東松山旅行記(ブログ) 一覧に戻る
秋になって今年2018年生まれのレッサーパンダの赤ちゃんが次々と公開され、行きたい動物園が増えたので、秋の花の撮影散策に行く予定を入れにくくなってしまいました。<br />そして今年も11月下旬、関東で紅葉が見頃になるときに、北海道旅行の予定を入れてしまい、紅葉撮影散策ができるか分からなくなりました。<br />ただ、去年と違って今年の11月は思ったより寒くなく、10月並みの気温が続いたせいか、寒かった去年はイルミネーションにはあまりそそられなかったのですが、今年はあちこちでてチラシや宣伝を目にして、見に行きたい気持ちが募ってきました。<br /><br />そんなわけで、この週末は、北海道旅行の直前なので撮影散策はお休みにし、旅行の準備をしながらのんびり過ごすつもりでいたのですが(ついでに新しいパソコンを買う週末に決めていました)、森林公園の紅葉見ナイトのチラシに惹かれ、そうだ、土曜日の夕方からちょっくら車を走らせて行けば良いのではないかと思い付きました。<br />今年の夏から、森林公園も自宅から車で運転して行けるようになりました。<br />我が家から車で片道1時間程度です。<br />であれば、無料のシャトルバスの時刻や混雑ぶりを気にしないですみます!<br />それに、ペーパードライバーを返上してから、まだたいして走り込んでいないせいか、片道1時間程度ならドライブしたい気持ちがけっこうあるのです。<br /><br />駐車場の懸念はありましたが、森林公園の駐車場そのものが満車でも、周辺に民間の駐車場があるので、けっこうキャパがあります。<br />それに週末の細々とした用事をすませてから出かけたため、なんだかんだと森林公園の到着は19時を過ぎてしまいました。<br />チラシによると、車で来るなら19時以降がおすすめとあったのですが、ゆっくり回りたいため、ほんとはそれより前に行くつもりでした。<br />でも、結局、混雑のピークが過ぎた時間帯の訪問となりました。<br /><br />チラシでは、イルミネーションがグレードアップされているとありましたが、確かに中央口広場のイルミネーションは、前よりもいろいろ増えていました。<br />イルミネーション目当てで行く甲斐があると思いました。<br />紅葉の方は、森林公園の紅葉ピークは11月下旬なので、まだ早いと予測していましたが、カエデ園はまだまだ青々としていました。<br />だからこそ、イルミネーション効果が楽しめました。昼間だと、紅葉撮影散策としては物足らなかったろうと思います。<br />それにカメラだと、ホワイトバランスを曇りモードにすることで、肉眼で見るよりも紅く見せることができます。<br /><br />今年は、たしか9月や10月は思ったより寒く、今年も去年のような寒い冬になり、代わりに紅葉がきれいだろうと楽しみでした。<br />でも、11月上旬はだいぶ暖かったせいか、日常生活圏内で見られる公園やイチョウや桜並木などを見ている限りでは、思ったよりきれいな紅葉にはならないような気もしています。<br />色付く木々が錦のようになる風景であれば、変わらず見ごたえがあるかもしれませんが、1本1本の葉に注目すると、色付く前に枯れたように縮れている葉が多いように思えます。<br />であればこそ、まだ葉の痛みが進む前の青いうちにイルミネーションでお化粧された紅葉の方が、私にとっては好都合と言えました。<br /><br />森林公園の公式サイト<br />http://www.shinrinkoen.jp/<br /><br />※これまでの森林公園の旅行記の目次を作成しました。随時更新中。<br />「花と自然紀行~武蔵丘陵 森林公園~目次」<br />http://4travel.jp/travelogue/10866790<br /><br />※まだ目次にアップしていない今年2018年の森林公園の旅行記<br />2018年5月6日<br />「ゴールデンウィークの森林公園で花と新緑三昧~やっぱり私は野花が好き!~1番目当てのルピナスはいまひとつだったけど、ニワゼキショウやシライトソウなどの野花に存分浸る」<br />https://4travel.jp/travelogue/11357016<br /><br />2018年7月22日<br />「初ドライブで森林公園のやまゆり詣~毎年魅せられる白い貴婦人たち」<br />https://4travel.jp/travelogue/11381853<br /><br />2018年9月17日<br />「初秋の連休ドライブ日和の森林公園~秋の野草コースのキキョウと運動広場の羽ゲイトウ花畑とヒガンバナと西口広場のペチュニア花畑をめざして」<br />https://4travel.jp/travelogue/11403408<br />

森林公園の紅葉見ナイトのゆうべ~紅葉はまだだったけどイルミネーションはパワーアップ@

12いいね!

2018/11/17 - 2018/11/17

271位(同エリア572件中)

まみ

まみさん

秋になって今年2018年生まれのレッサーパンダの赤ちゃんが次々と公開され、行きたい動物園が増えたので、秋の花の撮影散策に行く予定を入れにくくなってしまいました。
そして今年も11月下旬、関東で紅葉が見頃になるときに、北海道旅行の予定を入れてしまい、紅葉撮影散策ができるか分からなくなりました。
ただ、去年と違って今年の11月は思ったより寒くなく、10月並みの気温が続いたせいか、寒かった去年はイルミネーションにはあまりそそられなかったのですが、今年はあちこちでてチラシや宣伝を目にして、見に行きたい気持ちが募ってきました。

そんなわけで、この週末は、北海道旅行の直前なので撮影散策はお休みにし、旅行の準備をしながらのんびり過ごすつもりでいたのですが(ついでに新しいパソコンを買う週末に決めていました)、森林公園の紅葉見ナイトのチラシに惹かれ、そうだ、土曜日の夕方からちょっくら車を走らせて行けば良いのではないかと思い付きました。
今年の夏から、森林公園も自宅から車で運転して行けるようになりました。
我が家から車で片道1時間程度です。
であれば、無料のシャトルバスの時刻や混雑ぶりを気にしないですみます!
それに、ペーパードライバーを返上してから、まだたいして走り込んでいないせいか、片道1時間程度ならドライブしたい気持ちがけっこうあるのです。

駐車場の懸念はありましたが、森林公園の駐車場そのものが満車でも、周辺に民間の駐車場があるので、けっこうキャパがあります。
それに週末の細々とした用事をすませてから出かけたため、なんだかんだと森林公園の到着は19時を過ぎてしまいました。
チラシによると、車で来るなら19時以降がおすすめとあったのですが、ゆっくり回りたいため、ほんとはそれより前に行くつもりでした。
でも、結局、混雑のピークが過ぎた時間帯の訪問となりました。

チラシでは、イルミネーションがグレードアップされているとありましたが、確かに中央口広場のイルミネーションは、前よりもいろいろ増えていました。
イルミネーション目当てで行く甲斐があると思いました。
紅葉の方は、森林公園の紅葉ピークは11月下旬なので、まだ早いと予測していましたが、カエデ園はまだまだ青々としていました。
だからこそ、イルミネーション効果が楽しめました。昼間だと、紅葉撮影散策としては物足らなかったろうと思います。
それにカメラだと、ホワイトバランスを曇りモードにすることで、肉眼で見るよりも紅く見せることができます。

今年は、たしか9月や10月は思ったより寒く、今年も去年のような寒い冬になり、代わりに紅葉がきれいだろうと楽しみでした。
でも、11月上旬はだいぶ暖かったせいか、日常生活圏内で見られる公園やイチョウや桜並木などを見ている限りでは、思ったよりきれいな紅葉にはならないような気もしています。
色付く木々が錦のようになる風景であれば、変わらず見ごたえがあるかもしれませんが、1本1本の葉に注目すると、色付く前に枯れたように縮れている葉が多いように思えます。
であればこそ、まだ葉の痛みが進む前の青いうちにイルミネーションでお化粧された紅葉の方が、私にとっては好都合と言えました。

森林公園の公式サイト
http://www.shinrinkoen.jp/

※これまでの森林公園の旅行記の目次を作成しました。随時更新中。
「花と自然紀行~武蔵丘陵 森林公園~目次」
http://4travel.jp/travelogue/10866790

※まだ目次にアップしていない今年2018年の森林公園の旅行記
2018年5月6日
「ゴールデンウィークの森林公園で花と新緑三昧~やっぱり私は野花が好き!~1番目当てのルピナスはいまひとつだったけど、ニワゼキショウやシライトソウなどの野花に存分浸る」
https://4travel.jp/travelogue/11357016

2018年7月22日
「初ドライブで森林公園のやまゆり詣~毎年魅せられる白い貴婦人たち」
https://4travel.jp/travelogue/11381853

2018年9月17日
「初秋の連休ドライブ日和の森林公園~秋の野草コースのキキョウと運動広場の羽ゲイトウ花畑とヒガンバナと西口広場のペチュニア花畑をめざして」
https://4travel.jp/travelogue/11403408

同行者
一人旅
交通手段
自家用車
旅行の手配内容
個別手配

PR

  • 紅葉見ナイトは中央口から<br /><br />家を出たのが18時になってしまったので、森林公園の近くの民間駐車場に到着したのは19時、中央口から森林公園に入園したのは19時10分頃となりました。<br />閉園時間は20時30分。<br />1時間半は回れたし、回れる範囲は中央口から、水生植物池の脇の園路からカエデ園を通過して都市緑化植物園までの範囲なので、時間的余裕はありました。<br /><br />ちなみに、中央口前の駐車場は余裕がありましたが、その手前の民間駐車場に空きがあったので、今回もそちらに車を駐車しました。<br />森林公園の駐車場まで行って満車で戻って来るのもイヤだったし、森林公園の駐車料金は夜間300円に値下げとなりましたが、それでも民間駐車場の方が1日200円で安かったし(中央口から遠いほど安くなります)、森林公園の駐車場だと閉園時間と同時に車を出さなくてはなりませんが、民間駐車場であれば、少しゆっくりしてから帰ることができます。

    紅葉見ナイトは中央口から

    家を出たのが18時になってしまったので、森林公園の近くの民間駐車場に到着したのは19時、中央口から森林公園に入園したのは19時10分頃となりました。
    閉園時間は20時30分。
    1時間半は回れたし、回れる範囲は中央口から、水生植物池の脇の園路からカエデ園を通過して都市緑化植物園までの範囲なので、時間的余裕はありました。

    ちなみに、中央口前の駐車場は余裕がありましたが、その手前の民間駐車場に空きがあったので、今回もそちらに車を駐車しました。
    森林公園の駐車場まで行って満車で戻って来るのもイヤだったし、森林公園の駐車料金は夜間300円に値下げとなりましたが、それでも民間駐車場の方が1日200円で安かったし(中央口から遠いほど安くなります)、森林公園の駐車場だと閉園時間と同時に車を出さなくてはなりませんが、民間駐車場であれば、少しゆっくりしてから帰ることができます。

  • 中央口の紅葉見ナイトのイルミネーション<br /><br />さきほどの写真はコンデジで撮りましたが、ここからは一眼レフでクロスフィルターを装着して撮影。

    中央口の紅葉見ナイトのイルミネーション

    さきほどの写真はコンデジで撮りましたが、ここからは一眼レフでクロスフィルターを装着して撮影。

  • 中央口を入ると、揺れる光が迎えてくれる<br /><br />とてもきれいでした。<br />動きがある方がもっときれいでしたが、こうして静止画の写真で撮っても、なかなかステキであったことが十分伺えると思います。

    中央口を入ると、揺れる光が迎えてくれる

    とてもきれいでした。
    動きがある方がもっときれいでしたが、こうして静止画の写真で撮っても、なかなかステキであったことが十分伺えると思います。

  • 中央口広場のイルミネーションの様子<br /><br />森林公園のイルミネーションの1番の会場はやはりここでしょう。<br />なかなかステキでした!

    中央口広場のイルミネーションの様子

    森林公園のイルミネーションの1番の会場はやはりここでしょう。
    なかなかステキでした!

  • 「モーリーとあらたな仲間たち」(森林公園の森の妖精モーリーのフィールドラリー兼会場マップ)の見開きのマップに、歩いた進路の矢印をつけたもの<br /><br />モーリーと仲間たちのフィールドラリーのストーリーは、ほのぼのとしています。<br />実はこれは、ちゃんと読んだのは帰宅後だったので、帽子をかぶった「はいぷぅ」を特に探しはしなかったのは、ちょっと惜しかったです。<br /><br />進路はそれほど複雑ではないです。<br />行きは中央口広場からSATOYAMAアート展会場と水生植物池の方を回ってから、カエデ園を突っ切って都市緑化植物園に着きました。<br />都市緑化植物園に到着したときは20時を過ぎていたので、管理棟はすでに閉まっていたのは残念でした。<br />そして帰りは、光の湖の海賊船を見てから、カエデ園の脇の園路を通って、おばき柄なぶ方ではなく、トンネルやいろんなオブジェがある針葉樹園を突っ切って中央口広場に戻りました。

    「モーリーとあらたな仲間たち」(森林公園の森の妖精モーリーのフィールドラリー兼会場マップ)の見開きのマップに、歩いた進路の矢印をつけたもの

    モーリーと仲間たちのフィールドラリーのストーリーは、ほのぼのとしています。
    実はこれは、ちゃんと読んだのは帰宅後だったので、帽子をかぶった「はいぷぅ」を特に探しはしなかったのは、ちょっと惜しかったです。

    進路はそれほど複雑ではないです。
    行きは中央口広場からSATOYAMAアート展会場と水生植物池の方を回ってから、カエデ園を突っ切って都市緑化植物園に着きました。
    都市緑化植物園に到着したときは20時を過ぎていたので、管理棟はすでに閉まっていたのは残念でした。
    そして帰りは、光の湖の海賊船を見てから、カエデ園の脇の園路を通って、おばき柄なぶ方ではなく、トンネルやいろんなオブジェがある針葉樹園を突っ切って中央口広場に戻りました。

  • ウェルカムの虹のアーチと金色のイチョウ・その1<br /><br />アーチを撮る人が当然ながら途切れないので(そろそろ帰宅する人も多く)、頭上だけフレームインさせるように撮ってみました。

    ウェルカムの虹のアーチと金色のイチョウ・その1

    アーチを撮る人が当然ながら途切れないので(そろそろ帰宅する人も多く)、頭上だけフレームインさせるように撮ってみました。

  • 虹のアーチ越しに眺めるイルミネーションの黒船

    虹のアーチ越しに眺めるイルミネーションの黒船

  • ウェルカムの虹のアーチと金色のイチョウ・その2<br /><br />真下近くから撮ってみました。

    ウェルカムの虹のアーチと金色のイチョウ・その2

    真下近くから撮ってみました。

  • 中央口広場のイルミネーションの黒船がある景色

    中央口広場のイルミネーションの黒船がある景色

  • 金色のイチョウに見守られて<br /><br />イチョウはだいぶ葉っぱが落ちていました。

    金色のイチョウに見守られて

    イチョウはだいぶ葉っぱが落ちていました。

  • 美しく輝く黒船・その1<br /><br />イルミネーションの中ではやはりこれが一番楽しみでした。<br />私が森林公園のイルミネーションを見に来るのは久しぶりなので、黒船のイルミネーションは今回初めて見ました。

    美しく輝く黒船・その1

    イルミネーションの中ではやはりこれが一番楽しみでした。
    私が森林公園のイルミネーションを見に来るのは久しぶりなので、黒船のイルミネーションは今回初めて見ました。

  • 美しく輝く黒船・その2<br /><br />もともとさまざまなアングルで見ごたえがあります。

    美しく輝く黒船・その2

    もともとさまざまなアングルで見ごたえがあります。

  • ガラスの穂が白く光る様子も格別@

    ガラスの穂が白く光る様子も格別@

  • 美しく輝く黒船・その3<br /><br />反対側にまわりこんで見ました。

    美しく輝く黒船・その3

    反対側にまわりこんで見ました。

  • 光る穂の美しさよ<br /><br />昼間見たことがありますが、イルミネーション効果は絶大です。

    光る穂の美しさよ

    昼間見たことがありますが、イルミネーション効果は絶大です。

  • 光のシンちゃんが導く<br /><br />それともリンちゃんの方かな。

    光のシンちゃんが導く

    それともリンちゃんの方かな。

  • 光るイチョウと白穂に囲まれた光の黒船

    光るイチョウと白穂に囲まれた光の黒船

  • 手前のお化けが待ち構えるイチョウの園路を行く

    手前のお化けが待ち構えるイチョウの園路を行く

  • 園路から見下ろす光の中の黒船

    園路から見下ろす光の中の黒船

  • 3体あった笑う光のお化け

    3体あった笑う光のお化け

  • 銀色に輝く木々と光のお化け

    銀色に輝く木々と光のお化け

  • わっはっはっは

    わっはっはっは

  • SATOYAMAアート展会場のイルミネーション<br /><br />この時は、なんだか不思議な生き物のオブジェがあるなぁと思っていました。

    SATOYAMAアート展会場のイルミネーション

    この時は、なんだか不思議な生き物のオブジェがあるなぁと思っていました。

  • SATOYAMAアート展の説明<br /><br />はいぷぅハイザイ生物って何かしら、と思って見ていました。<br />実は、さきほどの園内マップのあるモーリーのフィーラドラリーのリーフレットに、「はいぷぅ」誕生秘話(!?)が、可愛いイラストとほのぼの文章で書かれてあったことに、帰宅後に気付きました。

    SATOYAMAアート展の説明

    はいぷぅハイザイ生物って何かしら、と思って見ていました。
    実は、さきほどの園内マップのあるモーリーのフィーラドラリーのリーフレットに、「はいぷぅ」誕生秘話(!?)が、可愛いイラストとほのぼの文章で書かれてあったことに、帰宅後に気付きました。

  • この中に迷子のはいぷぅはいたかなぁ~<br /><br />はいぷぅに座ったりしなければ、中に入ることはOKなようでした。<br />ざっとしか回らなかったけれど、麦藁帽子をかぶった迷子のはいぷぅはいなかったような……。

    この中に迷子のはいぷぅはいたかなぁ~

    はいぷぅに座ったりしなければ、中に入ることはOKなようでした。
    ざっとしか回らなかったけれど、麦藁帽子をかぶった迷子のはいぷぅはいなかったような……。

  • 水生植物池の脇を通る園路のイルミネーション<br /><br />奥にあるのは……。

    水生植物池の脇を通る園路のイルミネーション

    奥にあるのは……。

  • 彫刻「道標」の回りに、モーリーの行燈@

    彫刻「道標」の回りに、モーリーの行燈@

  • 太陽の女神という風情の力強い彫刻「道標」<br /><br />夜間のライトアップのため、夜の女王というかんじになっていました。

    太陽の女神という風情の力強い彫刻「道標」

    夜間のライトアップのため、夜の女王というかんじになっていました。

  • やってきた園路の光のトーテム

    やってきた園路の光のトーテム

  • 光のトーテムに導かれて進む途中で

    光のトーテムに導かれて進む途中で

  • 水性植物池に森の魔女が出現!

    水性植物池に森の魔女が出現!

  • ちょうど煙の演出があって、より神秘性が増した@

    ちょうど煙の演出があって、より神秘性が増した@

  • カエデ園脇の園路のモザイク灯籠の路<br /><br />帰りはこちらを通ることにして、やはりここは、カエデ園の中を通って行くべきでしょう。

    カエデ園脇の園路のモザイク灯籠の路

    帰りはこちらを通ることにして、やはりここは、カエデ園の中を通って行くべきでしょう。

  • カエデ園の入口の草月流空間インスタレーション

    カエデ園の入口の草月流空間インスタレーション

  • カエデ園を飾る草月流空間インスタレーションの作品タイトル<br /><br />1つ1つ丁寧にたどったわけではないので、あしからず。

    カエデ園を飾る草月流空間インスタレーションの作品タイトル

    1つ1つ丁寧にたどったわけではないので、あしからず。

  • 空間インスタレーション「Playing with年輪」と光のカエデ園<br /><br />このあたりは、カエデはまだまだ色付いていませんでした。<br />色付くのは私が北海道遠征から帰宅した週末でしょうね。<br />残念ながら撮影散策をしている余裕はないです。<br /><br />

    空間インスタレーション「Playing with年輪」と光のカエデ園

    このあたりは、カエデはまだまだ色付いていませんでした。
    色付くのは私が北海道遠征から帰宅した週末でしょうね。
    残念ながら撮影散策をしている余裕はないです。

  • 光でお化粧したほんのり紅葉の木

    光でお化粧したほんのり紅葉の木

  • 行灯のまわりに紅いチョウチョのごとく

    行灯のまわりに紅いチョウチョのごとく

  • 紅いチョウチョの合間からのぞく月

    紅いチョウチョの合間からのぞく月

  • 青光で神秘的に

    青光で神秘的に

  • 赤く赤く、神々しく

    赤く赤く、神々しく

  • 紅葉がインスタレーションにしなだれかかり<br /><br />このインスタレーションのタイトルは、たしか「キューブ」。

    紅葉がインスタレーションにしなだれかかり

    このインスタレーションのタイトルは、たしか「キューブ」。

  • カエデ園の中の光の道<br /><br />これは気に入ったので、いろんなアングルで撮影してみました。

    カエデ園の中の光の道

    これは気に入ったので、いろんなアングルで撮影してみました。

  • 一角だけ紅く染まったおしゃれな木と

    一角だけ紅く染まったおしゃれな木と

  • クロスフィルターのきらきら効果をさらに活かして

    クロスフィルターのきらきら効果をさらに活かして

  • まだ緑のイルミネーションも味わいある

    まだ緑のイルミネーションも味わいある

  • インスタレーション「キューブ」とイルミネーションの紅葉をふりかえり見る

    インスタレーション「キューブ」とイルミネーションの紅葉をふりかえり見る

  • 光の川のある森

    光の川のある森

  • イルミネーションの競演

    イルミネーションの競演

  • 月が覗いていたよ

    月が覗いていたよ

  • 地上に下りた天の川

    地上に下りた天の川

  • 天の川の上流に向かう

    天の川の上流に向かう

  • ほんのり紅混じりの光のカエデ園

    ほんのり紅混じりの光のカエデ園

  • 昼間とは別の顔を見せる森<br /><br />今回、まだ昼間の顔を見ていないですけどね。<br />見に行けるチャンスがあるか分からないですけどね。

    昼間とは別の顔を見せる森

    今回、まだ昼間の顔を見ていないですけどね。
    見に行けるチャンスがあるか分からないですけどね。

  • 休憩所の東屋の裏手がフラミンゴの池に

    休憩所の東屋の裏手がフラミンゴの池に

  • 光に導かれて、都市緑化植物園に向かう

    光に導かれて、都市緑化植物園に向かう

  • イルミネーションの紅葉<br /><br />あの木は昼間見ても、色付き始めの緑混じりの美しい紅葉が愛でられそうです。

    イルミネーションの紅葉

    あの木は昼間見ても、色付き始めの緑混じりの美しい紅葉が愛でられそうです。

  • インスタレーション「Dream」と出会う

    インスタレーション「Dream」と出会う

  • 月明かりが覗く松に惹かれて

    月明かりが覗く松に惹かれて

  • インスタレーション「Dream」のタイトル看板と

    インスタレーション「Dream」のタイトル看板と

  • 炎のようなイルミネーションの紅葉<br /><br />えだぶりが、かっこ良かったです。

    炎のようなイルミネーションの紅葉

    えだぶりが、かっこ良かったです。

  • 光の道を通って都市緑化植物園へ

    光の道を通って都市緑化植物園へ

  • 別のインスタレーションに出会う

    別のインスタレーションに出会う

  • きらきらで楽しい~!

    きらきらで楽しい~!

  • 都市緑化植物園が見えて来た@

    都市緑化植物園が見えて来た@

  • 都市緑化植物園の前庭のイルミネーション

    都市緑化植物園の前庭のイルミネーション

  • 振り返って、案内板と来た道

    振り返って、案内板と来た道

  • 都市緑化植物園の前庭のブルーの光のカーテン

    都市緑化植物園の前庭のブルーの光のカーテン

  • 前庭のお化けオブジェと

    前庭のお化けオブジェと

  • 展示棟前のフォトスポット

    展示棟前のフォトスポット

  • 展示棟の展示の一部<br /><br />展示棟では、企画展示として、カエデ展とドライフラワー展をやっているはずなので、後者でしょう。<br />展示棟はもう閉まっていたので、ドアのガラス窓から覗きました。

    展示棟の展示の一部

    展示棟では、企画展示として、カエデ展とドライフラワー展をやっているはずなので、後者でしょう。
    展示棟はもう閉まっていたので、ドアのガラス窓から覗きました。

  • 都市緑化植物園の休憩所のゴールデンツリー・その1

    都市緑化植物園の休憩所のゴールデンツリー・その1

  • 都市緑化植物園の休憩所のゴールデンツリー・その2<br /><br />近寄って見上げるさらにアングルで。

    都市緑化植物園の休憩所のゴールデンツリー・その2

    近寄って見上げるさらにアングルで。

  • 都市緑化植物園前の芝生広場のイルミネーションが最後の目的!

    都市緑化植物園前の芝生広場のイルミネーションが最後の目的!

  • 芝生広場の光の湖と海賊船・その1<br /><br />あれには乗れるのですが、時間がなかったので、外からいろんなアングルで眺めるだけにしましたが、むしろその方が私好みです。

    芝生広場の光の湖と海賊船・その1

    あれには乗れるのですが、時間がなかったので、外からいろんなアングルで眺めるだけにしましたが、むしろその方が私好みです。

  • 芝生広場の光の湖と海賊船・その2<br /><br />光の湖には、時間限定でドラゴンが出現するようです。

    芝生広場の光の湖と海賊船・その2

    光の湖には、時間限定でドラゴンが出現するようです。

  • 光の海賊船がブルーライトニングの湖を行く・その1<br /><br />海賊船には、中央口広場の黒船とは違った魅力がありました。

    光の海賊船がブルーライトニングの湖を行く・その1

    海賊船には、中央口広場の黒船とは違った魅力がありました。

  • 光の海賊船がブルーライトニングの湖を行く・その2<br /><br />時間が遅かったので、このアングルでも船に人影がない写真が狙えました。

    光の海賊船がブルーライトニングの湖を行く・その2

    時間が遅かったので、このアングルでも船に人影がない写真が狙えました。

  • 金の手すりの向こうの光の世界・その1

    金の手すりの向こうの光の世界・その1

  • 金の手すりの向こうの光の世界・その2

    金の手すりの向こうの光の世界・その2

  • 光が踊る展示棟前を後にして

    光が踊る展示棟前を後にして

  • 帰りはカエデ園脇の行灯の道を行く

    帰りはカエデ園脇の行灯の道を行く

  • クロスフィルターできらきら効果の行灯の路とカエデ園

    クロスフィルターできらきら効果の行灯の路とカエデ園

  • 幾何学的でおしゃれな行灯とライトアップのカエデに魅せられながら

    幾何学的でおしゃれな行灯とライトアップのカエデに魅せられながら

  • 名残を惜しみつつ、足早に進む

    名残を惜しみつつ、足早に進む

  • ちらちらとライトアップのカエデを眺めながら

    ちらちらとライトアップのカエデを眺めながら

  • 紅葉茶屋の手前は一層ドラマチックに

    紅葉茶屋の手前は一層ドラマチックに

  • 行灯のデザインにも注目

    行灯のデザインにも注目

  • 紅葉茶屋近くの黄金のアーチ<br /><br />これは行きはうまく撮れなかったところです。

    紅葉茶屋近くの黄金のアーチ

    これは行きはうまく撮れなかったところです。

  • 黄金のアーチと紅葉茶屋<br /><br />紅葉茶屋はもう営業終了の時間でした。

    黄金のアーチと紅葉茶屋

    紅葉茶屋はもう営業終了の時間でした。

  • 光のトーテムが並ぶ園路、再び

    光のトーテムが並ぶ園路、再び

  • 路の分かれ目の黄金の木<br /><br />帰りは、針葉樹園を回って帰ることにしました。<br />光の湖の海賊船が最後の見どころと思ったのですが、あちらのイルミネーションも間に合いました!

    路の分かれ目の黄金の木

    帰りは、針葉樹園を回って帰ることにしました。
    光の湖の海賊船が最後の見どころと思ったのですが、あちらのイルミネーションも間に合いました!

  • 定番のハートのフォトスポットだけど、撮りたくなる

    定番のハートのフォトスポットだけど、撮りたくなる

  • 光の針葉樹と光のトンネル<br /><br />やっぱりあのトンネルをくぐるでしょう。

    光の針葉樹と光のトンネル

    やっぱりあのトンネルをくぐるでしょう。

  • ひょうたんのランタンが釣り下がった光のトンネル

    ひょうたんのランタンが釣り下がった光のトンネル

  • ハロウィーンのランタンたち

    ハロウィーンのランタンたち

  • ハロウィーンが過ぎても光の中で大活躍@

    ハロウィーンが過ぎても光の中で大活躍@

  • 中央口広場の黒船に光の枝が差し掛かる

    中央口広場の黒船に光の枝が差し掛かる

  • 黒船は、いづこかに向かって出航中

    黒船は、いづこかに向かって出航中

  • 中央口広場のイルミネーションを見渡して・その1

    中央口広場のイルミネーションを見渡して・その1

  • 中央口広場のイルミネーションを見渡して・その2

    中央口広場のイルミネーションを見渡して・その2

  • 月を望む黄金のイチョウたち

    月を望む黄金のイチョウたち

  • 月がキラリと見下ろして

    月がキラリと見下ろして

  • 中央口広場のイルミネーションを見渡して・その3<br /><br />進むたびに撮ってしまいました。

    中央口広場のイルミネーションを見渡して・その3

    進むたびに撮ってしまいました。

  • 光のお化けが見送ってくれた園路

    光のお化けが見送ってくれた園路

  • 黒船に魅せられた中央口広場のイルミネーション

    黒船に魅せられた中央口広場のイルミネーション

  • 光の海を航行する黒船

    光の海を航行する黒船

  • 優雅にたゆとう光の黒船を後にする

    優雅にたゆとう光の黒船を後にする

  • おまけの写真その1:都市緑化植物園の売店<br /><br />夕食は、森林公園を出た後、鶴ヶ島駅の近くのサイゼリアに寄ろうと思っていました。<br />でも、そうすると夕食時間が22時近くなりそうだったし、牛串が美味しそうだったので、ここで軽食をとって夕食代わりにすることにしました。<br />残っていたのが牛串と唐揚げしかないと言われたのですが、私は牛串が食べたかったので、ちょうど良かったです。

    おまけの写真その1:都市緑化植物園の売店

    夕食は、森林公園を出た後、鶴ヶ島駅の近くのサイゼリアに寄ろうと思っていました。
    でも、そうすると夕食時間が22時近くなりそうだったし、牛串が美味しそうだったので、ここで軽食をとって夕食代わりにすることにしました。
    残っていたのが牛串と唐揚げしかないと言われたのですが、私は牛串が食べたかったので、ちょうど良かったです。

  • おまけの写真その2:ラストなので牛串に、唐揚げもサービスしてもらっちゃった@<br /><br />こういうところでの買い食いって、美味しく感じるものですよね。<br />いやいや、別にそうでなくても、牛も唐揚げもやわらかくておいしかったです。<br /><br />おわり。

    おまけの写真その2:ラストなので牛串に、唐揚げもサービスしてもらっちゃった@

    こういうところでの買い食いって、美味しく感じるものですよね。
    いやいや、別にそうでなくても、牛も唐揚げもやわらかくておいしかったです。

    おわり。

12いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

マイルに交換できるフォートラベルポイントがたまります。
フォートラベルポイントって?

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

東松山の人気ホテルランキング

PAGE TOP

ピックアップ特集