サマルカンド旅行記(ブログ) 一覧に戻る
今日はシルクロードで栄華を極めた“青の都”サマルカンドの市内観光、注目のレギンスタン広場は昨日のライトアップで堪能したがまたお昼に見るのはちがった雰囲気だ。3っの建物の中は広い中庭になって緑が多い。他にはグーリ・アミール廟、想像を超えた青の美しい霊廟で奥へと続いていた。バザールは広くていろいろな物が売っていた。とても見ごたえのあるサマルカンド、一日の観光だけでは残念だった。<br />*サマルカンドは2001年にユネスコ世界文化遺産に登録

青の都サマルカンドに感動

3いいね!

2019/05/02 - 2019/05/02

399位(同エリア497件中)

今日はシルクロードで栄華を極めた“青の都”サマルカンドの市内観光、注目のレギンスタン広場は昨日のライトアップで堪能したがまたお昼に見るのはちがった雰囲気だ。3っの建物の中は広い中庭になって緑が多い。他にはグーリ・アミール廟、想像を超えた青の美しい霊廟で奥へと続いていた。バザールは広くていろいろな物が売っていた。とても見ごたえのあるサマルカンド、一日の観光だけでは残念だった。
*サマルカンドは2001年にユネスコ世界文化遺産に登録

旅行の満足度
4.5
観光
5.0
ホテル
4.0
グルメ
4.0
同行者
一人旅
旅行の手配内容
ツアー(添乗員同行あり)

PR

  • サマルカンドのホテル レギスタンプラザホテルからグリ・アミール廟に徒歩 8 分位で行くことができる。

    サマルカンドのホテル レギスタンプラザホテルからグリ・アミール廟に徒歩 8 分位で行くことができる。

  • ロビーはサマルカンドの国旗がある広い吹き抜けで豪華な感じはするが部屋は普通、ツアーメンバーの部屋の鍵が壊れているのかうまくできないので困ってみえた。 

    ロビーはサマルカンドの国旗がある広い吹き抜けで豪華な感じはするが部屋は普通、ツアーメンバーの部屋の鍵が壊れているのかうまくできないので困ってみえた。 

  • 朝食後集合時間があったのでホテルの近くをまグリ・アミール廟まで散策 ティムール朝の創始者ティムールの威厳のある銅像 カッコイイ王様(^^♪<br />*13世紀のモンゴル軍の遠征によって廃墟と化したこの街を再興したのが英雄ティムール

    朝食後集合時間があったのでホテルの近くをまグリ・アミール廟まで散策 ティムール朝の創始者ティムールの威厳のある銅像 カッコイイ王様(^^♪
    *13世紀のモンゴル軍の遠征によって廃墟と化したこの街を再興したのが英雄ティムール

  • 砂漠に近いこの場所でも水は豊富なんだ

    砂漠に近いこの場所でも水は豊富なんだ

  • グリ アミール廟に行く途中にルハバッド廟

    グリ アミール廟に行く途中にルハバッド廟

  • グリ アミール廟に到着 観光かウズベキの婦人方がみんなで写真撮影

    グリ アミール廟に到着 観光かウズベキの婦人方がみんなで写真撮影

  • 本日最初に訪れたのはシャーヒズィンダ廟群 ティムール帝国の創始者ティムールの一族が葬られたお墓でティムールの親族や王朝関係者の霊廟やモスクなど11棟の遺跡群。青のモザイク画で装飾された壮大なお墓が11棟も並んでおり、まるで別世界のような光景だ。

    本日最初に訪れたのはシャーヒズィンダ廟群 ティムール帝国の創始者ティムールの一族が葬られたお墓でティムールの親族や王朝関係者の霊廟やモスクなど11棟の遺跡群。青のモザイク画で装飾された壮大なお墓が11棟も並んでおり、まるで別世界のような光景だ。

  • 青い空と美しい青の建造物。青と青のコントラストが美しい。

    青い空と美しい青の建造物。青と青のコントラストが美しい。

  • 狭い通路を奥へ奥へと歩く

    狭い通路を奥へ奥へと歩く

  • こちらはオシャレな方ですね。

    こちらはオシャレな方ですね。

  • 日本人は人気があって常に笑顔で接してくれる。かなりの年配のおばあさんもかわいい。

    日本人は人気があって常に笑顔で接してくれる。かなりの年配のおばあさんもかわいい。

  • シャーヒズィンダ廟群を後にして徒歩でシヨブバザールに移動、日差しが強い!

    シャーヒズィンダ廟群を後にして徒歩でシヨブバザールに移動、日差しが強い!

  • サマルカンド最大のマーケット、シヨブバザール

    サマルカンド最大のマーケット、シヨブバザール

  • 立派な屋根付きの市場

    立派な屋根付きの市場

  • 手作りのサマルカンドナンを売っているお店が多い

    手作りのサマルカンドナンを売っているお店が多い

  • ナッツ&ドライフルーツが豊富

    ナッツ&ドライフルーツが豊富

  • シヨブバザールの向こうに1404年にティムール朝の創始者ティムールによって建設されたビービー・ハーヌム・モスク。中央アジアでも最大級のモスクだ。<br />

    シヨブバザールの向こうに1404年にティムール朝の創始者ティムールによって建設されたビービー・ハーヌム・モスク。中央アジアでも最大級のモスクだ。

  • 巨大な石で作られた説教台

    巨大な石で作られた説教台

  • 学校

    学校

  • お昼のレストラン

    お昼のレストラン

  • 素敵なレストランで中庭が見える席

    素敵なレストランで中庭が見える席

  • 野菜が多くて食べ過ぎなければ日本人好みだと思う 今の所私のお腹は大丈夫。

    野菜が多くて食べ過ぎなければ日本人好みだと思う 今の所私のお腹は大丈夫。

  • 政治・経済・文化の中心であったレギスタン広場は東西の交易のバザールが開かれていました。広場は3つメドレセがあり、想像以上に大きく、迫力満点!青いドーム型の屋根や門のモザイク画等異国情緒たっぷり!<br />*レギスタン広場は「砂の広場」という意味だそう

    政治・経済・文化の中心であったレギスタン広場は東西の交易のバザールが開かれていました。広場は3つメドレセがあり、想像以上に大きく、迫力満点!青いドーム型の屋根や門のモザイク画等異国情緒たっぷり!
    *レギスタン広場は「砂の広場」という意味だそう

  • 広場正面に立つティラカリ・メドレセ

    広場正面に立つティラカリ・メドレセ

  • 左側は1420年にティムールの孫ウルグベクによって、ウルグベク・メドレセが建てられた

    左側は1420年にティムールの孫ウルグベクによって、ウルグベク・メドレセが建てられた

  • 右側がシェルドル・マドラサ

    右側がシェルドル・マドラサ

  • 上部は偶像崇拝を禁止するイスラム教ではタブーである動物と人間の顔が描かれている。支配者が自分の権力を誇示するためらしい。

    上部は偶像崇拝を禁止するイスラム教ではタブーである動物と人間の顔が描かれている。支配者が自分の権力を誇示するためらしい。

  • 青いタイルは「サマルカンドブルー」と呼ばれ中国の陶磁器とペルシャの顔料が出会って誕生したものらしい

    青いタイルは「サマルカンドブルー」と呼ばれ中国の陶磁器とペルシャの顔料が出会って誕生したものらしい

  • 中は広場になっている。

    中は広場になっている。

  • サマルカンド観光を終えて夕方の電車でタシケントにツアーが2組に分かれて移動

    サマルカンド観光を終えて夕方の電車でタシケントにツアーが2組に分かれて移動

  • サマルカンドは思ったよりすばらしい青の都だった。もう一度レギスタン広場のライトアップを階段に座ってゆっくり見てみたかった。

    サマルカンドは思ったよりすばらしい青の都だった。もう一度レギスタン広場のライトアップを階段に座ってゆっくり見てみたかった。

3いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

マイルに交換できるフォートラベルポイントがたまります。
フォートラベルポイントって?

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

PAGE TOP

ピックアップ特集