ローマ旅行記(ブログ) 一覧に戻る
ローマに到着して<br />第一日目は今回の旅での第一目的の<br />ボルゲーゼ美術館の見学です。<br /><br />ボルゲーゼ枢機卿が寵愛していた<br />ベルニーニの彫刻を見るのが楽しみ。<br /><br />またこの日、土曜日の午前中だけ開館している<br />コロンナ美術館へも足を運びます。

イタリア ローマ・フィレンツェの旅 2019年5月 第2日 ボルゲーゼ美術館など

55いいね!

2019/05/10 - 2019/05/16

195位(同エリア6033件中)

2

72

この旅行記のスケジュール

2019/05/10

  • ローマ空港から電車レオナルドダビンチ号にてテルミニ駅へ

  • テルミニ駅前よりバスにてボルゲーゼ美術館へ

  • タクシーにてコロンナ美術館へ

  • バスにてテルミニ駅へ

ローマに到着して
第一日目は今回の旅での第一目的の
ボルゲーゼ美術館の見学です。

ボルゲーゼ枢機卿が寵愛していた
ベルニーニの彫刻を見るのが楽しみ。

またこの日、土曜日の午前中だけ開館している
コロンナ美術館へも足を運びます。

同行者
一人旅
交通手段
鉄道
旅行の満足度
4.5

PR

  • 朝になって空港~テルミニ駅は電車移動です。<br />空港駅へ来ました。

    朝になって空港~テルミニ駅は電車移動です。
    空港駅へ来ました。

  • 家で前もってネット購入し印刷しておいた<br />チケットです。<br />以下で日本語購入できます。<br />https://www.trenitalia.jp/<br /><br />改札でQRコードをかざせば入場OK!

    家で前もってネット購入し印刷しておいた
    チケットです。
    以下で日本語購入できます。
    https://www.trenitalia.jp/

    改札でQRコードをかざせば入場OK!

  • とても分かり易いサイトですね。<br />同様にローマ、フィレンツェ往復の列車も<br />このサイトで購入しました。

    とても分かり易いサイトですね。
    同様にローマ、フィレンツェ往復の列車も
    このサイトで購入しました。

  • レオナルドダビンチ号という名前が付いています。<br />30分くらいでテルミニ駅に到着。<br />朝の通勤客で混雑していました。<br /><br />だいたい23、24番ホームへ<br />着くことが多いようです。<br /><br />以下に短い動画を作ってあります。<br />ご覧ください。<br />https://www.youtube.com/watch?v=8gS6uYAlIi4&amp;feature=youtu.be

    レオナルドダビンチ号という名前が付いています。
    30分くらいでテルミニ駅に到着。
    朝の通勤客で混雑していました。

    だいたい23、24番ホームへ
    着くことが多いようです。

    以下に短い動画を作ってあります。
    ご覧ください。
    https://www.youtube.com/watch?v=8gS6uYAlIi4&feature=youtu.be

  • さあ、これからは貴重品を盗られないように<br />十分に気をつけて旅を始めます。<br />特にここテルミニ駅が多いようですね。<br /><br />「地球の歩き方 ローマ」には<br />6~7ページにわたって<br />注意事項、経験談が記されています。<br /><br />サブバックは体の前に下げる、<br />パスポート、カード類は首から<br />下げた子袋へ入れシャツの中に垂らす。<br /><br />薄いウインドブレーカーなどを<br />羽織り、胸ポケットからの<br />盗難対策とする、などなど。<br /><br />なにしろ体の小さなジーさんの一人旅。<br />注意してしすぎることはないでしょう。<br /><br />

    さあ、これからは貴重品を盗られないように
    十分に気をつけて旅を始めます。
    特にここテルミニ駅が多いようですね。

    「地球の歩き方 ローマ」には
    6~7ページにわたって
    注意事項、経験談が記されています。

    サブバックは体の前に下げる、
    パスポート、カード類は首から
    下げた子袋へ入れシャツの中に垂らす。

    薄いウインドブレーカーなどを
    羽織り、胸ポケットからの
    盗難対策とする、などなど。

    なにしろ体の小さなジーさんの一人旅。
    注意してしすぎることはないでしょう。

  • でも以前と異なり切符がないとホームへは<br />入れないようにゲートができていて<br />安全になっていました。<br /><br />

    でも以前と異なり切符がないとホームへは
    入れないようにゲートができていて
    安全になっていました。

  • これは外側からゲートを撮った写真。<br /><br />駅の内外にはあちこちに警察、自動小銃を<br />持った兵士が立っていてスリ、泥棒さんは<br />うろつけないような雰囲気には<br />なっています。

    これは外側からゲートを撮った写真。

    駅の内外にはあちこちに警察、自動小銃を
    持った兵士が立っていてスリ、泥棒さんは
    うろつけないような雰囲気には
    なっています。

  • 駅の外側。

    駅の外側。

  • 少し距離をとって西側入口を撮影。

    少し距離をとって西側入口を撮影。

  • 外観は40年前と同じ?<br /><br />ビットリオデシーカ監督による<br />名作映画「終着駅」の舞台<br />にもなっていました。<br />

    外観は40年前と同じ?

    ビットリオデシーカ監督による
    名作映画「終着駅」の舞台
    にもなっていました。

  • タクシーがいつもたくさん待っています。

    タクシーがいつもたくさん待っています。

  • すぐ脇に遺跡があるのもローマらしい。<br />ここにも軍用車と兵士が立っていますね。

    すぐ脇に遺跡があるのもローマらしい。
    ここにも軍用車と兵士が立っていますね。

  • まずスーツケースを荷物預けへ。

    まずスーツケースを荷物預けへ。

  • クレジットカードでOK。

    クレジットカードでOK。

  • 料金表と受付時間に気を付けて。

    料金表と受付時間に気を付けて。

  • ボルゲーゼ公園までは駅前バス停から910番か。

    ボルゲーゼ公園までは駅前バス停から910番か。

  • 切符は24時間有効のものを<br />駅構内売店で買っておきました。<br />(これは別の日のもの)

    切符は24時間有効のものを
    駅構内売店で買っておきました。
    (これは別の日のもの)

  • 公園に着いて...。

    公園に着いて...。

  • 公園内の美術館へ到着。<br />朝だと逆光だ。<br /><br />入場チケットは前もって以下のサイトで<br />予約しておきました。<br />http://galleriaborghese.beniculturali.it/en/visita/visit-the-galleria-borghese。<br /><br />また以前にNHK・BSで放送された<br />世界美術館紀行「ボルゲーゼ美術館」を<br />みてバッチリ予習済み。

    公園内の美術館へ到着。
    朝だと逆光だ。

    入場チケットは前もって以下のサイトで
    予約しておきました。
    http://galleriaborghese.beniculturali.it/en/visita/visit-the-galleria-borghese

    また以前にNHK・BSで放送された
    世界美術館紀行「ボルゲーゼ美術館」を
    みてバッチリ予習済み。

  • ここに限らず美術館内部は<br />どこも立派です。<br />宮殿跡が多いですからね。

    ここに限らず美術館内部は
    どこも立派です。
    宮殿跡が多いですからね。

  • ベルニーニ作ボルゲーゼの胸像がお出迎え。<br /><br />ボルゲーゼ枢機卿は<br />おじが当時のローマ教皇で<br />あったこともあり、<br />かなりの権力、財力があったらしい。<br />

    ベルニーニ作ボルゲーゼの胸像がお出迎え。

    ボルゲーゼ枢機卿は
    おじが当時のローマ教皇で
    あったこともあり、
    かなりの権力、財力があったらしい。

  • ベルニーニの自画像。<br /><br />ボルゲーゼは若きベルニーニを<br />この時代のミケランジェロとなろう、<br />と言ったという。

    ベルニーニの自画像。

    ボルゲーゼは若きベルニーニを
    この時代のミケランジェロとなろう、
    と言ったという。

  • これはすばらしい。

    これはすばらしい。

  • ベルニーニ作、「プロセルピナの略奪」。<br /><br />冥界の王プルートが一目ぼれした女神の娘、<br />プロセルピナを連れ去ろうとする、ギリシャ神話の一場面<br /><br />これが見たかったのです。<br />1622年制作とありますから作者24歳の時の<br />作品。天才ですね。

    ベルニーニ作、「プロセルピナの略奪」。

    冥界の王プルートが一目ぼれした女神の娘、
    プロセルピナを連れ去ろうとする、ギリシャ神話の一場面

    これが見たかったのです。
    1622年制作とありますから作者24歳の時の
    作品。天才ですね。

  • とても大理石とは思えない。

    とても大理石とは思えない。

  • 涙まで再現されている。<br /><br /><br />

    涙まで再現されている。


  • 大理石をここまで彫ったのか。

    大理石をここまで彫ったのか。

  • すばらしいという言葉しかありません。

    すばらしいという言葉しかありません。

  • テレビ東京で放送された<br />「美の巨人たち」画面から。<br /><br />ベルニーニはヴァイオリン(楽器と同じ名前)という<br />道具で目や細かな部分を削っていた。

    テレビ東京で放送された
    「美の巨人たち」画面から。

    ベルニーニはヴァイオリン(楽器と同じ名前)という
    道具で目や細かな部分を削っていた。

  • 最後に蓚酸(しゅうさん)を使い大理石に<br />光沢を出すのだという。

    最後に蓚酸(しゅうさん)を使い大理石に
    光沢を出すのだという。

  • 次は別の部屋へ移って、「アポロンとダフネ」。<br /><br />美しい娘ダフネに恋して我が物にしようと<br />迫る太陽の神アポロン。<br /><br />しかし、その手がダフネに触れた瞬間、<br />彼女は月桂樹の木へと姿を変える、という<br />神話をもとにした作品。<br /><br />

    次は別の部屋へ移って、「アポロンとダフネ」。

    美しい娘ダフネに恋して我が物にしようと
    迫る太陽の神アポロン。

    しかし、その手がダフネに触れた瞬間、
    彼女は月桂樹の木へと姿を変える、という
    神話をもとにした作品。

  • 大理石でたなびく布を表現。<br />思わずうなってしまいます。

    大理石でたなびく布を表現。
    思わずうなってしまいます。

  • 照明でよい角度から写せないな。

    照明でよい角度から写せないな。

  • 月桂樹へと変化する手。

    月桂樹へと変化する手。

  • 「ダビデ像」。<br /><br />ミケランジェロのダビデ像が有名ですが<br />ベルニーニのこの作品もすばらしい。<br />若い女性に写真を撮られて恥ずかしそう?

    「ダビデ像」。

    ミケランジェロのダビデ像が有名ですが
    ベルニーニのこの作品もすばらしい。
    若い女性に写真を撮られて恥ずかしそう?

  • 体をねじり、躍動感にあふれている。

    体をねじり、躍動感にあふれている。

  • 力強くふんばった足には筋肉が<br />よく表現されている。

    力強くふんばった足には筋肉が
    よく表現されている。

  • カノーヴァ作、「パオリーナ・ボルゲーゼの肖像」。<br />これも美しい!

    カノーヴァ作、「パオリーナ・ボルゲーゼの肖像」。
    これも美しい!

  • ボルゲーゼは美術品収集で<br />あこぎなところがあった人物だったという。<br /><br />このラファエロの「キリスト降架」は<br />ペルージャの教会から<br />窃盗同然に持ってきてしまったらしい。<br />

    ボルゲーゼは美術品収集で
    あこぎなところがあった人物だったという。

    このラファエロの「キリスト降架」は
    ペルージャの教会から
    窃盗同然に持ってきてしまったらしい。

  • ドメニキ-ノ「ディアナの狩り」は<br />他の枢機卿の注文の品だったものを<br />無理やり自分のものにしてしまった。<br /><br />作品の官能的な部分に惹かれたらしい。

    ドメニキ-ノ「ディアナの狩り」は
    他の枢機卿の注文の品だったものを
    無理やり自分のものにしてしまった。

    作品の官能的な部分に惹かれたらしい。

  • クラナッハの作品もありますね。<br />この美術館は絵画作品は光が反射して<br />うまく写せない。<br />午後に来たほうがいいのかな。

    クラナッハの作品もありますね。
    この美術館は絵画作品は光が反射して
    うまく写せない。
    午後に来たほうがいいのかな。

  • ティツィアーノの名作「性愛と俗愛」も<br />ガラスが光ってうまく撮れない。<br /><br />ここの絵画作品は他にも<br />カラヴァッジョのコレクションが<br />有名ですが気色悪い彼の作品は<br />私は好きではありません。

    ティツィアーノの名作「性愛と俗愛」も
    ガラスが光ってうまく撮れない。

    ここの絵画作品は他にも
    カラヴァッジョのコレクションが
    有名ですが気色悪い彼の作品は
    私は好きではありません。

  • 次はタクシーにてベネチア広場近くの<br />ここコロンナ美術館へ<br />やって来ました。<br />土曜の午前中しか開いていない面倒な場所。<br /><br />なぜ来たかというと...。

    次はタクシーにてベネチア広場近くの
    ここコロンナ美術館へ
    やって来ました。
    土曜の午前中しか開いていない面倒な場所。

    なぜ来たかというと...。

  • この場所を見たかったのです。

    この場所を見たかったのです。

  • 映画「ローマの休日」のラストシーンが<br />撮影された有名な場所なのです。

    映画「ローマの休日」のラストシーンが
    撮影された有名な場所なのです。

  • でも単に映画のロケ地以上に<br />素晴らしい豪華絢爛たる宮殿です。<br />ルネサンス絵画がいっぱい。<br />

    でも単に映画のロケ地以上に
    素晴らしい豪華絢爛たる宮殿です。
    ルネサンス絵画がいっぱい。

  • 一度訪れるとまた来てみたくなると<br />いわれていますがその通りですね。

    一度訪れるとまた来てみたくなると
    いわれていますがその通りですね。

  • ところでコロンナ宮殿へ行くのに<br />タクシーの運転手さんに<br />Galleria Colonnaと行き先を告げたら<br />別場所へ連れていかれてしまいました。<br /><br />おそらく近くにあるGalleria Alberto Sordiと<br />間違えたのでしょうね。<br /><br />しかたなく歩いていると<br />トレビの泉が近くにありましたのでついでに<br />行ってみました。

    ところでコロンナ宮殿へ行くのに
    タクシーの運転手さんに
    Galleria Colonnaと行き先を告げたら
    別場所へ連れていかれてしまいました。

    おそらく近くにあるGalleria Alberto Sordiと
    間違えたのでしょうね。

    しかたなく歩いていると
    トレビの泉が近くにありましたのでついでに
    行ってみました。

  • 40年ぶりのトレビの泉は人であふれていました。<br /><br />あとで会った日本人の方も同じように<br />間違われたと言っていましたので<br />これからコロンナ宮殿へ訪問予定の方は<br />よく地図を示して案内してもらうとよいかもしれません。<br /><br />

    40年ぶりのトレビの泉は人であふれていました。

    あとで会った日本人の方も同じように
    間違われたと言っていましたので
    これからコロンナ宮殿へ訪問予定の方は
    よく地図を示して案内してもらうとよいかもしれません。

  • テルミニ駅へ戻り、時間がありますので少し駅を散策。<br /><br />皆さんが電光掲示板を見ています。<br />電車の発車するホームは10~15分くらい前でないと<br />表示されないのはヨーロッパ鉄道の困ったところ。

    テルミニ駅へ戻り、時間がありますので少し駅を散策。

    皆さんが電光掲示板を見ています。
    電車の発車するホームは10~15分くらい前でないと
    表示されないのはヨーロッパ鉄道の困ったところ。

  • 駅構内の表示はわかりやすい。

    駅構内の表示はわかりやすい。

  • マックものぞいて見るか。<br />だいたい日本と同じ値段。

    マックものぞいて見るか。
    だいたい日本と同じ値段。

  • これはスーパー。帰りの土産でも下見します。

    これはスーパー。帰りの土産でも下見します。

  • 荷物預けからスーツケースを取り<br />2階のセルフサービスのレストランへ。

    荷物預けからスーツケースを取り
    2階のセルフサービスのレストランへ。

  • おいしそうに見えたんですけどねえ。

    おいしそうに見えたんですけどねえ。

  • 半分も食べず廃棄!<br /><br />「地球の歩き方」ではここで<br />ひったくりにあった人もいるとありました。

    半分も食べず廃棄!

    「地球の歩き方」ではここで
    ひったくりにあった人もいるとありました。

  • ただテラス席は眺めがよく...。

    ただテラス席は眺めがよく...。

  • 階下の行き交う人を眺めることができます。

    階下の行き交う人を眺めることができます。

  • 高速列車のイタロは鉄道ファンには<br />人気があるのでしょうか。

    高速列車のイタロは鉄道ファンには
    人気があるのでしょうか。

  • かっこいいですね。

    かっこいいですね。

  • 私が乗るのはFrecciargento。<br />かなりのスピードでした。<br />ローマとフィレンツェ、280kmくらいを<br />約1時間半で結びます。

    私が乗るのはFrecciargento。
    かなりのスピードでした。
    ローマとフィレンツェ、280kmくらいを
    約1時間半で結びます。

  • あまり混んでいません。

    あまり混んでいません。

  • 列車は緑したたる田園地帯を...。

    列車は緑したたる田園地帯を...。

  • 走っていきます。

    走っていきます。

  • この風景にソーラーはやめてほしい。

    この風景にソーラーはやめてほしい。

  • フィレンツェ駅へ到着。

    フィレンツェ駅へ到着。

  • イタリアではワンちゃんも電車に乗れます。

    イタリアではワンちゃんも電車に乗れます。

  • フィレンツェ駅。

    フィレンツェ駅。

  • ホテルへの途中で。

    ホテルへの途中で。

  • 今回のホテルは駅からあまり離れていないところ。<br />どこへ行くにも便利でした。

    今回のホテルは駅からあまり離れていないところ。
    どこへ行くにも便利でした。

  • バンキ通りの2つ星ホテル、<br />Hotel Balcony。<br />Google Street Viewより。

    バンキ通りの2つ星ホテル、
    Hotel Balcony。
    Google Street Viewより。

  • 2つ星ホテルですが<br />夫婦と思われる経営者の方はとても<br />親切で気さくな方。<br /><br />部屋、バスルームは清潔で<br />不満はありませんでした。<br />市内の主な名所、どこへ行くのにも<br />便利な立地。<br />以下に評価があります。<br />https://4travel.jp/os_hotel_each_tips-10221049.html

    2つ星ホテルですが
    夫婦と思われる経営者の方はとても
    親切で気さくな方。

    部屋、バスルームは清潔で
    不満はありませんでした。
    市内の主な名所、どこへ行くのにも
    便利な立地。
    以下に評価があります。
    https://4travel.jp/os_hotel_each_tips-10221049.html

55いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

この旅行記へのコメント (2)

開く

閉じる

  • toc blancさん 2019/06/03 13:57:28
    映画のラストシーンは
    コロンナ美術館(宮殿)だったのですね、あの
    グレゴリーペックの姿、忘れられないです

    Molly

    Mollyさん からの返信 2019/06/03 14:13:43
    Re: 映画のラストシーンは
    toc blancさん、
     書き込みをありがとうございます。
    そうです。あの「ローマの休日」のロケ地です。
    この方は詳細に記していますね。
    ご覧になってみてください。
    https://tripnote.jp/rome/roman-holiday-filming-location

    Mollyより

Mollyさんのトラベラーページ

Mollyさんの関連旅行記

Mollyさんの旅行記一覧

マイルに交換できるフォートラベルポイントがたまります。
フォートラベルポイントって?

イタリアで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
イタリア最安 50円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

イタリアの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

PAGE TOP

ピックアップ特集