ヴュルツブルク旅行記(ブログ) 一覧に戻る
私はヨーロッパの歴史の中ではドイツの歴史に興味があり、以前からエルツ城とホーエンツォレルン城に行ってみたいと思っていました。今回このお城とノイシュバンシュタイン城や、かつて訪れたことのある街も観光するツアーを見つけたので参加しました。<br /><br />★主な旅程<br />・  9/6  (金) 東京(成田)発11:25  →JL407→16:30  フランクフルト<br />・  9/7  (土) フランクフルト→リューデスハイム→ライン川クルーズ→<br />      ザンクトゴアール→ヴィアーシェム→エルツ城観光→<br />      ルートヴィヒスハーフェン <br />・  9/8   (日) ルートヴィヒスハーフェン→ハイデルベルク散策→へッヒンゲン<br />      →ホーエンツォレルン城観光→へッヒンゲン→フュッセン <br />・  9/9   (月) フュッセン→ホーエンシュバンガウ→ノイシュバンシュタイン城観光<br />      →ヴィース→ヴィース巡礼教会観光→ロマンティック街道ドライブ<br />      →ローテンブルク<br />・  9/10  (火) ローテンブルク観光→ヴュルツブルク観光→フランクフルト空港<br />      →19:40 発→JL408<br />・  9/11   (水) 東京(成田)着13:55<br /><br />★今回利用したツアー<br />  H.I.S. Impressoドイツ満喫紀行6日間<br /><br />★旅の感想<br /> エルツ城とホーエンツォレルン城を観光するツアーはあまりないと思いますのでツアーに参加できて満足です。更にとても有名なノイシュバンシュタイン城やヴィース教会の素晴らしさも味わえて充実した旅でした。こうした少しオタク的なお城と一般的に人気のある場所をコンパクトにまとめてあるよく出来たツアーだと思います。<br /> また、かつて訪れたハイデルベルクやローテンブルクに再び来られたこともとても幸せに感じました。旅行中お天気は最終日以外は雨が降ったり止んだりでしたがお城はむしろ幻想的で中世の物語のようで忘れがたい景色となりました。<br /> 添乗員さんもしっかりした感じの良い方で信頼できました。ホテルや食事も特に問題もなく快適でした。観光地を含みながらも全体的に治安の良い地域の旅で心穏やかに過ごせたのもとても良かったと思います。

ドイツお城巡りの旅 PART 5/5

40いいね!

2019/09/06 - 2019/09/11

25位(同エリア387件中)

旅行記グループ ドイツお城巡りの旅

8

53

ちゃたろうさん

この旅行記のスケジュール

2019/09/10

  • フランクフルト発→東京(成田空港)へ JL408便

私はヨーロッパの歴史の中ではドイツの歴史に興味があり、以前からエルツ城とホーエンツォレルン城に行ってみたいと思っていました。今回このお城とノイシュバンシュタイン城や、かつて訪れたことのある街も観光するツアーを見つけたので参加しました。

★主な旅程
・ 9/6 (金) 東京(成田)発11:25 →JL407→16:30 フランクフルト
・ 9/7 (土) フランクフルト→リューデスハイム→ライン川クルーズ→
      ザンクトゴアール→ヴィアーシェム→エルツ城観光→
      ルートヴィヒスハーフェン 
・ 9/8 (日) ルートヴィヒスハーフェン→ハイデルベルク散策→へッヒンゲン
      →ホーエンツォレルン城観光→へッヒンゲン→フュッセン 
・ 9/9 (月) フュッセン→ホーエンシュバンガウ→ノイシュバンシュタイン城観光
      →ヴィース→ヴィース巡礼教会観光→ロマンティック街道ドライブ
      →ローテンブルク
・ 9/10 (火) ローテンブルク観光→ヴュルツブルク観光→フランクフルト空港
      →19:40 発→JL408
・ 9/11 (水) 東京(成田)着13:55

★今回利用したツアー
  H.I.S. Impressoドイツ満喫紀行6日間

★旅の感想
 エルツ城とホーエンツォレルン城を観光するツアーはあまりないと思いますのでツアーに参加できて満足です。更にとても有名なノイシュバンシュタイン城やヴィース教会の素晴らしさも味わえて充実した旅でした。こうした少しオタク的なお城と一般的に人気のある場所をコンパクトにまとめてあるよく出来たツアーだと思います。
 また、かつて訪れたハイデルベルクやローテンブルクに再び来られたこともとても幸せに感じました。旅行中お天気は最終日以外は雨が降ったり止んだりでしたがお城はむしろ幻想的で中世の物語のようで忘れがたい景色となりました。
 添乗員さんもしっかりした感じの良い方で信頼できました。ホテルや食事も特に問題もなく快適でした。観光地を含みながらも全体的に治安の良い地域の旅で心穏やかに過ごせたのもとても良かったと思います。

旅行の満足度
5.0
観光
5.0
ホテル
5.0
グルメ
5.0
ショッピング
5.0
交通
5.0
同行者
一人旅
一人あたり費用
25万円 - 30万円
交通手段
観光バス 徒歩 飛行機
航空会社
JAL
旅行の手配内容
ツアー(添乗員同行あり)

PR

  • ホテルの部屋の窓からの眺めです。この街並み、きれいだなあ!。

    ホテルの部屋の窓からの眺めです。この街並み、きれいだなあ!。

  • 早朝のホテル前の通りの様子。静かで空気もさわやかで気持ち良いです。

    早朝のホテル前の通りの様子。静かで空気もさわやかで気持ち良いです。

  • ホテルの看板です。どのお店の看板もとてもきれいで見入ってしまいます。看板でホテルの屋号がわかるそうです。このホテルはゴルデナーヒルシュなので金色の鹿が看板になっています。どの看板もデザインがセンスよく、とてもひきつけられます。

    ホテルの看板です。どのお店の看板もとてもきれいで見入ってしまいます。看板でホテルの屋号がわかるそうです。このホテルはゴルデナーヒルシュなので金色の鹿が看板になっています。どの看板もデザインがセンスよく、とてもひきつけられます。

  • ホテルの外観。とても古いホテルだそうですが、内部は新しく使いやすく(鍵は難しいです)不満がありません。城壁内ですしプレーンラインの前という立地が良かったと思いました。<br />

    ホテルの外観。とても古いホテルだそうですが、内部は新しく使いやすく(鍵は難しいです)不満がありません。城壁内ですしプレーンラインの前という立地が良かったと思いました。

  • ホテルゴルドナーヒルシュの前で。同じツアーの方が撮ってくれました。思い出ですね。

    ホテルゴルドナーヒルシュの前で。同じツアーの方が撮ってくれました。思い出ですね。

  • 以前来た時もこの場所はとても記憶に残りましたが、ホテル近くなので早朝の様子もゆっくり見られてとてもうれしかったです。

    以前来た時もこの場所はとても記憶に残りましたが、ホテル近くなので早朝の様子もゆっくり見られてとてもうれしかったです。

  • 朝食はビュッフェでした。品数豊富ですしおいしいです。今回は、どのホテルも朝食が充実でちょっと意外でした。うれしい驚きです。

    朝食はビュッフェでした。品数豊富ですしおいしいです。今回は、どのホテルも朝食が充実でちょっと意外でした。うれしい驚きです。

  • ここからの眺めは見飽きることがありません。ローテンブルクは12世紀に街の要塞化が始まり13世紀には帝国都市となり特権が与えられて繁栄したそうです。その後宗教戦争、30年戦争、外国の侵略などで衰退したので忘れられいったので中世の街並みが残ったそうです。衰退したがために街が保存されたということはタリンでも聞きました。ドイツの古い街並みがあるためにナチスに評価され守られたということもあったようです。第二次大戦では空爆されて破壊焼失されたところもあり戦後に忠実に再現されたのでした。歴史をふりかえれば、中世そのものの美しい街に数々の出来事や困難があり乗り越えてきたのだなと思いました。

    ここからの眺めは見飽きることがありません。ローテンブルクは12世紀に街の要塞化が始まり13世紀には帝国都市となり特権が与えられて繁栄したそうです。その後宗教戦争、30年戦争、外国の侵略などで衰退したので忘れられいったので中世の街並みが残ったそうです。衰退したがために街が保存されたということはタリンでも聞きました。ドイツの古い街並みがあるためにナチスに評価され守られたということもあったようです。第二次大戦では空爆されて破壊焼失されたところもあり戦後に忠実に再現されたのでした。歴史をふりかえれば、中世そのものの美しい街に数々の出来事や困難があり乗り越えてきたのだなと思いました。

  • ホテルの近くにあるグロッケというワインの店です。小さいお店ですがローテンブルク近くのぶどう畑のぶどうでワインを作って販売しています。ボックスボイテルという独特の形の瓶のフランケンワインがたくさん売られています。女性の店員さんは静かな口調で丁寧に説明してくれます。価格もとてもリーズナブルです。家族のおみやげに買いました。ホテルが近いのでその後の荷造りも楽でよかったです。

    ホテルの近くにあるグロッケというワインの店です。小さいお店ですがローテンブルク近くのぶどう畑のぶどうでワインを作って販売しています。ボックスボイテルという独特の形の瓶のフランケンワインがたくさん売られています。女性の店員さんは静かな口調で丁寧に説明してくれます。価格もとてもリーズナブルです。家族のおみやげに買いました。ホテルが近いのでその後の荷造りも楽でよかったです。

  • ワイン店の向かいに古い泉があります。白鳥の首のような管が何本かあり水が流れでています。

    ワイン店の向かいに古い泉があります。白鳥の首のような管が何本かあり水が流れでています。

  • 早朝の散策で城壁に行きました。古いですが堂々として堅固なふんいきがします。

    早朝の散策で城壁に行きました。古いですが堂々として堅固なふんいきがします。

  • 城壁は古くて幅も狭いですが、そんなに歩きにくくもなくおもしろいです。街並みもよく見えます。教会の鐘の音も聞こえて良い思い出になりました。また来たいです。

    城壁は古くて幅も狭いですが、そんなに歩きにくくもなくおもしろいです。街並みもよく見えます。教会の鐘の音も聞こえて良い思い出になりました。また来たいです。

  • 城壁の屋根の内側です。

    城壁の屋根の内側です。

  • 城壁の上からの眺めは素晴らしいです。歩いて行くと木組みのかわいらしい家が見えました。ここはグラナッハ鍛冶屋です。オリジナルは1945年の空襲で焼失し戦後に再建されたそうです。この屋根や家の色合いなど物語の世界ですね。

    城壁の上からの眺めは素晴らしいです。歩いて行くと木組みのかわいらしい家が見えました。ここはグラナッハ鍛冶屋です。オリジナルは1945年の空襲で焼失し戦後に再建されたそうです。この屋根や家の色合いなど物語の世界ですね。

  • ローテンブルクは誰もが見たくなるような街並みや景色がそろっているのですよね。

    ローテンブルクは誰もが見たくなるような街並みや景色がそろっているのですよね。

  • 城壁の階段です。こういう階段がところどころにあります。急な階段なのでゆっくり登り降りします。

    城壁の階段です。こういう階段がところどころにあります。急な階段なのでゆっくり登り降りします。

  • マルクト広場へむかう途中のレストランです。白鳥亭とでもいうのでしょうか。

    マルクト広場へむかう途中のレストランです。白鳥亭とでもいうのでしょうか。

  • こちらはパン屋さんの看板です。プレッツェルをかたどっているそうです。

    こちらはパン屋さんの看板です。プレッツェルをかたどっているそうです。

  • こちらもパン屋さんの看板です。こうして見ていると観光客が楽しめる要素満載な街です。でもここは忠実に再建された部分があるにしても、テーマパークではなくて本当の歴史がどっしりと存在している街なのですよね。

    こちらもパン屋さんの看板です。こうして見ていると観光客が楽しめる要素満載な街です。でもここは忠実に再建された部分があるにしても、テーマパークではなくて本当の歴史がどっしりと存在している街なのですよね。

  • ここはホテルですが、17世紀にローテンブルクを帝国から救った市長の家だったそうです。30年戦争のときに攻めてきた帝国の将軍が3リットルのワインを飲み干したら街を救ってやると言い、実際に市長が飲み干して街が破壊されなかったというお話が残っているのです。<br />

    ここはホテルですが、17世紀にローテンブルクを帝国から救った市長の家だったそうです。30年戦争のときに攻めてきた帝国の将軍が3リットルのワインを飲み干したら街を救ってやると言い、実際に市長が飲み干して街が破壊されなかったというお話が残っているのです。

  • マルクト広場に着きました。ホテルからは少し上り坂ですが、ゆっくり歩いて見て回れるのもローテンブルクの魅力だと思います。

    マルクト広場に着きました。ホテルからは少し上り坂ですが、ゆっくり歩いて見て回れるのもローテンブルクの魅力だと思います。

  • 市議宴会館で、市議会員が宴会をする場所でした。市議会員は給与は無く、その代わりにここで宴会に参加したり、本来有力者なので市の運営の中で有利な立場になることで利益は得られたそうです。この時計を挟んだ左右の窓から、前述の街を救った市長の一気飲みの物語が再現されます。

    市議宴会館で、市議会員が宴会をする場所でした。市議会員は給与は無く、その代わりにここで宴会に参加したり、本来有力者なので市の運営の中で有利な立場になることで利益は得られたそうです。この時計を挟んだ左右の窓から、前述の街を救った市長の一気飲みの物語が再現されます。

  • 市庁舎です。後方はゴシック建築で前方はルネッサンス様式の建物だそうです。高さ60メートルの塔もあります。

    市庁舎です。後方はゴシック建築で前方はルネッサンス様式の建物だそうです。高さ60メートルの塔もあります。

  • 市庁舎の正面に塔の展望台への登り口があります。この階段をずっと登って行き展望台の直前ではハシゴによじ登って展望台に出ます。といっても以前の経験ですが。疲れた上に最後のハシゴが結構怖いのですが、展望台にいる観光客が引っ張りあげてくれたという思い出があります。たしかに素晴らしい眺めだったと思います。今回はパスしました。

    市庁舎の正面に塔の展望台への登り口があります。この階段をずっと登って行き展望台の直前ではハシゴによじ登って展望台に出ます。といっても以前の経験ですが。疲れた上に最後のハシゴが結構怖いのですが、展望台にいる観光客が引っ張りあげてくれたという思い出があります。たしかに素晴らしい眺めだったと思います。今回はパスしました。

  • 市庁舎にある帝国自由都市である鷲の紋章です。これが見たかったのです。ローテンブルクは<br />領邦国家ではなくて神聖ローマ帝国の都市だったのですから。

    市庁舎にある帝国自由都市である鷲の紋章です。これが見たかったのです。ローテンブルクは
    領邦国家ではなくて神聖ローマ帝国の都市だったのですから。

  • 聖ヤコブ教会の塔が見えます。この塔を建築した先生と弟子がいて弟子の出来栄えがすばらしかったので先生はショックで塔から身を投げて死んでしまったということです。<br />

    聖ヤコブ教会の塔が見えます。この塔を建築した先生と弟子がいて弟子の出来栄えがすばらしかったので先生はショックで塔から身を投げて死んでしまったということです。

  • 聖ヤコブ教会です。ゴシック建築のプロテスタントの教会です。有名なリーメンシュナイダーの祭壇があるので是非見たかったのです。前回見られなかったのですが、今回はミサが11時半まで行われているということで見られませんでした。こういう縁のないところってありますよね。

    聖ヤコブ教会です。ゴシック建築のプロテスタントの教会です。有名なリーメンシュナイダーの祭壇があるので是非見たかったのです。前回見られなかったのですが、今回はミサが11時半まで行われているということで見られませんでした。こういう縁のないところってありますよね。

  • ブルク公園に向かうヘレンガッセという通りにある古い泉です。とても雰囲気があり美しいです。

    ブルク公園に向かうヘレンガッセという通りにある古い泉です。とても雰囲気があり美しいです。

  • 泉の真ん中の円柱の先には女神様?がいます。遠目にはお不動様っぽく見えてしまいました。

    泉の真ん中の円柱の先には女神様?がいます。遠目にはお不動様っぽく見えてしまいました。

  • ブルク門を通ります。

    ブルク門を通ります。

  • ブルク公園です。ここは見ているうちに前回の記憶が蘇りとても懐かしかったです。今回も気持ちよくきれいだなと思いました。

    ブルク公園です。ここは見ているうちに前回の記憶が蘇りとても懐かしかったです。今回も気持ちよくきれいだなと思いました。

  • 旅の最終日で晴れたのでよかったです。静かで広くて緑の美しい公園です。ローテンブルクは本来このあたりから街が発展していったようです。本当に気持ち良い公園で何時間でも過ごしたいです。

    旅の最終日で晴れたのでよかったです。静かで広くて緑の美しい公園です。ローテンブルクは本来このあたりから街が発展していったようです。本当に気持ち良い公園で何時間でも過ごしたいです。

  • ブルク門の内側の門には人の顔のようなところがあります。敵が来たときはここから熱い油のようなものを注いだそうです。顔だけで充分こわいです。

    ブルク門の内側の門には人の顔のようなところがあります。敵が来たときはここから熱い油のようなものを注いだそうです。顔だけで充分こわいです。

  • ここからヴュルツブルクです。こちらは聖キリアン大聖堂です。ロマネスク様式です。とても立派で重厚です。

    ここからヴュルツブルクです。こちらは聖キリアン大聖堂です。ロマネスク様式です。とても立派で重厚です。

  • 内部はリーメンシュナイダーによる司教の墓碑があります。静かで厳かな雰囲気です。フリータイムに私は教会の椅子で静かに座っていたりするのも好きです。

    内部はリーメンシュナイダーによる司教の墓碑があります。静かで厳かな雰囲気です。フリータイムに私は教会の椅子で静かに座っていたりするのも好きです。

  • きれいなトラムが走っています。この日は気温高くて上着いらないくらいでした。街には人がたくさん出ていました。

    きれいなトラムが走っています。この日は気温高くて上着いらないくらいでした。街には人がたくさん出ていました。

  • マルクト広場にマリエンカペレという教会があり、近くにおいしいホットドッグのお店があるというのでやって来ました。広場に、わりと雑然とお店があり教会とどこか合体した感じで面白いですね。少し行列してホットドッグを買いました。お店のおばさんは親切でした。混んでいますので私がホットドッグを受け取ってから小銭をしまおうとしたら「先にお財布しまった方が良いよ」と英語で言って待ってくれました。もちろん小額のお金専用の地味なお財布なのですが、人も多いところなので注意を呼びかけてくれたのです。

    マルクト広場にマリエンカペレという教会があり、近くにおいしいホットドッグのお店があるというのでやって来ました。広場に、わりと雑然とお店があり教会とどこか合体した感じで面白いですね。少し行列してホットドッグを買いました。お店のおばさんは親切でした。混んでいますので私がホットドッグを受け取ってから小銭をしまおうとしたら「先にお財布しまった方が良いよ」と英語で言って待ってくれました。もちろん小額のお金専用の地味なお財布なのですが、人も多いところなので注意を呼びかけてくれたのです。

  • ホットドッグです。長めのソーセージを2つに折ってパンに挟んでくれます。マスタードはかけるか聞いてくれます。パンも食べやすい硬すぎないパンでソーセージもおいしくよい思い出になりました。

    ホットドッグです。長めのソーセージを2つに折ってパンに挟んでくれます。マスタードはかけるか聞いてくれます。パンも食べやすい硬すぎないパンでソーセージもおいしくよい思い出になりました。

  • マリエンカペレ教会です。

    マリエンカペレ教会です。

  • この教会も入り口の両隣にお土産物店とカフェが組み込まれているようで面白いです。当然という感じで存在していて不思議でした。入り口上方の両側にリーメンシュナイダーのアダムとイヴ像があります。こちらは複製でオリジナルはマリエンベルク要塞のフランケン博物館にあるそうです。

    この教会も入り口の両隣にお土産物店とカフェが組み込まれているようで面白いです。当然という感じで存在していて不思議でした。入り口上方の両側にリーメンシュナイダーのアダムとイヴ像があります。こちらは複製でオリジナルはマリエンベルク要塞のフランケン博物館にあるそうです。

  • 教会内部に墓碑のレリーフがありますが、こちらはリーメンシュナイダー作コンラート・フォン・シャウムベルクの墓碑です。日本でベルリン国立美術館展があり、初めてリーメンシュナイダーの作品を見てから好きになりました。どの作品もどこかメランコリックな表情で、柔らかさのようなものを感じるのです。

    教会内部に墓碑のレリーフがありますが、こちらはリーメンシュナイダー作コンラート・フォン・シャウムベルクの墓碑です。日本でベルリン国立美術館展があり、初めてリーメンシュナイダーの作品を見てから好きになりました。どの作品もどこかメランコリックな表情で、柔らかさのようなものを感じるのです。

  • 美しいステンドグラスのある立派な教会でした。祈るひともいました。ここでも席に座って静かにしていると信仰はないですが穏やかな気持ちになりました。

    美しいステンドグラスのある立派な教会でした。祈るひともいました。ここでも席に座って静かにしていると信仰はないですが穏やかな気持ちになりました。

  • マルクト広場にディーン&ダヴィッドというお店がありました。日本で人気のディーン&デルーカを思い出しました。中に入ってはいないのですが。

    マルクト広場にディーン&ダヴィッドというお店がありました。日本で人気のディーン&デルーカを思い出しました。中に入ってはいないのですが。

  • アルテ・マイン橋に来ました。遠くにマリエンベルク要塞が見えました。時間があれば是非いきたいのですが。とても景色がよいです。両側の橋の欄干に12体の聖人像があります。

    アルテ・マイン橋に来ました。遠くにマリエンベルク要塞が見えました。時間があれば是非いきたいのですが。とても景色がよいです。両側の橋の欄干に12体の聖人像があります。

  • ずっと雨模様の旅だったので青空はこんなに美しくて気持ち良いのだと実感しました。15世紀から16世紀に架けられた橋だそうです。橋から街を振り返りました。

    ずっと雨模様の旅だったので青空はこんなに美しくて気持ち良いのだと実感しました。15世紀から16世紀に架けられた橋だそうです。橋から街を振り返りました。

  • マリエンベルク要塞のほうを向いて右側6番目はカール大帝の像なのです。ちょっと見返りカール大帝という感じです。西ヨーロッパの始まりはカール大帝だと思うので是非見たかったです。後世の作品ですがやはりカール大帝は外せません。

    マリエンベルク要塞のほうを向いて右側6番目はカール大帝の像なのです。ちょっと見返りカール大帝という感じです。西ヨーロッパの始まりはカール大帝だと思うので是非見たかったです。後世の作品ですがやはりカール大帝は外せません。

  • 青空のアルテ・マイン橋でカール大帝の像、旅の思い出です。アーヘンにも行ってみたいです。

    青空のアルテ・マイン橋でカール大帝の像、旅の思い出です。アーヘンにも行ってみたいです。

  • ノイミュンスター教会に来ました。ヴュルツブルクの守護聖人聖キリアンのお墓の上に11世紀に建てられたそうです。教会正面の特徴的な色は赤い砂岩によるもので、18世紀にドーム屋根と一緒に付け加えられたそうです。地下には聖キリアンの地下聖堂があり、とても厳粛な静かなところでありがたい感じがしました。目の前はトラムが通りお店も人も多いのですが、ひとたび教会に入ると本当に静かで別世界のようで、祈る人もいて私も心が落ち着きました。

    ノイミュンスター教会に来ました。ヴュルツブルクの守護聖人聖キリアンのお墓の上に11世紀に建てられたそうです。教会正面の特徴的な色は赤い砂岩によるもので、18世紀にドーム屋根と一緒に付け加えられたそうです。地下には聖キリアンの地下聖堂があり、とても厳粛な静かなところでありがたい感じがしました。目の前はトラムが通りお店も人も多いのですが、ひとたび教会に入ると本当に静かで別世界のようで、祈る人もいて私も心が落ち着きました。

  • こちらの像は写真撮影して良いとのことでした。リーメンシュナイダーの聖母子像です。とても高貴で美しい像です。是非拝見したかったのでうれしかったです。リーメンシュナイダーという人ですがヴュルツブルクに工房を持つ優れた彫刻家でしたが、ヴュルツブルクの市長も務めていました。ドイツ農民戦争でヴュルツブルクが農民側に立ったことで、農民側が敗北した時にリーメンシュナイダーも逮捕され利き腕を折られてしまい活躍できなくなったということです。これだけの芸術家がと思うととても残念です。

    こちらの像は写真撮影して良いとのことでした。リーメンシュナイダーの聖母子像です。とても高貴で美しい像です。是非拝見したかったのでうれしかったです。リーメンシュナイダーという人ですがヴュルツブルクに工房を持つ優れた彫刻家でしたが、ヴュルツブルクの市長も務めていました。ドイツ農民戦争でヴュルツブルクが農民側に立ったことで、農民側が敗北した時にリーメンシュナイダーも逮捕され利き腕を折られてしまい活躍できなくなったということです。これだけの芸術家がと思うととても残念です。

  • レジデンツ隣のホーフ庭園に入りました。入園無料ですし広くてきれいでゆったり過ごせます。お花も咲いていて並木道のベンチに座ると木陰なので心地良いそよ風が吹いていて気持ちよかったです。なんという心地良いところでしょう! たくさん歩いた疲れがとれます。レジデンツの華麗な建物も見えますし。お天気に恵まれて、リーメンシュナイダーの作品を見られ、ワインや気に入った紅茶やドイツパンも買ったり楽しいフリータイムでした。もう一泊できたら更にヴュルツブルクを見られるのですがね。ふと遠くのベンチを見ると添乗員さんがお仕事と昼食でした。

    レジデンツ隣のホーフ庭園に入りました。入園無料ですし広くてきれいでゆったり過ごせます。お花も咲いていて並木道のベンチに座ると木陰なので心地良いそよ風が吹いていて気持ちよかったです。なんという心地良いところでしょう! たくさん歩いた疲れがとれます。レジデンツの華麗な建物も見えますし。お天気に恵まれて、リーメンシュナイダーの作品を見られ、ワインや気に入った紅茶やドイツパンも買ったり楽しいフリータイムでした。もう一泊できたら更にヴュルツブルクを見られるのですがね。ふと遠くのベンチを見ると添乗員さんがお仕事と昼食でした。

  • 楽しかったドイツの旅も終わりです。台風の影響でJAL408便は2時間の遅れで出発になりました。JALから空港内でお使いくださいと10ユーロのクーポンが配布されました。それも使って長めの待ち時間をツアーの方と軽食を取りながらおしゃべりしました。みなさん感じの良い方で一人参加の私も楽しく過ごすことが出来てよかったです。

    楽しかったドイツの旅も終わりです。台風の影響でJAL408便は2時間の遅れで出発になりました。JALから空港内でお使いくださいと10ユーロのクーポンが配布されました。それも使って長めの待ち時間をツアーの方と軽食を取りながらおしゃべりしました。みなさん感じの良い方で一人参加の私も楽しく過ごすことが出来てよかったです。

  • 飛行機の出発も遅れたせいか搭乗したらホッとしたのかとても眠くてあまり食べませんでした。サラダとウドンがおいしかったかなというくらいです。

    飛行機の出発も遅れたせいか搭乗したらホッとしたのかとても眠くてあまり食べませんでした。サラダとウドンがおいしかったかなというくらいです。

  • 2度目の機内食です。そぼろご飯は意外でした。ドイツの旅、内容も充実して楽しく本当に良い旅だったなと思います。ずっと見たかったエルツ城、やっぱり素晴らしいノイシュバンシュタイン城、2度目のローテンブルクはもっとローテンブルクが好きになってしまうくらいで、ヴュルツブルクももっと見たいと、更に旅に出たくなってしまった感があります!

    2度目の機内食です。そぼろご飯は意外でした。ドイツの旅、内容も充実して楽しく本当に良い旅だったなと思います。ずっと見たかったエルツ城、やっぱり素晴らしいノイシュバンシュタイン城、2度目のローテンブルクはもっとローテンブルクが好きになってしまうくらいで、ヴュルツブルクももっと見たいと、更に旅に出たくなってしまった感があります!

40いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

この旅行記へのコメント (8)

開く

閉じる

  • salsaladyさん 2020/11/14 09:11:43
    Hotel Goldner Hirsch ?
    ☆アレレ?見たような景色。。。ローテンブルグ記を訪れて下さった「ちゃたろう」さんの表紙を見てふと思い当たりました。同じホテルに滞在!

    ☆夜遅く到着した我々は、翌朝部屋の窓から見える不思議な景色がまるで絵本の世界の様に懐かしく?感動為た覚えがあります。

    ☆欧州は四つ星でもwith bath roomが少なかったのに、こちらは小さいながらも可愛いバスルームがあってホッとしたことも。。。家庭的なプチホテルでしたね。

    ちゃたろうさん からの返信 2020/11/14 12:48:43
    Re: Hotel Goldner Hirsch ?
    salsaladyさん、こんにちは^ ^
    コメントありがとうございます。
    同じホテルですよね!私も同じだと思いうれしかったです。この時は1人参加だったのですが、広くて清潔で新しいバスタブでとてもうれしかったのを覚えています。食事もおいしかったですし、なんと言っても立地が最高でした。私はローテンブルク大好きなので
    今年も行く予定でしたがキャンセルしました。また海外旅行が普通に出来る
    日が来て欲しいですよね。
  • シジュウカラさん 2020/10/25 18:47:22
    お礼のメールが遅れて申し訳ありません
    いいねの投稿およびフォローのご連絡ありがとうございました。ちゃたろうさんの記事は説明文がしっかりついているのでとてもわかりやすいです。ドイツお城巡りの記事はとてもよかったです。お写真も欧州の夏の色鮮やかさが伝わってきました。私の場合、クチコミにもいくつかドイツのお城の情報を載せています。ちゃたろうさんの次回のドイツ旅行計画にお役に立てば嬉しいです。最後にフォローさせていただきました。

    シジュウカラ

    シジュウカラさん からの返信 2020/10/25 18:51:51
    続きーシジュウカラより
    続きを書こうとしていたら、青い部分をミスって触れてしまい途中で途切れてしまいました。申し訳ありません。

    ーー今後もよるしくお願いします。

    ちゃたろうさん からの返信 2020/10/26 14:17:23
    はじめまして。
    はじめまして、シジュウカラさん。 
    シジュウカラさんに私の旅行記読んで頂きフォローもしていただいたなんて
    本当にうれしいです! ありがとうございます。
    シジュウカラさんの旅行記はいつも知性を感じさせる丁寧な解説が付いていて
    ドイツの歴史がよくわかり知識が増えます。私はヨーロッパの古代から中世への
    転換期にとても興味があります。そして国の歴史の中ではドイツの歴史が一番
    関心がありますので、シジュウカラさんの旅行記は旅をしているようで大好きです。
    海外旅行はかなり長く無理のような気がします。。 ですから皆様の旅行記を
    読んで行ったことのない街、知らなかった街や城や教会など旅したいと思います。
    これからもよろしくお願いいたします。

    それから「シジュウカラ」というお名前ですが、素敵ですね!
    私は鳥類が大好きで、今もうちには手乗り文鳥がいますよ。
    野鳥のシジュウカラさんも大好きです。胸の羽毛がネクタイのようで
    愛らしく、よく通る声も美しいですよね。

    シジュウカラさんとお話できてうれしかったです。
    これからも旅行記楽しみにしております。
    > いいねの投稿およびフォローのご連絡ありがとうございました。ちゃたろうさんの記事は説明文がしっかりついているのでとてもわかりやすいです。ドイツお城巡りの記事はとてもよかったです。お写真も欧州の夏の色鮮やかさが伝わってきました。私の場合、クチコミにもいくつかドイツのお城の情報を載せています。ちゃたろうさんの次回のドイツ旅行計画にお役に立てば嬉しいです。最後にフォローさせていただきました。
  • jijidarumaさん 2020/10/22 18:54:57
    Hotel Goldener Hirschって ?
    ちゃたろうさん、
    今晩は。
    度々のお立ち寄りありがとうございました。

    先のコメントはミスったものです。スミマセン。

    ≪セピア色の思い出:39年前に走ったロマンチック街道:
    南独、オーストリア、スイス巡り(その1)≫で書いたことがあるのですが、1975年8月9日(土)、夏の休暇で訪れた、この時が2度目のローテンブルク訪問です。
    1回目はプリーンのゲーテ語学校時代(1974年の冬)でした。
    市内に宿をとったのもこの時の2度目と、2009年のクリスマス時にBurghotelに宿泊した時ぐらいで、何度も訪れているものの、殆どは別の町です。

    さて、2度目の時に旧市街のHotel Gasthof Goldenesに1泊と当時の現法社長に旅の申請書を出し、許可されたものが手元に残り、書かれていたホテル名、電話もありますが、住所を書いていません。あくまで何かあれば、連絡できるように書いたから、住所を書いていなかったのでしょう。
    ちゃたろうさんはHotel Goldener Hirsch ホテルゴルドナーヒルシュにご宿泊の由とあり、似た名前だなと検索すると、以下のようなホテルがありました。

    Gasthof Goldenes Lamm(又はHotel Goldenes Lamm)、
    Hotel Goldenes Fass、
    Hotel-Gasthof Goldener Greifen、
    ローテンブルク(多分、他の町でも)は Gold金を形容したホテル名が多いですね。
    多分、2度目の際はGasthof Goldenes Lammに宿泊したのでしょう。
    当時は当然ながら、デジカメではなく、フィルムでしたから、倹約してホテルの写真などは撮らなかったのでしょう。

    経営主体が変わり名前が変わったのか、私の申請書が尻切れだったのか?
    45年後の今はもう確かめようもなく、記録と言うものは正確に書き残すものだと、反省した次第です。
    それではまた。
    jijidaruma

    ちゃたろうさん からの返信 2020/10/22 22:19:39
    Re: Hotel Goldener Hirschって ?
    jijidaruma さん、こんにちは。
    コメントありがとうございます。
    私はローテンブルクが大好きなのでjijidaruma さんのように何回も訪問できたらどんなに楽しいだろうと思います。ゴルドナーヒルシュはプレーンラインにとても近くて居心地の良いホテルでした。4トラベルの旅行記を読むと
    ドイツ各地を旅する方々がたくさんいらして、私は本当にうらやましいです。皆さまの旅行記を読むのが私の楽しみです。これからもよろしくお願いいたします。
  • jijidarumaさん 2020/10/22 18:22:44
    Hotel Goldener Hirsch ?

    Rothenburg泊 ;Hotel Gasthof Goldenes
    Gasthof Goldenes Lamm
    Hotel Goldenes Lamm
    Hotel Goldenes Fass
    Hotel-Gasthof Goldener Greifen

ちゃたろうさんのトラベラーページ

旅の計画・記録

「旅の計画」作成でもれなく300ポイント!

マイルに交換できるフォートラベルポイントが貯まる
フォートラベルポイントって?

ドイツで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
ドイツ最安 322円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

ドイツの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

PAGE TOP

ピックアップ特集