タリン旅行記(ブログ) 一覧に戻る
バルト三国最後の観光は一番北のエストニア。<br />ここでは旧市街をたっぷり楽しめるはず、なんですが、はたまたどうなることやら。<br /><br />9/14 成田前泊<br />9/15 成田空港からヘルシンキ経由でヴィリニュスへ<br />9/16 ヴィリニュス市内観光、トラカイ城見学<br />9/17 カウナス観光、十字架の丘、リガへ移動<br />9/18 リガ市内観光、ルンダーレ宮殿見学<br />9/19 スィグルダ観光、タリンへ移動<br />9/20 タリン市内観光、午後自由行動<br />9/21 フェリーでヘルシンキへ移動、直行便で成田へ<br />9/22 成田着

大陸のほとりにて 8

4いいね!

2019/09/19 - 2019/09/20

1122位(同エリア1436件中)

1

74

sasha glen

sasha glenさん

バルト三国最後の観光は一番北のエストニア。
ここでは旧市街をたっぷり楽しめるはず、なんですが、はたまたどうなることやら。

9/14 成田前泊
9/15 成田空港からヘルシンキ経由でヴィリニュスへ
9/16 ヴィリニュス市内観光、トラカイ城見学
9/17 カウナス観光、十字架の丘、リガへ移動
9/18 リガ市内観光、ルンダーレ宮殿見学
9/19 スィグルダ観光、タリンへ移動
9/20 タリン市内観光、午後自由行動
9/21 フェリーでヘルシンキへ移動、直行便で成田へ
9/22 成田着

旅行の満足度
5.0
観光
5.0
ホテル
4.5
同行者
一人旅
交通手段
観光バス 徒歩
旅行の手配内容
ツアー(添乗員同行あり)

PR

  • 今夜のホテルに着いたようです。

    今夜のホテルに着いたようです。

  • この廊下、ちょっといかがわしい雰囲気……。<br />ここだけかなりモダンなホテルだった気がします。

    この廊下、ちょっといかがわしい雰囲気……。
    ここだけかなりモダンなホテルだった気がします。

    ノルディック ホテル フォーラム ホテル

  • 部屋に入ると、、、<br />よかった。広い。

    部屋に入ると、、、
    よかった。広い。

  • ツインルームです。<br /><br />今回利用したホテルはどこもベッドは小さめでした。<br />大の字になったら手足が出てしまうくらいです。<br />こちらのスタンダードだとしたら、日本人より体格のいい現地の方は大変でしょうね。

    ツインルームです。

    今回利用したホテルはどこもベッドは小さめでした。
    大の字になったら手足が出てしまうくらいです。
    こちらのスタンダードだとしたら、日本人より体格のいい現地の方は大変でしょうね。

  • バスルームのタイルがおしゃれで思わずパチリ。

    バスルームのタイルがおしゃれで思わずパチリ。

  • バスルームを外から見るとこんな感じです。<br />電気がつくと外からでも分かります。

    バスルームを外から見るとこんな感じです。
    電気がつくと外からでも分かります。

  • 今夜はホテルで夕食です。<br />朝食も同じレストランでした。

    今夜はホテルで夕食です。
    朝食も同じレストランでした。

  • トマトとモッツァレラチーズのサラダ。<br />マルゲリータ風とも言う?

    トマトとモッツァレラチーズのサラダ。
    マルゲリータ風とも言う?

  • チキンの照り焼き。

    チキンの照り焼き。

  • チョコレートケーキにイチゴを添えて。

    チョコレートケーキにイチゴを添えて。

  • 翌朝、軽ーく散策するつもりで外に出ました。<br />ホテルはヴィル門からほど近いところにあります。<br />バスターミナルにもなっているヴィル・ケスクスが道路を挟んだ向かいにあります。

    翌朝、軽ーく散策するつもりで外に出ました。
    ホテルはヴィル門からほど近いところにあります。
    バスターミナルにもなっているヴィル・ケスクスが道路を挟んだ向かいにあります。

  • 旧市街は午後たっぷり歩き回る予定だし、ちょっと新市街を歩いておきたかったんです。

    旧市街は午後たっぷり歩き回る予定だし、ちょっと新市街を歩いておきたかったんです。

  • 夕食が自由食なので、もし一人になったら行こうと思っていたショッピングセンターの場所を確認。<br />ここのフードコートなら手軽に食べられると聞きました。

    夕食が自由食なので、もし一人になったら行こうと思っていたショッピングセンターの場所を確認。
    ここのフードコートなら手軽に食べられると聞きました。

    ソラリス ショッピングセンター

  • ホールが二つ並んだ一角。

    ホールが二つ並んだ一角。

    エストニア劇場 (エストニア国立オペラ&エストニア コンサートホール) 劇場・ホール・ショー

  • 新市街にもかかわらず、かわいい建物。

    新市街にもかかわらず、かわいい建物。

  • 地図を見ながら、このままラエコヤ広場経由で帰れると思いひたすら歩いたんですが、、、<br />(地図を見ると、どうやら前方に見えていたのはカールリ教会だったようです)

    地図を見ながら、このままラエコヤ広場経由で帰れると思いひたすら歩いたんですが、、、
    (地図を見ると、どうやら前方に見えていたのはカールリ教会だったようです)

  • ヨハン・ピトゥカ像。<br /><br />どうやら道を間違えたよう。<br />北に向かっていたつもりが実は西へ西へと歩いてしまったよう。<br />慌てて方向転換をして、坂道を登っていたら、こんなモニュメントが。

    ヨハン・ピトゥカ像。

    どうやら道を間違えたよう。
    北に向かっていたつもりが実は西へ西へと歩いてしまったよう。
    慌てて方向転換をして、坂道を登っていたら、こんなモニュメントが。

  • トームペア城。<br /><br />ツアーの旧市街散策でもここから街歩きがスタートしました。<br />今は国会議事堂になっているそうです。

    トームペア城。

    ツアーの旧市街散策でもここから街歩きがスタートしました。
    今は国会議事堂になっているそうです。

    トームペア城 城・宮殿

  • アレクサンドル・ネフスキー聖堂。<br /><br />左に見えるはずの聖堂が右に見えたときは焦りました。<br />おかげで誰もいないところで写真が撮れました。

    アレクサンドル・ネフスキー聖堂。

    左に見えるはずの聖堂が右に見えたときは焦りました。
    おかげで誰もいないところで写真が撮れました。

    アレクサンドル ネフスキー聖堂 寺院・教会

  • さて、どっちへ行ったら帰れるんだろう?

    さて、どっちへ行ったら帰れるんだろう?

  • ゆっくり散策したいのはやまやまだけど、予定外だから時間が気になって仕方がありません。

    ゆっくり散策したいのはやまやまだけど、予定外だから時間が気になって仕方がありません。

  • なるべく最短で戻れそうな道を選ぶことにしましょう。

    なるべく最短で戻れそうな道を選ぶことにしましょう。

  • アレクサンドル・ネフスキー聖堂裏の小道から城壁をくぐることにします。

    アレクサンドル・ネフスキー聖堂裏の小道から城壁をくぐることにします。

  • ギャーッッッ!!!<br /><br />城壁をくぐった途端、ホラーのような銅像に迎えられました。

    ギャーッッッ!!!

    城壁をくぐった途端、ホラーのような銅像に迎えられました。

  • なんで道に迷った挙句に、朝日を浴びながらホラー体験をしてるんだろう、私。

    なんで道に迷った挙句に、朝日を浴びながらホラー体験をしてるんだろう、私。

  • 階段と坂道が半々になった小道を下りていきます。

    階段と坂道が半々になった小道を下りていきます。

  • 下りきったところで振り返ると、、、<br /><br />なんだか見覚えのある風景。<br />何度か4travelの中で見ていた、あの短足通りでした。<br />Helena Tilkの看板が目に入って気が付きました。<br />こんな雰囲気のいいところだったなんて。

    下りきったところで振り返ると、、、

    なんだか見覚えのある風景。
    何度か4travelの中で見ていた、あの短足通りでした。
    Helena Tilkの看板が目に入って気が付きました。
    こんな雰囲気のいいところだったなんて。

  • 下り坂がもう少し続きます。

    下り坂がもう少し続きます。

  • 聖ニコラス教会まで来れました。<br />ここの内部見学はツアーに含まれています。

    聖ニコラス教会まで来れました。
    ここの内部見学はツアーに含まれています。

    聖ニコラス (ニグリステ)教会 寺院・教会

  • ここでも右へ行こうか左へ行こうか地図とにらめっこをしていたら、建物から出てきたおじさんに迷子と思われたのか、「大丈夫?」と声をかけられてしまいました。<br />まぁ、迷子には違いないか。

    ここでも右へ行こうか左へ行こうか地図とにらめっこをしていたら、建物から出てきたおじさんに迷子と思われたのか、「大丈夫?」と声をかけられてしまいました。
    まぁ、迷子には違いないか。

  • 結局左の道へ。<br />Rataskaevu通りでした。

    結局左の道へ。
    Rataskaevu通りでした。

  • 分かれ道ごとにどっちへ行こうか迷ってしまいます。

    分かれ道ごとにどっちへ行こうか迷ってしまいます。

  • どの通りも、いい雰囲気だなぁ。

    どの通りも、いい雰囲気だなぁ。

  • ようやくラエコヤ広場です。<br />昼間は観光グループでにぎやかですが、今はほとんど人通りがありません。

    ようやくラエコヤ広場です。
    昼間は観光グループでにぎやかですが、今はほとんど人通りがありません。

    ラエコヤ広場 広場・公園

  • これだから朝の散歩はやめられません。

    これだから朝の散歩はやめられません。

  • そろそろ時間も気になるところですが、角を曲がるたびに写真を撮りたくなってしまいます。

    そろそろ時間も気になるところですが、角を曲がるたびに写真を撮りたくなってしまいます。

  • 午後の自由時間、楽しみだなぁ。

    午後の自由時間、楽しみだなぁ。

  • お天気が持ちますように。

    お天気が持ちますように。

  • ヴィル門。<br />ここまで戻ればホテルはすぐそこ。

    ヴィル門。
    ここまで戻ればホテルはすぐそこ。

    ヴィル門 建造物

  • ヴィル門近くに並んだお花屋さん。<br />リガの市場に負けないくらい華やか。

    ヴィル門近くに並んだお花屋さん。
    リガの市場に負けないくらい華やか。

  • ホテルまで戻ってきました。<br />前面の窓ガラスが特徴的です。

    ホテルまで戻ってきました。
    前面の窓ガラスが特徴的です。

  • ようやく朝ごはん。<br />時間に遅れないように身支度しないとです。

    ようやく朝ごはん。
    時間に遅れないように身支度しないとです。

  • 最初はバスで海沿いを北へ向かって移動します。

    最初はバスで海沿いを北へ向かって移動します。

  • 歌の原。<br />5年に一度の歌と踊りの祭典で利用される野外ステージです。<br />毎回当日券を求める観光客がいるそうですが、まず取れないそうです。

    歌の原。
    5年に一度の歌と踊りの祭典で利用される野外ステージです。
    毎回当日券を求める観光客がいるそうですが、まず取れないそうです。

    歌の原 (歌の広場) 劇場・ホール・ショー

  • この芝生が人であふれかえるんですって。

    この芝生が人であふれかえるんですって。

  • Gustav Ernesaks像。<br />ソビエト時代のエストニア国歌を作曲した人。<br />バルト三国での歌の革命にも一役買ったそうです。

    Gustav Ernesaks像。
    ソビエト時代のエストニア国歌を作曲した人。
    バルト三国での歌の革命にも一役買ったそうです。

  • バスで街の中心まで戻ります。

    バスで街の中心まで戻ります。

  • 旧市街は山の手から散策スタートです。<br />朝図らずも行ってしまったトームペア城とアレクサンドル・ネフスキー聖堂を外観のみ見学した後、大聖堂へ。<br />日本同様、山の手はお金持ちが住んでいた地区。<br />こちらの大聖堂もお金持ちのための聖堂です。

    旧市街は山の手から散策スタートです。
    朝図らずも行ってしまったトームペア城とアレクサンドル・ネフスキー聖堂を外観のみ見学した後、大聖堂へ。
    日本同様、山の手はお金持ちが住んでいた地区。
    こちらの大聖堂もお金持ちのための聖堂です。

  • 大聖堂から少し歩いて、、、

    大聖堂から少し歩いて、、、

  • コフトウッツァ展望台へ。

    コフトウッツァ展望台へ。

    コフトウッツァ展望台 建造物

  • 旧市街から港まで見渡せる、ステキな展望台です。<br />写真スポットなのでたくさんの観光客が写真撮影に来ていました。

    旧市街から港まで見渡せる、ステキな展望台です。
    写真スポットなのでたくさんの観光客が写真撮影に来ていました。

    コフトウッツァ展望台 建造物

  • たっぷり写真を撮ったら移動です。

    たっぷり写真を撮ったら移動です。

  • 朝もやってきた城壁の外側。<br />じっくり見なかったけど、かなり堅牢に作られているんですね。

    朝もやってきた城壁の外側。
    じっくり見なかったけど、かなり堅牢に作られているんですね。

  • この時間になると本当にのどか。<br />人の賑わいも出てきて、朝のホラーがコメディに思える。

    この時間になると本当にのどか。
    人の賑わいも出てきて、朝のホラーがコメディに思える。

  • 朝と同じように短足通りを抜けて、いよいよ聖ニコラス教会の見学です。<br />教会とは言うものの、現在は博物館として運営されています。

    朝と同じように短足通りを抜けて、いよいよ聖ニコラス教会の見学です。
    教会とは言うものの、現在は博物館として運営されています。

    聖ニコラス (ニグリステ)教会 寺院・教会

  • コートや荷物をロッカーに入れます。

    コートや荷物をロッカーに入れます。

  • ロッカーを使う方はこちらのコインもどきを利用します。

    ロッカーを使う方はこちらのコインもどきを利用します。

  • もともと聖ニコラス教会に所蔵されていた美術品が主に展示されていますが、そのほかの教会にあったものも集められてきたそうです。

    もともと聖ニコラス教会に所蔵されていた美術品が主に展示されていますが、そのほかの教会にあったものも集められてきたそうです。

  • その価値は国宝級だそう。

    その価値は国宝級だそう。

  • 一番有名なのが、「死の舞踏」でしょうか。<br />あまり絵画に詳しくない私は、どうしてもサン=サーンスを思い浮かべてしまいます。

    一番有名なのが、「死の舞踏」でしょうか。
    あまり絵画に詳しくない私は、どうしてもサン=サーンスを思い浮かべてしまいます。

  • 一見ごく普通の教会です。

    一見ごく普通の教会です。

  • 祭壇。<br />中央がさらに開くようになっていて、中には40体の聖人像が収められています。<br />年に一度は一般公開されているそうですが、私が行ったときは中のものをモニター映像で流していました。

    祭壇。
    中央がさらに開くようになっていて、中には40体の聖人像が収められています。
    年に一度は一般公開されているそうですが、私が行ったときは中のものをモニター映像で流していました。

  • 聖家族の祭壇。<br />こちらはすべてがオリジナルというわけではないようです。

    聖家族の祭壇。
    こちらはすべてがオリジナルというわけではないようです。

  • 眼にルビーがあしらわれているという鳥の像。<br />ここでうまく色を出せたらプロのカメラマンになれるかも?

    眼にルビーがあしらわれているという鳥の像。
    ここでうまく色を出せたらプロのカメラマンになれるかも?

  • 紋章が掲げられている一角も。

    紋章が掲げられている一角も。

  • ラエコヤ広場にやってきました。<br />市庁舎は近づきすぎるとカメラに収まりません。

    ラエコヤ広場にやってきました。
    市庁舎は近づきすぎるとカメラに収まりません。

    旧市庁舎 (タリン) 史跡・遺跡

  • ガイドさんが市庁舎広場に面した薬局に案内してくれました。

    ガイドさんが市庁舎広場に面した薬局に案内してくれました。

    市議会薬局 史跡・遺跡

  • 奥が「博物館」になっているので、ちょっとお店全体が展示室のよう。<br />きちんと営業している薬局で、現在使われているお薬もちゃんと販売されています。<br />ガイドさんがハンドクリームなんかの試用を進めている間に、後ろからお店の方に声をかけられ、<br />顔に塗ってみろとクリームを出されました。<br />(買いませんでしたが、使い心地はよかったです)<br />はたから見てわかるほど、肌荒れがひどかったようです。

    奥が「博物館」になっているので、ちょっとお店全体が展示室のよう。
    きちんと営業している薬局で、現在使われているお薬もちゃんと販売されています。
    ガイドさんがハンドクリームなんかの試用を進めている間に、後ろからお店の方に声をかけられ、
    顔に塗ってみろとクリームを出されました。
    (買いませんでしたが、使い心地はよかったです)
    はたから見てわかるほど、肌荒れがひどかったようです。

  • にぎやかなPikk通り。<br />手前の黄色い建物がギルド会館だったと思います。

    にぎやかなPikk通り。
    手前の黄色い建物がギルド会館だったと思います。

  • 最後のツアー食。<br />ラエコヤ広場に面したお店です。

    最後のツアー食。
    ラエコヤ広場に面したお店です。

    マイクラフ 地元の料理

  • 半地下みたいなところでした。

    半地下みたいなところでした。

  • トーストにパテが付いた前菜。

    トーストにパテが付いた前菜。

  • お魚にクリームソース。付け合わせはマッシュポテトでした。<br />お味はあっさりめ。

    お魚にクリームソース。付け合わせはマッシュポテトでした。
    お味はあっさりめ。

  • チョコレートとベリーのケーキ。<br /><br />さて、自由時間、どこに行こうかしら?

    チョコレートとベリーのケーキ。

    さて、自由時間、どこに行こうかしら?

4いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

この旅行記へのコメント (1)

開く

閉じる

  • ももであさん 2020/06/30 20:21:29
    遠路はるばる...
    sasha glenさん

    大陸のほとりの街は落ち着いた雰囲気で美しいですね。

    思えば日露戦争時、このタリンの港からバルチック艦隊が出港し
    延々喜望峰を周り日本までやって来たのだからすごいですね。

    日本へ着く頃には疲れ切って、あっさり連合艦隊に負けた!?
    これがウラジオストク発なら歴史は変わっていたかも知れませんね。

sasha glenさんのトラベラーページ

この旅行で行ったホテル

この旅行で行ったスポット

この旅行で行ったグルメ・レストラン

旅の計画・記録

マイルに交換できるフォートラベルポイントが貯まる
フォートラベルポイントって?

エストニアで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
エストニア最安 450円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

エストニアの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

PAGE TOP

ピックアップ特集