プーケット旅行記(ブログ) 一覧に戻る
世界のマホビーチシリーズのVol3<br /><br />タイのプーケット空港は海側、RWY09側はNai Yang Beach(ナイヤンビーチ)に接しており、海側からアプローチした機体がビーチ上空をかすめる様に通過することから、アジアのマホビーチとも呼ばれています。<br /><br />本家のマホビーチからはジャンボが引退してしまいましたが、プーケットにはまだまだジャンボが就航していることからビーチバックでキャンボが撮影出来る空港として世界中のスポッターが集まってきてます。タイのマホビーチと呼ばれるプーケットのヤンナイビーチで引退が近いとされるタイ国際航空のジャンボを撮影しようと遠征してきました。<br /><br />今回は色々と当初の予定と違う展開になってしまい、思うように撮影が出来なかったのが残念です。<br /><br />ちなみにVol1セントマーチンは<br />https://ssl.4travel.jp/tcs/t/editalbum/edit/11003154/<br />Vol2はスキアトス<br />https://ssl.4travel.jp/tcs/t/editalbum/edit/11354782/<br />でご覧頂けます。

プーケット・バンコク撮影の旅(その2)

11いいね!

2019/03/20 - 2019/03/25

1655位(同エリア3682件中)

旅行記グループ タイ撮影

0

26

世界のマホビーチシリーズのVol3

タイのプーケット空港は海側、RWY09側はNai Yang Beach(ナイヤンビーチ)に接しており、海側からアプローチした機体がビーチ上空をかすめる様に通過することから、アジアのマホビーチとも呼ばれています。

本家のマホビーチからはジャンボが引退してしまいましたが、プーケットにはまだまだジャンボが就航していることからビーチバックでキャンボが撮影出来る空港として世界中のスポッターが集まってきてます。タイのマホビーチと呼ばれるプーケットのヤンナイビーチで引退が近いとされるタイ国際航空のジャンボを撮影しようと遠征してきました。

今回は色々と当初の予定と違う展開になってしまい、思うように撮影が出来なかったのが残念です。

ちなみにVol1セントマーチンは
https://ssl.4travel.jp/tcs/t/editalbum/edit/11003154/
Vol2はスキアトス
https://ssl.4travel.jp/tcs/t/editalbum/edit/11354782/
でご覧頂けます。

旅行の満足度
4.0

PR

  • 日があけて22日。朝、6時過ぎに起きて早速ビーチに向かいます。<br />ビーチ入口の料金所は誰も居ないのでそのまま公園内に入れます。<br /><br />まだ日差しが柔かいなか、滑走路目指して砂浜を歩いていきますが、使用滑走路はビーチとは反対側のRWY27です。

    日があけて22日。朝、6時過ぎに起きて早速ビーチに向かいます。
    ビーチ入口の料金所は誰も居ないのでそのまま公園内に入れます。

    まだ日差しが柔かいなか、滑走路目指して砂浜を歩いていきますが、使用滑走路はビーチとは反対側のRWY27です。

  • 一旦、ホテルに戻って朝食にします。<br />宿泊代に含まれてないので250バーツとなりいくつかのメニューから選べタイヌードルをチョイスしました。綺麗にカットされたフルーツがリゾート地ぽっくていいですね

    一旦、ホテルに戻って朝食にします。
    宿泊代に含まれてないので250バーツとなりいくつかのメニューから選べタイヌードルをチョイスしました。綺麗にカットされたフルーツがリゾート地ぽっくていいですね

  • 朝食を食べながら24をチェックすると風向きが変わりビーチからアプローチするようになりました。<br /><br />早速、用意をしてビーチに向かうと入口のゲートに係員がいて入場料を取られました。<br />外国人は200バーツと高額で地元の人は払って無いのでちょっと不公平な感じです。<br /><br />ビーチに出て撮影開始です。<br />撮影の様子はこちら<br />http://blog.travair.jp/?p=16044

    朝食を食べながら24をチェックすると風向きが変わりビーチからアプローチするようになりました。

    早速、用意をしてビーチに向かうと入口のゲートに係員がいて入場料を取られました。
    外国人は200バーツと高額で地元の人は払って無いのでちょっと不公平な感じです。

    ビーチに出て撮影開始です。
    撮影の様子はこちら
    http://blog.travair.jp/?p=16044

  • お昼はビーチサイドの「Sirinath Kitchen Club」で、マンゴースムージーと豚肉炒めとライスのワンプレートで。<br />喉が乾いていたのでスムージーが冷たくて気持ちいい~<br /><br />豚肉炒めも思っていた以上に旨く、明日のランチもここかなと

    お昼はビーチサイドの「Sirinath Kitchen Club」で、マンゴースムージーと豚肉炒めとライスのワンプレートで。
    喉が乾いていたのでスムージーが冷たくて気持ちいい~

    豚肉炒めも思っていた以上に旨く、明日のランチもここかなと

  • 14時過ぎにホテルに戻り、折角リゾートに来たのでホテルのプールで少し泳ぎます。<br /><br />いやー南国だね~。<br />泳いでプールサイドの木陰でうたた寝までしてリゾート気分を満喫しました。

    14時過ぎにホテルに戻り、折角リゾートに来たのでホテルのプールで少し泳ぎます。

    いやー南国だね~。
    泳いでプールサイドの木陰でうたた寝までしてリゾート気分を満喫しました。

  • 国内線ターミナルから出る行きのバスでパトンへ向かいます。<br />バンコクで買ったラビットカードが使えるのですが残高不足で現金払いになり、<br />現金一律料金の170バーツを支払います。<br />比較的交通運賃が安いタイにしては高額?な交通機関です。<br /><br />17時に空港を出てパトンに向かいますが、夕方のラッシュ時と重なり、1時間半程かかりました。

    国内線ターミナルから出る行きのバスでパトンへ向かいます。
    バンコクで買ったラビットカードが使えるのですが残高不足で現金払いになり、
    現金一律料金の170バーツを支払います。
    比較的交通運賃が安いタイにしては高額?な交通機関です。

    17時に空港を出てパトンに向かいますが、夕方のラッシュ時と重なり、1時間半程かかりました。

  • パトンに着いたのは18時半過ぎで日没後でした。<br />サンセットを眺めるつもりでしたがここまで時間が掛かるとは思っていませんでした。

    パトンに着いたのは18時半過ぎで日没後でした。
    サンセットを眺めるつもりでしたがここまで時間が掛かるとは思っていませんでした。

  • とりあえず、パトンビーチまで行ってみました。<br /><br />楽しみにしていたサンセットが見られなかったのが残念です。<br />夕食をどこにしようかと色々と検索してみると町中のバンザーン生鮮市場に屋台が出ると言うので来た道を引き返します。

    とりあえず、パトンビーチまで行ってみました。

    楽しみにしていたサンセットが見られなかったのが残念です。
    夕食をどこにしようかと色々と検索してみると町中のバンザーン生鮮市場に屋台が出ると言うので来た道を引き返します。

  • さて夕飯は、青果市場に屋台が出ると言うので来た道を戻ります。まだHappy hourの時間なのでまだGoGoバーは閑散としてました。

    さて夕飯は、青果市場に屋台が出ると言うので来た道を戻ります。まだHappy hourの時間なのでまだGoGoバーは閑散としてました。

  • 生鮮市場の中にはまだ営業しているお店もあり、フルーツが山積みになっています。<br /><br />時期的に果物の王様、ドリアンから独特な香りが漂いアジアに居るんだという実感が湧きます。

    生鮮市場の中にはまだ営業しているお店もあり、フルーツが山積みになっています。

    時期的に果物の王様、ドリアンから独特な香りが漂いアジアに居るんだという実感が湧きます。

  • こちらはスイカとパイナップルです。<br /><br />スイカはどうか判りませんがパイナップルは美味しそうでした。<br /><br />個人的にはマンゴーが気になりカットしたマンゴを買い求いました。

    こちらはスイカとパイナップルです。

    スイカはどうか判りませんがパイナップルは美味しそうでした。

    個人的にはマンゴーが気になりカットしたマンゴを買い求いました。

  • 市場の外に出ている屋台街を歩いてどれが良いかな~と物色。<br />観光客なれしているので英語メニューは当たり前なので、選ぶのが楽です。<br />この日の夕飯はトムヤンクンと炒飯、ココナッツジュースとなりました。これで200バーツ程ですから安いです。<br /><br />トムヤンクンは辛くしないで<br />とリクエストしたのでピリ辛とマイルドになっていたので助かりました。<br />レモングラスと香辛料が効いて美味しかったですが、炒飯はいまいち。米が少し固めで味が絡まって無かったです。

    市場の外に出ている屋台街を歩いてどれが良いかな~と物色。
    観光客なれしているので英語メニューは当たり前なので、選ぶのが楽です。
    この日の夕飯はトムヤンクンと炒飯、ココナッツジュースとなりました。これで200バーツ程ですから安いです。

    トムヤンクンは辛くしないで
    とリクエストしたのでピリ辛とマイルドになっていたので助かりました。
    レモングラスと香辛料が効いて美味しかったですが、炒飯はいまいち。米が少し固めで味が絡まって無かったです。

  • 夕飯後はマッサージでもして空港行きの最終バスで帰ろうかなと思ってましたが、意外と市場で時間が掛かり時間的に微妙なってしまいました。<br /><br />予定より一本早いバスに乗れそうなのでビーチ前に戻り21:05発の空港行きバスに乗り、帰りはホテル近くで降ろしてもらい、コンビニで朝飯わ買って帰ります。<br /><br />ホテルに戻って市場で買ったマンゴーを冷蔵庫で冷してシャワー後のデザートにします。

    夕飯後はマッサージでもして空港行きの最終バスで帰ろうかなと思ってましたが、意外と市場で時間が掛かり時間的に微妙なってしまいました。

    予定より一本早いバスに乗れそうなのでビーチ前に戻り21:05発の空港行きバスに乗り、帰りはホテル近くで降ろしてもらい、コンビニで朝飯わ買って帰ります。

    ホテルに戻って市場で買ったマンゴーを冷蔵庫で冷してシャワー後のデザートにします。

  • プーケット3日目の朝、起きてFR24で使用滑走路を確認するとRWY27です。<br /> 風は真北からなのでランチェンする可能性もあるかなとテラスで昨晩買い込んだ朝食にしながらFR24を見ますが変わりそうも無いので、27側のポイントに行くことにします。<br /><br />炎天下の中歩き、RWY27側の撮影ポイントに上がる獣道にはバリケードが置かれ立ち入りを阻んでいます。<br />ネットでこの場所での撮影が厳しくなっているとは聞いてましたが、完全にスポッターを排除されてます。<br /><br />仕方無く、あまり条件はよくありませんが一般道から撮影することにします。<br /><br />この日の撮影の様子はこちら<br />http://blog.travair.jp/?p=16075

    プーケット3日目の朝、起きてFR24で使用滑走路を確認するとRWY27です。
    風は真北からなのでランチェンする可能性もあるかなとテラスで昨晩買い込んだ朝食にしながらFR24を見ますが変わりそうも無いので、27側のポイントに行くことにします。

    炎天下の中歩き、RWY27側の撮影ポイントに上がる獣道にはバリケードが置かれ立ち入りを阻んでいます。
    ネットでこの場所での撮影が厳しくなっているとは聞いてましたが、完全にスポッターを排除されてます。

    仕方無く、あまり条件はよくありませんが一般道から撮影することにします。

    この日の撮影の様子はこちら
    http://blog.travair.jp/?p=16075

  • 撮影していると空港のセキュリティがやって来て「ココでの撮影は駄目だ。撮影は(ヤンナイ)ビーチに行け」と言われてしまいました。<br /> 「オイオイ、ココは一般道だよ!」と言いたい所ですが、海外で面倒を起こすのは得策で無いので従うしかありません。<br />素直にカメラをバックに片付けるとセキュリティは去っていきました。<br /><br />流石に歩いて戻る気力は無いので時折通るタクシーを捕まえましたがヤンナイビーチまでと言うと300バーツと言います。<br />そりゃ高い200バーツだと言うが300バーツと言い張るので、じゃあ250バーツだと言うと、じゃあそれでと走りはじめ、ビーチに向かいます。<br />タクシーは公園入口もそのまま突破?してヤンナイビーチに到着。<br />250バーツを払うと300バーツだと運ちゃんが言い張り、オイオイ話が違うじゃないとなります。<br /><br />来る間にFR24をチェックしていたらTGのジャンボがプッシュバックを始めたのを確認していたのでココで口論する時間は勿体無いと言うことで20バーツ札を取り出しこれでどうだとタクシーを降ります。<br /><br />まあ公園入場料の200バーツを払って無いのでまあいいか・・・<br /><br />

    撮影していると空港のセキュリティがやって来て「ココでの撮影は駄目だ。撮影は(ヤンナイ)ビーチに行け」と言われてしまいました。
    「オイオイ、ココは一般道だよ!」と言いたい所ですが、海外で面倒を起こすのは得策で無いので従うしかありません。
    素直にカメラをバックに片付けるとセキュリティは去っていきました。

    流石に歩いて戻る気力は無いので時折通るタクシーを捕まえましたがヤンナイビーチまでと言うと300バーツと言います。
    そりゃ高い200バーツだと言うが300バーツと言い張るので、じゃあ250バーツだと言うと、じゃあそれでと走りはじめ、ビーチに向かいます。
    タクシーは公園入口もそのまま突破?してヤンナイビーチに到着。
    250バーツを払うと300バーツだと運ちゃんが言い張り、オイオイ話が違うじゃないとなります。

    来る間にFR24をチェックしていたらTGのジャンボがプッシュバックを始めたのを確認していたのでココで口論する時間は勿体無いと言うことで20バーツ札を取り出しこれでどうだとタクシーを降ります。

    まあ公園入場料の200バーツを払って無いのでまあいいか・・・

  • 砂浜には熱さで砂に埋もれているお犬様が居るので気を付けてないと踏んでしまいます。

    砂浜には熱さで砂に埋もれているお犬様が居るので気を付けてないと踏んでしまいます。

  • お昼は昨日と同じく「Sirinath Kitchen Club」へ。<br />ちょっと豪勢?にスパイシーエビカレーとライスにマンゴースムージーで。<br /><br />流石にスパイシー。<br />酸っぱ辛くて美味しいのですが、やっぱり辛くから止めれば良かったかな(笑)<br />頑張って食べたら汗が出てきました。<br /><br />

    お昼は昨日と同じく「Sirinath Kitchen Club」へ。
    ちょっと豪勢?にスパイシーエビカレーとライスにマンゴースムージーで。

    流石にスパイシー。
    酸っぱ辛くて美味しいのですが、やっぱり辛くから止めれば良かったかな(笑)
    頑張って食べたら汗が出てきました。

  • 午後の撮影を終えてホテルに戻って今日もひと泳ぎ。<br />丁度、建物の隙間から離陸する機体がチラッと見えました。<br />もう少し高さがあるホテルなら撮影出来たかも。

    午後の撮影を終えてホテルに戻って今日もひと泳ぎ。
    丁度、建物の隙間から離陸する機体がチラッと見えました。
    もう少し高さがあるホテルなら撮影出来たかも。

  • 昨日バトンビーチでサンセットが見られなかったので今日はヤンナイビーチで見るこることにしました。<br /><br />日本の太平洋側ではなかなか海に沈む太陽は見られないですからね。<br />綺麗な夕日を見てちょっと感動です。

    昨日バトンビーチでサンセットが見られなかったので今日はヤンナイビーチで見るこることにしました。

    日本の太平洋側ではなかなか海に沈む太陽は見られないですからね。
    綺麗な夕日を見てちょっと感動です。

  • ホテル近くで評判の良いレストランを探すと空港で表通りにある「Heng Heng Restaurant」が良いようなので歩いて行くと、確かに賑わっています。<br /><br />写真のメニューがあるので助かります。パイナップル炒飯が違うテーブルに運ばれて行くのを見てあれにしょうと値段を聞くと150バーツとのこと(メニューには価格か消されれてたかは時価なのか?。)<br /><br />ビールを飲んで待っていると次から次に来店してあっという間に満席に。<br />混雑していたので20分位待ち、ようやく到着です。<br /><br />パイナップルをくり抜いたのをお皿にしていて、量がありそうですが、チャーハンとパイナップルが妙にマッチするのでどんどん食べれちゃいます。

    ホテル近くで評判の良いレストランを探すと空港で表通りにある「Heng Heng Restaurant」が良いようなので歩いて行くと、確かに賑わっています。

    写真のメニューがあるので助かります。パイナップル炒飯が違うテーブルに運ばれて行くのを見てあれにしょうと値段を聞くと150バーツとのこと(メニューには価格か消されれてたかは時価なのか?。)

    ビールを飲んで待っていると次から次に来店してあっという間に満席に。
    混雑していたので20分位待ち、ようやく到着です。

    パイナップルをくり抜いたのをお皿にしていて、量がありそうですが、チャーハンとパイナップルが妙にマッチするのでどんどん食べれちゃいます。

  • さて、プーケット最終日です。<br /><br />昨晩、ファミリーマートで買っておいたのをテラスのテーブルに並べます。<br />ちなみに昨日はセブンイレブンで買い、今日はファミリーマートのサンドイッチです。<br /><br />カップのインスタントお粥が結構美味しくてはまりました。<br />あとは昨日の残りのマンゴーの酢漬けです。これも意外とお新香みたいでいい感じでしたよ。

    さて、プーケット最終日です。

    昨晩、ファミリーマートで買っておいたのをテラスのテーブルに並べます。
    ちなみに昨日はセブンイレブンで買い、今日はファミリーマートのサンドイッチです。

    カップのインスタントお粥が結構美味しくてはまりました。
    あとは昨日の残りのマンゴーの酢漬けです。これも意外とお新香みたいでいい感じでしたよ。

  • ホテルのチェックアウトは12時で、乗る飛行機は13:20なのでそれまで撮影しようと朝食後、ビーチに繰り出します。<br /><br />まだ9時前までしたのでビーチ入口には誰も居なかったので200バーツ払わないで済ました。<br /><br />11時に出発したTGのジャンボを見届けてからホテルに戻りチェックアウトして、空港まで送ってもらいました。

    ホテルのチェックアウトは12時で、乗る飛行機は13:20なのでそれまで撮影しようと朝食後、ビーチに繰り出します。

    まだ9時前までしたのでビーチ入口には誰も居なかったので200バーツ払わないで済ました。

    11時に出発したTGのジャンボを見届けてからホテルに戻りチェックアウトして、空港まで送ってもらいました。

  • 国内線ターミナルでチェックインすると、国内線のラウンジはセキュリティチェック前の上の階にあるとのことなのでそちらに向かいます。<br /><br />ラウンジあまり広く無かったですが、しっかり軽食が用意されていて、フルーツとカレーを頂くことにしました。

    国内線ターミナルでチェックインすると、国内線のラウンジはセキュリティチェック前の上の階にあるとのことなのでそちらに向かいます。

    ラウンジあまり広く無かったですが、しっかり軽食が用意されていて、フルーツとカレーを頂くことにしました。

  • バンコク行きのTG685はB777-200、HSTJHで9番スポットから定刻に出発しました。<br /><br />RWY27から離陸しシートベルト着用サインが消えると国内線ですがホットスナックのサービスが有ります。<br />なかなか美味しかったです。?

    バンコク行きのTG685はB777-200、HSTJHで9番スポットから定刻に出発しました。

    RWY27から離陸しシートベルト着用サインが消えると国内線ですがホットスナックのサービスが有ります。
    なかなか美味しかったです。?

  • 霞んであまり良く見えないですがスワンナープム空港を通過して北側に回り込んでRWY19Rに着陸です。

    霞んであまり良く見えないですがスワンナープム空港を通過して北側に回り込んでRWY19Rに着陸です。

  • ほぼ定刻の14:40にRWY19Lに着陸です。<br />国内線のコンコースからだと出口まで距離があるんだよなぁ~と思っていたら、ターミナルゲートでは無く沖留めスポットに入りました。<br /><br />エンジンが切られるとランプバスの車列が横付けされ、これだと歩く距離が短く済みます。

    ほぼ定刻の14:40にRWY19Lに着陸です。
    国内線のコンコースからだと出口まで距離があるんだよなぁ~と思っていたら、ターミナルゲートでは無く沖留めスポットに入りました。

    エンジンが切られるとランプバスの車列が横付けされ、これだと歩く距離が短く済みます。

11いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

マイルに交換できるフォートラベルポイントがたまります。
フォートラベルポイントって?

タイで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
タイ最安 50円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

タイの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

PAGE TOP

ピックアップ特集