ブルガリア旅行記(ブログ) 一覧に戻る
所属する合唱団のウィーン演奏会のあと、ブダペストを訪問。<br />その後、ウィーン経由でブルガリアを初訪問。ウィーンからソフィアへの航空機トラブルやロストバッゲージで、予定通りの旅行ができず、一時は途方に暮れたが、幸い天候にも恵まれ、ブルガリア・ドライブを無事に楽しむことができて幸いだった。<br /><br />参考:画像アルバムは下記にあります。<br />https://photos.app.goo.gl/7bxHoqNHwXqdnwpUA<br />

ブルガリア・ドライブ紀行(2019/4)

11いいね!

2019/04/05 - 2019/04/08

567位(同エリア1393件中)

Kenさん

所属する合唱団のウィーン演奏会のあと、ブダペストを訪問。
その後、ウィーン経由でブルガリアを初訪問。ウィーンからソフィアへの航空機トラブルやロストバッゲージで、予定通りの旅行ができず、一時は途方に暮れたが、幸い天候にも恵まれ、ブルガリア・ドライブを無事に楽しむことができて幸いだった。

参考:画像アルバムは下記にあります。
https://photos.app.goo.gl/7bxHoqNHwXqdnwpUA

交通手段
レンタカー
旅行の手配内容
個別手配

PR

  • 今回の旅行の全体マップ。<br />行程:神戸→羽田→ウィーン→ブダペスト→ウィーン→ソフィア→ブルガリア・ドライブ→ソフィア→ウィーン→羽田→伊丹。<br />全16日間。

    今回の旅行の全体マップ。
    行程:神戸→羽田→ウィーン→ブダペスト→ウィーン→ソフィア→ブルガリア・ドライブ→ソフィア→ウィーン→羽田→伊丹。
    全16日間。

  • ブルガリア・ドライブ旅行のマップ。飛行機トラブルで、到着が1日遅れ、リラの僧院に行けなくなった(^^;<br />宿泊地は、プロヴディフ、ヴェリコ・タルノヴォ、ソフィアの3個所。<br />ドライブ距離:約600km<br />予想以上に車が多く、ソフィア市内は大渋滞。バス、トラックは少ない。郊外では信号機なし。高速道路料金はヴィニエット方式。レンタカーには貼ってあった。

    ブルガリア・ドライブ旅行のマップ。飛行機トラブルで、到着が1日遅れ、リラの僧院に行けなくなった(^^;
    宿泊地は、プロヴディフ、ヴェリコ・タルノヴォ、ソフィアの3個所。
    ドライブ距離:約600km
    予想以上に車が多く、ソフィア市内は大渋滞。バス、トラックは少ない。郊外では信号機なし。高速道路料金はヴィニエット方式。レンタカーには貼ってあった。

  • 4/4、ブダペストからウィーンに戻り、ウィーンからソフィアへのオーストリア航空に搭乗。約1時間半のフライト予定。しかし、いつのまにか、飛行機は北に向かっている。ハイジャックされた? 窓の下に見えるのはドナウ川。

    4/4、ブダペストからウィーンに戻り、ウィーンからソフィアへのオーストリア航空に搭乗。約1時間半のフライト予定。しかし、いつのまにか、飛行機は北に向かっている。ハイジャックされた? 窓の下に見えるのはドナウ川。

  • 飛行機が着陸したのは、何とウィーン空港。エンジントラブル?で、舞い戻ったらしい。このあと、サービスデスクで、翌日のフライトしかないと宣告される。

    飛行機が着陸したのは、何とウィーン空港。エンジントラブル?で、舞い戻ったらしい。このあと、サービスデスクで、翌日のフライトしかないと宣告される。

  • ホテル代、タクシー代、食事代の航空会社負担でウィーン市内のホテルに宿泊。

    ホテル代、タクシー代、食事代の航空会社負担でウィーン市内のホテルに宿泊。

  • 翌日(4/5)、今度は無事にソフィア上空に到達。上空から眺めると、何となく、昔の共産圏を思わせる集合住宅。

    翌日(4/5)、今度は無事にソフィア上空に到達。上空から眺めると、何となく、昔の共産圏を思わせる集合住宅。

  • ソフィア空港に着陸。ウィーンとは違って、寂しい空港。滑走路には大きな亀裂。遠くの山には雪があった。

    ソフィア空港に着陸。ウィーンとは違って、寂しい空港。滑走路には大きな亀裂。遠くの山には雪があった。

    ソフィア国際空港 (SOF) 空港

  • ロスト・バッゲージに遭遇し、荷物が出てこない。その中で、何とかレンタカーした車。フォード・フィエスタ (Ford Fiesta)。ガソリン、オートマ、ナビなし。持参したガーミンは、ロスト・バッゲーの中で、使えず、スマホのGoogleマップを頼りに、午後3時出発 。

    ロスト・バッゲージに遭遇し、荷物が出てこない。その中で、何とかレンタカーした車。フォード・フィエスタ (Ford Fiesta)。ガソリン、オートマ、ナビなし。持参したガーミンは、ロスト・バッゲーの中で、使えず、スマホのGoogleマップを頼りに、午後3時出発 。

  • 道に迷ったが、午後6時半、1泊目のプロヴディフのホテルに到着。ウエルカム・ドリンクを頂戴する。

    道に迷ったが、午後6時半、1泊目のプロヴディフのホテルに到着。ウエルカム・ドリンクを頂戴する。

  • 夕食。ブダペストで食べ損ねたフォアグラ料理。

    夕食。ブダペストで食べ損ねたフォアグラ料理。

  • 夕食。

    夕食。

  • 2日目:朝食。もちろん、ヨーグルトも出てくる。

    2日目:朝食。もちろん、ヨーグルトも出てくる。

  • プロヴディフのOld Townを散策。

    プロヴディフのOld Townを散策。

  • プロヴディフのOld Townにて。

    プロヴディフのOld Townにて。

  • プロヴディフのOld Townにて、ローマ劇場跡。なかなか綺麗に残っている。

    プロヴディフのOld Townにて、ローマ劇場跡。なかなか綺麗に残っている。

  • プロヴディフのOld Townにて、ローマ劇場。夏にはオペラもあり、9月に能が上演されるとのこと。

    プロヴディフのOld Townにて、ローマ劇場。夏にはオペラもあり、9月に能が上演されるとのこと。

  • プロヴディフからヴェリコ・タルノヴォへの途中、立ち寄ったGS併設のカフェにて。スープもパンも驚くほど美味!

    プロヴディフからヴェリコ・タルノヴォへの途中、立ち寄ったGS併設のカフェにて。スープもパンも驚くほど美味!

  • カザンラクからヴェリコ・タルノヴォへのルートは、バルカン山脈を越えるシプカ峠経由。立ち寄った1878年の露土戦争戦没者追悼大記念碑。露土戦争は、ロシア帝国とオスマン帝国(トルコ)の間で起こったもの。ロシア帝国の勝利で終わった。

    カザンラクからヴェリコ・タルノヴォへのルートは、バルカン山脈を越えるシプカ峠経由。立ち寄った1878年の露土戦争戦没者追悼大記念碑。露土戦争は、ロシア帝国とオスマン帝国(トルコ)の間で起こったもの。ロシア帝国の勝利で終わった。

  • 当時使用された大砲?

    当時使用された大砲?

  • ブルガリア国旗などを売っていた。

    ブルガリア国旗などを売っていた。

  • 遠くの山の上に、バズルジャ(Buzludzha)。1981年に作られ、ブルガリア共産党本部として使われていたが、1989年の東欧革命で共産党が解散。以降、誰も使わなくなり廃墟と化してしまった円盤形大ホール。

    遠くの山の上に、バズルジャ(Buzludzha)。1981年に作られ、ブルガリア共産党本部として使われていたが、1989年の東欧革命で共産党が解散。以降、誰も使わなくなり廃墟と化してしまった円盤形大ホール。

  • 2泊目のヴェリコ・タルノヴォのホテル。名前はキリル文字で書かれている。<br />キリル文字:Гурко Mexaha Хотел<br />英字表現:Gurko Mehana Hotel<br />英語訳:Gurko Tavern Hotel

    2泊目のヴェリコ・タルノヴォのホテル。名前はキリル文字で書かれている。
    キリル文字:Гурко Mexaha Хотел
    英字表現:Gurko Mehana Hotel
    英語訳:Gurko Tavern Hotel

  • ホテルの部屋からの眺望。ヴェリコ・タルノヴォは、12世紀後半から14世紀末まで存在した第2次ブルガリア帝国の首都として栄えたブルガリアの古都。オスマン帝国によって滅ぼされた。なお、琴欧洲の生まれ故郷が近くにある。

    ホテルの部屋からの眺望。ヴェリコ・タルノヴォは、12世紀後半から14世紀末まで存在した第2次ブルガリア帝国の首都として栄えたブルガリアの古都。オスマン帝国によって滅ぼされた。なお、琴欧洲の生まれ故郷が近くにある。

    ヴェリコ タルノヴォ 旧市街・古い町並み

  • 夕食。ブルガリア・ビール。安くて美味しい。前泊のホテルで出会ったカナダ人夫婦と、またご一緒。奇遇だ。キリル文字の道路標識が読めないので、レンタカーを諦め、運転手付きの車(ハイヤー)で旅行とのこと。

    夕食。ブルガリア・ビール。安くて美味しい。前泊のホテルで出会ったカナダ人夫婦と、またご一緒。奇遇だ。キリル文字の道路標識が読めないので、レンタカーを諦め、運転手付きの車(ハイヤー)で旅行とのこと。

  • ヨーグルト・スープ。

    ヨーグルト・スープ。

  • 鱒料理。美味。

    鱒料理。美味。

  • 3日目:ホテルの部屋からの眺望。

    3日目:ホテルの部屋からの眺望。

  • 朝食。もちろん、ヨーグルトがある。

    朝食。もちろん、ヨーグルトがある。

  • 徒歩で、ツァレヴェッツの丘(Tsarevets Fortress;要塞)へ出かける。ここは、第二次ブルガリア帝国の時代の城塞(王宮を含む)であったが、1393年、オスマンによって瓦礫と化した。<br /><br />

    徒歩で、ツァレヴェッツの丘(Tsarevets Fortress;要塞)へ出かける。ここは、第二次ブルガリア帝国の時代の城塞(王宮を含む)であったが、1393年、オスマンによって瓦礫と化した。

    ツァレヴェッツの丘 史跡・遺跡

    丘を上がれば、眺めは非常に良い by Kenさん
  • 頂上にある大主教区教会(キリスト昇天教会)の内部は、修復された社会主義時代に描かれた現代アート。画家Teofan Sokerovにより、1985年に描かれた。

    頂上にある大主教区教会(キリスト昇天教会)の内部は、修復された社会主義時代に描かれた現代アート。画家Teofan Sokerovにより、1985年に描かれた。

    大主教区教会 寺院・教会

  • 教会の内部。

    教会の内部。

  • 教会の内部。

    教会の内部。

  • ツァレヴェッツの丘から。

    ツァレヴェッツの丘から。

  • ホテルからの眺望。中央は、第二次ブルガリア帝国(1187~1393)の王朝を讃えるアッセン王のモニュメント。

    ホテルからの眺望。中央は、第二次ブルガリア帝国(1187~1393)の王朝を讃えるアッセン王のモニュメント。

    アッセン王のモニュメント モニュメント・記念碑

  • 郊外のアルバナシを訪ねる。最も有名な聖誕教会。その入口門。

    郊外のアルバナシを訪ねる。最も有名な聖誕教会。その入口門。

    アルバナシの生誕教会 寺院・教会

    内部は16世紀から17世紀に描かれたという色鮮やかなフレスコ画 by Kenさん
  • 聖誕教会の建物は質素。内部は色鮮やかなフレスコ画だが、撮影禁止。

    聖誕教会の建物は質素。内部は色鮮やかなフレスコ画だが、撮影禁止。

  • 近くにある大天使ミカエル・ガブリエル教会。

    近くにある大天使ミカエル・ガブリエル教会。

    聖大天使ミハイル ガブライル教会 寺院・教会

    内部は色鮮やかなフレスコ画で、撮影可 by Kenさん
  • 大天使ミカエル・ガブリエル教会の内部。ここは撮影OK。建造は、オスマン朝の統治下である16世紀頃? 管理人の女性は英語が通じない。ブルガリア語の説明を、同時に訪問した女性が英語に通訳してくれる。蝋燭の煙で汚れた表面を洗浄しただけで、色彩はオリジナルのままとのこと。

    大天使ミカエル・ガブリエル教会の内部。ここは撮影OK。建造は、オスマン朝の統治下である16世紀頃? 管理人の女性は英語が通じない。ブルガリア語の説明を、同時に訪問した女性が英語に通訳してくれる。蝋燭の煙で汚れた表面を洗浄しただけで、色彩はオリジナルのままとのこと。

  • 大天使ミカエル・ガブリエル教会の内部。

    大天使ミカエル・ガブリエル教会の内部。

  • ブルガリアのGS。カードが使用できた。GAS価格は、2.20レヴァ/L(=1.10EUR/L)と日本と同程度。

    ブルガリアのGS。カードが使用できた。GAS価格は、2.20レヴァ/L(=1.10EUR/L)と日本と同程度。

  • ソフィア空港(第2ターミナル)のレンタカーデスク。ここで、レンタカーを返却し、ソフィア市内へ。ここの某デスクに非常にお世話になりました。多謝。

    ソフィア空港(第2ターミナル)のレンタカーデスク。ここで、レンタカーを返却し、ソフィア市内へ。ここの某デスクに非常にお世話になりました。多謝。

  • 3泊目のホテルの部屋から。正面は、アレクサンドル・ネフスキー大聖堂。なお、ロスト・バッゲージは二日間も行方不明で、ここソフィアのホテルで手許に戻った。

    3泊目のホテルの部屋から。正面は、アレクサンドル・ネフスキー大聖堂。なお、ロスト・バッゲージは二日間も行方不明で、ここソフィアのホテルで手許に戻った。

  • ホテルの部屋から夜景。

    ホテルの部屋から夜景。

  • 4日目:ソフィア市内見学。先ず、アレクサンドル・ネフスキー大聖堂。ブルガリア正教会の大聖堂。

    4日目:ソフィア市内見学。先ず、アレクサンドル・ネフスキー大聖堂。ブルガリア正教会の大聖堂。

    アレクサンダル ネフスキー寺院 寺院・教会

  • アレクサンドル・ネフスキー大聖堂のモザイク。

    アレクサンドル・ネフスキー大聖堂のモザイク。

  • アレクサンドル・ネフスキー大聖堂の内部。

    アレクサンドル・ネフスキー大聖堂の内部。

  • 聖ソフィア教会。

    聖ソフィア教会。

    聖ソフィア教会 寺院・教会

  • 聖ソフィア教会の内部。

    聖ソフィア教会の内部。

  • 聖ニコライ ロシア教会。ロシア正教会の聖堂。

    聖ニコライ ロシア教会。ロシア正教会の聖堂。

    聖ニコライ ロシア教会 寺院・教会

  • 聖ゲオルグ教会。ローマ時代4世紀から残るソフィア最古の由緒ある教会。大統領府の中庭にある。

    聖ゲオルグ教会。ローマ時代4世紀から残るソフィア最古の由緒ある教会。大統領府の中庭にある。

    聖ゲオルグ教会 (ソフィア) 寺院・教会

  • 大統領府での衛兵の交代式。

    大統領府での衛兵の交代式。

    大統領府 建造物

  • 聖ネデリャ教会。ブルガリア正教会の聖堂。

    聖ネデリャ教会。ブルガリア正教会の聖堂。

  • セルディカの遺跡。ソフィアがセルディカと呼ばれていたローマ時代の街の遺跡。

    セルディカの遺跡。ソフィアがセルディカと呼ばれていたローマ時代の街の遺跡。

    セルディカの遺跡 史跡・遺跡

  • 中央市場。

    中央市場。

    中央市場 市場

  • 中央市場にて、総菜店。どれも美味しそう。量り売りで買って、立ち食い。

    中央市場にて、総菜店。どれも美味しそう。量り売りで買って、立ち食い。

  • 中央市場のカフェにて、生ビールの値段。キリル文字と英語の併記。ブルガリアビールなら、500mlで、2.20レヴァ(1.10EUR)と格安。

    中央市場のカフェにて、生ビールの値段。キリル文字と英語の併記。ブルガリアビールなら、500mlで、2.20レヴァ(1.10EUR)と格安。

  • バーニャ・バシ・ジャーミヤ。イスラム寺院。内部にも入れる。

    バーニャ・バシ・ジャーミヤ。イスラム寺院。内部にも入れる。

  • 聖ぺトカ地下教会。

    聖ぺトカ地下教会。

    聖ぺトカ地下教会 寺院・教会

  • 聖ぺトカ地下教会の内部。

    聖ぺトカ地下教会の内部。

  • 聖ソフィア像。左腕には、知恵を意味するフクロウ、右腕には、平和を意味する花輪を手にしている。

    聖ソフィア像。左腕には、知恵を意味するフクロウ、右腕には、平和を意味する花輪を手にしている。

    聖ソフィア像 モニュメント・記念碑

  • 旧共産党本部。

    旧共産党本部。

  • ソフィアからウィーンへの機上から。風力発電の風車が多数。

    ソフィアからウィーンへの機上から。風力発電の風車が多数。

  • ウィーン空港の空撮。

    ウィーン空港の空撮。

  • ウィーン→羽田の機上から空撮。ポーランド上空にて。

    ウィーン→羽田の機上から空撮。ポーランド上空にて。

  • ウィーン→羽田のANA便のランチ。美味。機上で3本の映画を見た。機材は、B787-9。座席間隔も広い(86cm)。

    ウィーン→羽田のANA便のランチ。美味。機上で3本の映画を見た。機材は、B787-9。座席間隔も広い(86cm)。

11いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

この旅行で行ったスポット

旅の計画・記録

マイルに交換できるフォートラベルポイントが貯まる
フォートラベルポイントって?

ブルガリアで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
ブルガリア最安 630円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

ブルガリアの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

PAGE TOP

ピックアップ特集