和泉・泉大津旅行記(ブログ) 一覧に戻る
本旅行記は、前旅行記にて、念願のケロケロタウン訪問後の同日のその後の様子を綴らせて頂きます。<br /><br />ケロケロタウンで相当テンションが上がってしまったため、その後は、勿論、”ケロケロス(ケロケロ・ロス)”に陥ってしまう訳で、御坊での紀州鉄道への誘惑にも乗らず、和歌山県都探訪の余力も残っておらず、和歌山市をそのまま通過、そして阪和線経由でそのまま大阪府下に入ります。<br /><br />前日の大雨ウォークで、遂にこれまで履いてきた靴がボロボロになってしまったので、意を決してニューシューズを購入。その後は新しい靴で少しテンションを取り戻して、信太山駅傍の弥生の里温泉へ。某クーポンサイトのクーポン利用、温泉入浴とタオル・更に観劇と御土産の棒菓子までセットになって1000円、というリーズナブルな価格設定で、存分に楽しむことが出来ました。<br /><br />その後は、阪和線の支線として知られる羽衣線に初乗車。鳳~東羽衣間の一区間のみの短い路線ですが、こういう機会でもないといつまで経っても未乗車のままだったと思うので、それはそれで良い思い出となりました。<br /><br />時節柄、羽衣駅界隈では、ちょっとした”だんじり祭り”の風情も味わうことが出来ました。その後は南海で関空へ。まだ台風災害から3週間程しか経過していない時期でしたので、空港の機能は大丈夫なのか心配でしたが、展望ホールがまだ閉鎖されていたこと以外は、一観光客的には特に困ることもなく、流石にこれだけの大空港ですから、復旧も早いのだなあと驚かされました…。

2018秋・日本国内旅(パート5:弥生の里温泉で観劇&羽衣線初乗車、最後は関空でzzz…)

16いいね!

2018/09/27 - 2018/09/27

107位(同エリア194件中)

0

88

ケロケロマニア

ケロケロマニアさん

この旅行記のスケジュール

2018/09/27

この旅行記スケジュールを元に

本旅行記は、前旅行記にて、念願のケロケロタウン訪問後の同日のその後の様子を綴らせて頂きます。

ケロケロタウンで相当テンションが上がってしまったため、その後は、勿論、”ケロケロス(ケロケロ・ロス)”に陥ってしまう訳で、御坊での紀州鉄道への誘惑にも乗らず、和歌山県都探訪の余力も残っておらず、和歌山市をそのまま通過、そして阪和線経由でそのまま大阪府下に入ります。

前日の大雨ウォークで、遂にこれまで履いてきた靴がボロボロになってしまったので、意を決してニューシューズを購入。その後は新しい靴で少しテンションを取り戻して、信太山駅傍の弥生の里温泉へ。某クーポンサイトのクーポン利用、温泉入浴とタオル・更に観劇と御土産の棒菓子までセットになって1000円、というリーズナブルな価格設定で、存分に楽しむことが出来ました。

その後は、阪和線の支線として知られる羽衣線に初乗車。鳳~東羽衣間の一区間のみの短い路線ですが、こういう機会でもないといつまで経っても未乗車のままだったと思うので、それはそれで良い思い出となりました。

時節柄、羽衣駅界隈では、ちょっとした”だんじり祭り”の風情も味わうことが出来ました。その後は南海で関空へ。まだ台風災害から3週間程しか経過していない時期でしたので、空港の機能は大丈夫なのか心配でしたが、展望ホールがまだ閉鎖されていたこと以外は、一観光客的には特に困ることもなく、流石にこれだけの大空港ですから、復旧も早いのだなあと驚かされました…。

旅行の満足度
5.0
観光
5.0
ホテル
5.0
ショッピング
5.0
交通
5.0
同行者
一人旅
一人あたり費用
1万円未満
交通手段
JRローカル 私鉄 徒歩
旅行の手配内容
個別手配

PR

  • カエルタウンを泣く泣く(?)出発した所から、本旅行記は開始となります。<br /><br />紀勢本線もこの辺りのローカル列車(昼間)は、お客さんが少ないようですね…。

    カエルタウンを泣く泣く(?)出発した所から、本旅行記は開始となります。

    紀勢本線もこの辺りのローカル列車(昼間)は、お客さんが少ないようですね…。

    印南駅

  • 美味しいので、インド人もびっくり、というカレーパンや…。

    美味しいので、インド人もびっくり、というカレーパンや…。

  • A-COOPで購入したコロッケ、前日からの残りのオレンジジュース(1000mlパックのを、緑茶ペットボトルに入れ替え)、という、高級感(?)溢れるお昼ご飯ですね( ´∀` )。

    A-COOPで購入したコロッケ、前日からの残りのオレンジジュース(1000mlパックのを、緑茶ペットボトルに入れ替え)、という、高級感(?)溢れるお昼ご飯ですね( ´∀` )。

  • そして、食後にはバナナミルクを…。<br /><br />これを飲んでいると、韓国に行きたくなってしまいますね(^^;)。

    そして、食後にはバナナミルクを…。

    これを飲んでいると、韓国に行きたくなってしまいますね(^^;)。

  • 御坊駅に到着しました。

    御坊駅に到着しました。

    御坊駅

  • ここは、紀州鉄道の接続駅でもありますね。<br /><br />まだ乗ったことない鉄道、それ程長くはないので、話のタネに往復乗車してみようかとも悩みましたが、前日からの雨天ウォーク疲れで、そんな気分にもなれず…。

    ここは、紀州鉄道の接続駅でもありますね。

    まだ乗ったことない鉄道、それ程長くはないので、話のタネに往復乗車してみようかとも悩みましたが、前日からの雨天ウォーク疲れで、そんな気分にもなれず…。

  • 取り敢えず、時刻表はこんな感じ。<br /><br />30~1時間に1本位は運行されているようですね。

    取り敢えず、時刻表はこんな感じ。

    30~1時間に1本位は運行されているようですね。

  • ホームを見物していたら、こんな子がやって来ました。

    ホームを見物していたら、こんな子がやって来ました。

  • こんなデザインも。<br /><br />可愛いけど、この日はもっと可愛いカエルさん達を沢山見た後だったので、相対的に感動は薄く…。<br /><br />紀州鉄道さん、ごめんなさいケロ…。

    こんなデザインも。

    可愛いけど、この日はもっと可愛いカエルさん達を沢山見た後だったので、相対的に感動は薄く…。

    紀州鉄道さん、ごめんなさいケロ…。

  • KRなんてみると、KOREAN RAILかと思ってしまうわ…(^^;)。

    KRなんてみると、KOREAN RAILかと思ってしまうわ…(^^;)。

  • 円形ヘッドの様子。<br />ここにも鉄むすが見られますね。

    円形ヘッドの様子。
    ここにも鉄むすが見られますね。

  • で、紀州鉄道の束の間の見物を終えて、この子へと乗りカエルましょう。

    で、紀州鉄道の束の間の見物を終えて、この子へと乗りカエルましょう。

  • カエルついで(?)に、印南駅で押させて頂いたケロケロスタンプの各種をここでご紹介させて頂きましょう。

    カエルついで(?)に、印南駅で押させて頂いたケロケロスタンプの各種をここでご紹介させて頂きましょう。

  • で、本日のメインである弥生の里温泉のことを今一度確認。<br /><br />観劇に関しては平日は公演数が少ないので、これに間に合うように現地に到着しなければなりません。この点も今回は紀州鉄道乗車を諦めた理由の一つでした。

    で、本日のメインである弥生の里温泉のことを今一度確認。

    観劇に関しては平日は公演数が少ないので、これに間に合うように現地に到着しなければなりません。この点も今回は紀州鉄道乗車を諦めた理由の一つでした。

  • で、暫く寝た後目覚めると…。<br /><br />おおっ、大都会(?)の風情じゃ!

    で、暫く寝た後目覚めると…。

    おおっ、大都会(?)の風情じゃ!

  • という訳で、県都の和歌山に到着。<br /><br />まあ、今回は乗りカエルだけだけど…。

    という訳で、県都の和歌山に到着。

    まあ、今回は乗りカエルだけだけど…。

    和歌山駅

    駅に立ち寄ったのは約6年ぶりのことでしたが…。 by ケロケロマニアさん
  • こちらの大阪行きに乗車。<br />この先は乗客も増えますので、撮影も一切のやる気がなくなります。

    こちらの大阪行きに乗車。
    この先は乗客も増えますので、撮影も一切のやる気がなくなります。

  • 空港線へのJRの接続駅、日根野を通過。

    空港線へのJRの接続駅、日根野を通過。

    日根野駅

  • あれがりんくうタウンの方かな?<br />JR阪和線側からだと遠く感じますね。

    あれがりんくうタウンの方かな?
    JR阪和線側からだと遠く感じますね。

  • 弥生の里温泉の最寄り駅、信太山は快速が停まりませんので、その手前の和泉府中で下車します。とある目的もあったのですが…。

    弥生の里温泉の最寄り駅、信太山は快速が停まりませんので、その手前の和泉府中で下車します。とある目的もあったのですが…。

    和泉府中駅

  • この辺りの路線図はこんな感じ。<br /><br />前日に白浜で発見したJR乗車券も、有効区間が残り少なくなってきました…。

    この辺りの路線図はこんな感じ。

    前日に白浜で発見したJR乗車券も、有効区間が残り少なくなってきました…。

  • 和泉府中で買いたいものがあったので、取り敢えずその辺の商店街らしき場所に足を運んでみます。

    和泉府中で買いたいものがあったので、取り敢えずその辺の商店街らしき場所に足を運んでみます。

  • これが和泉市のマンホールかな?<br /><br />カワセミらしき鳥さんが描かれていますね。<br />調べてみると、信太山丘陵一帯は、自然が残されている所もあるそうで、良い意味で、大阪らしくないエリアといえるのかもしれませんね。

    これが和泉市のマンホールかな?

    カワセミらしき鳥さんが描かれていますね。
    調べてみると、信太山丘陵一帯は、自然が残されている所もあるそうで、良い意味で、大阪らしくないエリアといえるのかもしれませんね。

  • 水仙バージョンも発見。<br /><br />和泉の市の花が水仙なんですね。<br /><br />なんでも鎌倉時代に日本で最初に水仙が栽培されたのがこの一帯だったそうな…。

    水仙バージョンも発見。

    和泉の市の花が水仙なんですね。

    なんでも鎌倉時代に日本で最初に水仙が栽培されたのがこの一帯だったそうな…。

  • で、上述の商店街に入ってみるも…。<br /><br />うーん、何か寂しげな風情ですね…。

    で、上述の商店街に入ってみるも…。

    うーん、何か寂しげな風情ですね…。

  • 結局目的のお店を探し出すことが出来ず…。

    結局目的のお店を探し出すことが出来ず…。

  • こんなところもありましたが、気軽にお買い物できる雰囲気でもなく…。<br /><br />こうした昭和の風情の商店街は、最早消えゆくだけなのでしょうか…。<br />何か、凄く寂しいですね。

    こんなところもありましたが、気軽にお買い物できる雰囲気でもなく…。

    こうした昭和の風情の商店街は、最早消えゆくだけなのでしょうか…。
    何か、凄く寂しいですね。

  • 気を取り直して、和泉府中駅前にあった観光案内所に立ち寄り…。

    気を取り直して、和泉府中駅前にあった観光案内所に立ち寄り…。

  • こちらのマップをゲット。<br /><br />特大、でなくても良かったんだけど…(;&#39;∀&#39;)。

    こちらのマップをゲット。

    特大、でなくても良かったんだけど…(;'∀')。

  • そういえば、近隣にお住いのSさん情報では、この時期はだんじりで盛り上がっているとのことで、正式な祭典の一週間前位の時期でしたが、こんな掲示も随所で見られて、街ぐるみでお祭りの雰囲気が徐々に高まっている感じでした。

    そういえば、近隣にお住いのSさん情報では、この時期はだんじりで盛り上がっているとのことで、正式な祭典の一週間前位の時期でしたが、こんな掲示も随所で見られて、街ぐるみでお祭りの雰囲気が徐々に高まっている感じでした。

  • で、ここでは目的の品を探してお買い物。<br /><br />まあ、現代人的にはそりゃ、大型ショッピングモール(ここでは〇オン)に向かう訳で…。<br /><br />(登録はショッピングモールとしてはされていないようなので、モール内の一店舗の位置情報を利用させて頂きます。)

    で、ここでは目的の品を探してお買い物。

    まあ、現代人的にはそりゃ、大型ショッピングモール(ここでは〇オン)に向かう訳で…。

    (登録はショッピングモールとしてはされていないようなので、モール内の一店舗の位置情報を利用させて頂きます。)

    FUJIYA KOBE イオン和泉府中店 グルメ・レストラン

  • だんじり関連の品々の販売コーナーも特設されるんですねぇ~、流石!

    だんじり関連の品々の販売コーナーも特設されるんですねぇ~、流石!

  • で、買いたかったのはこちら。<br /><br />なんてことはない、普通の靴です。

    で、買いたかったのはこちら。

    なんてことはない、普通の靴です。

  • 前夜の雨中ナイトウォークで完全にボロボロになってしまった先代のウォーキングシューズ。<br />

    前夜の雨中ナイトウォークで完全にボロボロになってしまった先代のウォーキングシューズ。

  • 上から見るとこんな感じ。<br /><br />よくこんな状態になるまで、履いていたものだわな…。

    上から見るとこんな感じ。

    よくこんな状態になるまで、履いていたものだわな…。

  • で、登山者の常識としては、いざという時に靴紐だけはキープしておくと便利なので、丁寧に取り外して、これだけはリザーブ用に持ちカエルます。

    で、登山者の常識としては、いざという時に靴紐だけはキープしておくと便利なので、丁寧に取り外して、これだけはリザーブ用に持ちカエルます。

  • 靴底に関してはこんな感じ。<br /><br />踵部分が完全にすり減っていますね。右足は既に穴開いちゃってるし…。<br /><br />という訳で、さらばじゃ、靴!<br /><br /><br />何のこっちゃ…。

    靴底に関してはこんな感じ。

    踵部分が完全にすり減っていますね。右足は既に穴開いちゃってるし…。

    という訳で、さらばじゃ、靴!


    何のこっちゃ…。

  • 新しい靴で意気揚々と歩き始めます。<br /><br />弥生の里温泉の最寄り駅信太山は、すぐ隣ですが、通過列車には注意が必要ですね。

    新しい靴で意気揚々と歩き始めます。

    弥生の里温泉の最寄り駅信太山は、すぐ隣ですが、通過列車には注意が必要ですね。

  • 靴を新品にカエルと、何と心地良いことか!<br />先程までの半乾き&加齢臭満載(?)のボロ靴とは大違いですわ!

    靴を新品にカエルと、何と心地良いことか!
    先程までの半乾き&加齢臭満載(?)のボロ靴とは大違いですわ!

  • で、信太山駅に到着。<br /><br />余談ですが、この駅名、個人的にはつい最近まで”のぶたやま”って読んでました。<br />信太=野豚、のイメージで、豚丼が食べたくなるブー!<br /><br /><br />続・何のこっちゃ…。

    で、信太山駅に到着。

    余談ですが、この駅名、個人的にはつい最近まで”のぶたやま”って読んでました。
    信太=野豚、のイメージで、豚丼が食べたくなるブー!


    続・何のこっちゃ…。

    信太山駅

  • では、温泉に向かいましょう。

    では、温泉に向かいましょう。

  • そういや、Sさん情報では、信太山駅前に、大阪名物のこちらがあるということで、これも楽しみにしておりました。<br /><br />カエルりは、勿論ここでお買い物していきましょうね( ´∀` )。

    そういや、Sさん情報では、信太山駅前に、大阪名物のこちらがあるということで、これも楽しみにしておりました。

    カエルりは、勿論ここでお買い物していきましょうね( ´∀` )。

  • 駅舎の外観。<br /><br />大阪府下とは思えない、ローカルな風情が良いですねぇ~。

    駅舎の外観。

    大阪府下とは思えない、ローカルな風情が良いですねぇ~。

  • で、駅から徒歩3分程の近距離にあるこちらの温泉に到着。<br /><br />今回は日帰り入浴利用ですが、宿泊もできるそうな…。<br />関空発着の国際線の行きカエルり等で、最後(最初)に日本の風情を堪能するのに良さそうな施設ですね。

    で、駅から徒歩3分程の近距離にあるこちらの温泉に到着。

    今回は日帰り入浴利用ですが、宿泊もできるそうな…。
    関空発着の国際線の行きカエルり等で、最後(最初)に日本の風情を堪能するのに良さそうな施設ですね。

    ケイエスビー 弥生の里温泉 宿・ホテル

    2名1室合計 9,000円~

    観劇を楽しんだりしながら、ゆっくりと過ごすことが出来ました by ケロケロマニアさん
  • く〇ポンを見せると、クーポン特典のタオルやら館内着やら棒菓子やらをセットで頂きました。そして、一番楽しみにしていた弥生座の大衆演劇の入場証もゲットです( ´∀` )。

    く〇ポンを見せると、クーポン特典のタオルやら館内着やら棒菓子やらをセットで頂きました。そして、一番楽しみにしていた弥生座の大衆演劇の入場証もゲットです( ´∀` )。

  • 弥生座の入口に関してはこんな感じ。<br /><br />内部は撮影禁止となっておりますので、ここではご紹介できません(;´Д`)。

    弥生座の入口に関してはこんな感じ。

    内部は撮影禁止となっておりますので、ここではご紹介できません(;´Д`)。

  • 本日はこちらのショーが楽しめるようですね。<br />開場時間は16時半、まだ時間がありますので、先にお風呂に入りましょうね。

    本日はこちらのショーが楽しめるようですね。
    開場時間は16時半、まだ時間がありますので、先にお風呂に入りましょうね。

  • まだお昼時間帯だったので、浴場内も空いていて快適。<br /><br />露天風呂もありました。

    まだお昼時間帯だったので、浴場内も空いていて快適。

    露天風呂もありました。

  • 洗い場の様子はこんな感じ。<br /><br />勿論、シャンプー類は全て用意されています。

    洗い場の様子はこんな感じ。

    勿論、シャンプー類は全て用意されています。

  • こんな”ツボ風呂”まであったよ。

    こんな”ツボ風呂”まであったよ。

  • サウナ内はこんな感じ。<br /><br />前夜は雨中ナイトウォークからのネットカフェ泊まりで、お風呂に入れなかったので、気持ち良いことこの上ない!

    サウナ内はこんな感じ。

    前夜は雨中ナイトウォークからのネットカフェ泊まりで、お風呂に入れなかったので、気持ち良いことこの上ない!

  • で、17時からは1時間余の観劇を楽しみ、最後には出演者の方々とハイタッチで弥生座を出ます。風呂付きで1000円の中に含まれる観劇でしたので、それ程期待していませんでしたが、とても迫力あるステージで、見応えがありました。<br /><br />色々な公演が開催されているようなので、また来てみたいな…。<br /><br />という訳で、大満足の余韻に浸りつつ、弥生の里温泉を後にします。<br />なんだかんだで3時間以上滞在しておりましたので、すっかり暗くなってしまいました。

    で、17時からは1時間余の観劇を楽しみ、最後には出演者の方々とハイタッチで弥生座を出ます。風呂付きで1000円の中に含まれる観劇でしたので、それ程期待していませんでしたが、とても迫力あるステージで、見応えがありました。

    色々な公演が開催されているようなので、また来てみたいな…。

    という訳で、大満足の余韻に浸りつつ、弥生の里温泉を後にします。
    なんだかんだで3時間以上滞在しておりましたので、すっかり暗くなってしまいました。

  • で、勿論、最後にこちらに立ち寄って、夕食・夜食を調達しておきましょう。

    で、勿論、最後にこちらに立ち寄って、夕食・夜食を調達しておきましょう。

  • で、ここからは残された最後のJR乗車券部分を…。<br /><br />おおっ、これはS氏のお膝元ではないか!<br /><br />O氏のお膝元の横浜・鶴見駅を通過した時と似たような感慨に耽りつつ…。<br />(まっ、ここでは”単に通過するだけ…”。)

    で、ここからは残された最後のJR乗車券部分を…。

    おおっ、これはS氏のお膝元ではないか!

    O氏のお膝元の横浜・鶴見駅を通過した時と似たような感慨に耽りつつ…。
    (まっ、ここでは”単に通過するだけ…”。)

    北信太駅

  • で、羽衣線の接続駅、鳳に到着。<br /><br />まあ、有名な駅ですが、漢字一文字で四文字読みする駅もなかなか珍しいかもしれないですね。

    で、羽衣線の接続駅、鳳に到着。

    まあ、有名な駅ですが、漢字一文字で四文字読みする駅もなかなか珍しいかもしれないですね。

    鳳駅

  • で、いよいよ、羽衣線に初乗車、ということで、そのホームへと向かいます。<br /><br />終点の東羽衣駅からは南海の羽衣駅まですぐの距離です。

    で、いよいよ、羽衣線に初乗車、ということで、そのホームへと向かいます。

    終点の東羽衣駅からは南海の羽衣駅まですぐの距離です。

  • 羽衣線、と称していますが、正式には阪和線の東羽衣支線、というべきなのでしょうね。<br /><br />個人的には、約1か月前に乗車した仙台近郊の利府支線のことを思い出していました。

    羽衣線、と称していますが、正式には阪和線の東羽衣支線、というべきなのでしょうね。

    個人的には、約1か月前に乗車した仙台近郊の利府支線のことを思い出していました。

  • 時刻表はこんな感じ。<br /><br />支線とはいえ、ほぼ15分に1本の運行、ということで、ローカルな風情は全くなさそうですね。流石、大都会大阪府下にある路線です。

    時刻表はこんな感じ。

    支線とはいえ、ほぼ15分に1本の運行、ということで、ローカルな風情は全くなさそうですね。流石、大都会大阪府下にある路線です。

  • 阪和線沿線各駅の最近の駅名標は、お前はJR東海かっ!とツッこみたくなるオレンジ色をしていて、何となく違和感を感じますが、寧ろこの支線ホーム上の駅名標はJR西色をしていますね( ´∀` )。

    阪和線沿線各駅の最近の駅名標は、お前はJR東海かっ!とツッこみたくなるオレンジ色をしていて、何となく違和感を感じますが、寧ろこの支線ホーム上の駅名標はJR西色をしていますね( ´∀` )。

  • 丁度、出発したばかりのタイミングでしたので、次が来るまで少し時間があります。車内が混雑する恐れもありますので、羽衣線ホーム上のベンチで、プチ夕食タイムとしましょう。

    丁度、出発したばかりのタイミングでしたので、次が来るまで少し時間があります。車内が混雑する恐れもありますので、羽衣線ホーム上のベンチで、プチ夕食タイムとしましょう。

  • ここで頂いたのは、玉出で購入したバッテラ。<br />6切れも入って200円ちょっととは、驚きの安さだなぁ~。<br />(勿論、黄色いシールは付いていない状態で…(^^;)。)

    ここで頂いたのは、玉出で購入したバッテラ。
    6切れも入って200円ちょっととは、驚きの安さだなぁ~。
    (勿論、黄色いシールは付いていない状態で…(^^;)。)

  • バッテラを三切れ程頂いた頃に、列車がやって来ましたので、取り急ぎ残ったバッテラを携えながら車内へ移動。そして、束の間の羽衣線時間を、残りのバッテラを頂きながら堪能します。<br /><br />流石に一駅しかありませんので、乗っている間に食べていたら、現地に到着してしまいますので…(^^;)。

    バッテラを三切れ程頂いた頃に、列車がやって来ましたので、取り急ぎ残ったバッテラを携えながら車内へ移動。そして、束の間の羽衣線時間を、残りのバッテラを頂きながら堪能します。

    流石に一駅しかありませんので、乗っている間に食べていたら、現地に到着してしまいますので…(^^;)。

  • こういうLED行先表示を見ても、やっぱりローカルな風情は皆無ですね…。

    こういうLED行先表示を見ても、やっぱりローカルな風情は皆無ですね…。

  • で、遂に、東羽衣に到着。羽衣線の完乗達成です( ´∀` )。<br /><br />と同時に、昨日の白浜からお世話になってきたこちらの切符ともお別れ。<br /><br />この画像は、無効印が押される前の最後の状態ですね。<br />(無効印が押された後の状態は表紙をご参照下さい。)

    で、遂に、東羽衣に到着。羽衣線の完乗達成です( ´∀` )。

    と同時に、昨日の白浜からお世話になってきたこちらの切符ともお別れ。

    この画像は、無効印が押される前の最後の状態ですね。
    (無効印が押された後の状態は表紙をご参照下さい。)

  • 東羽衣駅の駅名標。<br />一応、”終着駅”の風情が感じられますね(;^ω^)。

    東羽衣駅の駅名標。
    一応、”終着駅”の風情が感じられますね(;^ω^)。

    東羽衣駅

  • で、駅を出ると、何やら祭囃子が聞こえますね。<br /><br />音の奏でる方へと少し足を運んでみましょう。

    で、駅を出ると、何やら祭囃子が聞こえますね。

    音の奏でる方へと少し足を運んでみましょう。

  • だんじりの提灯らしきのが並んでいますね。

    だんじりの提灯らしきのが並んでいますね。

  • 祭囃子の先でも、こんな感じで提灯が並んでいました。

    祭囃子の先でも、こんな感じで提灯が並んでいました。

  • で、皆さん、練習に励まれているようで…。<br /><br />祭りというのは、本祭は勿論、それに向けての準備の様子を楽しむ雰囲気も個人的には好きだったりします。

    で、皆さん、練習に励まれているようで…。

    祭りというのは、本祭は勿論、それに向けての準備の様子を楽しむ雰囲気も個人的には好きだったりします。

  • いつかは本祭も観てみたいなあと思いつつ、”練習だんじり”を見終えて出発します。

    いつかは本祭も観てみたいなあと思いつつ、”練習だんじり”を見終えて出発します。

  • JR東羽衣駅から徒歩1分位の距離にあるのが、南海の羽衣駅です。

    JR東羽衣駅から徒歩1分位の距離にあるのが、南海の羽衣駅です。

    羽衣駅

  • それぞれの立地はこんな感じ。<br />駅名は異なりますが、ほぼ直結とみなして良い位置関係ですね( ´∀` )。

    それぞれの立地はこんな感じ。
    駅名は異なりますが、ほぼ直結とみなして良い位置関係ですね( ´∀` )。

  • 2018年9月は、上旬に台風被害を受けた関空でしたが、月末近くのこの時期には、既に鉄路は復旧していて助かりました。<br />まだ、この時点ではマイカー規制はされていたようですけどね…。

    2018年9月は、上旬に台風被害を受けた関空でしたが、月末近くのこの時期には、既に鉄路は復旧していて助かりました。
    まだ、この時点ではマイカー規制はされていたようですけどね…。

  • 羽衣駅改札口の様子。<br /><br />羽衣、という美しい名前だけに、天女姿の顔ハメとかないかな、と期待したのですが、それは見当たらなかった…(~_~;)。

    羽衣駅改札口の様子。

    羽衣、という美しい名前だけに、天女姿の顔ハメとかないかな、と期待したのですが、それは見当たらなかった…(~_~;)。

  • この辺りは行政区的には高石市域となるようですが、そのだんじり祭のポスターはこんな感じでした。

    この辺りは行政区的には高石市域となるようですが、そのだんじり祭のポスターはこんな感じでした。

  • で、羽衣駅を出発して南海で関空に向かいましょう。

    で、羽衣駅を出発して南海で関空に向かいましょう。

  • 貴重なクロスシートをゲット( ´∀` )。<br />さっきのバッテラ、ここで食べた方が良かったかもね。<br /><br />食べ終えた後により良い席に当たる、なんてことは、ローカル線旅のアルアルの一つだと思いますね…。(まあ、南海の本線はローカル線とは呼べないだろうけど…。)

    貴重なクロスシートをゲット( ´∀` )。
    さっきのバッテラ、ここで食べた方が良かったかもね。

    食べ終えた後により良い席に当たる、なんてことは、ローカル線旅のアルアルの一つだと思いますね…。(まあ、南海の本線はローカル線とは呼べないだろうけど…。)

  • で、妖しく輝くりんくうタウンの観覧車などを眺めつつ…。

    で、妖しく輝くりんくうタウンの観覧車などを眺めつつ…。

    りんくうタウン駅

  • 関西空港駅に到着。<br /><br />思えば、本来の航空券のまま飛んでいたら、ここまでの行程は全く別な内容になっていたことでしょうね…。

    関西空港駅に到着。

    思えば、本来の航空券のまま飛んでいたら、ここまでの行程は全く別な内容になっていたことでしょうね…。

    関西空港駅

  • 南海のKIX駅名物の切符アートなどを横目に見ながら…。

    南海のKIX駅名物の切符アートなどを横目に見ながら…。

  • ターミナルビルへと向かいます。<br /><br />見た感じ、全く台風の爪痕を感じることはありませんでした。<br />まあ、この時点で、あれから3週間以上が経過していますから、当然だとは思いますが…。

    ターミナルビルへと向かいます。

    見た感じ、全く台風の爪痕を感じることはありませんでした。
    まあ、この時点で、あれから3週間以上が経過していますから、当然だとは思いますが…。

    関西国際空港 空港

    関空制限エリア内の電源コーナーは・・・ by ケロケロマニアさん
  • ただ、展望ホールに向かって、この日のKIXカードのポイントでも貰っておこうと思ったら…。<br /><br />定位置にバスは停車していたのですが…。

    ただ、展望ホールに向かって、この日のKIXカードのポイントでも貰っておこうと思ったら…。

    定位置にバスは停車していたのですが…。

  • どうやら、展望ホール自体はまだ閉館中のようで…。<br />ここで初めて、台風の影響を感じることになりました。<br />(バス自体は従業員の方向けに運行はされていたようですが…。)

    どうやら、展望ホール自体はまだ閉館中のようで…。
    ここで初めて、台風の影響を感じることになりました。
    (バス自体は従業員の方向けに運行はされていたようですが…。)

  • この時点(9月27日)ではまだこんな掲示が見られましたが、正式に展望ホールが復旧したのは10月2日のことでした。

    この時点(9月27日)ではまだこんな掲示が見られましたが、正式に展望ホールが復旧したのは10月2日のことでした。

  • まあ、貧民トラベラー的により気になっていたのは、エアロプラザの仮眠室のことですが…。<br /><br />こちらは通常通り”営業”していて助かりました。23時から開始の毛布貸出も普通に行われていました。

    まあ、貧民トラベラー的により気になっていたのは、エアロプラザの仮眠室のことですが…。

    こちらは通常通り”営業”していて助かりました。23時から開始の毛布貸出も普通に行われていました。

    エアロプラザ 名所・史跡

    シャワーもちょっとだけ安く利用できます by ケロケロマニアさん
  • で、勿論、23時きっかりに行列に並んで、毛布をゲット。

    で、勿論、23時きっかりに行列に並んで、毛布をゲット。

  • 寝床を無事ゲットできましたので、最後に夜食(弥生の里で頂いた棒菓子&バナナミルクの残り)を頂いて、小腹を満たした後…。

    寝床を無事ゲットできましたので、最後に夜食(弥生の里で頂いた棒菓子&バナナミルクの残り)を頂いて、小腹を満たした後…。

  • 明日に備えて寝ます…zzz。<br /><br />という訳で、ケロケロタウンから関空に至る9月27日後半の様子を綴らせて頂いた本旅行記はこれにて終了となります。最後までご閲覧下さり、どうも有難うございました。またもしお時間がございましたら、続編にもお付き合い頂けましたら嬉しく思います。

    明日に備えて寝ます…zzz。

    という訳で、ケロケロタウンから関空に至る9月27日後半の様子を綴らせて頂いた本旅行記はこれにて終了となります。最後までご閲覧下さり、どうも有難うございました。またもしお時間がございましたら、続編にもお付き合い頂けましたら嬉しく思います。

16いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

この旅行で行ったホテル

この旅行で行ったスポット

この旅行で行ったグルメ・レストラン

旅の計画・記録

マイルに交換できるフォートラベルポイントが貯まる
フォートラベルポイントって?

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

和泉・泉大津の人気ホテルランキング

PAGE TOP

ピックアップ特集