシリ~<br /><br />上階の通路から見下ろした眺め

    上階にも通路があって本がビッシリ~

    上階の通路から見下ろした眺め

  • 元は教会だったことがよくわかります。

    元は教会だったことがよくわかります。

  • 上階の通路で

    上階の通路で

  • 主祭壇だったところは現在はセルフのカフェになっています。

    イチオシ

    主祭壇だったところは現在はセルフのカフェになっています。

  • ここでちょっと一休み~(^^♪

    ここでちょっと一休み~(^^♪

  • カフェの席に座って寛ぎながら天井を見上げると

    カフェの席に座って寛ぎながら天井を見上げると

  • 美しい天井画が奥まで続いています。

    美しい天井画が奥まで続いています。

  • このカフェ、なかなかの人気で空席を見つけるのも一苦労でした。

    このカフェ、なかなかの人気で空席を見つけるのも一苦労でした。

  • ケーキも用意されています。

    ケーキも用意されています。

  • カフェのカウンター

    カフェのカウンター

  • 本屋さんを出て

    本屋さんを出て

  • ドミニカンを振り返って<br /><br />さぁ、次に行きますよ~

    ドミニカンを振り返って

    さぁ、次に行きますよ~

44いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

デコさんの関連旅行記

デコさんの旅行記一覧

旅の計画・記録

「旅の計画」作成でもれなく300ポイント!

マイルに交換できるフォートラベルポイントが貯まる
フォートラベルポイントって?

オランダで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
オランダ最安 600円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

オランダの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

PAGE TOP

ピックアップ特集