ウィーン旅行記(ブログ) 一覧に戻る
週末に留学先から訪れた壮大かつコンパクトな街ウィーン。<br />女子ひとりでも十分楽しめる旅でした!

留学中女子の初ひとり旅 in ウィーン!!音楽の都を自由気ままにたびする2泊3日(1,2日目)

17いいね!

2019/02/22 - 2019/02/24

1150位(同エリア5320件中)

旅行記グループ ウィーン週末ひとり旅

0

20

もきこ。

もきこ。さん

週末に留学先から訪れた壮大かつコンパクトな街ウィーン。
女子ひとりでも十分楽しめる旅でした!

同行者
一人旅
一人あたり費用
1万円未満
交通手段
鉄道 徒歩
利用旅行会社
個別手配
旅行の満足度
4.5
観光
4.0
ホテル
4.0
グルメ
4.5
ショッピング
4.0
交通
4.0

PR

  • 留学先の授業か終わってすぐにFlixbusに乗り込み、停車中駅であるウィーン西駅の近くのホステルにチェックインします。<br /><br /><br /><br />夜遅くだからとこの頃はまだ勇気がなかったので、とりあえず夜ご飯を食べて一日を終えようとウロウロ。<br /><br /><br /><br />到着が夜だったため綺麗そうなカフェはしまってるしギラギラしてるバーみたいなところは怖くてはいれない…(いまは全然はいれるけど)<br /><br />ウィーンに来たならオーストリアの料理を食べるんだ!ケバブ??には頼らないぞ!と意気込んでいたので(オーストリアにもケバブ屋さんがたくさんありファストフードのように安く買えます。写真つきのメニューで分かりやすいし夜遅くまであいてるからたよりがち)<br /><br />ウィーン西駅に程近いレストランに入りました。<br /><br /><br />オーストリアに来たなら絶対試してほしいウィナーシュニッツェル!<br />サラダつきで9ユーロ程。まだたどたどしいドイツ語で注文しましたが、英語メニューもあるそうで店員さんも優しかったです。<br /><br />口コミが多くあるようで、周りのお客さんも春休み中の大学生やお仕事できてる方など日本人が多く、店員さんも慣れていました。<br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br />

    留学先の授業か終わってすぐにFlixbusに乗り込み、停車中駅であるウィーン西駅の近くのホステルにチェックインします。



    夜遅くだからとこの頃はまだ勇気がなかったので、とりあえず夜ご飯を食べて一日を終えようとウロウロ。



    到着が夜だったため綺麗そうなカフェはしまってるしギラギラしてるバーみたいなところは怖くてはいれない…(いまは全然はいれるけど)

    ウィーンに来たならオーストリアの料理を食べるんだ!ケバブ??には頼らないぞ!と意気込んでいたので(オーストリアにもケバブ屋さんがたくさんありファストフードのように安く買えます。写真つきのメニューで分かりやすいし夜遅くまであいてるからたよりがち)

    ウィーン西駅に程近いレストランに入りました。


    オーストリアに来たなら絶対試してほしいウィナーシュニッツェル!
    サラダつきで9ユーロ程。まだたどたどしいドイツ語で注文しましたが、英語メニューもあるそうで店員さんも優しかったです。

    口コミが多くあるようで、周りのお客さんも春休み中の大学生やお仕事できてる方など日本人が多く、店員さんも慣れていました。









    マリアヒルファーブラウ 地元の料理

  • 家族連れやお一人様もいて入りやすかったです。<br /><br />一緒にレモンティーも注文したところまさかの紫色ででてきました。<br />スポーツバーも兼ねているような店だったので、ちょっとカクテルみがありますね。

    家族連れやお一人様もいて入りやすかったです。

    一緒にレモンティーも注文したところまさかの紫色ででてきました。
    スポーツバーも兼ねているような店だったので、ちょっとカクテルみがありますね。

  • 日付かわって2日目。<br />ウィーン西駅から電車(S-bahn)にのって2駅ほどでシェーンブルン宮殿につきました。<br />ちなみにチケットはÖBB(オーストリア国鉄)のアプリで乗車前に一日乗車券(8ユーロ)購入しました。<br />ヨーロッパ旅行する方はその地方の公共機関のアプリを入れることをオススメします!<br /><br /><br />さて、シェーンブルン宮殿。<br /><br />これがまた大きすぎる。<br /><br />門のところにあるチケット売り場で宮殿内に入るチケットを購入。売り場ものすごい行列でしたが券売機の列がすいていたので当日券でもわりとすぐにかえました。<br /><br />日本語のオーディオガイドを借りましたが、読み手の方の説明が心地よくとてもわかりやすかったです。

    日付かわって2日目。
    ウィーン西駅から電車(S-bahn)にのって2駅ほどでシェーンブルン宮殿につきました。
    ちなみにチケットはÖBB(オーストリア国鉄)のアプリで乗車前に一日乗車券(8ユーロ)購入しました。
    ヨーロッパ旅行する方はその地方の公共機関のアプリを入れることをオススメします!


    さて、シェーンブルン宮殿。

    これがまた大きすぎる。

    門のところにあるチケット売り場で宮殿内に入るチケットを購入。売り場ものすごい行列でしたが券売機の列がすいていたので当日券でもわりとすぐにかえました。

    日本語のオーディオガイドを借りましたが、読み手の方の説明が心地よくとてもわかりやすかったです。

    シェーンブルン宮殿と庭園群 城・宮殿

  • 冬に訪れるとお花がまだ咲いてないのでちょっと寂しい…

    冬に訪れるとお花がまだ咲いてないのでちょっと寂しい…

  • すぐそばにはエジソンも住んでいたというアパートもあります。<br />現在は高級そうなカフェになってました。

    すぐそばにはエジソンも住んでいたというアパートもあります。
    現在は高級そうなカフェになってました。

  • 地下鉄をつかって国立オペラ座へ!<br />日本語や英語のガイドツアーはほぼ毎日昼頃開催されています。<br />この日は15:00から開催の英語のガイドツアーを開催30分前に購入しました。

    地下鉄をつかって国立オペラ座へ!
    日本語や英語のガイドツアーはほぼ毎日昼頃開催されています。
    この日は15:00から開催の英語のガイドツアーを開催30分前に購入しました。

    ウィーン国立歌劇場 (国立オペラ座) 劇場・ホール・ショー

  • ゴージャス!<br />カジュアルな服装でオペラ座を楽しめることはそうそうないので音楽に興味のない方でもおすすめです。

    ゴージャス!
    カジュアルな服装でオペラ座を楽しめることはそうそうないので音楽に興味のない方でもおすすめです。

  • 一番高い席から天井を見上げるとおもわずため息が出てしまいます。

    一番高い席から天井を見上げるとおもわずため息が出てしまいます。

  • 終了後のルートには楽譜のデザインの雑貨や、ウィーンのお土産がかえる場所も併設しています。<br />音楽好きなら楽譜のコーナーは必見です。<br />

    終了後のルートには楽譜のデザインの雑貨や、ウィーンのお土産がかえる場所も併設しています。
    音楽好きなら楽譜のコーナーは必見です。

  • オペラ座とホテルザッハーの間を通るケルントナー通りを通るとその先にはシュテファン大聖堂!<br /><br />ちなみにこの周りにはモーツァルトコンサートのチケット売りのお兄さんがこれぞとばかりに日本語をつかって声をかけてきますので、気を付けてくださいね。<br />コンサート自体は、音楽をあまり知らない人でも楽しめるものですのでスリに気を付けつつ通りで彼らのお話を聞いてみるのもよいかもしれません。

    オペラ座とホテルザッハーの間を通るケルントナー通りを通るとその先にはシュテファン大聖堂!

    ちなみにこの周りにはモーツァルトコンサートのチケット売りのお兄さんがこれぞとばかりに日本語をつかって声をかけてきますので、気を付けてくださいね。
    コンサート自体は、音楽をあまり知らない人でも楽しめるものですのでスリに気を付けつつ通りで彼らのお話を聞いてみるのもよいかもしれません。

    シュテファン大聖堂 寺院・教会

  • 聖堂は有料箇所(エレベーター、棟)以外は無料で中が見学できます。<br />

    聖堂は有料箇所(エレベーター、棟)以外は無料で中が見学できます。

  • ゴシック様式の荘厳でおおきな教会です。<br />日曜日の朝にはオルガン付きのミサもやっているのでこちらもおすすめ。

    ゴシック様式の荘厳でおおきな教会です。
    日曜日の朝にはオルガン付きのミサもやっているのでこちらもおすすめ。

  • ケルントナー通りもう一度オペラ座方面に戻ったところで見つけたコンディトライ。ウィーンといえばザッハートルテが思い浮かびますが、それ以外のケーキも大変美しいですので歩きながらお気に入りのカフェやコンディトライを見つけてください:)

    ケルントナー通りもう一度オペラ座方面に戻ったところで見つけたコンディトライ。ウィーンといえばザッハートルテが思い浮かびますが、それ以外のケーキも大変美しいですので歩きながらお気に入りのカフェやコンディトライを見つけてください:)

    ハイナー カフェ

  • リングから出てフンデルトヴァッサーハウスへ。<br />カラフルでフォトジェニックです。冬は日当たり的に朝行った方がよさそう

    リングから出てフンデルトヴァッサーハウスへ。
    カラフルでフォトジェニックです。冬は日当たり的に朝行った方がよさそう

    フンデルトヴァッサーハウス 現代・近代建築

  • そのまま歩いて彼の作品があるクンストハウスへ。<br />

    そのまま歩いて彼の作品があるクンストハウスへ。

    クンストハウスウィーン 現代・近代建築

  • 美術館の閉館時間がちかかったので、惜しみつつ内部のカフェで休憩することに。<br />内装がとてもきれいです。

    美術館の閉館時間がちかかったので、惜しみつつ内部のカフェで休憩することに。
    内装がとてもきれいです。

  • Apreltopfenstrudel<br />(リンゴのパイ包みのような感じ)<br />こちらもオーストリア名物です。

    Apreltopfenstrudel
    (リンゴのパイ包みのような感じ)
    こちらもオーストリア名物です。

  • 手持無沙汰になってそろそろ帰ろうかととおもったところでふとオペラのコンサートのポスターを見たら、なんとその日のプログラムは白鳥湖!!!!!!<br /><br />わたしとしたことが失念…急いでオペラ座に向かいます。<br />45分まえに着いたのですが立見席の売り場は長蛇の列…絶望でした。<br /><br />あきらめようかとおもったところであやしそうなダフ屋のおじさんが声をかけてくれたので、<br />きっと本来の価格より高いんだろうなーと思いつつも、学生だからとちょっと値切って買いました。<br /><br />どうしても中に入って白鳥湖バレエが見たかったんです!<br />ボックス席2列目で45ユーロで購入しました。視界はまあまあかな?<br />

    手持無沙汰になってそろそろ帰ろうかととおもったところでふとオペラのコンサートのポスターを見たら、なんとその日のプログラムは白鳥湖!!!!!!

    わたしとしたことが失念…急いでオペラ座に向かいます。
    45分まえに着いたのですが立見席の売り場は長蛇の列…絶望でした。

    あきらめようかとおもったところであやしそうなダフ屋のおじさんが声をかけてくれたので、
    きっと本来の価格より高いんだろうなーと思いつつも、学生だからとちょっと値切って買いました。

    どうしても中に入って白鳥湖バレエが見たかったんです!
    ボックス席2列目で45ユーロで購入しました。視界はまあまあかな?

  • 外が暗くなってからみると昼のガイドツアーとは違う表情を見せてくれます。

    外が暗くなってからみると昼のガイドツアーとは違う表情を見せてくれます。

  • ウィーン西駅までかえることを考えると長居はできないと思い、拍手が鳴りやまないなかでささっとオペラ座を後に。<br />オペラ座の裏のソーセージスタンドはウィーンで一番おいしいと有名です。<br />チーズ入りのソーセージのKäsekreiner(ケーゼクライナー)がおすすめ!<br />ホテルに帰る前にテイクアウトしました。<br /><br />閉演後はオペラ座帰りのひとでこちらも並びますので、オペラ座のスケジュールに気を付けてくださいね。

    ウィーン西駅までかえることを考えると長居はできないと思い、拍手が鳴りやまないなかでささっとオペラ座を後に。
    オペラ座の裏のソーセージスタンドはウィーンで一番おいしいと有名です。
    チーズ入りのソーセージのKäsekreiner(ケーゼクライナー)がおすすめ!
    ホテルに帰る前にテイクアウトしました。

    閉演後はオペラ座帰りのひとでこちらも並びますので、オペラ座のスケジュールに気を付けてくださいね。

17いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

この旅行で行ったスポット

この旅行で行ったグルメ・レストラン

マイルに交換できるフォートラベルポイントがたまります。
フォートラベルポイントって?

オーストリアで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
オーストリア最安 250円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

オーストリアの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

オーストリアのおすすめ情報

PAGE TOP

ピックアップ特集