フュッセン 旅行記(ブログ) 一覧に戻る
10日間のドイツ旅。今回は南ドイツ・バイエルン地方を中心に4都市を訪れました。<br />憧れのロマンティック街道で「カラフル」を求めて街歩き、可愛いカフェ巡りの女ひとり旅。<br />カメラを片手に歩き回ったバイエルン地方の旅をご紹介します!<br /><br />【バイエルン旅スケジュール】<br />■ミュンヘン<br />5月15日~17日<br />■ニュルンベルク<br />5月18日~19日<br />■ローテンブルク<br />5月20日~21日<br />■フュッセン<br />5月22日~25日<br /><br />ツイッターやインスタグラムでは動画も公開中。<br />良かったら覗いてみてください♪<br />https://twitter.com/haruka_tajima/<br />https://www.instagram.com/haruka_tajima/

【バイエルン地方をめぐる写真旅】城だけではない!魅力的なフュッセンの街

35いいね!

2018/05/15 - 2018/05/26

24位(同エリア461件中)

10日間のドイツ旅。今回は南ドイツ・バイエルン地方を中心に4都市を訪れました。
憧れのロマンティック街道で「カラフル」を求めて街歩き、可愛いカフェ巡りの女ひとり旅。
カメラを片手に歩き回ったバイエルン地方の旅をご紹介します!

【バイエルン旅スケジュール】
■ミュンヘン
5月15日~17日
■ニュルンベルク
5月18日~19日
■ローテンブルク
5月20日~21日
■フュッセン
5月22日~25日

ツイッターやインスタグラムでは動画も公開中。
良かったら覗いてみてください♪
https://twitter.com/haruka_tajima/
https://www.instagram.com/haruka_tajima/

同行者
一人旅
一人あたり費用
25万円 - 30万円
交通手段
鉄道 徒歩
利用旅行会社
個別手配
旅行の満足度
5.0
観光
5.0
ホテル
5.0
グルメ
5.0
ショッピング
5.0
交通
5.0

PR

  • ローテンブルクを離れ、絵画のような田園風景を眺めながらフュッセンへと向かいます。5時間の電車移動もこんな景色が見られるのなら悪くない♪

    ローテンブルクを離れ、絵画のような田園風景を眺めながらフュッセンへと向かいます。5時間の電車移動もこんな景色が見られるのなら悪くない♪

  • フュッセンで宿泊するのは新しく出来たばかりのHotel Füssen。

    フュッセンで宿泊するのは新しく出来たばかりのHotel Füssen。

  • 今回宿泊したホテルの中で一番シーツの肌触りが良くて、気持ちよく熟睡できたベッドでした。

    今回宿泊したホテルの中で一番シーツの肌触りが良くて、気持ちよく熟睡できたベッドでした。

  • まだ新しいこともあってピカピカのバスルーム。

    まだ新しいこともあってピカピカのバスルーム。

  • 部屋から見えるのは可愛い町並み。<br />目の前にあるStadt Apothekeという薬局の外観が可愛い♪

    部屋から見えるのは可愛い町並み。
    目の前にあるStadt Apothekeという薬局の外観が可愛い♪

  • 【フュッセン観光 DAY1】<br />まずはMuseum der Stadt Fussen(フュッセン市博物館)へ。<br />もともとは8世紀に最初の修道院が建てられ、その後改築が進められて18世紀に今の姿になりました。

    【フュッセン観光 DAY1】
    まずはMuseum der Stadt Fussen(フュッセン市博物館)へ。
    もともとは8世紀に最初の修道院が建てられ、その後改築が進められて18世紀に今の姿になりました。

    フュッセン市博物館 博物館・美術館・ギャラリー

  • フュッセンで生まれた古い楽器などもたくさん展示されているこの博物館ですが、最も見たかった場所は…この美しすぎる図書室。吹き抜けの空間と色合いが魅力的。

    フュッセンで生まれた古い楽器などもたくさん展示されているこの博物館ですが、最も見たかった場所は…この美しすぎる図書室。吹き抜けの空間と色合いが魅力的。

    フュッセン市博物館 博物館・美術館・ギャラリー

  • 博物館の窓からの眺めもすごく綺麗!

    博物館の窓からの眺めもすごく綺麗!

    フュッセン市博物館 博物館・美術館・ギャラリー

  • 1901年創業の老舗カフェである「Stadt Cafe(シュタットカフェ)」<br />目抜き通りのライヒェン通り沿いにあります。

    1901年創業の老舗カフェである「Stadt Cafe(シュタットカフェ)」
    目抜き通りのライヒェン通り沿いにあります。

  • 2階のカフェでティータイム。<br /><br />急に豪雨が降ってきたのでしばらく雨宿り!山の天気は変わりやすいと言いますが、フュッセンも山の麓にある街だからか雨が降ったり止んだりしていました。

    2階のカフェでティータイム。

    急に豪雨が降ってきたのでしばらく雨宿り!山の天気は変わりやすいと言いますが、フュッセンも山の麓にある街だからか雨が降ったり止んだりしていました。

  • 雨が止んだので待望のフュッセン街歩き。

    雨が止んだので待望のフュッセン街歩き。

  • パステルカラーのカラフルな建物が立ち並んでいます。

    パステルカラーのカラフルな建物が立ち並んでいます。

  • ノイシュヴァンシュタイン城だけを見にミュンヘンから日帰りで訪れる人が結構多いのですが、こんなにも可愛い町並みがあるのです♪

    ノイシュヴァンシュタイン城だけを見にミュンヘンから日帰りで訪れる人が結構多いのですが、こんなにも可愛い町並みがあるのです♪

  • フュッセン観光局の方々とご挨拶も兼ねたディナー。<br />バイエルン料理を食べられるおすすめのレストランに連れてきていただきました!

    フュッセン観光局の方々とご挨拶も兼ねたディナー。
    バイエルン料理を食べられるおすすめのレストランに連れてきていただきました!

    Altstadt-Hotel Zum Hechten ホテル

  • ドイツ料理らしいポテト&お肉の組み合わせ。<br />フュッセン周辺では牧草地で牛が放牧されているため、他の都市よりも美味しいお肉が食べられると言われているそう。

    ドイツ料理らしいポテト&お肉の組み合わせ。
    フュッセン周辺では牧草地で牛が放牧されているため、他の都市よりも美味しいお肉が食べられると言われているそう。

    Altstadt-Hotel Zum Hechten ホテル

  • 【フュッセン観光 DAY2】<br />この日は朝一番でノイシュヴァンシュタイン城へ向かいます。<br />フュッセン駅からは73番のバスでホーエンシュヴァンガウ下車。

    【フュッセン観光 DAY2】
    この日は朝一番でノイシュヴァンシュタイン城へ向かいます。
    フュッセン駅からは73番のバスでホーエンシュヴァンガウ下車。

    フュッセン駅

  • ノイシュヴァンシュタイン城の入場にはチケットが必要。<br />チケットセンターは混み合うのでネットで事前予約をしておくのがベターです◎

    ノイシュヴァンシュタイン城の入場にはチケットが必要。
    チケットセンターは混み合うのでネットで事前予約をしておくのがベターです◎

  • マリエン橋へ行くにはホテルミュラーの近くから出ているバスか馬車で。<br />馬車は人気で待っている人がたくさんいたので今回はバスで行くことに。

    マリエン橋へ行くにはホテルミュラーの近くから出ているバスか馬車で。
    馬車は人気で待っている人がたくさんいたので今回はバスで行くことに。

  • ノイシュヴァンシュタイン城の全景を見るためにマリエン橋にやってきました!<br />常に人が多くて少し揺れるのが怖い(笑)

    ノイシュヴァンシュタイン城の全景を見るためにマリエン橋にやってきました!
    常に人が多くて少し揺れるのが怖い(笑)

    マリエン橋 建造物

  • 橋からの美しい全景。<br />ノイシュヴァンシュタイン城を綺麗に見たいならやっぱりマリエン橋がベスト。

    橋からの美しい全景。
    ノイシュヴァンシュタイン城を綺麗に見たいならやっぱりマリエン橋がベスト。

    マリエン橋 建造物

  • ノイシュヴァンシュタイン城は19歳での一人旅以来、7年ぶりの訪問。時間が経ってまた同じ場所を訪れるのも良いものです。

    ノイシュヴァンシュタイン城は19歳での一人旅以来、7年ぶりの訪問。時間が経ってまた同じ場所を訪れるのも良いものです。

    マリエン橋 建造物

  • マリエン橋から歩いてノイシュヴァンシュタイン城へ。<br />チケットに書かれている時間までに城のエントランスにいるようにしましょう!

    マリエン橋から歩いてノイシュヴァンシュタイン城へ。
    チケットに書かれている時間までに城のエントランスにいるようにしましょう!

    ノイシュヴァンシュタイン城 城・宮殿

  • 時間と番号がエントランスの電光掲示板に表示されているので、自分の番号が表示されたらチケットが有効になり入場できます。

    時間と番号がエントランスの電光掲示板に表示されているので、自分の番号が表示されたらチケットが有効になり入場できます。

    ノイシュヴァンシュタイン城 城・宮殿

  • 城内は撮影不可なので写真はありませんが、ノイシュヴァンシュタイン城のバルコニーから見える景色の撮影はOK。<br />ホーエンシュヴァンガウ城とアルプ湖、シュヴァン湖。ルートヴィッヒ2世はこの美しい景色をここから眺めていたのかな…。

    城内は撮影不可なので写真はありませんが、ノイシュヴァンシュタイン城のバルコニーから見える景色の撮影はOK。
    ホーエンシュヴァンガウ城とアルプ湖、シュヴァン湖。ルートヴィッヒ2世はこの美しい景色をここから眺めていたのかな…。

    ノイシュヴァンシュタイン城 城・宮殿

  • 城内のカフェも素敵だったのでランチ&休憩をすることに。

    城内のカフェも素敵だったのでランチ&休憩をすることに。

    ノイシュヴァンシュタイン城 城・宮殿

  • ただ眺めていた昔とはまた少し違って、今度はしっかり歴史を踏まえて城内を楽しむことができました。

    ただ眺めていた昔とはまた少し違って、今度はしっかり歴史を踏まえて城内を楽しむことができました。

    ノイシュヴァンシュタイン城 城・宮殿

  • フュッセン駅からホーエンシュヴァンガウまで乗ったものと同じ73番のバスでテーゲルベルク山にやって来ました!ロープウェイで頂上まで上ります。

    フュッセン駅からホーエンシュヴァンガウまで乗ったものと同じ73番のバスでテーゲルベルク山にやって来ました!ロープウェイで頂上まで上ります。

    テーゲルベルク山 山・渓谷

  • 山頂から見えるのはシュヴァンガウの街。

    山頂から見えるのはシュヴァンガウの街。

    テーゲルベルク山 山・渓谷

  • 標高1720メートルのテーゲルベルク山の山頂はハイキングコースになっています。

    標高1720メートルのテーゲルベルク山の山頂はハイキングコースになっています。

    テーゲルベルク山 山・渓谷

  • 78番のバスでフュッセンの街まで戻って来ました。<br /><br />ホテルの目の前にあるアイスクリームショップ「Eiscafé Hohes Schloss」

    78番のバスでフュッセンの街まで戻って来ました。

    ホテルの目の前にあるアイスクリームショップ「Eiscafé Hohes Schloss」

  • 外観が可愛いので入ってみたら店内もピンクを基調としていて可愛い!

    外観が可愛いので入ってみたら店内もピンクを基調としていて可愛い!

  • テラス席には小さな庭園も。

    テラス席には小さな庭園も。

  • そんな庭園を眺めながら美味しそうなアイスクリームパフェをいただきます♪

    そんな庭園を眺めながら美味しそうなアイスクリームパフェをいただきます♪

  • ライヒェン通りにあるHotel Sonne Füssen(ホテルゾンネ)を撮影させていただきました。

    ライヒェン通りにあるHotel Sonne Füssen(ホテルゾンネ)を撮影させていただきました。

    ホテル ゾンネ ホテル

    ロマンティックルームがおすすめby TAJIHARUさん
  • 色々なコンセプトのお部屋があるのですが、一番見たかったロマンティックルームへ。

    色々なコンセプトのお部屋があるのですが、一番見たかったロマンティックルームへ。

    ホテル ゾンネ ホテル

    ロマンティックルームがおすすめby TAJIHARUさん
  • 天蓋付きのベッドに素敵なソファ。ロマンティックルームという名前にぴったりのインテリア。

    天蓋付きのベッドに素敵なソファ。ロマンティックルームという名前にぴったりのインテリア。

    ホテル ゾンネ ホテル

    ロマンティックルームがおすすめby TAJIHARUさん
  • 【フュッセン観光 DAY3】<br />レヒ川沿いを歩いて中心部から少し離れた観光スポットへ。

    【フュッセン観光 DAY3】
    レヒ川沿いを歩いて中心部から少し離れた観光スポットへ。

  • まずやって来たのはBaumkronenweg(バウムクローネンヴェーク)。森の中に包まれた木道があり、ドイツからオーストリアへと徒歩で渡ることができます。

    まずやって来たのはBaumkronenweg(バウムクローネンヴェーク)。森の中に包まれた木道があり、ドイツからオーストリアへと徒歩で渡ることができます。

  • 地面からは約20mの高さにある道なので眺めも抜群!

    地面からは約20mの高さにある道なので眺めも抜群!

  • 森林浴を楽しみながら国境越えができちゃいます。

    森林浴を楽しみながら国境越えができちゃいます。

  • 国境に立ってみました!左半身(青)はドイツ、右半身(赤)はオーストリア。2カ国に同時入国!<br />ヨーロッパに住む人からしたら徒歩での国境越えなんてどうってことないのだろうけど、島国の日本人だからこういう体験は凄く貴重。

    国境に立ってみました!左半身(青)はドイツ、右半身(赤)はオーストリア。2カ国に同時入国!
    ヨーロッパに住む人からしたら徒歩での国境越えなんてどうってことないのだろうけど、島国の日本人だからこういう体験は凄く貴重。

  • バウムクローネンヴェークから街に戻る途中、レヒ川沿いに架かっていた橋からレヒ滝が見えました。

    バウムクローネンヴェークから街に戻る途中、レヒ川沿いに架かっていた橋からレヒ滝が見えました。

    レヒ川 滝・河川・湖

  • 橋の目の前にあった「Steakhaus Füssen &amp; Tapas Bar」でランチ。

    橋の目の前にあった「Steakhaus Füssen & Tapas Bar」でランチ。

  • ステーキハウスなだけあり柔らかくてしっかりとしたお肉。焼き加減も細かく指定できてサービスも抜群でした。

    ステーキハウスなだけあり柔らかくてしっかりとしたお肉。焼き加減も細かく指定できてサービスも抜群でした。

  • そしてフュッセンの中心に戻り、気になっていたチーズ専門店「Füssener Käseglocke」に来ました。

    そしてフュッセンの中心に戻り、気になっていたチーズ専門店「Füssener Käseglocke」に来ました。

  • 実はフュッセンはチーズが有名。アルプスの山の麓で作られるチーズ、Bergkäseという美味しいチーズに出会えます。<br />おすすめはハーブのチーズ。試食をしながらお土産探しを楽しみました♪

    実はフュッセンはチーズが有名。アルプスの山の麓で作られるチーズ、Bergkäseという美味しいチーズに出会えます。
    おすすめはハーブのチーズ。試食をしながらお土産探しを楽しみました♪

  • 搾りたての濃厚なバターミルクは1.5ユーロ。

    搾りたての濃厚なバターミルクは1.5ユーロ。

  • ドイツ旅最後のディナーは「Hotel Hirsch(ホテルヒルシュ)」にて。

    ドイツ旅最後のディナーは「Hotel Hirsch(ホテルヒルシュ)」にて。

    ホテル ヒルシュ ホテル

  • 最後のディナーなので、悔いのないようホワイトアスパラガスを食べておこうとスープをオーダー。

    最後のディナーなので、悔いのないようホワイトアスパラガスを食べておこうとスープをオーダー。

    ホテル ヒルシュ ホテル

  • こちらはチーズとグリーンアスパラガスのリゾット。アスパラガスづくしで旬の味覚を満喫できました♪

    こちらはチーズとグリーンアスパラガスのリゾット。アスパラガスづくしで旬の味覚を満喫できました♪

    ホテル ヒルシュ ホテル

  • レストランからの帰り道。<br />夕暮れ時で少しずつライトアップされてきたフュッセンも良い雰囲気。

    レストランからの帰り道。
    夕暮れ時で少しずつライトアップされてきたフュッセンも良い雰囲気。

  • とうとう最後の朝を迎えました。<br />フュッセン駅からミュンヘン中央駅まではREで約2時間。

    とうとう最後の朝を迎えました。
    フュッセン駅からミュンヘン中央駅まではREで約2時間。

    フュッセン駅

  • ミュンヘン国際l空港に到着。正式名称はフランツ・ヨーゼフ・シュトラウス空港。<br />空港内にビアガーデンもあるのがドイツならでは。

    ミュンヘン国際l空港に到着。正式名称はフランツ・ヨーゼフ・シュトラウス空港。
    空港内にビアガーデンもあるのがドイツならでは。

    フランツ ヨーゼフ シュトラウス国際空港 (MUC) 空港

  • さすがドイツの空港。ルフトハンザの機体がたくさん!<br /><br />ルフトハンザLH716便にて東京に帰ります。<br />長いようであっという間だったドイツの旅もおしまい。<br />バイエルン地方の景色、グルメを堪能し、充実した10日間になりました♪

    さすがドイツの空港。ルフトハンザの機体がたくさん!

    ルフトハンザLH716便にて東京に帰ります。
    長いようであっという間だったドイツの旅もおしまい。
    バイエルン地方の景色、グルメを堪能し、充実した10日間になりました♪

    フランツ ヨーゼフ シュトラウス国際空港 (MUC) 空港

35いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

この旅行記へのコメント (2)

開く

閉じる

  • nobbyさん 2018/07/16 17:59:23
    Fussen 素敵な街ですね~
    こんにちは
    二回目のコメントです。
    ノイ城に行くためにスルーする予定の街でしたが、Tajiharuさんの旅行記を拝見して
    少しだけですが時間をとって散策することにしました。
    9時半にノイ城に入って見学後、13時5分発の列車でニュルンベルグに向かう予定です。
    ですんで・・・一時間程度でおすすめのコースなどありましたらお教え下さい。 
    気が向いたら・・・でいいです。

    nobby
  • nichiさん 2018/06/26 17:07:36
    素敵な旅行記ですね。
    はじめまして。
    50代後半の私と50代半ばの家内のツガイでございます。
    転勤でヨーロッパを転々としていたことがあります。ミュンヘンとウイーンにも1年づつ滞在したことがあり、懐かしく旅行記を拝見いたしました。

    捉え方、着眼点、写真の撮り方、皆お洒落な旅行記ですね。
    フォローさせて頂きました。
    これからも宜しくお願い申し上げます。

TAJIHARUさんのトラベラーページ

ドイツで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
ドイツ最安 120円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

ドイツの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

フュッセン(ドイツ) で人気のタグ

この旅行記の地図

拡大する

PAGE TOP

ピックアップ特集