成都旅行記(ブログ) 一覧に戻る
上野動物園にいるシャンシャンは、その所有権が中国にあり、生後2年後に中国に帰ることになっている。それに先駆け、新居となる臥龍パンダ繁殖センターを訪れた。それがメインで、ついでに成都観光もしてきた。<br /><br />1日目:BR765<br />2日目:臥龍パンダ繁殖センター<br />3日目:寛窄巷子、文化公園、百花潭公園、錦里、武侯祠<br />4日目:成都ジャイアントパンダ繁殖研究基地、都江堰<br />5日目:友人宅訪問、BR766<br /><br />後日追記:「中国野生動物保護協会と東京都によるジャイアントパンダ保護研究実施の協力に関する協定書」に基づき、上野動物園で生まれた「シャンシャン」は、満2歳になった時点で中国に返還されることになっていたが、日中合意のもと、新しい協定が締結され、返還は1年半延期されることになった。

シャンシャン四川省新居の下見ツアー(4)成都ジャイアントパンダ繁殖研究基地

5いいね!

2019/04/01 - 2019/04/05

542位(同エリア904件中)

0

52

上野動物園にいるシャンシャンは、その所有権が中国にあり、生後2年後に中国に帰ることになっている。それに先駆け、新居となる臥龍パンダ繁殖センターを訪れた。それがメインで、ついでに成都観光もしてきた。

1日目:BR765
2日目:臥龍パンダ繁殖センター
3日目:寛窄巷子、文化公園、百花潭公園、錦里、武侯祠
4日目:成都ジャイアントパンダ繁殖研究基地、都江堰
5日目:友人宅訪問、BR766

後日追記:「中国野生動物保護協会と東京都によるジャイアントパンダ保護研究実施の協力に関する協定書」に基づき、上野動物園で生まれた「シャンシャン」は、満2歳になった時点で中国に返還されることになっていたが、日中合意のもと、新しい協定が締結され、返還は1年半延期されることになった。

同行者
一人旅
利用旅行会社
個別手配

PR

  • 旅の4日目は7時50分にホテルを出立し、成都ジャイアントパンダ繁殖研究基地へ向かった。

    旅の4日目は7時50分にホテルを出立し、成都ジャイアントパンダ繁殖研究基地へ向かった。

  • 成都の地下鉄利用客は台北の人たちと異なり、エスカレーターを歩くことはしない。これはとてもよいことだと思う。台北の人はせっかちなのか、歩くというより、駆け下りる人が多く、事故が起こらないかと心配になることがある。

    成都の地下鉄利用客は台北の人たちと異なり、エスカレーターを歩くことはしない。これはとてもよいことだと思う。台北の人はせっかちなのか、歩くというより、駆け下りる人が多く、事故が起こらないかと心配になることがある。

  • 9時に熊猫大道駅に到着。駅を出てすぐのところで、成都ジャイアントパンダ繁殖研究基地行きのバスのチケットを購入する。

    9時に熊猫大道駅に到着。駅を出てすぐのところで、成都ジャイアントパンダ繁殖研究基地行きのバスのチケットを購入する。

  • お得なチケット、各種取り揃えております。とりあえず、行きのバスの乗車券+入園券を52元で購入。買ってから、往復のバス乗車券で買えばよかったと思ったけど、これで正解だった(この次の旅行記で、その理由がわかります)。

    お得なチケット、各種取り揃えております。とりあえず、行きのバスの乗車券+入園券を52元で購入。買ってから、往復のバス乗車券で買えばよかったと思ったけど、これで正解だった(この次の旅行記で、その理由がわかります)。

  • このバスに乗車。平日ではあったけれど、満席御礼。

    このバスに乗車。平日ではあったけれど、満席御礼。

  • 中国人客は皆スマホで購入。中国のキャッシュレス化のスピードは非常に早い。自分は現金で支払い。

    中国人客は皆スマホで購入。中国のキャッシュレス化のスピードは非常に早い。自分は現金で支払い。

  • 成都ジャイアントパンダ繁殖研究基地到着。バスを降りたところからだいぶ歩かされた。

    成都ジャイアントパンダ繁殖研究基地到着。バスを降りたところからだいぶ歩かされた。

  • 入ってすぐのところにあるミニバス乗り場。ひたすら坂を上っていくという情報を得ていたから、これで上まで行ってしまおうと思っていたけれど、待っている人の数があまりにも多くて、徒歩で行くことに決定。

    入ってすぐのところにあるミニバス乗り場。ひたすら坂を上っていくという情報を得ていたから、これで上まで行ってしまおうと思っていたけれど、待っている人の数があまりにも多くて、徒歩で行くことに決定。

  • 緩やかな上り坂。空港からの直行バスもあるため、スーツケースを引いている入園者もいた。

    緩やかな上り坂。空港からの直行バスもあるため、スーツケースを引いている入園者もいた。

  • パンダに供するのか、両側に竹の生えた道を進む。

    パンダに供するのか、両側に竹の生えた道を進む。

  • 足腰の弱い人は待ってでも、ミニバス利用の方がいい。

    足腰の弱い人は待ってでも、ミニバス利用の方がいい。

  • 園内にはきれいな花も植えられている。

    園内にはきれいな花も植えられている。

  • 途中、地図を見て、まだまだ先が長いことに気づかされた。

    途中、地図を見て、まだまだ先が長いことに気づかされた。

  • 目が合ったような気がする。でも、パンダは少しも意に介していないだろうな......。

    目が合ったような気がする。でも、パンダは少しも意に介していないだろうな......。

  • こんな橋を渡るところもある。けっこう揺れた。

    こんな橋を渡るところもある。けっこう揺れた。

  • 大量のタケノコを貪るパンダ。

    大量のタケノコを貪るパンダ。

  • 豊富な品揃えのおみやげ店。

    豊富な品揃えのおみやげ店。

  • こちらのパンダ、尻尾を上にあげたかと思うと、入園客に見せびらかすかのように、大量の排便をした。臥龍のパンダ基地ではあまり感じなかったけれど、このパンダのはかなりきつい臭いを放っていた。タケしか食べないから、便は臭くないと臥龍のスタッフからは聞いていたんだけど......。

    こちらのパンダ、尻尾を上にあげたかと思うと、入園客に見せびらかすかのように、大量の排便をした。臥龍のパンダ基地ではあまり感じなかったけれど、このパンダのはかなりきつい臭いを放っていた。タケしか食べないから、便は臭くないと臥龍のスタッフからは聞いていたんだけど......。

  • みんなおいしそうによく食べる......。

    みんなおいしそうによく食べる......。

  • 後ろ姿もかわいい。

    後ろ姿もかわいい。

  • ここのパンダも木登り上手。

    ここのパンダも木登り上手。

  • これだけの人にずっと見られて、パンダも相当のストレスを感じているはず。

    これだけの人にずっと見られて、パンダも相当のストレスを感じているはず。

  • 自分の場合、他の動物園同様、展示物を見ている人間も観察対象になる。なにげにおもしろい。

    自分の場合、他の動物園同様、展示物を見ている人間も観察対象になる。なにげにおもしろい。

  • ここではレッサーパンダも飼育されている。ちなみに、パンダは中国語で大熊猫で、レッサーパンダは小熊猫。

    ここではレッサーパンダも飼育されている。ちなみに、パンダは中国語で大熊猫で、レッサーパンダは小熊猫。

  • 抹茶色はパンダがもともといた地域で、黄色がレッサーパンダのそもそもの棲息地域。現在では、ともに限られた地域にしかいない。

    抹茶色はパンダがもともといた地域で、黄色がレッサーパンダのそもそもの棲息地域。現在では、ともに限られた地域にしかいない。

  • 無邪気な子パンダ。仰向けになって食べている姿は、本当にかわいらしいけど、真似をしたら困るから、あまり子供に見せない方がよいかも......。

    無邪気な子パンダ。仰向けになって食べている姿は、本当にかわいらしいけど、真似をしたら困るから、あまり子供に見せない方がよいかも......。

  • 木の枝の間に置かれた大きいぬいぐるみのようなこの子はずっとこの姿勢だった。

    木の枝の間に置かれた大きいぬいぐるみのようなこの子はずっとこの姿勢だった。

  • 昼食にはまだ早かったけれど、パンダカフェで食事をすることにした。

    昼食にはまだ早かったけれど、パンダカフェで食事をすることにした。

  • 3種類のお弁当が売られている。

    3種類のお弁当が売られている。

  • 木々に囲まれたテラス席で。

    木々に囲まれたテラス席で。

  • 紅焼鶏肉ご飯。記憶が間違っていなければ30元。観光地価格ではあるけれど、許容範囲。味はまあまあ。

    紅焼鶏肉ご飯。記憶が間違っていなければ30元。観光地価格ではあるけれど、許容範囲。味はまあまあ。

  • 続いて、パンダ・クリニックへ。病気になったパンダや健康診断を受けるパンダはここへ連れてこられる。

    続いて、パンダ・クリニックへ。病気になったパンダや健康診断を受けるパンダはここへ連れてこられる。

  • 治療を受けているパンダはいなく、骨の標本を見学した。

    治療を受けているパンダはいなく、骨の標本を見学した。

  • 臥龍パンダ基地で間近で見ていたから知っていたけど、木登りをするため、爪が鋭い。

    臥龍パンダ基地で間近で見ていたから知っていたけど、木登りをするため、爪が鋭い。

  • 尾骨

    尾骨

  • その次に行ったのは、パンダ・キッチン。パンダが食べるものを写真や絵、文字で紹介している。ここで飼育されているパンダが食べているのは、タケ(全体の99%)、タケノコ、リンゴ、パンダだんご(臥龍で作成した)。パンダの腸は短いため、栄養の吸収が悪く、消化率はたったの17%。それゆえ、1日に20~40kgものタケを食べている。

    その次に行ったのは、パンダ・キッチン。パンダが食べるものを写真や絵、文字で紹介している。ここで飼育されているパンダが食べているのは、タケ(全体の99%)、タケノコ、リンゴ、パンダだんご(臥龍で作成した)。パンダの腸は短いため、栄養の吸収が悪く、消化率はたったの17%。それゆえ、1日に20~40kgものタケを食べている。

  • パンダ秘密探知館

    パンダ秘密探知館

  • その入り口の脇にあった水の自動販売機。

    その入り口の脇にあった水の自動販売機。

  • 色々なデザインがあり、どれが出てくるかわからないらしい。

    色々なデザインがあり、どれが出てくるかわからないらしい。

  • 入ってすぐのところで映像鑑賞。これは臥龍パンダ基地で観たものと同じだった。。

    入ってすぐのところで映像鑑賞。これは臥龍パンダ基地で観たものと同じだった。。

  • 母親パンダが赤ちゃんパンダを抱く様子の映像や、子パンダの鳴き声など、内容が充実していた。かわいい写真の展示も多く、ここに来たら、見逃せない場所だと思った。<br /><br />赤ちゃんパンダの性別判断は難しいそうだ。幼少時代はオスもメスも生殖器の形状が似ているため(睾丸が陰嚢に垂下するのに時間がかかる)、3歳ぐらいにならないと正確な判断ができないらしい。ここに来て初めて知った。シャンシャンはまだ2歳未満なのに、なぜメスだと確定しているんだろ?後になって、「オスでした」などと修正されたりして......。

    母親パンダが赤ちゃんパンダを抱く様子の映像や、子パンダの鳴き声など、内容が充実していた。かわいい写真の展示も多く、ここに来たら、見逃せない場所だと思った。

    赤ちゃんパンダの性別判断は難しいそうだ。幼少時代はオスもメスも生殖器の形状が似ているため(睾丸が陰嚢に垂下するのに時間がかかる)、3歳ぐらいにならないと正確な判断ができないらしい。ここに来て初めて知った。シャンシャンはまだ2歳未満なのに、なぜメスだと確定しているんだろ?後になって、「オスでした」などと修正されたりして......。

  • ここで記念撮影する入園者多し。

    ここで記念撮影する入園者多し。

  • 続いて、パンダ博物館。

    続いて、パンダ博物館。

  • 上の段のがパンダの頭蓋骨で、下の段は手前が黒熊、奥がレッサーパンダ。

    上の段のがパンダの頭蓋骨で、下の段は手前が黒熊、奥がレッサーパンダ。

  • 生後1週間もせずに死んでしまったパンダ。すべての赤ちゃんパンダはこんなに尻尾が長いのかなぁ?

    生後1週間もせずに死んでしまったパンダ。すべての赤ちゃんパンダはこんなに尻尾が長いのかなぁ?

  • 開園当初、6頭しかいなかったパンダけれど、繁殖は成功を重ね、2018年には195頭にもなった。

    開園当初、6頭しかいなかったパンダけれど、繁殖は成功を重ね、2018年には195頭にもなった。

  • 黄色がもともとのパンダ生息地。華中、華南はもちろん、北京にもいたとは......。現在は赤い地域にしか野生パンダはいない。

    黄色がもともとのパンダ生息地。華中、華南はもちろん、北京にもいたとは......。現在は赤い地域にしか野生パンダはいない。

  • 野生動物の住む場所をどんどん奪い、人類は本当に罪作りだ。

    野生動物の住む場所をどんどん奪い、人類は本当に罪作りだ。

  • 四川の大地震の時に救い出されたパンダ。

    四川の大地震の時に救い出されたパンダ。

  • かわいい写真がたくさん展示されているのに、ここまで来る入園者は極めて少なく、ゆっくり見学できる。

    かわいい写真がたくさん展示されているのに、ここまで来る入園者は極めて少なく、ゆっくり見学できる。

  • 園内にあるパンダ郵便局。非常に多種の絵葉書などが販売されている。ここで投函することも可能。

    園内にあるパンダ郵便局。非常に多種の絵葉書などが販売されている。ここで投函することも可能。

  • 滞在したのは、9時から12時20分まで。成都中心地からのアクセスが比較的よいため、入園者が非常に多く、ゆっくり見学するのは難しかったけれど、秘密探知館や博物館で多くの知識を得たり、自然の中でパンダ弁当を食べたりしたのはいい思い出になった。<br /><br />この後は、成都動物園に行く予定だった。ところが、急遽予定変更。次の旅行記でご紹介。

    滞在したのは、9時から12時20分まで。成都中心地からのアクセスが比較的よいため、入園者が非常に多く、ゆっくり見学するのは難しかったけれど、秘密探知館や博物館で多くの知識を得たり、自然の中でパンダ弁当を食べたりしたのはいい思い出になった。

    この後は、成都動物園に行く予定だった。ところが、急遽予定変更。次の旅行記でご紹介。

この旅行記のタグ

5いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

マイルに交換できるフォートラベルポイントがたまります。
フォートラベルポイントって?

中国で使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
中国最安 90円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

中国の料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

PAGE TOP

ピックアップ特集