桑名・長島旅行記(ブログ) 一覧に戻る
名前だけはよく耳にしていたなばなの里とそのイルミネーションに<br /><br />初めて行ってきました。<br /><br />とってもきれいでした~!<br /><br />メインの「JAPAN日本の情景」のイルミネーションは6~7分ぐらい。<br /><br />微妙に違う2パターンがありました。<br /><br />場所も一番近いところから見たり、2階から見たり・・で印象も少しかわっ<br /><br />てきます。<br /><br />しだれ梅が満開で、すごくきれいでした!<br />

なばなの里イルミネーション。今年のテーマはJAPAN。しだれ梅も満開!ベゴニアガーデンも。

24いいね!

2019/03/03 - 2019/03/03

165位(同エリア816件中)

0

37

名前だけはよく耳にしていたなばなの里とそのイルミネーションに

初めて行ってきました。

とってもきれいでした~!

メインの「JAPAN日本の情景」のイルミネーションは6~7分ぐらい。

微妙に違う2パターンがありました。

場所も一番近いところから見たり、2階から見たり・・で印象も少しかわっ

てきます。

しだれ梅が満開で、すごくきれいでした!

旅行の満足度
4.0
観光
4.5

PR

  • しだれ梅が満開!<br /><br />すごくきれいでした。

    イチオシ

    しだれ梅が満開!

    すごくきれいでした。

  • 梅って、桜などに比べるとちょっと地味という印象でしたが、こちらのしだれ梅は<br /><br />すごく華やか!

    梅って、桜などに比べるとちょっと地味という印象でしたが、こちらのしだれ梅は

    すごく華やか!

  • ライトアップされていっそう華やいだ雰囲気になっていました。<br /><br />とても見ごたえがありました。

    ライトアップされていっそう華やいだ雰囲気になっていました。

    とても見ごたえがありました。

  • 光のトンネル。<br /><br />点灯前にはカウントダウンも。<br /><br /><br /><br />

    イチオシ

    光のトンネル。

    点灯前にはカウントダウンも。



  • かわいらしい花びらの形をしています。

    かわいらしい花びらの形をしています。

  • 点灯直後は人が多いので、少し時間をずらしていったほうが空いていてよかったかもしれません。<br /><br />光のトンネルを抜けると、いよいよメインのイルミネーションです!

    点灯直後は人が多いので、少し時間をずらしていったほうが空いていてよかったかもしれません。

    光のトンネルを抜けると、いよいよメインのイルミネーションです!

  • イルミネーションのテーマは「JAPAN~日本の風景」。<br /><br />中央には富士山。<br /><br />そこへ、まず、風神雷神が現れます。

    イルミネーションのテーマは「JAPAN~日本の風景」。

    中央には富士山。

    そこへ、まず、風神雷神が現れます。

  • ダイヤモンド富士です。

    ダイヤモンド富士です。

  • 雄大な富士。

    イチオシ

    雄大な富士。

  • 実際には動きも音楽もあります。

    実際には動きも音楽もあります。

  • 終わったらすぐにまた最初から始まるので、途中から見ても、すぐに最初の場面<br /><br />から見ることができます。

    終わったらすぐにまた最初から始まるので、途中から見ても、すぐに最初の場面

    から見ることができます。

  • 一回目は一番前方の見学通路から見ました。

    一回目は一番前方の見学通路から見ました。

  • 様々な日本昔話の主人公たちも登場します。<br /><br />これはかぐや姫です。<br /><br />うさぎが餅をついている月にかぐや姫が昇って消えていきます。

    様々な日本昔話の主人公たちも登場します。

    これはかぐや姫です。

    うさぎが餅をついている月にかぐや姫が昇って消えていきます。

  • 日本の情景、赤い鳥居。

    日本の情景、赤い鳥居。

  • 美しい富士山。

    イチオシ

    美しい富士山。

  • 浮世絵の赤富士がモチーフの富士山。富士山の形も他の場面とは違っています。<br /><br />写真ではわかりにくいですが、右後方にはスカイツリーを模したと思わるタワーも。

    浮世絵の赤富士がモチーフの富士山。富士山の形も他の場面とは違っています。

    写真ではわかりにくいですが、右後方にはスカイツリーを模したと思わるタワーも。

  • 北斎の富嶽三十六景のような富士山と荒波と船の景色。

    北斎の富嶽三十六景のような富士山と荒波と船の景色。

  • 竜宮城の場面では、一回目見た時にはまさかりかついだ金太郎がカメに乗っていて<br /><br />「なんで?」と思いましたが、2回目では浦島太郎がカメに乗っていました。

    竜宮城の場面では、一回目見た時にはまさかりかついだ金太郎がカメに乗っていて

    「なんで?」と思いましたが、2回目では浦島太郎がカメに乗っていました。

  • 富士山の下の丸いピンク色はドンブラコドンブラコと川を流れてきた桃で、パカ<br /><br />ンと割れて桃太郎がでてきましたが、<br /><br />お椀に乗った一寸法師が登場するパターンもありました。

    富士山の下の丸いピンク色はドンブラコドンブラコと川を流れてきた桃で、パカ

    ンと割れて桃太郎がでてきましたが、

    お椀に乗った一寸法師が登場するパターンもありました。

  • 花咲かじいさんが出てきて、枯れ木に花を咲かせます。

    花咲かじいさんが出てきて、枯れ木に花を咲かせます。

  • 風車。

    風車。

  • 日本の祭りの情景は、秋田県の竿燈まつりがモチーフになっています。

    日本の祭りの情景は、秋田県の竿燈まつりがモチーフになっています。

  • 花火。

    花火。

  • 最後は歌舞伎。<br /><br />隈取りの顔が現れて、富士山も歌舞伎の三色の定式幕で彩られます。

    最後は歌舞伎。

    隈取りの顔が現れて、富士山も歌舞伎の三色の定式幕で彩られます。

  • フィナーレです。<br /><br />展望所の2階から見たところです。<br /><br />

    フィナーレです。

    展望所の2階から見たところです。

  • イルミネーションを見終わったたら、光のトンネル「ラベンダー」を通って<br /><br />イルミネーション会場外へ。<br /><br />一方通行になっています。

    イルミネーションを見終わったたら、光のトンネル「ラベンダー」を通って

    イルミネーション会場外へ。

    一方通行になっています。

  • 光のトンネル「ラベンダー」<br /><br />光の色が緑に。

    光のトンネル「ラベンダー」

    光の色が緑に。

  • 鏡池。<br /><br />どのようにしたらこのように鏡のように映るんでしょうか。<br />池の底に何か工夫があるんでしょうか?<br /><br />紅葉の季節が抜群にきれいだそうですよ。

    鏡池。

    どのようにしたらこのように鏡のように映るんでしょうか。
    池の底に何か工夫があるんでしょうか?

    紅葉の季節が抜群にきれいだそうですよ。

  • 園内中央にある大きな池の水上イルミネーション。

    園内中央にある大きな池の水上イルミネーション。

  • チャペルのライトアップ。

    チャペルのライトアップ。

  • 光の雲海と名付けられたイルミネーション。

    光の雲海と名付けられたイルミネーション。

  • 光の雲海も色が変わります。

    光の雲海も色が変わります。

  • 入り口ゲート前イルミネーション。

    入り口ゲート前イルミネーション。

  • ベゴニアガーデンは思った以上によかったです。

    ベゴニアガーデンは思った以上によかったです。

  • こんな花いっぱいの温室というのは初めてです。

    こんな花いっぱいの温室というのは初めてです。

  • 見せ方にもいろいろ工夫が。<br /><br />鉢植え、ハンギング・・、こちらは花を池に浮かべています。

    見せ方にもいろいろ工夫が。

    鉢植え、ハンギング・・、こちらは花を池に浮かべています。

  • ところどころにイスや小物を置いた写真撮影用のスポットがあって、記念撮影も<br /><br />ばっちり。

    ところどころにイスや小物を置いた写真撮影用のスポットがあって、記念撮影も

    ばっちり。

24いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

この旅行で行ったスポット

マイルに交換できるフォートラベルポイントがたまります。
フォートラベルポイントって?

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

PAGE TOP

ピックアップ特集