チェスキー・クルムロフ旅行記(ブログ) 一覧に戻る
2015年の春に行った中央ヨーロッパの旅から、チェスキークロムロフです。我が団体は、オーストリアから入国して、ウィーンの街を見てから、チェコに入ります。途中の町や村は、絵に出てくるような情景ですが、考えてみれば放牧地なので平らな草原になっているのです。バスは、いよいよチェスキークルムロフの、駐車場に入って行きます。

夫婦で行った中央ヨーロッパ チェスキークロムロフ

5いいね!

2015/04/08 - 2015/04/15

634位(同エリア930件中)

0

30

爺一人旅さん

2015年の春に行った中央ヨーロッパの旅から、チェスキークロムロフです。我が団体は、オーストリアから入国して、ウィーンの街を見てから、チェコに入ります。途中の町や村は、絵に出てくるような情景ですが、考えてみれば放牧地なので平らな草原になっているのです。バスは、いよいよチェスキークルムロフの、駐車場に入って行きます。

旅行の満足度
4.0
同行者
カップル・夫婦(シニア)
一人あたり費用
20万円 - 25万円
交通手段
鉄道 観光バス 徒歩
旅行の手配内容
ツアー(添乗員同行あり)
利用旅行会社
阪急交通社

PR

  • ヨーロッパが、EUでまとまってから国境概念が無くなって、どの国に入国しているのか今一つメリハリが有りません。外を見ると、緩やかな草原に国境線もなく、民衆が自由に往来できた時代に戻っている大らかさが見えます。

    ヨーロッパが、EUでまとまってから国境概念が無くなって、どの国に入国しているのか今一つメリハリが有りません。外を見ると、緩やかな草原に国境線もなく、民衆が自由に往来できた時代に戻っている大らかさが見えます。

  • バスの前座席の上には、添乗員さんが手作りの地図をぶら下げて、話題が無くなるころになると、今はこの辺を移動中ですと説明を入れてくれます。暇になったころ、クイズが有りました。添乗員は何歳でしょうか? との問い掛けで、私が40歳と答えたら、27歳と言われました。

    バスの前座席の上には、添乗員さんが手作りの地図をぶら下げて、話題が無くなるころになると、今はこの辺を移動中ですと説明を入れてくれます。暇になったころ、クイズが有りました。添乗員は何歳でしょうか? との問い掛けで、私が40歳と答えたら、27歳と言われました。

  • 我が家の在る関東平野と比べて、広い大地と遠くの山並みは、勝手に描いたヨーロッパそのものです。しかし、田んぼが草原になっただけで、こうも開放感が違うものかと。

    我が家の在る関東平野と比べて、広い大地と遠くの山並みは、勝手に描いたヨーロッパそのものです。しかし、田んぼが草原になっただけで、こうも開放感が違うものかと。

  • いよいよ、チェスキークロムロフの街に入ってきました。ジオラマの様な風景です。

    いよいよ、チェスキークロムロフの街に入ってきました。ジオラマの様な風景です。

  • 駐車場から歩いて直ぐ、ヴァルダヴァ川(ドイツ名;モルダウ川)を渡ります。イヤ~ 「わが祖国」で有名なモルダウ川です。源流なので、水も澄んでいます。メロディーでも口ずさみながらと思いましたが、どうもフレーズを思い出せません。

    駐車場から歩いて直ぐ、ヴァルダヴァ川(ドイツ名;モルダウ川)を渡ります。イヤ~ 「わが祖国」で有名なモルダウ川です。源流なので、水も澄んでいます。メロディーでも口ずさみながらと思いましたが、どうもフレーズを思い出せません。

  • 橋の上から、町の中心にあるクロムロフ城を眺めました(写真上)。モルダウ川に面したお城で、「わが祖国」の第一楽章「高い城」を思い出しました。後で調べてみると、モデルになったのは、プラハ市内の「ヴィシェフラット城」だそうで、翌日プラハ城を訪れた際に、下りの道から撮った写真にうっすらと確認ができました。中央左の、2つの角の有る建物(写真下)です。ここは、コース外で未訪問です。残念

    橋の上から、町の中心にあるクロムロフ城を眺めました(写真上)。モルダウ川に面したお城で、「わが祖国」の第一楽章「高い城」を思い出しました。後で調べてみると、モデルになったのは、プラハ市内の「ヴィシェフラット城」だそうで、翌日プラハ城を訪れた際に、下りの道から撮った写真にうっすらと確認ができました。中央左の、2つの角の有る建物(写真下)です。ここは、コース外で未訪問です。残念

  • 橋の上から見下ろすと、カフェ&レストランが始まっています。今日も良い天気です。

    橋の上から見下ろすと、カフェ&レストランが始まっています。今日も良い天気です。

  • 観光客は、ぽつぽつ入り始めているくらいなので、ゆっくりと見て回れます。と言っても、添乗員はどんどん先を歩いて行くので、見失わないように追いかけていきます。

    観光客は、ぽつぽつ入り始めているくらいなので、ゆっくりと見て回れます。と言っても、添乗員はどんどん先を歩いて行くので、見失わないように追いかけていきます。

  • ヨーロッパの個人客は、気に入ったカフェでお喋り。こういう風情は好きですが、団体客は目的地まで止まれません。

    ヨーロッパの個人客は、気に入ったカフェでお喋り。こういう風情は好きですが、団体客は目的地まで止まれません。

  • 出てきました、頂上の広場です。中央は、黒死病のメモリアルタワーです。ここでの昼食は、PENZIONというレストランです。ぐるっと見回したら、中華料理店が垂れ幕を出していました。何と、場違いな。

    出てきました、頂上の広場です。中央は、黒死病のメモリアルタワーです。ここでの昼食は、PENZIONというレストランです。ぐるっと見回したら、中華料理店が垂れ幕を出していました。何と、場違いな。

  • 店の名物は、ロールキャベツです。見栄えの良さと今一つの量と味のアンバランスが、個人的な印象で星一つマイナスです。それでも、諸先輩や女性の参加者は、ここぞとばかりにビールとワインを飲み続けているのは驚きです。

    店の名物は、ロールキャベツです。見栄えの良さと今一つの量と味のアンバランスが、個人的な印象で星一つマイナスです。それでも、諸先輩や女性の参加者は、ここぞとばかりにビールとワインを飲み続けているのは驚きです。

  • 食後は、更に歩きます。

    食後は、更に歩きます。

  • 裏道を何処までもついていきます。

    裏道を何処までもついていきます。

  • 展望台にでました。まだ、全体は見渡せません。奥の塔が、クロムロフ城です。

    展望台にでました。まだ、全体は見渡せません。奥の塔が、クロムロフ城です。

  • 日本語の上手な、現地添乗員です。 お世話様です。

    日本語の上手な、現地添乗員です。 お世話様です。

  • この後には、橋を渡って直ぐそばの「聖 ジョスト教会」(写真中央の塔)に入ります。

    この後には、橋を渡って直ぐそばの「聖 ジョスト教会」(写真中央の塔)に入ります。

  • さほど広くないのですが、威厳のある造りになっています。当時の服装で集まれば、中世そのままが再現できます。

    さほど広くないのですが、威厳のある造りになっています。当時の服装で集まれば、中世そのままが再現できます。

  • 川の淵で自由行動になったので、あちこと歩いてみました。この高さから見ると、思った以上に威圧感の有る、中世の街です。

    川の淵で自由行動になったので、あちこと歩いてみました。この高さから見ると、思った以上に威圧感の有る、中世の街です。

  • 橋の反対側の写真です。

    橋の反対側の写真です。

  • 川岸を目指して脇道を入ると、かわいらしいショーウィンドウが有りました。このようなミニチュアが、多く飾ってあります。

    川岸を目指して脇道を入ると、かわいらしいショーウィンドウが有りました。このようなミニチュアが、多く飾ってあります。

  • 川岸が歩けます。水鳥が、岸辺で餌を獲っていました。川沿いには、大きな椅子が並べてあって、観光客が日向ぼっこをしています。私も、時間が有れば昼寝したい感じです。

    川岸が歩けます。水鳥が、岸辺で餌を獲っていました。川沿いには、大きな椅子が並べてあって、観光客が日向ぼっこをしています。私も、時間が有れば昼寝したい感じです。

  • さあ、皆でクロムロフ城に入ります。

    さあ、皆でクロムロフ城に入ります。

  • 中門に来ましたが、正面の門の下が深くなっていて、熊が飼われていました。

    中門に来ましたが、正面の門の下が深くなっていて、熊が飼われていました。

  • 落とされたら、熊の餌にされるのか? 観光客が、色んな物を投げ込んでいました。

    落とされたら、熊の餌にされるのか? 観光客が、色んな物を投げ込んでいました。

  • 中心部に向って、更に広い道が続きます。

    中心部に向って、更に広い道が続きます。

  • いよいよ、期待を膨らませて、お城の中心に入ります。

    いよいよ、期待を膨らませて、お城の中心に入ります。

  • 建物の中に中庭が有って、壁にはタイル焼きの絵がはめ込まれています。「ム~ 何でしょう 城の中庭には違いないのですが、何かもっと有って欲しいのですが、、、」 この建物の中庭を最後に、城の内部とか観る物は有りません。

    建物の中に中庭が有って、壁にはタイル焼きの絵がはめ込まれています。「ム~ 何でしょう 城の中庭には違いないのですが、何かもっと有って欲しいのですが、、、」 この建物の中庭を最後に、城の内部とか観る物は有りません。

  • 城の上からの見晴らしは抜群で、城主が日々様子を見るには打ってつけです。

    城の上からの見晴らしは抜群で、城主が日々様子を見るには打ってつけです。

  • 中央の塔は、聖ヴィート教会です。団体だと、歩くコースが決まってしまうので、入れませんでした。 この城を離れた後は、宿泊予定のプラハに向かいます。

    中央の塔は、聖ヴィート教会です。団体だと、歩くコースが決まってしまうので、入れませんでした。 この城を離れた後は、宿泊予定のプラハに向かいます。

  • 夕飯は、プラハのしゃれたレストランで頂きました。明日は、プラハ城と街の見学です。

    夕飯は、プラハのしゃれたレストランで頂きました。明日は、プラハ城と街の見学です。

5いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

旅の計画・記録

「旅の計画」作成でもれなく300ポイント!

マイルに交換できるフォートラベルポイントが貯まる
フォートラベルポイントって?

チェコで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
チェコ最安 600円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

チェコの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

PAGE TOP

ピックアップ特集