エアーズロック旅行記(ブログ) 一覧に戻る
今年のゴールデンウイークが初の10連休となりそうなのを昨年秋に察知して、先走って9月中にシドニー行きエアーのチケット押さえておきました。その後、行先がシドニーだけではもったいないので、ハミルトン島・メルボルン・エアーズロックの何れかを検討していましたが、ネットニュースでエアーズロックへの登頂が今年秋までということを聞き、迷わずエアーズロック行きを決めました。<br />このエアーズロックではツアーに参加し、オーストラリアの大自然を満喫した旅となりました。

オーストラリアの旅~エアーズロック~part3

9いいね!

2019/04/28 - 2019/05/05

284位(同エリア859件中)

旅行記グループ オーストラリアの旅

1

30

OKB

OKBさん

今年のゴールデンウイークが初の10連休となりそうなのを昨年秋に察知して、先走って9月中にシドニー行きエアーのチケット押さえておきました。その後、行先がシドニーだけではもったいないので、ハミルトン島・メルボルン・エアーズロックの何れかを検討していましたが、ネットニュースでエアーズロックへの登頂が今年秋までということを聞き、迷わずエアーズロック行きを決めました。
このエアーズロックではツアーに参加し、オーストラリアの大自然を満喫した旅となりました。

旅行の満足度
3.5
観光
4.0
ホテル
4.0
グルメ
3.5
ショッピング
3.0
交通
3.5
同行者
一人旅
一人あたり費用
30万円 - 50万円
交通手段
観光バス 徒歩
航空会社
ANA ヴァージン・オーストラリア
旅行の手配内容
個別手配

PR

  • 最終日。<br />昨日のツアー途中で最終日の登山再挑戦を申告して、最終日のAM6:45にホテルを出発しました。今までの状況から道に生えている草や立木の枝や葉が揺れている状態だと登山はダメだと半ば諦め気味に車窓を眺めていました。

    最終日。
    昨日のツアー途中で最終日の登山再挑戦を申告して、最終日のAM6:45にホテルを出発しました。今までの状況から道に生えている草や立木の枝や葉が揺れている状態だと登山はダメだと半ば諦め気味に車窓を眺めていました。

  • AM7:00過ぎにエアーズロックの登山口へ到着しました。<br />やはりゲートは開いていませんでした。<br />ツアーガイドの説明でAM7:30から8:00まで待ってゲートが開かなければ登山は断念しなければいけないということでした。

    AM7:00過ぎにエアーズロックの登山口へ到着しました。
    やはりゲートは開いていませんでした。
    ツアーガイドの説明でAM7:30から8:00まで待ってゲートが開かなければ登山は断念しなければいけないということでした。

  • 8:00までの間、登山口の右側方面の側道を歩いて散策しました。<br />途中、岩肌に登山中に亡くなった人のプレートがはめ込まれているのが見えました。<br />日本人も2人命を落としたそうです。<br />それくらい登山は危険なんだなーと思いました。

    8:00までの間、登山口の右側方面の側道を歩いて散策しました。
    途中、岩肌に登山中に亡くなった人のプレートがはめ込まれているのが見えました。
    日本人も2人命を落としたそうです。
    それくらい登山は危険なんだなーと思いました。

  • また道の途中でプレートがありました。<br />何のプレートだろう?

    また道の途中でプレートがありました。
    何のプレートだろう?

  • しばらく進んで行けるところまで行こうと歩いて行きました。

    しばらく進んで行けるところまで行こうと歩いて行きました。

  • 8:00まであと数分になり、足早に登山口へ戻りました。

    8:00まであと数分になり、足早に登山口へ戻りました。

  • 近くにある風見鶏を見ると、まだカラカラと回っている状態で本当に今日もダメなんだと実感してきました。<br />そして最後にバスに戻ろうとしたところ・・・。

    近くにある風見鶏を見ると、まだカラカラと回っている状態で本当に今日もダメなんだと実感してきました。
    そして最後にバスに戻ろうとしたところ・・・。

  • 観光客が登山口に集まり始めました。最後にゲートが開くのではないかと一気に登山への期待が高まりました。<br />

    観光客が登山口に集まり始めました。最後にゲートが開くのではないかと一気に登山への期待が高まりました。

  • そうしているうちに、レンジャーの人が登山道のゲートを開放し、登山客は我先にと登山を始めました。私も遅れまいと、後について登り始めました。

    そうしているうちに、レンジャーの人が登山道のゲートを開放し、登山客は我先にと登山を始めました。私も遅れまいと、後について登り始めました。

  • 本当に途中までの斜面は緩やかで安全綱がなくても何とか登れましたが、段々と上に登るにつれ、息があがって疲れてしまいました。

    本当に途中までの斜面は緩やかで安全綱がなくても何とか登れましたが、段々と上に登るにつれ、息があがって疲れてしまいました。

  • 山の中腹まで一気に休まずに登ったため、少しなだらかになっている斜面に張り付きながら横になりました。しばらく休んでも呼吸が乱れてしまい、これ以上登るのはきついと思うようになってしまいました。あらかじめ準備したペットボトルの水を飲みながら、辺りの景色を眺めました。

    山の中腹まで一気に休まずに登ったため、少しなだらかになっている斜面に張り付きながら横になりました。しばらく休んでも呼吸が乱れてしまい、これ以上登るのはきついと思うようになってしまいました。あらかじめ準備したペットボトルの水を飲みながら、辺りの景色を眺めました。

  • まだ山の中腹ですが、ツアーバスも眼下に小さくなって見えました。<br />

    まだ山の中腹ですが、ツアーバスも眼下に小さくなって見えました。

  • あと上までどれくらいだろうと振り返りながら山頂方向を眺めたら、まだまだ道のりは遠いと感じました。ここでこれ以上登るべきかやめるべきかしばらく葛藤した後、<br />記念に途中まで登れたのだからと自分に言い聞かせ、これ以上の登山を中止しました。

    あと上までどれくらいだろうと振り返りながら山頂方向を眺めたら、まだまだ道のりは遠いと感じました。ここでこれ以上登るべきかやめるべきかしばらく葛藤した後、
    記念に途中まで登れたのだからと自分に言い聞かせ、これ以上の登山を中止しました。

  • これから下山ですが、登山客が下からひっきりなしに登ってきて、命綱の鎖をつかむのもままならず苦労しました。今までは前の人の背中もしくは地面しか見ずに登ってきましたが、降りるとなると斜面が急角度で恐怖心を感じてしまい、なかなかスムーズに下山できませんでした。

    これから下山ですが、登山客が下からひっきりなしに登ってきて、命綱の鎖をつかむのもままならず苦労しました。今までは前の人の背中もしくは地面しか見ずに登ってきましたが、降りるとなると斜面が急角度で恐怖心を感じてしまい、なかなかスムーズに下山できませんでした。

  • 尻もち付きながら、恐る恐る下って行きました。<br />途中で腕時計のスイッチを間違って触ってしまい、いつの間には別の都市の時間に切り替わっており、焦るあまりバスの集合時間を勘違いしてしまいました。

    尻もち付きながら、恐る恐る下って行きました。
    途中で腕時計のスイッチを間違って触ってしまい、いつの間には別の都市の時間に切り替わっており、焦るあまりバスの集合時間を勘違いしてしまいました。

  • ようやく下山し、近くのベンチで水を飲みながら休憩しました。<br />

    ようやく下山し、近くのベンチで水を飲みながら休憩しました。

  • ズームで上の方まで見ましたが、人の行列が途切れなく続いていくのが見えました。

    ズームで上の方まで見ましたが、人の行列が途切れなく続いていくのが見えました。

  • 帰りの集合時間まで時間があったので、道路を渡ったところにあるトイレで用を済ませ、道沿いにあるベンチで休みました。

    帰りの集合時間まで時間があったので、道路を渡ったところにあるトイレで用を済ませ、道沿いにあるベンチで休みました。

  • まだまだ登山を試みる人の列は絶えませんでした。

    まだまだ登山を試みる人の列は絶えませんでした。

  • 帰りのバスの集合時間になり、乗ってきたバスに乗車しました。登山に行った人で時間までに戻らない人が何組かいて、急ぎの人は別のバスに乗車してホテルに戻りました。自分は比較的時間に余裕があったので、しばらくバス内で待ちました。<br />

    帰りのバスの集合時間になり、乗ってきたバスに乗車しました。登山に行った人で時間までに戻らない人が何組かいて、急ぎの人は別のバスに乗車してホテルに戻りました。自分は比較的時間に余裕があったので、しばらくバス内で待ちました。

  • 結局、時間までに戻らずにそのままホテルに向けてバスは出発しました。<br />この後どうやって戻ったのだろうとか、飛行機に乗り遅れなければよいと願いながら、ウルルを後にしました。

    結局、時間までに戻らずにそのままホテルに向けてバスは出発しました。
    この後どうやって戻ったのだろうとか、飛行機に乗り遅れなければよいと願いながら、ウルルを後にしました。

  • AM10:30にホテルをチェックアウトし、空港へのバスの出発時間をしばらく待ちました。また近くのショッピングセンターへ行き、食べ物とお菓子を買いに行きました。

    AM10:30にホテルをチェックアウトし、空港へのバスの出発時間をしばらく待ちました。また近くのショッピングセンターへ行き、食べ物とお菓子を買いに行きました。

  • スーパーでポテチと紅茶のドリンクを購入し、昨日のツアーで食べなかったリンゴを昼食代わりに食べました。

    スーパーでポテチと紅茶のドリンクを購入し、昨日のツアーで食べなかったリンゴを昼食代わりに食べました。

  • ショッピングセンターとデザートガーデンホテルをつなぐ通路。<br />エミューウオークのアパートメントが近くにありました。

    ショッピングセンターとデザートガーデンホテルをつなぐ通路。
    エミューウオークのアパートメントが近くにありました。

  • 昨日行ったギャラリーの脇を通り、ホテルへ戻りました。

    昨日行ったギャラリーの脇を通り、ホテルへ戻りました。

  • ホテルでツアーバスが迎えに来て、セイルズインザデザートを経由し、空港まで行きました。チェックインを済ませ、すぐに搭乗口の待合室まで行き、コーヒー飲みながら搭乗を待ちました。

    ホテルでツアーバスが迎えに来て、セイルズインザデザートを経由し、空港まで行きました。チェックインを済ませ、すぐに搭乗口の待合室まで行き、コーヒー飲みながら搭乗を待ちました。

  • 定刻通りのフライト。これからシドニーへ戻ります。<br />今回初めてエアーズロックを訪れて改めてオーストラリアの自然の広大さを感じることができました。また記念にウルル登山も途中までできたので、とても満足した旅になりました。次のシドニーでは何をしようかと飛行機内で計画をしながら、しばしのフライトを楽しみました。

    定刻通りのフライト。これからシドニーへ戻ります。
    今回初めてエアーズロックを訪れて改めてオーストラリアの自然の広大さを感じることができました。また記念にウルル登山も途中までできたので、とても満足した旅になりました。次のシドニーでは何をしようかと飛行機内で計画をしながら、しばしのフライトを楽しみました。

9いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

この旅行記へのコメント (1)

開く

閉じる

  • ひでさん 2019/09/24 20:53:08
    こんばんは
    ウルルに登れたんですね。
    自分も先日、一泊で行ったのですが強風のため登山禁止でした。
    ただ、下から見るだけでも急斜面だったので登山しても頂上まで行けるか不安でしたが。。

    朝焼けの写真、いいですね。
    自分の時は雲が多くてずっとボヤボヤした感じでした。

OKBさんのトラベラーページ

コメントを投稿する前に

十分に確認の上、ご投稿ください。 コメントの内容は攻撃的ではなく、相手の気持ちに寄り添ったものになっていますか?

サイト共通ガイドライン(利用上のお願い)

報道機関・マスメディアの方へ 画像提供などに関するお問い合わせは、専用のお問い合わせフォームからお願いいたします。

旅の計画・記録

マイルに交換できるフォートラベルポイントが貯まる
フォートラベルポイントって?

オーストラリアで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
オーストラリア最安 470円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

オーストラリアの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

PAGE TOP

ピックアップ特集