イスタンブール 旅行記(ブログ) 一覧に戻る
6月1日にグルジアのトビリシからイスタンブールに移動し、1日と2日はイスタンブールの街を観光した。イスタンブールは2度目なので、前回見たトプカピ宮殿、アヤソフィア、グランドバザールはスキップし、1日はブルーモスクと地下宮殿、2日は、ドルマバフチェ宮殿からはじまって、スュレイマニエ・ジャーミー等のモスク、それからフェリーに乗って初めてアジア側のユスキュダルに足を踏み入れた。ユスキュダルは、江利チエミの「ウスクダラ」という曲で名前も歌もメロディーもよく知っていたので、今回何としても行こうとしたもの。しっかり、ウスクダラの歌を口ずさみながら、フェリーの旅を楽しんだ。<br /><br />ヨーロッパ側に戻ってから、これまた初めて新市街のイステイクラール通りを経て、タクシム広場まで行くことにした。世界一短い地下鉄(2分の区間のみ)に乗って、途中まで上がり、新市街を走る路面電車に乗ろうとしてビックリ。何と電車は運休中で車両も全く見当たらない代わりに、歩行者天国のように物凄い数の人々が道路を埋め尽くしていた。何の事情も知らないまま、タクシム広場の方に向かうと、旗を掲げたり、プラカードを持ったり、デモ行進をやっている印象であった。<br /><br />はじめは、日曜なので、単なるお決まりのデモ行進でもやっているのかなと思いきや、広場に近づくとお店のガラスが割られたり、イタズラ書きがされていたり、建物が占拠されていたりして、異様な雰囲気を感じはじめた。その辺のお店の人に訊いたら、エルドアン首相の圧政に対する民衆による反対デモで、もう3日も続いているという。タクシム広場に着くと、広場も回りの建物も一般市民に占拠されていて、建物の屋上で旗を振ったり、アジ演説が行われたり、殺気立ったものすごい光景を目の当たりにした。<br /><br />ホテルに戻ってインターネットでニュースを見たら、日本のメディアでも大きく取り上げられていたので、これまたビックリ。ニュースによるとタクシム広場でデモ隊と治安部隊の衝突があって、相当数のけが人が出たり、この反政府デモは、全国に広がっているようである。何の事前情報もなく、観光気分でそのまま反政府デモのど真ん中に入り込んでしまったようである。しかし、異様な雰囲気ではあったものの、歩いていて身の危険を感じるようなことは全くなかった。<br /><br />一方、イスタンブ&#8722;ルは、観光地としては、物凄い魅力がある。華々しいトルコの歴史、由緒あるモスクがイスラム世界を彷彿、ヨーロッパとアジアのまさに架け橋なので、一種独特のエキゾチックに雰囲気に溢れ、世界中からたくさんの観光客が訪れている。反政府デモで地元の民衆が集まっていたが、観光客も街に溢れかえっていた。たった2日だけだが、その活気に圧倒された感じである。トルコの光と影の両方を同時に見た感じである。<br /><br />写真は、タクシム広場の反政府デモの模様

トルコ(イスタンブール)の光と影

3いいね!

2013/06/01 - 2013/06/03

2584位(同エリア3713件中)

浪漫飛行

浪漫飛行さん

6月1日にグルジアのトビリシからイスタンブールに移動し、1日と2日はイスタンブールの街を観光した。イスタンブールは2度目なので、前回見たトプカピ宮殿、アヤソフィア、グランドバザールはスキップし、1日はブルーモスクと地下宮殿、2日は、ドルマバフチェ宮殿からはじまって、スュレイマニエ・ジャーミー等のモスク、それからフェリーに乗って初めてアジア側のユスキュダルに足を踏み入れた。ユスキュダルは、江利チエミの「ウスクダラ」という曲で名前も歌もメロディーもよく知っていたので、今回何としても行こうとしたもの。しっかり、ウスクダラの歌を口ずさみながら、フェリーの旅を楽しんだ。

ヨーロッパ側に戻ってから、これまた初めて新市街のイステイクラール通りを経て、タクシム広場まで行くことにした。世界一短い地下鉄(2分の区間のみ)に乗って、途中まで上がり、新市街を走る路面電車に乗ろうとしてビックリ。何と電車は運休中で車両も全く見当たらない代わりに、歩行者天国のように物凄い数の人々が道路を埋め尽くしていた。何の事情も知らないまま、タクシム広場の方に向かうと、旗を掲げたり、プラカードを持ったり、デモ行進をやっている印象であった。

はじめは、日曜なので、単なるお決まりのデモ行進でもやっているのかなと思いきや、広場に近づくとお店のガラスが割られたり、イタズラ書きがされていたり、建物が占拠されていたりして、異様な雰囲気を感じはじめた。その辺のお店の人に訊いたら、エルドアン首相の圧政に対する民衆による反対デモで、もう3日も続いているという。タクシム広場に着くと、広場も回りの建物も一般市民に占拠されていて、建物の屋上で旗を振ったり、アジ演説が行われたり、殺気立ったものすごい光景を目の当たりにした。

ホテルに戻ってインターネットでニュースを見たら、日本のメディアでも大きく取り上げられていたので、これまたビックリ。ニュースによるとタクシム広場でデモ隊と治安部隊の衝突があって、相当数のけが人が出たり、この反政府デモは、全国に広がっているようである。何の事前情報もなく、観光気分でそのまま反政府デモのど真ん中に入り込んでしまったようである。しかし、異様な雰囲気ではあったものの、歩いていて身の危険を感じるようなことは全くなかった。

一方、イスタンブ−ルは、観光地としては、物凄い魅力がある。華々しいトルコの歴史、由緒あるモスクがイスラム世界を彷彿、ヨーロッパとアジアのまさに架け橋なので、一種独特のエキゾチックに雰囲気に溢れ、世界中からたくさんの観光客が訪れている。反政府デモで地元の民衆が集まっていたが、観光客も街に溢れかえっていた。たった2日だけだが、その活気に圧倒された感じである。トルコの光と影の両方を同時に見た感じである。

写真は、タクシム広場の反政府デモの模様

PR

3いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

ピックアップ特集

トルコで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
トルコ最安 270円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

トルコの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

イスタンブール(トルコ) で人気のタグ


PAGE TOP

ピックアップ特集