小浜温泉旅行記(ブログ) 一覧に戻る
  水仙まつりが開催されている長崎の野母崎へ、満開の水仙を見にいくことにしました。野母崎には以前も行ったことがあるのですが、その時は満開の時期を過ぎてしまっていたので、今回はそのリベンジです。宿泊は、以前から気になっていた島原半島の小浜温泉にしました。同じ島原半島でも、雲仙温泉には行ったことがあるのですが、海の見える温泉ということで今回は小浜温泉に。翌日は、世界遺産になったばかりの、島原の乱の舞台となった原城址に行ってみました。

シニア夫婦温泉旅 満開の水仙と小浜温泉

17いいね!

2019/01/16 - 2019/01/17

29位(同エリア80件中)

0

32

西のマーガレット

西のマーガレットさん

水仙まつりが開催されている長崎の野母崎へ、満開の水仙を見にいくことにしました。野母崎には以前も行ったことがあるのですが、その時は満開の時期を過ぎてしまっていたので、今回はそのリベンジです。宿泊は、以前から気になっていた島原半島の小浜温泉にしました。同じ島原半島でも、雲仙温泉には行ったことがあるのですが、海の見える温泉ということで今回は小浜温泉に。翌日は、世界遺産になったばかりの、島原の乱の舞台となった原城址に行ってみました。

旅行の満足度
5.0
観光
5.0
ホテル
4.0
同行者
カップル・夫婦(シニア)
一人あたり費用
3万円 - 5万円
交通手段
自家用車
旅行の手配内容
個別手配

PR

  •  長崎市から車で約30分、長崎半島の先端にある「野母崎水仙の里」で行われている水仙まつりに行ってきました。この公園一帯には、1000万本の水仙があり、私たちが行った1月16日は丁度満開となっていました。

     長崎市から車で約30分、長崎半島の先端にある「野母崎水仙の里」で行われている水仙まつりに行ってきました。この公園一帯には、1000万本の水仙があり、私たちが行った1月16日は丁度満開となっていました。

    野母崎総合運動公園 公園・植物園

  •  野母半島県立公園、水仙公園の表示が。ここから水仙が満開の丘に登ります。

     野母半島県立公園、水仙公園の表示が。ここから水仙が満開の丘に登ります。

  •  丘に登ると、むせかえるような水仙の香りがしてきます。

     丘に登ると、むせかえるような水仙の香りがしてきます。

  •  一面水仙の花盛りです。

     一面水仙の花盛りです。

  •  今が盛りの水仙。

    イチオシ

     今が盛りの水仙。

  •  野母崎からは世界遺産の軍艦島(端島)が目の前に見えます。

     野母崎からは世界遺産の軍艦島(端島)が目の前に見えます。

    端島 名所・史跡

  •  水仙の群落越しに軍艦島が見えます。水仙公園には3つの丘があり、どこも見頃になってました。これは、先程登った丘の隣の少し標高の高い丘から。<br />

     水仙の群落越しに軍艦島が見えます。水仙公園には3つの丘があり、どこも見頃になってました。これは、先程登った丘の隣の少し標高の高い丘から。

  •  丘の上から見た軍艦島です。

     丘の上から見た軍艦島です。

  •  公園の奥にある3つ目の丘にやってきました。正面が最初に登った丘で左手が次に登った丘です。

     公園の奥にある3つ目の丘にやってきました。正面が最初に登った丘で左手が次に登った丘です。

  •  丘越しに軍艦島も見えます。

     丘越しに軍艦島も見えます。

  •  最初に上った丘のところまで帰ってきました。

     最初に上った丘のところまで帰ってきました。

  •  やはり1000万本の水仙は迫力があります。前回野母崎を訪れたときは、すでに盛りを過ぎていましたが、今回は満開で大満足でした。

     やはり1000万本の水仙は迫力があります。前回野母崎を訪れたときは、すでに盛りを過ぎていましたが、今回は満開で大満足でした。

  •  今日の宿は、島原半島にある小浜温泉の春陽館。 かなり昭和レトロな雰囲気が漂っています。野母崎から、2時間弱のドライブでした。

     今日の宿は、島原半島にある小浜温泉の春陽館。 かなり昭和レトロな雰囲気が漂っています。野母崎から、2時間弱のドライブでした。

  •  中もレトロな雰囲気がありました。

     中もレトロな雰囲気がありました。

  •  今回のプランは、一泊二食で二人で15000円という格安プランだったので、部屋には最初から布団が敷いてあります。さっそく温泉に入ります。大浴場もレトロな雰囲気が漂っています。お湯は少し塩の味がします。でも柔らかな湯のいい温泉です。<br /><br />

     今回のプランは、一泊二食で二人で15000円という格安プランだったので、部屋には最初から布団が敷いてあります。さっそく温泉に入ります。大浴場もレトロな雰囲気が漂っています。お湯は少し塩の味がします。でも柔らかな湯のいい温泉です。

  •  部屋から、橘湾の夕陽が綺麗に見えます。

    イチオシ

     部屋から、橘湾の夕陽が綺麗に見えます。

  •  だいぶ陽も暮れてきました。これから屋上露天風呂に入り、それから夕食です。夕食は、別の部屋でいただきます。

     だいぶ陽も暮れてきました。これから屋上露天風呂に入り、それから夕食です。夕食は、別の部屋でいただきます。

  •  安いプランだったので期待はしてなかったのですが、夕食は予想以上でした。すき焼き、お造り、酢の物、貝汁、茶碗蒸し、カレイの唐揚げと釜炊きのごはん、最後にデザートが出てきました。高級な食材を使っているわけではないのですが、どれも味付けがよく、美味しくいただきました。

     安いプランだったので期待はしてなかったのですが、夕食は予想以上でした。すき焼き、お造り、酢の物、貝汁、茶碗蒸し、カレイの唐揚げと釜炊きのごはん、最後にデザートが出てきました。高級な食材を使っているわけではないのですが、どれも味付けがよく、美味しくいただきました。

  •  一夜あけて旅行2日目です。朝一番に再度温泉に。朝ご飯は、一階の食事処で。写真右手の網の上で、ノリと干物を焼いて食べます。朝ご飯もおいしかったです。

     一夜あけて旅行2日目です。朝一番に再度温泉に。朝ご飯は、一階の食事処で。写真右手の網の上で、ノリと干物を焼いて食べます。朝ご飯もおいしかったです。

  •  小浜温泉から島原半島を横断して、島原の乱の舞台となった原城跡にやってきました。ここは、原城の大手門の跡です。車はこの近くにおいて、シャトルバスで本丸跡に向かいます。

     小浜温泉から島原半島を横断して、島原の乱の舞台となった原城跡にやってきました。ここは、原城の大手門の跡です。車はこの近くにおいて、シャトルバスで本丸跡に向かいます。

    原城跡 名所・史跡

  •  本丸正門跡。大手門の駐車場からシャトルバスで5分程度で着きます。原城跡は石垣以外は何も残っていませんが、インフォーメーションセンターでタブレットを無料で貸してくれ、VRで築城時や一揆時の様子がわかるようになってます。土日はボランティアガイドの説明もあるようです。

     本丸正門跡。大手門の駐車場からシャトルバスで5分程度で着きます。原城跡は石垣以外は何も残っていませんが、インフォーメーションセンターでタブレットを無料で貸してくれ、VRで築城時や一揆時の様子がわかるようになってます。土日はボランティアガイドの説明もあるようです。

  •  大手門から少し入った埋め門の跡。城内はこんな感じで石垣以外は破壊されています。

     大手門から少し入った埋め門の跡。城内はこんな感じで石垣以外は破壊されています。

  •  これも本丸内。

     これも本丸内。

  •  城内から有明海が見えます、海に近いことに驚かされます。

     城内から有明海が見えます、海に近いことに驚かされます。

  •  城内には天草四郎像があります。北村西望作です。

     城内には天草四郎像があります。北村西望作です。

  •  本丸からは雲仙普賢岳が見えます。

     本丸からは雲仙普賢岳が見えます。

  •  二の丸跡からみた本丸方面。原城跡は想像以上に広いです。

     二の丸跡からみた本丸方面。原城跡は想像以上に広いです。

  •  幕府軍側の総司令官、板倉重正の碑。板倉はこの乱で戦死します。

     幕府軍側の総司令官、板倉重正の碑。板倉はこの乱で戦死します。

  •  帰りは大手門まで歩いて帰ってきました。原城が思いのほか広かったのにびっくりしました。これから帰宅しますが、帰路は有明フェリーで島原多比良港から熊本県の長洲港に渡ります。

     帰りは大手門まで歩いて帰ってきました。原城が思いのほか広かったのにびっくりしました。これから帰宅しますが、帰路は有明フェリーで島原多比良港から熊本県の長洲港に渡ります。

  •  多比良港にやってきました。正面のスロープを上がり2階からフェリーに乗り込みます。

     多比良港にやってきました。正面のスロープを上がり2階からフェリーに乗り込みます。

    有明フェリー (多比良ターミナル) 乗り物

  •  船内はこんな感じです。乗船時間は40分くらいです。

     船内はこんな感じです。乗船時間は40分くらいです。

  •  多比良港を出港しました。今回は一泊二日の短い旅行でしたが、満開の水仙、海の見える温泉、新たに世界遺産となった原城址と内容の濃いものとなりました。

     多比良港を出港しました。今回は一泊二日の短い旅行でしたが、満開の水仙、海の見える温泉、新たに世界遺産となった原城址と内容の濃いものとなりました。

17いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

コメントを投稿する前に

十分に確認の上、ご投稿ください。 コメントの内容は攻撃的ではなく、相手の気持ちに寄り添ったものになっていますか?

サイト共通ガイドライン(利用上のお願い)

報道機関・マスメディアの方へ 画像提供などに関するお問い合わせは、専用のお問い合わせフォームからお願いいたします。

この旅行で行ったホテル

この旅行で行ったスポット

旅の計画・記録

マイルに交換できるフォートラベルポイントが貯まる
フォートラベルポイントって?

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

タグから国内旅行記(ブログ)を探す

この旅行記の地図

拡大する

小浜温泉の人気ホテルランキング

PAGE TOP

ピックアップ特集