ベルン旅行記(ブログ) 一覧に戻る
1月に入籍、挙式を行った妻と、新婚旅行へ行ってきました☆<br /><br />行き先は妻と話し合いの上、私の希望していたヨーロッパへ決定。<br />様々な旅行会社のツアーを比較した結果、阪急旅行社のツアーに申し込みをしました。<br /><br />9日間の行程で、フランス、スイス、リヒテンシュタイン、ドイツの4か国を観光するコース。<br />パリ、モン・サン・ミッシェル、マッターホルン、ノイシュバンシュタイン城など、ヨーロッパの有名観光地をまとめて巡る贅沢な行程です。<br />ツアーの詳細は下記をご覧ください。<br /><br />【デラックスVIPバス利用】<br />日本航空(JAL)国際線往復直行便利用!<br />(羽田→パリ、フランクフルト→成田)新スペシャルヨーロッパ9日間<br />http://www.hankyu-travel.com/tour/detail_i.php?p_course_id=E757JA&amp;p_hei=10<br /><br />ツアー参加者は、夫婦での参加者や、親子での参加者など、計29名。<br />新婚旅行での参加者は私たちだけでしたが、他の参加者さんにも優しくしていただき、素敵な添乗員さんにも恵まれ、楽しく9日間の行程を過ごすことができました。<br /><br />この旅行の記録は、17冊に分けてまとめています。<br />(下記行程の◆が、本旅行記の該当部分です。)<br /><br />《1日目》<br />【フランス】<br /> ◇羽田(HND)→→→パリ(Paris)シャルル・ド・ゴール(CDG)<br /> ◇ロワシー(Roissy)(泊)<br /><br />《2日目》<br />【フランス】<br /> ◇ヴェルサイユ宮殿(Chateau de Versailles)<br /> ◇セーヌ川クルーズ(La Seine)<br /> ◇エッフェル塔(Tour Eiffel)<br /> ◇シャイヨー宮(Palais de Chaillot)<br /> ◇サクレ・クール寺院(Basilique de Sacre Coeur)<br /> ◇モンマルトルの丘(Montmartre)<br /> ◇ロワシー(Roissy)(泊)<br /><br />《3日目》<br />【フランス】<br /> ◇凱旋門(Arc de Triomphe)※車窓観光<br /> ◇シャンゼリゼ通り(Av. des Champs Elysees)※車窓観光<br /> ◇コンコルド広場(Place de la Concorde)※車窓観光<br />   ◇ノートルダム大聖堂(Cathedrale Notre Dame de Paris)※車窓観光<br /> ◇ルーヴル美術館(Musee du Louvre)<br /> ◇モン・サン・ミッシェル(Le Mont Saint Michel)<br /> ◇モン・サン・ミッシェル(Le Mont Saint Michel)(泊)<br /><br />《4日目》<br />【フランス】<br /> ◇モン・サン・ミッシェル(Le Mont Saint Michel)<br /> ◇パリ市内(Paris)<br /> ◇トアリー(Thoiry)(泊)<br /><br />《5日目》<br />【スイス】<br /> ◇ジュネーヴ(Geneve)<br /> ◇レマン湖(Lac Leman)<br /> ◇ラヴォー地区(Lavaux)<br /> ◇ツェルマット(Zermatt)<br /> ◇ゴルナーグラート鉄道(Gornergratbahn)<br /> ◇ゴルナーグラート展望台(Gornergrat)<br /> ◇マッターホルン(Matterhorn)<br /> ◇ベルン旧市街(Bern)<br /> ◇ベルン(Bern)(泊)<br /><br />《6日目》<br />【スイス】<br /> ◆ベルン旧市街(Bern)<br /> ◇インターラーケン(Interlaken)<br /> ◇ハーダークルム展望台(Harder Kulm)<br />【リヒテンシュタイン】<br /> ◇ファドーツ(Vaduz)<br />【オーストリア】<br /> ◇フォアアールベルク地方(Vorarlberg)<br />【ドイツ】<br /> ◇ホーエンシュバンガウ(Hohenschwangau)(泊)<br /><br />《7日目》<br />【ドイツ】<br /> ◇ノイシュバンシュタイン城(Schloss Neuschwanstein)<br /> ◇ヴィース巡礼教会(Wieskirche)<br /> ◇ローテンブルク(Rothenburg ob der Tauber)<br /> ◇ローテンブルク(Rothenburg ob der Tauber)(泊)<br /><br />《8日目・9日目》<br />【ドイツ】<br /> ◇ローテンブルク(Rothenburg ob der Tauber)<br /> ◇ハイデルベルク(Heidelberg)<br /> ◇フランクフルト(Frankfurt)(FRA)→→→成田(NRT)

ヨーロッパ新婚旅行(その11)《ベルン(昼間)編》

25いいね!

2018/05/26 - 2018/06/03

72位(同エリア483件中)

0

80

くらげ

くらげさん

1月に入籍、挙式を行った妻と、新婚旅行へ行ってきました☆

行き先は妻と話し合いの上、私の希望していたヨーロッパへ決定。
様々な旅行会社のツアーを比較した結果、阪急旅行社のツアーに申し込みをしました。

9日間の行程で、フランス、スイス、リヒテンシュタイン、ドイツの4か国を観光するコース。
パリ、モン・サン・ミッシェル、マッターホルン、ノイシュバンシュタイン城など、ヨーロッパの有名観光地をまとめて巡る贅沢な行程です。
ツアーの詳細は下記をご覧ください。

【デラックスVIPバス利用】
日本航空(JAL)国際線往復直行便利用!
(羽田→パリ、フランクフルト→成田)新スペシャルヨーロッパ9日間
http://www.hankyu-travel.com/tour/detail_i.php?p_course_id=E757JA&p_hei=10

ツアー参加者は、夫婦での参加者や、親子での参加者など、計29名。
新婚旅行での参加者は私たちだけでしたが、他の参加者さんにも優しくしていただき、素敵な添乗員さんにも恵まれ、楽しく9日間の行程を過ごすことができました。

この旅行の記録は、17冊に分けてまとめています。
(下記行程の◆が、本旅行記の該当部分です。)

《1日目》
【フランス】
 ◇羽田(HND)→→→パリ(Paris)シャルル・ド・ゴール(CDG)
 ◇ロワシー(Roissy)(泊)

《2日目》
【フランス】
 ◇ヴェルサイユ宮殿(Chateau de Versailles)
 ◇セーヌ川クルーズ(La Seine)
 ◇エッフェル塔(Tour Eiffel)
 ◇シャイヨー宮(Palais de Chaillot)
 ◇サクレ・クール寺院(Basilique de Sacre Coeur)
 ◇モンマルトルの丘(Montmartre)
 ◇ロワシー(Roissy)(泊)

《3日目》
【フランス】
 ◇凱旋門(Arc de Triomphe)※車窓観光
 ◇シャンゼリゼ通り(Av. des Champs Elysees)※車窓観光
 ◇コンコルド広場(Place de la Concorde)※車窓観光
◇ノートルダム大聖堂(Cathedrale Notre Dame de Paris)※車窓観光
 ◇ルーヴル美術館(Musee du Louvre)
 ◇モン・サン・ミッシェル(Le Mont Saint Michel)
 ◇モン・サン・ミッシェル(Le Mont Saint Michel)(泊)

《4日目》
【フランス】
 ◇モン・サン・ミッシェル(Le Mont Saint Michel)
 ◇パリ市内(Paris)
 ◇トアリー(Thoiry)(泊)

《5日目》
【スイス】
 ◇ジュネーヴ(Geneve)
 ◇レマン湖(Lac Leman)
 ◇ラヴォー地区(Lavaux)
 ◇ツェルマット(Zermatt)
 ◇ゴルナーグラート鉄道(Gornergratbahn)
 ◇ゴルナーグラート展望台(Gornergrat)
 ◇マッターホルン(Matterhorn)
 ◇ベルン旧市街(Bern)
 ◇ベルン(Bern)(泊)

《6日目》
【スイス】
 ◆ベルン旧市街(Bern)
 ◇インターラーケン(Interlaken)
 ◇ハーダークルム展望台(Harder Kulm)
【リヒテンシュタイン】
 ◇ファドーツ(Vaduz)
【オーストリア】
 ◇フォアアールベルク地方(Vorarlberg)
【ドイツ】
 ◇ホーエンシュバンガウ(Hohenschwangau)(泊)

《7日目》
【ドイツ】
 ◇ノイシュバンシュタイン城(Schloss Neuschwanstein)
 ◇ヴィース巡礼教会(Wieskirche)
 ◇ローテンブルク(Rothenburg ob der Tauber)
 ◇ローテンブルク(Rothenburg ob der Tauber)(泊)

《8日目・9日目》
【ドイツ】
 ◇ローテンブルク(Rothenburg ob der Tauber)
 ◇ハイデルベルク(Heidelberg)
 ◇フランクフルト(Frankfurt)(FRA)→→→成田(NRT)

旅行の満足度
5.0
同行者
カップル・夫婦
一人あたり費用
30万円 - 50万円
交通手段
鉄道 観光バス 徒歩
航空会社
JAL
利用旅行会社
阪急交通社

PR

  • 新婚旅行6日目、ベルンからのスタートです。<br />ホテルのレストランで、朝食をいただきます。

    新婚旅行6日目、ベルンからのスタートです。
    ホテルのレストランで、朝食をいただきます。

    ホテル アレグロ ベルン ホテル

  • ホテル1階のオシャレなレストラン。

    ホテル1階のオシャレなレストラン。

  • ベルン旧市街の近く、ホテルアレグロに宿泊。<br />ホテルは最上階まで吹き抜けで、とても開放的な造りです。

    ベルン旧市街の近く、ホテルアレグロに宿泊。
    ホテルは最上階まで吹き抜けで、とても開放的な造りです。

  • エレベーターもガラス筒抜けで、とても近代的。

    エレベーターもガラス筒抜けで、とても近代的。

  • 部屋に戻って、チェックアウトの準備。

    部屋に戻って、チェックアウトの準備。

  • 外は朝から青空。<br />今日も傘は必要なさそうです。

    外は朝から青空。
    今日も傘は必要なさそうです。

  • 荷物をまとめて、部屋を後に。<br />1階ロビーに集合です。

    荷物をまとめて、部屋を後に。
    1階ロビーに集合です。

  • 1階玄関付近には、かわいらしい犬のオブジェ。

    1階玄関付近には、かわいらしい犬のオブジェ。

  • ホテルを出発。<br />バスに荷物を積み込んでから、徒歩でベルン旧市街散策へ出発。

    ホテルを出発。
    バスに荷物を積み込んでから、徒歩でベルン旧市街散策へ出発。

  • ホテルからベルン市街までは、歩いてすぐ。

    ホテルからベルン市街までは、歩いてすぐ。

  • バスや路面電車もオシャレ。

    バスや路面電車もオシャレ。

  • コルンハウス橋を渡って、ベルン旧市街に突入。

    コルンハウス橋を渡って、ベルン旧市街に突入。

  • 下を流れるアーレ川は、透き通るようなエメラルドグリーン。

    下を流れるアーレ川は、透き通るようなエメラルドグリーン。

  • トラムがやってきました。

    トラムがやってきました。

  • アーレ川を渡って、いよいよ旧市街へ。

    アーレ川を渡って、いよいよ旧市街へ。

  • まず右手に見えてきたのは、市立劇場。

    まず右手に見えてきたのは、市立劇場。

    ベルン旧市街 旧市街・古い町並み

  • ベルンは人口約13万人。<br />スイスの首都になっています。

    ベルンは人口約13万人。
    スイスの首都になっています。

  • 旧市街には個性的な噴水が、あちこちに点在しています。

    旧市街には個性的な噴水が、あちこちに点在しています。

  • 時計塔は、毎時正4分前には、カスパー・ブルンナーによる天文時計とからくり人形が動き出す仕掛けがあります。

    時計塔は、毎時正4分前には、カスパー・ブルンナーによる天文時計とからくり人形が動き出す仕掛けがあります。

    時計塔 建造物

  • 熊の行進が時を刻みます。

    熊の行進が時を刻みます。

  • 石造りのアーケードは、約6kmにわたって連なっています。

    石造りのアーケードは、約6kmにわたって連なっています。

  • 東西に連なる、クラム通り。

    東西に連なる、クラム通り。

    クラム通り 散歩・街歩き

  • クラム通りには、ツェーリンゲンの噴水やサムソンの噴水などがあります。

    クラム通りには、ツェーリンゲンの噴水やサムソンの噴水などがあります。

  • 界隈にはかわいらしいお店もたくさん。

    界隈にはかわいらしいお店もたくさん。

  • スイスらしい雑貨屋さんもありました。

    スイスらしい雑貨屋さんもありました。

  • クラム通りをさらに東へ。

    クラム通りをさらに東へ。

  • アインシュタインの実家。

    アインシュタインの実家。

    アインシュタインの家 博物館・美術館・ギャラリー

  • クラム通り沿いの一角、分かりにくいところにあります。

    クラム通り沿いの一角、分かりにくいところにあります。

  • クラム通りをいったん後にします。

    クラム通りをいったん後にします。

  • 大聖堂に到着。<br />1893年に完成した、スイス一の高さを誇る尖塔をもつ大聖堂。

    大聖堂に到着。
    1893年に完成した、スイス一の高さを誇る尖塔をもつ大聖堂。

    大聖堂 (ベルン) 寺院・教会

  • 大聖堂の前にあるのは、モーゼの噴水。

    大聖堂の前にあるのは、モーゼの噴水。

  • おしゃれな噴水は、どれもベルンのシンボル。

    おしゃれな噴水は、どれもベルンのシンボル。

  • 大聖堂正面入口の上部にあるのは、エルハルト・キュング作の「最後の審判」。

    大聖堂正面入口の上部にあるのは、エルハルト・キュング作の「最後の審判」。

  • 通りにはスイスの国旗などが掲げられています。

    通りにはスイスの国旗などが掲げられています。

  • 大聖堂の前にある、石造りの広場。

    大聖堂の前にある、石造りの広場。

  • 大聖堂の裏手にあるのは、ミュンスター広場。

    大聖堂の裏手にあるのは、ミュンスター広場。

  • アーレ川やキルフェンフェルト橋が一望できます。

    アーレ川やキルフェンフェルト橋が一望できます。

  • 意外と流れの速いアーレ川の流れ。

    意外と流れの速いアーレ川の流れ。

  • 大聖堂をバックに、妻も写真撮影に夢中。

    大聖堂をバックに、妻も写真撮影に夢中。

  • 珍しく集中しています(笑)

    珍しく集中しています(笑)

  • ミュンスター広場で一度解散、自由行動。<br />再び大聖堂前に戻ってきました。

    ミュンスター広場で一度解散、自由行動。
    再び大聖堂前に戻ってきました。

  • 各家庭の間地には、赤い花が。

    各家庭の間地には、赤い花が。

  • 壁に掲げられている旗もかわいらしい。

    壁に掲げられている旗もかわいらしい。

  • 昔ながらの街並みが残っています。

    昔ながらの街並みが残っています。

  • 大聖堂の後ろ側へ回ってきました。

    大聖堂の後ろ側へ回ってきました。

  • 再びクラム通りへ。

    再びクラム通りへ。

    クラム通り 散歩・街歩き

  • 兵士の噴水の前まで歩いてきました。

    兵士の噴水の前まで歩いてきました。

  • 兵士の噴水の向かいには、市庁舎や教会があります。

    兵士の噴水の向かいには、市庁舎や教会があります。

  • ベルンのシンボルのひとつの教会。

    ベルンのシンボルのひとつの教会。

  • そろそろ集合場所に向けて移動開始。

    そろそろ集合場所に向けて移動開始。

  • クラム通りをいちばん東まで歩いていきます。

    クラム通りをいちばん東まで歩いていきます。

  • 赤い三角屋根がかわいらしい街並みです。

    赤い三角屋根がかわいらしい街並みです。

  • ニーデック橋から。

    ニーデック橋から。

    ニーデック橋 建造物

  • 橋の上からはベルンの街並みが一望できます。

    橋の上からはベルンの街並みが一望できます。

  • ニーデック橋を横から撮影。

    ニーデック橋を横から撮影。

  • ベルンの名前の由来は、熊から来ています。

    ベルンの名前の由来は、熊から来ています。

  • 熊公園には、ベルンのシンボルの熊が飼育されています。

    熊公園には、ベルンのシンボルの熊が飼育されています。

  • 続いて、高台にあるバラ公園へ。

    続いて、高台にあるバラ公園へ。

    バラ公園 広場・公園

  • バラ公園からは、ベルンの街並みが一望できます。

    バラ公園からは、ベルンの街並みが一望できます。

  • バラ公園には約200種のバラが咲き誇ります。

    バラ公園には約200種のバラが咲き誇ります。

  • きれいに整備された、入場無料の公園です。

    きれいに整備された、入場無料の公園です。

  • 美しい世界遺産の町ベルンを後にし、インターラーケンへ向かいます。

    美しい世界遺産の町ベルンを後にし、インターラーケンへ向かいます。

25いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

くらげさんの関連旅行記

くらげさんの旅行記一覧

この旅行で行ったホテル

この旅行で行ったスポット

旅の計画・記録

マイルに交換できるフォートラベルポイントが貯まる
フォートラベルポイントって?

スイスで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
スイス最安 600円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

スイスの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

PAGE TOP

ピックアップ特集