桐生旅行記(ブログ) 一覧に戻る
ちょうど一年前、去年(2020)の訪問記です。このとき、5割くらい開花していましたが、今年(2021)は全般的に開花が早まっているようなので、もっと進んでいるかもしれません。<br /><br />で、去年の4月、桐生市新里町の「赤城寺」に、シャクナゲを見に行きました。このとき、シャクナゲは全体的には5割くらいの開花で、見頃にはやや早かったようですが、それでも綺麗な花を楽しめました。(2021.04.16.記)

「赤城寺」のシャクナゲ_2020_4月15日:5分咲きくらいですが綺麗でした(群馬県・桐生市)

18いいね!

2020/04/15 - 2020/04/15

132位(同エリア306件中)

0

61

minaMicaze

minaMicazeさん

ちょうど一年前、去年(2020)の訪問記です。このとき、5割くらい開花していましたが、今年(2021)は全般的に開花が早まっているようなので、もっと進んでいるかもしれません。

で、去年の4月、桐生市新里町の「赤城寺」に、シャクナゲを見に行きました。このとき、シャクナゲは全体的には5割くらいの開花で、見頃にはやや早かったようですが、それでも綺麗な花を楽しめました。(2021.04.16.記)

旅行の満足度
4.5
観光
3.5
同行者
一人旅
交通手段
自家用車 徒歩

PR

  • この日の三密回避の行き先は、上州赤城山の中腹です。群馬県みどり市の市街地から、国道353号線を西へ走り、4kmほど赤城山の中腹へ上ると、右側に「赤城寺」の看板と山門(?)があるのですが、よほど注意していないと見落とします。<br /><br />直前が右カーブなので、視線は主に道路の左を見ているし、右カーブの先が左カーブなので、視線は左カーブの先を見ることになり、右側は見落とし易いんです。<br /><br />しかも、「成田山 赤城寺」という大きな立て看板の手前に、それを半分隠すように「花」の看板があるので、チラッと見ても気付きません。<br />

    この日の三密回避の行き先は、上州赤城山の中腹です。群馬県みどり市の市街地から、国道353号線を西へ走り、4kmほど赤城山の中腹へ上ると、右側に「赤城寺」の看板と山門(?)があるのですが、よほど注意していないと見落とします。

    直前が右カーブなので、視線は主に道路の左を見ているし、右カーブの先が左カーブなので、視線は左カーブの先を見ることになり、右側は見落とし易いんです。

    しかも、「成田山 赤城寺」という大きな立て看板の手前に、それを半分隠すように「花」の看板があるので、チラッと見ても気付きません。

  • よく見ると、こんなに目立つ山門と看板なのですが、手前の右カーブが上り坂で、それを過ぎて道が下り始めたところなので、ここは車速が上がりやすい場所、なので、これも見落とし易くなる要因です。

    よく見ると、こんなに目立つ山門と看板なのですが、手前の右カーブが上り坂で、それを過ぎて道が下り始めたところなので、ここは車速が上がりやすい場所、なので、これも見落とし易くなる要因です。

  • 法定速度を遵守していたので見落とすことはなく、山門から入場します。正面に駐車場の案内看板があるので、それに従って、細い道を左に進みます。

    法定速度を遵守していたので見落とすことはなく、山門から入場します。正面に駐車場の案内看板があるので、それに従って、細い道を左に進みます。

  • ちょっと不安になりそうな細い山道を登ります。

    ちょっと不安になりそうな細い山道を登ります。

  • 途中、何の案内もないまま、かなりの距離を走ります。

    途中、何の案内もないまま、かなりの距離を走ります。

  • 鬱蒼とした木立の間を登ると、左に建物が見えてきます。そして、まだ登ります。<br /><br />この後、奥に見える矢印看板に従って右へ走ると、駐車場があります。

    鬱蒼とした木立の間を登ると、左に建物が見えてきます。そして、まだ登ります。

    この後、奥に見える矢印看板に従って右へ走ると、駐車場があります。

  • ここが駐車場です。写真中央奥の右(建物と燈籠群の間)から入ってきました。

    ここが駐車場です。写真中央奥の右(建物と燈籠群の間)から入ってきました。

  • 駐車場の南には、枝垂れ桜が咲き残っていましたが、向こう側は花は無くて葉桜になっています。<br /><br />二つの赤い燈籠の間が駐車場の出口で、スキーのジャンプ台のように急な(しかも細い)坂道を降りて出場します。道が狭いので、上り(さっき登ってきた道)と下りを、それぞれ一方通行にして分けています。

    駐車場の南には、枝垂れ桜が咲き残っていましたが、向こう側は花は無くて葉桜になっています。

    二つの赤い燈籠の間が駐車場の出口で、スキーのジャンプ台のように急な(しかも細い)坂道を降りて出場します。道が狭いので、上り(さっき登ってきた道)と下りを、それぞれ一方通行にして分けています。

  • 駐車場から、入ってきた道を少し戻ると、「赤城寺」の山門(仁王門?)があります。<br /><br />写真の左が登ってきた道、写真を撮ってる背中側が駐車場です。

    駐車場から、入ってきた道を少し戻ると、「赤城寺」の山門(仁王門?)があります。

    写真の左が登ってきた道、写真を撮ってる背中側が駐車場です。

  • 山門の手前の右に、大きなネコの像、石柱には「大黒招き猫」と刻まれています。

    山門の手前の右に、大きなネコの像、石柱には「大黒招き猫」と刻まれています。

  • 山門(仁王門?)です。

    山門(仁王門?)です。

  • 山門から見た境内です。

    山門から見た境内です。

  • 境内には入らず、山門の前の道を登ります。山門の前から、シャクナゲが始まります。

    境内には入らず、山門の前の道を登ります。山門の前から、シャクナゲが始まります。

  • 先ほどの「大黒招き猫」の後(背中側)です。だいぶ咲き始めています。

    イチオシ

    先ほどの「大黒招き猫」の後(背中側)です。だいぶ咲き始めています。

  • 山門の前の道を登ると、道は二つに分かれます。<br /><br />右へ行くと左回り、左へ行くと右回りで境内を巡れます。

    山門の前の道を登ると、道は二つに分かれます。

    右へ行くと左回り、左へ行くと右回りで境内を巡れます。

  • 左の道を登ります。

    左の道を登ります。

  • 綺麗に咲き始めています。

    綺麗に咲き始めています。

  • 少し登ると、左側(本堂の上)に、お不動様やお地蔵様が並んでいます。

    少し登ると、左側(本堂の上)に、お不動様やお地蔵様が並んでいます。

  • 「あっちゃん地蔵尊」です。「赤城寺」のHPによると、あっちゃん地蔵は水子供養のためのお地蔵様です。

    「あっちゃん地蔵尊」です。「赤城寺」のHPによると、あっちゃん地蔵は水子供養のためのお地蔵様です。

  • その隣は、江戸期に製作された大日不動明王です。

    その隣は、江戸期に製作された大日不動明王です。

  • その西側には、赤と白とピンクの花が咲いています。

    その西側には、赤と白とピンクの花が咲いています。

  • 西の端には「まゆ玉大黒堂」があります。<br /><br />「赤城寺」のHPによると「七福神の大黒様と、仏教の大黒天が、両方まつられている世にも珍しいお堂」だそうです。

    西の端には「まゆ玉大黒堂」があります。

    「赤城寺」のHPによると「七福神の大黒様と、仏教の大黒天が、両方まつられている世にも珍しいお堂」だそうです。

  • その上には、咲き残っているサクラと、咲き始めたシャクナゲが見えます。

    その上には、咲き残っているサクラと、咲き始めたシャクナゲが見えます。

  • 下に見えるのは、本堂の屋根です。

    下に見えるのは、本堂の屋根です。

  • 「まゆ玉大黒堂」の上にお社があります。「金成稲荷」です。

    「まゆ玉大黒堂」の上にお社があります。「金成稲荷」です。

  • 下には藤棚が見えます。その奥にちょっとだけ見える屋根は本堂です。

    下には藤棚が見えます。その奥にちょっとだけ見える屋根は本堂です。

  • 藤棚の下の遊歩道へ降りていきます。

    イチオシ

    藤棚の下の遊歩道へ降りていきます。

  • 右後は、藤の蕾です。

    右後は、藤の蕾です。

  • 藤棚の下にシャクナゲが咲き始めています。後の鉄骨が藤棚です。

    藤棚の下にシャクナゲが咲き始めています。後の鉄骨が藤棚です。

  • 東へ歩いて行くと、カエルがいます。

    東へ歩いて行くと、カエルがいます。

  • その隣りに、もう一匹います。

    その隣りに、もう一匹います。

  • さらに上に登っていくと、陽当たりが良いからでしょうか、開花が進んでいます。

    さらに上に登っていくと、陽当たりが良いからでしょうか、開花が進んでいます。

  • 左後ろの、新芽が紅いモミジも綺麗です。

    イチオシ

    左後ろの、新芽が紅いモミジも綺麗です。

  • ピンクのシャクナゲと、紅いモミジです。

    ピンクのシャクナゲと、紅いモミジです。

  • 登ってきた道を、見下ろしています。右後方に、に関東平野が見えます。

    登ってきた道を、見下ろしています。右後方に、に関東平野が見えます。

  • 境内の最上部、北の端です。

    境内の最上部、北の端です。

  • 東へ歩いて、振り返った景色です。

    東へ歩いて、振り返った景色です。

  • 東側へ、少し下ったところに建物があります。

    東側へ、少し下ったところに建物があります。

  • 建物の南東側の斜面一帯が、シャクナゲ園のように仕立てられていて、中の遊歩道を散策できます。

    建物の南東側の斜面一帯が、シャクナゲ園のように仕立てられていて、中の遊歩道を散策できます。

  • 南側が開けています。

    南側が開けています。

  • 木の間から青空が見えます。

    木の間から青空が見えます。

  • 関東平野も見えます。

    関東平野も見えます。

  • 陽当たりの良い林です。

    陽当たりの良い林です。

  • 林の中に、このような散策路が整備されています。

    林の中に、このような散策路が整備されています。

  • 林の中から、遠くの山が見えます。榛名山かな?

    林の中から、遠くの山が見えます。榛名山かな?

  • 林の中の散策路です。

    林の中の散策路です。

  • 林の中にも沢山咲いています。

    林の中にも沢山咲いています。

  • 木漏れ日が当たると、より綺麗に見えます。

    イチオシ

    木漏れ日が当たると、より綺麗に見えます。

  • 開けたところでは、青空も見えます。

    開けたところでは、青空も見えます。

  • (これから開く)蕾も沢山あります。

    (これから開く)蕾も沢山あります。

  • なので、花はもっと増えそうです。

    なので、花はもっと増えそうです。

  • 林野東側へ出てきました。

    イチオシ

    林野東側へ出てきました。

  • ここが東の端です。右から下りてきて、左へ下りていきます。

    ここが東の端です。右から下りてきて、左へ下りていきます。

  • 左へ下りていくと、屋根が見えます。

    左へ下りていくと、屋根が見えます。

  • 右側の山の斜面です。

    右側の山の斜面です。

  • 先ほど見えた屋根は、鐘楼でした。

    先ほど見えた屋根は、鐘楼でした。

  • 鐘楼から、さらに坂を下ります。

    鐘楼から、さらに坂を下ります。

  • 下ってきて振り返ったら、”入口”の看板がありました。こちらから上がるのが順路だったようです。

    下ってきて振り返ったら、”入口”の看板がありました。こちらから上がるのが順路だったようです。

  • 山門が見えるところまで下りてきました。

    山門が見えるところまで下りてきました。

  • そして、ここが駐車所の出口です。

    そして、ここが駐車所の出口です。

  • 関東平野を望める急斜面、細くて急な下り坂(しかも曲がっている)を、ゆっくりと走って帰ります。<br /><br />( おしまい )

    関東平野を望める急斜面、細くて急な下り坂(しかも曲がっている)を、ゆっくりと走って帰ります。

    ( おしまい )

18いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

旅の計画・記録

マイルに交換できるフォートラベルポイントが貯まる
フォートラベルポイントって?

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

桐生の人気ホテルランキング

PAGE TOP

ピックアップ特集